-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-10-29 00:21
 アメリカの証券会社リーマン・ブラザーズの破綻に端を発した米国の金融危機は、世界中に飛び火致しました。経済のグローバル化はアメリカの金融当局の速やかな対策など鼻で笑うように、すぐさま世界中に金融危機を伝播しました。・・・まあ、リーマン・ブラザーズの破綻はあくまでもひとつのきっかけですが、ただの証券会社・・公認ギャンブル会社が潰れただけでこの有様です。如何に世界がマネーゲームに踊らされているかの象徴でしょう。・・・あくまで象徴ですが・・・この経済成長を目標にした市場原理主義資本主義社会は、構造的に金融危機どころか、金融破綻は避けられないものでしょう。

 日本のニュースでも毎日毎日、円がいくら、日経平均がいくら・・・と騒いでいます。
 日経平均がバブル後の最安値を更新したとか大騒ぎです。確かにこの株安で打撃のある企業は沢山ありかなり大変です。・・・投資家たちのマネーゲームに自分達の生活を左右されるのだからたまったものでは御座いません。
 政府は株式市場安定化策と称して、自己資本比率規制だとか空売り規制だとか、色々その場しのぎにやっているようですが、そんな対症療法ばかりやっても同じ危機を繰り返し、金融危機はしだいに酷くなるばかりです。

 世界経済の発展に伴い、実体経済とマネーは相乗効果で成長を続けました。・・そのうちマネーは実体経済を離れて資本家たちのマネーゲームとして実態のない自己増殖を始め、バブル経済を作り出しました。今や世界の金融資産の総額は、世界のGDPの数倍の規模だそうです。それなのに世界各国の金融危機対策の多くは、そのバブルの空気を抜かないように努力しようとしているのだから、本当に目先の対症療法と言わざるを得ません。

 このままバブルに空気を入れて置けば、そこまで実体経済を引き上げなければならない・・・と言う事になりましょう。経済しか見えない経済学者や目の前の効果しか考えない政治家からすれば、それがマネーと実体経済とのバランスなのでしょう。しかしそれでは地球に環境負荷がかかり過ぎます。資源だって空間だって廃棄物の捨て場だって足りません。・・人間の住めない環境を作って経済も何もありゃしません。投資家たちの作りだしたバブルに世界を合わせるなんて正気の沙汰とは思えません。


 このような金融危機、経済危機を絶好の機会として、現在の資本主義の矛盾・・・永続できない本当の理由・・を考えるべきでしょう。・・・エコロジカル・フットプリントは持続可能な限界をとっくに超えているのですから。・・・経済構造を根本から変える・・パラダイムシフトが必要なのです・・・勿論大きな痛みを伴うでしょう。
 そんな夢たわごとを・・・って経済危機よりさらに深刻な環境カタストロフィーに襲われ、地球に人類が住めない環境になるよりもずっといいでしょう。それに現在の非人間的な投資社会よりはずっとまともな社会を築けるでしょう。
 先ず差し当たり、バブルの空気を抜いて、マネーを実体経済と合わせ、・・・これは、政府などの介入よりも、これからは、市場経済にある程度任せたほうが上手くいくかも知れません。・・・、それから今度は徐々に経済を持続可能なレベルまで縮小していくべきでしょう。

 経済成長をもとに成り立っている資本主義経済はいつか破綻を迎えます。物理的に無理だからです。
 これから世界に何回の経済危機がおとずれたら、世界の指導者たちはこの経済構造の持続不可能性に気づき、パラダイムシフト・・・脱成長を本気で考えるようになるのでしょうか?
・・・経済界傀儡の現在のほとんどの政治家たちでは無理そうなので、先ずは彼らの一掃ですかね。

以前【世界同時株安に思う事】にも似たような事を書きました。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/10/29 00:21】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


nao
投資家って学習能力が無いのでしょうか?身内の麻雀でほどほどに遊んでいたら良いものを隣近所どころか世界中を巻き込むとは許せない行為です。ドバイもあっというまに破綻したようです。日本のバブル崩壊や高度成長時代より、もっと短い。

