-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-05-09 00:01
私は物をあまり捨てません。・・・まだ使える物・・・ペットボトルや食品トレイなどしか思い浮かびませんが・・・を捨てる時、罪悪感があります。 一瞬なんとも嫌な気持ちがします・・・・

 しかし一方、ほとんど罪悪感を感じない場合があります。
それは例えば、食べ忘れて腐ってしまったもの・・・腐らせてしまうまで食べ忘れていた事には、失敗したと罪悪感がありますが、これを捨てることには罪悪感がありません。
・・・これをゴミ袋に捨てれば、きっと罪悪感がありますが、私の家では、生まれたときから(何度か引っ越しましたが、いく先々で)庭と言うか土の部分に穴を掘って埋めていますので、また土の栄養になって、野菜や木の栄養でなくとも、雑草の養分にでもなると思うので、気持ちは楽です。
 ・・それよりも、水洗トイレで糞尿を流すほうが、折角の肥料が勿体ないと感じます・・

 食べ残しでも・・・これも私は滅多にしません・・、エビのしっぽから、茄子のへたまで食べてしまいます。(笑)・・・猫や雀や小魚や蟻の餌にしたり・・・土の微生物に有効活用して貰って、形を変えて巡ってくれば、それでいいと感じます。
 廃棄物が自然の循環に回ればいいのです。・・・人為的なリサイクルでは駄目です。外部からのエネルギーや別の物資の投入が必要だからです。

 最近は犬の糞の持ち帰り運動もすっかり定着してしまいました。これは、道でも側溝でも何でもかんでもコンクリートで固めて、土を露出させていないからです。人や動物の密度の大きさも問題です。しかし、生ゴミでも糞尿でもその辺に放って置けばすぐに腐って小動物から微生物の餌になって土に帰って行く自然の完璧な仕組みを大いに利用すべきでしょう。
 
 使っているものがみんな生態系の循環に乗るもので、道ばたや身の回りに土が露出し、捨てたものを腐らせて、二酸化炭素や水や無機物質に分解するまでエネルギーを多くの生き物が有効利用するような自然の循環に囲まれた生活をしたいものです。
 そういう環境では、物を捨てても罪悪感はないでしょう。

 江戸時代のように、生態系の物質・・糞尿や体そのものを完璧な自然の循環に戻せる仕組みをしっかりさせて、生態系の物資を使い捨てしても何の環境汚染にもならない生活に戻りたいものです。

 使い捨ての出来る生活 = 使い捨てしても環境汚染の起こらない生活 
= 使い捨てしたものが生態系の循環を回る生活・・・それが、持続可能な社会の最低条件でしょう。
そのような意味での、使い捨ての出来る生活をしたいものです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/05/09 00:01】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

土に感服!
おかっぱ頭
10年程前から庭にコンポストを置いて生ごみ処理に使用しています。が、失敗談を。
生ごみをただポイポイ入れるだけで堆肥に変えてくれる優れもの、と思いきや、蓋を開ける度にすごい悪臭!すごい虫!それでもごみとして出したくはなかったので、息を止め、目をつぶって数年間入れ続けていました。
後で判ったのですが、中央にだけ生ごみが山の形に固まって発酵、分解が進まず、ただ腐敗した状態だったからのようです。
発酵促進剤なる物もあるようですが、それよりも何よりもこれを解決してくれるすごく簡単な方法、それは ~生ごみを平らに広げて入れたらその上に土をかぶせる、たまにスコップでかき混ぜる、その繰り返し~ たったこれだけで微生物が発酵と分解を早めてくれて・・以来悪臭からも虫からも解放されました。土の威力には感服します。
堆肥になった部分は家庭菜園に使用し、古くなった土はまた生ごみにかぶせると云う風にうまく循環が出来ています。秋には落ち葉を一ヶ所に集めておくのですが、これも有効利用しています。
楽しいから継続出来ているのだと思います。
犬の糞も今の時代は持ち帰らざるを得ませんが、トイレに流さず各家庭でうまく工夫がなされれば理想的ですね。

そうですね。土に感謝です。
雑草Z
 土をコンクリートやアスファルトで覆ってしまうのは、本当に愚かな事ですね。生ゴミでも糞尿でも土に混ざって土に帰せば、養分の高い土になるのです。こうした土の土地は化学肥料や農薬と違って、砂漠化の心配もありません。

