-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-03-01 00:02
 現在、水不足は世界的に深刻化していると言われています。人口の増加や急激な経済発展による、農業、工業用水の需要の増加が原因と言われています。・・それは正しい認識でしょう。
・・・因みに「地球温暖化が原因」とも言われていますが、それは根拠もいい加減でかなり怪しい事でしょう。・・一般的には温暖化すれば降水量は増えるでしょう。保水力に問題があるとすれば温暖化よりも、森林伐採や川をコンクリートで固めて水を下流へ早く流す事などのほうが大きな要因でしょう。・・・まあそれは今回の主題ではないので置いときます。・・・

 水不足に伴い、浄水の供給、廃水処理、管理、運営など・・水ビジネスが非常に活発になっています。2025年には世界の人口の3分の2が水不足の危機に直面し、その頃、水ビジネス市場は100兆円規模になると言われています。・・・まあこのあたりはどこかの経済研究所がそこそこしっかり研究して出した数値でしょうが、例によって、この手の将来の定量的な分析は全く当てにはなりません。しかし、水市場をビジネスチャンスと狙っている企業や投資家は沢山いる事は間違いないでしょう。
以前【オアシスの水を輸入して売る】や【経済成長の本質】でも言及したように、これまで只だったものを有料にして、経済が潤いGDPが増えたから豊かになった・・と述べている経済人が沢山います。でも、飲める水、使える水が減ってきて、その為にお金を払って買うようになった・・・と言う事が豊かになったと言えるのでしょうか?・・・それを『禍転じて福となす』みたいな感覚で、ビジネスチャンスと捉えるのは如何なものでしょう?・・・地震や戦争で家が沢山潰れたから、建築会社はビジネスチャンス・・・と言う感覚に似ています。・・・他人の不幸で金を稼ぐ・・・まあ、ビジネスにはよくある話でしょうが、それを『豊か』とは表現出来ないでしょう。

 現在、世界の水不足で悩む国々では海水を処理して飲用水を作り出す為のプラントが沢山建設されています。日本企業は高性能なろ過膜をはじめ、高い水処理技術を持っているから、出遅れたがこれからビジネスチャンスだ・・・などと論じられています。
 『水は21世紀の石油』なんて表現されて、挙句の果ては、「石油は生活を豊かにするだけだが、水は生活に無くてはならないものだから、石油よりも経済価値が高い・・」・などとまで言う経済人も増えて来ました。・・確かに、水は命の必需品で石油よりも遥かに大切ですが、それを経済価値中心に捉えるって非常に危険な事です。食料と同じく水もビジネスにされ、水がこれからのマネーゲームの主力になる・・・と言っているのです。お金がないとまともな水さえ飲めなくなってきているのです。

 海水淡水化プラントを作るのにも沢山のお金・・・資源とエネルギーを使うし、その運転にもエネルギーを使います。飲料水や工業、農業用水の為に大量のエネルギーを投入するのです。水環境のドーピングと呼んでもいいでしょう。・・・その結果、不足していた筈の水の使用はどんどん増え、【パーキンソンの法則】よろしく、淡水を作れば作っただけ使うようになり、それに伴って経済も人口も規模を増し、淡水化プラントに依存する社会が出来上がるのです。・・・その結果、水不足のリスクはかえって増大しますし、それ以外の様々な環境問題も引き起こされるのです。とんでもない話です。
やはり水の浄化は自然の浄化作用・・・太陽熱による蒸留、森林や植物、土地による浄化の域を超えるべきではないでしょう。
 緑の革命と同じような過ちを繰り返す事になるのです。・・・淡水化プラントは、積極的な水不足対策と考えらているようですが、・・・典型的な対症療法でしょう・・・水不足の根本原因・・・人口や農業工業用水の増加・・・をそのままにして、供給する水を増やす・・・・非常に危険です。そしてこれは、確信犯的な対症療法です。巨大なビジネスチャンスであるので根本原因の解決はせずに、水不足を期待さえし、淡水供給ビジネスだけに注目しています。淡水化プラント依存の社会が出来れば、環境負荷がもっと増えるし、このプラントによる社会支配構造も出来るでしょう。・・・

