-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-08-19 00:11
この記事は、2日前の記事【アメシロ】の後日談ですので、前の記事から2日しか経ってませんがアップ致します。

アメシロの付いた柿の木の葉を埋めて4日後、8月17日の朝、家の小さな畑(家庭菜園)を手伝って下さっている方が、
「埋めたアメシロが出てきてるよ・・・」と教えて下さったので
「そんな馬鹿な!」・・と急いで庭に出てみると、アメシロが付いた葉を枝ごと埋めた場所のわきの草に・・・ほんの数十㎝ほど横の広い葉と芝のような草にアメシロが沢山糸を出して群れていました。
 「何でこんな小さなアメシロがこんなに沢山・・?」
と言ったらその方は
「アメシロは一匹いると沢山増えんのよ・・」
そんな事はないでしょう・・大きな幼虫が小さな幼虫を産む筈ないし・・・。
柿の葉を一枚くらい落としたのかな・・?・・・とも考えましたが、柿の葉は見当たりませんでした。
 埋める前に逃げたにしては多過ぎます。せいぜい数匹でしょうし、はじめは別々の葉の群れにいた兄弟じゃないアメシロが群れるでしょうか?
・・・・狐につままれた感じでした。


冷静になった私の想像はこうです。
別なアメシロ蛾の卵がここの草のところに産み付けられていて、丁度卵が孵って数日経った・・・。
でも疑問が残ります。アメシロの成虫が、木が近くにあるのに、木の葉ではなく、草に卵を産みつけるでしょうか・・・孵化する前に草が枯れてしまう可能性も大きいでしょう。
どなたか他の説明とか想像された方はご連絡下さい。

アメシロ後1

アメシロ後2





・・・これ、しっかり調べたら面白いでしょう。
色んな意味で余裕があったらこの手の生物の生態の研究をしてみたいものです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/08/19 00:11】 | 一寸日常生活 トラックバック(0) |

推測が正しいような・・・
松田まゆみ
私の住んでいるところにはアメシロはいないので、何ともよくわからないのですが、雑草Zさんの想像が当たっているのではないでしょうか。どう考えたって、土の中に埋めた幼虫が出てきたってことにはならないでしょう。でも埋めたところのすぐ近くとは、偶然ですねえ。

普通は木の葉に産卵するのでしょうけれど、中には低いところで交尾・産卵してしまう雌もいるのではないでしょうか。餌がなくなったら、幼虫は近くの木に移動していくのではないかと思います。

アメシロ恐怖症の住民達
雑草Z
    松田まゆみさん

 こちらの記事にも、コメント有難う御座います。

 アメシロは大量に発生して木を枯らしてしまうまで葉を食べ尽くす事があるので・・・近所の人も大げさに恐れています。・・私が子供の頃家のポプラの木も大量発生で切られました。
曰く
 焼かなければならない・・土に埋めたくらいじゃ出てくる・・


 蛹になる時は土に潜るようですが、だからと言って土に埋めた幼虫が潰れずに土から出てくる・・・って考えにくいですよね…ミミズやハサミ虫でもあるまいし・・・

 と言いつつ、実験観察してみたいような気もします。

大地の糧ですね・・
団塊おやじの遺言
薬剤の使用は論外ですよね 自然の仕組みは未知の分野が多過ぎて解明は難しい有様です 天然の粉も効果が有り過ぎ 使用しない人は眉唾もの・・どなたか害虫には効くが益虫には影響しない現象
この天然成分の解析 お願いします 毛虫は瞬間に動けず2~3日で堆肥化する こんな現象 信じられないと でも事実です 足長蜂が我が家の植栽の番兵の様にいつもパトロールしています
いろんな生き物が来ます 子供たちも虫の観察に良く来ます
無農薬6年目無肥料3年目 生きてるうちに広めたい 自然の仕組み 害虫はこの粉の前では大切な大地の肥料に成ります 

>大地の糧
雑草Z
    団塊おやじの遺言さん

 やっぱり大地の糧にするには土に埋めるのがいいと思います。
 殺虫剤を使用すると、大地も化学物質で汚染されるでしょうね・・・残留しないで分解する・・・と言うものもありますが、信用出来ませんね。


