-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-01-21 00:03
 現代の無節操な自由経済社会には、不要な仕事が溢れています。バブルで一時的に膨れ上がった経済に洗脳された人々がそれぞれ文明的な快適な生活と言う、ドーピング漬けの生活を望むが故に、様々な不用な仕事が創造されています。
 それぞれの職業の中にも、仕事の内容によって、必要のあるものないものあるでしょう。
不用な仕事はやる必要がないのに、そんな仕事こそ、労働時間も多めになって残業も多いという矛盾構造を抱えています。・・・例えば、不用な商品・・・必要ないものを無理に売るのですから、なかなか売れず、売るための残業も増えます・・・。
 みんなが必要としているから、供給が間に合わず、そのために忙しい・・・と言うのではなく、・・必要のないものをどうやって売りつけるか・・・ニーズの開拓・・に時間と労力をかけ、躍起になっています。全く主客転倒しています。・・・広告代理店なんてそんな要らないニーズ開拓の代表企業でしょう。・・・『ニーズを作り出す』と言う言葉ほど消費者を馬鹿にした言葉はないでしょう。要らない物にニーズ[needs]を作り出すって自己矛盾する言葉です。以前【ニーズを作る愚かさ】にも書きました。・・・(まあ『消費者』って言葉自体も経済優先社会の落とし子みたいな言葉ですが・・・。
もう、新たに必要なものなんて殆どありません。・・・必要のないものをニーズとは言いません。勿論必要[needs]を作り出す・・・なんて酷く愚かな事です。

じゃあ、現代は本当にニーズがほとんどないのか・・?って考えたら、とんでもないでしょう。切迫した、やらなければならない事で溢れています。持続可能な社会に向かって方向転換と言う大事業が残っています。
・・・わけのわからないニーズを生み出すケインズ理論のような公共工事なんてやってる猶予なんて全然ありません。・・・と言うよりも、それは社会を破局へ導くだけです。

 先ず差し当たって食料自給率を100%にしなければならないし、(国家レベルと言うよりも、もっと小さな小自治体ごとにです。)生ゴミ、糞尿類は自然の循環に回さなければなりません。再生不可能な地下資源を掘る事をやめなければならないし、人口は持続可能なレベルに抑えなければなりません・・・・昔に戻る事ばかりですね(笑)
その為の人海戦術をどんどんやればいいのです。・・・と言っても毎日長時間働かないほうがいいでしょう・・・しっかり考えて、真実を見つめる事が必要です。その為に残りの時間は余裕を持って暮らしましょう。沢山休養するのもいい事でしょう・・・疲れていては現実もしっかり分析できないし、いい考えも浮かびやしません。

 国家は、新たなニーズ開拓なんて環境破壊をやっていないで、セイフティネットをもっとしっかり張るべきでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/01/21 00:03】 | 社会・経済 トラックバック(0) |

お金を使わせる工夫だらけ。
でなしNo.146
ニーズの開拓は売上げを上げる場合、確かに重要ですが、環境と持続可能な社会からみれば、「浪費」&「罪悪」以外の何者でもないですね。

世の中には必要ない仕事がなんと多いことか…

今回の需要の落ち込みで工場が閉鎖されたり、派遣社員の人達が一斉に解雇されたりしていますが、こんなの氷山の一角です。

経済が崩壊した場合、お金の仕組みがぶっ壊れるので、仕事がある、ないという問題をも飛び越えた事態になるのは明白です。


最近、ふと思うのですが、派遣村なんぞ言ってお金やら住居を提供するお話があるならば、自給自足村なんて作って、こき使われてポイと捨てる会社のためではなく、自分自身と仲間のために最小限の労働で循環する地域を作ってほしいものです。
(断わっておきますと、別に派遣村にいた人を貶めるつもりはありません。)