経済構造の抜本的な改革
でなしNo.146
非常に興味深いですね。


私も果てしなく生産、消費を広げる資本主義という経済構造に疑問&危機感を持っています。


このところ「砂上の楼閣」という言葉が好んで使われているようですが、これは一国の経済システムだけではなく、現在の資本主義という経済構造にもガチで当てはまると思います。


ただ、たまに思うのですが、あらゆる国の政府は地球環境が危機に瀕している真実を国民に告げると、パニックが起きて収拾がつかなくなるとでも思って隠してんじゃないのか?と勘繰ってしまいます。
(経団連とかに気を遣って対策が打てないとか、怒りを通り越して呆れますね)

このまま行くと破滅するのはわかってるはずなんですけどね…


最近の報道でとても印象に残ったものがあります。

アイスランドの首相が「国が潰れるかもしれない…」という意味の発言を行ったときです。

そのとき国民の1人は、「それじゃ、私たちに家を売れと言うの!!」といった憤りをあらわにしたそうです。
(とりあえず、感情的になり、よくわからない批判をしたそうな)


これを、地球滅亡に置き換えた場合(以下妄想。)、
「もう、地球は滅びます。あと約20年早く対策できれば回避できたかもしれませんでした。」

「なんで、20年前に対策しなかったのよ!!このまま死ねと言うの!!」

と言う、なんとも実のない悲しいやりとりになるのかなぁ。なんて考えたり…^^


さて、くだらない妄想は置いておいて、
人類が生きていくためには、経済構造に抜本的な変化が起きなければらない。という事を支持します。

個人的には、資本主義離れは、若い世代を中心にある程度進んでいて、あと5~10年の間にパラダイムシフトが起こると予測しています。


最後になりますが、私は、地球環境や経済構造のパラダイムシフトを考えると、株安とか円高なんていうものはそれほど問題ではないと思っています。
(むしろ世界で一斉に破綻してくれた方が、経済構造も再構築しやすいですかね^^)


次の世代やこれから生まれてくる子ども達に胸を張って贈れる世界を作りたいものです。
(その前に自分達が生き残らないといけない。というのも大切な命題ですが)


環境と人類が共存できる世界作り。がんばります。

 

株価が0円になっても生きてはいける
BEM
ワイドショーでそもそも株は?なんて話しをしていましたが、その企業の将来性を見込んでの投資だ。なんて言ってましたけど、純粋にそうであればリーマンが破綻しようがなんともなかったと思うんですが。

バブル期もさっぱり恩恵を預けられなかったのですが、この不況はまともに仕事減という波を受けています。別に海外旅行も新車も欲しくないのですが、安心して歳を取って、子供を育てていけるという安心は欲しいです。

楽観的に考えると、国が潰れたとしても多くの国民は住む所があって食事さえできればなんとか生きていけると思います。けれど、仕事がなくなるのは一番の不安材料です。
大変なのは自分の足で歩かない一握りの人達でしょうか。それでも途上国でゴミの山から、資源になるものを拾っている子供たちよりずっと良い生活ができるでしょう。

株価が26年前の水準になったって言ってますが、今考えても当時だって大変豊かだったと思います。
と考えると株って一体なんなんだろうって考えてしまいますね。

その感性に期待いたします
雑草Z
    でなしNo.146さん

 長尺の共感のコメント有難う御座います。同じ志の方からのこの手のコメントは、近い将来に経済成長を止めるような社会に移行できるのではないかと期待してしまいます。

>このところ「砂上の楼閣」という言葉が好んで使われているようですが、これは一国の経済システムだけではなく、現在の資本主義という経済構造にもガチで当てはまると思います。

 過去の記事もしっかり読んで戴いているようで恐縮です。おっしゃるように現代の経済成長路線はいつストップして崩壊に転じてもおかしくない『砂上の楼閣』ですね。


>地球環境が危機に瀕している真実を国民に告げると、パニックが起きて収拾がつかなくなるとでも思って隠してんじゃないのか?と勘繰ってしまいます。

 それも十分にあり得ますが、それでも成長路線を変更しないのは、産業界の圧力や 何とかなる・・・と言うどうしようもないオプティミズムがあるのでしょうか?


