-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-10-21 00:03
 予防原則[Precautionary Principle]とは、深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のことです。科学的な不確実性をもとに、対策を拒否、または遅らせる動きを防止すると言う目的もあるでしょう。

 最近、予防原則と言えば、地球温暖化対策を想起する人も多いのではないでしょうか?・・全世界的な深刻な問題とされていますし、二酸化炭素地球温暖化説懐疑論もあるから、予防原則と言う大義名分が必要なわけです。
 さて、私も二酸化炭素温暖化説懐疑派です。(・・否定派ではありません。あくまで懐疑派です。・・・確かに二酸化炭素温暖化説は科学的に決着のついた問題ではありません。・・科学的決着は当分つかないでしょう・・・) その予防原則が理に適ったまともなものならば、それはそれでいいと思いますが、その予防対策は、とんでもないものばかりです。
 
 原発、二酸化炭素の地下貯留、ハイブリットカーなどへの買い替え補助金・減税、エコポイント・・・どれも更なる環境悪化をもたらすギャグ効果(・・ギャグのように愚かな逆効果・・)な対策ばかりです。・・・環境対策・・・と言うよりも経済対策と言うべきものばかりです。

 何故そんな愚かな対策になってしまうのか・・・?答えは簡単でしょう。環境問題も金儲けの手段にしか考えていない人々が政府を動かしているからです。
 そして、そんな有効性の乏しい対策が堂々と論じられているのは、大気中の二酸化炭素(・・や他の温室効果ガス・・)に特定して減らせばいい・・・という本末転倒な論理がまかり通っているからでしょう。
 二酸化炭素を減らせば放射性廃棄物には目をつぶる・・・先進国が途上国に原発を作って、それで地球温暖化防止に貢献した・・・とする愚かな論理・・・どう考えても二酸化炭素より放射性廃棄物のほうが危険です。・・・と言うより原発こそ予防原則で直ぐに禁止すべきものでしょう。この事は以前【確実に危険なものには適応しない理不尽な「予防原則】にも書きました。
 二酸化炭素地下貯留然り・・・二酸化炭素を発生させてしまっても、空気中に出さなければいい・・・とエネルギーと地下資源を大量に使って無理やり地下の地層に押し込める・・・普通の人なら馬鹿馬鹿しい・・と考える方法でしょう。勿論そのうち漏れ出したりして、また深刻な環境問題に発展するでしょう。
 以上二つの二酸化炭素対策は実際には二酸化炭素もかなり排出しますから、二酸化炭素削減の効果があるかどうかも怪しいところです。

 二酸化炭素排出量を確実に減らし、しかもコストがあんまりかからない方法は、もっとシンプルでしょう。・・・それは、森林を保全する、木を植える、石油を使う量を減らす・・・石油文明社会で石油の使用量を減らす・・・・産業活動の縮小・・・経済縮小に他なりません。

 経済を縮小して石油の消費量を減らせば、二酸化炭素のみならず、窒素酸化物 NOx , 硫黄酸化物SOx ・・も削減できます。・・・つまり酸性雨の原因を減らせる事になります。
 経済縮小によって森林破壊や廃棄物問題をはじめとする環境問題の多くがかなり解決出来るでしょう。
 
化学物質だって作らなければいいのです。

 最も有効な予防原則・・・は経済活動を出来るだけ減らす事です。それに勝る予防原則はないでしょう。

 実際現代社会がこんなに深刻な環境問題を抱えてしまったのは、石油や鉱物などの地下資源の大量消費にしろ、原発にしろ、化学物質にしろ、それが人や生態系にどれだけの打撃を与えるかの検討無しに見切り発車してしまって起こった問題です。だから、予防的措置・・・として、先ずは工業生産を一端止めて、使用していいものかどうか検討するのが真っ当な措置でしょう。安全性が確認されるまで使用しない・・・それが本当の予防原則と言うものでしょう。

スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/10/21 00:03】 | Sustainability トラックバック(0) |

予防原則の胡散臭さ
上々
いつも的確なお話ありがとうございます。
予防原則なるものはあちこちで飛び出してきますが、どうも都合のいい時にだけ持ち出されるもののようで、その論者たちの説は一貫しません。
原発にしても風力・太陽光発電にしても予防原則を考えるなら極めて危険なものばかりです。
その中で一番予防する必要のないものが二酸化炭素による温暖化のように感じます。

