-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-08-21 00:21
幼い頃、自分の血を吸っている最中の蚊を初めて見つけた時の感動を覚えています。そっと観察して、血を吸い終わる前と思われる時期に手でつまもうとしたら逃げられました。血を吸い終わってから毒液を入れる・・・と思い込んでいた私は、蚊は血を吸い終わる前に逃げたのに、吸われたところが腫れてきたのを見て、自論の間違いに気づきました(笑)・・・蚊は針を刺すときに毒液も注入する・・・と言う事がわかりました。・・・体に注入した毒液と一緒に血を吸いこむなんて変だと子ども心に疑問に思ったのでよく覚えています。・・かなり後になって、そのシステムは本かテレビで見て納得した記憶があります。

 蚊に刺されたら、幼い頃は、キンカンを中心に、ムヒだとかウナコーワだとか塗り薬をよく塗ったものです。・・・それが定番でした。
 小学生になって、岩手県に転校して、外で遊んでいるとブヨに沢山刺されました。ブヨが体にあける穴は蚊よりも大きめで、穴から血がポツンと出てきます。私が育った岩手県の田舎では、ブヨに刺されたら子ども達はみんな毒液を指で絞り出していました。私もそうするようにしてからは、あまり塗り薬を使わなくなりました・・・毒液を絞った後にキンカンを塗ると、体が飛び上がるくらいに染みて痛みますし・・・。
それに比べ蚊に刺された穴は小さくて、ほとんど絞り出せませんでした。

 アブに刺されたときは針が太いのでかなり痛みますし、ブヨの穴よりさらにでかい穴から血が出てきますが、やはり絞り出します。毒虫に刺されたら絞り出す・・・は基本でしょう。

 流石に蜂に刺されたときは、痛くて慌てますが、次の機会があったら絞ってみようと思います。(・・笑・・・って蜂に刺される事は稀ですし、これから一生刺されないほうがいいですね・・)

 毒液を絞る方法が、野蛮だとは思いません。塗り薬を塗るよりよっぽどいい方法だと思います。アブやブヨに刺されても、何の道具も準備もなくても絞るだけ・・・です。シンプル イズ ベスト・・です。自分の体から血が混じった毒液が絞られて出てくるさまを見るのは快感です。・・体から毒が抜かれている事を実感出来ます。・・・ニキビを潰して絞り出す快感にも似ているかも知れません(笑)

 先日のアメシロ駆除では、沢山蚊に刺されました。私の家の庭には縞蚊というのか藪蚊と言うのか・・が沢山います。一部藪のような庭ですから・・私の血は蚊が好きらしく、庭ではわずかの時間に沢山蚊に刺されます。
 痒くて蚊に刺された場所を発見したときは、一瞬悔しい思いをします。・・そしてすぐ忘れます(笑)逆に体に付いて血を吸っている蚊や、飛んでいる蚊を見つけて逃がさないで潰したときは快感です。血を吸った蚊を潰すと、蚊の体全体に血を吸いこんだと思えるくらい、あの小さな体の蚊にしては大量の血が出てきます。・・血をたっぷり吸った蚊は飛ぶ姿も重々しいのが笑えます。
 
・・・いつの頃からか、蚊に刺されて痒いと思っても、そのほんの短い時間だけで忘れてしまいうようになりました。瞼だとか唇だとか特別な場所が刺された場合を除き、半日後にはもうどこが刺されたか分からない位です。蚊に刺された跡さえも見つかりません。蚊に刺された場所が痒いと感じている時間も、小さい頃は翌日まで痒かった記憶がありますが、今では1時間後には忘れています。・・・蚊に刺されまくって耐性が出来たのでしょう。

 塗り薬なんて塗らないほうが体に耐性が出来るのでしょう。現在沢山使われている薬も、本当は使用しないほうがいい場面のほうが多いのではないでしょうか?。
薬剤は現代人、文明人の典型的なドーピングでしょう。『薬剤』の使用ですから、私がここのサイトでいつも比喩的に使っている『ドーピング』ではなく、文字通りの『ドーピング』です。