派遣社員は国際競争力のための調整弁とか言われていましたが、人間は部品ではないのです。

そして、地球だって部品ではないのです。

ニーズを作り出し、競争すれば、必ず泣く人達が出てきます。
地球だって泣いているはずです。

今回の不況で、困ることがわかっているのに、その時の感情や立場で目先のことしか考えない愚かさを学習しなければいけませんよね^^

>ニーズの開拓は・・「浪費」&「罪悪」
雑草Z
    でなしNo.146 さん


>経済が崩壊した場合、お金の仕組みがぶっ壊れるので、仕事がある、ないという問題をも飛び越えた事態になるのは明白

 そこなんですね。その混乱は避けたいのだけれど避けて通れないでしょうね。


>自給自足村なんて作って、

大切な事なんですが、今のところ人が集まらないのでしょうね。そのような取り組みは、NPOなどで色々行われています。


>自分自身と仲間のために最小限の労働で循環する地域

 そう言う試みにこそ、力を入れるべきですね。これは理想論ではなくて、そうせざるを得ないのですけどね。


>派遣社員は国際競争力のための調整弁

 この手の話が論じられている事が、酷い話です。資本家と経営陣の利益しか考えていませんね。


>その時の感情や立場で目先のことしか考えない愚かさ

 本当に目先の対症療法ばかりです。経済成長に洗脳され切っています。 

本当に必要な物ってわずかですよね
BEM
>不用な商品・・・必要ないものを無理に売るのですから、なかなか売れず、売るための残業も増えます・・・。

私がよく考えるのは景品や粗品とかですね。以前カップヌードルを買った時に、ついストラップとか宇宙人のフィギュアがついた方を買ってしまい、結局ゴミになるってこともありました。
ゲームセンターのUFOキャッチャーのぬいぐるみもムダだな~と思うし、すぐに壊れるマックのおもちゃとか、貰っても次の日にはゴミ箱行きって粗品も要らないって言いたいですよ~。
作っている側は悩んで悩んで、安く中国で作らせて売上が上がったとか一喜一憂しているんでしょうが、そろそろああいったものは止めてもいいんじゃないかと思います。
広告代理店はこれから「エコ」を売りにして消費を伸ばさせることにやっきになるんでしょうね。困った物です。


y.suzuki
 物にこだわると必要なものはごくわずかなのですが、既にサービス産業が過半を占める日本においては、仕事としての役割を作り出すことがポイントだと思います。

 国家主導の物的な需要を座して待つよりも、思いついた人が、どんどんサービス(役割)を担っていくことで事業化していくほうが、はるかに必要なことが実現していきそうですね。国家あるいは官は、それをサポートするスタンスに徹するべきでしょうね。

 すでに子育てNPOや、地域活性化事業などが立ち上がってきていますが、税制など、旧い制度などに阻まれて、今一歩伸び悩んでいるのが実態ですから。

無節操な告代理店
雑草Z
    BEMさん

 景品や粗品って、結局代金に含まれているから、欲しくなくとも貰わないと損・・みたいな嫌なもんですね。公正取引委員会で禁止されるんじゃなかったでしたっけ?


>広告代理店はこれから「エコ」を売りにして消費を伸ばさせることにやっきになる

広告代理店って、一番不要な仕事かも知れません。環境を破壊して世の中を虚構で満たして住みにくくする・・・
彼らは環境なんてどうでもよくて、エコを商売にしているだけですね。トヨタの『エコ換え』なんてのも広告代理店の仕業かも知れませんね。恥ずかしくもなくあんないやらしいコマーシャルをするトヨタって一流会社なのでしょうか?・・

 

サービス産業
雑草Z
    y.suzuki さん

>既にサービス産業が過半を占める日本においては、

こう言う構造ってどうなんでしょう?それだけ、不要な仕事が多いって事にもなりますね。そのサービス産業もニーズ開拓に躍起になっているところばかりです。


>国家あるいは官は、それをサポートするスタンスに徹するべきでしょうね。

国家や官は一つ覚えの公共工事から早く手を引くべきですね。・・本当に必要なものをサポートすべきです。現実はまだまだ逆で、国家や官がサポートどころか邪魔してますね。
利権絡みの一部の産業にばかりばかり手厚く大袈裟にサポートして税金をばらまいています。




y.suzuki
表現がまずかったかもしれません。
たとえば、食品や必需品は物の生産ですが、教育や福祉、育児、医療などは物の生産ではありません。これらは知的生産と呼ばれたこともありますが、生産においてはすべからく、知的生産だと思いますので・・・。

