-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-12-25 01:01
 かなり以前から、日本ではクリスマスを祝っていました。キリスト教でもないのに変ですねえ・・・でも神仏混合の例もあるように、無節操なのが日本の宗教で、それが悪い事とも言えません。自分達の神こそ唯一とばかりに宗教で戦争するよりはずっとましでしょう。・・って、日本のクリスマスを、宗教の観点から語るのは、お門違いですね。商業や経済で語ったほうが現実に則します。

×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 幼い頃、クリスマスは普通の子供の例に漏れず、サンタクロースからのプレゼントが楽しみだったような気がします・・・きっと2,3回しか貰ってないと思いますが、そのプレゼントで覚えているのはたった一つです。・・・それは、テレビです。当時家には白黒テレビが1台、1階の居間にありましたが、2階の部屋にも欲しいなと幼い頃・・・自分で言ったのか母がそうしろと言ったのか定かではありませんが、何日か前から母とサンタさんにお願いしていました。 前の日あたりになって
「やっぱりテレビはいらないから、別な○○が欲しい」
と言ったら、母は
「・・同じものをずっとお願いし続けなければサンタさんはくれないよ。・・」
って、テレビをお願い続けさせました。・・その甲斐あって、クリスマスの朝には、テレビが2階の寝ていた部屋に置いてありました。とっても小さな白黒テレビです。別に私のものという訳ではなく、家族で見ました。
・・・そう、サンタクロースにお願いするものは、家族みんなで使うものがいいのです。・・特に母がいいと言った物がいいのです・・・そして、直前に変えてはいけないのです。



 家の子が幼いときにクリスマスの朝、下げておいた靴下の中を見て言いました。
「サンタクロースも、字を読み間違えるんだね・・・『おてがみセット』と書いたのに、『おりがみセット』が入っている。サンタさんもダイソーから買うのかな?これダイソーに売ってるやつと同じだよ・・・」
 きっとそのサンタはクリスマスプレゼントなんて習慣やりたくなかったけど、どこから覚えて来たのか、子供が靴下を下げたので、仕方なくダイソーから買って来たんだな。

 まあ、前置きの思い出話はこれくらいにして・・・


×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 アメリカあたりではかなり以前からクリスマスの頃に個人の家を電飾するなんてあったみたいですが、日本ではバブルの時代でも個人の家が夜に家の周りを電飾するなんてなかったように思います。少なくとも私の住んでいた田舎ではありませんでした。・・せいぜい家の中を飾るくらいではなかったでしょうか。それが今では、クリスマスの電飾は、年々派手になっています。個人の家で競って派手な電飾をして、名物になっている街もあるようだし、私の住んでいる田舎町でさえ、チョッとしたお店や個人の家でも派手に電飾しているのを見掛けるようになりました。
 ・・・省エネなんてありゃしない・・・。


 日本でのCO2削減計画は、企業努力はかなり進んでいるけど、個人の家の排出量は無節操に増え続けていると言う事で、政府は、個人の家の削減を目標に掲げました。それなら、クリスマスの電飾なんて禁止すればいいでしょう。禁止しないまでも、炭素税でも沢山取ればいいでしょうに。結局経済効果のあるものは何も禁止出来ないならCO2排出削減目標なんて無理でしょう。
 実際は政府も既にノルマ達成は諦めて東欧諸国から排出権を買う契約を始めています。・・・それも破綻しかけている財政からの支払いです。愚策もいいところです。

 因みに深夜電力は余っているからいいだろう・・・と言う方がいますが、それは、フットワークの重い、発電量を変えると事故に繋がりやすい原発を止められないからです。夜の電飾を派手にする為などに原発を続けるなんて、狂った政策としか言い様がありません。

×××× ×××× ×××× ×××× ××××


 クリスマスは、アフリカなどの多くの国でも祝うと言うから驚き呆れます。まさにグローバリゼーションの賜物でしょう。どこの国でも経済効果としてクリスマスを利用しているのでしょうが、こんな事に躍らせられて資源の浪費をするのもそろそろ止めにしましょうよ。
一週間前に閉幕したCOP13ってなんだったのでしょうね。

 
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/12/25 01:01】 | 思想 トラックバック(0) |

公共の電飾
天地 はるな
私もクリスマスイルミネーションには、反対です。
でも個人の家には、なかなか言えないですよね。
公共の土地にクリスマスのイルミネーションを見ると、「ご意見箱」に書くようにしています。
言わないと分からないんですよね。
言っても分からないか・・・ 。_| ̄|○


省エネの意識
雑草Z
 環境問題に関する意識が高まって来たのも事実ですが、省エネの意識は、家計費の圧迫以上に考えられない家庭も沢山あるのだと思います。そういう意味で、深夜の電力を安くする必要はないでしょう。(深夜電力こそ、無駄遣いの場合が多いのではないでしょうか?・・・本文にも書いたように深夜電力が安いのは主に原発によるものです。)
 個人が個人の家にクレームしても親しい間柄でもないと、軋轢が生じます。クリスマスイルミネーションなんて法律で禁止してしまえばいいのに、逆に、役所の前や街路樹も電飾する自治体が増えてきている始末です。
無駄遣いしてまで経済効果・・・という発想はなくなってません。と言うより、
無駄遣い=有効な経済効果
という図式が出来上がっています。


Anthony
派手なパチンコ屋の電飾も、消滅して欲しい...