世の中、不必要な物で溢れています。薬剤もその例に洩れず、売る為に必要のない「ニーズ」を作り出してきたのでしょう。・・・その為に人間の体の耐性は次第に次第に弱くなって来ました。
必要のない薬剤の使用は普段の生活から抜いていくべきでしょう。文字通り『ドーピングを抜く』です。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/08/21 00:21】 | 薬剤 トラックバック(0) |

毒は吸ったら体内に行きませんか?
鼻勝
何故かは解りませんが、つい最近、
自分の所に、蚊がぜんぜん、寄ってきません。
同じように草毟りしている親戚と父には、
やたら寄って来たり、果ては蟻にまで噛まれたり……。
体質的なものがあるのかもしれませんが……一体……。
あと、何かムヒとかウナコーワみたいな塗薬系が、
割と苦手です。べちょっとして気持ち悪いだけな気がして。

自分の体液は吸っても大丈夫・・なのかな?
雑草Z
    鼻勝さん

 毒を吸ったら蚊の体内に入って蚊自身が毒にやられる・・と言う意味でしょうか?
 私も専門家ではないのでよくわかりませんが、
蚊の毒はもともと人間の血を固めないで吸いやすくする為の液、若しくは針を刺す為に針先に入れて硬くする為の緊張剤でしょう。・・・勿論蚊にとっては自分の体液ですから、大丈夫に出来ているのではないでしょうか?
 
>自分の所に、蚊がぜんぜん、寄ってきません。

蚊が吸う血にも好き嫌いがあるのでしょうね。
蚊に刺されやすい人、差されにくい人・・・体質でしょうね。  


>塗薬系が、 割と苦手です。

苦手なんですか?・・どういう風に?
私は、キンカンでもムヒでも、スースーして気持ちいいです。・・・でも蚊に刺されたからって、わざわざムヒやキンカン準備したり探したりするのは面倒・・・だし、ほんの数分で忘れて仕舞い、いつの間にか腫れは引いてます。・・単なる『慣れ』ですね・・アブは別です・・・あの痛さ、痒さはそう簡単にとれません・・沢山刺されたらアブも大した事無くなるでしょうね!?  

私みたいなのは珍しいのでしょうけども。
鼻勝
>苦手なんですか?・・どういう風に?
何と言うか、何故かは解らんのですが、そのスースー感が嫌いなのです……。
体温を奪われているみたいで。あと、油っぽい感じでしょうか。
薬品系の匂いとかも苦手でして、つまり、湿布とかも割と嫌いなので、どうしようもなくなったときは、無理して使ってみましたけども、やっぱり合わないんですね。……困ったものです。
アブは良く見ますけど、刺されたことは無いです。

何もしなくて済むならそれに越した事はありませんね。
雑草Z
    鼻勝さん

>スースー感が嫌い

塗り薬が嫌いで、そのままにして置いたほうがいいのなら、それに越した事はないですね。薬嫌いなら、無理に塗ったり飲んだりりせずに、そのまま放って置くほうがいい場合が多いと思います。
薬を塗ったり飲んだりして治った・・・と見えても実際は放って置いても治る場合が多いでしょうね。・・・逆に薬を使用する事で、薬が必要な体になってしまうほうが嫌ですね・・「ドーピング効果」ですね。



>アブは良く見ますけど、刺されたことは無いです

それは恵まれていますね・・・でもある意味若干寂しいですね。その理由は・・
蚊は、用心深く、一度潰し損ねると一旦身を隠して、ほとぼりが冷めた頃また血を吸いにやってきますが・・中には強引なのもいますが・・・アブはかなり強引です。山の露天風呂などでは、タオルでぐるぐる回して叩こうとしても、ちょっと身をよけるだけで直ぐに強引に血を吸おうと攻めて来ます。湯に潜って身をひそめるしかなくなります(笑)
スズメバチくらい大きなアブ(スズメバチよりも平面的な感じの体形です・・セミに似てます)は刺された瞬間非常に痛いし(注射よりずっと痛い)腫れも蚊に刺されたときの何倍も大きく、広範囲に大きく膨らみます。・・小さなアブ(メジロなど・・)でも十分に痛いし、十分大きく腫れます(笑)
 蜂はこちらで何もしなければ攻撃してきませんから怖くありませんが、アブは血を吸うのが目的ですから、なかなか諦めませんよ。まあ、だからこそ、アブとの勝負はなかなか面白いんですけどね。・・アブに血を吸われるか、タオルでアブを落とすか・・アブの数が多過ぎると逃げるしかありませんが・・(笑)

