-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-08-31 00:01
 大規模林道工事は、様々な理由・・・工事しやすい場所からとか、環境アセスをくぐり抜けるとか、・・・・から、細切れに作られる事が多いようですが、大規模林道 飯豊ー檜枝岐線 の途中に、工事の途中と言うよりも、林道の行き止まりのような場所があります。切られずに残された森林を挟んで両側で一旦工事がストップしている場所です・・・ 今回は、この、工事がされずに残されたその森林の部分のお話を書かせて戴きます・・・・。


 その土地は、地元の30軒くらいの農家などの共有地でした。大規模林道 飯豊ー檜枝岐線 を作るため、その共有地は国に売却する方向で、話が進んでいました。
 バブルが弾けた1990年代のはじめの頃の事です。いざ、その土地を売る段階で、その共有地主の一人が、売らないと言いはじめました。その方、児島徳夫さんは、お父さんの代では、売る方向で話が進められていましたが、お父さんがお亡くなりになって、自分の代になって正式に共有地を売ると言う段階になって、売らないと宣言したのです。


 共有地は、一軒でも反対者がいれば、売る事が出来ないのだそうです。残りの共有地主は、児島さんの説得にやってきました。
 「村の和を乱してもらっては困る・・・・」
でも、児島さんは頑として売ることに同意致しませんでした。
 

 共有地の地主や役場の職員約40人が集落の集会場に児島さんを呼んで話し合いと言う事になりました。40対1の話し合いです。様々な人が児島さんを説得しようとしたり威圧しようとしましたが、
児島さんは応じるつもりはなく、逆に聞き返しました。
 「大規模林道は、作ることが目的だから、林道が完成したら、どうせ国は維持して行けなくなり、町に移管される。
そのとき町はちゃんと維持管理出来るのか?
維持管理の費用は負担出来るのか?
ゴミの不法投棄がされないようにしっかり見張れるのか?
大切な水源地が汚されたらどうするんだ?」
 ・・・誰も答えることは出来ませんでした。そして、その集会で、最後まで児島さんは共有地を売ることに同意しませんでした。


 他の共有地主と役場の職員達は困りました・・・勿論林道自体が必要だと思った人は誰もいないでしょう。・・・さらに、そこの共有地は2足3文の値段で、国に売ったとしても1軒あたり6,7 万円てところですから、土地を売って儲けたかったわけでもないようです。
 つまり、国にタテついていると、これから先、別な補助金も貰えなくなるし、国といい関係を保ちたかった・・というところが本当の理由でしょう。
 そして、児島さんは、村で孤立して信用を失いました。村の同意、オキテ破りみたく言われました。
 同じ集落の人たちはまだ事情を知っているので、近所関係はそれほど大変ではありませんでしたが、事情の知らない同じ町の別の集落の知らない人々は、ある事ない事色々噂して、変わりもの扱いしたそうです。
 
 それから1年以上して、役場の職員がやって来て、作戦を変更して、共有地を分割することに同意して欲しいと言って来たそうです。
 児島さんもこの騒動で疲れていたし、共有地の分割には時間がかかるだろうから、そのうち時代も変わり、財政破綻している日本がこんな無駄で無意味な工事を続けられるわけはないと踏んで、とうとう分割に同意したそうです。

・・案の定、分割には相当の手間と時間がかかり、役場の職員が東京まで何度も足を運んで、やっと分割したそうです。そのことに関しても、役場の職員や、他の共有地主は怒っていたとの事ですが、これも児島さんの読みのうちだったのです。・・・勿論児島さんの土地は、分割後、林道が通る予定地を避けて、一番端っこに割り当てられたそうです。・・・・そして他の土地は国に売られて、林道工事再開・・・・・
とは行きませんでした。
  幸いなことに、まだそこは、工事がされていず、大規模林道はそこで分断されています。その分断している部分だけでも、(原生林のように)木や草花が密に生い茂り、ヒグラシが沢山鳴き、素晴らしい自然に恵まれています。
(工事の方々は、こう言う場所を、罪の意識がなく、どんどん伐採していくのです。)

 今年、緑資源機構の官製談合事件が発覚して、工事は一旦中止・・になりそうな・・・。これからまだ油断出来ませんが・・・。

 


 以上の話は、同じ”博士山ブナを守る会”の方から聞いていましたが、さらに児島徳夫さんから直接お聞きして、本人の了承を得てここに書かせて戴きました。

 余談ですが、
 ここまで頑張った児島徳夫さんは、素晴らしい気骨の持ち主で脱帽の思いです・・が、彼は一見、ただの口の達者なおっさんです。有機農業にこだわりを持っていて、私にも、
「土地見っけてやっから田んぼか畑やんねえか?」って誘ってくるところがちょっとプレッシャーです。(笑)だから、かわりに将来農業をやりたいと言う農学部の学生を紹介致しました。(笑)私もいつかは農業やってみたいとも思いますけれど・・・

070827_1716~0001.jpg

①いきなり大規模林道が行き止まりになる

070827_1717~0001.jpg

②さらに近づくと、確かに林道はここで終わってるように見える

070827_1722~0002.jpg

③この森が守られたのです


070827_1720~0001.jpg
④この森の中は雑木や草がうっそうと茂り、なかなか先へは進めません。


070827_1721~0001.jpg

⑤でも、林道が手前まで出来ているだけあって、こんなものが捨ててありました。‥壊れた掃除機と魔法瓶‥
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/08/31 00:01】 | 公共工事 トラックバック(0) |

