-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-12-31 00:03
 科学の時代といわれる現代は、その科学万能主義の根拠として唯物論があります。

 以前、中国の環境問題だったか社会問題だったかをネットで調べる為に検索していたら、大変興味深いサイトに出くわしました。・・残念ながらそのサイトをしっかりチェックしておかなかった為に、サイト名もわからず、その時流し読みしたきりアクセス出来ないのですが・・・このサイトに心当たりの方がいたら教えて下さい・・・・中国人が、日本語で日本人に向けて書いたような内容でした。今日の中国人が何故こんなにすさんでしまったかを中国共産党の軽率な唯物論などから説明していました。

 記憶を辿って書かせて戴きますが、

 中国では、文化大革命の時に、迷信の撲滅運動のようなものがあり、唯物論の観点から、それまで語り継がれていた先人の知恵による言い伝えなどを、中国共産党員は馬鹿にして否定したそうです。軽薄な指導者達は理解出来ないものにはみんな迷信のレッテルを貼って排除し、破壊して行ったとの事です。そのくせ、共産主義だけは、無条件で信じるという、共産主義「信仰」であったと・・・
 それまでの儒教的考え方も仏教的考え方も否定し、笑い飛ばし、「因果応報」なんて事も全く信じなくなった中国人は、生きている現世を楽しむ為には何をしても構わないと思い、罪の意識もなく、見つからなければどんな犯罪をしても構わないという・・他の人に迷惑をかけられるようになった。現代のあの酷いモラルハザードに繋がったのだ・・・と。

 中国の人々全てをその範疇でくくるのは、お門違いです。しかし最近の中国絡みのとんでもない多くの事件を考えると、酷い事を平気でする人間が多く、かなりモラルハザー ドが広がっている事も実感致します。

 中国に限らず、多くの国で、科学の名の下に唯物論が蔓延し、それが真実のように捉えられています。・・・宗教に支配された社会も頂けるものではありませんが・・・・だからと言って唯物論も支持出来るものではありません。唯物論と言ってますが、自分の幸福のみを追求すると言う単なる利己主義でしょう。
 唯物論の名の下に利己主義が蔓延し、それによって多くの社会問題、環境問題が膨張しているのが現代です。

 今日の盲目的に愚かな経済成長主義も、唯物論という名の利己主義的解釈に依るところが大きいでしょう。これほど似非科学の蔓延った社会で、唯物論のみイデオロギーの根拠とする人々は、賢いとは言えません。・・・悪賢いとは言えるでしょうが・・。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/12/31 00:03】 | 思想 トラックバック(0) |

唯物論……
ハイパーポン太
 唯物論を支えてきた学者たちにも、苦労の歴史があるので安易に批判するのはやめますが、しかし、人間すら物で割り切る社会というのも、ある意味寂しい気がいたしますね。
 最近はやっているオカルトや、江原(霊師のインチキが発覚)や細木のようなインチキがのさばるのも、「心が物化」していく現状に対する反発の一種ではないでしょうか。視聴者だって、彼らの矛盾にはいい加減気が付いていたでしょう。でも、感情的には彼らを認めてしまいたくなる。そんなところではないでしょうか。
 まあ、自分の心が「あなたの思考は脳味噌の中の血流や電気信号の結果です」と言われて、はいその通りですと何の疑問もなく素直に認められる人間が、はたして文明人と言えるのか。

はじめまして
雑草Z
    ハイパーポン太 さん 
 
 いつのまにか沢山のコメント有難う御座います。
 面白いHNですね。何故にそのようなHNを?

