-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-12-09 00:01
 私の住む福島県の会津地方の最大都市は10万都市の会津若松市です。(人口13万人)
最近どの位の規模の都市まで持続可能だろうかと考えている私は、会津若松市を観察する度に、10万都市でも十分に大き過ぎると感じます。
スーパーやコンビニが沢山あるのは当然として、ファミレスや家電量販店、ホテルのチェーン店もあります。デパートも大きなショッピングモールもあります。駅前にはタクシーが並んでいるし、朝晩の交通渋滞が酷い場所も何箇所もあります。・・・これだけを見ると、地方都市って金太郎飴状態で、経済の広域化(日本国内の話なので、グローバル化・・とまでは表現致しませんが・・)でどこもかしこも似たような状態です。・・・それぞれの個性が消えて行っているところが寂しいところです・・・しかしこれは今回の主題ではありません。

 さて、持続可能な社会を考えるに当たって、その都市が外部との交流がほとんど無しに独立でやっていけるかを考えます。・・・すると、現在の会津若松市は、持続可能ではないと思われます。・・・至る所コンクリートで固めてあって、自動車だらけで、夜のネオンの明るさ・・・一昔前の大都市の一部・・・と言った印象です。・・・これは何も会津若松市に限った事ではないでしょう。日本中の10万以上の都市は、ほとんどすべて持続可能なレベルではないでしょう。会津若松市のような地方都市は、まだ郊外の田畑や森林、山がある分、自給自足出来る、持続可能な都市に移行する事は比較的簡単に出来るでしょう。しかし首都圏近くの10万都市のように、殆どと市街地しかないような市は、なかなか持続可能な都市には移行するのは難しいでしょう。

会津若松市の隣町の私の住む町は、人口2万人弱・でも昔の田舎町の様子はすっかり様変わりしてしまいました。至る所コンクリートで固めてあり、会津若松市との間にあった田園風景は年々姿を消し、市街地が会津若松市と繋がって来ました。


ジェレミー・リフキンはその著、『エントロピーの法則』で、
メガロポリスは終わりを告げ、大都市は少しずつ規模を縮小して、工業化時代以前の10万人程度に変化する必要がある。この縮小した規模は、周囲の環境が、食料と太陽エネルギーを生み出す能力と調和している筈である・・・と書いています。
 この考え方は私も概ね賛成です。
前半部分の10万人程度と言う部分も特に反論するつもりはありませんが、人口の規模は都市の形態によって大きく変わるでしょう。
現在の日本の都市は10万でも大き過ぎて、持続可能でないレベルですが、それは、自動車も多く、ビルも高く、地面はコンクリートで固められ石油を湯水の如く使っている・・・からです。こんな街は自給自足も難しく、周辺地域との交流としての交通機能がストップすれば、都市としての機能は存続出来ないばかりか、人口の大部分は生きていけなくなるでしょう。
・・・だからと言って、10万都市が必ずしも人口が多過ぎるとも限りません。
江戸時代の東京・・・江戸は、100万都市であったし、現キューバの首都ハバナも200万都市です。しかし、持続可能な都市形態をしています。(勿論、完全に独立と言うわけにはいきませんが・・・)
つまり、【循環型都市】で経済レベル、物の消費レベルが小さければ、100万都市でも持続可能であるとも言えましょう・・・


持続可能な都市の条件は、自給自足出来るか・・・と言う事がこれからは非常に大切な条件となるでしょうから、都市の規模は大きくないに越したことはないでしょう。

兎も角、現在の都市を見て思う事は、10万でも十分に大きく賑やかである事です。
これだけグローバル化で分業が進んで大都市集中が進むと、田舎部分が都市を支え切れなくなり、いつか近い将来「せーの」で、一斉に崩壊を始めそうです。

 これだけインターネットなどの情報網が発達した現在、大都会に住むメリットはなくなって来ています。・・・まあ若いうちは大都会に憧れる人も多いのは理解出来ます・・・・様々な意味において、これからは地方の時代に移行していくだろうし、人口密度の低い町村に住んだほうが有利な時代になるでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/12/09 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |


Anthony
地方の国道を車で運転中、窓から見える風景が、どこも同じような感じがする。

チェーン店の飲食店、スーツの店、書店・・・


P

金太郎飴状態
雑草Z
    Anthony さん

 ホント、地方の個性がなくなって来ていますよね。
これが世界にも当て嵌まって来ているから恐ろしいですね。
アジアやアフリカの国々でコーラも売っていてマクドナルドもあって・・・・

