-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-07-01 00:02
最近、スーパーやコンビニ、企業、学校などで、たった一度くらいしか使わなかったまだ新しい段ボール箱を解体して気軽にリサイクルや廃品回収に出しているのが目立ちます。
 曰く、「これは捨てるんじゃない、リサイクルして再資源化するんだ・・環境に配慮して資源を大切に使っている・・・」
 ・・この考え方は、非常にまずいと思います。その段ボール箱を運搬するにも、溶かしてまた紙を作るのにもエネルギーや他の資源を沢山使うのです。・・・そんな事するよりも、段ボール箱はそのまま、何度も使ったほうが省資源になります。もし、潰して畳んだとしても、再資源化する[Recycle]よりは、また組み立てて再利用[Reuse]するほうが、エコに違いありません。・・・そんな当然の事に気づかずに、リサイクル運動を行う事は危険ですし、省資源効果もあまりないでしょう。

 リサイクル[Recycle]と言う言葉は、広義では、リユース[Reuse]、つまり中古製品の再利用などにも使いますが、ここでは、狭義の意味・・・即ち、製品化されて使われた物を再資源化して、新たな製品の原料とする・・と言う意味に使います。

その狭義のリサイクルに対するスタンスは、これまで何度も言及しています。
produceless2】 , 【リサイクルには気をつけよ!
,【リサイクルすべきでないもの】 , 【必ずリサイクルすべきもの

そこで議論したように、リサイクルはあくまで最後の手段で、奨励すべき事ではないでしょう。特に、現在分別回収しているような自然に循環しないようなものは、先ずは使わないで[Refuse]、 減らす事[Reduce] が大切でしょう。壊れても、直して[Repair]、また使う[Reuse]事が基本でしょう。
 5つのRのうち、狭義のリサイクル[Recycle]、再資源化・・は最後の手段でしょう。・・・廃棄するよりはいいかな・・と言う程度で考えたほうがいいのかも知れません。・・・
 実際は再資源化する処理のほうが、コストばかりか投入するエネルギーや資源も多く、やればやるほどさらに資源を浪費し、廃棄物も多く出す・・・と言う場合も多く、燃やしたり廃棄したほうが環境負荷は少ない・・・というリサイクルもありますから要注意です。・・  そのような費用対効果も資源対効果も計算せずにやっている自治体やNPOも多いから呆れるばかりです。例えば、ペットボトルのキャップを「エコキャップ」と称して集めている事などはその典型例でしょう。
・・この事に関しては、しっかりわかりやすく論じているブログ<道草、より道、まち歩き>があります。
ボトルキャップは集めるな】 、 【ボトルキャップ集めはエコじゃない】 、 
善意のボトルキャップ53万個】 、 【これでも エコ キャップ だろうか?

 現在のリサイクル運動は、作るべきでないものの大量生産、大量消費を肯定している部分があるのではないでしょうか?・・現在のシビアな廃棄物問題に関して、この手のリサイクル運動では話にならないでしょう。「やれる身近なエコからやっていこう・・・」などと言うコピーが流行っていますが、それならば、出来るだけ買わない[Refuse&Reduce]、買ったら廃棄しないで何度も使う[Repair &Reuse]・・・と言う事のほうが遥かに大切でしょう。そのほうがよっぽど環境負荷が少ないというものです。

 因みに原子力のリサイクルほど、愚かなものはありません。・・・あれをリサイクル・・と呼ぶのは詐欺です。・・・詳しくは、これまでに何度か言及しています。【原発のCM】 など・・・


 大量生産、大量消費の悪循環を断ち切る為には、非循環物質の大量生産を肯定するような、リサイクル運動はすべきではありません。

 繰り返しますが、先ずは物の生産を減らして[Reduce] 、作った物は何度でも再利用し[Reuse]、壊れたら捨てるのではなく修理し[Repair]・・・製品もはじめから修理しやすいように作るべきです。何よりも、無駄な物を作る事をみんなで・・自治体で、拒否して[Refuse] いくべきです。それでは経済は行き詰まる・・・ってそれは当然です。現在の経済成長路線が持続可能な筈は御座いません。・・・「いかに経済を成長させるか・・?」などと言う愚かな議論はそろそろやめるべきでしょう。大量生産・大量消費を拒否する事[Refuse] こそ、これからの永続可能な社会の為に最も力を入れるべき事でしょう。