今回の記事の趣旨は唯物論の利己主義的解釈への批判です。利己主義というのは、非常に感情的な作用で、唯物論とは、相入れないような概念なのに、唯物論を都合よく使って自己の欲望のために利用するという発想についてです。

>オカルトや、江原や細木のようなインチキがのさばる
のは、
>「心が物化」していく現状に対する反発
と言うよりも真偽眼の問題かと・・
もし、唯物論に対する反発ならば、もう少しまともと言うかハイパー(笑)な概念にいくかと思われます。

なるほど…
ハイパーポン太
 どうやら私の意見は趣旨からは外れていたようですね。
 具体的に、ハイパー(笑)な概念というのはどのようなものかを、参考までに教えていただけますか。

ちょっと臭いですが・・・
雑草Z
    ハイパーポン太さん


>「心が物化」していく現状に対する反発

 は、愛だとか正義だとか哲学だとか、そういう心とか精神とかいう概念を重んずる方向かと考えます。それが、

>オカルトや、江原や細木のようなインチキ

よりはかなりハイパーかと・・・

『ハイパーポン太』さんという『鉄の蝶』とか『鉛の飛行船』に通ずるようなHNのつけ方は面白いと思います。
上のコメントにも書かせて戴きましたが、このHNの由来を
参考までに教えていただけますか?

HNの由来は。
ハイパーポン太
 すいません、HNの由来を無視していたわけじゃあないんですが、書くのを忘れてしまって。
 うーん、由来といえるほどでもないんですが、うちにディフォルメな狸のぬいぐるみがありまして、まあ超(ハイパー)かわいいからということで。

 管理人様は、疑似科学にお詳しいので、私としては自信がないんですが、どちらかというと、今の「すべての精神活動は、脳が生み出している」とする脳科学には、どうもついていけないんですよ、わたし。どお知らかというと、ペンローズなどが語っている脳量子論の方が、まだしも未来性があるかな?とそう思っているんですね。一つ間違えれば、疑似科学につながりかねない雰囲気がある理論ですが、だが、「意識の解明には、量子力学と相対論の統合が必要(でしたっけ?)」とするペンローズの方に応援したくなるんですよね。
 もちろん、ハメロフなる怪しげな医者の言うことを真に受けて、マイクロチューブルなるもので意識が作られると主張するのはいただけませんが、やはり意識の解明には量子力学のさらなる発展が必要とするペンローズの言い分の方が好きなんですね、私は。
 まあ、脳量子論は現状では無視されているようですが、いずれにしろ、それを発展させた何かが出てくるのではないかと期待しているのですよ。
 そういう意味での唯物論に対する反発は、確かに私の中にありますが、だた、許せないのがインチキのくせに美辞麗句を並べ、さもさも自分は霊能力者であるかのごとくふるまっている連中ですね。そして、それを担ぎあげる連中も。
 管理人様のおっしゃる通り、江原にや細木にすぐはまるような軽率な輩は、ハイパーでも何でもないですね…。

唯物論に対するスタンスは、似ているかも知れません
雑草Z
    ハイパーポン太さん

>管理人様は、疑似科学にお詳しいので、

いえいえ、詳しくないです。疑似科学というジャンルがある事を知ったのは、件のThe Black Crowes と言うブログからです。脳科学もほとんどわかりません。
色んな新しい情報をご紹介下さり有難う御座います。

>ペンローズなどが語っている脳量子論

とかも聞いたことがありませんでした。

>「意識の解明には、量子力学と相対論の統合が必要」

と言う考え方も、私には十分唯物論に聞こえます。
そういう意味での唯物論に対する反発はハイパーポン太さんと同等かそれ以上にあるかも知れません。
 唯物論の研究って本質に迫った人類の幸福に繋がる結果を出すようには思えません。寧ろ混乱を招く結果をもたらすのではないでしょうか?

