-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-09-11 00:01
緑資源機構の官製談合事件で、緑資源機構の廃止はほぼ確実になりましたが、前回【本体が潰れても事業は潰れない??】で述べた通り、大規模林道工事を続行しようと言う動きがあります。
 それに対して、今回の大規模林道問題ネットワークの集いでは、この機会を『大規模林道工事を一気に全て止める為の千載一隅のチャンス』と捉えております。日本の財政はますます逼迫してくるわけですし、いつ財政破綻してもおかしくない状況ですから、大規模林道工事なんて愚の骨頂な工事はいつまでも続けられるものではありません。早晩止まる事でしょう・。しかし、一刻も早く廃止すべきです。これを機に全て廃止しなければなりません。10年後では遅過ぎます。


 世界有数の森林国日本がこんな問題でがたがたしている最中でも、世界の森林破壊も着実に進んでます。森林破壊は、最悪の環境破壊です。食糧問題や廃棄物問題と並んで、最も深刻な環境問題です。

 日本の首相も、CO2削減なんて叫ぶなら、大規模林道は真っ先に中止すべきでしょう。何せ、植物の光合成は最も効果的な、副害のないCO2削減方法なのですから・・・。それもしようとはしない政府は、本当にばか者です。
 
 私は、千載一隅のチャンスとは、大規模林道だけに終わらせず、もっと大きく捉えたいと考えます。
 大規模林道工事廃止と共に、全ての大規模公共工事に終わりを告げ、経済成長にも終わりを告げなければ人類は滅んでしまいます。

 大規模林道工事さえ止まらずに、持続可能な社会の実現は不可能でしょう。世界が経済成長という妄想から脱却出来ずに、経済成長論者(経済ファシスト)の天下になっているこの世の中は、破滅への道をまっさかさまです。猶予はありません。

 これを機に
大規模林道工事に別れを告げ、林道だけでなく大規模公共工事に別れを告げ、経済成長に別れを告げるべきです。
それが、人類が生き残るための千載一遇の最後のチャンスかも知れません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/09/11 00:01】 | 公共工事 トラックバック(0) |

成長AND温暖化対策の矛盾
スモールイズビューティフル
大規模林道工事のような
利権がらみの公共工事業のストップは、
まさに小泉改革の眼目だったはずですが、
今その影ばかりが強調されて、改革の幕引き
(つまり過去の利権政治への揺り戻し)
の動きが強まっているように感じます。

一方倍首相は外交での存在感を示すためか、
経済成長を維持しながらCO2を半減させるという、
眉唾のプランをぶち上げています。

しかし、これまでの行動と発言を読み解くと、
それは、結局日本の産業界が省エネ技術により
新たな世界市場を確保しようと
目論んでいるに過ぎないと思われます。

私も雑草さんの言うように
経済成長の妄想から早く脱却しなければ
ならないと考えます。
経済成長は企業のためのもの。
私たちが経済成長で幸せになれるという
前提は、今の時代、幻想に過ぎないと思うのですが。


omega
美しい森林のある日本を道路を作ろうとばかりたくらんだりする人をみると悲しくなりますね。

森林がどんどんつぶれ砂漠化しているのを素晴らしいとばかり叫び、森林国日本を見下してばかりで経済成長しか頭のない経済ファシストは、人類滅亡の危機を真摯に受け止め、大自然の前に謙虚に生きるべきだと思いますね。


環境問題の諸悪の根源は経済成長!
雑草Z
 やはり、史上最大最強のファシズム、元祖、ドイツのナチスのファシズムより遥かに大組織の
エコファシズム[ Economic Fascism=経済ファシズム]
を打倒しない限り、根本的に環境問題は解決されないし、持続可能な社会は実現出来ないでしょう。・・・破局は近いでしょう・・・



 スモールイズビューティフルさま
いつもグッドなタイミングでのコメント有難う御座います。

>過去の利権政治への揺り戻し

 だけは避けたいですね。そんな事やってる余裕はないですね。あまりの愚かさに開いた口が塞がりません。でも、そんな利権政治屋が増えて、動乱にでもなったほうがいいのかも知れません。

>経済成長を維持しながらCO2を半減させるという、眉唾のプラン

 今流行の『持続可能な経済成長』ってやつですね。こういう似非科学を信じる首相は、早く退陣すべきです・・・って、今日辞めちゃいましたね!(笑)・・へんなタイミングです。