すみません、長くなってしまいました(^^;
BEM
雑草Zさんこんにちは。

私も人口密度は大きな問題だと思います。
札幌は190万都市に手が届きそうで問題外ですが、私の故郷美幌町の隣りにある北見市が現在12万人で会津若松とほぼ同じくらいの規模ではないかと思います。

北見は車でちょっと走れば周辺にタマネギ農家が広がるような地方都市ですが、やはり全国展開のスーパー、チェーン店、もちろんコンビニが街中にでき、私が高校生当時遊んでいた頃から比べると、つまらない街になったような気がします。

郊外型の大型店の進出により市内中心部の空洞化は深刻で、十数年前に5~7階建てのデパートが相次いで閉店となったりしました。
今後高齢化によって自動車に乗れないお年寄りはバスの利用が必要でしょうが、人口が拡散しているので、公共交通の費用がかさむ事を考えると、地方も決して良いとは言えない状況でしょうね。

しかし、5万人以下の規模の自治体ならお祭り等もやりようによっては盛り上がるだろうし、自給自足の事を考えるにしても農地があれば色んな可能性が見えてくるような気もします。
会社と同様に街も大きくなり過ぎると余計な費用がかさむし、大きな事業などをしてしまうとその負担が大きくのしかかり、身動きができなくなる可能性もありますね。

私が居た頃の美幌町は2万7千人くらいで、自転車で端から端まで行くのにも苦にならない面積でした。今ではそれから5千人も減少してしまいましたが、そう考えると3万人前後の規模の街は結構住み易いのではと思いました。

的を得た長いメールは歓迎です。
雑草Z
    BEMさん

 こんにちわ。BEM さんからの長いコメントはいつでも歓迎です。BEMさんの御実家は北見でしたか・・・札幌からもかなり遠いですね!

>郊外型の大型店の進出により市内中心部の空洞化は深刻

日本中の地方都市がそんな風になっているのは悲しいですね。車がないとやっていけない街って、嫌ですね。・・勿論そんな事は永続できる筈もなく、現在の郊外型都市形態は変わっていくでしょうね。


>人口が拡散しているので

だからこそ小地域の小売店が大切なんですよね。地域の小売店などはどんどんつぶれて行って寂しい限りです。


>自給自足の事を考えるにしても農地があれば色んな可能性が見えてくるような気もします。

そうですね。それが大切です。地方分業ではなくて、地域毎に自給自足出来て、独立出来る形態にならなければ、来るべき危機(金融危機なんて生易しいものではなくて・・)に対処できないでしょうね。


>会社と同様に街も大きくなり過ぎると余計な費用がかさむし、大きな事業などをしてしまうとその負担が大きくのしかかり、身動きができなくなる可能性もありますね。

 全くその通りです。夕張市のように財政破綻しそうな市町村は全国で沢山あるでしょう。


>自転車で端から端まで行くのにも苦にならない面積

って大切な事ですね。・・・BEMさんは、健脚ですから、その距離は結構長かったりして・・・30kmくらい?(笑)


 

巨大都市を支える田舎
でなしNo.146
>田舎部分が都市を支え切れなくなり、いつか近い将来「せーの」で、一斉に崩壊を始めそうです。

私も、この考えを支持します。


関東圏、名古屋周辺、関西圏の都市で自給率が100%越えている県は一つもなかったと記憶しています。
(ってか福島県でさえ、80%前後だったような…)

新聞で見たのですが、北海道が190%程でダントツトップで、東北地方や新潟あたりが100%前後でした。
(…ただ、この数値の算出の仕方がよくわからないので、参考までということで…汗)

単純に数字を見て判断すると、
近い将来、中国、インドと人口爆発して食料輸出から食料輸入に切り替わり、世界的食料危機になった時、日本の殆どの地域で、相当の餓死者が出るということになりますね。

その状況になれば、
スーパーに行っても、食品は売り切れ。
もしかすると、食料が国有化される可能性だってあるわけです。
買うには、闇市に行って超高額(or物々交換)で売ってもらうか、親類筋の農家を頼り、わけていただくという事になります。

もしくは、盗む!

長いサラリーマン生活で鍛えられた体では、山へ獣を取りに行ったり、食料を探す力や食べてもいいものかを判断する知識もないでしょう。


そして、
悲しいことに一番先に、食料が枯渇するのは、人口過密地域…つまり、巨大都市です。

私は、いくつかの都市崩壊のパターンを考えていますが、食料危機が今のところ一番崩壊させうる力を持っていると思います。

余談ですが、
先日も、WTOで、日本の農家をさらに圧迫するような条件を飲むことになる、と報道されていました。

農家の死は国家の死です。


上記以外のその他さまざまな意味でも、雑草さまの、自給自足できるレベルの都市サイズ(都市形態)の考察というのは、指針にもなり有用だと思います。


最後に、
パラダイムシフトが訪れれば、地方出身者は、ご先祖様に感謝する日が来るでしょう。

「あぁ、田舎に実家があって、助かった」と^^
(まぁ、その頃には、田舎⇔巨大都市という概念もお伽話ですかね)