 ただ、本来はこれらの役割は、村落共同体で自給自足でやっていたものばかりなので、雑草Zさんの違和感もここら辺にあるのではないかと思いますが、究極は、そこまで立ち返るべきかと思います。当面、出来るものが事業化して、その共同体的地域と融合していく方向を示唆させて頂きました。
 
 

表現は的確でした。
雑草Z
    y.suzuki さん


 意図為さった事は分かりましたので、その事にも言及しようと思ってましたが、ご返事を書いているうちにおっしゃるように

>本来はこれらの役割は、村落共同体で自給自足でやっていたものばかりなので、

その方向のコメント返しになってしまいました。・・でもそれは理想論であって、その前段階として y.suzukiさんのおっしゃるような

>事業化して、その共同体的地域と融合していく方向

は、現実的な方向、ステップとして、考慮すべき事ですね。・・そこのところを端折って、飛躍したお返事であった事、雑なお返事だったと思います。失礼いたしました。先程は少し眠かったのですが今は目が冴えました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お金を使わせる工夫だらけ。
ニーズの開拓は売上げを上げる場合、確かに重要ですが、環境と持続可能な社会からみれば、「浪費」&「罪悪」以外の何者でもないですね。

世の中には必要ない仕事がなんと多いことか…

今回の需要の落ち込みで工場が閉鎖されたり、派遣社員の人達が一斉に解雇されたりしていますが、こんなの氷山の一角です。

経済が崩壊した場合、お金の仕組みがぶっ壊れるので、仕事がある、ないという問題をも飛び越えた事態になるのは明白です。


最近、ふと思うのですが、派遣村なんぞ言ってお金やら住居を提供するお話があるならば、自給自足村なんて作って、こき使われてポイと捨てる会社のためではなく、自分自身と仲間のために最小限の労働で循環する地域を作ってほしいものです。
(断わっておきますと、別に派遣村にいた人を貶めるつもりはありません。)

派遣社員は国際競争力のための調整弁とか言われていましたが、人間は部品ではないのです。

そして、地球だって部品ではないのです。

ニーズを作り出し、競争すれば、必ず泣く人達が出てきます。
地球だって泣いているはずです。

今回の不況で、困ることがわかっているのに、その時の感情や立場で目先のことしか考えない愚かさを学習しなければいけませんよね^^
2009/01/21(Wed) 23:44 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
>ニーズの開拓は・・「浪費」&「罪悪」
    でなしNo.146 さん


>経済が崩壊した場合、お金の仕組みがぶっ壊れるので、仕事がある、ないという問題をも飛び越えた事態になるのは明白

 そこなんですね。その混乱は避けたいのだけれど避けて通れないでしょうね。


>自給自足村なんて作って、

大切な事なんですが、今のところ人が集まらないのでしょうね。そのような取り組みは、NPOなどで色々行われています。


>自分自身と仲間のために最小限の労働で循環する地域

 そう言う試みにこそ、力を入れるべきですね。これは理想論ではなくて、そうせざるを得ないのですけどね。


>派遣社員は国際競争力のための調整弁

 この手の話が論じられている事が、酷い話です。資本家と経営陣の利益しか考えていませんね。


>その時の感情や立場で目先のことしか考えない愚かさ

 本当に目先の対症療法ばかりです。経済成長に洗脳され切っています。 
2009/01/22(Thu) 21:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
本当に必要な物ってわずかですよね
>不用な商品・・・必要ないものを無理に売るのですから、なかなか売れず、売るための残業も増えます・・・。

