-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-05-13 00:02
久々の・・・2年ぶりの【雑草目線】です。
前回第4回に続いての、下水道と言うか用水路と言うか、側溝で頑張っている雑草達です。
どこにでもありふれている風景ですが、このような植物は素晴らしいと思います。
やはり植物の緑はいいですね。

側溝の植物1

側溝の雑草2
唯一の黄色、タンポポの花はかなりきれいで素敵です。
側溝の雑草3

側溝の雑草4
こんなところで頑張っているシダ類もコケ類も素敵です。
側溝の雑草5

側溝の雑草6
やっと風化してきて植物がびっしりの三面張りの側面はこのままにして欲しいと思います。
側溝の雑草7

側溝の雑草8
植物の緑がなければかなり汚い殺風景となりましょう。
側溝の雑草9

・・・水が茶色く濁ってますが、これは土が流出しただけではなく、明らかに何かの汚水の濁りです。写真よりも実際に見るともっと工業排水のような汚い感じです。
 かつてはこれらの側溝にも小魚・・・鮒やドジョウ、メダカが住んでいた筈です。カワニナやタニシ、シジミも住んでいた事でしょう。・・・それが今ではアカムシさえいなくなりました。・・・水系の環境汚染も極めり・・・何とも悲しい末期症状です。
それでも緑色植物はしっかり育っています。植物は、ちょっとやそっとの毒には強いと言う事でしょうか?・・・植物は汚い水を吸収しても自浄作用があるのでしょうか?
こんな汚い水でもものともせずに雑草が生えるのに、除草剤で枯れてしまう・・・と言う事は、如何に除草剤が酷い物質か・・の証拠とも言えますね。

除草剤なんて、本当に不必要ですし、使ってはいけないものだと思います。

 それからU字溝のように三面張りも本当に酷いものです。昔の土を掘っただけのドブならもっと豊かな生態系を育める筈です。
三面張りは廃止すべきです。・・少なくともこれ以上の三面張りは禁止にする法律を作るべき!!

側溝の雑草10大
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/05/13 00:02】 | 雑草の映像 トラックバック(0) |


Anthony
僕はちょくちょく奈良の山中に行くのですが、田舎の人ほど、セメントやコンクリートが好きですね。


少しでも、アスファルト舗装がめくれてたりしたら、村役場に電話をしてますし。


 

言い得てますね。
雑草Z
    Anthonyさん

>田舎の人ほど、セメントやコンクリートが好きですね。

そうですね。少しでも都市化したいと思っているのなら、本当にお馬鹿ですね。
 それから、年配者はもっと自然が好きかと思えばさにあらず。老人が、除草剤を撒いたり、道端の草刈りをしています。・・・・そのまま生やしておいた方がよっぽどいい風景だと思うのですが、雑草など生やしておけるか・・・とばかりに草を刈って、整地して挙句にコンクリートで固めて貰って喜んでます。
 


Anthony
田舎の人にとって、自然(洪水や旱魃を含む)は敵みたいです。



都会志向
雑草Z
    Anthonyさん

 都会コンプレックスと言うか、都市化を望む傾向は、どうしようもないですね。田舎(農村や森林)だけでも地球は永続できますが、都市だけではすぐに人類は滅びるのですがね。
 でも都会志向は都会に住んでいる人にも沢山いて、田舎のほうが多いとは言えませんね。

 都会志向の感覚は理解出来ますが、それは人類にとっては危険な洗脳でしょうね。


Anthony
田舎の人が、やたらと川に空き缶とかゴミを投げ捨ててるところを目撃してます。

たぶん、地元の人は下流に流れて行ってオシマイと思ってるのでは?



使ったものはよそに捨てるな・・
雑草Z
    Anthonyさん

川の下流にゴミが沢山溜まっているのは、上流の人が捨てるからですね。
田舎に限らず、どこでもゴミ収集車がごみをどっかに持って行ってくれるから廃棄場所の問題に目が行かないのでしょう。

 田舎だってもう捨てる余裕のある場所はありません。
ゴミも地産地消というか、よそに捨てないで自分のところで処分すれば、使い捨て商品も過剰包装も減るでしょうね。


Anthony
年配の人ほど、過剰包装を喜びますね。

僕が百貨店で和菓子を売っていた頃、簡易包装をお願いしていたら、拒否してきた人は全員年配の人でした。



包装紙・・
雑草Z
    Anthony さん

>年配の人ほど、過剰包装を喜びますね。

言えてるかも知れません。只なら貰えるものは貰っておこう・・と言うセコイ考えでしょうか?・・・・逆に言えば、若い世代ほど、そういう無駄な事はやめよう・・・と言う意識が少しずつ出てきたのか?せこくなくなったのか?