×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 HNの由来は、予想よりもほのぼのとしてました。いい感じですね。
 

唯物論と魂は本当に相容れないものなのか?
ハイパーポン太
 思うんですけど、本当に唯物論と魂は相容れないものなのでしょうか?まあ、私程度の知識で脳科学を論じれば、それは間違いなく疑似科学に直行すると思いますんで、あまり詳しいことは書けないんですが。
 脳量子論が科学者たちに嫌われているのは、それが一つ間違えれば「オカルト的な」方面に結びつくからだと思います。結局、「脳がすべて」という科学者にしてみれば、ペンローズの考えはそれを崩しかねないものですから。

 唯物論だけでは人類全体の幸福を実現することは無理でしょう。私自身、輪廻転生の肯定者ではありますが、しかし、それは「量子力学や脳科学がさらなる発展を遂げれば、いずれそれは科学的に証明されるだろう」という立場であり、退行催眠で前世を思い出したとか、子供が前世を語っているとか、そんなのは信頼には値しないと思っているわけです。それはオカルトと同じですから。
 
 まあ、いずれにしろ、自分も、そして親兄弟もすべては単なる物質で、意識は科学信号と電気信号の結果に過ぎませんとしか考えられない人間ばかりになれば、もはや道徳律という概念も維持できなくなるのではないか、個人主義がさらに拡大し、人間(あるいは個人)に都合のいい解釈ばかりする人が増えていくんではないかと思います。

 まあ、科学万能主義を唱える人間ほど、「科学哲学」に関する知識は持ち合わせていないという話を聞いたことがあります。というか、まともな科学的思考ができる人であれば、そもそも科学万能主義者にはならないでしょうが。

魂と唯物論は、相容れなくはないでしょう
雑草Z
 今回のコメントの後半は、記事本文の肯定的ご賛同と捉えさせて戴きました。

>まともな科学的思考ができる人であれば、そもそも科学万能主義者にはならないでしょう

は私もその通りだと思います。理性的な科学的思考であれば、科学の限界もしっかり認識できる筈で、
 科学には無限の可能性があり、限界はないという、かつての軽率な流行文句を真に受けたりはしないでしょう。
科学万能論によって、環境問題の対策は技術だけで何とかなるという安易さは極めて愚かな危険な発想でしょう。 

ちょい異論あり
バッジ@ネオ・トロツキスト
唯物論の定義に異論あり。
唯物論は、タダ物論や物神崇拝思想と峻別しなければいけないと思いますよ。
この点でもマルクスの思想や理論は、20世紀的なエセマルクス主義と峻別されるべきだと思いますね。あと、機械的唯物論は物神崇拝思想化しますから、このへんも要注意。

それから、思想的立場の左右を問わず共有されている科学万能論は価値論不在の事実認識至上論ですから、科学万能論に対しては価値認識について問い詰めてやると面白いですね。

科学万能論者や実証主義者には、「価値からの自由」なる思想的立場がいかに非人間的なものであるか理解させる必要があると思います。

Re:ちょい異論あり
雑草Z
哲学的な議論はしたくありません。当方は、唯物論の定義とか哲学的な話は詳しくありませんし興味もありません。
バッジ@ネオ・トロツキスト さんは哲学にお詳しいようですね。哲学論議をされたければ、その手のサイトで為されて下さい。
 ここの記事はあくまで
 唯物論の利己主義的解釈の危険性、批判に留まらせて戴きます。 悪しからず。
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
唯物論……
 唯物論を支えてきた学者たちにも、苦労の歴史があるので安易に批判するのはやめますが、しかし、人間すら物で割り切る社会というのも、ある意味寂しい気がいたしますね。
 最近はやっているオカルトや、江原(霊師のインチキが発覚)や細木のようなインチキがのさばるのも、「心が物化」していく現状に対する反発の一種ではないでしょうか。視聴者だって、彼らの矛盾にはいい加減気が付いていたでしょう。でも、感情的には彼らを認めてしまいたくなる。そんなところではないでしょうか。
 まあ、自分の心が「あなたの思考は脳味噌の中の血流や電気信号の結果です」と言われて、はいその通りですと何の疑問もなく素直に認められる人間が、はたして文明人と言えるのか。
2008/02/06(Wed) 22:28 | URL  | ハイパーポン太 #-[ 編集]
はじめまして
    ハイパーポン太 さん 
 
 いつのまにか沢山のコメント有難う御座います。
 面白いHNですね。何故にそのようなHNを?

