-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-01-09 00:03
 日本に限らず世界中、長い構造不況から恐慌に突入しそうな雰囲気の中での年明けです。

不況のときの景気対策としてのいわゆる経済活動の活性化は、不要な物事を作り出し、環境破壊を推し進めるばかりです。問題を先延ばしして事態を悪化させるドーピングに過ぎません。長い目で見れば人類にマイナスになるのです。
不況下の雇用対策として、今まで必要のなかった仕事を作って雇用を生み出す・・・と言うケインズ理論による公共工事なんて愚の骨頂です。雇用の為に人間が住める環境を破壊するのですから・・
 じゃあ雇用対策はどうするか・・・必要な仕事のワークシェアリングが基本でしょう。その有効な方法として、必要最小限の仕事を、人力以外の他のエネルギーを使わず、沢山の人間の手でやる・・人海戦術を提案致します。

 持続可能な労働、雇用を考えるに当たって大切な事はエネルギー効率でしょう。
 現代社会では、仕事の効率と言えば、時間当たりの仕事量を差してきました。その現代社会は、膨張しながら破局に向かっています。しかし、持続可能な社会ではエネルギー効率が大切です。【2つの「効率」】。
 大規模な機械・・・重機などを使った仕事は、確かに時間と言う意味での能率は高いけれども、エネルギー効率・・・と言う意味では最悪です。・・・それに考えても見て下さい。時間の効率が良くて仕事が早く終わってしまったら、雇用対策にもならないではないですか!!エネルギーを浪費して、環境を破壊して挙げ句に企業の経営陣を潤わせるだけです。それに比べ、人力でやれば、時間も人手もかかりますが、エネルギー効率・・・投入したエネルギーに対して為された仕事・・・はいいのです。雇用対策としてもばっちりです。・・・そして何より人力でやる事により、無駄に大げさな大きな工事はしなくなるでしょう。

人力でやったほうがいい事は沢山あります。先ずは何と言っても省エネになります。仕事も細かく出来るし石油も使わないから環境破壊もそんなにしないでしょう。時間もかかるから長期雇用の拡大になるでしょう。

 例えば公共工事・・・重機を一切使わずスコップとつるはしと・・・を使って人海戦術で手作業で行う。昔のように機械を使わずに人力で仕事をするのです。それでは、人手と時間がかかり過ぎる・・・と言う人がいるでしょうが、それでいいでしょう。一日の労働時間も短くして、ちんたら丁寧にみんなで工夫しながらやればいいのです。古代の奴隷制度や近代の搾取的な労働ではないのです。時間的能率なんて考えずに、エネルギー的能率を考えてゆっくり楽しみながらやる。・・・・体を壊してしまったら、エネルギー効率だって悪くなります・・・。
 出来るだけ環境を破壊せず、再生不可能なエネルギーを使わず、自然もあまり破壊しない、お金は労働者に回る必要最小限の公共工事がいいでしょう。・・・それこそまさに人力による人海戦術です。・・
人間には出来そうにない大きな危険な作業はどうするか・・・と言う話になるでしょうが、何故そんな作業があるのかを考えると、それは、重機があったからです。【パーキンソンの法則】よろしく、重機があったからそれでやる大規模な仕事が出来たのです。作業を大きくして不必要に大げさな物を作ってきたからです。・・・だからこそ、そこを工夫して人力で行うのも人間の知恵の見せ所でしょう。

 重機を捨てて(勿体ないから倉庫にしまって置きましょうか?・・・解体して部品をとりましょうか?・・・)人力による人海戦術・・・これぞこれからの・・・昔に戻る・・雇用対策の有効な方法の一つでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/01/09 00:03】 | 公共工事 トラックバック(0) |

初めまして
たみざー
いつも拝見させていただいてます。

膨らみすぎた経済という風船のガス抜きをするためにも「昔に戻る」ことはとても有効な手段だと思います。

しかし私は思うのです。そもそも何のための経済活動なのかと。前回の記事にある「命とお金どっちが大切なんだ」と重なりますが、「人が生きるために経済活動は必要なのか?」。

現代の経済を支えるにはエネルギーの利用は欠かせません。ですがどんなにエネルギー効率を上げてもいつかは資源は無くなるわけで、省エネに努めたところで資源の枯渇という大きな問題を先送りしているに過ぎません。

発電をやめてしまえば何もかも解決するのでしょうけど。


根本まで掘り下げたご意見ですね。
雑草Z
    たみざさん

 初めまして。コメント有難う御座います。このようなご意見をお持ちの方がいつも見て下さっている事は嬉しい限りです。
 基本的に私と同じ考え方の方が、サイレントマジョリティの中にもいらっしゃって、何かの折にコメント下さるって、いいものです。


>人が生きるために経済活動は必要なのか?

