-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-03-17 00:02
『金融』の意味を調べてみると、お金の融通、つまりお金の余っているところからお金が不足しているところへの流れ・・・などと出てきます。「金融は経済の潤滑油」などとも言われていて、・・経済の拡大に貢献している・・などと説明されています。この説明からもわかるように金融こそ経済拡大の主因です。

 持続可能な社会とは、成長する社会ではなく、安定して定常状態を保つ社会でしょう。
農業でも製造業でも、サービス業でも、安定していれば拡大しなくても持続的にやっていく事が可能です。しかし、金融業は、経済の成長がなければ、成り立つのは難しい商売です。ゼロサム・ゲームでは金融業の取り分がなくなります。勿論経済の成長が無く、成長企業がある分、衰退する企業があるゼロサムゲームでも、そこを見極め、これから成長する企業にのみ投資していけば金融業はやって行ける可能性はありますが、その場合、金融業は経済システムの中心には存続出来ず、社会の片隅に追いやられるでしょう。(それが理想です。)・・・ゼロ成長、マイナス成長が報告されている現在の恐慌は、それを証明しています。・・・今回の恐慌も金融危機から顕著になって来ました・・・。
 お金を借りた者が、その資金を資本に、お金を稼いで、利息を付けて返さなければ、金融業は成り立ちません。「金融が経済の拡大に貢献している」と言うよりは寧ろ「金融は経済の拡大を要求する」と表現すべきでしょう。

つまり、金融は経済成長路線の首謀者と考えられるわけです。

 現代の自由経済社会において、「金融は経済の潤滑油」なんて脇役ではなく、経済の主動力でしょう。経済成長自体を目標にするという、本末転倒な発想も金融業界なら大歓迎でしょう。
 不可能で危険な「無限の成長」などと言う概念に洗脳されている現代社会は、破局に向かって突き進んでいますが、その原動力が、金融です。金融が経済を暴走させ、環境を破壊していると言えましょう。・・・お金の余っている連中がその余剰金を貸して利子を取り、もっとお金を増やそうと言う強欲によって、環境、社会が破壊されるのですから堪りません。金融業者が財閥を築き、政治を左右し、戦争まで焚きつける社会って、とても健全な社会とは思えません。

 百歩譲って、金融業は社会の近代化、インフラ整備に必要だったとしても(個人的には全くそうは思いませんが・・)もう金融業の役割は終わっているのです。これからは安定が必要な社会に、無理に成長を押し付けようとするのが金融業の本質です。
 持続可能な社会にシフトする為には、先ず金融業を社会の隅に追いやる事です。この、破局にひた走る現代社会で、金融危機を、持続可能な社会へのシフトの好機と捉え、マネーゲームの温床、金融業を排除していきましょう。
 
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/03/17 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

金融財閥が世界皇帝。
でなしNo.146
>金融業者が財閥を築き、政治を左右し、戦争まで焚きつける社会って、とても健全な社会とは思えません。

まったくその通りだと思います。

一昔前まで世界の覇権はアメリカにあると言われていましたが、本当の覇権はアメリカ財界を支配していたロックフェラーとロスチャイルドにあったわけです。

私も一刻も早く金融が自壊してくれる事を強く望みます。

本当の意味で持続可能な世の中へシフトしていけば、結果として平等で自由な世の中となると思います。

金融財閥の巨悪
雑草Z
>本当の覇権はアメリカ財界を支配していたロックフェラーとロスチャイルド

やはりそうなのでしょうか?第二次世界大戦も国の利権の争いですが、その火付け役は各国の財閥と言う話もありますね。
 日本も財閥の利権拡大から日清戦争、日露戦争、太平洋戦争・・・と突入したという話もあります。嘘とは言い切れないでしょう。・・と言うより主因とも言えるでしょう。


>本当の意味で持続可能な世の中へシフトしていけば、結果として平等で自由な世の中となる

そう言える でなしNo.146 さんはかなりの理想主義者ですね。
持続可能な世の中と平等な自由な世の中は別概念で両立するとは限らないと思います。両立は難しいのではないかと感じてしまいます。
 持続可能な世の中が平等で自由である事は理想ですが・・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
金融財閥が世界皇帝。
>金融業者が財閥を築き、政治を左右し、戦争まで焚きつける社会って、とても健全な社会とは思えません。

まったくその通りだと思います。

一昔前まで世界の覇権はアメリカにあると言われていましたが、本当の覇権はアメリカ財界を支配していたロックフェラーとロスチャイルドにあったわけです。

私も一刻も早く金融が自壊してくれる事を強く望みます。

本当の意味で持続可能な世の中へシフトしていけば、結果として平等で自由な世の中となると思います。
2009/03/18(Wed) 23:42 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
金融財閥の巨悪
>本当の覇権はアメリカ財界を支配していたロックフェラーとロスチャイルド

やはりそうなのでしょうか?第二次世界大戦も国の利権の争いですが、その火付け役は各国の財閥と言う話もありますね。
 日本も財閥の利権拡大から日清戦争、日露戦争、太平洋戦争・・・と突入したという話もあります。嘘とは言い切れないでしょう。・・と言うより主因とも言えるでしょう。


>本当の意味で持続可能な世の中へシフトしていけば、結果として平等で自由な世の中となる

そう言える でなしNo.146 さんはかなりの理想主義者ですね。
持続可能な世の中と平等な自由な世の中は別概念で両立するとは限らないと思います。両立は難しいのではないかと感じてしまいます。
 持続可能な世の中が平等で自由である事は理想ですが・・・・
2009/03/19(Thu) 21:15 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。