-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-08-29 00:04
 「もったいない50の実践」 という小中学生向けのポスターのコンクールのチラシを見ました。応募要項を読むと 主催 福島県 と書いてあります。 運営は 福島県生活環境部環境共生課 というところがやっているようです。入選作品で「もったいない50の実践カレンダー」をつくるとの事。
ポスターや標語を書かせる事しか思いつかないこういう組織も情けないものがあります。ポスターの絵をみんなに書かせる事やカレンダーを作るほうが紙の無駄だから、こんなことはやらない方がよい、そんな事するよりしっかり立法化するべき・・とも思いますが、今回はそれは置いときます。
 「50の実戦」には、結構いい事も書いてある中に、疑問な内容のものも混じっています。そして、どうしようもない事も書かれていたので、その事について述べさせて戴きます。
  水(に関して)
1.水道を出しっ放しにしないようにしましょう。
2.油やごみは排水に流さないようにしましょう。
ここまでは、まあいいでしょう。
次に
3.洗剤は適量を使用しましょう。
とありました。そもそも「適量」って何でしょう。少なめに使った方がいいのでは?。全然使わなくてもいい場合だって結構あります。・・・『3.洗剤の使用は出来るだけ控えましょう。』とすべきでしょう。
そして、「洗剤は適量を使いましょう」とかよりも、どんな洗剤を使うかが大問題です。
「合成洗剤ではなく、粉石鹸(自然石鹸・・脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)を使いましょう」 
とかけないのでしょうか?。

 合成洗剤は、水の汚染の大きな原因です。川も湖沼も河川も、地下水や飲料水までも汚染しているのです。分解されにくく、水中の微生物を殺します。植物の生長も阻害致します。皮膚からの浸透性も強く、溶血作用による貧血、肝臓や腎臓障害、もあります。それに対して、自然石鹸は、一日で水と二酸化炭素に分解され、石鹸カスは微生物の栄養源となり、生態系を循環します。・・・詳しくは、その手の本をお読み下さい。(このブログでも折を見て書こうと思います。)

 何故、合成洗剤の使用禁止を訴えないか・・・きっと、合成洗剤メーカーに気を遣っているのでしょう。そういう運動をしないから、合成洗剤会社もつけあがって、合成洗剤を作り続け、しょうもないCMを放送し続けているのでしょう。
 テレビ局が合成洗剤の被害についてあまり放送しないのは、スポンサーとして大口であるからでしょう・・・ならばNHK・・なんだけど、それも出来ない情けないNHK・・・受信料を払う必要ありませんね。

 勿体ないを呼びかけることは、悪くありませんが、合成洗剤会社に気を遣って   
「洗剤は適量を使用しましょう。」としか言えない福島県生活環境部も情けないものがあります。  

 × × × × × × × × × × × × × × × ×


 最後に蛇足かも知れませんが、最近は、天然成分を使ったと言う合成洗剤も多いようです。だから買う時に、成分を見て間違わないように私が数年前に作った、覚え方です。

   「石鹸は、脂肪さんとは、ナカ良くね!」 
・・石鹸の成分は、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムだけで100%近い成分のものを!! 

 まあ、実際は、洗剤も石鹸も使用を控えるのが一番ですね。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/08/29 00:04】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


Anthony
サラヤのヤシの実洗剤には騙されません。

ヤシの実から抽出したパーム油を原料にした合成洗剤...


P

洗剤会社の潜在環境破壊
雑草Z
    Anthonyさんは、洗剤にお詳しいようですね。
 情報有難う御座います。
 天然素材の合成洗剤、と言うのはよくあるらしいですね。ヤシの実から抽出したパーム油もそうでしたか!?
 
 それが大気中のCO2を抑制するカーボンニュートラルであるなんてとんでもない宣伝活動をしているようですね。
そうやって、森林を伐採する方が環境には絶対良くないし、同じヤシの木が育たなければCO2削減にもなりはしませんね。
 洗剤会社は相当環境破壊している事に間違いないですね。
  兎も角パーム油は使うべきではありませんね!! 