 理想的にはリサイクルは自然の手に任せられるもの・・・自然を循環するもの・・に限るべきでしょう。・・・生命由来の有機物などです。・・人間がわざわざ他のエネルギーを投入して行うものではなくて、その物質自体が持っているエネルギーや太陽光で自然に循環する物質に限るべきでしょう。・・・リサイクル・・などと言う大げさな言葉ではなく、唯のサイクル[Cycle]と呼ぶべきかも知れません。・・・何故なら、再資源化・・・と言うよりも、循環のそれぞれの過程でそれぞれの生態系に役に立つ訳ですから・・・。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/07/01 00:02】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |


Anthony
「リサイクル」は、地球を破壊する者の免罪符だと思います。



同感です。
雑草Z
    Anthonyさん

 リサイクルは、大量生産・大量消費を是認する企業や政府の輩の免罪符ですね。
 リサイクル運動じゃなくて、他の4Rの運動をすべきですね。


BEM
ブログの紹介ありがとうございます。

リサイクルという言葉は万能でなんとなく「エコっぽい」せいか、なんでもリサイクルと言っているようです。
私も高齢の方にはリユースといっても分かってくれないかなあと思い、ついついリサイクルと言ってしまいます。

おっしゃるように大事な事はリサイクルではなく、リフューズ、リデュース、リペア、リユースですね。
それを市民に伝える自治体、子どもに伝える学校・教師がなんでもかんでもリサイクルに置き換えてしまっては、プラスチックの再資源化、給食の残りを堆肥にしたりすることで、環境意識が高まったと勘違いをしてしまっている風潮ができてしまったのかもしれません。

エコキャップはその中のほんの一つですが、これこそが市民の環境意識が全然進んでいない表れではないかと思います。
キャップを集める事で本当に二酸化炭素が減ったり、外国の子どもの命が長らえるのなら自信をもって宣伝するべきでしょうが、とてもそうだとは思えません。なんとなくキャップ集めをするのではなく、まずは自分の頭で考えて欲しいです。

こちらこそ、有難う御座います
雑草Z
     BEM さん

 こちらこそ、リンクさせて戴いた上にコメント有難う御座います。

>エコキャップはその中のほんの一つですが、これこそが市民の環境意識が全然進んでいない表れ

そうですね。市民があまり考えずにそういう運動に賛同してしまうのも問題ですが、そういう事を推進している団体があるから、「きっと役に立つ」・・・と思ってしまうのでしょうね。そういう意味で、「NPO法人エコキャップ推進協会」は社会悪の団体だと思います。


   ++++++   +++   ++++   +++++

 私自身は食べ物を残して捨てる・・・という行為は大いに抵抗がありしませんが、

>給食の残りを堆肥にしたりする

と言う行為は、もし学校にそういう設備・・・と言っても土地と捨てる畑とコンポスト程度・・・があって、輸送の為に車で遠くまで運んだりしないのであれば、本文の最後にも書いたように、唯のサイクル[Cycle]と呼ぶべき、エネルギーの投入無しに自然の循環に任せられる理想的リサイクルの一つと考えられると思います。

 その為の大げさな施設をつくって、車で遠くまで運んで行うのはいいとは思いませんが、学校に堆肥を作る簡単な施設はあっていいと思います。・・・実際持っている学校もありますね・・・まあ、食べ残しではなくて、卵のからや果物の皮のようなもともと食べない部分をたい肥化するのがいいですね。


Anthony
キャップは燃やしてエネルギーに!



リサイクルの効率
雑草Z
     Anthony さん

 ペットボトルやそのキャップは、わざわざ分別回収して洗って溶かしてリサイクルするよりも、燃やして火力発電のエネルギーにしたほうがまし・・・と言うのが現状でしょうか。・・リユース出来るようにすればいいんですけどね。


松田まゆみ
おっしゃる通りです。なんだかリサイクルすればエコだと捉えている人も多いようですが、リサイクルは資源の浪費を少し減らすだけのことです。やらないよりはマシですが、根本的な解決方法ではありません。ゴミになるようなものを出さない生活を心がけることのほうがよほど環境への負荷が小さいはずです。

エコキャップというのも、リングプル集めと同じみたいですね。北欧のペットボトルは、キャップが本体から離れないような構造になっていました。そのほうがよほど合理的でしょう。あちらは自動販売機もないし、清涼飲料の種類も少ないし、無駄なものが少ないという印象ですね。

