-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-08-25 00:22
~エコノミストは何故信頼出来ないか~

昨年末からの不況について、相変わらずエコノミストだとか経済アナリストだとかが、今後の見通しや脱出方法についてあれこれしたり顔で論じています。それは【エコノミスト】で描いたとおりです。成長の限界をしっかり認識出来ず、経済成長に基盤を置いて景気回復に主眼を置いた彼らの分析は考慮に値しません。彼らの分析の論点は本来の意味での
「グローバルな視点」・・・地球視点・・ではありません。だから殆ど信用に値しません。

最近のエコノミスト達は、ペーパーマネーからの脱却と言うを盛んにいいます。(・・・日本ではバブル崩壊のあたりにはかなり盛んに言われていた筈ですが・・)それは勿論評価しますが、至極当然の事でしょう。
 実体経済が行き詰ったからと言って、ペーパーマネーを肥大化させると言う発想はバブルそのもので、いつかはじける事は火を見るより明らかだった筈です。
借金や債券発行による資金調達、つまり「信用による未来の換金」とも言うべきレバレッジ(・・[leverage・・直訳すると「てこの作用」]・・・・私もこんな金融用語の意味は最近知りました・・)の拡大で支えられてきた最近までの世界経済は、まさに砂上の楼閣でした。砂の上の今にも倒れそうな不安定な塔の上に、てこの作用でさらにどんどん役に立たないものを山積みして行っただけでした。・・・そして、当然の帰結として、塔は崩れ落ち、崩壊したのです。

こんな投機マネーによるギャンブル経済を、実体経済の4倍近くになるまで放置しておいた各国政府も情けないと言うべきですが、それをつい最近まで煽っていたエコノミスト達もどうしようもありません。

そして、ペーパーマネーが本当に紙切れ同然になってしまったから、
「実体経済に戻ろう!!」の大合唱。
ペーパーマネーのようなギャンブル経済からの脱却は至極当然の事ですが、実体経済なら成長させられる・・と言うエコノミスト達の浅はかさ・・・思考範囲が狭すぎると言うべきでしょう。
アメリカをはじめ、先進国と自負している国々の実体経済が行き詰ったが故に各国が飛び付いたペーパーマネーと言う事を忘れ、実体経済の成長に期待しています。その象徴が、グリーンニューディール政策でしょう。

 グローバルに飽和した現在、成長理論は通用しない・・・と言う事がわかっていないようです。
飽和する前でも、指数関数的成長を期待する成長理論はネズミ講的破局の理論である・・・と言う事を、いくらお馬鹿なエコノミストでもそろそろ認識してもいいでしょう。

経済のトレンドを追い掛けているエコノミスト達ですが、(・・・トレンド・・・と言う言葉は嫌いですが、)
成長の限界から考える経済
成長を前提としない、定常型社会
と言う事を中心に経済を考える方向にシフトするべきでしょう。


成長成長・・と唱えていたエコノミストたちの多くが、何年か後には、定常型、定常型・・・と言いだす事でしょう。あたかも自分は100年も前からそれを唱えていたように・・・まあそれで、方向転換できればいいのですが・・・。
10年先になっても成長成長言ってる愚かなエコノミストは何割くらいいるのでしょう?
 世の中に溢れているエコノミストはあんまり要らないのですけどね。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/08/25 00:22】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

信用による未来の換金
guyver1092
 10数年前だと思いますが、景気停滞時に自動車ローンの最長期間が48ヶ月から60ヶ月に延長されたことを思い出しました。その当時、今は自動車販売が増えるが将来は買い替え期間が延びて結局は未来の利益の先食いになるんじゃないかと思った記憶があります。つまりは将来の換金ではないかと・・・・

 実体経済に戻るということは、自動車販売を例にとると、ローン販売をしないで現金払いの商売をする、ということになるのでしょうか。そうだとすると、消費者が今のローンを払い終わり、次の自動車のための貯金が完了するまで自動車は売れないということになりますね。今回の金融危機の発端のサブプライムローンに当てはめると、消費者に新たなローンは募集しない、消費者が返済し終わり、ローンの転売先に配当しおえたら完全に部門は廃止する、消費者は貯金をして買い物できるだけの金がたまるまで買い物はしない、ということでしょうか。
実際にこのような方向に方針転換すればバブルにはならないでしょうが今まで膨らましてきたバブルを清算するまで財界が我慢できるはずがないと思います。(ちなみにNHK特集で見たのですが、次は天候デリバティブだそうです。)
 私の考えたことが方向的に正しいなら、財界の広告塔たるエコノミストには、実体経済に戻るとは、具体的にどのようなことをするということか示すことはできないのではないかと思います。(具体的なことを行っているエコノミストはいるのですか? 信用していないので何も読んでいないものですから・・・)
 財界は実体経済に戻るといいつつ、更なる詐欺によってバブルを膨らませたがっているように思えます。