石鹸Vs洗剤
mao
ご無沙汰しています。
と言っても私は毎日拝見させていただいていますが(笑)

昔から洗剤Vs石鹸の戦いがあるようですね。
過去に何度かネットで調べていたことがありました。

今のところ下水道が整備されていることを前提とすると、
五分の判定なのかと思っています。

同じ洗浄力を求める場合、石鹸は洗剤よりも
多く使わなければならない点では洗剤に軍配があがり、
毒性が低いという意味では石鹸に軍配が上がるとの
認識です。

下水道の廃止をめざす場合は、やはり石鹸なのでしょうが、
そのような前提で大勢の人の理解を得るのは難しいかも…。

個人的にはやさしいイメージな石鹸が好きなので、
今回も雑草様のページをうれしく見ていたわけですが。


mao
すみません。下のHPなどを参考にしてのコメントです。
http://ohyoune.exblog.jp/7478487/


Anthony
パーム油自体は、食品にも使われているので、たいした悪者じゃないですし、自然の物ですからね。


悪いのは、パーム油を原料に合成して界面活性剤を作っているのに、天然由来だと、偽装しているヤツラです。

P

大スポンサーの洗剤メーカー
BEM
特にテレビでは洗剤メーカーの批判はできませんね。
こんな啓発しかできないで「もったいない50の実践」とは、そんなチラシやカレンダーを作る方がもったいないです。
もう10年以上も前になりますが、アムウェイを薦められてから色々調べて洗剤の事が分かりました。台所では油を使っていなければ水だけで洗っていますが、これって菌の繁殖とかどーなんだろ?と思いながらも大丈夫かあ♪って感じです。
それからお風呂の洗剤はもう10年全く使わなくなりましたよ~。スポンジで充分なんです!コマーシャルのようにあんな汚さないうちに毎回洗ってると洗剤って必要ないんです。こういうのもテレビじゃなかなか言いませんね。
でも一度、掃除の番組で重曹が一番!みたいな事をやってて、勇気あるな~と思いました(笑)

合成洗剤Vs石鹸
雑草Z
    maoさん


 お久し振りのコメントと情報有難う御座います。ご紹介のページを読ませて戴き、色々考察する為の参考になりました。・・確かに天然石鹸でも自然が処理出来る量には限りがありますから、使用量を控えるべきですね。

>下水道の廃止をめざす場合は、やはり石鹸なのでしょうが、そのような前提で大勢の人の理解を得るのは難しいかも…。

 は、その通りかも知れませんが、そこに落とし穴があると考えます。下水道処理は、その部分で、また更なる汚染が大量発生し、その処理(廃棄)の問題が出てきます。やはり、大規模下水道処理には賛成出来ません。
ご紹介の記事の

>工場排水は規制や対策が進み、

も、確かに工場から河川や湖に流す段階での排水はきれいになったでしょうけれど、処理場で発生した大量の汚染物質の問題から目をそらしているように感じます。
同様にご紹介の記事の

>ライフサイクルアセスメントの試算では,石油系原料の合成洗剤の方がせっけんより優れてい るという結果がある

これも要注意です。合成洗剤会社には、お抱えの御用学者が沢山いますから、この手の「先に結論ありき」の研究は様々な形で出されると思いますが、鵜呑みには出来ないな・・・と思います。

 定量的な水質汚染に関しては、もう少ししっかり調べないと何とも言えませんが・・後のBEMさんのコメントにもあるように、洗剤を使わずに水だけで済ませるようにするのが一番でしょうね。・・・今回の皆さんのコメントを受けての結論です。
 maoさんのおっしゃるように、やはり、(使うのなら)自然の植物などから得られた自然石鹸でしょう。

 
 PS.ご紹介の記事にも同様なコメントしたいと考えます。



パーム油問題
雑草Z
    Anthony さん

パーム油は、生協や自然食品店などでも売られていますが、それは、天然素材と言う事で、「地球に優しい」と言うキャッチコピーに踊らせられているのですね。・・・生協や自然食品店によくある事ですね。

 実際には、プランテーションによる森林伐採(皆伐)による熱帯雨林の消失、先住民からの土地の取り上げ、農薬汚染など、かなり深刻な問題が沢山ありますね。
 
 ところで、界面活性剤は種類が多過ぎて、天然界面活性剤と合成界面活性剤の区別もままなりませんが、 
パーム油を原料に合成界面活性剤を作っている・・・と言う事なのですね?。

  ++++++  ++++++  ++++++ 

 界面活性剤や塩化ビニル系の物質など化学的な事柄は、もっとよく調べなければ記事に出来ないと実感いたしました。 

 