 


Anthony
我が家では、15年前くらいに東急ハンズで買ってきた「ドクターなんとか?」(商品名...忘れた)というプラスチック製のポンプというか、針の無い注射器のようなもので、毒液(蟻酸)を吸い取っております。


BEM
指の先とか皮膚の比較的固い所を刺されると無茶苦茶痒いですよね。
家族の中では比較的刺されにくいようで、その分子ども達が私の分まで刺されてます(笑)

私もさされてもほとんど薬はつけませんねえ。
絞り出せる場所なら爪の跡が付く位絞りますが、できないところは口で吸い出します。
アンソニーさんのおっしゃる注射器型の器具は見たことがありますが、貧乏性の上、面倒くさがりなので、要は吸い出せば痒くならないだろう! と思ってもっぱら口です(^^;

面白いもの売ってますね。
雑草Z
    Anthonyさん

 東急ハンズらしいですね。
一度試しに使ってみたいです。
・・そういうもので吸引するのも気持ちいいかも知れませんね(笑)
 勿論、手動(人力)ですよね?吸引力はどうですか?
蚊が吸ったような小さな穴でも有効なのでしょうか?
どの位の大きさなのでしょうか?
・・・実際使ってみて、指で直接絞るのと比べていかがですか?
 

口で吸う方法もありましたね!
雑草Z
    BEMさん

>絞り出せる場所なら爪の跡が付く位絞りますが、

そうそう、わかります。私はあんまり爪は使いませんが、
友達がよく「絞ってやっから・・」
と言って私の腕や脚に爪痕が付くくらい絞ってました。
懐かしいです。 


>できないところは口で吸い出します。


口で吸い出す・・・と言う方法も、言われてみれば、基本ですね。私は何故か口で吸い出す方法をやった記憶がありません。・・・今度是非試してみたいと思います。
・・・マムシくらいの猛毒になりますと、虫歯がある人が口で吸いだすと、そこから毒が入って危険だ・・・と言う事を子供の頃マンガなどで見た記憶がありますが、その記憶があって、口で吸い出す方法はやらなかったのかも知れません。

 口で吸いだす方法は、何に刺されたとき行ってましたか?

ところで・・
指で絞り出せないけれど、口で吸い出せる体の部位ってありますか?・・・逆はあると思うんですけど・・。 


BEM
あ(^^;
ホントですね。考えると、指の前に口で吸う事を優先してたみたいです(笑)
蚊にさされたくらいのものは何ともないと思いますが、やっぱり吸い出した後は吐き出します。

それにしてもマムシの毒が虫歯から入って危険!
という話しは考えただけで恐ろしい話しですね(><;

印象に残るシーン
雑草Z
    BEMさん

>マムシの毒が虫歯から入って危険!

 マムシに足を噛まれた少年がいて、その毒を吸い出そうと、他の少年(敵対する少年だったような・・)がその足の毒を口で吸い出そうとしたら、マムシに噛まれた少年が吸い出そうとした少年を足で蹴飛ばします。蹴られて唖然とした少年に向かって蹴ったマムシに噛まれた少年は
「お前は、虫歯があるから、そこから毒が入ってしまうから駄目だ・・・」
と言います。すると、それを見ていた別の第3の少年が、
「じゃあ、俺が吸い出す・・・おらなら虫歯がないから大丈夫だ・・・」
と言って吸い出します。
 何の漫画か覚えてませんが、印象深かったシーンなのでそこだけはっきり覚えています。(笑)


Anthony
ハンズのグッズ

我が家の安物でも、蚊の場合で50%の割合で吸い出せます。

すると、あまり後から痒くならないとです。


大きさは、手のひらに乗る大きさです。




松田まゆみ
私も野外に出かけるときは「インセクト・ポイズン・リムーバー」という注射器のような器具を持っていきます。最大の目的はスズメバチに刺された際の毒の吸引ですが、スズメバチには刺されて使用したことはありません。しかし、先日マダニに咬まれたときにはこれが多いに役立ちました。マダニはライム病を持っていることがありますし、何もしないと長期間腫れてかゆみが治まりません。ですから、できるだけ毒は吸い取ったほうがいいのです。

いずれにしても、まずはできるだけ物理的に毒を吸いだしてしまうことが重要だと思います。

試しに使ってみたいですね
雑草Z
    Anthonyさん

>蚊の場合で50%の割合で吸い出せます。

蚊の小さな穴でも吸いだせるのですね。
人間が指で絞る場合、何%くらい絞りだせるのでしょうね?

