-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-03-13 00:02
 地球は外部の宇宙とエネルギーの交換はするが、物質は交換しない【閉じた系】と考えられる事は前回述べました。
だから地球上で行われている変化はグローバルに考えれば、物質的にはゼロサム[zero-sum]・・差し引きゼロ・・と考えられるでしょう。
ゼロサムゲームとは、全体の利得の総和がゼロになる状況のゲームです。
 例えば仲間内の賭け事がゼロサムゲームの代表例でしょう。ある物の価値が変わらないと考えた場合、その物の売買もゼロサムゲームと考えられるでしょう。

 さて、地球上での経済活動や開発はゼロサムゲームではなく、人間にどんどん利益を産んで行く・・・と考えられてますが、本当にそうなのか考察致します。

 固定市場に於けるパイ取り合戦は、典型的なゼロサムゲームと言われます。それに対し市場が拡大すれば、ゼロサムゲームではなく、全体としてはプラスの利益が出ると言われます。株式はその代表と言われ、経済成長社会において、お金を生み出す素晴らしい仕組みのようにさえプロパガンダされています。しかしそれはかなり軽率と言うものでしょう。・・・市場拡大と言っても勿論地球上での事。
新しく経済圏に取り入れられる人、社会、物事は、今まで経済価値が付けられていなかったのに、経済価値が付けられたから、人間社会にプラスの利益をもたらしたと考えていいのでしょうか?

 例えば新しい良質な地下資源が沢山採掘、精錬されたとしましょう。・・人間社会にとって、今までなかった資源が使えるようになった訳ですから、一見人類全体の財産が増えたように感じますが、その資源はもともと地下にあった物です。人類の歴史がいつまでも続くとすればいつか採掘される資源です。・・・先に使われてしまっただけの事です。・・・もしかしたらもっと後に採掘されたほうがもっと有効利用されたかも知れません。・・そして使ってしまったら、厄介な廃棄物になるのです。・・・リサイクルすればよい・・と言う考え方は熱力学的素養の欠如です。リサイクル活動は、エネルギーの浪費であるばかりでなく、地上に高エントロピーをまき散らしているのです。・・・エントロピーの増加分だけマイナスサムと言うべきでしょう。

 また、例えばそれまで経済圏に取り込まれずに自給自足的な暮らしを営んでいた人々。欧米から見て、野蛮な異文化社会・・が欧米の経済圏に組み込まれた場合、その組み込まれた社会は欧米に搾取されて来ました。欧米から見れば、ゼロサムではなく利益が増えましたが、経済圏に取り込まれた、異文化社会は欧米から搾取された事になりましょう。・・・結局全体で考えればゼロサムです。いや、欧米人に搾取され、命まで奪われた人々の事を考慮すれば、ゼロサムどころかマイナスでしょう。
 
  ゼロサムゲームと呼ばれているものの本質を考えてみると、実際はゼロサムではなくて、全体ではマイナスになっているのではないでしょうか?。そのゲームに使う別の浪費があるからです。
 例えば賭け事、ゲーム参加者のみを一つの系と考えた場合、主催者(胴元)の取り分がマイナス・・・と言う話は当然ですが、そんな事ではありません。主催者の取り分も系に含めて考えてもマイナスでしょう。・・・ゲームに使う道具やエネルギーの消費があるからです。・・・ではそこまで系に含めて地球全体で見ればゼロサムではないか?・・・と言えば、それでも違います。・・・元には戻らないものがあるのです。・・それはエントロピーです。増大したエントロピーの分だけマイナスサムです。そして、そのエントロピーの増加分だけ排熱として宇宙に放出してやらなければ、地球のエントロピーが増えて、使えない廃物が増えるのみです。経済活動の拡大はエントロピーの増大を早めて、熱死[heat death] に向かう速度を加速しているだけです。

 つまり、経済成長がゼロサムゲームからの脱出だと考えるのは近視眼的な見方で、逆に地球全体で熱力学的に考えればゼロサムゲームどころか、だんだんだんだんエントロピーが増える分、マイナスサムであり、自然の循環に乗らない活動は、地球に高エントロピーを貯め込み、地球を熱死に向かわせているのです。

