-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-11-09 00:02
 世界同時不況から恐慌に突入しそうな今年に入ってからも、経済アナリストなどと自ら名乗る人々による投資の儲け話は活発に続けられています。バブルの夢をもう一度・・・という事で、また近々バブルがやってくるから、乗り遅れずに儲けよう・・・・などと盛んに煽っています。・・・曰く、今こそチャンス・・・。「巨大バブルがやってくる」なんて本も出版されています。
・・・確かに、程度の差はあれ、世界中を考えれば、バブルは色々な地域、分野に、これからもやってくるでしょうけれど、その度に自然、社会環境は犠牲になり、持続可能性は小さくなっていく・・・というバブルの功罪をしっか見極めるべきでしょう。

 一口に経済アナリストと言っても色々でしょうが、基本的に経済情報を売り物にしている経済アナリストは、その情報を売ったり、自分やパトロンの投資家達が買った後に、その株をおすすめ株として情報を流して値を吊り上げて自分達が儲けよう・・・などと目論んでいるでしょう。

「バブルがやってくるから乗り遅れずに投資して儲けよう」・・・と叫んでいる経済アナリストは、その後に「後から投資して自分の投資した株価の値を上げて、私達の儲けを出してくれ・・」とでも言っているようです。経済のゼロサムゲーム的側面を考えると・・資源などをしっかり考えればゼロサムどころかマイナスサムですが・・・「バブルを作り出して乗り遅れずに儲けて、損失、つけは他の乗り遅れた人々に回せ」・・・という事にもなりましょう。この手の経済アナリストや金融資本家達は、振り込め詐欺のように悪質かも知れません。

 そんな経済アナリストの本質は、競馬や競輪の予想屋よりも遥かに悪質なギャンブルの予想屋ではないでしょうか。彼らのギャンブルによって、ギャンブルに参加していない人々の生活まで左右されるのです。予想屋だけではなく煽り屋・・とも言えるでしょう。やっている事は程度の差はあれ、無責任なリーマンブラザーズの経済アナリスト達と大差ないでしょう。・・・多くの投資家に情報を売って、その投資家を儲けさせたり、失敗して損をさせたりしていますが、失敗しても自分達はお金を持って逃げる・・・というやり方がまかり通っています・・・そんな事を許すアメリカをはじめとする政府も本当にしょうもないものです。

もともと今回の恐慌は、リーマンブラザーズの破綻に象徴されるように、実態のないマネー経済、金融資本主義の肥大化が引き起こしたものです。つまり実態のないバブルが、当然の帰着としてはじけた事によるものです。それは、マネーゲームをしていない世界中の人々をも巻き込み多くの人々に多大なる迷惑をかけました。悲劇も沢山起こしました。・・しかし投資家も経済アナリストも自分の損得勘定だけで、自分達がやっているマネーゲームがどれだけ社会に迷惑をかけたかなんて、他人事のようです。社会にどんな悪影響を及ぼすかなんて一切眼中にないようです。ただ、どうやって投資で儲けるかだけ・・・儲けて逃げて、そして、またバブルがやってくる事を望み、乗り遅れずに投資しよう・・・と煽るだけです。そこにはモラルは存在しないようです。

 世界の政府も、今回の世界同時不況を教訓に、短期の投資などマネーゲームに規制を掛ける方向に進んだ筈ですが、まだまだ甘過ぎます。何故なら財界の投資家たちが、世界中の政府に深く入り込んでいるからです。

 この手の金融資本家の手先の経済アナリストが大手を振ってバブルを煽る社会は不健全極まりないモラルハザード社会と呼ぶべきでしょう。この手の経済アナリストを相手にしない、存在を許さない社会にシフトして行かなければならないでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/11/09 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


BEM
本屋に行けば株や証券、いかに儲けるかなんて本が山積みされています。
でも全くお金のない人間には縁のない世界だと思います。
リーマンが破綻しようが、JALがどうなろうと関係ないと思いたいのですが、経済の世界はそうはいきませんよね。

大多数の人は質素な普通の生活で満足しているのに、一握りの人間が一生かかっても使い切れないお金を持ちながら、それでも満足できない人達のために振り回されるのはもう止めにしたいですね。

世界同時不況で職を無くしたウォール街の人間もいるでしょうが、もう既にゾンビのように復活しているのもいるようで、どうにか懲りないヤツらに泡をふかせる方法はないもんでしょうか(笑)

懲りない証券アナリストや資本家達
雑草Z
    BEMさん

 アップ直後の適切なコメント有難う御座います。

 
>リーマンが破綻しようが、JALがどうなろうと関係ないと思いたいのですが、経済の世界はそうはいきませんよね。

そう、マネーゲームやっている連中がギャンブラーの仲間内で破綻したり潰れたりするのは自由ですが、社会の他の人々に多大な迷惑を掛けるんですね。・・リーマンブラザーズのトレーダーなんて、さんざん借金して持ち逃げですからね。そして、尻拭いはみんな他の人任せ・・・こんな時代にバブルを再び・・・と言っている証券アナリシスト・・・ってとんでもない奴らだと思います。