かなり絞った積りでも、もっと絞ればもっと出て来たような記憶があります。

 

こちらも実際見てみたいですね。
雑草Z
    松田まゆみさん

>インセクト・ポイズン・リムーバー

本格的ですね。名前もそのままですね。
流石にスズメバチに刺されたら、痛いし、慌てるでしょうね。
 蜂は、こちらが悪さをしなければ、基本的に襲ってこない・・・と思っているのですが・・

>マダニに咬まれたとき

やはり、指で絞るよりは効果があるものなのでしょうか?
 


Anthony
我が家のは、安物ですが、高級なヤツは、蛇の毒にも対応してるとのこと。



情報有難う御座います。
雑草Z
    Anthonyさん

高級なヤツと言うか、本格的なモノが

 Insect Poison Remover

と言うのでしょうか?

まあ、原始的に指で絞ったり口で吸い出せれば一番いいですね。

はじめまして。
kaoru
雑草Zさん、こんにちは。

えりざべすさんのブログからやってまいりました。

私は、蚊にさされやすい年とそうでない年、
があるみたいです。

だいぶん前に、蚊は、妊娠している雌しかささない、
なぜなら、血液からたんぱく質を補給するため、
と聞いたことがあって、今でも、自分で調べようとせず、
それ、を信じています(笑)。
また、血液型によって、さされやすい、
という話もきいたことがあります。

では、また。

血を吸うのは雌ですね。
雑草Z
    kaoruさん

>蚊は、妊娠している雌しかささない、 なぜなら、血液からたんぱく質を補給するため、 と聞いたことがあって、

私が子供の頃聞いていた事は、血を吸うのは雌・・・だと言うことと、雌は血を吸わなくても産卵するけれども、血を吸った雌は吸わない雌に比べて産卵する卵の数が1千倍くらいになる・・と言う事です。

・・・今ネットで調べてみたら、kaoruのおっしゃるように、「雌は産卵のために吸血します。」とありました。
血を吸った雌は4~5日後に300粒あまりの卵を産み落とす・・・とありますから、血を吸わなかった雌は、吸った雌の千分の一の数の卵を産卵する・・・と言う事は1粒産むか産まないか・・・って事になりますね。・・実際は血を吸わなければ産卵は無理と言う事かも知れません。
さらに「血液型のうち、O型の人が最も蚊に好まれるという結果が報告されている」・・とあります。確かに私はO型ですが、どのくらい信頼出来るデータでしょうか?

kaoruさんのおかげで蚊の事を調べるきっかけになりました。有難う御座います。
 

Insect Poison Remover
Anthony
そうそう曹操

それですわ



どれが便利でしょうね?
雑草Z
    Anthony さん

 
高級なのを使ったほうがいいのでしょうか?
それとも安いやつで十分ですか?
道具は使わず指と口がベストかな・・・?

場合によって人それぞれでしょうね。
Poison Remover で寝た子を起こしてしまったらごめんなさい。


Anthony
対象が蚊だけなら、安いやつでもいいと思います。

でも、本格的なやつも個人的には試してみたいです。

道具はシンプルなほうが良い。
雑草Z
    Anthonyさん

 確かに安いものでいいですね。でも、本格的なやつも試してみたいですね。

 因みに対象が蚊だけなら、
私は要りませんね。体に耐性が出来て、本文に書いたように、2~3時間で治りますから・・・
ブヨなども絞るだけでも十分です。

 毒蛇や毒蜘蛛、蜂に試してみたいですね・・まあそんな機会は滅多にないでしょうが・・・あっ!・・そう言えば私は小学2年の時に蛇に噛まれたことがありましたが・・シマヘビかなんかで毒はありませんでした・・。