近い将来に世界の人口の過半数が水不足の危機に直面すると言う予測があるのなら、水の需要をそこまで増やさない事を真っ先に考えるべきでしょう。・・・もう地球にはパンク寸前の環境負荷がかかっているのですから。・・・ここでそんな簡単な事まで踏み込めない社会は、経済成長にどっぷりと浸かった異常な社会と言うべきでしょう。・・・どこまで人類は自分の首を絞めていくのでしょうか?
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/03/01 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


nao
僕の一生は恐らく節水に努める生涯です。何しろホテル勤めゆえ断水で、お客様にご迷惑をかけること限りなく。
昨年に、初めて、とあるきっかけで、清流漂う岩の苔を食べた天然の鮎をいただきました。
その味、正に美しき水と大自然の苔の香り美味し、川、無くしてはならない恩恵をいただきました。 水無くしては人は生きていけない大原則を、多くの日本人は忘れていると感じてます。美しき日本を取り戻す為には美しき水を取り戻さねばなりません。

そして、CAFEのうえで、麻生総理において、クズとか死ねとかを書いた点は反省してます。すみませんでした。
しかし、僕はあくまでも、麻生太郎総理大臣を尊敬し、盛り上げていくつもりです。
雑草Zさんと僕と、これからは戦いになるかもしれませんが、今後もAnthony's CAFEをよろしくお願いいたします。

>美しき水と大自然の苔の香り
雑草Z
    nao さん


>美しき日本を取り戻す為には美しき水を取り戻さねばなりません。


おっしゃる通りですね。その為には水ビジネスではなく、自然をいじらない事でしょう。河を三面張りにしない。森林を荒らさない・・・。


麻生総理は全く評価していませんが、その事はこちらのサイトの主題にそぐわないのでかきこまないでください。時間の無駄なのでその事で議論する気はありません。


 


BEM
先日見た007/慰めの報酬でも石油と並んで水の供給がビジネスとなり、それを得るために悪いヤツらが動いているという映画でしたが、実際に水ビジネス市場が100兆円規模ということだと、まんざら映画の世界だけも無さそうな感じですね。

川を流れる水を見る度、日本ではそのままでも飲料水として使える水がとうとうと海に流れ込んでいる事を考えると、パイプラインでも引いて外国に供給できないものかと考えてしまいます。

日本企業に淡水化プラントを製造する会社がありますよね、浸透膜を利用する方法であまりエネルギーもかからないとか。私は単純にこれは世界に誇れる発明でどんどん輸出できれば良いのに。アフリカなど慢性的な水不足を起こしている国に水が供給できたら飢餓も減るだろうか・・・なんて考えていましたが、これがビジネスになると考えると怖いモノがありますね。

水までビックビジネスになる住みにくい世の中です。
雑草Z
 何でも金に換算し、只だった物をビジネスにして行く事が、社会を豊かにすると考えるほどに人間は馬鹿なのでしょうか?・・・これほどまでに人間は経済に盲目的になっているのですね。


>浸透膜を利用する方法であまりエネルギーもかからないとか。

直接の浸透膜を通す作業の時はエネルギーはあまりかからないと言っても、一般の浸透作用の逆方向(普通濃度の低い純粋のほうから、濃度の高いほうへ水は滲みだします。これを逆にする訳ですから(エントロピーの減る方向)エネルギーも使うし、他にエントロピーの増加をもたらすでしょう。
たかが水を得る為に大きなプラントの建設も必要ですし、浸透膜の交換や洗浄も頻繁にやらなければならないのではと思います。