しまった
guyver1092
 前回のコメントは、今回の記事にこそふさわしかったですね。失敗でした。

 二酸化炭素削減だけについて考えれば、本質はおっしゃるとおりと思います。周辺を言えば、汚染物質(化学物質)が光合成を阻害することは多々あるので、これを規制すれば効果の増進になるでしょう。


・・・なるほど槌田氏の毒物等物品税は良く考えてありますね。石油類のみを規制するより効果的と思えます。

 木を植えるのはしっかり監視しないと、砂漠拡大になります。熱帯雨林の伐採後にユーカリを植えると、ユーカリを切った後は、砂漠になります。ご用心を。


 予防原則としては、教育に経済成長に対する疑問を教えるのはとても効果的と思います。私の経済成長に対する疑問は実は、中学校で経済成長のモデルを習ったときに芽生えました。

>予防原則の胡散臭さ
雑草Z
    上々さん

 はじめまして、初のコメント有難う御座います。


>予防原則・・・どうも都合のいい時にだけ持ち出されるもののようで

 そうですね。経済効果があって、利権が絡んでいるときに出てきますね。・・・儲けになるからやる・・・と言う輩が牛耳ってます。



>原発にしても風力・太陽光発電にしても予防原則を考えるなら極めて危険なものばかり

やはり抜群に危険なのは原発でしょう。・・・放射能はまともに安全な処理の方法がないのですから。・・どれも、費用対効果を考えれば有効ではなく、更なる石油の無駄使いですね。


>一番予防する必要のないものが二酸化炭素による温暖化

 本文にも書きました通り、二酸化炭素温暖化対策はギャグみたいな逆効果の対策が蔓延ってますね。


本当に危機だと考えるなら、早急に工業活動、経済活動を縮小すべきでしょうね。

本末転倒な論理
雑草Z
    guyver1092さん

 温暖化の危機を叫んで、二酸化炭素だけ減らせばいい・・・という主客転倒な、愚かな対策で溢れていますね。
・・・それによって環境汚染は悪化する一方です。

>木を植えるのはしっかり監視しないと、

そうですね。失敗例はそこここにありますね。天然林を保存するのが先でしょうね。

>予防原則としては、教育に経済成長に対する疑問を教えるのはとても効果的

そうですね。それをやって行けば、経済成長の洗脳から抜けられるでしょう。・・・ただ、経済界べったりの政府ではそれを認めないでしょうね。・・・先ず教員が経済成長の愚かさを分かっていなければなりませんね。


>私の経済成長に対する疑問は実は、中学校で経済成長のモデルを習ったときに芽生えました。

へぇ、経済成長の理論を中学でやりましたか?・・・教科書に書いてありましたか?・・それはその先生の独自の授業ですかね?・・・私は経済成長のモデルを学校で習った記憶はありません。中学でそれに気づかれたのは素晴らしい洞察ですね。・・・本来なら、みんな気づくべきでしょうね。いい大人が経済成長論を振りかざすのは、本当に軽率です。・・・それが、国の指導者であったり学者であったりするから始末に負えません。・・・人間ってそんなに愚かな存在なのでしょうか?

経済成長のモデル
guyver1092
 中学だったと思うのですが、そういわれると自信がなくなります。
 習ったことは、資本主義とは、お金を集めてそれを三つにわけ、労働力と、原材料、設備投資に振り分け、製品を作り、売り払って得た金を、労働力と、原材料、設備投資、資本準備金に振り分け、以下これを繰り返すというものでした。

 その当時の疑問は、いっぱいになったらどうなるのか?というもので、自分で考えても何に対していっぱいになるのかわかりませんでした。この回答を得たのは、「21世紀は警告する」からでした。いっぱいになるのは、消費者の払える額に対してでした。経済成長といっても、経済の枠と経済の実質と二つに分かれておりそれぞれ成長するのだとか。そして必ず経済の実質のほうが成長が早く、経済の枠を超えた瞬間、経済の枠を壊してしまうとのことでした。そして番組では、人類は過去二回これを経験していて、第一次世界大戦及び第二次世界大戦であると。


 自分の理解に直してみると要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。

地球の生態系の限度
雑草Z
    guyver1092さん


>要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。

これはいわゆる「大不況」とか「恐慌」の事ですよね?・・・それは現在主流の多くの経済学者の言っている事と同じですよね?・・ちょっと混乱しませんでしたか?

経済成長が怖いのは、消費者の消費出来る限度云々の話ではなくて、
 有限な限りある資源の地球で、持続可能な地球のキャパを超えて経済成長続けたら、その負荷に人間を含む生物の生活環境、生態系が滅茶苦茶に破壊される・・・と言う事です。・・・guyver1092さんもそのお積りで今までコメント下さいましたよね?