同じような体験
天地 はるな
私も同じような体験をしました。
市会議員候補者が、地道だった所をアスファルトにするという公約をして、みんな大乗り気。
でも私の家だけが、アスファルトには乗り気ではなかったのです。
そうしたら、町内(40軒ほど)から白い目で見られました。
私たちは、地道とアスファルトの比較をしたビラを30種類ほど作り、まきました。
今から25年以上前のまだ環境問題という言葉が市民権を得ていなかった時代。
アスファルトになった道も今は、区画整理でなくなりましたが・・・。
地元で戦うのは、けっこうきついです。
おかげで、面の皮がアツクなりました( ̄▽ ̄)

地元だからこそ
雑草Z
 和を乱さないように、みんなに合わせるのではなく、止めるべきものは止めようと主張するほうが、本当の意味で地元の為になるでしょう。
 国や町などの言う事にも、理に適わないものには従う必要はないでしょう。

 例えば私も、消毒しない家があると他の家にも影響が出るといわれても、アメシロの消毒は致しませんし、それを町の中に広めていこうと考えてます。20年以上続けても効果が上がらないアメシロの消毒を強制するのは愚かです。
 


アルテミス^^
児島さんという方は、凄い方ですね。政府や国の対応をみこして先を読んでいる。災害時に問題となっていた同調バイアスにかからないで国土を守ることに筋を通している行動は例え身近な人にその時は理解されなくとも、何時かわかってもらえる時が来ると思います。

物があふれている時代になり、そして人心が荒廃した証拠として不法投棄があると思いました

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

 リンクで、こちらの記事まで遡ってのコメント有難う御座います。あちら、2011年10月11日付の記事の下から2つ目の林道のどん詰まりの写真の場所は、こちらの上の2つの写真の場所と同じでしょう?・・・こちらが4年前の夏の映像ですが、ほとんど変わりませんね。
 児島さんは変わり者と言われますが(私もですね。。笑)芯が通ってますね。

>災害時に問題となっていた同調バイアスにかからないで国土を守ることに筋を通している行動

これ、とても大切ですね。今日本人にとって非常に必要な行動ですね。

実は2011年10月10日、も児島さんの家を訪ねて栗のなってる山を尋ねたら、この場所を教えてくれました。彼は以前から有機無農薬農法を行っていて、今年サラリーマンを定年退職して、大きく農地を広げて、大々的に有機無農薬農法に取り組んでいます。・・そこに原発事故が・・。でも放射能の測定器を買ったりして頑張ってます。


 余談ですが『同調バイアス』と言う言葉、いい言い回しですね。何かの折に使わせて頂きます。有難う御座います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
同じような体験
私も同じような体験をしました。
市会議員候補者が、地道だった所をアスファルトにするという公約をして、みんな大乗り気。
でも私の家だけが、アスファルトには乗り気ではなかったのです。
そうしたら、町内(40軒ほど)から白い目で見られました。
私たちは、地道とアスファルトの比較をしたビラを30種類ほど作り、まきました。
今から25年以上前のまだ環境問題という言葉が市民権を得ていなかった時代。
アスファルトになった道も今は、区画整理でなくなりましたが・・・。
地元で戦うのは、けっこうきついです。
おかげで、面の皮がアツクなりました( ̄▽ ̄)
2007/08/31(Fri) 20:49 | URL  | 天地 はるな #-[ 編集]
地元だからこそ
 和を乱さないように、みんなに合わせるのではなく、止めるべきものは止めようと主張するほうが、本当の意味で地元の為になるでしょう。
 国や町などの言う事にも、理に適わないものには従う必要はないでしょう。

 例えば私も、消毒しない家があると他の家にも影響が出るといわれても、アメシロの消毒は致しませんし、それを町の中に広めていこうと考えてます。20年以上続けても効果が上がらないアメシロの消毒を強制するのは愚かです。
 
2007/09/01(Sat) 20:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
児島さんという方は、凄い方ですね。政府や国の対応をみこして先を読んでいる。災害時に問題となっていた同調バイアスにかからないで国土を守ることに筋を通している行動は例え身近な人にその時は理解されなくとも、何時かわかってもらえる時が来ると思います。

物があふれている時代になり、そして人心が荒廃した証拠として不法投棄があると思いました
2011/10/11(Tue) 19:36 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:
    アルテミスさん

 リンクで、こちらの記事まで遡ってのコメント有難う御座います。あちら、2011年10月11日付の記事の下から2つ目の林道のどん詰まりの写真の場所は、こちらの上の2つの写真の場所と同じでしょう?・・・こちらが4年前の夏の映像ですが、ほとんど変わりませんね。
 児島さんは変わり者と言われますが(私もですね。。笑)芯が通ってますね。

>災害時に問題となっていた同調バイアスにかからないで国土を守ることに筋を通している行動

これ、とても大切ですね。今日本人にとって非常に必要な行動ですね。

実は2011年10月10日、も児島さんの家を訪ねて栗のなってる山を尋ねたら、この場所を教えてくれました。彼は以前から有機無農薬農法を行っていて、今年サラリーマンを定年退職して、大きく農地を広げて、大々的に有機無農薬農法に取り組んでいます。・・そこに原発事故が・・。でも放射能の測定器を買ったりして頑張ってます。


 余談ですが『同調バイアス』と言う言葉、いい言い回しですね。何かの折に使わせて頂きます。有難う御座います。
2011/10/12(Wed) 07:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。