 物質的にゼロサムな地球は、現在高エントロピーの処理をし切れずに、廃棄物がたまる一方です。だんだんだんだん資源が劣化して行くのです。


開発、経済活動によって、子孫にインフラなどの財産を残している事も否定しませんが、それらの活動は、ゼロからプラスを産み出しているのでなく、かなりのマイナス的なもの・・・環境破壊、高エントロピーも産み出しているのです。代償をしっかり払わされているのです。エントロピーと言う言葉を使わなくても、払った代償の大きさ・・悲しい現実・・から目を背けるべきではないでしょう。地球上での活動は、エントロピーの増加分だけマイナスサムゲームなのです。増加したエントロピーを太陽エネルギーが地上に作り出す循環に乗せてやり、排熱として地球外の宇宙に放射してやっとゼロサムと言えるのです。



因みに、余談になりますが・・
 低エントロピーである太陽光をエネルギー源として、地球上での水循環などが起こり、高エントロピーである廃熱を宇宙空間に放出する事によって、地球が熱死[heat death] せずに、定常状態を保つ・・・と言う理論は槌田敦さんの著書(幾つもの本に載っています。・・・槌田敦さんの書物は結構金太郎飴状態です・・・笑)から学びました。彼のオリジナルな発想か他の方がオリジナルかはわかりませんが、画期的な素晴らしい理論だと思います。読んだとき目から鱗の感がありました。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/03/13 00:02】 | 思想・価値観 トラックバック(0) |

むしろマイナスですよね。
でなしNo.146
経済活動で便利と感じる時が多いという側面は認めますし、快適過ぎるくらいの日常は先人達の様々な積み重ねの上に成り立つものだと思います。

…ただ、経済活動やら文明化やらで「今まで必要なかったもの」を必要不可欠に(洗脳?)してしまうシステムは、やはりマイナス的な要因が濃いように思われます。

このマイナス分は人類が滅びて「ゼロサム」になるものなのでしょうか…

その視点も非常に大切ですね
雑草Z
    でなしNo.146

 今回の記事は、人間社会での経済活動など様々な活動が、閉じた系でも物理的に、ゼロサムゲームではなく、エントロピーの増加の分マイナスサムゲームである事を述べたのですが、説明が雑で、ちょっと別解釈されたかも知れませんね。

 でなしNo.146 さんのおっしゃるような、

>経済活動やら文明化やらで「今まで必要なかったもの」を必要不可欠にしてしまうシステムは、やはりマイナス的な要因が濃い

もその通りだと思います。ここの過去記事で、私も同じような主張をしています。


>このマイナス分は人類が滅びて「ゼロサム」になるものなのでしょうか

意図されている事はその通りだと思います。ただ、地球全体の系として考える場合、人間の活動はエントロピーを増加させた分地球に負の遺産を残した事になりますから、マイナスサムでしょう。生態系を考えてもマイナスサムですね。・・・そして何より恐ろしいのは、人類は地球を熱死[Heat Death] に向かって突き進ませているという事です。
 

 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
むしろマイナスですよね。
経済活動で便利と感じる時が多いという側面は認めますし、快適過ぎるくらいの日常は先人達の様々な積み重ねの上に成り立つものだと思います。

…ただ、経済活動やら文明化やらで「今まで必要なかったもの」を必要不可欠に(洗脳?)してしまうシステムは、やはりマイナス的な要因が濃いように思われます。

このマイナス分は人類が滅びて「ゼロサム」になるものなのでしょうか…
2009/03/13(Fri) 23:44 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
その視点も非常に大切ですね
    でなしNo.146

 今回の記事は、人間社会での経済活動など様々な活動が、閉じた系でも物理的に、ゼロサムゲームではなく、エントロピーの増加の分マイナスサムゲームである事を述べたのですが、説明が雑で、ちょっと別解釈されたかも知れませんね。

 でなしNo.146 さんのおっしゃるような、

>経済活動やら文明化やらで「今まで必要なかったもの」を必要不可欠にしてしまうシステムは、やはりマイナス的な要因が濃い

もその通りだと思います。ここの過去記事で、私も同じような主張をしています。


>このマイナス分は人類が滅びて「ゼロサム」になるものなのでしょうか

意図されている事はその通りだと思います。ただ、地球全体の系として考える場合、人間の活動はエントロピーを増加させた分地球に負の遺産を残した事になりますから、マイナスサムでしょう。生態系を考えてもマイナスサムですね。・・・そして何より恐ろしいのは、人類は地球を熱死[Heat Death] に向かって突き進ませているという事です。
 

 
2009/03/14(Sat) 01:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。