-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-09-05 00:04
 現在の日本社会では、多くの人が危機意識を持っています。
・・・経済が衰退して、失業率も上がり、多くの企業が潰れています。
大不況から恐慌に落ち込みそうです。・・・だから色んな景気対策に躍起になっていますが、それらは長い目で見れば、ほとんど逆効果でしょう。・・・環境破壊を推し進め、文明の崩壊を加速しているだけです。
・・・現代の不況は「景気の波」などと言うものではなく、成長の限界であり、資本主義体制の矛盾の噴出・・・と考えるべきでしょう。


 資本主義社会はマネーゲームの勝者である資本を持っている資本家に圧倒的に有利なシステムである以上、資本主義経済が進めば進むほど、格差が広がるのは当然の結果です。ゲームの勝者と敗者がはっきりしてくるのは当然の帰着です。・・・それが現代社会の2極化であり、格差問題でしょう。
 日本人は総中流意識・・・世界の中でも最も平等に近い・・と言われていた昭和時代後半も、過ぎてみれば「高度経済成長時代」と言う不安定な過渡期の一時的な状態でした。平成に入ってここ20年あまりで格差は非常に大きくなりました。多数のワーキング・プアと、一握りの裕福な資産家の2極構造。
 自由経済、資本主義が最も発達したアメリカの例を見るまでもなく、資本主義の行き着く先は、ほんの一握りの裕福な支配層・・大金持ちの資本家と、日々の生活に追われた大多数の労働者という格差構造です。これだけ格差が広がった現代は、資本主義経済社会のマネーゲームは末期症状を迎えつつある・・・と言えるでしょう。



 余談ですが、何故これだけ資本主義が支持されてきたのかと言えば、それは支配者側である資本家の巧みなプロパガンダがあったからでしょう。勿論、多くの人間の中にあるオプティミズムなども根底にあるでしょう。
資本主義と自由主義を抱き合わせにして、自由資本主義社会・・などと表現して、誰でも努力すれば金持ちの資本家になれると庶民に希望を持たせてきました。・・はじめから持つものと持たざる者との大きな不平等には触れずに、ほんのわずかな可能性を、さも誰にでも大きな可能性があるようにひたすら幻想を抱かせてきました。
確かに、アメリカ社会の謳い文句のプロパガンダ「チャンスの国」にあるように、誰でも大金持ちになれる可能性だけはあるのです。それに踊らされて(・・若しくは人間が生まれながらに持ち合わせているオプティミズムによって・・・)アメリカの庶民、貧困階級の多くも、自分は今のところとりあえずお金はあまり持っていないけど、将来は大金持ちになれる・・・とオプティミズムで思い込んで資本主義体制を支持してきたのです。・・・勿論その大部分は大金持ちにはならずに人生を終えてきました。それが、「チャンスの国」の現実です。


スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/09/05 00:04】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

まさに末期症状。
でなしNo.146
>資本主義経済社会のマネーゲームは末期症状を迎えつつある

資本主義は常にどこからか搾取をしなければ豊かになれない構造を持っています。

現在、搾取できそうな、いわゆる発展途上国も経済的に台頭してきたり、環境に関する規制も強まっておりますから、世界中の資本家達はどこから搾取できるか頭を悩ませています。

もう搾取するところがほとんど残っていないのでしょう。

マネーゲーム先進国の米国では、二酸化炭素排出権を取り引きする機関を発足させようと各国に働きかけていると、こないだの新聞に載っていました。
これも、そもそも排出をがっちり規制しなければいけないのに、取引するという発想が終わっています。

連中は、次から次へと手を考えますが、根本を正してみるとすべて間違っています。
一般の人が気づかないようにうま~く事実の隠蔽はされていますけれども。

私は、経済の動向から資本主義は崩れ去り、今の社会構造の維持も難しくなると考え持続可能な社会構造の必要性に気づきました。

以前にも書いたと思いますが、私は近い将来、お金第一の価値観は崩壊すると考えています。
というか、もう若干崩壊してますかね^^

これからはお金を求めていくより、衣食住に関わる知識や良き友を求めていく方がいい投資だと思われます。

>まさに末期症状。
雑草Z
    でなしNo.146さん

>もう搾取するところがほとんど残っていないのでしょう。

まさに成長の限界ですね。

>二酸化炭素排出権を取り引きする機関を発足させようと各国に働きかけていると

アメリカなどにはもう既に排出権取引の仲立ちで稼いでいる会社がありましたよね?・・・結局環境問題でも何でもかんでもビジネスに持って行こうという考えですね。本末転倒の非常に危険な状態です。