洗剤を使わない事が基本
雑草Z
    BEM さん

 私も、洗剤を使わない事・・を基本に置いて実践していたのですが、
ここのところ、他の人には天然石鹸(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)を使う事を薦めていました。
 しかし、BEMさんのコメントを読んで、初心に戻ろうと思い直しました。
 石油から作られる合成洗剤よりは、天然石鹸の方がずっとましですが、やはり使わない事が一番でしょう。

洗剤メーカーは、極端な清潔意識を植え付けて、実際に洗剤が必要ない所まで、合成洗剤を使わせていますね。・・その為に川の生態系はボロボロです。

・・・と、言う事で、本記事の最後に小さく

>洗剤も石鹸も使用を控えるのが一番ですね

と、付け加えさせて戴きました。
貴重なアドバイス、有難う御座いました。

  ++++  ++++++   ++++++
 
 余談ですが、私もお風呂洗いには洗剤を使っていません。お風呂の残り湯は洗濯と浴槽洗いに使っています。
 ただ、風呂場の洗い場のタイルの目じりの緑のカビはとれませんねえ・・・BEMさんのように毎回洗わないから駄目なんでしょうけどね。・・模様と思えばいいでしょうか?(笑) 
 
 


Anthony
>パーム油を原料に合成界面活性剤を作っている・・・と言う事なのですね

その昔、日本消費者連盟がサラヤを叩いていたが、今も同じらしい。



サラヤのHPには、無添加・無香料・無着色をうたっているが、どんな界面活性剤を使っているかは、一切、ひた隠し。

で、環境保護を商売の一部として利用している。


P

環境保護を商売にして・・・
雑草Z
     Anthonyさん

 本当に環境の事をしっかり考えて対策している会社は評価すべきだと思いますが、環境を破壊している会社に限って、環境保全を売り物にしている事が多くて嫌になりますね。
 私は 、’サラヤ’ と言う会社名は初耳で、そのHPを見てみたら、いきなり
「衛生・環境・健康」のサラヤです。
と出てきました(笑・・・Anthonyさんはいろんな会社をよくご存じですね。)

>どんな界面活性剤を使っているかは、一切、ひた隠し。

と言う事は、もしかしたら、パーム油に合成界面活性剤を混入して、「天然素材」を売り物にしているかも知れませんね。要注意ですね。・・まだ白黒は分かりませんが・・


 ××××  ××××  ××××  ××××

ところで、Anthonyさんが、以前【邪悪なコンクリート】2008-06-05アップ
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-302.html

に下さったコメントを明日9月1日アップ予定の記事の一部に使わせて戴きます。Anthony さんが書いて下さらないもので・・・(笑)
もしも不都合等がありましたらご連絡下さいませ。

私の場合・・・
竹馬
シャンプーはここ10年買ってないです。銭湯、旅行などで使う事が年に10回も満たない。
石鹸は風呂で3日に2回くらい使います。泡が立つかたたないかの量です。養鶏場で働いていても問題なしです。
洗濯は洗濯石鹸ですが、70%脂肪酸ナトリウムのものです。泡が立たない量です。職場で鶏糞の粉にまみれた服でも問題なし!
 台所洗剤は基本はお湯のみ。油がひどいときや、器にうっすらと匂いがついたら、中性洗剤を1,2滴。問題なし。
 汚れを落とすのはきれいな水です。

大変参考になる使い方です
雑草Z
    竹馬さん

 ご訪問&初のコメント有難う御座います。

 同じ体を洗うのに、ボディ用とか髪の毛用とか専用の洗剤で使い分けるって、能率が悪いですよね。きっと洗剤会社の陰謀でしょう。髪の毛なんかシャンプーとリンスを使わせています。・・・合成シャンプーがいかに毒かと言う事も示してますが・・・石鹸で十分ですね。
 泡が沢山立った洗濯機で洗濯・・・・・・と言うのも然り。洗剤会社のイメージ戦略なのでしょう。竹馬さんのおっしゃるように石鹸が泡が立たない程度の量でも十分でしょうね。
 台所もお湯で十分なときも、これまたTVCMなどのイメージ戦略で色んな種類の洗剤を使い分けているのでしょうね。
・・・まさにニーズの開発です。みんな洗剤会社に踊らされていますね。

竹馬さんの洗剤の使い方は大変参考になりました。


Anthony
>Anthony さんが書いて下さらないもので・・・(笑)

すんません、最近は文章も書けないくらい衰弱しておりまして。

どうぞ、コメントは使ってくださいです。





勿論冗談です。
雑草Z
    Anthonyさん

 Anthonyさんの書かれる短文は面白いですよ。ここへのコメントも、[編集長-ひとこと]も[編集長-ひとりごと]も話題が豊富で雑学の大家ですね。
 少なくとも【山の草を刈って花を植える人たち】の記事に載せた新聞記者の作文よりは、遥かに上手いですよ。(笑・・変なのと比べてすみません)

 それに、元コピーライターのAnthony氏 に執筆をお願いしたら、原稿料を払わなければならないじゃないですか!!?