>このまま行くと破滅するのはわかってるはずなんですけどね…

 私もそれは自明の事だと思いますが、そうでもない方もいるのですよ。ここのところどうしようもないコメントをよこすPGさんという方もいます。


>くだらない妄想は置いておいて、

くだらない妄想とは思いません。
自分が私のブログでで脱経済成長を論じても大した効果はないと思っても、将来回避出来ない状態になって、「何故努力しなかったんだ」って子供達からも言われたくないし、自分でも後悔したくないですからね。
 それにあなたのような方が増えれば、回避も夢じゃあないですか!!


>個人的には、資本主義離れは、若い世代を中心にある程度進んでいて、あと5~10年の間にパラダイムシフトが起こると予測しています。

 これまた大胆な予想ですね!!そのぐらい早く(?)だったら、持続可能な社会に移行出来る可能性も低くないですね。
 若い世代に資本主義離れを感じますか???
「青年実業家」と称する若いバリバリの資本主義肯定者も沢山いるように感じます。


>私は、地球環境や経済構造のパラダイムシフトを考えると、株安とか円高なんていうものはそれほど問題ではないと思っています。(むしろ世界で一斉に破綻してくれた方が、経済構造も再構築しやすいですかね^^)

 はっきりしてていいですね。全く同感です。私も実は今回の金融危機は歓迎しています。もっともっと経済破綻しろ・・・ってね。
当然大きな痛みは伴いますが、いつか来るんだし、遅れれば遅れるほど危機的状態も酷くなるのだから、経済は早く破綻して欲しいものです。



>環境と人類が共存できる世界作り。がんばります。

でなしNo.146さんはお若い方ですね??そう言う方がこう言ってくれると頗る嬉しいですよ。

 


株価なんかに左右されない社会を!!
雑草Z
    BEM さん

投資家の中には

>その企業の将来性を見込んでの投資だ


ってよくカッコつけて言う方がいますけど、将来性を見込んで、それに投資して金を儲ける・・・って事であって、その会社の社会貢献の事なんて二の次でしょうね。


>国が潰れたとしても多くの国民は住む所があって食事さえできればなんとか生きていけると思います

 そうですね。食糧自給の問題をクリアできれば大丈夫でしょう。日本で食料の問題はシビアですね。

>安心して歳を取って、子供を育てていけるという安心

 それをしっかりやらない国は駄目ですね。金持ちを優遇しているようじゃ駄目ですね。

 

モラルハザードの投資家たち
雑草Z
    naoさん

 強欲な投資家たちは学習能力と言うよりも、自分の儲けの事しか頭にないのでしょうね。

>身内の麻雀でほどほどに遊んでいたら良いものを

とは、上手い表現ですね!!本当に賭博師も場所はわきまえていて、関係ない一般庶民をも巻き込みませんよね!?それに比べ、投資家はモラルが崩壊していますね。酷いもんです。

  +++++  + ++++ +++   +++++++++++  ++

一回お返事書いたのですが、消えちゃったようです。失礼!


実は投資家の酷いギャンブル性については、次あたりの記事に書こうと思っていました。naoさんは先読みされてますね!!! 

