-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-11-13 00:02
 11月3日の文化の日、堤の水を抜いた現場【前回の記事】を見てきた帰りに、親子連れを何組か見かけました。小さな子どもは、貰った風船を手に持って、その他買ったり貰ったりした物を沢山持って、持ちきれない分はお母さんに持ってもらって、文化祭のイベントからの帰りでした。
 なんだかつい最近もほかのイベントがあったばかりなのに・・・またか?・・って感じです。秋祭り、町民運動会、文化祭・・・毎月のように・・いや、それ以上に町のイベントがあります。

 町だけじゃなく、色んな企業、デパートやスーパーでも○○祭りと称して、色んなものを餌にイベントを行って人を集めて物を売り込んでいます。現在の自由市場社会で、企業が利益を出すためにやっている事でしょうけれど、実際は、ゴミになる印刷物や小物ばかりを配って、要らないものばかりを売りつけています。資源の浪費ですからやめて欲しいと思います。
 しかし、企業のこの手のイベントは、採算を考えながらのイベントです。(往々にして赤字を出して企業業績の悪化にも繋がるようですが・・・イベントを開催した為に潰れてしまった・・・と言う笑えない例もよく耳にします・・・。)何はともあれ、企業の自己責任で行われるものです。

 それに対し、県、市町村など自治体が開催するイベントの安易さ・・・多くの自治体は、採算なんてはじめから度外視です。逆に予算を消化してしまう事に集中します。・・・自治体の財政破綻が危惧されているこのご時世でも、そんな悠長な役場の職員が沢山いるのも事実です。チラシだ、風船だ・・・と色々配って、賞品、景品まで出して、トン汁だ、カレーライスだ・・・と使い捨て容器に入れて安く売ったり無料配布したり・・・沢山参加させ、写真を撮って、市町村のホームページに載せて・・・熱心に仕事をしている事をアピール。動員をかけようが、賞品や景品や無料の食べ物で釣ろうが、ただ単に、参加者が多ければそのイベントは成功・・・と言う短絡的な安易な発想・・。財政破綻で有名な夕張市も箱ものを作り過ぎて、赤字だからと宣伝のために沢山イベントを行って、さらに予算を使って逆効果で自滅していったのでしょうね。
 イベントの後にはゴミの山・・・イベントを行わなければ出る筈のなかった余計なゴミを税金で作り出す・・・

 現在は、パソコンだ、テレビゲームだ、携帯だと一人でやる事が多いから、イベントでみんなで楽しむのは大切だ・・・ってその趣旨も分からなくはありませんが、だからってこんな短絡的なイベントばかりやって、物を浪費する事に無神経な子供を増やす事はないでしょう。
 環境イベント・・・と言っても、不要なパンフレットやリサイクル商品(廃物利用も悪くない事ですが、廃物を出さない事が基本です。)を丁寧に大きな袋に入れて配布しています。これまたエコ・・・と言う事で補助金で、無料で配って、自己満足の税金と資源の無駄遣い・・・・。

 下らないイベント多過ぎます。昔はイベントもごくたまに・・・年に数回で、他に娯楽もなかったので、物で釣らなくても沢山参加したのでしょう。・・今は娯楽もイベントも有り余っています。税金を使ってこんな無駄な事をやるべきではないでしょう。
 やるとしても、もっと工夫して、子供たちにしっかりものを大切にする事を教えるべきでしょう。

 例えば、食べ物をみんなで作るにしても、茶碗や箸や容器は持参。生ゴミはみんな土に埋める・・・そこまで子供にやらせる・・ゴミ袋でゴミは一切出ないイベント・・・
 川の学校だって山の学校だって、容器も網もみんな持参・・・余計なパンフレットは配らない・・・・このパンフレットって、みんな気安く捨てますが、結構お金がかかってます。作る量にも因りますが、一部100円以上なんてざらでしょう・・・そういうパンフレットの出版社が役人の天下り先だったりするわけです・・・。
それじゃあ人が集まらない?・・・って物で釣って集めるのは本末転倒でしょう。
それにそういう質素な行事でも結構子どもは集まるもんです。今年実感いたしました。