田舎の時代
雑草Z
    でなしNo.146 さん

 確かに日本で食糧自給率が100%に近いかそれ以上の都道府県って北海道、東北地方くらいですね。・・嘆かわしい事です。


>食料が国有化される可能性だってある

この可能性は結構高いですね。工業保護の為に日本の自給率を減らしてきた日本政府が今度は食糧確保に奔走するのは、いい加減な対症療法の政策しか出来ない、産業界の御用組織であるかが分かりますね。


>長いサラリーマン生活で鍛えられた体では、山へ獣を取りに行ったり、食料を探す力や食べてもいいものかを判断する知識もないでしょう。

この点に関して私が危惧するのは、ちょっと違って、
 現在、山菜も木の実がなる木々も、林道などによる伐採で減らされています。川もコンクリートで固められ、魚も極端に減っています。・・・だから、食糧危機が来れば、乱獲でたちまち山も川も荒らされて食糧が枯渇するのではないでしょうか?


>悲しいことに一番先に、食料が枯渇するのは、人口過密地域…つまり、巨大都市です。

これは間違いないでしょうね。東京都の食料自給率は1%しかありません。それも、ちょっとだけ田舎部分があるからでしょう。東京23区なんてほとんど食料の生産はないでしょう。


>農家の死は国家の死です。

全くもってその通りですね。・・農業は国家の基盤ですね。これからは農業の時代になるでしょうね。 WTOのような、欧米人が自分たちの生産物を売り込むために作った組織の言う事を聞いている日本の政府も情けないものがあります。


>地方出身者は、ご先祖様に感謝する日が来るでしょう。

そうですね。農家だったらなおいいですね。







コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
地方の国道を車で運転中、窓から見える風景が、どこも同じような感じがする。

チェーン店の飲食店、スーツの店、書店・・・


P
2008/12/09(Tue) 22:26 | URL  | Anthony #-[ 編集]
金太郎飴状態
    Anthony さん

 ホント、地方の個性がなくなって来ていますよね。
これが世界にも当て嵌まって来ているから恐ろしいですね。
アジアやアフリカの国々でコーラも売っていてマクドナルドもあって・・・・
2008/12/09(Tue) 22:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
すみません、長くなってしまいました(^^;
雑草Zさんこんにちは。

私も人口密度は大きな問題だと思います。
札幌は190万都市に手が届きそうで問題外ですが、私の故郷美幌町の隣りにある北見市が現在12万人で会津若松とほぼ同じくらいの規模ではないかと思います。

北見は車でちょっと走れば周辺にタマネギ農家が広がるような地方都市ですが、やはり全国展開のスーパー、チェーン店、もちろんコンビニが街中にでき、私が高校生当時遊んでいた頃から比べると、つまらない街になったような気がします。

郊外型の大型店の進出により市内中心部の空洞化は深刻で、十数年前に5~7階建てのデパートが相次いで閉店となったりしました。
今後高齢化によって自動車に乗れないお年寄りはバスの利用が必要でしょうが、人口が拡散しているので、公共交通の費用がかさむ事を考えると、地方も決して良いとは言えない状況でしょうね。

しかし、5万人以下の規模の自治体ならお祭り等もやりようによっては盛り上がるだろうし、自給自足の事を考えるにしても農地があれば色んな可能性が見えてくるような気もします。
会社と同様に街も大きくなり過ぎると余計な費用がかさむし、大きな事業などをしてしまうとその負担が大きくのしかかり、身動きができなくなる可能性もありますね。

私が居た頃の美幌町は2万7千人くらいで、自転車で端から端まで行くのにも苦にならない面積でした。今ではそれから5千人も減少してしまいましたが、そう考えると3万人前後の規模の街は結構住み易いのではと思いました。
2008/12/10(Wed) 00:58 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
的を得た長いメールは歓迎です。
    BEMさん

 こんにちわ。BEM さんからの長いコメントはいつでも歓迎です。BEMさんの御実家は北見でしたか・・・札幌からもかなり遠いですね!