パラダイムシフトに導くべし。。。
でなしNo.146

>「青年実業家」と称する若いバリバリの資本主義肯定者も沢山いるように感じます。

もちろん、まだまだ資本主義肯定者の方がメジャーです(汗)

僕の同級生も資産をたくさん持つことが人生のテーマだと言う人がいました。
(以前の僕も経済成長肯定派{というか無知}でしたが、指針転換しました^^;)


その一方で、NPOを立ち上げて自然と共存する生き方を提唱する団体などが増加傾向にあるようです。
(実態はどうあれ、協賛して寄付、もしくはボランティアで参加する人が増えているそうです)

非営利で自然と共存でき、しかも、楽しく労働ができれば利益追求至上主義&過剰労働社会から、生き方をこちらにシフトしたいと思う人も増えると思います。

実際、新卒の学生でNPOを希望する人が増えました。
(お金より社会貢献や、やりがい、満足感を優先したためだと思います)


あと、PGさんですが、コメント拝見させてもらっています ^^

人間&科学最高。世界は絶対、破滅しない。と言うのは資本主義国の教育(?)をしっかり受けてきた証拠だと思います。

簡単に言うと、上手に洗脳されて世に送り出されたんですね。ある意味、エリートです。


最後に、パラダイムシフトについて。
ありきたりな例ですが、江戸時代最後、幕末にあっても、ほとんどの人は徳川幕府がすべてで、死ぬまでそうだと思っていたらしいです。(一部が「このままじゃ、ヤベェ」と危機感を持っていただけ)

しかし、封建制は崩れ、明治維新成立。
しかも、明治維新に関わった人は当時の日本の人口に対して、10分の1ほどだったらしいのです。

つまり、人口の10分の1の人間でも、時流に乗れば時代を変えられる可能性はあるわけです。

現在の日本では革命は不可能だと思いますが、短期間でダイナミックに体制を転換する能力に長けた人種だと思います。

  
脱成長でも十分、実りのある生活ができると、パラダイムシフトに導いていきたいものです。

>脱成長でも十分、実りのある生活
雑草Z
    でなしNo.146 さん


 またまた長尺の読み応え十分のコメント有難う御座います。
 
 >非営利で自然と共存

と言う生き方を望む若者はいつの時代もいたように思いますが、なんだかこの頃少ないと感じていましたが、そうでもないようで頗る嬉しいです。

本来人間も自然の一部ですから

>自然と共存する生き方

ってのは当然の事で、自然と共存しなくては、人間は生きていけない筈ですが、そういう自然の摂理に対する感覚が欠如した方も多いように感じます。

>江戸時代最後、幕末にあっても、ほとんどの人は徳川幕府がすべてで、死ぬまでそうだと思っていたらしいです

徳川幕府は200年以上続きましたからね。それに比べ経済成長なんて概念が導入されて、それに翻弄されるようになってからまだ数十年です。経済成長なんてネズミ講のように破綻するに決まってます。それを自明の目的に置く国家も社会も狂ってますね。


>明治維新に関わった人は当時の日本の人口に対して、10分の1ほどだったらしいのです

 なるほど、過半数は必要ないですね!!10%以下、数%の人が賛同して頑張れば

>時流に乗れば時代を変えられる可能性はあるわけです。

ね!!非常に参考になります。・・因みに、私の入っている脱成長路線を提唱する団体・・・私は未だ様子見ですが・・・は、会員数百名ですが、それでは流石に無理でしょうかね。


>脱成長でも十分、実りのある生活ができると、パラダイムシフトに導いていきたいものです

 これ、一番大切ですね。ハッとしました。
このブログは2年以上続けていますが、個々の環境問題や環境問題の本質、経済成長や開発の愚かさなどを論じてきました。脱成長後の社会、生活についてはいつか論じようと思いながら、2年以上を過ごしてしまいました。
 そろそろ、脱成長の社会や生活について書き始めたいと思いました。

>実りのある生活

 って表現いいかも知れません。

市場原理主義経済からのパラダイムシフトは、夢として終わらせてはいけませんね。人類社会、地上の生物が滅んでからでは遅過ぎますね。
 脱成長社会へのパラダイムシフトに関してしっかり論じて行くべきですね。

 頗る参考になる考察、有難う御座います。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
投資家って学習能力が無いのでしょうか?身内の麻雀でほどほどに遊んでいたら良いものを隣近所どころか世界中を巻き込むとは許せない行為です。ドバイもあっというまに破綻したようです。日本のバブル崩壊や高度成長時代より、もっと短い。
2008/10/30(Thu) 23:19 | URL  | nao #-[ 編集]
経済構造の抜本的な改革
非常に興味深いですね。


