-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-01-05 00:02
日本の自然崇拝の中で最も基本になるのは、森やそこに生える木に対する崇拝でしょう。
 日本の神社には、必ず森や林があります。神社の神殿や拝殿というものは、7世紀頃出来たものらしく、それ以前は森そのものが神様だったようです。神様をあの神殿に閉じ込める事は出来ない筈であり、神様は空から時々木に降りてくると考えられていたのです。御神木にはしめ縄が張ってありますが、それは、この木に神様が降りてきますよという印なんだそうです。
  参考;[森の思想]が人類を救う  梅原猛 著 


 森は人間に多くのものを与えてくれます。食べられる木の実や草、水、様々な動物、道具にすぐに加工出来る木、燃料となる木、身を覆うもの・・・狩猟採取時代には人々が生活する為の全てのものを森が与えてくれていたのではないでしょうか?だから、森に感謝し、森やそこにある木を崇拝するという事は、古代の人々にとって至極当然のことだったのでしょう。
 崇拝する森を聖域とし、森を荒らす事を厳しく制限したからこそ、古代狩猟採取社会を長く維持出来たのでしょう。逆に、森を大切にしなかった古代人は、そのうち生活に支障をきたし、滅んでいったのではないでしょうか?イースター島の文明崩壊も、木を乱伐して切り尽くしてしまった事が大きな原因です。つまり、森を崇拝することは、迷信でも何でもなく、人類が生きる為に必要なものを供給してくれる森に対しての感謝であったのでしょう。


 現在でもよく、開発で御神木を切るとかいう話がありますが、とんでもない話です。ご神木を切ってまでも進めなければならない開発などない筈です。・・・と言うより開発は長い目で見れば人々の生活を悪くするものばかりです。森を潰すと言う行為は、社会の為といいながら、一時の自分の利益しか考えない人間の浅はかな行動ではないでしょうか?。

 神社とそこの森は、いつの時代でもしっかり守るべきでしょう。
 科学と合理主義の時代と言われている現代も例外ではなく、森の存在は持続可能な社会の維持の為の必要条件です。
 神社とその御神木を大切に守っている間は、日本もまだ大丈夫のような気が致します。
 人間はもっと謙虚に森を崇拝しなければ、きっと滅びてしまうでしょう。 

    ×××× ××××  ×××× ×××× ×××× 

 子供の頃、正月に従兄弟と一緒に、従兄弟の父親の伯父に連れられて、神社周りをした記憶があります。そこら辺の神社、お稲荷さんを祀っているだけの本当に小さな祠みたいなものから、比較的大きくて神主さんもいるようなところ、無人だけれど鳥居がやたらに沢山あるところまで、片っ端から回って見て歩きました。子供心にそれがとても面白い探検でした。小学生の頃の正月の思い出での中で、はっきり記憶にあるのはこの時の事だけかも知れません。その頃はまだ、神社とお寺の区別がはっきりつかなかったと思いますが、その日回ったのは全部神社だったような気がします。
 当時から別に信仰心はなかったけれど、この薄暗い神社の魑魅魍魎の感じがたまらなくいい雰囲気でした。あの古い瀬戸物で出来たお稲荷さんも、この雰囲気の演出には持ってこいでした。

    ×××× ××××  ×××× ×××× ×××× 

  私の友達に、趣味で、神社を巡ってこま犬を研究している人物がいます。以前は、正直、彼の狛犬の話はあまり興味がありませんでした。(ワイン好きのエンジニアの友人のワイン談義よりはましでしたが・・・)。ある日、彼と会ったとき、仕方がないから彼に付き合って神社で狛犬を実際に見て回ったことがあります。彼の解説を聞いているうちに、狛犬も中々面白いものだと感じました。口にくわえているものから、口の開き方、前の足で押さえているもの、など色々バリエーションがあるのです。きっとこれは、子供の時、神社めぐりをしたときと同じあの感覚があるのではないかと感じました。

・・・そう、神社のあの古からの魑魅魍魎が住み着いている感覚が好きだったのです。時々、道端に神社を見つけたときは、道草をして覗いてしまいます。

    ×××× ××××  ×××× ×××× ××××

 各地に沢山残っている神社とその森を守っていくことは、日本人にとって大切な慣習ではないかと思います。森に、神が降り立つ御神木が無くなり、魑魅魍魎の気配がなくなったら世も末かも知れません。

 この正月中に一日神社巡りをして見ようと思います。 
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/01/05 00:02】 | 思想・価値観 トラックバック(0) |


sitb
はじめまして

僕も環境問題に興味があるのでこのブログはすごく参考になります。

これからちょくちょくコメントすると思うので、どうかよろしくお願いします。

環境問題の本質と有効な対策
雑草Z
はじめまして、コメント歓迎いたします。

 ここ数年、環境問題に関する関心が急速に高まっていますが、ギャグのような逆効果の似非環境対策だらけです。しっかりしたまともな対策は遅れて間に合わないペースです。もっと自然の摂理に沿った本質的な環境対策を早急にすべきです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして

僕も環境問題に興味があるのでこのブログはすごく参考になります。

これからちょくちょくコメントすると思うので、どうかよろしくお願いします。
2008/01/07(Mon) 21:14 | URL  | sitb #-[ 編集]
環境問題の本質と有効な対策
はじめまして、コメント歓迎いたします。

 ここ数年、環境問題に関する関心が急速に高まっていますが、ギャグのような逆効果の似非環境対策だらけです。しっかりしたまともな対策は遅れて間に合わないペースです。もっと自然の摂理に沿った本質的な環境対策を早急にすべきです。
2008/01/08(Tue) 23:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。