>大多数の人は質素な普通の生活で満足しているのに、・・お金を持ちながら、それでも満足できない人達のために振り回されるのはもう止めにしたいですね。

そこなんですよね。お金に困っていない人間の贅沢の為に多くの質素な生活をしている人々が沢山大きな犠牲を払っているのですね。戦争の多くも資本家や財閥の利権が絡んでいる事が多いようですし・・


>どうにか懲りないヤツらに泡をふかせる方法

近い将来、資本主義は崩壊してゆくでしょうから、証券アナリスト達は、職を失い、資本家達の証券の多くも紙切れになるでしょうけれど、大混乱になっても彼らは社会崩壊の責任なんか取らずにまた財産を持ち逃げしようとするでしょうね。彼らには責任をしっかり取らせるべきですね。・・マネーゲームの蚊帳の外の人々も悲惨な目に合うのが許せませんね。


実に適切です。
でなしNo.146
>自分やパトロンの投資家達が買った後に、その株をおすすめ株として情報を流して値を吊り上げて自分達が儲けよう・・・などと目論んでいるでしょう。

まさにその通りで、大手の証券会社になれば、ほとんどインサイダーが日常だそうです。

ふざけた商売だと思いますが、儲かるのでやめられないのでしょう。

やはり世界中、政府主導で金融を縮小&規制(取締り)していくしかないのですが、それができるような政府になるにはまだまだ時間がかかりそうです。

とは言っても、時間がかかりそう…なんて余裕は本当はないんですが(汗)

>ふざけた商売
雑草Z
    でなしNo.146さん

 インサイダー取引を禁止・・・ってどう考えてもギャンブルのルールに感じます。カジノでディーラーを仲間につけては反則・・・みたいな・・。

変な話ですが、株は会社に投資する訳ですから、その内部情報を知って投資するのはなんら問題はないようにも感じます。それを禁止・・・って言うのは、広く株主を募集する株取引に於いてインサイダー情報を知っていたほうが圧倒的に有利だからでしょうけれど、それってあくまで投資を短期などのギャンブル対象としてしか見ていないからでしょう。
 そして、実際はインサイダー取引をどんどんやって、そんな事はやってない・・・とばかりに小口の一般投資家を騙しているのでしょう。本当に株取引って矛盾の塊ですね。

>政府主導で金融を縮小&規制(取締り)していくしかないのですが、それができるような政府になるにはまだまだ時間がかかりそう


金融業は現代社会の諸悪の根源だと思います。民主党には全く期待していませんでしたが思いの他よくやっていると思います。でももっともっとディープにやらないと駄目ですね。
それが出来る政府になる前に資本主義経済は破局を迎えそうです。
 この局面で
「またバブルの再来がやってくるから乗り遅れずに儲けよう!」などと言って自負している証券アナリスト達は最低の人種だと思います。

懲りない人々
guyver1092
 以前、何かで読んだのですが、マルチ商法(紛いを含む)の被害者は何度も被害にあうのだと読んだことがあります。
 その文章の筆者は、マルチ商法の勧誘の会合に出かけて、理論的に儲かるはずがない詐欺的商法だとどんなに言っても被害者予備軍は笑って取り合わなかったそうです。
 つまり前回はマルチの末端にいて失敗したが今度はマルチの中心にいるから儲かると・・・

 証券アナリストが懲りないのは、どれだけ騙されても、信じて貢ぐばか者がいるからでしょう。 

悪質なギャンブラー
雑草Z
    guyver1092さん

>前回はマルチの末端にいて失敗したが今度はマルチの中心にいるから儲かると・・・

そう云う考え方も身勝手過ぎますね。・・今度はマルチの中心にいて、マルチの末端にいる人から巻き上げよう・・・って事ですからね。

>証券アナリストが懲りないのは、どれだけ騙されても、信じて貢ぐばか者がいるから

証券アナリストって結婚詐欺みたいですね(笑)彼らが普通のギャンブルのディーラーよりも悪質なのは、ギャンブルに参加していない一般市民まで巻き添えにするところですね。彼らのギャンブルの対象は会社・・・社会ですからどうしようもありません。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本屋に行けば株や証券、いかに儲けるかなんて本が山積みされています。
でも全くお金のない人間には縁のない世界だと思います。
リーマンが破綻しようが、JALがどうなろうと関係ないと思いたいのですが、経済の世界はそうはいきませんよね。

大多数の人は質素な普通の生活で満足しているのに、一握りの人間が一生かかっても使い切れないお金を持ちながら、それでも満足できない人達のために振り回されるのはもう止めにしたいですね。

世界同時不況で職を無くしたウォール街の人間もいるでしょうが、もう既にゾンビのように復活しているのもいるようで、どうにか懲りないヤツらに泡をふかせる方法はないもんでしょうか(笑)
2009/11/09(Mon) 01:18 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
懲りない証券アナリストや資本家達
    BEMさん