私も果てしなく生産、消費を広げる資本主義という経済構造に疑問&危機感を持っています。


このところ「砂上の楼閣」という言葉が好んで使われているようですが、これは一国の経済システムだけではなく、現在の資本主義という経済構造にもガチで当てはまると思います。


ただ、たまに思うのですが、あらゆる国の政府は地球環境が危機に瀕している真実を国民に告げると、パニックが起きて収拾がつかなくなるとでも思って隠してんじゃないのか?と勘繰ってしまいます。
(経団連とかに気を遣って対策が打てないとか、怒りを通り越して呆れますね)

このまま行くと破滅するのはわかってるはずなんですけどね…


最近の報道でとても印象に残ったものがあります。

アイスランドの首相が「国が潰れるかもしれない…」という意味の発言を行ったときです。

そのとき国民の1人は、「それじゃ、私たちに家を売れと言うの!!」といった憤りをあらわにしたそうです。
(とりあえず、感情的になり、よくわからない批判をしたそうな)


これを、地球滅亡に置き換えた場合(以下妄想。)、
「もう、地球は滅びます。あと約20年早く対策できれば回避できたかもしれませんでした。」

「なんで、20年前に対策しなかったのよ!!このまま死ねと言うの!!」

と言う、なんとも実のない悲しいやりとりになるのかなぁ。なんて考えたり…^^


さて、くだらない妄想は置いておいて、
人類が生きていくためには、経済構造に抜本的な変化が起きなければらない。という事を支持します。

個人的には、資本主義離れは、若い世代を中心にある程度進んでいて、あと5~10年の間にパラダイムシフトが起こると予測しています。


最後になりますが、私は、地球環境や経済構造のパラダイムシフトを考えると、株安とか円高なんていうものはそれほど問題ではないと思っています。
(むしろ世界で一斉に破綻してくれた方が、経済構造も再構築しやすいですかね^^)


次の世代やこれから生まれてくる子ども達に胸を張って贈れる世界を作りたいものです。
(その前に自分達が生き残らないといけない。というのも大切な命題ですが)


環境と人類が共存できる世界作り。がんばります。

 
2008/10/31(Fri) 17:46 | URL  | でなしNo.146 #nmxoCd6A[ 編集]
株価が0円になっても生きてはいける
ワイドショーでそもそも株は?なんて話しをしていましたが、その企業の将来性を見込んでの投資だ。なんて言ってましたけど、純粋にそうであればリーマンが破綻しようがなんともなかったと思うんですが。

バブル期もさっぱり恩恵を預けられなかったのですが、この不況はまともに仕事減という波を受けています。別に海外旅行も新車も欲しくないのですが、安心して歳を取って、子供を育てていけるという安心は欲しいです。

楽観的に考えると、国が潰れたとしても多くの国民は住む所があって食事さえできればなんとか生きていけると思います。けれど、仕事がなくなるのは一番の不安材料です。
大変なのは自分の足で歩かない一握りの人達でしょうか。それでも途上国でゴミの山から、資源になるものを拾っている子供たちよりずっと良い生活ができるでしょう。

株価が26年前の水準になったって言ってますが、今考えても当時だって大変豊かだったと思います。
と考えると株って一体なんなんだろうって考えてしまいますね。
2008/11/01(Sat) 02:05 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
その感性に期待いたします
    でなしNo.146さん

 長尺の共感のコメント有難う御座います。同じ志の方からのこの手のコメントは、近い将来に経済成長を止めるような社会に移行できるのではないかと期待してしまいます。

>このところ「砂上の楼閣」という言葉が好んで使われているようですが、これは一国の経済システムだけではなく、現在の資本主義という経済構造にもガチで当てはまると思います。

 過去の記事もしっかり読んで戴いているようで恐縮です。おっしゃるように現代の経済成長路線はいつストップして崩壊に転じてもおかしくない『砂上の楼閣』ですね。


>地球環境が危機に瀕している真実を国民に告げると、パニックが起きて収拾がつかなくなるとでも思って隠してんじゃないのか?と勘繰ってしまいます。

 それも十分にあり得ますが、それでも成長路線を変更しないのは、産業界の圧力や 何とかなる・・・と言うどうしようもないオプティミズムがあるのでしょうか?