私も全く信用していないもので・・・
雑草Z
    guyver1092さん

>実体経済に戻るということは、

借金や債券による資金調達のレバレッジなどを指しているようです。「信用の換金」ですね。サブプライムローンを金融の商品したのなどはそのいい例でしょう。そういう「信用の換金」には規制をかけよう・・・と。それさえ、主張するのは、少しはまともなエコノミストでしょう。

さて、普通のローンも言われてみれば、実体経済とは言えないでしょうね。でもきっと>ローン販売をしないで現金払いの商売をする
まで考えているエコノミストは殆どいないでしょうね。

>実際にこのような方向に政府が方針転換するのは少なくとも私には考えられません

今の政府にも、政権交代後の次の政府にも無理でしょうね。
・・・でも、そういう事に反対する
脱成長を掲げる団体も現れています・・・まだまだマイナーですが・・・

>天候デリバティブ

って初めて聞きますが、言葉から想像するに、それも実態のない経済なのでしょうね。・・・懲りない金融証券会社・・ってとこですね。金融や証券会社がのさばる社会は不健全ですね。


 ×××××     ×××××     ×××××

2つ目のコメントは、1つ目をちょっと書きなおしたもので、1つ目のコメントは消去していいと言う事ですね? 

 

テレビに出るエコノミストの意見は役立たず。
でなしNo.146
>グローバルに飽和した現在、成長理論は通用しない
現状を的確に言い表した言葉だと思います。

私もそう思うのですが、世の中はどうもおバカな人が多いようです^^

また、エコノミストの言っていることは、自分達にとって都合のいい事だけです。
塾の子どもよりもタチが悪い。
そして、成長論者の話のみを報道するマスコミ達も信用してはいけません(プロパガンダ)

話を戻すと、成長論者が多数で財界としても好ましいのでしょうし、一方で定常型論者は少数で財界からもけむたがられる状況が依然としてあるのだと思います。

何か、開拓民と侵略されるインディアンのような関係ですが…

正しい行いをしていても、正しくなくても力のあるものに駆逐される。

このパラドックスの解決方法が人類が生き残れるかにかかわってくると思います。

消去してください
guyver1092
 最初のものは、ニュアンス的におかしなところがあったので書き直しました。

 ローンについて将来の利益の先食いという点で根っこは同じと思っています。エコノミストは今回破綻した金融工学を規制することを考えているのですね。財界がそこにおいしそうな食事(麻薬)があるのを我慢できるとは思えませんが。事実、天候デリバティブを研究していますし。

 (天候デリバティブ とは平たく言うと将来の天気を予測してお金に変えるようなもののようです。手法としては今回破綻した金融工学そのものという印象でした。)

太鼓持ちか?ただの馬鹿か?
雑草Z
    でなしNo.146さん

 今頃になって実体経済に戻るべきだと言っているエコノミスト達の多くも、少し前までペーパーマネーのギャンブル経済による経済成長を煽っていた事でしょう。今でも次なるペーパーマネーを考えている輩がごまんといますね。
 要するに財界の太鼓持ちか、本当にそれを信じるただの馬鹿なのでしょう。
 そういう人達がオピニオンリーダーなんて勘違いされていると(・・・検証してみると、彼らの予測は大抵大外れでしょう・・)社会は破局に向かって突き進むでしょう。


>正しい行いをしていても、正しくなくても力のあるものに駆逐される。

 無情な世の常とも思われるこのパラドックスは、
以前も
【人類存亡のパラドックス・・・だから人類は滅びる。】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-262.html

