-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-02-17 00:01
 現代社会・・・少なくとも日本は、物質的に豊かになったと言われます。物が溢れている事に間違いはないでしょうが、作り過ぎて物が有り余っている事に『豊か』と言う表現を使うことには違和感があります。それを『豊か』と表現する事自体が精神的に貧しい現れではないでしょうか。

『衣食足りて礼節を知る』と言う格言があります。意味は、読んで字の如くですが、
『衣食足りて』をちょっと拡大解釈して「経済的に十分である」とか「生活のゆとりがある」と解釈する場合も多いようです。
いくら日本でも「経済的に十分である」と言う表現は万人には使えないでしょうが、いい物を食べられるとかいい衣服を着られるとかは別として、必要最低限の衣食くらいは足りている人が大部分でしょう。
でも「衣食が足りた」・・だけでは満足も出来ない人間がほとんどでしょう。現代社会において、衣食足りて満足出来るのは、よっぽど世の中を達観している仙人か何かでしょう・・・

現代の日本では「衣食足りても礼節を知らず」の傾向が増えています。
「衣食足りて」も「生活のゆとりがあるか」・・と問われれば、多くの人が「ゆとりがあるとは言えない」と答えるでしょう。「生活のゆとりを作る」為にお金を稼ごうと必死で、その為に逆に時間的にも精神的にもゆとりが無くなります。何せこの自由経済の現代社会は何をするにもお金がかかります。余暇を楽しむ為にさえ沢山のお金を使わなければなりません。つまり『衣食は足りて』も『限りない物欲』は満足しなくなっています。経済成長と言うドーピングによって、物欲はどんどんエスカレートしていくだけです。・・・勿論有限の地球は人類の限りない欲望に対応しきれる訳などなく、どこかで破局を迎えるのは明らかです。
「仙人のような質素な暮らしをしよう!」とは申しません。・・でもある程度の「衣食」・・・物質的充足・・・が満たされたら・・・程度問題にはなるでしょうが・・・物質的所有の追及は止めて、金儲けではない方向を目標にすべきでしょう。そしてその為の規制をかけるべきでしょう。
 自己中心的な考え方をやめて、限りない欲望は捨てよう・・・などと呼びかけても、そうするのは人のいい善良な市民だけで、エゴイスティックな金の亡者はますますお金を貯め込もうとするだけです。・・・現代社会もまさにそういう状態でしょう・・・「搾れるだけ搾りとれ・・」とばかりに搾取階級は容赦なくお金を絞り取ります。
 極端な累進課税・・・ある金額以上はすべて税金・・・みたいな制度【収入頭打ち制度】を作って、お金を一人で沢山所有する事は悪だ・・・と言う社会評価を下すべきでしょう。・・・有限の地球上で一人で沢山の富を持つ事は許されません。『金持ちは限られた資源をひとりで多く使うから悪だ』・・と言う評価は妥当でしょう。

『衣食足りて、節度を知る』です。その為には
物質主義=拝金主義  から脱却しなければなりません。
貪欲な物欲=社会悪
こうしたモラル的社会通念は、実は人間が生存環境を守るための防衛行動ではないでしょうか。


『衣食足りたらそれ以上仕事はしないで社会活動』と言うのが理想でしょう。
『衣食足りたらそれ以上仕事はしないで寝て暮らす』も悪くありません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/02/17 00:01】 | 思想・価値観 トラックバック(0) |


nao
「衣食足りたら趣味に走る」
先日、久しぶりに楽器店を覗いたら、酷いもので、安物ギターのオンパレードでした。あれでは真面目にコツコツと仕事をされているクラフトマンは報われません。
現在、問題なのは偽物、安物を右から左に横流ししているブローカーだけが大儲けして、匠の仕事が大幅に減っている点にあると思います。 消費者の方々も、そろそろ安物に手を出すのを止めて、貯めたお金で良いものを買ってもらいたいものです。そして職人さんに儲けて貰って、そのお金で新たなる芸術の挑戦。その為の費用になればいいな、と思ってます。
百の安物より一の高級品を。
そうすれば物に対する感謝の気持ちが芽生え、衣食足りて礼節を知りえます。

ユートピアです^^
でなしNo.146
>衣食足りたらそれ以上仕事はしないで寝て暮らす。

まさに、ユートピアです!