 なるほど、生ゴミを平らに広げて土をかければいいのですね?確かに生ゴミは十分空気があって広げておけば、嫌な匂いはあまりしないそうです。早速試してみようと思いますが・・・
 家では、現在の家に住むまでは、コンポストを使った事がなく、大きな穴を掘って埋めていました。そこでは、雑草もかなりの背丈に大きく生えました(笑)
 コンポストは、母が町から買わせられたようですが、コンポストって、本当に必要なのでしょうか?確かにコンポストでないとハエなどの虫は沢山集まって大変かもしれません。でも家のコンポストの中も下の隙間から入り込むのか、ハエなどの虫だらけになります。家では穴を深く掘ってコンポストをかぶせてます。穴が周りの土の高さぐらいになると埋めて、場所を移動していますので、家では本来のコンポストの使い方ではなくて、穴の蓋として使っているのかも知れません(笑)

 確かに発酵促進剤などは出来るだけ使いたくないですね。
いつも役立つ情報有難う御座います。

PS
 犬の糞の持ち帰りについてはもっと申したい事があるので、5/15にアップ致します。 
  

コンポストの正しい使い方初めて出来たようです
雑草Z
 家のコンポストも、上のコメントにかいたように、ただ穴の蓋みたく使っていて、生ゴミを捨てるときは、おかっぱ頭さんの家のように蓋を開ける度にすごい悪臭で、物凄い勢いで沢山の虫が飛び出してきて脅威でした。
 上のおかっぱ頭さんのコメントを読んで、やってみようと考え、先月に前の穴を埋めて、新たに穴を掘って試しています。生ゴミを捨てたときには、スコップで捨てた生ゴミを切りながら穴の側面の土を削ってかけるようにしてならしたています。悪臭もしなくなり、虫もほんの小さな虫が底のほうに少しだけになりました。本当に使い方によってこれだけ変わるのですね。正しい使い方のご指南有難う御座いました。
 
 沢山の虫が発生して、鳥の餌が増えて鳥が集まってくるのもいいかも知れません(コンポストから沢山の虫と一緒にすずめが飛び出てきた事もあります。)が、そこまでは我慢できず、スプレー式の殺虫剤を使ってしまうことになりかねません。

 コンポストも使い方一つなんですね!コンポストの意味も分かったような・。

お役に立てて嬉しいです。
おかっぱ頭
実践して下さったのですね!きっといい堆肥が出来る事と思います。
スコップで生ゴミを細かく切ってらっしゃるのもすごくいい事かと。その分早く分解しますね。

私も知り合いから教えてもらい上手くいってからは、逆にコンポストの蓋を開けるのが楽しみになった位です。

これからも気長に楽しみながら、そして何より土をかぶせる時は感謝を込めて、ですね!

羽虫はコンポストの外に出しましょう
雑草Z
 つい最近、去年までというより、一月ほど前までは、コンポストの中の沢山の虫を外に出したのでは自分の家にもハエ等の羽虫が増えるだけでなく、近所迷惑かとも思っていましたが、槌田敦氏の本を読んで、こういう虫の大切さを再認識しました。
 私の家の庭には沢山の色々な鳥が集まるのですが、これも庭の木の実だけでなく、生ゴミを庭に捨てているからでしょう。腐る前の生ゴミを食べたり、その腐りかけの生ゴミに集まる虫を食べに集まるのでしょう、(横からか、コンポストの中にまで入り込みます。)。
 コンポストに虫が沢山発生しなくなった今、コンポストを開けるときは虫を退治しないで、外に出して見ようかと思います。本当は槌田敦氏の提案に沿って、鳥を使って、山に木を育てる実験もしたいのですが、そんな山は近くにありませんし、かなり時間もかかります。

 槌田氏の森の再生の提案に関しては近々アップしたいと考えています。大変面白い素晴らしい提案だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
土に感服!
10年程前から庭にコンポストを置いて生ごみ処理に使用しています。が、失敗談を。
生ごみをただポイポイ入れるだけで堆肥に変えてくれる優れもの、と思いきや、蓋を開ける度にすごい悪臭!すごい虫!それでもごみとして出したくはなかったので、息を止め、目をつぶって数年間入れ続けていました。
後で判ったのですが、中央にだけ生ごみが山の形に固まって発酵、分解が進まず、ただ腐敗した状態だったからのようです。
発酵促進剤なる物もあるようですが、それよりも何よりもこれを解決してくれるすごく簡単な方法、それは ~生ごみを平らに広げて入れたらその上に土をかぶせる、たまにスコップでかき混ぜる、その繰り返し~ たったこれだけで微生物が発酵と分解を早めてくれて・・以来悪臭からも虫からも解放されました。土の威力には感服します。
堆肥になった部分は家庭菜園に使用し、古くなった土はまた生ごみにかぶせると云う風にうまく循環が出来ています。秋には落ち葉を一ヶ所に集めておくのですが、これも有効利用しています。
楽しいから継続出来ているのだと思います。
犬の糞も今の時代は持ち帰らざるを得ませんが、トイレに流さず各家庭でうまく工夫がなされれば理想的ですね。
2007/05/14(Mon) 18:34 | URL  | おかっぱ頭 #N.vW.TCs[ 編集]
そうですね。土に感謝です。
 土をコンクリートやアスファルトで覆ってしまうのは、本当に愚かな事ですね。生ゴミでも糞尿でも土に混ざって土に帰せば、養分の高い土になるのです。こうした土の土地は化学肥料や農薬と違って、砂漠化の心配もありません。

