-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-05-17 00:13
 この連休は、遠出しませんでした。本当に近場を自転車で回った程度でした。【連休中にまちを歩けば・・】に書いたとおり身近な地域にとんでもない新規公共工事を発見しました。

 田舎では道が有り余っているにもかかわらず、また新たな道が作られているし、またいでも渡れる小さな川に重機を持ち込んでコンクリートで三面張り、【公共工事の需要拡大方法】・・やりたい放題・・・と言うか、もう必要ない工事しか残っていない・・・そのままです。田舎だってもうインフラは十分です。
 こんな田舎町なのに、地面も川もあらゆる所がコンクリートで固められ、今まで散々痛めつけられた自然が、これでもかとばかりにさらに次々に破壊されています。事態は好転などしていません。一昨年より昨年、昨年より今年、毎年自然が減っています。林が切り崩されています。流石に神社などは残しても、その周りだけにこじんまりと林を残すのみです。・・とても森と呼べる大きさではありません。

 これまでもこのブログで何度も述べているように、ゼネコンは肥大化して膨れ上がり、毎年毎年公共工事を沢山作り出しています。・・・このまま、毎年毎年不用な公共工事を作り出して、ゼネコンを肥大化したままにしておいたら、自然は破壊されつくしてしまうでしょう。・・・そんな愚かな対症療法は止めて、ゼネコンは十分に【シェイプアップ】するしかないでしょう。どのレベルまでかと言えば、新規の道や河川工事をしなくていいレベル・・・即ち、今まである道路や河川の護岸など、インフラの修理だけで済むレベルまでです。・・修理せずに放っておいて自然に戻したほうがいい場所も沢山あるでしょう。・・・兎も角、これ以上の新規の道路工事や河川工事はすべて中止にすべきです。やればやるほど、【パーキンソンの法則】よろしく、ゼネコンを肥大化させ、状況をもっと悪化させるだけです。
 「止める」と言う選択は、物理的には非常に簡単な筈です。手間も予算もかかりません。しかし、お役所ではそういう選択はなかなか為されません。簡単でお金がかからないからこそ止めません。経済効果がないからです。・・・・そして、予算を付ける事が自分達の主な仕事だと勘違いしている政治家や官僚、市町村の役人の何と多い事でしょう。・・・そんな利権の為だけに取り返しのつかない自然破壊をしているのが現代社会です。
 どうしても工事をしたいと言うのなら【人海戦術】で重機を使わず【公共工事こそ自給自足で慎ましく・・】でしょう。・・・・現在行われている地球温暖化対策のCO2削減の方法(・・・よくもまあ、逆効果の下らない方法ばかりやってます。・・・)よりよっぽど効果的と言うものです。これこそ真のグリーンニューディール政策というものです。本来ならグリーンニューディール政策としてすぐさま実行すべきでしょう。・・・経済効果が望めないからやれないでしょうか?・・・人の手作業にすれば、自然破壊も小さくて、十分に雇用も確保出来ますが・・・


 お金を沢山使いたいと言うのなら、不要で自然破壊をする工事をするより、ゼネコンの業種転換にお金をつぎ込むほうが有意義です。・・・・人海戦術の有機農業とかに転換したら、彼らもヒールから、ヒーローに変身できるでしょう。ゼネコンの従業員の方々は決して悪人ではなく、社会構造上の悪役・・・最悪な自然破壊・・・を演じている訳ですから・・・
 新規公共工事をしたいというのなら、工事をせずにその予算をそのままただお渡ししたほうが、よっぽど環境破壊がなくていいのです。新規の道路工事、河川工事・・・は不要です。・・・そう、大抵の公共工事は住人の要求ではなくゼネコン会社がしたいからするのは暗黙の了解です。必要だからする公共工事が現代の日本にどれくらいあるでしょう??・・・
 これ以上の新規公共工事はすべて凍結。 百に一つくらい多少役に立つ公共工事があったとしても、そんな審議をしていると他の不用な99の工事に便乗されます。
 これ以上地面や川、海岸をコンクリートで固めれば、一緒に人類の命と歴史もコンクリートの下に固める事になりましょう。
これ以上かけがえのない自然を破壊してはいけません。全て人類にも災いとして返ってくるでしょう。これ以上生態系を壊せば、人類の生存環境も破壊され、文明に破局がもたらされるでしょう。

