-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-11-21 00:11
 11月半ばに、日米欧と新興経済国を加えた20カ国・・G20と呼ばれる国(この呼び方自体、嫌気です。)の、緊急首脳会議、金融危機への対応策を話し合ったいわゆる「金融サミット」がワシントンで行われました。

 あんまり興味がなかった・・と言うより、この時勢に「金融サミット」なんて開いている事が非常に愚かに感じました。先日日本で行われた洞爺湖サミット、いわゆる「環境サミット」とどっちがお馬鹿であったでしょう?・・・どちらも根本原因・・・成長路線・・・には触れずに対症療法ばかりを話し合った会議と言う意味において共通です。

 金融に対する監督と規制強化が最大のテーマで、あらゆる金融機関、市場、金融商品を規制、監督するために国際連携を強めることが宣言に盛り込まれた・・・ことは評価出来ます。・・・しかし、何を今更・・・です。
 「行き過ぎた市場原理主義」なんて事は、ずっと以前からわかりきった事でしょう。
市場原理主義=弱肉強食
である事は、火を見るより明らかです。
 これほど危険な原理主義を存続させるには、厳しい規制が必要に決まってます。・・・しっかりした規制がこれまであまりなかったのは、ひとえに資本家優先の政治があったからでしょう。・・・・・
 弱肉強食は、自然の摂理だ・・・と言う人もいるでしょうが、そもそもこの「市場」が極めて人為的なものであり、ルールそのものが資本主義経済をもとにした非常に不公平なものに出来ています。・・・ネズミ講のように非情で理不尽で、有限の地上の、人類社会を持続不可能な場所に導く危険な原理です。

 今更ながらの遅れ過ぎの市場原理主義の反省、見直し・・開催の意義がなかった訳ではありませんが、「金融サミット」は自転車操業で対症療法ばかりを話し合ったと言う感じは否めません。

 「サミット」・・・などと言う仰々しい言葉を使うなら、持続可能な社会への移行の為の、パラダイム・シフトを話し合うべきでしょう。・・・人類はそうしなければならない時期に来ているのですから。・・・
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/11/21 00:11】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


nao
現在、世界遺産である奈良県の吉野山で住み込みで働いてます。しかし、つらなる偽物の食材を売る土産物屋、そして食堂、あるいは合成洗剤など世界遺産など何をかいわんやです。
真の環境を考えた商売が成り立つ世の中はまだまだ先です。

観光地の一つ・・?
雑草Z
    naoさん

 世界遺産と言っても商売にする為に登録されようとしている自治体が多いのでしょうね。ステレオタイプの観光地化しているのでしょうか?残念ですね。

ちょっと記事とは関係のない内容かと思うのですが・・



 でもお仕事は、ほどほどに頑張って下さい。心身を壊さないようにほどほどに・・



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
現在、世界遺産である奈良県の吉野山で住み込みで働いてます。しかし、つらなる偽物の食材を売る土産物屋、そして食堂、あるいは合成洗剤など世界遺産など何をかいわんやです。
真の環境を考えた商売が成り立つ世の中はまだまだ先です。
2008/11/21(Fri) 21:58 | URL  | nao #-[ 編集]
観光地の一つ・・?
    naoさん

 世界遺産と言っても商売にする為に登録されようとしている自治体が多いのでしょうね。ステレオタイプの観光地化しているのでしょうか?残念ですね。

ちょっと記事とは関係のない内容かと思うのですが・・



 でもお仕事は、ほどほどに頑張って下さい。心身を壊さないようにほどほどに・・

2008/11/22(Sat) 23:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。