しかし、
一般的な動物の世界は当然のごとくやってますね(汗)

肉食動物でも、お腹一杯の時は目の前の動物に見向きもしません。

欲望を極限まで求めた人間って、そういう意味では動物以下なんですよね^^;


話は少し変わりますが、最近取りただされて、賃金問題で評価が落ちているワークシェアリングですが、これは、地域コミュニティを巻き込んで行かなければ成功はしないと思います。

言わば、「村ごとワークシェアリング!」
(と言うか、そもそも昔の日本の村はきちんとワークシェアして循環してたと思うのですが…)

日本全国に、こういう村や町ぐるみで人々が助け合い、食や職を譲り合うシステムが構築された時、自給率やら諸問題の大部分が解決の方向に向かうでしょう。

衣食足りて礼節を知る。
実にいい言葉だと思います^^


BEM
環境、エコなどが叫ばれてる昨今、江戸時代のリサイクル社会に学ぼうというのもありますが、江戸っ子は宵越しの金を持たない。というのもありますよね。
今は必要以上のお金を持っている人がもの凄く多いような気がします。
ちょっと違いますが、70も80も過ぎたお年寄りでも老後の不安と言って沢山のお金を溜めている人がいるようで、死ぬまで安心して暮らせない日本社会の表れでしょうか。

自営業を選んだのは自らの選択ですが、ジリ貧の我が家では最近、贅沢も望まないし、旅行も新しい車も要らないから毎月お金の心配をしないでゆったりと生活できたら、多くを望まないのになんて思ってます。
それにしても国も雇用主も、もうちょっと富の分配というか、適正な労働の価格を考えて欲しいです。

でなしNo.146さんのご意見頂戴したいです。
地域単位で助け合えば大きな資本がなくても皆が生きていける社会ができると私も思います。先進国は肥大し過ぎですね。


Anthony
衣食足りて....

ここ数年間は衣料品はフリーマケットの古着か、ユニクロでしか買ってません。

もともと、ブランドものは嫌いだし、食べることのほうが、いいかな。

CD・レコードも21世紀になってから数枚しか買ってません。(笑)



>「衣食足りたら趣味に走る」
雑草Z
     nao さん

 現在でもそういう生き方をしている人はよくいますね。それも悪くない生き方かも知れませんが場合に依りと思います。
使い捨ての安物を沢山作る事には反対ですが、安物も一概には否定出来ません。
クラフトマンが機械を使わず手作業する事には賛成です。

>「村ごとワークシェアリング!」
雑草Z
    でなしNo.146さん


>欲望を極限まで求めた人間って、そういう意味では動物以下

人間の限りない欲望が諸悪の根源ですね。環境問題もそこから生まれています。・・・実は似たような内容を次の記事で書いてます。

衣食足りたらあんまり欲を張らない事ですよね・・・欲張り過ぎると衣食もままならなくなって来ます。


>賃金問題で評価が落ちているワークシェアリング

これはやっぱり経営者側も含んだワークシェアリングにしないから出てくる不満で、ある意味搾取階級のエゴですね。


>「村ごとワークシェアリング!」

は斬新な素晴らしい発想だと思います。これは
「村ごと自給自足の地産地消」
と言う考え方と合わせて考えれば、まさに持続可能な社会のモデルになるでしょう。

おっしゃるように昔はみんなこうだったのですよね。



雑草Z
    BEMさん

>毎月お金の心配をしないでゆったりと生活できたら、多くを望まない

それですね。まさにそう言う事が今回の主題です。
その為にはそんなに貯えがなくても安心して暮らせる社会でなければなりませんね。


>死ぬまで安心して暮らせない日本社会の表れ

そこなんですね。日本の社会福祉行政のいい加減な事。年金だってあんな滅茶苦茶な使い方しているから、あと数年で破綻しそうなんですよね。・・・集めた年金をあのように使う事は犯罪レベルですから、当事者は責任を取るべきです。


>国も雇用主も、もうちょっと富の分配というか、適正な労働の価格を考えて欲しいです

資本主義の行き着くところはこう言う労働の買い叩きかも知れません。弱肉強食の市場原理主義は恐慌でその冷酷性を発露していますね。


食が先
雑草Z
     Anthony さん

>食べることのほうが、いいかな。

やはり食は衣の前に来るでしょうね。食、衣の後に住でしょうか?

 あまり買わないで節約するのはいい事なのに

『消費拡大』
を企業どころか政府も謳う現代社会は狂ってます。病んでます。・・・末期症状ですね。

 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「衣食足りたら趣味に走る」
先日、久しぶりに楽器店を覗いたら、酷いもので、安物ギターのオンパレードでした。あれでは真面目にコツコツと仕事をされているクラフトマンは報われません。
現在、問題なのは偽物、安物を右から左に横流ししているブローカーだけが大儲けして、匠の仕事が大幅に減っている点にあると思います。 消費者の方々も、そろそろ安物に手を出すのを止めて、貯めたお金で良いものを買ってもらいたいものです。そして職人さんに儲けて貰って、そのお金で新たなる芸術の挑戦。その為の費用になればいいな、と思ってます。
百の安物より一の高級品を。
そうすれば物に対する感謝の気持ちが芽生え、衣食足りて礼節を知りえます。
2009/02/17(Tue) 20:10 | URL  | nao #-[ 編集]
ユートピアです^^
>衣食足りたらそれ以上仕事はしないで寝て暮らす。

まさに、ユートピアです!

