-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-01-25 00:02
 現代の政治家、企業人、財界の人々・・・は、強迫的に経済成長に拘っています。経済成長が止まったら、社会が混乱する・・・と思っています。
 それはある意味当然です。現代社会は経済成長を前提とした構造に作られてしまったのですから・・。
その典型が金融でしょう。金融業は、投資先から利息を取ります。全体として利息を取ってもやって行ける・・・と言うのは、経済が成長し続けるからこそ成り立つ商売でしょう。【利子が付くのが当たり前??】そう、金融業こそ経済成長の申し子と言えましょう。 
そして、アメリカ型の金融中心の経済システムが世界中に蔓延しています。このバブリーな虚構のような金融が、世界経済の中心にあるのです。

 ところで、この、資源も空間も有限の地球で、経済成長を続けようとする事は不可能です。それが環境破壊の元凶です。・経済が成長し続けなければ破綻する経済・・・私はこれをネズミ講型経済と呼んでいますが、こんなネズミ講のような経済システムの中心に金融が存在します。
 アメリカのように金融が肥大化して経済の中心に座り、経済動向を支配する社会は異常です。ある種、モラルハザードとも言えましょう。・・・リーマンブラザーズの破綻はその典型でしょう。多額の借金を抱えて倒産したのにも拘らず、役員達は非常に多額の給料を当然のように受け取って社を去りました。・・・勿論その給料も借金です。・・・計画倒産みたいなものではないですか!!こんな事が許されるアメリカ社会は金融に病んでます。
 ・・・この金融体制を温存すればますます金融支配は冗長して、今以上の金融破綻が起こるだけでしょう。必ず破綻する経済はさっさとやめるべきでしょう。・・これがこのブログの主張です。


 この、永続不可能な成長路線を脱するには、先ず金融中心の経済を破壊する事でしょう。だから、金融危機大歓迎。金融危機こそ無策の策で我慢するのです。癌細胞のような金融を破壊していくのです。永続可能な社会を構築するのです。

 ある程度お金を貯めて、老後はその利息で暮らしていく・・・ってある種の理想ですが、利息の付く経済成長型の世の中は危険だと認識すべきです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/01/25 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

バブリーな金融関係の壊滅。
でなしNo.146
この不況でバブリーな金融関係はほぼ壊滅することになりそうです。

特にアメリカ…
世界はすでにドルを基軸通貨としてはいませんし、ドルを信用していません。

オバマ大統領が期待されているようですが、期待が大きい分、その期待通りの成果を上げるのは不可能と言っていいでしょう。

ひとまず、アメリカが衰退し、アメリカ式資本主義(株主至上主義)の終焉を迎えてくれそうで、うれしい限りですが、まだまだ戦争を画策する余力があるので楽観はできません。

ただ、
バブルを仕掛けた連中が儲けて逃げ延びて、一般の人がとばっちりを受けるということをなくすためにも、何かしら対策を講じないといけないですよね。
(投資話とか犯罪と紙一重な部分が多々ありますし。)

>バブリーな金融関係の壊滅・・・を望みます
雑草Z
    でなしNo.146 さん

 またまた大胆で、理性的な読みですね。
マスコミを賑わしている経済でしか物事を考えられないエコノミスト達より遥かに的を得た予想だと思います。


>この不況でバブリーな金融関係はほぼ壊滅する

ならいいんですが、まだ立て直しを図ろうとしたり新規の儲け方法を考えていますね。


>オバマ大統領が期待されているようですが、期待が大きい分、その期待通りの成果を上げるのは不可能

大体そのようになるかと思いますが、それは置いといて、オバマ氏の不況対策は従来通りのケインズ理論で、景気拡大を図ろうとしてますから、基本的に従来のアメリカ型ですね。・・・そう言う意味ではあまり期待できませんね。経済のパラダイムシフトは考えていないようです。


>アメリカ式資本主義(株主至上主義)の終焉を迎えてくれそうで、うれしい限りですが、まだまだ戦争を画策する余力があるので

 欧米人は他を征服する欲求、能力には長けていますから、覇権の維持の為に色々な手を打ってくるでしょう。・・アメリカの覇権に拘らない多極主義者にどのくらい期待できるでしょうか。


>バブルを仕掛けた連中が儲けて逃げ延びて、一般の人がとばっちりを受けるということをなくすためにも、何かしら対策を講じないといけない

全く以てその通りですね。現在の政治家達がその手の資本家達の傀儡が多いですから、先ずはそう言う人達を一掃しないといけませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
バブリーな金融関係の壊滅。
この不況でバブリーな金融関係はほぼ壊滅することになりそうです。

特にアメリカ…
世界はすでにドルを基軸通貨としてはいませんし、ドルを信用していません。

オバマ大統領が期待されているようですが、期待が大きい分、その期待通りの成果を上げるのは不可能と言っていいでしょう。

ひとまず、アメリカが衰退し、アメリカ式資本主義(株主至上主義)の終焉を迎えてくれそうで、うれしい限りですが、まだまだ戦争を画策する余力があるので楽観はできません。

ただ、
バブルを仕掛けた連中が儲けて逃げ延びて、一般の人がとばっちりを受けるということをなくすためにも、何かしら対策を講じないといけないですよね。
(投資話とか犯罪と紙一重な部分が多々ありますし。)
2009/01/25(Sun) 23:15 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
>バブリーな金融関係の壊滅・・・を望みます
    でなしNo.146 さん

 またまた大胆で、理性的な読みですね。
マスコミを賑わしている経済でしか物事を考えられないエコノミスト達より遥かに的を得た予想だと思います。


>この不況でバブリーな金融関係はほぼ壊滅する

ならいいんですが、まだ立て直しを図ろうとしたり新規の儲け方法を考えていますね。


>オバマ大統領が期待されているようですが、期待が大きい分、その期待通りの成果を上げるのは不可能

大体そのようになるかと思いますが、それは置いといて、オバマ氏の不況対策は従来通りのケインズ理論で、景気拡大を図ろうとしてますから、基本的に従来のアメリカ型ですね。・・・そう言う意味ではあまり期待できませんね。経済のパラダイムシフトは考えていないようです。


>アメリカ式資本主義(株主至上主義)の終焉を迎えてくれそうで、うれしい限りですが、まだまだ戦争を画策する余力があるので

 欧米人は他を征服する欲求、能力には長けていますから、覇権の維持の為に色々な手を打ってくるでしょう。・・アメリカの覇権に拘らない多極主義者にどのくらい期待できるでしょうか。


>バブルを仕掛けた連中が儲けて逃げ延びて、一般の人がとばっちりを受けるということをなくすためにも、何かしら対策を講じないといけない

全く以てその通りですね。現在の政治家達がその手の資本家達の傀儡が多いですから、先ずはそう言う人達を一掃しないといけませんね。
2009/01/26(Mon) 20:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。