 ・・コメントの内容、有り難く使わせて戴きました。 




ゆいまーる
雑草Zさま 付随させてください。

>『3.洗剤の使用は出来るだけ控えましょう。』

当てはまるところとそうでないところがあります。

・洗濯石けんでは、少ないと泡立ちません。
 汚れが落ちないばかりでなく、石けんカスがつく原因となります。

・我家の台所では、相当の油汚れでなければ洗剤(せっけん)は使用しません。
 基本的に汚れはボロ切れや古紙で拭き取ってから、ゆで汁(熱いものをフタして
 とって置きます)&アクリルたわし等で洗って流水ですすぎ、おしまい。
・お風呂は、残り湯を洗濯に使ったあとのお湯を使い、これもBEMさんちと同じく
 スポンジで洗うのが基本。まれに重層+ときおり洗濯石けんも
・トイレは、ブラシでさっと洗うだけが基本。
 ときどき 重層+クエン酸+ときおり洗濯石けん

「重層+クエン酸+洗濯石けん」の三種の神器があれば、ナチュラルクリーニング♪

>風呂場の洗い場のタイルの目じりの緑のカビ

一度、一生懸命洗い落としたあと、鑞を摺り込んでおきます。
あと、熱を含んだ湿気の状態を取り除くとよいです。
みんなが入浴したあと、壁に水をかけ、窓を開けておきます。日中も陽に当てて。

石けんシャンプーでリンスに酢を使っていた時期があります。


また、パームヤシの問題は洗剤だけでなく、食用油の使用が結構多いと聞きました。
(データ調べず、ゴメンなさい)

思いついたまま、散文すみません。
MYブログに載っけようと思っているものの放置中です。。


ゆいまーる
追加です。

洗濯では、バスタオルなど、そう汚れていないものは水だけで。
おひさまに干したら殺菌されます。問題なし♪
水はすべてを洗い流してくれます。

様々な知恵、有難う御座います。
雑草Z
    ゆいまーるさん

台所では、
>ゆで汁(熱いものをフタしてとって置きます)&アクリルたわし等で洗って流水ですすぎ、おしまい

 これいいですね。是非とも広めたいですね。

 お風呂とトイレに関しては我が家も大体似たような感じです。

>一生懸命洗い落としたあと、鑞を摺り込んでおきます。

 そんな技があったのですね!?蠟はすぐ剥がれないのでしょうか?


 追加のコメントが特にいいですね。

>洗濯では、バスタオルなど、そう汚れていないものは水だけで。

 これからはそうしたいですね。出来れば昔のようにきれいな川(の水)で洗濯してみたいものです。・・・それは今のところ無理ですが・・。

>おひさまに干したら殺菌されます。問題なし♪

 そう、基本は太陽と水ですね!!!

>水はすべてを洗い流してくれます。

 いい響きです。
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
サラヤのヤシの実洗剤には騙されません。

ヤシの実から抽出したパーム油を原料にした合成洗剤...


P
2008/08/29(Fri) 00:31 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
洗剤会社の潜在環境破壊
    Anthonyさんは、洗剤にお詳しいようですね。
 情報有難う御座います。
 天然素材の合成洗剤、と言うのはよくあるらしいですね。ヤシの実から抽出したパーム油もそうでしたか!?
 