日本では大量消費に抵抗を感じない人が多いように思いますが、とても恐ろしいことです。

同感です
guyver1092
 はじめまして。私も同感です。リサイクルというものは、地球に良いことをしているとみんなに思い込ませて、実は人類の生存基盤である持続可能な地球の物質循環を良いことをしていると信じさせてその実、壊させる、最悪の仕掛けだと思います。


Anthony
ペットボトルのお茶を入れて水筒かわりにして、10回使ってから捨てる。

を、くりかえしてます。

元々、小容量のペットボトルって、意味が無いような・・・




大量生産大量消費に対する抵抗感
雑草Z
    松田まゆみ さん

 ご訪問&コメント有難う御座います。

ゴミ問題が深刻になってから久しいのに、ゴミはどんどん増えてきました。・使い捨て商品も増え、生態系を循環しないゴミもどんどん増えてきました。
・・・だからリサイクルしましょう・・・では問題解決には程遠いですね。
・・・こんな社会が続けられる筈が御座いませんね。

>日本では大量消費に抵抗を感じない人が多いように思いますが、とても恐ろしいことです。

そうですね。日本だけではないと思いますが、ペットボトルでも紙でも生ゴミでも、何の抵抗もなくゴミ箱に捨てられる感覚は非常に危険だと思います。
 廃棄物と廃棄場所の問題は資源の枯渇問題以上に深刻かも知れません。

リサイクルは使い捨て社会の免罪符?
雑草Z
    guyver1092さん

 はじめまして、ご訪問&コメント有難う御座います。
HNは何と読むのですか?・・・意味は?

 リサイクルは、大量生産大量消費の免罪符のように言われています。いや、免罪符以上に素晴らしい事のように言われます。
 「限りある資源ですからリサイクルしましょう」
ではなくて、
 「限りある資源ですから、生産と消費を減らしましょう」
と言うべきですね。
 現在のようなリサイクルのシステムでは環境はよくなりませんね。

リサイクルよりは遥かに有効利用!
雑草Z
    Anthonyさん

 ペットボトルは、一度だけ使ってリサイクルするよりも
 使えなくなるまで何度も使って、使えなくなったら燃やして燃料に・・・
 のほうが遥かに有効利用ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「リサイクル」は、地球を破壊する者の免罪符だと思います。

2009/07/01(Wed) 20:40 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
同感です。
    Anthonyさん

 リサイクルは、大量生産・大量消費を是認する企業や政府の輩の免罪符ですね。
 リサイクル運動じゃなくて、他の4Rの運動をすべきですね。
2009/07/01(Wed) 20:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ブログの紹介ありがとうございます。

リサイクルという言葉は万能でなんとなく「エコっぽい」せいか、なんでもリサイクルと言っているようです。
私も高齢の方にはリユースといっても分かってくれないかなあと思い、ついついリサイクルと言ってしまいます。

おっしゃるように大事な事はリサイクルではなく、リフューズ、リデュース、リペア、リユースですね。
それを市民に伝える自治体、子どもに伝える学校・教師がなんでもかんでもリサイクルに置き換えてしまっては、プラスチックの再資源化、給食の残りを堆肥にしたりすることで、環境意識が高まったと勘違いをしてしまっている風潮ができてしまったのかもしれません。

エコキャップはその中のほんの一つですが、これこそが市民の環境意識が全然進んでいない表れではないかと思います。
キャップを集める事で本当に二酸化炭素が減ったり、外国の子どもの命が長らえるのなら自信をもって宣伝するべきでしょうが、とてもそうだとは思えません。なんとなくキャップ集めをするのではなく、まずは自分の頭で考えて欲しいです。
2009/07/01(Wed) 22:26 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
こちらこそ、有難う御座います
     BEM さん

 こちらこそ、リンクさせて戴いた上にコメント有難う御座います。

>エコキャップはその中のほんの一つですが、これこそが市民の環境意識が全然進んでいない表れ

そうですね。市民があまり考えずにそういう運動に賛同してしまうのも問題ですが、そういう事を推進している団体があるから、「きっと役に立つ」・・・と思ってしまうのでしょうね。そういう意味で、「NPO法人エコキャップ推進協会」は社会悪の団体だと思います。