 私が子供の頃家では、貰い物の包装紙はきれいに剥がしてとって置いて、後から色々使ってました。

 私が贈り物するときは・・・あんまりしませんけど・・自分が使うのと一緒で、何も包装せずに、マイバックに買って来て、そのまま手渡します。

 包装紙屋さんなんて商売が存在すること自体が許せませんね。貰った方も、びりびり割いて、くずかごに捨ててお仕舞いの獅子舞・・・無駄無駄無駄! 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
僕はちょくちょく奈良の山中に行くのですが、田舎の人ほど、セメントやコンクリートが好きですね。


少しでも、アスファルト舗装がめくれてたりしたら、村役場に電話をしてますし。


 
2009/05/15(Fri) 21:55 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
言い得てますね。
    Anthonyさん

>田舎の人ほど、セメントやコンクリートが好きですね。

そうですね。少しでも都市化したいと思っているのなら、本当にお馬鹿ですね。
 それから、年配者はもっと自然が好きかと思えばさにあらず。老人が、除草剤を撒いたり、道端の草刈りをしています。・・・・そのまま生やしておいた方がよっぽどいい風景だと思うのですが、雑草など生やしておけるか・・・とばかりに草を刈って、整地して挙句にコンクリートで固めて貰って喜んでます。
 
2009/05/15(Fri) 22:17 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
田舎の人にとって、自然(洪水や旱魃を含む)は敵みたいです。

2009/05/18(Mon) 23:11 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
都会志向
    Anthonyさん

 都会コンプレックスと言うか、都市化を望む傾向は、どうしようもないですね。田舎(農村や森林)だけでも地球は永続できますが、都市だけではすぐに人類は滅びるのですがね。
 でも都会志向は都会に住んでいる人にも沢山いて、田舎のほうが多いとは言えませんね。

 都会志向の感覚は理解出来ますが、それは人類にとっては危険な洗脳でしょうね。
2009/05/19(Tue) 20:19 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
田舎の人が、やたらと川に空き缶とかゴミを投げ捨ててるところを目撃してます。

たぶん、地元の人は下流に流れて行ってオシマイと思ってるのでは?

2009/05/22(Fri) 00:09 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
使ったものはよそに捨てるな・・
    Anthonyさん

川の下流にゴミが沢山溜まっているのは、上流の人が捨てるからですね。
田舎に限らず、どこでもゴミ収集車がごみをどっかに持って行ってくれるから廃棄場所の問題に目が行かないのでしょう。

 田舎だってもう捨てる余裕のある場所はありません。
ゴミも地産地消というか、よそに捨てないで自分のところで処分すれば、使い捨て商品も過剰包装も減るでしょうね。
2009/05/23(Sat) 11:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
年配の人ほど、過剰包装を喜びますね。

僕が百貨店で和菓子を売っていた頃、簡易包装をお願いしていたら、拒否してきた人は全員年配の人でした。

2009/05/24(Sun) 16:04 | URL  | Anthony #-[ 編集]
包装紙・・
    Anthony さん

>年配の人ほど、過剰包装を喜びますね。

言えてるかも知れません。只なら貰えるものは貰っておこう・・と言うセコイ考えでしょうか?・・・・逆に言えば、若い世代ほど、そういう無駄な事はやめよう・・・と言う意識が少しずつ出てきたのか?せこくなくなったのか?

 私が子供の頃家では、貰い物の包装紙はきれいに剥がしてとって置いて、後から色々使ってました。

 私が贈り物するときは・・・あんまりしませんけど・・自分が使うのと一緒で、何も包装せずに、マイバックに買って来て、そのまま手渡します。

 包装紙屋さんなんて商売が存在すること自体が許せませんね。貰った方も、びりびり割いて、くずかごに捨ててお仕舞いの獅子舞・・・無駄無駄無駄! 
2009/05/24(Sun) 16:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。