今回の記事の趣旨は唯物論の利己主義的解釈への批判です。利己主義というのは、非常に感情的な作用で、唯物論とは、相入れないような概念なのに、唯物論を都合よく使って自己の欲望のために利用するという発想についてです。

>オカルトや、江原や細木のようなインチキがのさばる
のは、
>「心が物化」していく現状に対する反発
と言うよりも真偽眼の問題かと・・
もし、唯物論に対する反発ならば、もう少しまともと言うかハイパー(笑)な概念にいくかと思われます。
2008/02/07(Thu) 20:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
なるほど…
 どうやら私の意見は趣旨からは外れていたようですね。
 具体的に、ハイパー(笑)な概念というのはどのようなものかを、参考までに教えていただけますか。
2008/02/07(Thu) 21:12 | URL  | ハイパーポン太 #-[ 編集]
ちょっと臭いですが・・・
    ハイパーポン太さん


>「心が物化」していく現状に対する反発

 は、愛だとか正義だとか哲学だとか、そういう心とか精神とかいう概念を重んずる方向かと考えます。それが、

>オカルトや、江原や細木のようなインチキ

よりはかなりハイパーかと・・・

『ハイパーポン太』さんという『鉄の蝶』とか『鉛の飛行船』に通ずるようなHNのつけ方は面白いと思います。
上のコメントにも書かせて戴きましたが、このHNの由来を
参考までに教えていただけますか?
2008/02/07(Thu) 23:03 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
HNの由来は。
 すいません、HNの由来を無視していたわけじゃあないんですが、書くのを忘れてしまって。
 うーん、由来といえるほどでもないんですが、うちにディフォルメな狸のぬいぐるみがありまして、まあ超(ハイパー)かわいいからということで。

 管理人様は、疑似科学にお詳しいので、私としては自信がないんですが、どちらかというと、今の「すべての精神活動は、脳が生み出している」とする脳科学には、どうもついていけないんですよ、わたし。どお知らかというと、ペンローズなどが語っている脳量子論の方が、まだしも未来性があるかな?とそう思っているんですね。一つ間違えれば、疑似科学につながりかねない雰囲気がある理論ですが、だが、「意識の解明には、量子力学と相対論の統合が必要(でしたっけ?)」とするペンローズの方に応援したくなるんですよね。
 もちろん、ハメロフなる怪しげな医者の言うことを真に受けて、マイクロチューブルなるもので意識が作られると主張するのはいただけませんが、やはり意識の解明には量子力学のさらなる発展が必要とするペンローズの言い分の方が好きなんですね、私は。
 まあ、脳量子論は現状では無視されているようですが、いずれにしろ、それを発展させた何かが出てくるのではないかと期待しているのですよ。
 そういう意味での唯物論に対する反発は、確かに私の中にありますが、だた、許せないのがインチキのくせに美辞麗句を並べ、さもさも自分は霊能力者であるかのごとくふるまっている連中ですね。そして、それを担ぎあげる連中も。
 管理人様のおっしゃる通り、江原にや細木にすぐはまるような軽率な輩は、ハイパーでも何でもないですね…。
2008/02/08(Fri) 09:21 | URL  | ハイパーポン太 #-[ 編集]
唯物論に対するスタンスは、似ているかも知れません
    ハイパーポン太さん

>管理人様は、疑似科学にお詳しいので、

いえいえ、詳しくないです。疑似科学というジャンルがある事を知ったのは、件のThe Black Crowes と言うブログからです。脳科学もほとんどわかりません。
色んな新しい情報をご紹介下さり有難う御座います。

>ペンローズなどが語っている脳量子論

とかも聞いたことがありませんでした。

>「意識の解明には、量子力学と相対論の統合が必要」

と言う考え方も、私には十分唯物論に聞こえます。
そういう意味での唯物論に対する反発はハイパーポン太さんと同等かそれ以上にあるかも知れません。
 唯物論の研究って本質に迫った人類の幸福に繋がる結果を出すようには思えません。寧ろ混乱を招く結果をもたらすのではないでしょうか?