子供のころの理解
guyver1092
 まあ子供の頃の理解の記憶ですので現在の私の理解とは違います。経済システム限定の話です。

>>要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。

 すみません。当時の理解のことです。言葉足らずのコメントしてしまいました。
 今はおっしゃるとおり、経済の外にもいろいろ超えられない枠があるのを理解しています。

了解です。
雑草Z
    guyver1092さん


 いや、言葉足らずではなくて、そう言う意味で書かれていましたね。こちらこそ解釈違いで舌足らずでした。
 現在のお考えとは違う事を確認出来て良かったです。

上っ面の対策…
社枯
>原発、二酸化炭素の地下貯留、ハイブリットカーなどへの買い替え補助金・減税、エコポイント

どれも根本的な解決策ではないですよね。
やはり表面上の対策に走っているような感じがします。
それって、"問題"を"問題"として真剣に受け止めていないって事の表れだと思います。
そうやって問題の核心から目を背け、"とりあえず"的な対策に走ったり、「ここぞ」とばかりに利益を得ることに夢中になっていては、いずれ…取り返しのつかないことになりますよね。というか、もう取り返しのつかないところまで来てしまっているのかもしれないですよね…。

>どれも更なる環境悪化をもたらすギャグ効果(・・ギャグのように愚かな逆効果・・)な対策ばかりです。・・・環境対策・・・と言うよりも経済対策と言うべきものばかりです。

「おっしゃる通り。ごもっとも」と頷く直前、不謹慎ながら吹き出してしまいました(ギャグ効果の箇所。すばらしい切れ味です)。
まさしく、と思います。
取り繕ったり、うわべだけの対策ではなく、切れ味の良さを感じさせるほどの抜本的な対策を打ち出してほしいです。

>以上二つの二酸化炭素対策は実際には二酸化炭素もかなり排出しますから、二酸化炭素削減の効果があるかどうかも怪しいところです。

本当に無駄な対策ですね…。お粗末だと思います。

>それは、森林を保全する、木を植える、石油を使う量を減らす・・・石油文明社会で石油の使用量を減らす・・・・産業活動の縮小・・・経済縮小に他なりません。

そうですよね。本当に削減して問題を解決するつもりなら、こういったことが対策として一番に出てくるべきだと思います。
環境問題さえ利用して金儲けをしようとする輩が牛耳っているせいで、ギャグのような対策を打ち出しているんですね。

>それが人や生態系にどれだけの打撃を与えるかの検討無しに見切り発車してしまって起こった問題です。

個人にも言えることだと思いますが、安易な行動というのは恐ろしいですね。
目先の利益にとらわれ、後先考えずに行動すると「こんなはずじゃなかった」って結果になるものだと思います。

Re:上っ面の対策…
雑草Z
    社枯さん

>どれも根本的な解決策ではないですよね。
>やはり表面上の対策に走っているような感じがします。


対症療法的対策ですね。・・・それも、問題をさらに大きく悲惨なものにしています。マッチポンプ的です。メインは経済効果ですね・・・環境悪化は加速するでしょう。。


>切れ味の良さを感じさせるほどの抜本的な対策

これはやはり、経済活動、工業生産の縮小でしょう。・・・そうじゃない方法がある・・・と主張する人がいても、その方法が本当に有効だと検証されるまでは、活動停止にすべきでしょう。・・・それが真の予防原則です。


>安易な行動というのは恐ろしいですね。
>目先の利益にとらわれ、後先考えずに行動すると「こんなはずじゃなかった」って結果になる

現代の経済活動、工業化は、「目先の利益にとらわれた安易な行動」
と言うべきですね。目先の利益で必ず後から大きなしっぺ返しがあるでしょう。環境負荷をしっかり考慮に入れてない安易な工業化、都市化、公共工事などによる環境破壊はかなり酷過ぎます。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
予防原則の胡散臭さ
いつも的確なお話ありがとうございます。
予防原則なるものはあちこちで飛び出してきますが、どうも都合のいい時にだけ持ち出されるもののようで、その論者たちの説は一貫しません。
原発にしても風力・太陽光発電にしても予防原則を考えるなら極めて危険なものばかりです。
その中で一番予防する必要のないものが二酸化炭素による温暖化のように感じます。
2009/10/21(Wed) 08:41 | URL  | 上々 #-[ 編集]
しまった
 前回のコメントは、今回の記事にこそふさわしかったですね。失敗でした。

