-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-06-21 21:46
槌田敦 論考3

 前回、U字溝の愚かさについて述べました。U字溝に限らず、川や側溝の類いの,川底や側面ををコンクリートで固めるのは浅はかです。それは水を使う為に流すのが目的の用水路でさえ、言える場合が多いでしょう。

 どぶ、どぶ川と言うと、汚水の流れ込む淀んだ川を想像するでしょう。・・・・でも、槌田敦氏の定義するところの『どぶは、コンクリートなどで底や側面を固めていない、土を掘りっ放しの溝である「どぶ」です。生活排水などの汚水が流れ込む場所であることは同じですが、・・・


 槌田敦さんの主張はこうです。
 下水道を作って、液体廃棄物を全てまとめて末端の処理場で処理しようとするのが間違いの元である。生活排水は出来るだけ発生源の近くで処理すべきである。そして、いきなり川へ放流するのではなく、土壌に染み込ませる方法、すなわち「どぶ」を復活させることである。すると、ミミズなど土壌生物がこの汚染水を処理してくれるので、付近の土壌は豊かになる。蚊の発生を抑える為に、水溜まりが生じないようにするか、生じても短期間で消えるようにする。このようにして浄化された排水は地下水となり、河川や海岸の湧き水となる・・・。



 ・・なるほど!素晴らしい案ですね。私も大規模な下水道を作るのは愚の骨頂だと思います。台所、トイレ、風呂・・・と折角生活排水を分けても、また一緒にして大規模下水処理するのは、効率が良いようで非効率です。多くのエネルギーの投入をして、埋め立てくらいにしか使えないヘドロのような土を作るのです。肥料を作ったり、燃料を作ったり・・など工夫も認めますが、それにはさらなるエネルギーの投入が必要です・・・。大規模下水処理はやっぱり愚かです。
 蚊の発生を抑える方法は、鯉を放すなどの方法も良いでしょう・・・鯉は結構汚い水でも生きていられます。東京の汚いお堀にも逞しく泳いでいます。
 でも、さすがに、合成洗剤を流せば鯉に限らず、魚は勿論、土壌の生物もたまったものではないでしょう。やはり、洗剤の使用は、本当の自然の粉石鹸(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム・・・このことについてはこだわりが有りますので、後日述べたいと思います。)を使用するべきで、石油などから作る合成洗剤は使うべきではありません。合成洗剤はとんでもない代物ですが、この事も後日一緒に述べたいと考えています。


 そう言えば、私が子供の頃は、住んでいた家の庭の真ん中にも、「ドブ」が通っていました。台所などからの生活排水が流れ出る場所で、お釜を洗った米粒なども底に沈んでいました。裏の公共の「どぶ」に繋がっており、父の話では、そこから小魚も沢山上がって来て米粒などをつついていたそうです。 ある日家の庭に来ていた大工さんだかペンキ屋さんがペンキのはけをそのドブで洗って、小魚がみんなドブに浮いてしまったそうです。そんなこんな魚に配慮のない行為が続いて、私の記憶にある頃には、そこは小魚はいなくなって、トノサマガエルの住処に変わっていました。ドジョウは棲んでいたような記憶もあります。そして、家を新築する時、そのドブは埋められて、代わりに庭の端にU字溝よりずっと小さなコンクリートの側溝が作られました。当時幼かった私は、ただ単に庭の真ん中を通っていたトノサマガエルの住処のどぶがなくなって、カエルはどうするのだろうか?と心配したり環境の変化を寂しく思ったものですが、そんな小さな事の積み重ねも、今日の大きな生態系の破壊、自然環境の悲惨な状態を招いた一因でしょう。・・・ゼネコン工事の縮図のようです。・・・
個人個人の家庭でこんな事が行われていることは、実は大変恐ろしい事でしょう・・・・

 
 「どぶ」と言うと何となく、臭くて汚い都会のどぶ川を想像してしまいますが、要するに、コンクリートなどで固めてない、生態系を循環する汚水を流す溝です。上手く利用すれば、豊かな生態系を作れるのです。生態系の汚物(生ゴミ、糞尿・・・)が多くても自然は処理能力があるものです。自然を循環しない石油をはじめとする地下資源などから作った人工物質は使わずに、生態系の循環物質を含んだ汚水を流す『どぶ』を復活させることは、持続可能な社会の条件ではないでしょうか?



 参考文献; 槌田敦著 新石油文明論 p123
 ・・『どぶの復活』は、タイトルからは想像がつかない内容ですが、
   そこが槌田敦さんの書物の意外性であり、面白さです。
   槌田さんは、タイトルによらず、
  環境問題に対するご自分の哲学をご自分の著書に盛り込ん出います。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/06/21 21:46】 | 環境総論 トラックバック(0) |

ネットストーカーではありません(笑)。
nao
山道のU字溝は特にヘビにとってはトラップと同じです。路肩の側溝でもドブ川でも早急に三面張りを破壊せねばなりません。

山道のU字溝は酷いですね
雑草Z
 3つ連続のコメント有難う御座います。
山道の側溝こそ、土を掘っただけのほうが生態系にいい筈ですね。落ちた生物も脱出出来ますし、山の水の保水力も利用出来るし、栄養循環にもいい筈です。
 U字溝をむやみにつけるのは本当に愚かです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ネットストーカーではありません(笑)。
山道のU字溝は特にヘビにとってはトラップと同じです。路肩の側溝でもドブ川でも早急に三面張りを破壊せねばなりません。
2007/07/08(Sun) 21:43 | URL  | nao #-[ 編集]
山道のU字溝は酷いですね
 3つ連続のコメント有難う御座います。
山道の側溝こそ、土を掘っただけのほうが生態系にいい筈ですね。落ちた生物も脱出出来ますし、山の水の保水力も利用出来るし、栄養循環にもいい筈です。
 U字溝をむやみにつけるのは本当に愚かです。
2007/07/09(Mon) 06:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。