-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-09-09 00:03
 世界経済は、歴史の中で、色々な危機を乗り越えながらここまで成長した・・・これからも困難を乗り越えて成長して行く・・・・という考え方は非常に近視的な世界の見方でしょう。ここ数世紀、全体として右肩上がりに経済成長出来たのは、単に地球のキャパが人類の活動の規模と比べて余裕があったからです。そして20世紀末あたりから地球のキャパが飽和しつつあります。これから成長しようともがけばもがくほど衰退に向かって進んでいく速さが増し、文明の崩壊の衝撃も大きくなるでしょう。現在の不況対策は社会の衰退を早める事になるのです。

 成長の限界の考え方に対して、以前は全く相手にしない方が沢山いました。個人の知っている短い経験を元に、理性的な根拠など無く、経済は成長し続けられる・・と信じている人で世の中は溢れていました。
 経済成長理論は確実に破綻する・・・と言う事に同意出来ない人ばかりであったこの社会は、確実に破局へ向かって進んでいました。


しかし、最近若干事情が変化してきました。まだまだ少数ではありますが経済成長に疑問を持つ人が徐々に増えて来たようです。持続可能な社会に移行する為には、資本主義と経済成長を放棄しなければならない事を感知できる人々も増えてきたように感じます。これから数年、経済成長主義に反対する人は指数関数的に増えていくでしょう。指数関数的増加で破局に向かっている経済成長路線に反対する勢力も指数関数的に増加しているのです。
 ・・破局の前にこの指数関数的増加傾向にある脱経済成長主義者がトリガー値を超えて増えれば、人類社会の持続の可能性も大きくなるでしょう・・・そして、持続可能な社会は、パラダイムシフトによって今の社会体制とはかなり違った社会になる事でしょう。

 あと数年もしたら、マスコミなどでも経済成長の愚かさを盛んに論じられるようになる兆候を感じます。
 現在景気対策に躍起になって、高度経済成長を再び・・・なんて考えている頭の固い人々の中にも、あと何年かしたら脱経済成長を受け入れる人が出てくるように感じます。
 21世紀は経済成長も限界に達して、資本主義社会も末期症状なのです。
経済対策として景気を上げる事ばかり考えている大多数の政治家たち・・・地球の限界を考えられない人・・・は、そろそろみんな引退して戴く時期でしょう。

 地球環境の悪化による破局が先か、脱成長のパラダイムシフトが先か・・・持続可能な社会に移行できるかどうかの分かれ目はこの問題尽きるでしょう。・・・99%以上破局が先と感じていた私ですが、若干希望を持てる感じがしてまいりました。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/09/09 00:03】 | Sustainability トラックバック(0) |

マネー資本主義の暴走
guyver1092
 マネー資本主義の暴走により昨年の原油、食料、肥料等の暴騰は、実際の資源の逼迫状況以上であったわけですが、逆の見方をすると、実際の地球のキャパによる制限以上の制約が経済に対してかかったわけですから、人類に対する警告としてはかえってよかったのではないかという気がしてきました。 資本家は制限するといいつつ、マネー資本主義による詐欺を続けるでしょうから、これによる経済の混乱を嫌って、自給経済部分が拡大すれば、根元から資本主義が崩れる可能性もあるのではないでしょうか。

 ちなみに私は自給部分として肥料を各家庭が作るのもよいように思います。具体的な方法は、富士山等で使われているバイオトイレを利用するのです。投入産出比を考えれば、電動モーター及びヒーター付きは良くないと思いますが。ただし、これを導入するには、市町村と喧嘩する覚悟が必要です。

 また、燃料の一部、肥料を作るのであれば、メタン発酵も良いと思います。この場合、肥料は液肥になるので、輸送及び保存は不便になる気がします。

こないだの朝日新聞で…
でなしNo.146
小説家の石田衣良氏が経済成長の限界が来ていることを話し、草食系男子(いわゆる消費に鈍感で、車も欲しがらず、繁殖欲(?)も控えめな男子。部分的に若干違うかもしれませんが…)の増加を持続可能な社会と結びつけていました。

比較的著名な方の中にも、まともな感覚をもっている人が増えており、新聞もそういう記事を載せるようになったと気づいた事件でした^^

ブームは一段落ついたようですが、草食系男子は増加すると思われます。

物欲が低く、所有することに魅力を感じない。どちらかといえば、のんびり生きたいと考え、実際にそう生きる人々は持続可能な社会への準備段階に入っていると考えたくなります。