 それが大気中のCO2を抑制するカーボンニュートラルであるなんてとんでもない宣伝活動をしているようですね。
そうやって、森林を伐採する方が環境には絶対良くないし、同じヤシの木が育たなければCO2削減にもなりはしませんね。
 洗剤会社は相当環境破壊している事に間違いないですね。
  兎も角パーム油は使うべきではありませんね!! 
2008/08/29(Fri) 21:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
石鹸Vs洗剤
ご無沙汰しています。
と言っても私は毎日拝見させていただいていますが(笑)

昔から洗剤Vs石鹸の戦いがあるようですね。
過去に何度かネットで調べていたことがありました。

今のところ下水道が整備されていることを前提とすると、
五分の判定なのかと思っています。

同じ洗浄力を求める場合、石鹸は洗剤よりも
多く使わなければならない点では洗剤に軍配があがり、
毒性が低いという意味では石鹸に軍配が上がるとの
認識です。

下水道の廃止をめざす場合は、やはり石鹸なのでしょうが、
そのような前提で大勢の人の理解を得るのは難しいかも…。

個人的にはやさしいイメージな石鹸が好きなので、
今回も雑草様のページをうれしく見ていたわけですが。
2008/08/29(Fri) 22:23 | URL  | mao #-[ 編集]
すみません。下のHPなどを参考にしてのコメントです。
http://ohyoune.exblog.jp/7478487/
2008/08/29(Fri) 22:26 | URL  | mao #-[ 編集]
パーム油自体は、食品にも使われているので、たいした悪者じゃないですし、自然の物ですからね。


悪いのは、パーム油を原料に合成して界面活性剤を作っているのに、天然由来だと、偽装しているヤツラです。

P
2008/08/30(Sat) 00:21 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
大スポンサーの洗剤メーカー
特にテレビでは洗剤メーカーの批判はできませんね。
こんな啓発しかできないで「もったいない50の実践」とは、そんなチラシやカレンダーを作る方がもったいないです。
もう10年以上も前になりますが、アムウェイを薦められてから色々調べて洗剤の事が分かりました。台所では油を使っていなければ水だけで洗っていますが、これって菌の繁殖とかどーなんだろ?と思いながらも大丈夫かあ♪って感じです。
それからお風呂の洗剤はもう10年全く使わなくなりましたよ~。スポンジで充分なんです!コマーシャルのようにあんな汚さないうちに毎回洗ってると洗剤って必要ないんです。こういうのもテレビじゃなかなか言いませんね。
でも一度、掃除の番組で重曹が一番!みたいな事をやってて、勇気あるな~と思いました(笑)
2008/08/30(Sat) 01:20 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
合成洗剤Vs石鹸
    maoさん


 お久し振りのコメントと情報有難う御座います。ご紹介のページを読ませて戴き、色々考察する為の参考になりました。・・確かに天然石鹸でも自然が処理出来る量には限りがありますから、使用量を控えるべきですね。

>下水道の廃止をめざす場合は、やはり石鹸なのでしょうが、そのような前提で大勢の人の理解を得るのは難しいかも…。

 は、その通りかも知れませんが、そこに落とし穴があると考えます。下水道処理は、その部分で、また更なる汚染が大量発生し、その処理(廃棄)の問題が出てきます。やはり、大規模下水道処理には賛成出来ません。
ご紹介の記事の

>工場排水は規制や対策が進み、

も、確かに工場から河川や湖に流す段階での排水はきれいになったでしょうけれど、処理場で発生した大量の汚染物質の問題から目をそらしているように感じます。
同様にご紹介の記事の

>ライフサイクルアセスメントの試算では,石油系原料の合成洗剤の方がせっけんより優れてい るという結果がある

これも要注意です。合成洗剤会社には、お抱えの御用学者が沢山いますから、この手の「先に結論ありき」の研究は様々な形で出されると思いますが、鵜呑みには出来ないな・・・と思います。

 定量的な水質汚染に関しては、もう少ししっかり調べないと何とも言えませんが・・後のBEMさんのコメントにもあるように、洗剤を使わずに水だけで済ませるようにするのが一番でしょうね。・・・今回の皆さんのコメントを受けての結論です。
 maoさんのおっしゃるように、やはり、(使うのなら)自然の植物などから得られた自然石鹸でしょう。

 
 PS.ご紹介の記事にも同様なコメントしたいと考えます。

2008/08/30(Sat) 08:11 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
パーム油問題
    Anthony さん

パーム油は、生協や自然食品店などでも売られていますが、それは、天然素材と言う事で、「地球に優しい」と言うキャッチコピーに踊らせられているのですね。・・・生協や自然食品店によくある事ですね。

 実際には、プランテーションによる森林伐採(皆伐)による熱帯雨林の消失、先住民からの土地の取り上げ、農薬汚染など、かなり深刻な問題が沢山ありますね。
 
 ところで、界面活性剤は種類が多過ぎて、天然界面活性剤と合成界面活性剤の区別もままなりませんが、 
パーム油を原料に合成界面活性剤を作っている・・・と言う事なのですね?。