 二酸化炭素削減だけについて考えれば、本質はおっしゃるとおりと思います。周辺を言えば、汚染物質(化学物質)が光合成を阻害することは多々あるので、これを規制すれば効果の増進になるでしょう。


・・・なるほど槌田氏の毒物等物品税は良く考えてありますね。石油類のみを規制するより効果的と思えます。

 木を植えるのはしっかり監視しないと、砂漠拡大になります。熱帯雨林の伐採後にユーカリを植えると、ユーカリを切った後は、砂漠になります。ご用心を。


 予防原則としては、教育に経済成長に対する疑問を教えるのはとても効果的と思います。私の経済成長に対する疑問は実は、中学校で経済成長のモデルを習ったときに芽生えました。
2009/10/21(Wed) 20:50 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
>予防原則の胡散臭さ
    上々さん

 はじめまして、初のコメント有難う御座います。


>予防原則・・・どうも都合のいい時にだけ持ち出されるもののようで

 そうですね。経済効果があって、利権が絡んでいるときに出てきますね。・・・儲けになるからやる・・・と言う輩が牛耳ってます。



>原発にしても風力・太陽光発電にしても予防原則を考えるなら極めて危険なものばかり

やはり抜群に危険なのは原発でしょう。・・・放射能はまともに安全な処理の方法がないのですから。・・どれも、費用対効果を考えれば有効ではなく、更なる石油の無駄使いですね。


>一番予防する必要のないものが二酸化炭素による温暖化

 本文にも書きました通り、二酸化炭素温暖化対策はギャグみたいな逆効果の対策が蔓延ってますね。


本当に危機だと考えるなら、早急に工業活動、経済活動を縮小すべきでしょうね。
2009/10/22(Thu) 20:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
本末転倒な論理
    guyver1092さん

 温暖化の危機を叫んで、二酸化炭素だけ減らせばいい・・・という主客転倒な、愚かな対策で溢れていますね。
・・・それによって環境汚染は悪化する一方です。

>木を植えるのはしっかり監視しないと、

そうですね。失敗例はそこここにありますね。天然林を保存するのが先でしょうね。

>予防原則としては、教育に経済成長に対する疑問を教えるのはとても効果的

そうですね。それをやって行けば、経済成長の洗脳から抜けられるでしょう。・・・ただ、経済界べったりの政府ではそれを認めないでしょうね。・・・先ず教員が経済成長の愚かさを分かっていなければなりませんね。


>私の経済成長に対する疑問は実は、中学校で経済成長のモデルを習ったときに芽生えました。

へぇ、経済成長の理論を中学でやりましたか?・・・教科書に書いてありましたか?・・それはその先生の独自の授業ですかね?・・・私は経済成長のモデルを学校で習った記憶はありません。中学でそれに気づかれたのは素晴らしい洞察ですね。・・・本来なら、みんな気づくべきでしょうね。いい大人が経済成長論を振りかざすのは、本当に軽率です。・・・それが、国の指導者であったり学者であったりするから始末に負えません。・・・人間ってそんなに愚かな存在なのでしょうか?
2009/10/22(Thu) 20:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
経済成長のモデル
 中学だったと思うのですが、そういわれると自信がなくなります。
 習ったことは、資本主義とは、お金を集めてそれを三つにわけ、労働力と、原材料、設備投資に振り分け、製品を作り、売り払って得た金を、労働力と、原材料、設備投資、資本準備金に振り分け、以下これを繰り返すというものでした。

 その当時の疑問は、いっぱいになったらどうなるのか?というもので、自分で考えても何に対していっぱいになるのかわかりませんでした。この回答を得たのは、「21世紀は警告する」からでした。いっぱいになるのは、消費者の払える額に対してでした。経済成長といっても、経済の枠と経済の実質と二つに分かれておりそれぞれ成長するのだとか。そして必ず経済の実質のほうが成長が早く、経済の枠を超えた瞬間、経済の枠を壊してしまうとのことでした。そして番組では、人類は過去二回これを経験していて、第一次世界大戦及び第二次世界大戦であると。


 自分の理解に直してみると要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。
2009/10/22(Thu) 21:40 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
地球の生態系の限度
    guyver1092さん


>要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。

これはいわゆる「大不況」とか「恐慌」の事ですよね?・・・それは現在主流の多くの経済学者の言っている事と同じですよね?・・ちょっと混乱しませんでしたか?

