-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-12-29 00:02
 現代人は迷信深い人間なんてあまりいやしない・・・と思いきや
 TVなどに、自称、霊感のある人だとか霊視が出来るとか占い師だとか予言者だとかが頻繁に出て来て、正式な職業名は分からないけど、彼等、彼女らが人気を博している。彼らの出る番組の視聴率はいいらしい。
 そんな風潮にはかなり辟易・・・している人は結構いるだろう。
ギボアイコ、ホソキカズコ・・・エハラとかいう男もいたような・・・。
もしも万が一霊が存在したとしても、お前らには見えないよ・・・こんなのをTVなどに出すマスコミも、真実もモラルもありゃしない。マスコミが持ち上げなけりゃ彼らはただの街角のハッタリ屋・・


 しかし、それとは全く質の違う昔から言われている、現在”迷信”と呼ばれているものの中には、全否定すべき事ではなく、しっかり受け止めるべき部分もかなりあるように思う。

×××× ×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 学生時代の同級生に埼玉の秩父の奴がいて、人好きするタイプのカッコイイ好青年だった。彼の秩父弁が気に入って、自分も真似してちょっとばかり使ってみたもんだ。
 彼があるとき、
「秩父の山には狐が棲んでてさ、人間を観察したり見守ったりしてるんよ。何かが起きるときは、そっと現れて知らせてくれることもあるんよ。・・・俺はガキんときからお稲荷さんを信じてるんさ。・・・」
みたいな事を言った。実際の、狐との不思議な体験談も語った。・・・お婆さんか誰か身内が亡くなった時も狐が知らせてくれたみたいな・・・具体的なことは忘れてしまったが、それを聞いていたこちらは、 
「ふうーん」
と頷いてみせてはいたものの、よくあるただの偶然が神秘的に感じただけ・・・柄に似合わず、迷信深いところもあるもんだ・・・・・ってなくらいだったか。

 でも一方、その話している様子は、妙に好感の持てるものがあり、そんな事で彼を馬鹿にするような感情は沸かなかった・・・同じ内容でも話す人物と話し方によるもんだ・・彼自身実際どのくらい信じていたのだろうか??

 ・・・彼がそんなことを話したのが、意外なようでもあり、逆に妙に自然な感じもして、深く記憶に刻み込まれた・・・


×××× ×××× ×××× ×××× ×××× ××××

 環境問題も酷い症状を呈しはじめたこの頃、彼の言っているような事を信じるのも悪くないと思っている。・・それはアイヌやアメリカインディアンの『自然崇拝』にも通じる思想かも知れない。

 そう言う迷信を笑い飛ばして、森や林や海を開拓していった者達が、こんな酷い自然破壊を作り出した。もう少し”迷信”を尊重し、自然崇拝していたら、自然破壊もこんなに酷くはならなかっただろう。
 先人達の言い伝えを『迷信』と言って切り捨て、『経済と開発』を無条件で信じている現代人。それが合理的だと思っているのだろうけど、その合理主義が、世界の人類をまとめて破局に突進させている・・・、『経済と開発』は、迷信に遥かに劣る最も愚かな信仰であろう。


 秩父の山の中にはまだ狐達がちゃーんと棲んでいて、お稲荷さんも崇められていれば嬉しい・・・
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/12/29 00:02】 | 思想・価値観 トラックバック(0) |


mao
江原さんが本当に霊が見えるかはわからないですが、癒し効果をいただけるので、私は結構好きです。迷信でもその話を聞いて、多くの人が幸せになるための力を生むことができるなら良いかなと思ってます。雑草様は人気の霊感者はお嫌いでしょうか。

本人の尊厳
雑草Z
    maoさんお久しぶりです。

>迷信でもその話を聞いて、多くの人が幸せになるための力を生むことができるなら良い

 は、反対しません。今回の私の記事の主題に通じます。


 しかし、TV等に出てくる霊視が出来ると言う輩は、詐欺の部類だと思います。亡くなった本人がいない事をいい事に、その人が言ってもいない事を、その人の霊だと言って、出鱈目を話す事は本人に対する名誉毀損にもなるでしょう。本人に成りすまして話す行為は完全な詐欺行為でしょう。詐欺師は話が上手いものです。人を騙すのが商売ですから。

 江原って奴は、テレビ等でほとんど見た事がありませんでした。私が行く髪切り屋さんが、
「その手の霊視する人の中では、エハラという人の話は、癒される」
と言ってたのでエハラの存在を知りました。(その髪切り屋さんこそ、癒される感じがするから、そこに行くのですが・・霊とは無縁な世間話です・・。)