  ++++++  ++++++  ++++++ 

 界面活性剤や塩化ビニル系の物質など化学的な事柄は、もっとよく調べなければ記事に出来ないと実感いたしました。 

 
2008/08/30(Sat) 09:21 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
洗剤を使わない事が基本
    BEM さん

 私も、洗剤を使わない事・・を基本に置いて実践していたのですが、
ここのところ、他の人には天然石鹸(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)を使う事を薦めていました。
 しかし、BEMさんのコメントを読んで、初心に戻ろうと思い直しました。
 石油から作られる合成洗剤よりは、天然石鹸の方がずっとましですが、やはり使わない事が一番でしょう。

洗剤メーカーは、極端な清潔意識を植え付けて、実際に洗剤が必要ない所まで、合成洗剤を使わせていますね。・・その為に川の生態系はボロボロです。

・・・と、言う事で、本記事の最後に小さく

>洗剤も石鹸も使用を控えるのが一番ですね

と、付け加えさせて戴きました。
貴重なアドバイス、有難う御座いました。

  ++++  ++++++   ++++++
 
 余談ですが、私もお風呂洗いには洗剤を使っていません。お風呂の残り湯は洗濯と浴槽洗いに使っています。
 ただ、風呂場の洗い場のタイルの目じりの緑のカビはとれませんねえ・・・BEMさんのように毎回洗わないから駄目なんでしょうけどね。・・模様と思えばいいでしょうか?(笑) 
 
 
2008/08/30(Sat) 10:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>パーム油を原料に合成界面活性剤を作っている・・・と言う事なのですね

その昔、日本消費者連盟がサラヤを叩いていたが、今も同じらしい。



サラヤのHPには、無添加・無香料・無着色をうたっているが、どんな界面活性剤を使っているかは、一切、ひた隠し。

で、環境保護を商売の一部として利用している。


P
2008/08/31(Sun) 00:53 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
環境保護を商売にして・・・
     Anthonyさん

 本当に環境の事をしっかり考えて対策している会社は評価すべきだと思いますが、環境を破壊している会社に限って、環境保全を売り物にしている事が多くて嫌になりますね。
 私は 、’サラヤ’ と言う会社名は初耳で、そのHPを見てみたら、いきなり
「衛生・環境・健康」のサラヤです。
と出てきました(笑・・・Anthonyさんはいろんな会社をよくご存じですね。)

>どんな界面活性剤を使っているかは、一切、ひた隠し。

と言う事は、もしかしたら、パーム油に合成界面活性剤を混入して、「天然素材」を売り物にしているかも知れませんね。要注意ですね。・・まだ白黒は分かりませんが・・


 ××××  ××××  ××××  ××××

ところで、Anthonyさんが、以前【邪悪なコンクリート】2008-06-05アップ
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-302.html

に下さったコメントを明日9月1日アップ予定の記事の一部に使わせて戴きます。Anthony さんが書いて下さらないもので・・・(笑)
もしも不都合等がありましたらご連絡下さいませ。
2008/08/31(Sun) 02:15 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
私の場合・・・
シャンプーはここ10年買ってないです。銭湯、旅行などで使う事が年に10回も満たない。
石鹸は風呂で3日に2回くらい使います。泡が立つかたたないかの量です。養鶏場で働いていても問題なしです。
洗濯は洗濯石鹸ですが、70%脂肪酸ナトリウムのものです。泡が立たない量です。職場で鶏糞の粉にまみれた服でも問題なし!
 台所洗剤は基本はお湯のみ。油がひどいときや、器にうっすらと匂いがついたら、中性洗剤を1,2滴。問題なし。
 汚れを落とすのはきれいな水です。
2008/08/31(Sun) 20:13 | URL  | 竹馬 #-[ 編集]
大変参考になる使い方です
    竹馬さん