>足長蜂が我が家の植栽の番兵

いいですね。基本的に蜂はこちらが攻撃とかしなければ刺さないのに、駆除の必要はないでしょう・・・大げさに恐がる人が多過ぎますね。蜂は人を刺すと言う意味で害虫扱いする人も多いですが、花粉の授粉や蜂蜜、そして、葉を食い荒らす毛虫などを取ってくれるので人間にとって役に立つ事も多いですよね。

>こんな現象 信じられない

私も実はあまり信じていませんが、ひょっとして可能性はあると思います。・・・アメシロは比較的高い木の枝に付くので、実験しにくかったのですが、今回のような草や低い木の葉に付いているのを今日も見かけましたので(今日の分は土に埋めてしまいましたが・・・今度是非実験したいと思いま
す。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
推測が正しいような・・・
私の住んでいるところにはアメシロはいないので、何ともよくわからないのですが、雑草Zさんの想像が当たっているのではないでしょうか。どう考えたって、土の中に埋めた幼虫が出てきたってことにはならないでしょう。でも埋めたところのすぐ近くとは、偶然ですねえ。

普通は木の葉に産卵するのでしょうけれど、中には低いところで交尾・産卵してしまう雌もいるのではないでしょうか。餌がなくなったら、幼虫は近くの木に移動していくのではないかと思います。
2009/08/19(Wed) 13:50 | URL  | 松田まゆみ #8vHTwPwQ[ 編集]
アメシロ恐怖症の住民達
    松田まゆみさん

 こちらの記事にも、コメント有難う御座います。

 アメシロは大量に発生して木を枯らしてしまうまで葉を食べ尽くす事があるので・・・近所の人も大げさに恐れています。・・私が子供の頃家のポプラの木も大量発生で切られました。
曰く
 焼かなければならない・・土に埋めたくらいじゃ出てくる・・


 蛹になる時は土に潜るようですが、だからと言って土に埋めた幼虫が潰れずに土から出てくる・・・って考えにくいですよね…ミミズやハサミ虫でもあるまいし・・・

 と言いつつ、実験観察してみたいような気もします。
2009/08/20(Thu) 11:32 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
大地の糧ですね・・
薬剤の使用は論外ですよね 自然の仕組みは未知の分野が多過ぎて解明は難しい有様です 天然の粉も効果が有り過ぎ 使用しない人は眉唾もの・・どなたか害虫には効くが益虫には影響しない現象
この天然成分の解析 お願いします 毛虫は瞬間に動けず2~3日で堆肥化する こんな現象 信じられないと でも事実です 足長蜂が我が家の植栽の番兵の様にいつもパトロールしています
いろんな生き物が来ます 子供たちも虫の観察に良く来ます
無農薬6年目無肥料3年目 生きてるうちに広めたい 自然の仕組み 害虫はこの粉の前では大切な大地の肥料に成ります 
2009/08/20(Thu) 19:07 | URL  | 団塊おやじの遺言 #-[ 編集]
>大地の糧
    団塊おやじの遺言さん

 やっぱり大地の糧にするには土に埋めるのがいいと思います。
 殺虫剤を使用すると、大地も化学物質で汚染されるでしょうね・・・残留しないで分解する・・・と言うものもありますが、信用出来ませんね。


>足長蜂が我が家の植栽の番兵

いいですね。基本的に蜂はこちらが攻撃とかしなければ刺さないのに、駆除の必要はないでしょう・・・大げさに恐がる人が多過ぎますね。蜂は人を刺すと言う意味で害虫扱いする人も多いですが、花粉の授粉や蜂蜜、そして、葉を食い荒らす毛虫などを取ってくれるので人間にとって役に立つ事も多いですよね。

>こんな現象 信じられない

私も実はあまり信じていませんが、ひょっとして可能性はあると思います。・・・アメシロは比較的高い木の枝に付くので、実験しにくかったのですが、今回のような草や低い木の葉に付いているのを今日も見かけましたので(今日の分は土に埋めてしまいましたが・・・今度是非実験したいと思いま
す。
2009/08/20(Thu) 21:48 | URL  | 雑草Z #sJxTTGlw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。