 なるほど、生ゴミを平らに広げて土をかければいいのですね?確かに生ゴミは十分空気があって広げておけば、嫌な匂いはあまりしないそうです。早速試してみようと思いますが・・・
 家では、現在の家に住むまでは、コンポストを使った事がなく、大きな穴を掘って埋めていました。そこでは、雑草もかなりの背丈に大きく生えました(笑)
 コンポストは、母が町から買わせられたようですが、コンポストって、本当に必要なのでしょうか?確かにコンポストでないとハエなどの虫は沢山集まって大変かもしれません。でも家のコンポストの中も下の隙間から入り込むのか、ハエなどの虫だらけになります。家では穴を深く掘ってコンポストをかぶせてます。穴が周りの土の高さぐらいになると埋めて、場所を移動していますので、家では本来のコンポストの使い方ではなくて、穴の蓋として使っているのかも知れません(笑)

 確かに発酵促進剤などは出来るだけ使いたくないですね。
いつも役立つ情報有難う御座います。

PS
 犬の糞の持ち帰りについてはもっと申したい事があるので、5/15にアップ致します。 
  
2007/05/14(Mon) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コンポストの正しい使い方初めて出来たようです
 家のコンポストも、上のコメントにかいたように、ただ穴の蓋みたく使っていて、生ゴミを捨てるときは、おかっぱ頭さんの家のように蓋を開ける度にすごい悪臭で、物凄い勢いで沢山の虫が飛び出してきて脅威でした。
 上のおかっぱ頭さんのコメントを読んで、やってみようと考え、先月に前の穴を埋めて、新たに穴を掘って試しています。生ゴミを捨てたときには、スコップで捨てた生ゴミを切りながら穴の側面の土を削ってかけるようにしてならしたています。悪臭もしなくなり、虫もほんの小さな虫が底のほうに少しだけになりました。本当に使い方によってこれだけ変わるのですね。正しい使い方のご指南有難う御座いました。
 
 沢山の虫が発生して、鳥の餌が増えて鳥が集まってくるのもいいかも知れません(コンポストから沢山の虫と一緒にすずめが飛び出てきた事もあります。)が、そこまでは我慢できず、スプレー式の殺虫剤を使ってしまうことになりかねません。

 コンポストも使い方一つなんですね!コンポストの意味も分かったような・。
2007/06/09(Sat) 13:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
お役に立てて嬉しいです。
実践して下さったのですね!きっといい堆肥が出来る事と思います。
スコップで生ゴミを細かく切ってらっしゃるのもすごくいい事かと。その分早く分解しますね。

私も知り合いから教えてもらい上手くいってからは、逆にコンポストの蓋を開けるのが楽しみになった位です。

これからも気長に楽しみながら、そして何より土をかぶせる時は感謝を込めて、ですね!
2007/06/10(Sun) 15:46 | URL  | おかっぱ頭 #N.vW.TCs[ 編集]
羽虫はコンポストの外に出しましょう
 つい最近、去年までというより、一月ほど前までは、コンポストの中の沢山の虫を外に出したのでは自分の家にもハエ等の羽虫が増えるだけでなく、近所迷惑かとも思っていましたが、槌田敦氏の本を読んで、こういう虫の大切さを再認識しました。
 私の家の庭には沢山の色々な鳥が集まるのですが、これも庭の木の実だけでなく、生ゴミを庭に捨てているからでしょう。腐る前の生ゴミを食べたり、その腐りかけの生ゴミに集まる虫を食べに集まるのでしょう、(横からか、コンポストの中にまで入り込みます。)。
 コンポストに虫が沢山発生しなくなった今、コンポストを開けるときは虫を退治しないで、外に出して見ようかと思います。本当は槌田敦氏の提案に沿って、鳥を使って、山に木を育てる実験もしたいのですが、そんな山は近くにありませんし、かなり時間もかかります。

 槌田氏の森の再生の提案に関しては近々アップしたいと考えています。大変面白い素晴らしい提案だと思います。
2007/06/10(Sun) 20:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。