「江原」で、検索したらこんな記事を見つけました。↓

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1050757.html

詐欺師の金儲けと売名。TV局の視聴率確保という構造ですかね。



mao
リンク先拝見させていただきました。雑草様の言われる内容が真実である可能性が高いわけですね。世の中真実を知ることは悲しいことが多いですね。勉強になりました。

迷信そのものをなくしてしまえば…。
ハイパーポン太
 迷信その物をなくそうとすれば、それだと毛沢東の文化大革命になってしまいますね。

 ついでに言うと、江原が詐欺師なのはもう決定事項でしょう。とある女優の父親を霊視して、霊界からの言葉を伝えていたわけですが、実はその父親が生きていました!という落ちですから。細木とともに、このインチキも永久追放してほしい限りです。

先人の知恵
雑草Z
>迷信その物をなくそうとすれば、毛沢東の文化大革命になってしまいますね

その通りだと思います。【唯物論】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-257.html
で言及した通りです。
 文化大革命で彼らが「迷信」として切り捨てたものの中には、偉大な先人の知恵が沢山あったのです。
例えば、「森の木を乱伐すると祟りがある」とかは、昔の賢人が鋭い直感で、生態系の事を考えて、でも説明するよりも「祟り」と言ったほうが、当時の人には効果があったからそう云ったのでしょう。・・・そして実際木を乱伐して、祟りがありました。・・・迷信ではありません。
寧ろ科学信奉のほうが迷信かも知れません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
江原さんが本当に霊が見えるかはわからないですが、癒し効果をいただけるので、私は結構好きです。迷信でもその話を聞いて、多くの人が幸せになるための力を生むことができるなら良いかなと思ってます。雑草様は人気の霊感者はお嫌いでしょうか。
2007/12/30(Sun) 23:41 | URL  | mao #-[ 編集]
本人の尊厳
    maoさんお久しぶりです。

>迷信でもその話を聞いて、多くの人が幸せになるための力を生むことができるなら良い

 は、反対しません。今回の私の記事の主題に通じます。


 しかし、TV等に出てくる霊視が出来ると言う輩は、詐欺の部類だと思います。亡くなった本人がいない事をいい事に、その人が言ってもいない事を、その人の霊だと言って、出鱈目を話す事は本人に対する名誉毀損にもなるでしょう。本人に成りすまして話す行為は完全な詐欺行為でしょう。詐欺師は話が上手いものです。人を騙すのが商売ですから。

 江原って奴は、テレビ等でほとんど見た事がありませんでした。私が行く髪切り屋さんが、
「その手の霊視する人の中では、エハラという人の話は、癒される」
と言ってたのでエハラの存在を知りました。(その髪切り屋さんこそ、癒される感じがするから、そこに行くのですが・・霊とは無縁な世間話です・・。)

「江原」で、検索したらこんな記事を見つけました。↓

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1050757.html

詐欺師の金儲けと売名。TV局の視聴率確保という構造ですかね。
2007/12/31(Mon) 13:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
リンク先拝見させていただきました。雑草様の言われる内容が真実である可能性が高いわけですね。世の中真実を知ることは悲しいことが多いですね。勉強になりました。
2007/12/31(Mon) 22:35 | URL  | mao #-[ 編集]
迷信そのものをなくしてしまえば…。
 迷信その物をなくそうとすれば、それだと毛沢東の文化大革命になってしまいますね。

 ついでに言うと、江原が詐欺師なのはもう決定事項でしょう。とある女優の父親を霊視して、霊界からの言葉を伝えていたわけですが、実はその父親が生きていました!という落ちですから。細木とともに、このインチキも永久追放してほしい限りです。
2008/02/09(Sat) 10:41 | URL  | ハイパーポン太 #-[ 編集]
先人の知恵
>迷信その物をなくそうとすれば、毛沢東の文化大革命になってしまいますね

その通りだと思います。【唯物論】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-257.html
で言及した通りです。
 文化大革命で彼らが「迷信」として切り捨てたものの中には、偉大な先人の知恵が沢山あったのです。
例えば、「森の木を乱伐すると祟りがある」とかは、昔の賢人が鋭い直感で、生態系の事を考えて、でも説明するよりも「祟り」と言ったほうが、当時の人には効果があったからそう云ったのでしょう。・・・そして実際木を乱伐して、祟りがありました。・・・迷信ではありません。
寧ろ科学信奉のほうが迷信かも知れません。
2008/02/09(Sat) 11:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。