 アップ直後の適切なコメント有難う御座います。

 
>リーマンが破綻しようが、JALがどうなろうと関係ないと思いたいのですが、経済の世界はそうはいきませんよね。

そう、マネーゲームやっている連中がギャンブラーの仲間内で破綻したり潰れたりするのは自由ですが、社会の他の人々に多大な迷惑を掛けるんですね。・・リーマンブラザーズのトレーダーなんて、さんざん借金して持ち逃げですからね。そして、尻拭いはみんな他の人任せ・・・こんな時代にバブルを再び・・・と言っている証券アナリシスト・・・ってとんでもない奴らだと思います。


>大多数の人は質素な普通の生活で満足しているのに、・・お金を持ちながら、それでも満足できない人達のために振り回されるのはもう止めにしたいですね。

そこなんですよね。お金に困っていない人間の贅沢の為に多くの質素な生活をしている人々が沢山大きな犠牲を払っているのですね。戦争の多くも資本家や財閥の利権が絡んでいる事が多いようですし・・


>どうにか懲りないヤツらに泡をふかせる方法

近い将来、資本主義は崩壊してゆくでしょうから、証券アナリスト達は、職を失い、資本家達の証券の多くも紙切れになるでしょうけれど、大混乱になっても彼らは社会崩壊の責任なんか取らずにまた財産を持ち逃げしようとするでしょうね。彼らには責任をしっかり取らせるべきですね。・・マネーゲームの蚊帳の外の人々も悲惨な目に合うのが許せませんね。
2009/11/09(Mon) 21:10 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
実に適切です。
>自分やパトロンの投資家達が買った後に、その株をおすすめ株として情報を流して値を吊り上げて自分達が儲けよう・・・などと目論んでいるでしょう。

まさにその通りで、大手の証券会社になれば、ほとんどインサイダーが日常だそうです。

ふざけた商売だと思いますが、儲かるのでやめられないのでしょう。

やはり世界中、政府主導で金融を縮小&規制(取締り)していくしかないのですが、それができるような政府になるにはまだまだ時間がかかりそうです。

とは言っても、時間がかかりそう…なんて余裕は本当はないんですが(汗)
2009/11/09(Mon) 23:50 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
>ふざけた商売
    でなしNo.146さん

 インサイダー取引を禁止・・・ってどう考えてもギャンブルのルールに感じます。カジノでディーラーを仲間につけては反則・・・みたいな・・。

変な話ですが、株は会社に投資する訳ですから、その内部情報を知って投資するのはなんら問題はないようにも感じます。それを禁止・・・って言うのは、広く株主を募集する株取引に於いてインサイダー情報を知っていたほうが圧倒的に有利だからでしょうけれど、それってあくまで投資を短期などのギャンブル対象としてしか見ていないからでしょう。
 そして、実際はインサイダー取引をどんどんやって、そんな事はやってない・・・とばかりに小口の一般投資家を騙しているのでしょう。本当に株取引って矛盾の塊ですね。

>政府主導で金融を縮小&規制(取締り)していくしかないのですが、それができるような政府になるにはまだまだ時間がかかりそう


金融業は現代社会の諸悪の根源だと思います。民主党には全く期待していませんでしたが思いの他よくやっていると思います。でももっともっとディープにやらないと駄目ですね。
それが出来る政府になる前に資本主義経済は破局を迎えそうです。
 この局面で
「またバブルの再来がやってくるから乗り遅れずに儲けよう!」などと言って自負している証券アナリスト達は最低の人種だと思います。
2009/11/10(Tue) 20:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
懲りない人々
 以前、何かで読んだのですが、マルチ商法(紛いを含む)の被害者は何度も被害にあうのだと読んだことがあります。
 その文章の筆者は、マルチ商法の勧誘の会合に出かけて、理論的に儲かるはずがない詐欺的商法だとどんなに言っても被害者予備軍は笑って取り合わなかったそうです。
 つまり前回はマルチの末端にいて失敗したが今度はマルチの中心にいるから儲かると・・・

 証券アナリストが懲りないのは、どれだけ騙されても、信じて貢ぐばか者がいるからでしょう。 
2009/11/10(Tue) 20:55 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
悪質なギャンブラー
    guyver1092さん

>前回はマルチの末端にいて失敗したが今度はマルチの中心にいるから儲かると・・・

そう云う考え方も身勝手過ぎますね。・・今度はマルチの中心にいて、マルチの末端にいる人から巻き上げよう・・・って事ですからね。

>証券アナリストが懲りないのは、どれだけ騙されても、信じて貢ぐばか者がいるから

証券アナリストって結婚詐欺みたいですね(笑)彼らが普通のギャンブルのディーラーよりも悪質なのは、ギャンブルに参加していない一般市民まで巻き添えにするところですね。彼らのギャンブルの対象は会社・・・社会ですからどうしようもありません。
2009/11/10(Tue) 21:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。