 ご訪問&初のコメント有難う御座います。

 同じ体を洗うのに、ボディ用とか髪の毛用とか専用の洗剤で使い分けるって、能率が悪いですよね。きっと洗剤会社の陰謀でしょう。髪の毛なんかシャンプーとリンスを使わせています。・・・合成シャンプーがいかに毒かと言う事も示してますが・・・石鹸で十分ですね。
 泡が沢山立った洗濯機で洗濯・・・・・・と言うのも然り。洗剤会社のイメージ戦略なのでしょう。竹馬さんのおっしゃるように石鹸が泡が立たない程度の量でも十分でしょうね。
 台所もお湯で十分なときも、これまたTVCMなどのイメージ戦略で色んな種類の洗剤を使い分けているのでしょうね。
・・・まさにニーズの開発です。みんな洗剤会社に踊らされていますね。

竹馬さんの洗剤の使い方は大変参考になりました。
2008/08/31(Sun) 21:26 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>Anthony さんが書いて下さらないもので・・・(笑)

すんません、最近は文章も書けないくらい衰弱しておりまして。

どうぞ、コメントは使ってくださいです。



2008/09/01(Mon) 00:05 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
勿論冗談です。
    Anthonyさん

 Anthonyさんの書かれる短文は面白いですよ。ここへのコメントも、[編集長-ひとこと]も[編集長-ひとりごと]も話題が豊富で雑学の大家ですね。
 少なくとも【山の草を刈って花を植える人たち】の記事に載せた新聞記者の作文よりは、遥かに上手いですよ。(笑・・変なのと比べてすみません)

 それに、元コピーライターのAnthony氏 に執筆をお願いしたら、原稿料を払わなければならないじゃないですか!!?

 ・・コメントの内容、有り難く使わせて戴きました。 

2008/09/01(Mon) 21:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
雑草Zさま 付随させてください。

>『3.洗剤の使用は出来るだけ控えましょう。』

当てはまるところとそうでないところがあります。

・洗濯石けんでは、少ないと泡立ちません。
 汚れが落ちないばかりでなく、石けんカスがつく原因となります。

・我家の台所では、相当の油汚れでなければ洗剤(せっけん)は使用しません。
 基本的に汚れはボロ切れや古紙で拭き取ってから、ゆで汁(熱いものをフタして
 とって置きます)&アクリルたわし等で洗って流水ですすぎ、おしまい。
・お風呂は、残り湯を洗濯に使ったあとのお湯を使い、これもBEMさんちと同じく
 スポンジで洗うのが基本。まれに重層+ときおり洗濯石けんも
・トイレは、ブラシでさっと洗うだけが基本。
 ときどき 重層+クエン酸+ときおり洗濯石けん

「重層+クエン酸+洗濯石けん」の三種の神器があれば、ナチュラルクリーニング♪

>風呂場の洗い場のタイルの目じりの緑のカビ

一度、一生懸命洗い落としたあと、鑞を摺り込んでおきます。
あと、熱を含んだ湿気の状態を取り除くとよいです。
みんなが入浴したあと、壁に水をかけ、窓を開けておきます。日中も陽に当てて。

石けんシャンプーでリンスに酢を使っていた時期があります。


また、パームヤシの問題は洗剤だけでなく、食用油の使用が結構多いと聞きました。
(データ調べず、ゴメンなさい)

思いついたまま、散文すみません。
MYブログに載っけようと思っているものの放置中です。。
2008/10/06(Mon) 12:55 | URL  | ゆいまーる #-[ 編集]
追加です。

洗濯では、バスタオルなど、そう汚れていないものは水だけで。
おひさまに干したら殺菌されます。問題なし♪
水はすべてを洗い流してくれます。
2008/10/06(Mon) 12:59 | URL  | ゆいまーる #-[ 編集]
様々な知恵、有難う御座います。
    ゆいまーるさん

台所では、
>ゆで汁(熱いものをフタしてとって置きます)&アクリルたわし等で洗って流水ですすぎ、おしまい

 これいいですね。是非とも広めたいですね。

 お風呂とトイレに関しては我が家も大体似たような感じです。

>一生懸命洗い落としたあと、鑞を摺り込んでおきます。

 そんな技があったのですね!?蠟はすぐ剥がれないのでしょうか?


 追加のコメントが特にいいですね。

>洗濯では、バスタオルなど、そう汚れていないものは水だけで。

 これからはそうしたいですね。出来れば昔のようにきれいな川(の水)で洗濯してみたいものです。・・・それは今のところ無理ですが・・。

>おひさまに干したら殺菌されます。問題なし♪

 そう、基本は太陽と水ですね!!!

>水はすべてを洗い流してくれます。

 いい響きです。
 
2008/10/06(Mon) 21:53 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。