-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-10-13 00:01
 農薬やポストハーベストがたっぷりとかかった農薬、食えない物や毒など何が入っているか分からない加工食物をはじめとして、最近中国からの輸入品に怒っている国民が増えてきました。確かに中国からの輸入品は信頼を失っています。中国からの輸入食品は口に入れたくないという国民も増えています・・・・。
 しかし、そんな国に中国をした責任の大きな一端は、自分達を先進国と自負している国々の指導者や資本家達にあることは既に述べました。

 今回は、もっとズバリ、実際に中国からの悪質な輸入品よりも酷い、いくつかの「先進国」が中国に輸出している「もの」について述べます。
 
 それは、『ゴミ』です。それも、悪質な有毒化学物質を含む廃棄物などです。お金を払って、中国に引き取らせ、自国のゴミを減らしているのです。つまり、それらの先進国が、自国の環境汚染を中国に運び込んでいる事になります。中国に限らず、この手の有害廃棄物をお金で引きとらせられている途上国は沢山あまります。・・お金に物を言わせて、このようなゴミを引き取らせる行為よりも、有害な食物を輸出する行為のほうが酷いとは言えないのではないでしょうか?。
 さらに、生産国では既に違法となった科学技術を含む高汚染産業 を中国に伝えて持ち込んでいる先進諸国もあります。
 例としては、日本で既に禁止になっていたアブラムシ殺虫剤フヤマンの製造技術が20世紀末に中国の日中合弁会社に売却され、多くの人々を中毒にして死に至らしめ、深刻な環境汚染を招いたとの事です。・・・あまり報道されないだけで、中国だって日本に酷い環境被害を与えられているのです。

 だから先進諸国は、中国ばかり責めているのは不公平です・・・。中国からの輸入物資にクレームするより先に、せめてゴミや高汚染産業の輸出くらいはやめるべきでしよう!!・・・・しかし、こういう結論だけでは、収めたくありません。
 
 考えれば、そんな有毒廃棄物や高汚染産業の輸入を許可する中国政府も狂っています。・・・「何故でしょう?」って、普通に考えられる理由は、勿論
『ザッ 利権でしょう。
他の人々を犠牲にしてまでも、儲けたい輩がいるからに他ならないでしょう。そしてお決まりの政官財の癒着・・・勿論、アメリカや日本の政官財の「強欲な輩」もつるんでいることでしょう。こう言う利権構造が環境問題の大きな原因のひとつです。
限られた人間だけの利権の為に環境汚染は大きく進んでいくのです。・・・これも経済ファシズムです。

************************


 余談ですが、中国では、ゴミの再生利用がほとんど行われていないので、大量のゴミが空き地などに投棄されるとのことです。中国はエネルギーや食料問題以前に、ゴミに埋もれて破綻する可能性も大です。・・やっぱり中国は、お馬鹿で愚かなのでしょうか?・・・でも、ゴミに埋もれて動きのとれなくなって行く社会は、中国だけではなさそうです。次々結構沢山出てきそうです。・・・そのことに関しては次回かかせて戴きます。



 参考文献;『文明崩壊』 
      ジャレド・ダイアモンド著 楡井浩一 訳
      下巻 第12章 揺れ動く巨人、中国
 
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/10/13 00:01】 | 社会・経済 トラックバック(0) |


エコ猫
先日知り合いが中国に調査に行ってきた報告をしてくれたので、中国の環境問題に関してすごく身近に感じるようになりました。
中国は広いからゴミに埋もれることはまだないかもしれませんけど、中国の集権的で不透明な政治ってかなりいろいろな問題の背景になってるみたいですね。
調査しようにも国勢調査のデータが統一されてなくて使えないのも、噂によるとわざと外部に調査されないように作らせているとか。「ザッ利権」おそろしや。

>中国の集権的で不透明な政治
雑草Z
は、環境問題、人権問題でかなりの悪評ですが、
一方、あれだけ大きな国にもかかわらず、この中央集権体制は、トップダウンの意思決定が、かなり機能していたようです。だから、現在も省エネのおっ達に従って、省エネの為に夜は電気を早く消すとか・(都市部でなく田舎?・・)
実際調査した方の感触はどうでしたしょう?

 産児制限のように、廃棄物制限など強力な環境対策をトップダウンですればいいのですが、それを阻止するのが、「ザッ利権」



ゴミの捨て場、廃棄物の問題はかなり深刻です。中国の川や大気の汚染も廃棄物汚染の一部です
。 
>ゴミに埋もれる

という表現は兎も角、廃棄物の問題は資源の枯渇以上に深刻になってくるでしょう。(次回の記事)
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
先日知り合いが中国に調査に行ってきた報告をしてくれたので、中国の環境問題に関してすごく身近に感じるようになりました。
中国は広いからゴミに埋もれることはまだないかもしれませんけど、中国の集権的で不透明な政治ってかなりいろいろな問題の背景になってるみたいですね。
調査しようにも国勢調査のデータが統一されてなくて使えないのも、噂によるとわざと外部に調査されないように作らせているとか。「ザッ利権」おそろしや。
2007/10/14(Sun) 01:52 | URL  | エコ猫 #mQop/nM.[ 編集]
>中国の集権的で不透明な政治
は、環境問題、人権問題でかなりの悪評ですが、
一方、あれだけ大きな国にもかかわらず、この中央集権体制は、トップダウンの意思決定が、かなり機能していたようです。だから、現在も省エネのおっ達に従って、省エネの為に夜は電気を早く消すとか・(都市部でなく田舎?・・)
実際調査した方の感触はどうでしたしょう?

 産児制限のように、廃棄物制限など強力な環境対策をトップダウンですればいいのですが、それを阻止するのが、「ザッ利権」



ゴミの捨て場、廃棄物の問題はかなり深刻です。中国の川や大気の汚染も廃棄物汚染の一部です
。 
>ゴミに埋もれる

という表現は兎も角、廃棄物の問題は資源の枯渇以上に深刻になってくるでしょう。(次回の記事)
 
2007/10/14(Sun) 13:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。