-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-04-09 00:01
いつの頃からか、経済成長=GDPの伸び率 自体が目標になってしまっている経済です。経済が現代社会の中心に座っていますから、現代社会は経済成長が社会の目標にまでなってしまったと言う事です。成長自体を目標にする事がいかに愚かかはこのサイトで繰り返し主張してきました。それは有限の地球では破滅への道です。そして、その目標の為に多くの人間が苦しんでいます。

 20世紀は正に成長(・・と言う名の膨張・・)の世紀と呼ぶにふさわしい世紀だったでしょう。この100年間でアバウトに、人口は4倍になり、1人当たりのGDPは5倍になりましたから、世界全体でのGDPは20倍になったと言う事です。DGPは物資の消費に大体比例しますから、地球の資源の消費レベルも20世紀の100年間でおよそ20倍になった訳です。(この数値が10倍か40倍かと言う事は議論致しません。定義や算出の仕方によって変わるでしょう。問題にしている事は、10倍のオーダーで超指数関数的に増えたという事実です。)
この間にエコロジカル・フットプリント=地球の環境負荷 は持続可能なレベルを超えてしまいました。(・・・これも1980年代と言われていますが、10年や20年ずれていても問題にしません。問題は、持続可能なレベルを超えたと言う事実です。)

 地球のキャパの議論無しに経済成長が必要だなんて言っている馬鹿な経済学者は置いておいて(・・多いんですよね。)かつて経済学者達も経済活動が停止状態[Stationary state] になる憂鬱な時代が来ると考えたようです。
停止=平衡状態 ではなく、同じ安定状態と言っても、ほぼ一定の活動が為される定常状態[Steady state] になればいい訳です。
定常状態[Steady state]とは、インプットとアウトプットが釣り合っている状態。例えば川の流れのように、上流などの雨量などに変化がない場合、時間とともに川の流れの速度や流量が変わらない状態です。・・・流体力学や熱学的ではもっと厳密な意味で定常状態を定義していますが、社会の定常状態にはある程度までの 揺らぎ=擾乱 はあって然るべきです。
上流で一時的に大雨が降ったりすると流量も流速も増えます。そのような定常状態からの乱れはあるとしても、膨張も減衰も続けない定常状態にある事は持続可能なための大きな条件でしょう。
 持続可能な地球のキャパシティを超えた成長主義はもう古い考えです・・・古いと言うよりも、限りない成長なんてはじめから不可能な、社会を破局へ導く危険な考え方です。ファシズムよりも遥かに危険な思想でしょう。

池の中の生物の数も揺らぎはあるもののほぼ一定な事が持続可能な条件でしょう。魚の量と植物(水草)の量、プランクトンの量などがバランスをとっているからいいのです。鯉ばかり増え続けられないし、水草を育つよりも早くどんどん食べたりすれば、それは鯉の居住環境を破壊し、やり過ぎた場合、破滅を意味します。

 持続可能な社会は定常状態の安定した社会、脱成長社会を目標にする事が必要条件です。
成長の停止・・・と言うと進歩がないようでネガティヴな印象があるかも知れませんが、現在の成長の定義は、GDPの増加だったり、人口の増加だったりします。そんなものが成長の実態です。膨張、拡大路線を成長と呼んでるわけです。膨張しない地球上で、経済や人口・・・人間活動を膨張肥大化させれば、地球に対する環境負荷が増えるだけです。
 残念ながら、現在でも地球に対する環境負荷は、持続可能なレベルを超えてしまっている訳ですから、一度縮小=マイナス成長 して持続可能で余裕のある状態まで戻ってから、定常状態にすべきです。
 現代が本当に科学技術が発達した社会であるならば、限界ぎりぎりではない、地球の資源、容量に余裕のある定常状態になれば、人間生活にも多くの余裕が生まれるでしょう。現在の成長志向社会のようにぎりぎり追い詰められたサバイバル社会ではなく、社会について考える十分な物質的、時間的余裕も生まれるでしょう。定常社会は、成長志向社会よりも安定していて住みやすい社会に違いありません
定常状態を確立する事こそ21世紀の目標でしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/04/09 00:01】 | Sustainability トラックバック(0) |