 ここまで突っ込んで考えて下さる方がいる事は素晴らしいですね。程度問題ですが、貨幣経済を全て止めるのは大変な事でしょうね。でも、現在の成長路線の経済活動は最悪ですから、早く方向転換すべきです。


>どんなにエネルギー効率を上げてもいつかは資源は無くなるわけで、省エネに努めたところで資源の枯渇という大きな問題を先送りしているに過ぎません。

 そうなんですよね。「エネルギー開発」と言うのは、すでに存在しているエネルギー源(エネルギーの蓄積)を使う方法を考えているのに過ぎないのですが、あたかもそこに未来の突破口があるような言い方をするのは軽率ですね。
 資源の枯渇も深刻ですが、現在のような大量生産大量消費社会は、エントロピーの激増による廃棄物がより深刻な問題になると思います。

 物質的に孤立系の地球では、唯一大量に入ってくるエネルギーは、太陽光で、そのエネルギーの利用が唯一持続可能です。(太陽は半永久と考えて・・)
 その太陽エネルギーの蓄積の最良の方法が光合成で、その備蓄エネルギーを使ったのが、人力ですね。だから人力は素晴らしいエネルギーです。人力の最大活用・・・もこのブログの主題の一つです。
【人力のススメ】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-51.html

 工業的な太陽光の利用・・・太陽光発電や風力発電は、エネルギー産出比もプラスになるかどうかも怪しい代物です。環境破壊もどんどんしています。


>発電をやめてしまえば何もかも解決するのでしょうけど

おお、私以上に過激なご意見ですね!素晴らしい!!・・・実はかなりの部分で賛成です。電気エネルギーは贅沢な高品位のエネルギーですからね。でも、電気でなければ出来ない事もあるんですよ。このようなネットコミュニケーションとか、電子機器、オーディオ・・・勿論、そんな事で環境が破壊されるのなら止めてしまうべきですが・・・宜しければ過去の記事
【電気エネルギーの正しい使い方】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-136.html
もお読みください。


これからも宜しくお願い致します。

いよいよ…
でなしNo.146
ワークシェアがちらほら始まっているみたいですよね。

公務員(?)やら製造系の仕事で。

これは、
雑草さまが予想された通りの世の中になってきていますよ^^

ただ、
まだ賃金面などに大きな課題はあるようですが、これからワークシェアをしている人が増えれば、待遇も改善されるでしょうし、何かしらのアクションがあると考えられるので楽しみです。

ありがとうございます
たみざー
丁寧な返信ありがとうございます。

こちらのブログは大変よく勉強されておられるようで記事の質が高く、またボリュームもあるので読み応えがあると常々感じていました。私もこのような記事が書けたら良いのですが勉強不足でお恥ずかしい限りです。


さて、過去記事を読ませていただきました。

>色んな道具を40~50年以上前の手動、人力に戻すべきではないか?

大いに賛成!まさに私もこういう未来を望んでいるのです。
ただ人というのは身体を動かすことを苦と感じる怠け者の性質があり、できるだけ少ない労働でより効率的に事を済ませようとした結果が機関車を生み、電話を生み、重機を生んだのでしょう。それをまた人力に戻しましょうと推奨しても「なぜ目の前に楽できる物があるのに身体を動かさなければならないのか」と反発されるのがオチです。
ではなんとか強制的に人力にシフトできないものかと考えて得た結論が、発電を止めることでした。電力が供給されなければこれまでのような大量生産は止まり、世の中から便利な道具が徐々に消えていきます。目の前から楽できる物を消してしまえば、否が応でも人はつるはしを持つでしょう。最も怠け者である人類が、環境保全のために自ら苦を選ぶようなことはありませんから、環境問題を叫ぶ一方で今日までたいした手も打っていないのでしょうけど。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。