新規道路工事すべて廃止!!これ以上地面を塗り固めるな!!
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/05/17 00:13】 | Sustainability トラックバック(0) |

ゼネコンから農業へ。
でなしNo.146
>不要で自然破壊をする工事をするより、ゼネコンの業種転換にお金をつぎ込むほうが有意義

まったくその通りだと思います。

お金を使いながら、自然破壊をする愚行はこれ以上たくさんです。

次世代につながる自然を守るためにも、農業への転換をしていただきたいですよね^^

特に休耕地となった農地などをよみがえらせるような運動なんてしてくれたら本当にヒーローです。

実際、転換した方が先が明るいでしょう。
地方の小さな建設業者などが農業に参入しているという記事はどこかで読んだ事がありますが、余計なものを作るより必要なものを作る方が賢明ですよね。


BEM
なんでも地方では建設業者の異業種転換がポツポツ始まっているとも聞きます。
これほど地方の公共事業が一気に減ってしまうと、どうにかして食いつなぐためには色んな事を考える時代になってくるでしょうね。

公共工事の人海戦術大賛成。
北海道の昔の開拓は朝鮮労働者を入れたり、険しい山間部の道は囚人を使ったりと陰の面もあったようですが、そういう事も今は必要なんじゃないかとも考えたりして。

ゼネコンの技術は大変素晴らしいものとは思いますが、その技術も場所によりけりかもしれませんね。
地方ではお金がなくて住民達で道路の補修をしたり、造ったりと大手建設会社の工事よりずっと安く、その土地に合わせたものを造れたという事をテレビで見ました。

日本国自体が身の丈にあったものを造っていくべきでしょうね。

>ゼネコンから農業へ
雑草Z
    でなしNo.146さん

 本文にも書いたとおり、これ以上の道路工事など、公共工事は、生態系に取り返しのつかない結果をもたらし、人類の生存環境も保持できなくなるでしょう。早急に新規道路、河川工事は禁止すべきです。

 そして、その分農業への転換をしっかり図るべきですね。
近い将来日本への食料輸入は減る事は目に見えてますから。

ゴルフ場や道路建設予定地はことごとく農地にすべきですね。

>特に休耕地となった農地などをよみがえらせるような運動なんてしてくれたら本当にヒーローです。


政治家に献金して、巨大公共工事を計画させて受注するような醜い真似はやめて、ゼネコンをたたんで休耕地復活農業を始めるような素晴らしいゼネコンがあったら拍手喝さいですね。

>地方の小さな建設業者などが農業に参入している

こう言う話は地方で沢山出てきてますね。いい傾向です。
こう言う事にこそ補助金出してもいいかな・・・と。

>身の丈にあったものを造っていくべき
雑草Z
    BEMさん

>地方では建設業者の異業種転換がポツポツ始まっているとも聞きます。

これだけ強引に肥大化したゼネコンとしては、当然の成り行きでしょう。早く異業種転換する会社ほど潔いし先見の目がありますね。

>ゼネコンの技術は大変素晴らしいものとは思いますが

きっとそうでしょうね。それを重機を使うものではなく、人力に変換すればいいんです。・・・それじゃ効率が悪い・・って、自然破壊の負の効率よりは遥かにいいし、人力のエネルギーでパワーを発揮する工夫こそ、人類の叡智と言うものでしょう。