おまじない
おかっぱ頭
 楽しく読ませていただきました。
 子供の頃、親から「おまじない」と教わったのは、蚊に刺された所に爪で強く十文字の模様をつける事。友達の多くも同じ事をしていました。今でも時々思い出してはやっています。
 何年か前に、薬を塗らずに痒みを和らげる裏ワザ、のような事を番組でやっていて、それはやはり爪で強く十文字の痕をつける事でした。痕が消えたら何度も繰り返す、その痛みで痒みが誤魔化されるのですね。いつの間にか痒みが消えます。
 その応用で、大泣きして予防注射を嫌がる幼い子たちに、「これ位しか痛くないからね!」と言って注射針を刺す所を先につねっておいて、その痛みが取れないうちに注射針を刺すと泣く割合がぐっと減ると。面白い実験でした。

>おまじない
雑草Z
    おかっぱ頭さん

そのおまじないもなかなか悪くない方法ですね。
何となく記憶にあるような・・・・

 でも、最近蚊に刺されて、どの位痒いか調べようと思ったら、すぐに忘れ、数時間後に思いだしたら、もう跡もどこかわかりませんでした。・・・つまり、蚊に刺されたときは一瞬悔しいけれど、ほんの数分後には忘れてしまい、1,2時間後には大体治っている・・・と言う事でしょう。私だけでなく、昔の人は大体そうだったんじゃないでしょうか??


>大泣きして予防注射を嫌がる幼い子たちに、「これ位しか痛くないからね!」と言って注射針を刺す所を先につねっておいて、その痛みが取れないうちに注射針を刺す

それも面白い方法ですね。・・でもつねるより注射針を刺されるほうが遥かに痛いでしょう!?(笑)・・・大人でも注射はいやでしょう(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
毒は吸ったら体内に行きませんか?
何故かは解りませんが、つい最近、
自分の所に、蚊がぜんぜん、寄ってきません。
同じように草毟りしている親戚と父には、
やたら寄って来たり、果ては蟻にまで噛まれたり……。
体質的なものがあるのかもしれませんが……一体……。
あと、何かムヒとかウナコーワみたいな塗薬系が、
割と苦手です。べちょっとして気持ち悪いだけな気がして。
2009/08/21(Fri) 21:43 | URL  | 鼻勝 #NJsiWxd2[ 編集]
自分の体液は吸っても大丈夫・・なのかな?
    鼻勝さん

 毒を吸ったら蚊の体内に入って蚊自身が毒にやられる・・と言う意味でしょうか?
 私も専門家ではないのでよくわかりませんが、
蚊の毒はもともと人間の血を固めないで吸いやすくする為の液、若しくは針を刺す為に針先に入れて硬くする為の緊張剤でしょう。・・・勿論蚊にとっては自分の体液ですから、大丈夫に出来ているのではないでしょうか?
 
>自分の所に、蚊がぜんぜん、寄ってきません。

蚊が吸う血にも好き嫌いがあるのでしょうね。
蚊に刺されやすい人、差されにくい人・・・体質でしょうね。  


>塗薬系が、 割と苦手です。

苦手なんですか?・・どういう風に?
私は、キンカンでもムヒでも、スースーして気持ちいいです。・・・でも蚊に刺されたからって、わざわざムヒやキンカン準備したり探したりするのは面倒・・・だし、ほんの数分で忘れて仕舞い、いつの間にか腫れは引いてます。・・単なる『慣れ』ですね・・アブは別です・・・あの痛さ、痒さはそう簡単にとれません・・沢山刺されたらアブも大した事無くなるでしょうね!?  
2009/08/21(Fri) 23:26 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
私みたいなのは珍しいのでしょうけども。
>苦手なんですか?・・どういう風に?
何と言うか、何故かは解らんのですが、そのスースー感が嫌いなのです……。
体温を奪われているみたいで。あと、油っぽい感じでしょうか。
薬品系の匂いとかも苦手でして、つまり、湿布とかも割と嫌いなので、どうしようもなくなったときは、無理して使ってみましたけども、やっぱり合わないんですね。……困ったものです。
アブは良く見ますけど、刺されたことは無いです。
2009/08/22(Sat) 23:51 | URL  | 鼻勝 #NJsiWxd2[ 編集]
何もしなくて済むならそれに越した事はありませんね。
    鼻勝さん