みんな働き過ぎ
雑草Z
    でなしNo.146 さん

 職業に貴賎なし、どんな仕事にも意義がある・・・なんてのは、地球のキャパを考えないから言える事であって、世の中不要な仕事だらけです。そのおかげでみんな朝から晩まで働き過ぎなんですね。

 衣食住足りて、あとは+α少々・・・ならば、人間は1日2~3時間も働けば十分な筈なのですが、そうはいかないのは一般人の何倍(数百倍、数千倍・・・)もの物質的贅沢な暮しをしたい搾取階級がいるからですね。
 人口も増え過ぎて、資源も枯渇にむかっているから・・・という側面もありますが、それは不要な仕事を増やせば増やすほど酷くなるばかりです。

>ワークシェアをしている人が増えれば、待遇も改善されるでしょうし、何かしらのアクションがあると考えられるので楽しみです。

 先ずは資本家から労働者に主導権を移さなければなりませんね。労働者が働いて金を儲けて資本家になってのし上がっていく・・・みたいな立身出世構造を変えないと、資本家支配の世の中は変わりませんね。


人はどうでもいい事で働き過ぎ・・・
雑草Z
    たみざさん

>電力が供給されなければこれまでのような大量生産は止まり、世の中から便利な道具が徐々に消えていきます。

それはいい発想です。でも、電力にはそれでなければ出来ない仕事があるから大変です。


>できるだけ少ない労働でより効率的に事を済ませようとした結果が

これは、人間が為す仕事と言う意味ですね。でも、時間的な効率がいいだけで、大げさな重機などを使う事はエネルギー効率は非常に悪いのです。【2つの「効率」】で書いたとおりです。それに便利な機械があるから仕事も大きくなって実際は仕事は楽にならなかったりします。


>目の前から楽できる物を消してしまえば、否が応でも人はつるはしを持つ

一理あります。コンセンサスが必要ですが。・・・人間は石油や原子力・・・が麻薬である事をしっかり認識すべきでしょうね。


>最も怠け者である人類が、

 この辺については主観の問題になりますが、人間以外の動物が働き者だとは思いません。余計な仕事を増やして、起きている時間の大部分を労働に費やす人間が怠けものとは言えないと思います。【パーキンソンの法則】に書いたように、便利な機械が出来るとそれを目一杯に使った仕事が出来て、かえって仕事が増える場合のほうが圧倒的に多いし・・・
私は、来るべきパラダイムシフトによる持続可能な社会は、(一見)便利に見える大げさな機械を排除する事によって、もっと人間は余裕を持って怠けられる(悪い意味ではなくて・)ようになれると思います。兎も角、人間が最も怠けもの・・とは思いません。・・主観の問題ですから議論するような事ではありませんが・・。


>環境問題を叫ぶ一方で今日までたいした手も打っていない

これはその通りだと思います。でもその理由は怠け者だからではなくて、経済優先・・・物質的欲望とオプティミズムだと考えます。それからしっかり考える暇もなく日常の雑事に追われて・・・どうでもいい事で忙しくしてるからでしょう。
上のでなしNo.146 さん へのお返事に書いた通りです。
・・この辺りに関しては、そのうち記事にしようと考えていました。


nao
晴耕雨読が人の自然な姿なので。
最近2ちゃんねるでも農業にシフトせよ、と言う意見が増えてますが、自称農家から、農業はそんなに甘いものでは無いなどとレスが来てます。そんな事を言い始めたら仕事なんて全て甘いものではないのですが。

現在、僕がいる北アルプス穂高連峰の麓、標高1100m地点でも重機による河川破壊が行われていますorz。
ミキサー車が入ると同時に自然石を積んだダンプカーが出て行きます。
高山市は環境にうるさい行政なのに、どうしてこうゆうことをするのでしょう。

同感です(^^)v
BEM
おお~! さすが雑草さん。
人海戦術に大賛成です♪

エジプトのピラミッドも農作業が出来ない時期の公共工事だったという説があるようで、ピラミッド建設中は周辺に飲食業や床屋など様々なお店などができたとか。

北海道にもとうとう新幹線の建設が実現しそうで、その建設総額は1兆円を超えます。
しかしその内何割が人件費となるのか一番気になる所です。
多くの建設作業員が周辺市町村に滞在し、お金を落とし経済効果も大きいと試算していますが、全体の割合からいくとそんなに大きなものだろうか?と考えています。
やはり燃料代、資材などに大半もっていかれるのではと思います。実際既に建設中の部分では資材費の高騰で自治体に3割ほどの追加費用を求められるようです。