>私たちが経済成長で幸せになれるという前提は、今の時代、幻想に過ぎない

これは、全く同感です。ただ、それは『今の時代』に限られた事ではなく、高度経済成長時代という時代も含め、いつの時代もそうだったのだろうと思います。


 omega さま
お久しぶりです。また訪問して下さって的確なコメント有難う御座います。

>美しい森林のある日本を道路を作ろうとばかりたくらんだりする人をみると悲しくなりますね。

同感です。私の場合は、悲しみよりも怒りのほうが大きいですが・・・
彼らの論理は、
 森林=山の中=不便・・だから道を作ろう!   
とか、
 自分達の生活が大切で、その為には、森の木を乱伐しても構わない
 と言う視野の狭い身勝手な論理です。
・・・これが、そこで生活している人の言葉ならまだ一寸は理解出来ますが、使わない森林破壊の道路を作って、税金を頂戴する事だけが目的・・・と言う発想は許容出来ません。・・・

 経済ファシスト達に支配されたこの世の中をその支配から開放しない限り、人類に未来はありませんね。
 彼らも自分達の愚かさに気付く日が来るのでしょうが、気付いたときには遅すぎる・・・って事になるほど、経済成長に洗脳されているのでしょうか? 



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
成長AND温暖化対策の矛盾
大規模林道工事のような
利権がらみの公共工事業のストップは、
まさに小泉改革の眼目だったはずですが、
今その影ばかりが強調されて、改革の幕引き
(つまり過去の利権政治への揺り戻し)
の動きが強まっているように感じます。

一方倍首相は外交での存在感を示すためか、
経済成長を維持しながらCO2を半減させるという、
眉唾のプランをぶち上げています。

しかし、これまでの行動と発言を読み解くと、
それは、結局日本の産業界が省エネ技術により
新たな世界市場を確保しようと
目論んでいるに過ぎないと思われます。

私も雑草さんの言うように
経済成長の妄想から早く脱却しなければ
ならないと考えます。
経済成長は企業のためのもの。
私たちが経済成長で幸せになれるという
前提は、今の時代、幻想に過ぎないと思うのですが。
2007/09/12(Wed) 09:29 | URL  | スモールイズビューティフル #-[ 編集]
美しい森林のある日本を道路を作ろうとばかりたくらんだりする人をみると悲しくなりますね。

森林がどんどんつぶれ砂漠化しているのを素晴らしいとばかり叫び、森林国日本を見下してばかりで経済成長しか頭のない経済ファシストは、人類滅亡の危機を真摯に受け止め、大自然の前に謙虚に生きるべきだと思いますね。
2007/09/12(Wed) 20:22 | URL  | omega #ZK/TaodE[ 編集]
環境問題の諸悪の根源は経済成長!
 やはり、史上最大最強のファシズム、元祖、ドイツのナチスのファシズムより遥かに大組織の
エコファシズム[ Economic Fascism=経済ファシズム]
を打倒しない限り、根本的に環境問題は解決されないし、持続可能な社会は実現出来ないでしょう。・・・破局は近いでしょう・・・



 スモールイズビューティフルさま
いつもグッドなタイミングでのコメント有難う御座います。

>過去の利権政治への揺り戻し

 だけは避けたいですね。そんな事やってる余裕はないですね。あまりの愚かさに開いた口が塞がりません。でも、そんな利権政治屋が増えて、動乱にでもなったほうがいいのかも知れません。

>経済成長を維持しながらCO2を半減させるという、眉唾のプラン

 今流行の『持続可能な経済成長』ってやつですね。こういう似非科学を信じる首相は、早く退陣すべきです・・・って、今日辞めちゃいましたね!(笑)・・へんなタイミングです。

>私たちが経済成長で幸せになれるという前提は、今の時代、幻想に過ぎない

これは、全く同感です。ただ、それは『今の時代』に限られた事ではなく、高度経済成長時代という時代も含め、いつの時代もそうだったのだろうと思います。


 omega さま
お久しぶりです。また訪問して下さって的確なコメント有難う御座います。

>美しい森林のある日本を道路を作ろうとばかりたくらんだりする人をみると悲しくなりますね。

同感です。私の場合は、悲しみよりも怒りのほうが大きいですが・・・
彼らの論理は、
 森林=山の中=不便・・だから道を作ろう!   
とか、
 自分達の生活が大切で、その為には、森の木を乱伐しても構わない
 と言う視野の狭い身勝手な論理です。
・・・これが、そこで生活している人の言葉ならまだ一寸は理解出来ますが、使わない森林破壊の道路を作って、税金を頂戴する事だけが目的・・・と言う発想は許容出来ません。・・・

 経済ファシスト達に支配されたこの世の中をその支配から開放しない限り、人類に未来はありませんね。
 彼らも自分達の愚かさに気付く日が来るのでしょうが、気付いたときには遅すぎる・・・って事になるほど、経済成長に洗脳されているのでしょうか? 

2007/09/12(Wed) 23:29 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。