×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 HNの由来は、予想よりもほのぼのとしてました。いい感じですね。
 
2008/02/08(Fri) 21:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
唯物論と魂は本当に相容れないものなのか?
 思うんですけど、本当に唯物論と魂は相容れないものなのでしょうか?まあ、私程度の知識で脳科学を論じれば、それは間違いなく疑似科学に直行すると思いますんで、あまり詳しいことは書けないんですが。
 脳量子論が科学者たちに嫌われているのは、それが一つ間違えれば「オカルト的な」方面に結びつくからだと思います。結局、「脳がすべて」という科学者にしてみれば、ペンローズの考えはそれを崩しかねないものですから。

 唯物論だけでは人類全体の幸福を実現することは無理でしょう。私自身、輪廻転生の肯定者ではありますが、しかし、それは「量子力学や脳科学がさらなる発展を遂げれば、いずれそれは科学的に証明されるだろう」という立場であり、退行催眠で前世を思い出したとか、子供が前世を語っているとか、そんなのは信頼には値しないと思っているわけです。それはオカルトと同じですから。
 
 まあ、いずれにしろ、自分も、そして親兄弟もすべては単なる物質で、意識は科学信号と電気信号の結果に過ぎませんとしか考えられない人間ばかりになれば、もはや道徳律という概念も維持できなくなるのではないか、個人主義がさらに拡大し、人間(あるいは個人)に都合のいい解釈ばかりする人が増えていくんではないかと思います。

 まあ、科学万能主義を唱える人間ほど、「科学哲学」に関する知識は持ち合わせていないという話を聞いたことがあります。というか、まともな科学的思考ができる人であれば、そもそも科学万能主義者にはならないでしょうが。
2008/02/09(Sat) 00:11 | URL  | ハイパーポン太 #-[ 編集]
魂と唯物論は、相容れなくはないでしょう
 今回のコメントの後半は、記事本文の肯定的ご賛同と捉えさせて戴きました。

>まともな科学的思考ができる人であれば、そもそも科学万能主義者にはならないでしょう

は私もその通りだと思います。理性的な科学的思考であれば、科学の限界もしっかり認識できる筈で、
 科学には無限の可能性があり、限界はないという、かつての軽率な流行文句を真に受けたりはしないでしょう。
科学万能論によって、環境問題の対策は技術だけで何とかなるという安易さは極めて愚かな危険な発想でしょう。 
2008/02/09(Sat) 00:35 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ちょい異論あり
唯物論の定義に異論あり。
唯物論は、タダ物論や物神崇拝思想と峻別しなければいけないと思いますよ。
この点でもマルクスの思想や理論は、20世紀的なエセマルクス主義と峻別されるべきだと思いますね。あと、機械的唯物論は物神崇拝思想化しますから、このへんも要注意。

それから、思想的立場の左右を問わず共有されている科学万能論は価値論不在の事実認識至上論ですから、科学万能論に対しては価値認識について問い詰めてやると面白いですね。

科学万能論者や実証主義者には、「価値からの自由」なる思想的立場がいかに非人間的なものであるか理解させる必要があると思います。
2011/04/17(Sun) 12:24 | URL  | バッジ@ネオ・トロツキスト #CrLMSZ1k[ 編集]
Re:ちょい異論あり
哲学的な議論はしたくありません。当方は、唯物論の定義とか哲学的な話は詳しくありませんし興味もありません。
バッジ@ネオ・トロツキスト さんは哲学にお詳しいようですね。哲学論議をされたければ、その手のサイトで為されて下さい。
 ここの記事はあくまで
 唯物論の利己主義的解釈の危険性、批判に留まらせて戴きます。 悪しからず。
 
2011/04/17(Sun) 20:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。