に描いて、でなしNo.146 さんとも論じあった記憶がありますが、ここをどう超えるか・・・が人類の存亡に関わってますね。

>開拓民と侵略されるインディアンのような関係

上手い例えです。
 武力のある開拓民にやられずに賢いインディアンの生き方・・・持続可能な生活・・・を維持し、開拓民にもそんな生活に合わせさせるにはどうすればいいのか?・・・避けて通れない問題です。
 
 一緒に考えて行きましょう。

 

>根っこは同じ
雑草Z
    guyver1092さん

おっしゃる通りですね。

>ローンについて将来の利益の先食いという点で根っこは同じ

そう、本質的に同じですね。
私もローンなんて禁止したほうが健全な社会だと思います。
日本の財政破綻した(・・・しそうな)自治体なんかもみんなローンが根本原因ですね。
 でも、ローンを廃止しよう・・・なんて提案するエコノミストはいませんね。・・・きっと何年か後には出てくるでしょう。

>天候デリバティブ

2、30年ほど前にエルニーニョなどの発生予測が出来ると、先物取引で大儲けが出来るから、お前エルニーニョやラニーニャの予測してみろ・・・とか友人が言ってましたが、それですね。

 人間は懲りない生き物・・失敗を繰り返す愚かものなのでしょうか??


  ×××××    ×××××     ×××××

ご要望通り1つ目のコメントは消去しました。

編集ボタン
guyver1092
 ありがとうございました。じつは編集というボタンがあったので、気に入らなかった投稿を編集できると思って二回目を送信してしまったのです。このボタンの意味は何でしょうか。使い方について教えていただけたらと思います。

>人間は懲りない生き物・・失敗を繰り返す愚かものなのでしょうか??

 現代は、情報化社会とも言われています。いろいろな書籍に、このまま行けば破滅が待っていると警告がされています。この警告を真摯に受け止め、対策を取ることができれば、失敗を繰り返さずにすむでしょうが・・・・

 こういう場合に一番力を発揮しなければならないマスコミが、失敗の方向に進むようキャンペーンを張っているようでは少なくともマスコミ方向から引き返すのは無理でしょうね。
 あと期待できるかもしれないのは、ネット社会で自然発生した雑草Z氏のような、情報の草の根発信に一定以上の人が賛同すればあるいは引き返せるかもしれないと思います。

情報の草の根発信が指数関数的に広がる日
雑草Z
    guyver1092さん

 マスコミってオピニオンリーダーのようで、結構旧態依然としていて、しがらみも多くてフットワークも重いですね。・・流行にばかり目ざとくて、社会問題などに関しては、草の根運動の方に遥か先を行かれていますね。中にはしっかりした活動をして、問題意識も高い方もいて、捨てたもんじゃないかな・・・とも思いますが、経営陣の体制としてまだまだですね。

 草の根運動、情報の発信には、ネットが役に立ちますね。
脱経済成長・・・に関しては、数年前まで賛同者はほとんど見当たらなかったのが、ここのところ増えて来たように感じます。例えるならば、ここ数年で、1000人に1人だったのが、100人に1人に増えた感じ(笑)・・ある程度、指数関数的に増えていくだろうと考えていますから、期待が出来ると思っています。
 脱経済成長を唱える緑の政党的な政党も日本に誕生してますが、残念な事は、政策目標を他の色々な事にまで手を広げ過ぎて、既存政党との大きな差別化・・・『脱経済成長』が見えなくなっています。・・名前だけ入っていたのですが、この理由で抜けました。


 ×××××    ×××××     ×××××

 編集ボタンに関しては、パスワードを入れれば出来るようになっているようですが、かなり調子よくないようです。一度書いたコメントは編集するのは好ましくはないので、今回のように返事の前にもう一つコメント訂正版入れておいて下されば、先のコメントを消去します。・・・今回も明らかだったのですが、一応確認して消去しました。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
信用による未来の換金
 10数年前だと思いますが、景気停滞時に自動車ローンの最長期間が48ヶ月から60ヶ月に延長されたことを思い出しました。その当時、今は自動車販売が増えるが将来は買い替え期間が延びて結局は未来の利益の先食いになるんじゃないかと思った記憶があります。つまりは将来の換金ではないかと・・・・