しかし、
一般的な動物の世界は当然のごとくやってますね(汗)

肉食動物でも、お腹一杯の時は目の前の動物に見向きもしません。

欲望を極限まで求めた人間って、そういう意味では動物以下なんですよね^^;


話は少し変わりますが、最近取りただされて、賃金問題で評価が落ちているワークシェアリングですが、これは、地域コミュニティを巻き込んで行かなければ成功はしないと思います。

言わば、「村ごとワークシェアリング!」
(と言うか、そもそも昔の日本の村はきちんとワークシェアして循環してたと思うのですが…)

日本全国に、こういう村や町ぐるみで人々が助け合い、食や職を譲り合うシステムが構築された時、自給率やら諸問題の大部分が解決の方向に向かうでしょう。

衣食足りて礼節を知る。
実にいい言葉だと思います^^
2009/02/17(Tue) 23:25 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
環境、エコなどが叫ばれてる昨今、江戸時代のリサイクル社会に学ぼうというのもありますが、江戸っ子は宵越しの金を持たない。というのもありますよね。
今は必要以上のお金を持っている人がもの凄く多いような気がします。
ちょっと違いますが、70も80も過ぎたお年寄りでも老後の不安と言って沢山のお金を溜めている人がいるようで、死ぬまで安心して暮らせない日本社会の表れでしょうか。

自営業を選んだのは自らの選択ですが、ジリ貧の我が家では最近、贅沢も望まないし、旅行も新しい車も要らないから毎月お金の心配をしないでゆったりと生活できたら、多くを望まないのになんて思ってます。
それにしても国も雇用主も、もうちょっと富の分配というか、適正な労働の価格を考えて欲しいです。

でなしNo.146さんのご意見頂戴したいです。
地域単位で助け合えば大きな資本がなくても皆が生きていける社会ができると私も思います。先進国は肥大し過ぎですね。
2009/02/18(Wed) 00:50 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
衣食足りて....

ここ数年間は衣料品はフリーマケットの古着か、ユニクロでしか買ってません。

もともと、ブランドものは嫌いだし、食べることのほうが、いいかな。

CD・レコードも21世紀になってから数枚しか買ってません。(笑)

2009/02/18(Wed) 22:44 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
>「衣食足りたら趣味に走る」
     nao さん

 現在でもそういう生き方をしている人はよくいますね。それも悪くない生き方かも知れませんが場合に依りと思います。
使い捨ての安物を沢山作る事には反対ですが、安物も一概には否定出来ません。
クラフトマンが機械を使わず手作業する事には賛成です。
2009/02/19(Thu) 23:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>「村ごとワークシェアリング!」
    でなしNo.146さん


>欲望を極限まで求めた人間って、そういう意味では動物以下

人間の限りない欲望が諸悪の根源ですね。環境問題もそこから生まれています。・・・実は似たような内容を次の記事で書いてます。

衣食足りたらあんまり欲を張らない事ですよね・・・欲張り過ぎると衣食もままならなくなって来ます。


>賃金問題で評価が落ちているワークシェアリング

これはやっぱり経営者側も含んだワークシェアリングにしないから出てくる不満で、ある意味搾取階級のエゴですね。


>「村ごとワークシェアリング!」

は斬新な素晴らしい発想だと思います。これは
「村ごと自給自足の地産地消」
と言う考え方と合わせて考えれば、まさに持続可能な社会のモデルになるでしょう。

おっしゃるように昔はみんなこうだったのですよね。
2009/02/19(Thu) 23:19 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
    BEMさん

>毎月お金の心配をしないでゆったりと生活できたら、多くを望まない

それですね。まさにそう言う事が今回の主題です。
その為にはそんなに貯えがなくても安心して暮らせる社会でなければなりませんね。


>死ぬまで安心して暮らせない日本社会の表れ

そこなんですね。日本の社会福祉行政のいい加減な事。年金だってあんな滅茶苦茶な使い方しているから、あと数年で破綻しそうなんですよね。・・・集めた年金をあのように使う事は犯罪レベルですから、当事者は責任を取るべきです。


>国も雇用主も、もうちょっと富の分配というか、適正な労働の価格を考えて欲しいです

資本主義の行き着くところはこう言う労働の買い叩きかも知れません。弱肉強食の市場原理主義は恐慌でその冷酷性を発露していますね。
2009/02/19(Thu) 23:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
食が先
     Anthony さん

>食べることのほうが、いいかな。

やはり食は衣の前に来るでしょうね。食、衣の後に住でしょうか?

 あまり買わないで節約するのはいい事なのに

『消費拡大』
を企業どころか政府も謳う現代社会は狂ってます。病んでます。・・・末期症状ですね。

 
2009/02/19(Thu) 23:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。