-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-02-07 00:43
テレビなどの大自然を撮った番組を見ると、壮大な手つかずに近い自然が映って、まだこんなに大自然が残っているところがあるのだ、こんな大自然がずっと残って欲しい。この自然を守らなければ・・・・などと多くの人が感動します。でも本当にそんなに手つかずの自然が沢山残っているのでしょうか?

 20年ほど前に、海洋調査船に乗って調査の手伝いをした事があります。東京湾から出向して北回帰線あたりまで行って、使い捨ての大きな温度計を海に投げ込んで(勿体無い!)海の表面から深海までの水温変化を測定したり、海洋深層水を汲み上げて分析したり・・事実だけ列記すると面白そうでもありますが、私は色んな理由から、この世界には入らないぞ!・・と、決意した海洋調査の旅でした・・・
 まあ、それは兎も角、この時、昼間にトビウオが次々に飛んでいる姿や、乗組員が釣った大きなシーラ(初めて耳にした魚の名前でした・)夜のライトに集まる大きなイカなどを凄いと思う反面、色々な場面にいきなり海のゴミが出現致しました。酷いものでした。調査船が、浮いているいくつものゴミの横を通り過ぎたり、突然海の底の方から大きなエイが浮かんで来たかと思ったらゴミだったり・・・
・・・そのとき悟りました。大自然の、魚が群れているような海の映像の番組では、決してゴミは映りませんが、それは敢えてゴミを映らないように撮影しているのだ・・・と・・・そう、本当はもう、至る所ゴミだらけなんだ・・・と。
 あれから20年近く経ちました・・状況はもっと酷くなっているに違いありません・・・。

 これは海に限った事ではないでしょう。大自然の中の動物も、実は背後に見える都市や工場を映らないようにしているのかも知れません。大自然ではありませんが、南米などの先住民の大昔からの生活様式を移した映像も、実は保護区の中であり、近くを通っている舗装道路の自動車は意識的に映していないのでしょう。
 映像を撮って編集する人たちが、敢えて人工的なもの、ゴミや近代建築物、自動車等を映さないのは、当然でしょう。「大自然の映像」を見せることが目的ですから・・「いかさま」とは言い切れないでしょう。癒しの自然を見せる番組で、現実を見せてがっかりさせるのは、忍びないでしょう。・・・でも、もっと現実を知らしめるべき時期でしょう。現在毎日のように沢山の生物が絶滅して(1日百種とか・・)、熱帯雨林が消失し、ツンドラの森も失われている現実をもっともっと広く世に知らしめ、映像の中の大自然の多くが実際は人工物に囲まれた箱庭であることを実感するべき時です。そうして、回復する事の出来る可能性の残された時間の短さに気付くべきです・・・取り繕われた大自然に騙されて癒されている余裕はないのかも知れません。
  
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/02/07 00:43】 | 環境総論 トラックバック(0) |

仰る通りです
ケンストック
はじめまして。ブログランキングから訪問させてもらいました。

私も以前釣り雑誌の仕事をしたのですが、普通に写真を撮ろうとしても、足元や海に浮かんでいるゴミが邪魔なので、いちいち片付けてから(フレーム内での話ですけど)撮影していました。なので、雑草さんの仰っているレベルの映像だと(特に日本では)相当に大変なことだと思いますよ。

砂浜にはペットボトルやプラゴミなどの漂着物、港は釣り人が投げ捨てたゴミが醜いほどに散乱しています。大量のゴミに地元の人がたまりかねて、釣り人立ち入り禁止になっている港もあるほどです。(もっとも漁師も無頓着に海にゴミを捨てますけどね)

海に限ったことではないですが、平気で捨てられるゴミひとつとっても、この国の人たちはいったいどうなってしまったんだろうと、暗澹たる思いに駆られますね。



こんにちは
kumacom
本当にそう思います!
私の好きな番組のプラネットアースでさえ、
自然破壊が行われてるという表現には、
いつも番組後半に控えめなナレーターで、
若干触れるだけに終わってしまっています。
映像も壮大なスケールで撮られていますが、
私はいつもその画面の映像だけに囚われないよう、
気をつけて見るようにしています。

見たくない物、都合の悪いものには蓋をして、
綺麗な所ばかり見せていたのでは、
大衆の殆どはその情報を信じてしまい、
いっそう危機感を持てなくなりますよね。。。


こんな騙しの映像さえ撮れなくなったらお仕舞いでしょうね。
雑草Z
 例えば、日本の小さな湖や沼で、大自然の映像を撮るのが困難な所は、もう沢山あるでしょうね。・・世界中のあらゆる場所がそんな危機にさらされていますね。

ケンストックさま
 はじめまして?日本の沿岸は写真撮影でも大変ですか?海外のゴミもどんどん流れ着いていますからね。と言うことは、海外の海岸もこんなもんなのでしょうか?日本はやっぱり海外と比べてかなり酷いのでしょうか?


kumacom さま
 大自然を紹介する番組は、やはり何と言っても、自然のみ映して、人口物質は映したくないでしょうから、現実の自然破壊は避けるんでしょうね。カメラマンのすぐ背後に迫っていても・・
 でもやっぱり、その大自然のどこまで人間が入り込んで、侵しているかみんな知るべき時期ですね。目を逸らしている猶予はないでしょうね。



ドイツの知り合いが
ケンストック
海外の状況は詳らかな見聞がないので、よく分かりませんが、
ドイツ人の知り合いが日本の川にゴミが捨てられているのを見て、
「ドイツでは考えられないことで~す」と言ってました。
もう20年近く前の話です。
ヨーロッパ、中でも北欧は環境への関心が強いのではないでしょうか。何となくアジアは全般に意識が低いような気がします。