そういう人々にはお金は生きられる分だけあればよくて、ようするに生きるのに困らなければお金すらいらないのかもしれません。

そう思うと、
経済成長路線をなんとなくでも否定している人々は確かに増えているのではないでしょうか。

リーマンショックがもたらしたもの
BEM
リーマンショックからの世界同時不況によって、私のような一般庶民はますます金融資産を蓄えることの愚かしさを感じたのですが、まだまだ一部の人は金融に頼って富を夢見てる人が多いのでしょうね。

しかし、この一年で質素な生き方でいいじゃないか。という考えの人も増加して、それが持続可能な社会を作ることだと、気付くきっかけになったと思いたいです。

新製品をつぎつぎ発表する経済界にそろそろ NO! を突きつける時代が来たのかもしれませんよ。

興味深い推測ですね
雑草Z
    guyver1092さん

>実際の地球のキャパによる制限以上の制約が経済に対してかかったわけですから、人類に対する警告としてはかえってよかったのではないかという気がしてきました。

 なるほど、投資家の暴走が、結果として警鐘を鳴らしたわけですね。・・・私もそれで良かったと思います。


>自給経済部分が拡大すれば、根元から資本主義が崩れる可能性もあるのではないでしょうか。

 世界のグローバルの波の中、いわゆる先進国やそこの大企業は、自給経済を潰す方向で進んで来ました。これからも自分達の利益の為に自給自足を潰そうとする勢力は活動を続けるでしょうが、そこを乗り越えて自給自足体制・・・持続可能な社会の基本・・・に移行したいものです。

>バイオトイレ

に関しましては、電動モーター及びヒーターは必要ないかと思います。もっとシンプルな、途上国と呼ばれている地域で使われているエコサ二の一種で必要十分かと思います。


とても興味深くユニークかつ本質を突いた議論有難う御座います。大変参考になりました。

草食系・・・ってそこまで解釈出来るんですね
雑草Z
    でなしNo.146さん

 おお、そう言う事も新聞社が取り上げるようになってきましたか!!・・・いい傾向です!!・(一部  でなしNo.146 さんの解釈が入ってますか?・・〔笑〕 )

 草食系・・・って、熟考の必要のないちょっとした流行り言葉かと思ってましたが、そんな深い解釈も出来るんですね!


>消費に鈍感で、車も欲しがらず、繁殖欲(?)も控えめな男子

これからの社会は、バリバリの企業戦士は必要ないですね・・・と言うよりも・・・その手の企業戦士は撲滅すべきかも知れませんね。・・・やっぱりこの解釈の草食系男子がこれからの理想像かも知れません。

>ブームは一段落ついたようですが、草食系男子は増加すると思われます。

期待出来ますね!!


>物欲が低く、所有することに魅力を感じない。どちらかといえば、のんびり生きたいと考え、実際にそう生きる人々

いいですね!!・・・高度経済成長時代と言う破壊の時代には落ちこぼれ扱いされた人々ですね・・・持続可能な社会での理想のタイプです。


金融業が癌ですね。
雑草Z
    BEMさん

>まだまだ一部の人は金融に頼って富を夢見てる人が多いのでしょうね。

バブルが一度破裂したから、また簡単に膨らませてバブルになる事を楽しみにしている金融関係者も多いですね。金融業・・・って経済成長を前提とした典型的な企業ですね。
マネーゲームで儲けようと考えている投資家、資本家を一掃したいものですね。

>気付くきっかけになったと思いたいです。

そうですね。脱経済成長に賛同する人が増えてきている事を肌で感じてきたので記事にしました。  

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
マネー資本主義の暴走
 マネー資本主義の暴走により昨年の原油、食料、肥料等の暴騰は、実際の資源の逼迫状況以上であったわけですが、逆の見方をすると、実際の地球のキャパによる制限以上の制約が経済に対してかかったわけですから、人類に対する警告としてはかえってよかったのではないかという気がしてきました。 資本家は制限するといいつつ、マネー資本主義による詐欺を続けるでしょうから、これによる経済の混乱を嫌って、自給経済部分が拡大すれば、根元から資本主義が崩れる可能性もあるのではないでしょうか。

 ちなみに私は自給部分として肥料を各家庭が作るのもよいように思います。具体的な方法は、富士山等で使われているバイオトイレを利用するのです。投入産出比を考えれば、電動モーター及びヒーター付きは良くないと思いますが。ただし、これを導入するには、市町村と喧嘩する覚悟が必要です。

