-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-07-27 23:08
 原発は、稼働すれば必ず、様々なレベル・・・超高レベルまでも・・・の放射性廃棄物が発生します。そして、この放射能は人類の歴史と比べて半永久的に消滅致しません。人間の手に負える代物ではありません。たとえ、小さな事故や放射能漏れがなくとも、この、1度出したらなくならないと考えるべき放射性廃棄物の存在だけで、十分に原発は廃止するに値する、最悪の発電方法です。

 しかし、今回の中越沖地震で柏崎刈羽原発火災が起きて、時間が経つにつれて隠された情報が出されて、まずい状況になっても、柏崎刈羽原発事態の事、または各地の原発の個別の安全性の話に持っていかれて、全ての原発廃止の方向には向かっていません
原発のエネルギーに対案が必要ないことは、先日アップした、【原発に代替案は必要か?】で述べた通りなのですが・・・

 CO2地球温暖化説により、原発は、CO2削減の有効な手段のようにプロパガンダされ、見直しさえ始まっている状況です。こういう流れからすると、原発廃絶までには、まだ長い道のりがありそうで憂鬱です。
 こんな間違ったプロパガンダをしている政府も、しっかり叩けないマスコミもかなり低レベルです。(放射性廃棄物も、このマスコミや政府のように低レベルであれば、問題は小さいのですが、放射性廃棄物は、極高レベルまで必ず排出されています。)

 今回の事故で、この程度しか騒がれないようなら、
大事故でも起こさない限り、原発廃絶には至らないのではないでしょうか?。

 大事故の可能性は本当にないのでしょうか?原発1基あたり1年間あたり大事故を起こす確率を0.1%と見ても、50基の原発なら(現在稼動中の日本の原発は54基くらい・・)、平均して20年に1度の割合で大事故を起こすと言う計算になります。大変な話です。大事故を起こす確率は、もっともっと小さいなんて、誰も断言出来ない筈です。
 こんな社会の状態・・・・マスコミも政府も愚かなこの日本では、大事故でも起こらないと、原発廃絶運動は、盛り上がらないのでしょうか?大事故が起これば、たった一基でも、
物的損害だけでも、国家予算を超えます。人的災害は、太平洋戦争レベルまでなるかも知れません。・・・たった数日でです。

 大事故でも起こらないと原発が全廃にならないないなんて、酷く愚かな悲惨な話です。実際大事故が起こったら、もう後悔のしようがないでしょう。日本は滅びてしまう可能性も高いでしょう。

・・・・こんなことを論じている現在も、原発は稼働し、処理のしようのない半永久的になくならない極悪の環境汚染物質・・放射性廃棄物が・・・超高レベルまで、・・・発生しているのです
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/07/27 23:08】 | 原子力 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。