-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-08-31 23:43
子供の頃、物を捨てるのが嫌いだった。 強迫神経症的に、がらくたでも何でも取って置いた。片付かなくてどうしても捨てろと親に言われて捨てられた時、また資源として役に立つのだと自分を納得させた。当時分別回収なんてなかったが、きっと集めてから分別するのだと子供心に言い聞かせた。・・・だから、また資源に戻さずに、ただ燃やしたり埋めたりする事を知ったとき、唖然とした。私が行政に不満をもった初めての瞬間かも知れない。当時、くず屋さんと言うのもあったし、ぶたのえさとして残飯を集めてくれる人もいた。だから、まさか行政がそんな子供が普通に考えても大変な結果を生み出す事をやっているなんて思わなかった。
 当時、環境問題なんて言葉もなかったけれど、ちゃんと回収業者がいたのだ。それなのに、その回収業者のないゴミは、再利用どころか燃やしたり埋めたり・・何故か?それは高度経済成長時代と呼ぶところの『経済効率』。なんてこった!

中学に入って紙のリサイクルを中学校で試みた。回収してまとめた。先生に頼んで業者に連絡してもらったら、業者が引き取ってくれなかった。否、一部は引き取って貰ったのかも知れない。新聞紙だとか、均質の紙でないとダメと言われた。自分もそこでやめてしまった。そのゴミは私が卒業した後にゴミとして捨てられたのだろうか?当時は許されていた学校の焼却炉で燃やされたのだろうか?誰かが再挑戦してしっかり回収業者に引きとって貰っただろうか?途中でやめた自分の無責任さに、時々思い出して心が痛んだ。
  
 
 江戸時代はゴミで埋め立てなんかせずに、それこそそれぞれのゴミの回収業があったそうだ。今で言うところの分別回収があったのだ。それが普通なのだけれど、今から見れば、今よりしっかり進んでいたのだ。リユース、リサイクル率100%。明治以降も概ねそれは続いて、戦前までは、ゴミ問題は顕著化していなかったであろう。(明治から昭和初期までのゴミの分別回収について知っている人に教えて欲しい。)

 NA (Native American) もリサイクル100%だったそうだ。そう、我々黄色人種はどこでも自然と共存共栄する思想に満ち、白人社会の様に自然を開拓すべき対象とは見ていなかった筈だ。それがどうだろう!今は白人社会の方がリサイクルリユースに積極的で,(アメリカは最悪の部類)日本なんか、今だに形式だけだったり全く徹底していない。白人社会は確かに産業革命が早くて環境破壊が早く起こったからと言うのも一つの理由だけれど、白人から入った文化を鵜呑みにして、今だに悪い面を直さない。日本人も悲しい。そして、こんな日本を嫌っている筈の中国も韓国も、経済優先の点では悪い日本を見本にしている。
 黄色人種は素直で従順で疑う心が少ないのだろうか?植民地化されたから仕方がないのだろうか?植民地が終わった今でさえこんなに酷いなんて、征服されてる間に我々の思考のDNAが麻痺してしまったのだろうか?白人社会でもアメリカはいまだにひどいけれど。

 ゴミの事だけでなく、次第に悪くなる環境問題で、古き良き時代を懐かしむペーソスだけの世の中はフィクションであって欲しい。そうじゃなければ悲し過ぎてやるせない。そんな古き良き時代が来る様にオプティミズムを持って諦めないで取り組まないと・・中学時代の後悔を繰り返すのはまっぴらゴメン。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/08/31 23:43】 | 思い出 トラックバック(0) |

私も小さい頃
社枯
物を捨てるのが嫌いでした。割れてしまったペンケースやアメ・ガムの包み紙まで捨てられずに取って置いていました。
親に怒られて片っ端から捨てられましたが…。

今の時代でリサイクル率100%が実現できたらどんなに良いか…。
日本はこれまでで、経済的な面は豊かになったのかもしれませんが、そんなことよりもっと大切な事がどんどん失われていきますね…。

物を捨てられない心。
雑草Z
 物を捨てるのが嫌いというのは、現在の日本では、物の整理がつかなくて大変みたいですが、そんな使い捨ての時代が続く筈がありません。本来、物を大切に使う事はいい心掛けに決まってます。 
>割れてしまったペンケースやアメ・ガムの包み紙まで捨てられずに
 と云うところがとてもいいですね。
そう云う部分、非常に共感出来ます。同志って感じが致します(笑)。私は、勿体無い精神と共に、強迫観念もあったのですが、この部分から想像するに、社枯さんも結構強迫観念あったみたいですね?(笑)
 「使い捨て出来るくらい物が溢れて経済面が豊かになった」なんて事は、素晴らしいどころか、心が貧しすぎますね。
 精神的な事ばかりでなく、今のゴミの大量放出は、大切な資源をどんどん失い、環境汚染が進み、生物が棲めない環境になって生態系破壊、人間社会崩壊をもたらしますね。
 ただ、リサイクルはエネルギーを使うので、全てのものをリサイクルするのがいい訳ではなく、リサイクル率100%には、条件があります。そこのところは、
【リサイクル再考】シリーズ(2007年2/13~2/21)などを見て下さいね。

 <雑草の言葉>を始めた初期の頃(字の大きさも一定で、色も付けていません・・笑)の、誰もコメントくれなかった頃の記事にコメント戴き、非常に嬉しく思います。この頃は、Yahoo!ブログにいて、訪問者も非常に少なかった頃の記事です。(移転しました)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も小さい頃
物を捨てるのが嫌いでした。割れてしまったペンケースやアメ・ガムの包み紙まで捨てられずに取って置いていました。
親に怒られて片っ端から捨てられましたが…。

今の時代でリサイクル率100%が実現できたらどんなに良いか…。
日本はこれまでで、経済的な面は豊かになったのかもしれませんが、そんなことよりもっと大切な事がどんどん失われていきますね…。
2007/03/12(Mon) 13:53 | URL  | 社枯 #-[ 編集]
物を捨てられない心。
 物を捨てるのが嫌いというのは、現在の日本では、物の整理がつかなくて大変みたいですが、そんな使い捨ての時代が続く筈がありません。本来、物を大切に使う事はいい心掛けに決まってます。 
>割れてしまったペンケースやアメ・ガムの包み紙まで捨てられずに
 と云うところがとてもいいですね。
そう云う部分、非常に共感出来ます。同志って感じが致します(笑)。私は、勿体無い精神と共に、強迫観念もあったのですが、この部分から想像するに、社枯さんも結構強迫観念あったみたいですね?(笑)
 「使い捨て出来るくらい物が溢れて経済面が豊かになった」なんて事は、素晴らしいどころか、心が貧しすぎますね。
 精神的な事ばかりでなく、今のゴミの大量放出は、大切な資源をどんどん失い、環境汚染が進み、生物が棲めない環境になって生態系破壊、人間社会崩壊をもたらしますね。
 ただ、リサイクルはエネルギーを使うので、全てのものをリサイクルするのがいい訳ではなく、リサイクル率100%には、条件があります。そこのところは、
【リサイクル再考】シリーズ(2007年2/13~2/21)などを見て下さいね。

 <雑草の言葉>を始めた初期の頃(字の大きさも一定で、色も付けていません・・笑)の、誰もコメントくれなかった頃の記事にコメント戴き、非常に嬉しく思います。この頃は、Yahoo!ブログにいて、訪問者も非常に少なかった頃の記事です。(移転しました)
2007/03/12(Mon) 22:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。