>スースー感が嫌い

塗り薬が嫌いで、そのままにして置いたほうがいいのなら、それに越した事はないですね。薬嫌いなら、無理に塗ったり飲んだりりせずに、そのまま放って置くほうがいい場合が多いと思います。
薬を塗ったり飲んだりして治った・・・と見えても実際は放って置いても治る場合が多いでしょうね。・・・逆に薬を使用する事で、薬が必要な体になってしまうほうが嫌ですね・・「ドーピング効果」ですね。



>アブは良く見ますけど、刺されたことは無いです

それは恵まれていますね・・・でもある意味若干寂しいですね。その理由は・・
蚊は、用心深く、一度潰し損ねると一旦身を隠して、ほとぼりが冷めた頃また血を吸いにやってきますが・・中には強引なのもいますが・・・アブはかなり強引です。山の露天風呂などでは、タオルでぐるぐる回して叩こうとしても、ちょっと身をよけるだけで直ぐに強引に血を吸おうと攻めて来ます。湯に潜って身をひそめるしかなくなります(笑)
スズメバチくらい大きなアブ(スズメバチよりも平面的な感じの体形です・・セミに似てます)は刺された瞬間非常に痛いし(注射よりずっと痛い)腫れも蚊に刺されたときの何倍も大きく、広範囲に大きく膨らみます。・・小さなアブ(メジロなど・・)でも十分に痛いし、十分大きく腫れます(笑)
 蜂はこちらで何もしなければ攻撃してきませんから怖くありませんが、アブは血を吸うのが目的ですから、なかなか諦めませんよ。まあ、だからこそ、アブとの勝負はなかなか面白いんですけどね。・・アブに血を吸われるか、タオルでアブを落とすか・・アブの数が多過ぎると逃げるしかありませんが・・(笑)

 
2009/08/23(Sun) 08:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
我が家では、15年前くらいに東急ハンズで買ってきた「ドクターなんとか?」(商品名...忘れた)というプラスチック製のポンプというか、針の無い注射器のようなもので、毒液(蟻酸)を吸い取っております。
2009/08/24(Mon) 23:53 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
指の先とか皮膚の比較的固い所を刺されると無茶苦茶痒いですよね。
家族の中では比較的刺されにくいようで、その分子ども達が私の分まで刺されてます(笑)

私もさされてもほとんど薬はつけませんねえ。
絞り出せる場所なら爪の跡が付く位絞りますが、できないところは口で吸い出します。
アンソニーさんのおっしゃる注射器型の器具は見たことがありますが、貧乏性の上、面倒くさがりなので、要は吸い出せば痒くならないだろう! と思ってもっぱら口です(^^;
2009/08/25(Tue) 00:21 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
面白いもの売ってますね。
    Anthonyさん

 東急ハンズらしいですね。
一度試しに使ってみたいです。
・・そういうもので吸引するのも気持ちいいかも知れませんね(笑)
 勿論、手動(人力)ですよね?吸引力はどうですか?
蚊が吸ったような小さな穴でも有効なのでしょうか?
どの位の大きさなのでしょうか?
・・・実際使ってみて、指で直接絞るのと比べていかがですか?
 
2009/08/25(Tue) 06:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
口で吸う方法もありましたね!
    BEMさん

>絞り出せる場所なら爪の跡が付く位絞りますが、

そうそう、わかります。私はあんまり爪は使いませんが、
友達がよく「絞ってやっから・・」
と言って私の腕や脚に爪痕が付くくらい絞ってました。
懐かしいです。 


>できないところは口で吸い出します。


口で吸い出す・・・と言う方法も、言われてみれば、基本ですね。私は何故か口で吸い出す方法をやった記憶がありません。・・・今度是非試してみたいと思います。
・・・マムシくらいの猛毒になりますと、虫歯がある人が口で吸いだすと、そこから毒が入って危険だ・・・と言う事を子供の頃マンガなどで見た記憶がありますが、その記憶があって、口で吸い出す方法はやらなかったのかも知れません。

 口で吸いだす方法は、何に刺されたとき行ってましたか?