>アフリカなど慢性的な水不足を起こしている国に水が供給できたら

本文に書いたように、淡水化プラントに依存する社会が出来上がるのです。そして水不足のリスクはかえって増大しますし、それ以外の様々な環境問題を引き起こすのです。
「水ビジネスが21世紀の石油ビジネス」って住みにくい世の中です。経済信仰の社会は狂った方向にどんどん進んでいます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
僕の一生は恐らく節水に努める生涯です。何しろホテル勤めゆえ断水で、お客様にご迷惑をかけること限りなく。
昨年に、初めて、とあるきっかけで、清流漂う岩の苔を食べた天然の鮎をいただきました。
その味、正に美しき水と大自然の苔の香り美味し、川、無くしてはならない恩恵をいただきました。 水無くしては人は生きていけない大原則を、多くの日本人は忘れていると感じてます。美しき日本を取り戻す為には美しき水を取り戻さねばなりません。

そして、CAFEのうえで、麻生総理において、クズとか死ねとかを書いた点は反省してます。すみませんでした。
しかし、僕はあくまでも、麻生太郎総理大臣を尊敬し、盛り上げていくつもりです。
雑草Zさんと僕と、これからは戦いになるかもしれませんが、今後もAnthony's CAFEをよろしくお願いいたします。
2009/03/01(Sun) 23:59 | URL  | nao #-[ 編集]
>美しき水と大自然の苔の香り
    nao さん


>美しき日本を取り戻す為には美しき水を取り戻さねばなりません。


おっしゃる通りですね。その為には水ビジネスではなく、自然をいじらない事でしょう。河を三面張りにしない。森林を荒らさない・・・。


麻生総理は全く評価していませんが、その事はこちらのサイトの主題にそぐわないのでかきこまないでください。時間の無駄なのでその事で議論する気はありません。


 
2009/03/02(Mon) 00:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
先日見た007/慰めの報酬でも石油と並んで水の供給がビジネスとなり、それを得るために悪いヤツらが動いているという映画でしたが、実際に水ビジネス市場が100兆円規模ということだと、まんざら映画の世界だけも無さそうな感じですね。

川を流れる水を見る度、日本ではそのままでも飲料水として使える水がとうとうと海に流れ込んでいる事を考えると、パイプラインでも引いて外国に供給できないものかと考えてしまいます。

日本企業に淡水化プラントを製造する会社がありますよね、浸透膜を利用する方法であまりエネルギーもかからないとか。私は単純にこれは世界に誇れる発明でどんどん輸出できれば良いのに。アフリカなど慢性的な水不足を起こしている国に水が供給できたら飢餓も減るだろうか・・・なんて考えていましたが、これがビジネスになると考えると怖いモノがありますね。
2009/03/03(Tue) 22:00 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
水までビックビジネスになる住みにくい世の中です。
 何でも金に換算し、只だった物をビジネスにして行く事が、社会を豊かにすると考えるほどに人間は馬鹿なのでしょうか?・・・これほどまでに人間は経済に盲目的になっているのですね。


>浸透膜を利用する方法であまりエネルギーもかからないとか。

直接の浸透膜を通す作業の時はエネルギーはあまりかからないと言っても、一般の浸透作用の逆方向(普通濃度の低い純粋のほうから、濃度の高いほうへ水は滲みだします。これを逆にする訳ですから(エントロピーの減る方向)エネルギーも使うし、他にエントロピーの増加をもたらすでしょう。
たかが水を得る為に大きなプラントの建設も必要ですし、浸透膜の交換や洗浄も頻繁にやらなければならないのではと思います。


>アフリカなど慢性的な水不足を起こしている国に水が供給できたら

本文に書いたように、淡水化プラントに依存する社会が出来上がるのです。そして水不足のリスクはかえって増大しますし、それ以外の様々な環境問題を引き起こすのです。
「水ビジネスが21世紀の石油ビジネス」って住みにくい世の中です。経済信仰の社会は狂った方向にどんどん進んでいます。
2009/03/03(Tue) 23:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。