-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-11-11 00:42
GDP[ Gross Domestic Product 国内総生産] は何を表す指標として適しているでしょうか?
 経済活動の総量をお金で計った量ですが、その経済活動の大きさが、人間の生活、社会の何の目安になるか?と言うことです。つまり、このGDPが何と最も相関関係が強いか、GDPの数値が表すものは、何の指標と考えるのが最適かを考えてみます。

 一般に、言われることは、「景気の良さ」でしょうか。しかしこの言葉自体、
 ”景気がいい=経済活動が盛ん”  と言うことが『良い、好ましい』というGDPが高い事が好ましいと言うを肯定する表現です。「好景気」なんて言葉も同様です。まあ、かなりの昔であれば、経済活動が盛んでも、生産物も廃棄物もほとんど自然を循環するものでしたから、経済活動が環境破壊には現在ほど深刻に結びつかなかったかも知れません。・・・乱獲、乱伐採くらいでしょうか?・・・でも現在は、経済活動に伴って、大きな環境破壊が行われています。
 だから、経済活動の大きさを示す言葉に、好ましく肯定的な『良、好』などの表現を使うのはそろそろ改めるべきでしょう。こう言うところにも経済成長至上主義の洗脳があるのです。

 『国民の豊かさの指標』と言うにはあまりに杜撰でお粗末なこの概念は、その本質に反して、今でも国民の豊かさの指標として、ほとんどの国の政府がこのGDPの伸び、すなわち経済成長を目標にします。
 そんな成長至上主義者達の経済ファシズムの洗脳に頭を占領された愚かな経済学者や財界人や政治家達の示すところの「豊かさの指標」に関してはいくらでもそのへんに転がっているでしょうが、そんな陳腐な議論は致しません。

 GDPが本質的に示すことは、「物やエネルギーの浪費レベル」でしょう。
 同じ事をするのに、エネルギーや物的資源を沢山使った方がGDPが増えます。資源的効率で言えば、「効率の悪さ」と言うことになります。つまり「浪費レベル」です。
 同じ一人の人間が生きていくのに、一人当たりのGDPが大きいと言うことは、効率が悪いと言うことになります。つまり、「浪費レベル」です。
  そこから帰着するGDPのもう一つの指標は、「環境破壊レベル」でしょう。物やエネルギーの浪費が環境を破壊します。・・・「環境破壊レベルとGDP」では相関関係がピッタリ一致しないと言う反論はあるでしょうが、少なくとも「豊かさとGDP」の相関関係よりは、ずっと相関関係がいいでしょう。勿論ここで言う「豊かさ」とは、物質的な豊かさの事ではありません。・・・・物質的な事を除いた「真の豊かさとGDP」は、”負の相関関係”があるかも知れません(笑)


 兎も角、GDPは、豊かさの指標というには程遠い代物ですが
GDPは浪費レベルの指標として大変優れた指標
と言えるでしょう。


※以前書いた関連記事 【GNPに代わり得る指標】
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/11/11 00:42】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

確かにGDPは、一偏的見方です
aguri
雑草さんの考えが少し理解できて来たと思います。GDPとか言うものは、物質的富を、お金でのみ測ったものです。衣食住もこれで裕福さが測られます。ただ、この測り方で人間が幸福であるかどうかは別物ですね。ヒルズ族の人が本当に苦福か??

GNH(Gross National Happiness) この考え方は、ブータンの人たちの考え方でしたっけ?この考え方が根底にあれば、環境破壊も起きないのは確かであると考えます。

これは、人間の哲学的生き方と言うより、元々人間が持っていたライフスタイルであると思います。残念ながら人類は、進化と富を、地球の自然を破壊しても、ことの重大性を認識せず、勘違いしながら進んでいるようです。

GDPが豊かさの指標では心が貧し過ぎです。
雑草Z
 
「GDPが豊かさの指標」は、経済至上主義者の洗脳ですね。ヒルズ族なんて、持続不可能な社会の典型的な人種かも知れません。
GNH(Gross National Happiness)に対する私の考え方は、本文最後のリンク【GNPに代わり得る指標】に書いておきました。もし、暇があればお読みください。

>これは、人間の哲学的生き方と言うより、元々人間が持っていたライフスタイルであると思います。

 そうですね。自然とともに生きていた時代の人間は大体共通に持っていた概念かも知れません。普通に考えられる普遍的な幸福でしょう。

GNPを伸ばす、すなわち経済成長することの代償が

>地球の自然を破壊しても、ことの重大性を認識せず、勘違いしながら進んでいるようです

 ですから、とんでもないですね。地球の自然を破壊してまでやることではないですね。どっちが大切かなんて議論するまでも無いのに、経済成長が大切だと考える輩が沢山いるから困ったものです。それが現在の環境危機の元凶でしょうね。GNPを伸ばすことを目的にするなんて、非常に愚かなお話です。

 経済 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
確かにGDPは、一偏的見方です
雑草さんの考えが少し理解できて来たと思います。GDPとか言うものは、物質的富を、お金でのみ測ったものです。衣食住もこれで裕福さが測られます。ただ、この測り方で人間が幸福であるかどうかは別物ですね。ヒルズ族の人が本当に苦福か??

GNH(Gross National Happiness) この考え方は、ブータンの人たちの考え方でしたっけ?この考え方が根底にあれば、環境破壊も起きないのは確かであると考えます。

これは、人間の哲学的生き方と言うより、元々人間が持っていたライフスタイルであると思います。残念ながら人類は、進化と富を、地球の自然を破壊しても、ことの重大性を認識せず、勘違いしながら進んでいるようです。
2007/11/13(Tue) 23:13 | URL  | aguri #mIug5Ryo[ 編集]
GDPが豊かさの指標では心が貧し過ぎです。
 
「GDPが豊かさの指標」は、経済至上主義者の洗脳ですね。ヒルズ族なんて、持続不可能な社会の典型的な人種かも知れません。
GNH(Gross National Happiness)に対する私の考え方は、本文最後のリンク【GNPに代わり得る指標】に書いておきました。もし、暇があればお読みください。

>これは、人間の哲学的生き方と言うより、元々人間が持っていたライフスタイルであると思います。

 そうですね。自然とともに生きていた時代の人間は大体共通に持っていた概念かも知れません。普通に考えられる普遍的な幸福でしょう。

GNPを伸ばす、すなわち経済成長することの代償が

>地球の自然を破壊しても、ことの重大性を認識せず、勘違いしながら進んでいるようです

 ですから、とんでもないですね。地球の自然を破壊してまでやることではないですね。どっちが大切かなんて議論するまでも無いのに、経済成長が大切だと考える輩が沢山いるから困ったものです。それが現在の環境危機の元凶でしょうね。GNPを伸ばすことを目的にするなんて、非常に愚かなお話です。

 経済 
2007/11/14(Wed) 23:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。