ところで・・
指で絞り出せないけれど、口で吸い出せる体の部位ってありますか?・・・逆はあると思うんですけど・・。 
2009/08/25(Tue) 06:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
あ(^^;
ホントですね。考えると、指の前に口で吸う事を優先してたみたいです(笑)
蚊にさされたくらいのものは何ともないと思いますが、やっぱり吸い出した後は吐き出します。

それにしてもマムシの毒が虫歯から入って危険!
という話しは考えただけで恐ろしい話しですね(><;
2009/08/25(Tue) 16:16 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
印象に残るシーン
    BEMさん

>マムシの毒が虫歯から入って危険!

 マムシに足を噛まれた少年がいて、その毒を吸い出そうと、他の少年(敵対する少年だったような・・)がその足の毒を口で吸い出そうとしたら、マムシに噛まれた少年が吸い出そうとした少年を足で蹴飛ばします。蹴られて唖然とした少年に向かって蹴ったマムシに噛まれた少年は
「お前は、虫歯があるから、そこから毒が入ってしまうから駄目だ・・・」
と言います。すると、それを見ていた別の第3の少年が、
「じゃあ、俺が吸い出す・・・おらなら虫歯がないから大丈夫だ・・・」
と言って吸い出します。
 何の漫画か覚えてませんが、印象深かったシーンなのでそこだけはっきり覚えています。(笑)
2009/08/25(Tue) 21:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ハンズのグッズ

我が家の安物でも、蚊の場合で50%の割合で吸い出せます。

すると、あまり後から痒くならないとです。


大きさは、手のひらに乗る大きさです。

2009/08/25(Tue) 23:53 | URL  | Anthony #-[ 編集]
私も野外に出かけるときは「インセクト・ポイズン・リムーバー」という注射器のような器具を持っていきます。最大の目的はスズメバチに刺された際の毒の吸引ですが、スズメバチには刺されて使用したことはありません。しかし、先日マダニに咬まれたときにはこれが多いに役立ちました。マダニはライム病を持っていることがありますし、何もしないと長期間腫れてかゆみが治まりません。ですから、できるだけ毒は吸い取ったほうがいいのです。

いずれにしても、まずはできるだけ物理的に毒を吸いだしてしまうことが重要だと思います。
2009/08/26(Wed) 12:46 | URL  | 松田まゆみ #8vHTwPwQ[ 編集]
試しに使ってみたいですね
    Anthonyさん

>蚊の場合で50%の割合で吸い出せます。

蚊の小さな穴でも吸いだせるのですね。
人間が指で絞る場合、何%くらい絞りだせるのでしょうね?

かなり絞った積りでも、もっと絞ればもっと出て来たような記憶があります。

 
2009/08/26(Wed) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
こちらも実際見てみたいですね。
    松田まゆみさん

>インセクト・ポイズン・リムーバー

本格的ですね。名前もそのままですね。
流石にスズメバチに刺されたら、痛いし、慌てるでしょうね。
 蜂は、こちらが悪さをしなければ、基本的に襲ってこない・・・と思っているのですが・・

>マダニに咬まれたとき

やはり、指で絞るよりは効果があるものなのでしょうか?
 
2009/08/26(Wed) 23:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
我が家のは、安物ですが、高級なヤツは、蛇の毒にも対応してるとのこと。

2009/08/26(Wed) 23:47 | URL  | Anthony #-[ 編集]
情報有難う御座います。
    Anthonyさん

高級なヤツと言うか、本格的なモノが

 Insect Poison Remover

と言うのでしょうか?

まあ、原始的に指で絞ったり口で吸い出せれば一番いいですね。
2009/08/27(Thu) 21:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
はじめまして。
雑草Zさん、こんにちは。

えりざべすさんのブログからやってまいりました。

私は、蚊にさされやすい年とそうでない年、
があるみたいです。

だいぶん前に、蚊は、妊娠している雌しかささない、
なぜなら、血液からたんぱく質を補給するため、
と聞いたことがあって、今でも、自分で調べようとせず、
それ、を信じています(笑)。
また、血液型によって、さされやすい、
という話もきいたことがあります。

では、また。
2009/08/29(Sat) 19:29 | URL  | kaoru #7Cg6ddf2[ 編集]
血を吸うのは雌ですね。
    kaoruさん