 また、燃料の一部、肥料を作るのであれば、メタン発酵も良いと思います。この場合、肥料は液肥になるので、輸送及び保存は不便になる気がします。
2009/09/09(Wed) 22:24 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
こないだの朝日新聞で…
小説家の石田衣良氏が経済成長の限界が来ていることを話し、草食系男子(いわゆる消費に鈍感で、車も欲しがらず、繁殖欲(?)も控えめな男子。部分的に若干違うかもしれませんが…)の増加を持続可能な社会と結びつけていました。

比較的著名な方の中にも、まともな感覚をもっている人が増えており、新聞もそういう記事を載せるようになったと気づいた事件でした^^

ブームは一段落ついたようですが、草食系男子は増加すると思われます。

物欲が低く、所有することに魅力を感じない。どちらかといえば、のんびり生きたいと考え、実際にそう生きる人々は持続可能な社会への準備段階に入っていると考えたくなります。

そういう人々にはお金は生きられる分だけあればよくて、ようするに生きるのに困らなければお金すらいらないのかもしれません。

そう思うと、
経済成長路線をなんとなくでも否定している人々は確かに増えているのではないでしょうか。
2009/09/10(Thu) 00:16 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
リーマンショックがもたらしたもの
リーマンショックからの世界同時不況によって、私のような一般庶民はますます金融資産を蓄えることの愚かしさを感じたのですが、まだまだ一部の人は金融に頼って富を夢見てる人が多いのでしょうね。

しかし、この一年で質素な生き方でいいじゃないか。という考えの人も増加して、それが持続可能な社会を作ることだと、気付くきっかけになったと思いたいです。

新製品をつぎつぎ発表する経済界にそろそろ NO! を突きつける時代が来たのかもしれませんよ。
2009/09/10(Thu) 00:44 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
興味深い推測ですね
    guyver1092さん

>実際の地球のキャパによる制限以上の制約が経済に対してかかったわけですから、人類に対する警告としてはかえってよかったのではないかという気がしてきました。

 なるほど、投資家の暴走が、結果として警鐘を鳴らしたわけですね。・・・私もそれで良かったと思います。


>自給経済部分が拡大すれば、根元から資本主義が崩れる可能性もあるのではないでしょうか。

 世界のグローバルの波の中、いわゆる先進国やそこの大企業は、自給経済を潰す方向で進んで来ました。これからも自分達の利益の為に自給自足を潰そうとする勢力は活動を続けるでしょうが、そこを乗り越えて自給自足体制・・・持続可能な社会の基本・・・に移行したいものです。

>バイオトイレ

に関しましては、電動モーター及びヒーターは必要ないかと思います。もっとシンプルな、途上国と呼ばれている地域で使われているエコサ二の一種で必要十分かと思います。


とても興味深くユニークかつ本質を突いた議論有難う御座います。大変参考になりました。
2009/09/10(Thu) 21:26 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
草食系・・・ってそこまで解釈出来るんですね
    でなしNo.146さん

 おお、そう言う事も新聞社が取り上げるようになってきましたか!!・・・いい傾向です!!・(一部  でなしNo.146 さんの解釈が入ってますか?・・〔笑〕 )

 草食系・・・って、熟考の必要のないちょっとした流行り言葉かと思ってましたが、そんな深い解釈も出来るんですね!


>消費に鈍感で、車も欲しがらず、繁殖欲(?)も控えめな男子

これからの社会は、バリバリの企業戦士は必要ないですね・・・と言うよりも・・・その手の企業戦士は撲滅すべきかも知れませんね。・・・やっぱりこの解釈の草食系男子がこれからの理想像かも知れません。

>ブームは一段落ついたようですが、草食系男子は増加すると思われます。

期待出来ますね!!


>物欲が低く、所有することに魅力を感じない。どちらかといえば、のんびり生きたいと考え、実際にそう生きる人々

いいですね!!・・・高度経済成長時代と言う破壊の時代には落ちこぼれ扱いされた人々ですね・・・持続可能な社会での理想のタイプです。
2009/09/10(Thu) 21:41 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
金融業が癌ですね。
    BEMさん

>まだまだ一部の人は金融に頼って富を夢見てる人が多いのでしょうね。

バブルが一度破裂したから、また簡単に膨らませてバブルになる事を楽しみにしている金融関係者も多いですね。金融業・・・って経済成長を前提とした典型的な企業ですね。
マネーゲームで儲けようと考えている投資家、資本家を一掃したいものですね。

>気付くきっかけになったと思いたいです。

そうですね。脱経済成長に賛同する人が増えてきている事を肌で感じてきたので記事にしました。  
2009/09/10(Thu) 21:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。