>一般の人が気づかないようにうま~く事実の隠蔽はされていますけれども。

もうそろそろ気づくべきですし、マスコミもそう言うところを突くべきですが、搾取構造の太鼓持ちやってるマスゴミが多いですね。

>今の社会構造の維持も難しくなると考え持続可能な社会構造の必要性に気づきました。

多くの人が でなしNo.146 さんのように気付いて欲しいのですが・・・気付かせてあげて下さい。

>近い将来、お金第一の価値観は崩壊していると思いまよ。

その為には資本主義が崩壊しなければなりませんね・・・末期症状です。


末期的
guyver1092
 北海道拓殖銀行がつぶれる少し前、銀行内で新人研修があったそうです。そのとき、銀行の重役が「このままでは当行はつぶれる」といったところ、新人たちは冗談を言われたと思い、爆笑したそうです。
 最近同僚と雑談しているときに、冗談めかして破滅が近いといったところ、「危ない人?」と返されました。ほとんどの人は北海道拓殖銀行の新人のように危機意識のない人のほうが多数派のように思えます。

 ハードランディングしかないのでしょうか。

多数派
雑草Z
    guyver1092さん

>ほとんどの人は北海道拓殖銀行の新人のように危機意識のない人のほうが多数派のように思えます。

 ほんの短い間の経験を、永遠の真理のように捉えてしまうほどに短絡的な人間が沢山いるのですね。
 マスコミの大部分もそうでしょう。

guyver1092さんが先見の明があり、同僚の方はそこまで思考が回らないのでしょう。

>ハードランディングしかないのでしょうか。

このままいけば間違いないでしょうが、
経済成長主義の愚かさと成長の限界をはっきり感知出来る人が指数関数的に増えて行けば、まだチャンスはある・・・かも知れません。


お金持ちが幸せという幻想
松田まゆみ
以前NHKのテレビで紹介されていたアメリカ人のことを思い出しました。がんばってお金持ちになれば幸せになれると信じ努力してお金持ちになったけれど、心はなにも満たされず何のために努力してきたのかわからない…というようことをいっていました。お金さえあれば何でも手に入り幸せになれると信じている人にとっては、本当の幸せがどこにあるのか気付かないのでしょうね。新自由主義の矛盾にも。

努力の目的
雑草Z
     松田まゆみさん

>がんばってお金持ちになれば幸せになれると信じ努力してお金持ちになった

金持ちになるまで気づかないって鈍いですね。
資本主義に毒されたそう言う考え方の人は、この頃減っているように感じます。

 普通に生活出来れば金持ちにならなくていい・・・と言う人はかなりいると思いますが、大金持ちになる事を好む人々が、そういうところから搾取しようとして、軋轢が生じるのでしょうね。金持ちになる事が目標・・・って持続可能な社会実現のためにエゴイスティックな事でしょう。

 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まさに末期症状。
>資本主義経済社会のマネーゲームは末期症状を迎えつつある

資本主義は常にどこからか搾取をしなければ豊かになれない構造を持っています。

現在、搾取できそうな、いわゆる発展途上国も経済的に台頭してきたり、環境に関する規制も強まっておりますから、世界中の資本家達はどこから搾取できるか頭を悩ませています。

もう搾取するところがほとんど残っていないのでしょう。

マネーゲーム先進国の米国では、二酸化炭素排出権を取り引きする機関を発足させようと各国に働きかけていると、こないだの新聞に載っていました。
これも、そもそも排出をがっちり規制しなければいけないのに、取引するという発想が終わっています。