 実体経済に戻るということは、自動車販売を例にとると、ローン販売をしないで現金払いの商売をする、ということになるのでしょうか。そうだとすると、消費者が今のローンを払い終わり、次の自動車のための貯金が完了するまで自動車は売れないということになりますね。今回の金融危機の発端のサブプライムローンに当てはめると、消費者に新たなローンは募集しない、消費者が返済し終わり、ローンの転売先に配当しおえたら完全に部門は廃止する、消費者は貯金をして買い物できるだけの金がたまるまで買い物はしない、ということでしょうか。
実際にこのような方向に方針転換すればバブルにはならないでしょうが今まで膨らましてきたバブルを清算するまで財界が我慢できるはずがないと思います。(ちなみにNHK特集で見たのですが、次は天候デリバティブだそうです。)
 私の考えたことが方向的に正しいなら、財界の広告塔たるエコノミストには、実体経済に戻るとは、具体的にどのようなことをするということか示すことはできないのではないかと思います。(具体的なことを行っているエコノミストはいるのですか? 信用していないので何も読んでいないものですから・・・)
 財界は実体経済に戻るといいつつ、更なる詐欺によってバブルを膨らませたがっているように思えます。
2009/08/26(Wed) 20:23 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
私も全く信用していないもので・・・
    guyver1092さん

>実体経済に戻るということは、

借金や債券による資金調達のレバレッジなどを指しているようです。「信用の換金」ですね。サブプライムローンを金融の商品したのなどはそのいい例でしょう。そういう「信用の換金」には規制をかけよう・・・と。それさえ、主張するのは、少しはまともなエコノミストでしょう。

さて、普通のローンも言われてみれば、実体経済とは言えないでしょうね。でもきっと>ローン販売をしないで現金払いの商売をする
まで考えているエコノミストは殆どいないでしょうね。

>実際にこのような方向に政府が方針転換するのは少なくとも私には考えられません

今の政府にも、政権交代後の次の政府にも無理でしょうね。
・・・でも、そういう事に反対する
脱成長を掲げる団体も現れています・・・まだまだマイナーですが・・・

>天候デリバティブ

って初めて聞きますが、言葉から想像するに、それも実態のない経済なのでしょうね。・・・懲りない金融証券会社・・ってとこですね。金融や証券会社がのさばる社会は不健全ですね。


 ×××××     ×××××     ×××××

2つ目のコメントは、1つ目をちょっと書きなおしたもので、1つ目のコメントは消去していいと言う事ですね? 

 
2009/08/26(Wed) 23:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
テレビに出るエコノミストの意見は役立たず。
>グローバルに飽和した現在、成長理論は通用しない
現状を的確に言い表した言葉だと思います。

私もそう思うのですが、世の中はどうもおバカな人が多いようです^^

また、エコノミストの言っていることは、自分達にとって都合のいい事だけです。
塾の子どもよりもタチが悪い。
そして、成長論者の話のみを報道するマスコミ達も信用してはいけません(プロパガンダ)

話を戻すと、成長論者が多数で財界としても好ましいのでしょうし、一方で定常型論者は少数で財界からもけむたがられる状況が依然としてあるのだと思います。

何か、開拓民と侵略されるインディアンのような関係ですが…

正しい行いをしていても、正しくなくても力のあるものに駆逐される。

このパラドックスの解決方法が人類が生き残れるかにかかわってくると思います。
2009/08/27(Thu) 00:00 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
消去してください
 最初のものは、ニュアンス的におかしなところがあったので書き直しました。

 ローンについて将来の利益の先食いという点で根っこは同じと思っています。エコノミストは今回破綻した金融工学を規制することを考えているのですね。財界がそこにおいしそうな食事(麻薬)があるのを我慢できるとは思えませんが。事実、天候デリバティブを研究していますし。

 (天候デリバティブ とは平たく言うと将来の天気を予測してお金に変えるようなもののようです。手法としては今回破綻した金融工学そのものという印象でした。)
2009/08/27(Thu) 20:07 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
太鼓持ちか?ただの馬鹿か?
    でなしNo.146さん

 今頃になって実体経済に戻るべきだと言っているエコノミスト達の多くも、少し前までペーパーマネーのギャンブル経済による経済成長を煽っていた事でしょう。今でも次なるペーパーマネーを考えている輩がごまんといますね。
 要するに財界の太鼓持ちか、本当にそれを信じるただの馬鹿なのでしょう。
 そういう人達がオピニオンリーダーなんて勘違いされていると(・・・検証してみると、彼らの予測は大抵大外れでしょう・・)社会は破局に向かって突き進むでしょう。