>地方ではお金がなくて住民達で道路の補修をしたり、造ったりと

こう言う工事こそ、本当に必要な公共工事でしょうね。


無駄に巨大な公共工事は税金の無駄遣いで、さらに自然を破壊するという愚行です。本当に必要な自治体毎の

>日本国自体が身の丈にあったものを造っていくべきでしょうね

に大賛同です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ゼネコンから農業へ。
>不要で自然破壊をする工事をするより、ゼネコンの業種転換にお金をつぎ込むほうが有意義

まったくその通りだと思います。

お金を使いながら、自然破壊をする愚行はこれ以上たくさんです。

次世代につながる自然を守るためにも、農業への転換をしていただきたいですよね^^

特に休耕地となった農地などをよみがえらせるような運動なんてしてくれたら本当にヒーローです。

実際、転換した方が先が明るいでしょう。
地方の小さな建設業者などが農業に参入しているという記事はどこかで読んだ事がありますが、余計なものを作るより必要なものを作る方が賢明ですよね。
2009/05/19(Tue) 23:58 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
なんでも地方では建設業者の異業種転換がポツポツ始まっているとも聞きます。
これほど地方の公共事業が一気に減ってしまうと、どうにかして食いつなぐためには色んな事を考える時代になってくるでしょうね。

公共工事の人海戦術大賛成。
北海道の昔の開拓は朝鮮労働者を入れたり、険しい山間部の道は囚人を使ったりと陰の面もあったようですが、そういう事も今は必要なんじゃないかとも考えたりして。

ゼネコンの技術は大変素晴らしいものとは思いますが、その技術も場所によりけりかもしれませんね。
地方ではお金がなくて住民達で道路の補修をしたり、造ったりと大手建設会社の工事よりずっと安く、その土地に合わせたものを造れたという事をテレビで見ました。

日本国自体が身の丈にあったものを造っていくべきでしょうね。
2009/05/20(Wed) 02:38 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
>ゼネコンから農業へ
    でなしNo.146さん

 本文にも書いたとおり、これ以上の道路工事など、公共工事は、生態系に取り返しのつかない結果をもたらし、人類の生存環境も保持できなくなるでしょう。早急に新規道路、河川工事は禁止すべきです。

 そして、その分農業への転換をしっかり図るべきですね。
近い将来日本への食料輸入は減る事は目に見えてますから。

ゴルフ場や道路建設予定地はことごとく農地にすべきですね。

>特に休耕地となった農地などをよみがえらせるような運動なんてしてくれたら本当にヒーローです。


政治家に献金して、巨大公共工事を計画させて受注するような醜い真似はやめて、ゼネコンをたたんで休耕地復活農業を始めるような素晴らしいゼネコンがあったら拍手喝さいですね。

>地方の小さな建設業者などが農業に参入している

こう言う話は地方で沢山出てきてますね。いい傾向です。
こう言う事にこそ補助金出してもいいかな・・・と。
2009/05/20(Wed) 19:13 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>身の丈にあったものを造っていくべき
    BEMさん

>地方では建設業者の異業種転換がポツポツ始まっているとも聞きます。

これだけ強引に肥大化したゼネコンとしては、当然の成り行きでしょう。早く異業種転換する会社ほど潔いし先見の目がありますね。

>ゼネコンの技術は大変素晴らしいものとは思いますが

きっとそうでしょうね。それを重機を使うものではなく、人力に変換すればいいんです。・・・それじゃ効率が悪い・・って、自然破壊の負の効率よりは遥かにいいし、人力のエネルギーでパワーを発揮する工夫こそ、人類の叡智と言うものでしょう。

>地方ではお金がなくて住民達で道路の補修をしたり、造ったりと

こう言う工事こそ、本当に必要な公共工事でしょうね。


無駄に巨大な公共工事は税金の無駄遣いで、さらに自然を破壊するという愚行です。本当に必要な自治体毎の

>日本国自体が身の丈にあったものを造っていくべきでしょうね

に大賛同です。
2009/05/20(Wed) 19:29 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。