夜景がなくなるのは淋しいですが・・
雑草Z
 パチンコ屋に限らず、色んな電飾は止めるべきときでしょうね。
 新宿、渋谷、ラスベガス、ニューヨーク、パリ、上海・・・世界中の繁華街の夜のネオン街がなくなれば、きっと淋しくなるでしょうけれど、そんな悠長な事を言っている場合じゃない事を人類は近いうちに思い知るでしょう。

 ×××× ×
 
Anthony さん。ようこそ、nao氏ではなく、今回は Anthony氏なのですね?!


mao
クリスマスの電飾を見ると、その美しさへの感動と、(短絡的ではありますが)豊さを感じます。環境保護の観点からすると無駄なわけですが、楽しみの排除は世論を動かすにあたり有効な手段とは思えません。イルミネーション規制の前に危険な原子力発電をやめ、結果的にイルミネーションの意味を考えざるをえない状況を得るほうが、分かりやすいかもしれません。

電飾すら止められないようなら、望みなしでしょう。
雑草Z
 私も、夜空の星よりも、街のネオンのほうが好きですし、都会で夜通し遊ぶのも好きでした。
 しかし、そういう生活が持続不可能な破滅への道なら話の次元が違います。現在ですら、放射性廃棄物の捨て場はありません。原発やってまで発電する必要のあるものなんてありません。クリスマスのイルミネーションなんて問題外でしょう。
 そう意味でも、確かに、原発を先に止めてしまうほうが、有効な方法ですね。


 現在の環境問題は、地域の環境保護なんていうレベルのものでは済みません。
 私は予言者でも霊能者でもありませんから、はっきり「いつ」とは言えませんが
現在の世界の繁栄や経済やスポーツの馬鹿騒ぎは、滅びる前の花火のようなものでしょう。今までこのブログに書いている通りです。

 世界が完全に隔離出来るなら、
経済発展を目指し、クリスマスには盛大に電飾する事が好きな人々だけで世界を作って勝手にやっていれば・・と言いたいところですが、世界はグローバルに繋がっています。一蓮托生です。
 クリスマスの電飾ですら止めないで、省エネとかCO2削減とか言っても効果は知れたものでしょう。それでいてCO2排出権を外国から買う政府を認める訳にはいきません。
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
公共の電飾
私もクリスマスイルミネーションには、反対です。
でも個人の家には、なかなか言えないですよね。
公共の土地にクリスマスのイルミネーションを見ると、「ご意見箱」に書くようにしています。
言わないと分からないんですよね。
言っても分からないか・・・ 。_| ̄|○
2007/12/26(Wed) 20:13 | URL  | 天地 はるな #-[ 編集]
省エネの意識
 環境問題に関する意識が高まって来たのも事実ですが、省エネの意識は、家計費の圧迫以上に考えられない家庭も沢山あるのだと思います。そういう意味で、深夜の電力を安くする必要はないでしょう。(深夜電力こそ、無駄遣いの場合が多いのではないでしょうか?・・・本文にも書いたように深夜電力が安いのは主に原発によるものです。)
 個人が個人の家にクレームしても親しい間柄でもないと、軋轢が生じます。クリスマスイルミネーションなんて法律で禁止してしまえばいいのに、逆に、役所の前や街路樹も電飾する自治体が増えてきている始末です。
無駄遣いしてまで経済効果・・・という発想はなくなってません。と言うより、
無駄遣い=有効な経済効果
という図式が出来上がっています。
2007/12/27(Thu) 08:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
派手なパチンコ屋の電飾も、消滅して欲しい...

2007/12/28(Fri) 00:28 | URL  | Anthony #GCA3nAmE[ 編集]
夜景がなくなるのは淋しいですが・・
 パチンコ屋に限らず、色んな電飾は止めるべきときでしょうね。
 新宿、渋谷、ラスベガス、ニューヨーク、パリ、上海・・・世界中の繁華街の夜のネオン街がなくなれば、きっと淋しくなるでしょうけれど、そんな悠長な事を言っている場合じゃない事を人類は近いうちに思い知るでしょう。

 ×××× ×
 
Anthony さん。ようこそ、nao氏ではなく、今回は Anthony氏なのですね?!
2007/12/28(Fri) 19:13 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
クリスマスの電飾を見ると、その美しさへの感動と、(短絡的ではありますが)豊さを感じます。環境保護の観点からすると無駄なわけですが、楽しみの排除は世論を動かすにあたり有効な手段とは思えません。イルミネーション規制の前に危険な原子力発電をやめ、結果的にイルミネーションの意味を考えざるをえない状況を得るほうが、分かりやすいかもしれません。
2007/12/31(Mon) 00:12 | URL  | mao #-[ 編集]
電飾すら止められないようなら、望みなしでしょう。
 私も、夜空の星よりも、街のネオンのほうが好きですし、都会で夜通し遊ぶのも好きでした。
 しかし、そういう生活が持続不可能な破滅への道なら話の次元が違います。現在ですら、放射性廃棄物の捨て場はありません。原発やってまで発電する必要のあるものなんてありません。クリスマスのイルミネーションなんて問題外でしょう。
 そう意味でも、確かに、原発を先に止めてしまうほうが、有効な方法ですね。


 現在の環境問題は、地域の環境保護なんていうレベルのものでは済みません。
 私は予言者でも霊能者でもありませんから、はっきり「いつ」とは言えませんが
現在の世界の繁栄や経済やスポーツの馬鹿騒ぎは、滅びる前の花火のようなものでしょう。今までこのブログに書いている通りです。

 世界が完全に隔離出来るなら、
経済発展を目指し、クリスマスには盛大に電飾する事が好きな人々だけで世界を作って勝手にやっていれば・・と言いたいところですが、世界はグローバルに繋がっています。一蓮托生です。
 クリスマスの電飾ですら止めないで、省エネとかCO2削減とか言っても効果は知れたものでしょう。それでいてCO2排出権を外国から買う政府を認める訳にはいきません。
 
2007/12/31(Mon) 14:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。