-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-07-29 21:56
核兵器根絶運動は、ある程度盛り上がっていて盛んですが、原子力発電根絶運動って、あまり聞きません。・・・
 何せ原発は、「核の平和利用」ですから・・・最近では、CO2温暖化説の有効対策の一つとしても、プロパガンダが盛んです・・。
 個人的には、原発を「核の平和利用」と呼ぶくらいなら、核兵器の抑止力を「核の平和利用」と呼ぶ方がまだましかとも考えます。・・・・まあ、どちらも世紀の愚策で、こんな事を国家レベルで論じている現代は、かなり野蛮な時代と呼ぶべきでしょう。

 さて、原発核兵器と比べたら、「原発の方がいいに決まっている」・・と言う人は圧倒的に多いのではないでしょうか?。
 何せ、「核の平和利用」ですから・・ってしつこいですね。
 しかし、そうとも言えないのではないでしょうか?。寧ろ原発の方が厄介な部分が大きいのではないでしょうか? 

 核融合発電は実用化されていませんので、(放射能を出さないとか言っても、さらに大変な問題もあるので、このまま廃案になって欲しいものです・・・)
 比較のために、核兵器は水素爆弾(核融合爆弾)は考えずに、原子爆弾(ウラン、プルトニウムの核分裂爆弾)を現行の原発(核分裂発電)と比較いたします。

 原発原爆より質の悪い部分は何か・・・と言えば、やはり放射性廃棄物でしょう。
 勿論原爆は、高レベル放射能を一瞬に大量に出すでしょう。・・・原爆の場合、それを放射性廃棄物と呼ぶかどうかは別として・・・濃縮ウランの濃度も遥かに高いから、放射能のレベルも超高レベルでしょう。・・・そして、原発と違って、放射能を上空からまき散らします。まき散らされた放射能を被曝した物体は、放射能汚染されます・・・原爆を肯定する積もりはありません。・・相当酷い話です。
 しかし、原爆は、使用されない限り、放射能は放出致しません。(日本に落とされた2回と、実験で何度も使用されています。・・・ウラン濃縮段階などでは、放射性廃棄物を出しますが、それは原発も共通です。)それに対して、使用することが目的で作られる原発は、稼働している間中、超高レベルまでの放射性廃棄物を発生させているのです。1基の原発を1年間運転すれば出てくる核廃棄物は、膨大です。日本では現在、1基あたり平均して、1年に高レベル核廃棄物10t、低レベル核廃棄物400t てところです。
 
 安全に(?)処理されて集められた放射性核廃棄物は、放射能をガラスで固化して、それを分厚い金属容器に入れ、さらに粘土で包み、挙げ句に地中深くに埋める。・・・などと言って最終処分場の候補地を募集していますが・・・・本当に大丈夫でしょうか・・・?いや、それくらいしないと、放射性廃棄物は、安全は確保出来ないほど危険であるのです。そして、それでも全く安全性は不十分です。・・何故なら1000年後には、放射能が、これらのバリアを通り抜けて,地表に現れてくる事は、核燃も認めているところです。何万年もの半減期(放射能が半分に減る時間)を持つ強力な放射能が、放射能の威力が、半分にも衰える前に地表に出てくると言う事です。・・・この意味で、原発原爆よりずっと厄介ではないでしょうか?

 子孫に負の遺産を半永久的に残すのです。そんな核廃棄物を原発は次々に量産しているのが現状です。

 
 余談ですが、原発の核廃棄物の排出量をネットで検索していたら、東京電力のHP、TEPCOに載っていましたが、ほかの一般廃棄物や産業廃棄物の量が参考のために乗せられていました。その量に比べて、放射性廃棄物の量が少ないとプロパガンダしたいのでしょうか・・・かなりふざけています。
 他のどんなに危険な産業廃棄物だって、放射性廃棄物、特に高レベル核廃棄物の比ではありません。飲んだり触ったりしなくても、近づいただけで被曝し、癌になって死んだり、遺伝病になって、子孫にまで影響いたします。
 ガラスで固化して、それを分厚い金属容器に入れ、さらに粘土で包んで、地中深くに埋めても、安全ではないのです。


 経済産業省 資源エネルギー庁 放射性廃棄物等対策室の「放射性廃棄物のホームページ」にはこんな事もかいてあります。
「原子力の便益を享受した我々の世代は、これに伴って発生した放射性廃棄物の安全な処理・処分への取組に全力を尽くす責任を、未来の世代に対して負っています。」


 安全な処理・処分は出来ないのに、見切り発進したのは、あなた達です。子孫の安全は確保出来ません。
 原発の恩恵を受けたのは、ごく一部、原発関連企業と国の原子力委員会、一部の政治家など限られた人々です。そして、その恩恵を受けた一部の人々も含め、全ての人々は、末代の子孫まで(未来永劫と言っていいくらい)放射能の危険にさらされるのです。この中途半端な処理(?)に、ひとりあたり何十万円も支払わなければなりません。これから、どんどん処理の費用は追加され続けます。そして、いくら費用を追加しても、放射能は消ず、安全は確保出来ません。
原子力発電を推進して来た人々は、皆、重大犯罪者です


・・・・こんなことを論じている現在も、原発は稼働し、半永久的になくならず、しっかり処理・処分の出来ない極悪の環境汚染物質・・放射性廃棄物を・・超高レベルまで、・・・発生しているのです
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/07/29 21:56】 | 原子力 トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「大丈夫?原発と放射性廃棄物」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
2007/10/16(Tue) 21:01:37 |  ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。