またその辺の道路工事でも、重機で穴を掘っている周りを何人もの作業員が黙って見てるなんてこともありますねえ。昔はなんでも手作業だったんですよね。

工事における人件費が何割以上でなければダメ! なんてどうでしょうかね。

重機は自重で潰れるべき。
雑草Z
    nao さん

>農業はそんなに甘いもの

でも小農がどんどん増えるべきでしょうね。誰でも最初は初心者。

>穂高連峰の麓、標高1100m地点でも重機による河川破壊

酷いもんですね。そんなとこまで公共工事するほどに、もう工事の必要なところは殆どないのでしょうね。
いまだに土建行政蔓延ってますね。
酷いもんです。

労働者の為と言いながら・・
雑草Z
    BEM さん

>北海道にもとうとう新幹線の建設が実現しそう

これだけ破綻した財政大丈夫なんでしょうかね?


>やはり燃料代、資材などに大半もっていかれるのではと思います

そうですね。それから、中央の土建屋さんの経営陣や資本家、場合によっては政治家にお金が流れて、肝心の現場の労働者にはあまり流れないのでは意味がないばかりか、マイナスですね。


>工事における人件費が何割以上でなければダメ!

差し当たってそれはいい方法ですね。公共工事って、雇用を生むため(それも本当におかしな理由ですが)と言いつつ、経営陣や資本家、政治家自身の利権構造の場合が多いですからね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして
いつも拝見させていただいてます。

膨らみすぎた経済という風船のガス抜きをするためにも「昔に戻る」ことはとても有効な手段だと思います。

しかし私は思うのです。そもそも何のための経済活動なのかと。前回の記事にある「命とお金どっちが大切なんだ」と重なりますが、「人が生きるために経済活動は必要なのか?」。

現代の経済を支えるにはエネルギーの利用は欠かせません。ですがどんなにエネルギー効率を上げてもいつかは資源は無くなるわけで、省エネに努めたところで資源の枯渇という大きな問題を先送りしているに過ぎません。

発電をやめてしまえば何もかも解決するのでしょうけど。
2009/01/09(Fri) 19:47 | URL  | たみざー #JwbIJGR2[ 編集]
根本まで掘り下げたご意見ですね。
    たみざさん

 初めまして。コメント有難う御座います。このようなご意見をお持ちの方がいつも見て下さっている事は嬉しい限りです。
 基本的に私と同じ考え方の方が、サイレントマジョリティの中にもいらっしゃって、何かの折にコメント下さるって、いいものです。


>人が生きるために経済活動は必要なのか?

 ここまで突っ込んで考えて下さる方がいる事は素晴らしいですね。程度問題ですが、貨幣経済を全て止めるのは大変な事でしょうね。でも、現在の成長路線の経済活動は最悪ですから、早く方向転換すべきです。


>どんなにエネルギー効率を上げてもいつかは資源は無くなるわけで、省エネに努めたところで資源の枯渇という大きな問題を先送りしているに過ぎません。

 そうなんですよね。「エネルギー開発」と言うのは、すでに存在しているエネルギー源(エネルギーの蓄積)を使う方法を考えているのに過ぎないのですが、あたかもそこに未来の突破口があるような言い方をするのは軽率ですね。
 資源の枯渇も深刻ですが、現在のような大量生産大量消費社会は、エントロピーの激増による廃棄物がより深刻な問題になると思います。

 物質的に孤立系の地球では、唯一大量に入ってくるエネルギーは、太陽光で、そのエネルギーの利用が唯一持続可能です。(太陽は半永久と考えて・・)
 その太陽エネルギーの蓄積の最良の方法が光合成で、その備蓄エネルギーを使ったのが、人力ですね。だから人力は素晴らしいエネルギーです。人力の最大活用・・・もこのブログの主題の一つです。
【人力のススメ】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-51.html