連中は、次から次へと手を考えますが、根本を正してみるとすべて間違っています。
一般の人が気づかないようにうま~く事実の隠蔽はされていますけれども。

私は、経済の動向から資本主義は崩れ去り、今の社会構造の維持も難しくなると考え持続可能な社会構造の必要性に気づきました。

以前にも書いたと思いますが、私は近い将来、お金第一の価値観は崩壊すると考えています。
というか、もう若干崩壊してますかね^^

これからはお金を求めていくより、衣食住に関わる知識や良き友を求めていく方がいい投資だと思われます。
2009/09/05(Sat) 13:51 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
>まさに末期症状。
    でなしNo.146さん

>もう搾取するところがほとんど残っていないのでしょう。

まさに成長の限界ですね。

>二酸化炭素排出権を取り引きする機関を発足させようと各国に働きかけていると

アメリカなどにはもう既に排出権取引の仲立ちで稼いでいる会社がありましたよね?・・・結局環境問題でも何でもかんでもビジネスに持って行こうという考えですね。本末転倒の非常に危険な状態です。


>一般の人が気づかないようにうま~く事実の隠蔽はされていますけれども。

もうそろそろ気づくべきですし、マスコミもそう言うところを突くべきですが、搾取構造の太鼓持ちやってるマスゴミが多いですね。

>今の社会構造の維持も難しくなると考え持続可能な社会構造の必要性に気づきました。

多くの人が でなしNo.146 さんのように気付いて欲しいのですが・・・気付かせてあげて下さい。

>近い将来、お金第一の価値観は崩壊していると思いまよ。

その為には資本主義が崩壊しなければなりませんね・・・末期症状です。
2009/09/05(Sat) 19:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
末期的
 北海道拓殖銀行がつぶれる少し前、銀行内で新人研修があったそうです。そのとき、銀行の重役が「このままでは当行はつぶれる」といったところ、新人たちは冗談を言われたと思い、爆笑したそうです。
 最近同僚と雑談しているときに、冗談めかして破滅が近いといったところ、「危ない人?」と返されました。ほとんどの人は北海道拓殖銀行の新人のように危機意識のない人のほうが多数派のように思えます。

 ハードランディングしかないのでしょうか。
2009/09/06(Sun) 22:45 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
多数派
    guyver1092さん

>ほとんどの人は北海道拓殖銀行の新人のように危機意識のない人のほうが多数派のように思えます。

 ほんの短い間の経験を、永遠の真理のように捉えてしまうほどに短絡的な人間が沢山いるのですね。
 マスコミの大部分もそうでしょう。

guyver1092さんが先見の明があり、同僚の方はそこまで思考が回らないのでしょう。

>ハードランディングしかないのでしょうか。

このままいけば間違いないでしょうが、
経済成長主義の愚かさと成長の限界をはっきり感知出来る人が指数関数的に増えて行けば、まだチャンスはある・・・かも知れません。
2009/09/07(Mon) 21:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
お金持ちが幸せという幻想
以前NHKのテレビで紹介されていたアメリカ人のことを思い出しました。がんばってお金持ちになれば幸せになれると信じ努力してお金持ちになったけれど、心はなにも満たされず何のために努力してきたのかわからない…というようことをいっていました。お金さえあれば何でも手に入り幸せになれると信じている人にとっては、本当の幸せがどこにあるのか気付かないのでしょうね。新自由主義の矛盾にも。
2009/09/08(Tue) 06:47 | URL  | 松田まゆみ #8vHTwPwQ[ 編集]
努力の目的
     松田まゆみさん

>がんばってお金持ちになれば幸せになれると信じ努力してお金持ちになった

金持ちになるまで気づかないって鈍いですね。
資本主義に毒されたそう言う考え方の人は、この頃減っているように感じます。

 普通に生活出来れば金持ちにならなくていい・・・と言う人はかなりいると思いますが、大金持ちになる事を好む人々が、そういうところから搾取しようとして、軋轢が生じるのでしょうね。金持ちになる事が目標・・・って持続可能な社会実現のためにエゴイスティックな事でしょう。

 
2009/09/08(Tue) 22:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。