>正しい行いをしていても、正しくなくても力のあるものに駆逐される。

 無情な世の常とも思われるこのパラドックスは、
以前も
【人類存亡のパラドックス・・・だから人類は滅びる。】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-262.html

に描いて、でなしNo.146 さんとも論じあった記憶がありますが、ここをどう超えるか・・・が人類の存亡に関わってますね。

>開拓民と侵略されるインディアンのような関係

上手い例えです。
 武力のある開拓民にやられずに賢いインディアンの生き方・・・持続可能な生活・・・を維持し、開拓民にもそんな生活に合わせさせるにはどうすればいいのか?・・・避けて通れない問題です。
 
 一緒に考えて行きましょう。

 
2009/08/27(Thu) 22:11 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>根っこは同じ
    guyver1092さん

おっしゃる通りですね。

>ローンについて将来の利益の先食いという点で根っこは同じ

そう、本質的に同じですね。
私もローンなんて禁止したほうが健全な社会だと思います。
日本の財政破綻した(・・・しそうな)自治体なんかもみんなローンが根本原因ですね。
 でも、ローンを廃止しよう・・・なんて提案するエコノミストはいませんね。・・・きっと何年か後には出てくるでしょう。

>天候デリバティブ

2、30年ほど前にエルニーニョなどの発生予測が出来ると、先物取引で大儲けが出来るから、お前エルニーニョやラニーニャの予測してみろ・・・とか友人が言ってましたが、それですね。

 人間は懲りない生き物・・失敗を繰り返す愚かものなのでしょうか??


  ×××××    ×××××     ×××××

ご要望通り1つ目のコメントは消去しました。
2009/08/27(Thu) 22:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
編集ボタン
 ありがとうございました。じつは編集というボタンがあったので、気に入らなかった投稿を編集できると思って二回目を送信してしまったのです。このボタンの意味は何でしょうか。使い方について教えていただけたらと思います。

>人間は懲りない生き物・・失敗を繰り返す愚かものなのでしょうか??

 現代は、情報化社会とも言われています。いろいろな書籍に、このまま行けば破滅が待っていると警告がされています。この警告を真摯に受け止め、対策を取ることができれば、失敗を繰り返さずにすむでしょうが・・・・

 こういう場合に一番力を発揮しなければならないマスコミが、失敗の方向に進むようキャンペーンを張っているようでは少なくともマスコミ方向から引き返すのは無理でしょうね。
 あと期待できるかもしれないのは、ネット社会で自然発生した雑草Z氏のような、情報の草の根発信に一定以上の人が賛同すればあるいは引き返せるかもしれないと思います。
2009/08/28(Fri) 21:28 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
情報の草の根発信が指数関数的に広がる日
    guyver1092さん

 マスコミってオピニオンリーダーのようで、結構旧態依然としていて、しがらみも多くてフットワークも重いですね。・・流行にばかり目ざとくて、社会問題などに関しては、草の根運動の方に遥か先を行かれていますね。中にはしっかりした活動をして、問題意識も高い方もいて、捨てたもんじゃないかな・・・とも思いますが、経営陣の体制としてまだまだですね。

 草の根運動、情報の発信には、ネットが役に立ちますね。
脱経済成長・・・に関しては、数年前まで賛同者はほとんど見当たらなかったのが、ここのところ増えて来たように感じます。例えるならば、ここ数年で、1000人に1人だったのが、100人に1人に増えた感じ(笑)・・ある程度、指数関数的に増えていくだろうと考えていますから、期待が出来ると思っています。
 脱経済成長を唱える緑の政党的な政党も日本に誕生してますが、残念な事は、政策目標を他の色々な事にまで手を広げ過ぎて、既存政党との大きな差別化・・・『脱経済成長』が見えなくなっています。・・名前だけ入っていたのですが、この理由で抜けました。


 ×××××    ×××××     ×××××

 編集ボタンに関しては、パスワードを入れれば出来るようになっているようですが、かなり調子よくないようです。一度書いたコメントは編集するのは好ましくはないので、今回のように返事の前にもう一つコメント訂正版入れておいて下されば、先のコメントを消去します。・・・今回も明らかだったのですが、一応確認して消去しました。 
2009/08/29(Sat) 12:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。