お祭り・・・スポーツイベント、音楽イベント、文化イベント・・・
まあ、兎も角この時代、お祭りイベント多過ぎです。それは、経済成長の為・・と言うか経済成長の行き詰まりで、イベントの花火を打ち上げ続けなければならないという事が根本にある訳です。

 こんな対症療法的なお金と資源の無駄遣いのイベントは廃止の方向に持って行くべきでしょう。

 イベント全部に反対の訳ではありませんが、イベントはもっと質素で資源やお金の無駄が少なく、中身のあるものに絞るべきです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/11/13 00:02】 | 社会・経済 トラックバック(0) |


Anthony
太郎ちゃんがやろうとしている、人気獲得イベントにも脱力してしまう...

P

愚の国家イベント
雑草Z
    Anthonyさん

 太郎ちゃん・て誰・・?・・・って一瞬考えてしまいました。・・あっそう!太郎か!!
 こんなどうしようもない選挙対策イベントを考えた奴もどうしようもないですが、それを評価する国民も、過半数以下と言っても、結構いる事は、がっかりです。
 「愚民政権」
 

中身のないイベントだらけ。
でなしNo.146
>やるとしても、もっと工夫して、子供たちにしっかりものを大切にする事を教えるべきでしょう。

まったくの同意見です。


さらに、これから大切になるのは、「時代に合わせた教育」だと思います。
(まぁ、ほとんどの人が「時代」を読めていないんですが…)


売上げやPRのための集客を追い求めすぎず、メッセージ性がしっかりあるイベントを開催してほしいものですね。


個人的には、早く消費拡大を狙うイベントを見切って、地域コミュニティーと環境を大切にするイベントの良さに気づいてもらいたいです。

今後の時代の変化によるシフトチェンジでは地方の方が圧倒的に有利になるはずなので、地方では環境などの教育を根付かせるNPOを設立するのも面白いかもしれません。


>地方の方が圧倒的に有利
雑草Z
    でなしNo.146 さん

 おっしゃるように形だけの

>中身のないイベントだらけ

ですね。それなのにしっかり予算をつけて無駄遣いするから酷いものです。

>ほとんどの人が「時代」を読めていない

これがすべての元凶ですね。・・今行うべきは目先の景気対策ではなくて、こんな環境破壊のモラルハザードを引き起こしてしまった社会の改革、パラダイムシフトでしょう。・・時代と言うよりも普遍的な自然の摂理と言うべきでしょうか。

>今後の時代の変化によるシフトチェンジでは地方の方が圧倒的に有利になるはず

 鋭い読みですね。その通りだと思います。
その地方には、まだまだ、経済発展と開発を推進する過去の遺物が沢山いる・・・と言うか主流なので、こういう人達を排除、または説得(無理か?)するのが大変です。

>地方では環境などの教育を根付かせるNPOを設立する

 ”本物”である事が大切ですね。


Anthony
太郎ちゃんは、国民に少しのお金をばら撒いて、消費税アップという方法で、数百倍、否、数千倍、数万倍の金をむしりとろうとしてるのが、みえみえなのに!

なんで、目先だけのことしか考えられんでしょうか?僕も含めたバカ国民は~~~


P

貰わなきゃ損・・・の感覚
雑草Z
    Anthonyさん

 この不況の世の中だからこそ、お金を貰うのは助かると思ってしまうのでしょうね。実際は自分たちで払った税金なんですけどね。保険に入った時や大きな買い物をしたときに景品を貰って喜んでいるのと同じですね。その金額まで支払った代金に含まれている訳ですから、得をしたのではなくて、「貰わなきゃ損」って感じですね。

 太郎ちゃんほど、ブルジョア趣味丸出しの総理も珍しいですね。


Anthony
僕も「おまけ」に弱くて...ついつい、ペコちゃんグッズが欲しくて、ミルキーを買ってしまいます(笑)

P

おまけも代金に入っているから
雑草Z
    Anthony さん

 「おまけを貰うと得」・と言うよりも、
 「おまけを貰わないと損」・と言う構造になっていますね。
その昔、ビックリマンチョコとか言うのがあって、お負け欲しさに子供達が買うから、公正取引委員会に摘発された・・なんて事件もありましたね。
 おまけだけ単品で売ってても買わないのに、おまけとして付いてくるから買う・・・と言う購買者の心理・・・
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
太郎ちゃんがやろうとしている、人気獲得イベントにも脱力してしまう...