>このまま行くと破滅するのはわかってるはずなんですけどね…

 私もそれは自明の事だと思いますが、そうでもない方もいるのですよ。ここのところどうしようもないコメントをよこすPGさんという方もいます。


>くだらない妄想は置いておいて、

くだらない妄想とは思いません。
自分が私のブログでで脱経済成長を論じても大した効果はないと思っても、将来回避出来ない状態になって、「何故努力しなかったんだ」って子供達からも言われたくないし、自分でも後悔したくないですからね。
 それにあなたのような方が増えれば、回避も夢じゃあないですか!!


>個人的には、資本主義離れは、若い世代を中心にある程度進んでいて、あと5~10年の間にパラダイムシフトが起こると予測しています。

 これまた大胆な予想ですね!!そのぐらい早く(?)だったら、持続可能な社会に移行出来る可能性も低くないですね。
 若い世代に資本主義離れを感じますか???
「青年実業家」と称する若いバリバリの資本主義肯定者も沢山いるように感じます。


>私は、地球環境や経済構造のパラダイムシフトを考えると、株安とか円高なんていうものはそれほど問題ではないと思っています。(むしろ世界で一斉に破綻してくれた方が、経済構造も再構築しやすいですかね^^)

 はっきりしてていいですね。全く同感です。私も実は今回の金融危機は歓迎しています。もっともっと経済破綻しろ・・・ってね。
当然大きな痛みは伴いますが、いつか来るんだし、遅れれば遅れるほど危機的状態も酷くなるのだから、経済は早く破綻して欲しいものです。



>環境と人類が共存できる世界作り。がんばります。

でなしNo.146さんはお若い方ですね??そう言う方がこう言ってくれると頗る嬉しいですよ。

 
2008/11/01(Sat) 22:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
株価なんかに左右されない社会を!!
    BEM さん

投資家の中には

>その企業の将来性を見込んでの投資だ


ってよくカッコつけて言う方がいますけど、将来性を見込んで、それに投資して金を儲ける・・・って事であって、その会社の社会貢献の事なんて二の次でしょうね。


>国が潰れたとしても多くの国民は住む所があって食事さえできればなんとか生きていけると思います

 そうですね。食糧自給の問題をクリアできれば大丈夫でしょう。日本で食料の問題はシビアですね。

>安心して歳を取って、子供を育てていけるという安心

 それをしっかりやらない国は駄目ですね。金持ちを優遇しているようじゃ駄目ですね。

 
2008/11/01(Sat) 22:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
モラルハザードの投資家たち
    naoさん

 強欲な投資家たちは学習能力と言うよりも、自分の儲けの事しか頭にないのでしょうね。

>身内の麻雀でほどほどに遊んでいたら良いものを

とは、上手い表現ですね!!本当に賭博師も場所はわきまえていて、関係ない一般庶民をも巻き込みませんよね!?それに比べ、投資家はモラルが崩壊していますね。酷いもんです。

  +++++  + ++++ +++   +++++++++++  ++

一回お返事書いたのですが、消えちゃったようです。失礼!