私がよく考えるのは景品や粗品とかですね。以前カップヌードルを買った時に、ついストラップとか宇宙人のフィギュアがついた方を買ってしまい、結局ゴミになるってこともありました。
ゲームセンターのUFOキャッチャーのぬいぐるみもムダだな~と思うし、すぐに壊れるマックのおもちゃとか、貰っても次の日にはゴミ箱行きって粗品も要らないって言いたいですよ~。
作っている側は悩んで悩んで、安く中国で作らせて売上が上がったとか一喜一憂しているんでしょうが、そろそろああいったものは止めてもいいんじゃないかと思います。
広告代理店はこれから「エコ」を売りにして消費を伸ばさせることにやっきになるんでしょうね。困った物です。
2009/01/22(Thu) 23:24 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
 物にこだわると必要なものはごくわずかなのですが、既にサービス産業が過半を占める日本においては、仕事としての役割を作り出すことがポイントだと思います。

 国家主導の物的な需要を座して待つよりも、思いついた人が、どんどんサービス(役割)を担っていくことで事業化していくほうが、はるかに必要なことが実現していきそうですね。国家あるいは官は、それをサポートするスタンスに徹するべきでしょうね。

 すでに子育てNPOや、地域活性化事業などが立ち上がってきていますが、税制など、旧い制度などに阻まれて、今一歩伸び悩んでいるのが実態ですから。
2009/01/23(Fri) 21:53 | URL  | y.suzuki #-[ 編集]
無節操な告代理店
    BEMさん

 景品や粗品って、結局代金に含まれているから、欲しくなくとも貰わないと損・・みたいな嫌なもんですね。公正取引委員会で禁止されるんじゃなかったでしたっけ?


>広告代理店はこれから「エコ」を売りにして消費を伸ばさせることにやっきになる

広告代理店って、一番不要な仕事かも知れません。環境を破壊して世の中を虚構で満たして住みにくくする・・・
彼らは環境なんてどうでもよくて、エコを商売にしているだけですね。トヨタの『エコ換え』なんてのも広告代理店の仕業かも知れませんね。恥ずかしくもなくあんないやらしいコマーシャルをするトヨタって一流会社なのでしょうか?・・

 
2009/01/23(Fri) 22:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
サービス産業
    y.suzuki さん

>既にサービス産業が過半を占める日本においては、

こう言う構造ってどうなんでしょう?それだけ、不要な仕事が多いって事にもなりますね。そのサービス産業もニーズ開拓に躍起になっているところばかりです。


>国家あるいは官は、それをサポートするスタンスに徹するべきでしょうね。

国家や官は一つ覚えの公共工事から早く手を引くべきですね。・・本当に必要なものをサポートすべきです。現実はまだまだ逆で、国家や官がサポートどころか邪魔してますね。
利権絡みの一部の産業にばかりばかり手厚く大袈裟にサポートして税金をばらまいています。

2009/01/23(Fri) 22:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
表現がまずかったかもしれません。
たとえば、食品や必需品は物の生産ですが、教育や福祉、育児、医療などは物の生産ではありません。これらは知的生産と呼ばれたこともありますが、生産においてはすべからく、知的生産だと思いますので・・・。

 ただ、本来はこれらの役割は、村落共同体で自給自足でやっていたものばかりなので、雑草Zさんの違和感もここら辺にあるのではないかと思いますが、究極は、そこまで立ち返るべきかと思います。当面、出来るものが事業化して、その共同体的地域と融合していく方向を示唆させて頂きました。
 
 
2009/01/24(Sat) 00:02 | URL  | y.suzuki #-[ 編集]
表現は的確でした。
    y.suzuki さん


 意図為さった事は分かりましたので、その事にも言及しようと思ってましたが、ご返事を書いているうちにおっしゃるように

>本来はこれらの役割は、村落共同体で自給自足でやっていたものばかりなので、

その方向のコメント返しになってしまいました。・・でもそれは理想論であって、その前段階として y.suzukiさんのおっしゃるような

>事業化して、その共同体的地域と融合していく方向

は、現実的な方向、ステップとして、考慮すべき事ですね。・・そこのところを端折って、飛躍したお返事であった事、雑なお返事だったと思います。失礼いたしました。先程は少し眠かったのですが今は目が冴えました。
2009/01/24(Sat) 01:23 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。