P
2008/11/13(Thu) 00:15 | URL  | Anthony #-[ 編集]
愚の国家イベント
    Anthonyさん

 太郎ちゃん・て誰・・?・・・って一瞬考えてしまいました。・・あっそう!太郎か!!
 こんなどうしようもない選挙対策イベントを考えた奴もどうしようもないですが、それを評価する国民も、過半数以下と言っても、結構いる事は、がっかりです。
 「愚民政権」
 
2008/11/13(Thu) 07:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
中身のないイベントだらけ。
>やるとしても、もっと工夫して、子供たちにしっかりものを大切にする事を教えるべきでしょう。

まったくの同意見です。


さらに、これから大切になるのは、「時代に合わせた教育」だと思います。
(まぁ、ほとんどの人が「時代」を読めていないんですが…)


売上げやPRのための集客を追い求めすぎず、メッセージ性がしっかりあるイベントを開催してほしいものですね。


個人的には、早く消費拡大を狙うイベントを見切って、地域コミュニティーと環境を大切にするイベントの良さに気づいてもらいたいです。

今後の時代の変化によるシフトチェンジでは地方の方が圧倒的に有利になるはずなので、地方では環境などの教育を根付かせるNPOを設立するのも面白いかもしれません。
2008/11/13(Thu) 10:50 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
>地方の方が圧倒的に有利
    でなしNo.146 さん

 おっしゃるように形だけの

>中身のないイベントだらけ

ですね。それなのにしっかり予算をつけて無駄遣いするから酷いものです。

>ほとんどの人が「時代」を読めていない

これがすべての元凶ですね。・・今行うべきは目先の景気対策ではなくて、こんな環境破壊のモラルハザードを引き起こしてしまった社会の改革、パラダイムシフトでしょう。・・時代と言うよりも普遍的な自然の摂理と言うべきでしょうか。

>今後の時代の変化によるシフトチェンジでは地方の方が圧倒的に有利になるはず

 鋭い読みですね。その通りだと思います。
その地方には、まだまだ、経済発展と開発を推進する過去の遺物が沢山いる・・・と言うか主流なので、こういう人達を排除、または説得(無理か?)するのが大変です。

>地方では環境などの教育を根付かせるNPOを設立する

 ”本物”である事が大切ですね。
2008/11/14(Fri) 06:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
太郎ちゃんは、国民に少しのお金をばら撒いて、消費税アップという方法で、数百倍、否、数千倍、数万倍の金をむしりとろうとしてるのが、みえみえなのに!

なんで、目先だけのことしか考えられんでしょうか?僕も含めたバカ国民は~~~


P
2008/11/16(Sun) 01:33 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
貰わなきゃ損・・・の感覚
    Anthonyさん

 この不況の世の中だからこそ、お金を貰うのは助かると思ってしまうのでしょうね。実際は自分たちで払った税金なんですけどね。保険に入った時や大きな買い物をしたときに景品を貰って喜んでいるのと同じですね。その金額まで支払った代金に含まれている訳ですから、得をしたのではなくて、「貰わなきゃ損」って感じですね。

 太郎ちゃんほど、ブルジョア趣味丸出しの総理も珍しいですね。
2008/11/16(Sun) 18:13 | URL  | 雑草Z #5uiXo0oE[ 編集]
僕も「おまけ」に弱くて...ついつい、ペコちゃんグッズが欲しくて、ミルキーを買ってしまいます(笑)

P
2008/11/24(Mon) 22:39 | URL  | Anthony #-[ 編集]
おまけも代金に入っているから
    Anthony さん

 「おまけを貰うと得」・と言うよりも、
 「おまけを貰わないと損」・と言う構造になっていますね。
その昔、ビックリマンチョコとか言うのがあって、お負け欲しさに子供達が買うから、公正取引委員会に摘発された・・なんて事件もありましたね。
 おまけだけ単品で売ってても買わないのに、おまけとして付いてくるから買う・・・と言う購買者の心理・・・
 
2008/11/27(Thu) 20:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。