実は投資家の酷いギャンブル性については、次あたりの記事に書こうと思っていました。naoさんは先読みされてますね!!! 
2008/11/02(Sun) 00:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
パラダイムシフトに導くべし。。。

>「青年実業家」と称する若いバリバリの資本主義肯定者も沢山いるように感じます。

もちろん、まだまだ資本主義肯定者の方がメジャーです(汗)

僕の同級生も資産をたくさん持つことが人生のテーマだと言う人がいました。
(以前の僕も経済成長肯定派{というか無知}でしたが、指針転換しました^^;)


その一方で、NPOを立ち上げて自然と共存する生き方を提唱する団体などが増加傾向にあるようです。
(実態はどうあれ、協賛して寄付、もしくはボランティアで参加する人が増えているそうです)

非営利で自然と共存でき、しかも、楽しく労働ができれば利益追求至上主義&過剰労働社会から、生き方をこちらにシフトしたいと思う人も増えると思います。

実際、新卒の学生でNPOを希望する人が増えました。
(お金より社会貢献や、やりがい、満足感を優先したためだと思います)


あと、PGさんですが、コメント拝見させてもらっています ^^

人間&科学最高。世界は絶対、破滅しない。と言うのは資本主義国の教育(?)をしっかり受けてきた証拠だと思います。

簡単に言うと、上手に洗脳されて世に送り出されたんですね。ある意味、エリートです。


最後に、パラダイムシフトについて。
ありきたりな例ですが、江戸時代最後、幕末にあっても、ほとんどの人は徳川幕府がすべてで、死ぬまでそうだと思っていたらしいです。(一部が「このままじゃ、ヤベェ」と危機感を持っていただけ)

しかし、封建制は崩れ、明治維新成立。
しかも、明治維新に関わった人は当時の日本の人口に対して、10分の1ほどだったらしいのです。

つまり、人口の10分の1の人間でも、時流に乗れば時代を変えられる可能性はあるわけです。

現在の日本では革命は不可能だと思いますが、短期間でダイナミックに体制を転換する能力に長けた人種だと思います。

  
脱成長でも十分、実りのある生活ができると、パラダイムシフトに導いていきたいものです。
2008/11/04(Tue) 00:34 | URL  | でなしNo.146 #YG9ONXHE[ 編集]
>脱成長でも十分、実りのある生活
    でなしNo.146 さん


 またまた長尺の読み応え十分のコメント有難う御座います。
 
 >非営利で自然と共存

と言う生き方を望む若者はいつの時代もいたように思いますが、なんだかこの頃少ないと感じていましたが、そうでもないようで頗る嬉しいです。

本来人間も自然の一部ですから

>自然と共存する生き方

ってのは当然の事で、自然と共存しなくては、人間は生きていけない筈ですが、そういう自然の摂理に対する感覚が欠如した方も多いように感じます。

>江戸時代最後、幕末にあっても、ほとんどの人は徳川幕府がすべてで、死ぬまでそうだと思っていたらしいです

徳川幕府は200年以上続きましたからね。それに比べ経済成長なんて概念が導入されて、それに翻弄されるようになってからまだ数十年です。経済成長なんてネズミ講のように破綻するに決まってます。それを自明の目的に置く国家も社会も狂ってますね。


>明治維新に関わった人は当時の日本の人口に対して、10分の1ほどだったらしいのです

 なるほど、過半数は必要ないですね!!10%以下、数%の人が賛同して頑張れば

>時流に乗れば時代を変えられる可能性はあるわけです。

ね!!非常に参考になります。・・因みに、私の入っている脱成長路線を提唱する団体・・・私は未だ様子見ですが・・・は、会員数百名ですが、それでは流石に無理でしょうかね。


>脱成長でも十分、実りのある生活ができると、パラダイムシフトに導いていきたいものです

 これ、一番大切ですね。ハッとしました。
このブログは2年以上続けていますが、個々の環境問題や環境問題の本質、経済成長や開発の愚かさなどを論じてきました。脱成長後の社会、生活についてはいつか論じようと思いながら、2年以上を過ごしてしまいました。
 そろそろ、脱成長の社会や生活について書き始めたいと思いました。

>実りのある生活

 って表現いいかも知れません。

市場原理主義経済からのパラダイムシフトは、夢として終わらせてはいけませんね。人類社会、地上の生物が滅んでからでは遅過ぎますね。
 脱成長社会へのパラダイムシフトに関してしっかり論じて行くべきですね。

 頗る参考になる考察、有難う御座います。 
2008/11/04(Tue) 22:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。