>蚊は、妊娠している雌しかささない、 なぜなら、血液からたんぱく質を補給するため、 と聞いたことがあって、

私が子供の頃聞いていた事は、血を吸うのは雌・・・だと言うことと、雌は血を吸わなくても産卵するけれども、血を吸った雌は吸わない雌に比べて産卵する卵の数が1千倍くらいになる・・と言う事です。

・・・今ネットで調べてみたら、kaoruのおっしゃるように、「雌は産卵のために吸血します。」とありました。
血を吸った雌は4~5日後に300粒あまりの卵を産み落とす・・・とありますから、血を吸わなかった雌は、吸った雌の千分の一の数の卵を産卵する・・・と言う事は1粒産むか産まないか・・・って事になりますね。・・実際は血を吸わなければ産卵は無理と言う事かも知れません。
さらに「血液型のうち、O型の人が最も蚊に好まれるという結果が報告されている」・・とあります。確かに私はO型ですが、どのくらい信頼出来るデータでしょうか?

kaoruさんのおかげで蚊の事を調べるきっかけになりました。有難う御座います。
 
2009/08/29(Sat) 20:29 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Insect Poison Remover
そうそう曹操

それですわ

2009/08/29(Sat) 23:21 | URL  | Anthony #-[ 編集]
どれが便利でしょうね?
    Anthony さん

 
高級なのを使ったほうがいいのでしょうか?
それとも安いやつで十分ですか?
道具は使わず指と口がベストかな・・・?

場合によって人それぞれでしょうね。
Poison Remover で寝た子を起こしてしまったらごめんなさい。
2009/08/29(Sat) 23:32 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
対象が蚊だけなら、安いやつでもいいと思います。

でも、本格的なやつも個人的には試してみたいです。
2009/08/31(Mon) 00:03 | URL  | Anthony #-[ 編集]
道具はシンプルなほうが良い。
    Anthonyさん

 確かに安いものでいいですね。でも、本格的なやつも試してみたいですね。

 因みに対象が蚊だけなら、
私は要りませんね。体に耐性が出来て、本文に書いたように、2~3時間で治りますから・・・
ブヨなども絞るだけでも十分です。

 毒蛇や毒蜘蛛、蜂に試してみたいですね・・まあそんな機会は滅多にないでしょうが・・・あっ!・・そう言えば私は小学2年の時に蛇に噛まれたことがありましたが・・シマヘビかなんかで毒はありませんでした・・。
2009/08/31(Mon) 21:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
おまじない
 楽しく読ませていただきました。
 子供の頃、親から「おまじない」と教わったのは、蚊に刺された所に爪で強く十文字の模様をつける事。友達の多くも同じ事をしていました。今でも時々思い出してはやっています。
 何年か前に、薬を塗らずに痒みを和らげる裏ワザ、のような事を番組でやっていて、それはやはり爪で強く十文字の痕をつける事でした。痕が消えたら何度も繰り返す、その痛みで痒みが誤魔化されるのですね。いつの間にか痒みが消えます。
 その応用で、大泣きして予防注射を嫌がる幼い子たちに、「これ位しか痛くないからね!」と言って注射針を刺す所を先につねっておいて、その痛みが取れないうちに注射針を刺すと泣く割合がぐっと減ると。面白い実験でした。
2009/09/08(Tue) 00:45 | URL  | おかっぱ頭 #N.vW.TCs[ 編集]
>おまじない
    おかっぱ頭さん

そのおまじないもなかなか悪くない方法ですね。
何となく記憶にあるような・・・・

 でも、最近蚊に刺されて、どの位痒いか調べようと思ったら、すぐに忘れ、数時間後に思いだしたら、もう跡もどこかわかりませんでした。・・・つまり、蚊に刺されたときは一瞬悔しいけれど、ほんの数分後には忘れてしまい、1,2時間後には大体治っている・・・と言う事でしょう。私だけでなく、昔の人は大体そうだったんじゃないでしょうか??


>大泣きして予防注射を嫌がる幼い子たちに、「これ位しか痛くないからね!」と言って注射針を刺す所を先につねっておいて、その痛みが取れないうちに注射針を刺す

それも面白い方法ですね。・・でもつねるより注射針を刺されるほうが遥かに痛いでしょう!?(笑)・・・大人でも注射はいやでしょう(笑)
2009/09/08(Tue) 22:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。