   ++++++   +++   ++++   +++++

 私自身は食べ物を残して捨てる・・・という行為は大いに抵抗がありしませんが、

>給食の残りを堆肥にしたりする

と言う行為は、もし学校にそういう設備・・・と言っても土地と捨てる畑とコンポスト程度・・・があって、輸送の為に車で遠くまで運んだりしないのであれば、本文の最後にも書いたように、唯のサイクル[Cycle]と呼ぶべき、エネルギーの投入無しに自然の循環に任せられる理想的リサイクルの一つと考えられると思います。

 その為の大げさな施設をつくって、車で遠くまで運んで行うのはいいとは思いませんが、学校に堆肥を作る簡単な施設はあっていいと思います。・・・実際持っている学校もありますね・・・まあ、食べ残しではなくて、卵のからや果物の皮のようなもともと食べない部分をたい肥化するのがいいですね。
2009/07/02(Thu) 06:55 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
キャップは燃やしてエネルギーに!

2009/07/02(Thu) 23:19 | URL  | Anthony #-[ 編集]
リサイクルの効率
     Anthony さん

 ペットボトルやそのキャップは、わざわざ分別回収して洗って溶かしてリサイクルするよりも、燃やして火力発電のエネルギーにしたほうがまし・・・と言うのが現状でしょうか。・・リユース出来るようにすればいいんですけどね。
2009/07/03(Fri) 04:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
おっしゃる通りです。なんだかリサイクルすればエコだと捉えている人も多いようですが、リサイクルは資源の浪費を少し減らすだけのことです。やらないよりはマシですが、根本的な解決方法ではありません。ゴミになるようなものを出さない生活を心がけることのほうがよほど環境への負荷が小さいはずです。

エコキャップというのも、リングプル集めと同じみたいですね。北欧のペットボトルは、キャップが本体から離れないような構造になっていました。そのほうがよほど合理的でしょう。あちらは自動販売機もないし、清涼飲料の種類も少ないし、無駄なものが少ないという印象ですね。

日本では大量消費に抵抗を感じない人が多いように思いますが、とても恐ろしいことです。
2009/07/03(Fri) 13:30 | URL  | 松田まゆみ #8vHTwPwQ[ 編集]
同感です
 はじめまして。私も同感です。リサイクルというものは、地球に良いことをしているとみんなに思い込ませて、実は人類の生存基盤である持続可能な地球の物質循環を良いことをしていると信じさせてその実、壊させる、最悪の仕掛けだと思います。
2009/07/03(Fri) 20:21 | URL  | guyver1092 #peOoFPws[ 編集]
ペットボトルのお茶を入れて水筒かわりにして、10回使ってから捨てる。

を、くりかえしてます。

元々、小容量のペットボトルって、意味が無いような・・・


2009/07/03(Fri) 23:11 | URL  | Anthony #-[ 編集]
大量生産大量消費に対する抵抗感
    松田まゆみ さん

 ご訪問&コメント有難う御座います。

ゴミ問題が深刻になってから久しいのに、ゴミはどんどん増えてきました。・使い捨て商品も増え、生態系を循環しないゴミもどんどん増えてきました。
・・・だからリサイクルしましょう・・・では問題解決には程遠いですね。
・・・こんな社会が続けられる筈が御座いませんね。

>日本では大量消費に抵抗を感じない人が多いように思いますが、とても恐ろしいことです。

そうですね。日本だけではないと思いますが、ペットボトルでも紙でも生ゴミでも、何の抵抗もなくゴミ箱に捨てられる感覚は非常に危険だと思います。
 廃棄物と廃棄場所の問題は資源の枯渇問題以上に深刻かも知れません。
2009/07/04(Sat) 02:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
リサイクルは使い捨て社会の免罪符?
    guyver1092さん

 はじめまして、ご訪問&コメント有難う御座います。
HNは何と読むのですか?・・・意味は?

 リサイクルは、大量生産大量消費の免罪符のように言われています。いや、免罪符以上に素晴らしい事のように言われます。
 「限りある資源ですからリサイクルしましょう」
ではなくて、
 「限りある資源ですから、生産と消費を減らしましょう」
と言うべきですね。
 現在のようなリサイクルのシステムでは環境はよくなりませんね。
2009/07/04(Sat) 02:40 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
リサイクルよりは遥かに有効利用!
    Anthonyさん

 ペットボトルは、一度だけ使ってリサイクルするよりも
 使えなくなるまで何度も使って、使えなくなったら燃やして燃料に・・・
 のほうが遥かに有効利用ですね。
2009/07/04(Sat) 03:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。