>郊外型の大型店の進出により市内中心部の空洞化は深刻

日本中の地方都市がそんな風になっているのは悲しいですね。車がないとやっていけない街って、嫌ですね。・・勿論そんな事は永続できる筈もなく、現在の郊外型都市形態は変わっていくでしょうね。


>人口が拡散しているので

だからこそ小地域の小売店が大切なんですよね。地域の小売店などはどんどんつぶれて行って寂しい限りです。


>自給自足の事を考えるにしても農地があれば色んな可能性が見えてくるような気もします。

そうですね。それが大切です。地方分業ではなくて、地域毎に自給自足出来て、独立出来る形態にならなければ、来るべき危機(金融危機なんて生易しいものではなくて・・)に対処できないでしょうね。


>会社と同様に街も大きくなり過ぎると余計な費用がかさむし、大きな事業などをしてしまうとその負担が大きくのしかかり、身動きができなくなる可能性もありますね。

 全くその通りです。夕張市のように財政破綻しそうな市町村は全国で沢山あるでしょう。


>自転車で端から端まで行くのにも苦にならない面積

って大切な事ですね。・・・BEMさんは、健脚ですから、その距離は結構長かったりして・・・30kmくらい?(笑)


 
2008/12/10(Wed) 21:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
巨大都市を支える田舎
>田舎部分が都市を支え切れなくなり、いつか近い将来「せーの」で、一斉に崩壊を始めそうです。

私も、この考えを支持します。


関東圏、名古屋周辺、関西圏の都市で自給率が100%越えている県は一つもなかったと記憶しています。
(ってか福島県でさえ、80%前後だったような…)

新聞で見たのですが、北海道が190%程でダントツトップで、東北地方や新潟あたりが100%前後でした。
(…ただ、この数値の算出の仕方がよくわからないので、参考までということで…汗)

単純に数字を見て判断すると、
近い将来、中国、インドと人口爆発して食料輸出から食料輸入に切り替わり、世界的食料危機になった時、日本の殆どの地域で、相当の餓死者が出るということになりますね。

その状況になれば、
スーパーに行っても、食品は売り切れ。
もしかすると、食料が国有化される可能性だってあるわけです。
買うには、闇市に行って超高額(or物々交換)で売ってもらうか、親類筋の農家を頼り、わけていただくという事になります。

もしくは、盗む!

長いサラリーマン生活で鍛えられた体では、山へ獣を取りに行ったり、食料を探す力や食べてもいいものかを判断する知識もないでしょう。


そして、
悲しいことに一番先に、食料が枯渇するのは、人口過密地域…つまり、巨大都市です。

私は、いくつかの都市崩壊のパターンを考えていますが、食料危機が今のところ一番崩壊させうる力を持っていると思います。

余談ですが、
先日も、WTOで、日本の農家をさらに圧迫するような条件を飲むことになる、と報道されていました。

農家の死は国家の死です。


上記以外のその他さまざまな意味でも、雑草さまの、自給自足できるレベルの都市サイズ(都市形態)の考察というのは、指針にもなり有用だと思います。


最後に、
パラダイムシフトが訪れれば、地方出身者は、ご先祖様に感謝する日が来るでしょう。

「あぁ、田舎に実家があって、助かった」と^^
(まぁ、その頃には、田舎⇔巨大都市という概念もお伽話ですかね)
2008/12/10(Wed) 23:13 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
田舎の時代
    でなしNo.146 さん

 確かに日本で食糧自給率が100%に近いかそれ以上の都道府県って北海道、東北地方くらいですね。・・嘆かわしい事です。


>食料が国有化される可能性だってある

この可能性は結構高いですね。工業保護の為に日本の自給率を減らしてきた日本政府が今度は食糧確保に奔走するのは、いい加減な対症療法の政策しか出来ない、産業界の御用組織であるかが分かりますね。


>長いサラリーマン生活で鍛えられた体では、山へ獣を取りに行ったり、食料を探す力や食べてもいいものかを判断する知識もないでしょう。

この点に関して私が危惧するのは、ちょっと違って、
 現在、山菜も木の実がなる木々も、林道などによる伐採で減らされています。川もコンクリートで固められ、魚も極端に減っています。・・・だから、食糧危機が来れば、乱獲でたちまち山も川も荒らされて食糧が枯渇するのではないでしょうか?


>悲しいことに一番先に、食料が枯渇するのは、人口過密地域…つまり、巨大都市です。

これは間違いないでしょうね。東京都の食料自給率は1%しかありません。それも、ちょっとだけ田舎部分があるからでしょう。東京23区なんてほとんど食料の生産はないでしょう。


>農家の死は国家の死です。

全くもってその通りですね。・・農業は国家の基盤ですね。これからは農業の時代になるでしょうね。 WTOのような、欧米人が自分たちの生産物を売り込むために作った組織の言う事を聞いている日本の政府も情けないものがあります。


>地方出身者は、ご先祖様に感謝する日が来るでしょう。

そうですね。農家だったらなおいいですね。





2008/12/11(Thu) 22:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。