 工業的な太陽光の利用・・・太陽光発電や風力発電は、エネルギー産出比もプラスになるかどうかも怪しい代物です。環境破壊もどんどんしています。


>発電をやめてしまえば何もかも解決するのでしょうけど

おお、私以上に過激なご意見ですね!素晴らしい!!・・・実はかなりの部分で賛成です。電気エネルギーは贅沢な高品位のエネルギーですからね。でも、電気でなければ出来ない事もあるんですよ。このようなネットコミュニケーションとか、電子機器、オーディオ・・・勿論、そんな事で環境が破壊されるのなら止めてしまうべきですが・・・宜しければ過去の記事
【電気エネルギーの正しい使い方】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-136.html
もお読みください。


これからも宜しくお願い致します。
2009/01/10(Sat) 19:45 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
いよいよ…
ワークシェアがちらほら始まっているみたいですよね。

公務員(?)やら製造系の仕事で。

これは、
雑草さまが予想された通りの世の中になってきていますよ^^

ただ、
まだ賃金面などに大きな課題はあるようですが、これからワークシェアをしている人が増えれば、待遇も改善されるでしょうし、何かしらのアクションがあると考えられるので楽しみです。
2009/01/11(Sun) 00:28 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
ありがとうございます
丁寧な返信ありがとうございます。

こちらのブログは大変よく勉強されておられるようで記事の質が高く、またボリュームもあるので読み応えがあると常々感じていました。私もこのような記事が書けたら良いのですが勉強不足でお恥ずかしい限りです。


さて、過去記事を読ませていただきました。

>色んな道具を40~50年以上前の手動、人力に戻すべきではないか?

大いに賛成!まさに私もこういう未来を望んでいるのです。
ただ人というのは身体を動かすことを苦と感じる怠け者の性質があり、できるだけ少ない労働でより効率的に事を済ませようとした結果が機関車を生み、電話を生み、重機を生んだのでしょう。それをまた人力に戻しましょうと推奨しても「なぜ目の前に楽できる物があるのに身体を動かさなければならないのか」と反発されるのがオチです。
ではなんとか強制的に人力にシフトできないものかと考えて得た結論が、発電を止めることでした。電力が供給されなければこれまでのような大量生産は止まり、世の中から便利な道具が徐々に消えていきます。目の前から楽できる物を消してしまえば、否が応でも人はつるはしを持つでしょう。最も怠け者である人類が、環境保全のために自ら苦を選ぶようなことはありませんから、環境問題を叫ぶ一方で今日までたいした手も打っていないのでしょうけど。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2009/01/11(Sun) 11:16 | URL  | たみざー #JwbIJGR2[ 編集]
みんな働き過ぎ
    でなしNo.146 さん

 職業に貴賎なし、どんな仕事にも意義がある・・・なんてのは、地球のキャパを考えないから言える事であって、世の中不要な仕事だらけです。そのおかげでみんな朝から晩まで働き過ぎなんですね。

 衣食住足りて、あとは+α少々・・・ならば、人間は1日2~3時間も働けば十分な筈なのですが、そうはいかないのは一般人の何倍(数百倍、数千倍・・・)もの物質的贅沢な暮しをしたい搾取階級がいるからですね。
 人口も増え過ぎて、資源も枯渇にむかっているから・・・という側面もありますが、それは不要な仕事を増やせば増やすほど酷くなるばかりです。

>ワークシェアをしている人が増えれば、待遇も改善されるでしょうし、何かしらのアクションがあると考えられるので楽しみです。

 先ずは資本家から労働者に主導権を移さなければなりませんね。労働者が働いて金を儲けて資本家になってのし上がっていく・・・みたいな立身出世構造を変えないと、資本家支配の世の中は変わりませんね。
2009/01/11(Sun) 19:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
人はどうでもいい事で働き過ぎ・・・
    たみざさん

>電力が供給されなければこれまでのような大量生産は止まり、世の中から便利な道具が徐々に消えていきます。

それはいい発想です。でも、電力にはそれでなければ出来ない仕事があるから大変です。


>できるだけ少ない労働でより効率的に事を済ませようとした結果が

これは、人間が為す仕事と言う意味ですね。でも、時間的な効率がいいだけで、大げさな重機などを使う事はエネルギー効率は非常に悪いのです。【2つの「効率」】で書いたとおりです。それに便利な機械があるから仕事も大きくなって実際は仕事は楽にならなかったりします。


