-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-10-12 21:44
「カーボンニュートラル」について、まだ中途半端で続きをかかないと誤解されそうだが、急きょ、今日記すべき出来事があったので、ホットなうちにそちらを先に書 かせて戴く。

 小学校ではこの頃、学年の生徒全員を川に連れて行って「川の学校」などと言うものをやっている。それも、5kmくらいの道のりをバス等もチャーター せずに自転車で移動させて行っている。大変いい事だ!
 普段PTAにはあまり協力的ではない私も、今回移動に伴う交通整理と川の生物捕りに協力させて戴いた。職場に休暇届けを出す度に雨で延期になり、当初予定の9月初旬から1ケ月以上経って4度目の正直でやっと実行された。父親の参加者は私一人であった。
 
 雑魚捕りと自転車は好きであるから、楽しみにしていた。扇形の網を自分が子供の頃購入したものと、國分少年から借りておいたものと、先日比較の為に購入したものと3つも準備しておいた。(笑)

 
 宮古橋の阿賀川河川敷には、河川事務所の人と「川の学校」のボランティアの方が講師として来ていた。
 最後尾の係だった私が到着したとき、大きなショックに襲われた。昨年あたり不必要な工事をしているなとは思っていたが、現地に行ってみると目を覆いたくなる程荒らされていた。川底が掘られ、本来の川の石は、川の中州のように積み上げられていた。そして、流れている川の回りに更に護岸工事が施され、コンクリートと石で固められていた。堤防の中の河川敷には山から取って来たらしい砕かれた砂利が敷き詰められていた。
 元々の堤防の間隔が広く取られて、河畔林が、護岸工事でなくなったのに、堤防の中で、また葦が河畔林のように逞しく生えているのは良く目にする光景であるが、それをまたせん滅して堤防の中で更に護岸工事をしていたのである。全く必要のない工事。川の生態系をいじめているとしか思えない。悲しい現実に直面して楽しい気持ちは消えた。

 子供たちはあらかじめ用意してきた川用の靴で水に入った。川用の靴とは、サンダルの場合もズック靴の場合も子供によって色々だ。延期で10月になって しまったが、水泳パンツで入る子供もいて微笑ましい。私は裸足になってサンダルに履き替えてズボンを膝の上までめくって入った。冷たくもなく気持ち良 かった。一緒に川に入って子供たちのはしゃぐ様子に気を取り戻して少し楽しめた。こう言う行事は素晴らしい。「スポ少」なんかやめて、こういう行事を増やして欲しい。(この事に関してはいずれ書かせて戴く)
 
 しかし、まだやはり堤防の中の不要な工事に怒っていたので、水から上がって、近くにいた係の人に聞いた。
「この護岸工事誰がやったのですか?」
聞いた相手が、丁度河川事務所の人で、「私たちです」と答えた。どうしてこんな酷い事をやったか、生態系はどうしてくれるのか怒って聞いたら、しどろも
どろに「私の知らないうちに昔誰かがやった」見たいな事を言ったので、怒りは増長した。彼はその後沈んんでいる様子であったが、そんなことで、この罪は済む筈はない。

ボランティアの人に河川事務所の人はどの人か確かめたら、もう一人いたので、その若い方にもなんでこんなの作ったか尋ねたら、「河川敷を守る為」とのたもうた。「外側にあんな大きな堤防あるのに要らないだろう」と、つめよった。「洪水から守る為じゃなくゼネコンに儲けさせる為だけでしょう」と。威圧的に怒りまくるオヤジに彼はただ下手に出るだけだった。まあ、彼が悪い訳ではないが、公務員はゼネコンに儲けさせて自然破壊させる為にいる訳ではない。た
だ従っているのではなく、考えて行動して欲しい。その後彼は、私を煙たがらずにしっかり対応してくれたので、私も、威圧的にまくしたてた事を詫び、「公務員は社会正義を持って行動して下さい。」なんて臭い言葉を吐いてしまった。 

 こんなような事は、ゼネコン大国ニッポンではよく見かける光景だ。国家の債務超過が酷くなるのに、こう言う不要工事が後をたたない。不要どころか環境破 壊し、生態系をメチャメチャにする。川の生き物だけでなく人間の生存も脅かす。これこそみんなで早急に止める必要がある。
みんなもっと怒れ!
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/10/12 21:44】 | 一寸日常生活 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/13(Fri) 06:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。