自然を守る大切さ
団塊おやじのの遺言
いつも楽しく読ませて貰っています
周りは不景気の嵐 行き着くとこまで来たという感じですよね 昔の様に環境さえ持続していれば自然の恵み 魚や山の幸など飢える事の無い程 自然は恩恵を我々に与えてくれる
自然を守る事を忘れ 利益のみを追求した今の世界 本当に
自然の中で魚採りや山菜など 素晴らしい楽しみが自然にはあるのを忘れ 仕事が無くなり自殺者などが増える社会 余りにも目先の事しか見ていないのでは 自然と人間とはどのように付き合うのが良いのか いつも雑草さんが教えてくれる 自然の中で遊ぶ 食べ物はそこに有る 活きる術か゜この大地には満ち溢れていると思うのですが 考え方を転換しなければ 自然を滅ぼして私たちの明日は無いのです・・
ちなみに 嫌味に取らないで欲しいのですが 今年は仕事が
いつもの年より多い 何故・・若い人たちへ職人も決してすてたもんじゃないぞと言いたい 何か一つでも技術を持て誰にも負けない腕を持て 不景気なんかにゃ負けちやおれんの!

経済よりも自然を大切に!
雑草Z
    団塊おやじのの遺言さん

お久し振りのコメント有難う御座います。

>昔の様に環境さえ持続していれば自然の恵み 魚や山の幸など飢える事の無い程 自然は恩恵を我々に与えてくれる

の通りだと思います。昨今の景気後退に対する対策も、あまりにも目先の子供騙しのような方法ばかりで、政治家のレベルの低さを痛感します。
自然環境さえしっかりしていれば自然の中の生物の一種である人類は何とかなるでしょう。

こう言う不景気の時に、景気対策しなくても減らない仕事が本当に必要な仕事・・・と、ある意味言えると思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自然を守る大切さ
いつも楽しく読ませて貰っています
周りは不景気の嵐 行き着くとこまで来たという感じですよね 昔の様に環境さえ持続していれば自然の恵み 魚や山の幸など飢える事の無い程 自然は恩恵を我々に与えてくれる
自然を守る事を忘れ 利益のみを追求した今の世界 本当に
自然の中で魚採りや山菜など 素晴らしい楽しみが自然にはあるのを忘れ 仕事が無くなり自殺者などが増える社会 余りにも目先の事しか見ていないのでは 自然と人間とはどのように付き合うのが良いのか いつも雑草さんが教えてくれる 自然の中で遊ぶ 食べ物はそこに有る 活きる術か゜この大地には満ち溢れていると思うのですが 考え方を転換しなければ 自然を滅ぼして私たちの明日は無いのです・・
ちなみに 嫌味に取らないで欲しいのですが 今年は仕事が
いつもの年より多い 何故・・若い人たちへ職人も決してすてたもんじゃないぞと言いたい 何か一つでも技術を持て誰にも負けない腕を持て 不景気なんかにゃ負けちやおれんの!
2009/04/11(Sat) 03:32 | URL  | 団塊おやじのの遺言 #-[ 編集]
経済よりも自然を大切に!
    団塊おやじのの遺言さん

お久し振りのコメント有難う御座います。

>昔の様に環境さえ持続していれば自然の恵み 魚や山の幸など飢える事の無い程 自然は恩恵を我々に与えてくれる

の通りだと思います。昨今の景気後退に対する対策も、あまりにも目先の子供騙しのような方法ばかりで、政治家のレベルの低さを痛感します。
自然環境さえしっかりしていれば自然の中の生物の一種である人類は何とかなるでしょう。

こう言う不景気の時に、景気対策しなくても減らない仕事が本当に必要な仕事・・・と、ある意味言えると思います。
2009/04/12(Sun) 14:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。