>目の前から楽できる物を消してしまえば、否が応でも人はつるはしを持つ

一理あります。コンセンサスが必要ですが。・・・人間は石油や原子力・・・が麻薬である事をしっかり認識すべきでしょうね。


>最も怠け者である人類が、

 この辺については主観の問題になりますが、人間以外の動物が働き者だとは思いません。余計な仕事を増やして、起きている時間の大部分を労働に費やす人間が怠けものとは言えないと思います。【パーキンソンの法則】に書いたように、便利な機械が出来るとそれを目一杯に使った仕事が出来て、かえって仕事が増える場合のほうが圧倒的に多いし・・・
私は、来るべきパラダイムシフトによる持続可能な社会は、(一見)便利に見える大げさな機械を排除する事によって、もっと人間は余裕を持って怠けられる(悪い意味ではなくて・)ようになれると思います。兎も角、人間が最も怠けもの・・とは思いません。・・主観の問題ですから議論するような事ではありませんが・・。


>環境問題を叫ぶ一方で今日までたいした手も打っていない

これはその通りだと思います。でもその理由は怠け者だからではなくて、経済優先・・・物質的欲望とオプティミズムだと考えます。それからしっかり考える暇もなく日常の雑事に追われて・・・どうでもいい事で忙しくしてるからでしょう。
上のでなしNo.146 さん へのお返事に書いた通りです。
・・この辺りに関しては、そのうち記事にしようと考えていました。
2009/01/11(Sun) 20:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
晴耕雨読が人の自然な姿なので。
最近2ちゃんねるでも農業にシフトせよ、と言う意見が増えてますが、自称農家から、農業はそんなに甘いものでは無いなどとレスが来てます。そんな事を言い始めたら仕事なんて全て甘いものではないのですが。

現在、僕がいる北アルプス穂高連峰の麓、標高1100m地点でも重機による河川破壊が行われていますorz。
ミキサー車が入ると同時に自然石を積んだダンプカーが出て行きます。
高山市は環境にうるさい行政なのに、どうしてこうゆうことをするのでしょう。
2009/01/12(Mon) 23:40 | URL  | nao #-[ 編集]
同感です(^^)v
おお~! さすが雑草さん。
人海戦術に大賛成です♪

エジプトのピラミッドも農作業が出来ない時期の公共工事だったという説があるようで、ピラミッド建設中は周辺に飲食業や床屋など様々なお店などができたとか。

北海道にもとうとう新幹線の建設が実現しそうで、その建設総額は1兆円を超えます。
しかしその内何割が人件費となるのか一番気になる所です。
多くの建設作業員が周辺市町村に滞在し、お金を落とし経済効果も大きいと試算していますが、全体の割合からいくとそんなに大きなものだろうか?と考えています。
やはり燃料代、資材などに大半もっていかれるのではと思います。実際既に建設中の部分では資材費の高騰で自治体に3割ほどの追加費用を求められるようです。

またその辺の道路工事でも、重機で穴を掘っている周りを何人もの作業員が黙って見てるなんてこともありますねえ。昔はなんでも手作業だったんですよね。

工事における人件費が何割以上でなければダメ! なんてどうでしょうかね。
2009/01/13(Tue) 00:07 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
重機は自重で潰れるべき。
    nao さん

>農業はそんなに甘いもの

でも小農がどんどん増えるべきでしょうね。誰でも最初は初心者。

>穂高連峰の麓、標高1100m地点でも重機による河川破壊

酷いもんですね。そんなとこまで公共工事するほどに、もう工事の必要なところは殆どないのでしょうね。
いまだに土建行政蔓延ってますね。
酷いもんです。
2009/01/13(Tue) 22:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
労働者の為と言いながら・・
    BEM さん

>北海道にもとうとう新幹線の建設が実現しそう

これだけ破綻した財政大丈夫なんでしょうかね?


>やはり燃料代、資材などに大半もっていかれるのではと思います

そうですね。それから、中央の土建屋さんの経営陣や資本家、場合によっては政治家にお金が流れて、肝心の現場の労働者にはあまり流れないのでは意味がないばかりか、マイナスですね。


>工事における人件費が何割以上でなければダメ!

差し当たってそれはいい方法ですね。公共工事って、雇用を生むため(それも本当におかしな理由ですが)と言いつつ、経営陣や資本家、政治家自身の利権構造の場合が多いですからね。
2009/01/13(Tue) 22:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。