経済成長が怖いのは、消費者の消費出来る限度云々の話ではなくて、
 有限な限りある資源の地球で、持続可能な地球のキャパを超えて経済成長続けたら、その負荷に人間を含む生物の生活環境、生態系が滅茶苦茶に破壊される・・・と言う事です。・・・guyver1092さんもそのお積りで今までコメント下さいましたよね?
2009/10/22(Thu) 21:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
子供のころの理解
 まあ子供の頃の理解の記憶ですので現在の私の理解とは違います。経済システム限定の話です。

>>要は消費者の消費できる限度以上の生産をしてしまうと、破滅がくるよということなんですね。

 すみません。当時の理解のことです。言葉足らずのコメントしてしまいました。
 今はおっしゃるとおり、経済の外にもいろいろ超えられない枠があるのを理解しています。
2009/10/22(Thu) 22:30 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
了解です。
    guyver1092さん


 いや、言葉足らずではなくて、そう言う意味で書かれていましたね。こちらこそ解釈違いで舌足らずでした。
 現在のお考えとは違う事を確認出来て良かったです。
2009/10/22(Thu) 23:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
上っ面の対策…
>原発、二酸化炭素の地下貯留、ハイブリットカーなどへの買い替え補助金・減税、エコポイント

どれも根本的な解決策ではないですよね。
やはり表面上の対策に走っているような感じがします。
それって、"問題"を"問題"として真剣に受け止めていないって事の表れだと思います。
そうやって問題の核心から目を背け、"とりあえず"的な対策に走ったり、「ここぞ」とばかりに利益を得ることに夢中になっていては、いずれ…取り返しのつかないことになりますよね。というか、もう取り返しのつかないところまで来てしまっているのかもしれないですよね…。

>どれも更なる環境悪化をもたらすギャグ効果(・・ギャグのように愚かな逆効果・・)な対策ばかりです。・・・環境対策・・・と言うよりも経済対策と言うべきものばかりです。

「おっしゃる通り。ごもっとも」と頷く直前、不謹慎ながら吹き出してしまいました(ギャグ効果の箇所。すばらしい切れ味です)。
まさしく、と思います。
取り繕ったり、うわべだけの対策ではなく、切れ味の良さを感じさせるほどの抜本的な対策を打ち出してほしいです。

>以上二つの二酸化炭素対策は実際には二酸化炭素もかなり排出しますから、二酸化炭素削減の効果があるかどうかも怪しいところです。

本当に無駄な対策ですね…。お粗末だと思います。

>それは、森林を保全する、木を植える、石油を使う量を減らす・・・石油文明社会で石油の使用量を減らす・・・・産業活動の縮小・・・経済縮小に他なりません。

そうですよね。本当に削減して問題を解決するつもりなら、こういったことが対策として一番に出てくるべきだと思います。
環境問題さえ利用して金儲けをしようとする輩が牛耳っているせいで、ギャグのような対策を打ち出しているんですね。

>それが人や生態系にどれだけの打撃を与えるかの検討無しに見切り発車してしまって起こった問題です。

個人にも言えることだと思いますが、安易な行動というのは恐ろしいですね。
目先の利益にとらわれ、後先考えずに行動すると「こんなはずじゃなかった」って結果になるものだと思います。
2009/10/23(Fri) 01:48 | URL  | 社枯 #-[ 編集]
Re:上っ面の対策…
    社枯さん

>どれも根本的な解決策ではないですよね。
>やはり表面上の対策に走っているような感じがします。


対症療法的対策ですね。・・・それも、問題をさらに大きく悲惨なものにしています。マッチポンプ的です。メインは経済効果ですね・・・環境悪化は加速するでしょう。。


>切れ味の良さを感じさせるほどの抜本的な対策

これはやはり、経済活動、工業生産の縮小でしょう。・・・そうじゃない方法がある・・・と主張する人がいても、その方法が本当に有効だと検証されるまでは、活動停止にすべきでしょう。・・・それが真の予防原則です。


>安易な行動というのは恐ろしいですね。
>目先の利益にとらわれ、後先考えずに行動すると「こんなはずじゃなかった」って結果になる

現代の経済活動、工業化は、「目先の利益にとらわれた安易な行動」
と言うべきですね。目先の利益で必ず後から大きなしっぺ返しがあるでしょう。環境負荷をしっかり考慮に入れてない安易な工業化、都市化、公共工事などによる環境破壊はかなり酷過ぎます。
2009/10/24(Sat) 19:54 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。