それと、日本の海岸のゴミは、多くが川から流れ込んで漂着したもののようです。
もっとも日本海側だと北朝鮮あたりから変なものが流れてくるようですけどね。

ところで雑草さん、私のことを外人だと思ってません?
私は日本人ですよ。

自然と共生がアジア人だったのに・・・
雑草Z
 そうですか?海岸のゴミは川からの漂着物が多いのですか?
 昔は、アジア系、黄色人種のほうが自然との共生の考えはしっかりしてて、決して自然を開拓してやろうとかは考えなかったのですがね。自然を征服してやろうという欧米人、白人の思想に洗脳されたアジア人は本当に愚か者ですね。

 「ケンストック」って、どう考えても英語圏のイギリスあたりの在日人の本名かな?と・・・ 



RYO
すごくはっとしましたね。僕も他の大部分の人と同じように、まだまだ地球にも自然があるんだな!と思っていました。

一見大自然のような所で・・
雑草Z
 アフリカのサバンナや南米のジャングルの中の野生動物の映像も、実は近くに都市が出来たり、すぐ近くまで道路が出来ているなんて所が多く、映らないようにしているとの事です。
 淋しく悲しいものがありますね。

記事を遡ってのコメント有難う御座います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
仰る通りです
はじめまして。ブログランキングから訪問させてもらいました。

私も以前釣り雑誌の仕事をしたのですが、普通に写真を撮ろうとしても、足元や海に浮かんでいるゴミが邪魔なので、いちいち片付けてから(フレーム内での話ですけど)撮影していました。なので、雑草さんの仰っているレベルの映像だと(特に日本では)相当に大変なことだと思いますよ。

砂浜にはペットボトルやプラゴミなどの漂着物、港は釣り人が投げ捨てたゴミが醜いほどに散乱しています。大量のゴミに地元の人がたまりかねて、釣り人立ち入り禁止になっている港もあるほどです。(もっとも漁師も無頓着に海にゴミを捨てますけどね)

海に限ったことではないですが、平気で捨てられるゴミひとつとっても、この国の人たちはいったいどうなってしまったんだろうと、暗澹たる思いに駆られますね。

2007/02/07(Wed) 07:23 | URL  | ケンストック #-[ 編集]
こんにちは
本当にそう思います!
私の好きな番組のプラネットアースでさえ、
自然破壊が行われてるという表現には、
いつも番組後半に控えめなナレーターで、
若干触れるだけに終わってしまっています。
映像も壮大なスケールで撮られていますが、
私はいつもその画面の映像だけに囚われないよう、
気をつけて見るようにしています。

見たくない物、都合の悪いものには蓋をして、
綺麗な所ばかり見せていたのでは、
大衆の殆どはその情報を信じてしまい、
いっそう危機感を持てなくなりますよね。。。
2007/02/07(Wed) 16:47 | URL  | kumacom #-[ 編集]
こんな騙しの映像さえ撮れなくなったらお仕舞いでしょうね。
 例えば、日本の小さな湖や沼で、大自然の映像を撮るのが困難な所は、もう沢山あるでしょうね。・・世界中のあらゆる場所がそんな危機にさらされていますね。

ケンストックさま
 はじめまして?日本の沿岸は写真撮影でも大変ですか?海外のゴミもどんどん流れ着いていますからね。と言うことは、海外の海岸もこんなもんなのでしょうか?日本はやっぱり海外と比べてかなり酷いのでしょうか?


kumacom さま
 大自然を紹介する番組は、やはり何と言っても、自然のみ映して、人口物質は映したくないでしょうから、現実の自然破壊は避けるんでしょうね。カメラマンのすぐ背後に迫っていても・・
 でもやっぱり、その大自然のどこまで人間が入り込んで、侵しているかみんな知るべき時期ですね。目を逸らしている猶予はないでしょうね。

2007/02/09(Fri) 02:24 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ドイツの知り合いが
海外の状況は詳らかな見聞がないので、よく分かりませんが、
ドイツ人の知り合いが日本の川にゴミが捨てられているのを見て、
「ドイツでは考えられないことで~す」と言ってました。
もう20年近く前の話です。
ヨーロッパ、中でも北欧は環境への関心が強いのではないでしょうか。何となくアジアは全般に意識が低いような気がします。

それと、日本の海岸のゴミは、多くが川から流れ込んで漂着したもののようです。
もっとも日本海側だと北朝鮮あたりから変なものが流れてくるようですけどね。

ところで雑草さん、私のことを外人だと思ってません?
私は日本人ですよ。
2007/02/09(Fri) 08:36 | URL  | ケンストック #-[ 編集]
自然と共生がアジア人だったのに・・・
 そうですか?海岸のゴミは川からの漂着物が多いのですか?
 昔は、アジア系、黄色人種のほうが自然との共生の考えはしっかりしてて、決して自然を開拓してやろうとかは考えなかったのですがね。自然を征服してやろうという欧米人、白人の思想に洗脳されたアジア人は本当に愚か者ですね。

 「ケンストック」って、どう考えても英語圏のイギリスあたりの在日人の本名かな?と・・・ 
2007/02/10(Sat) 21:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
すごくはっとしましたね。僕も他の大部分の人と同じように、まだまだ地球にも自然があるんだな!と思っていました。
2007/05/04(Fri) 23:02 | URL  | RYO #-[ 編集]
一見大自然のような所で・・
 アフリカのサバンナや南米のジャングルの中の野生動物の映像も、実は近くに都市が出来たり、すぐ近くまで道路が出来ているなんて所が多く、映らないようにしているとの事です。
 淋しく悲しいものがありますね。

記事を遡ってのコメント有難う御座います。
2007/05/05(Sat) 01:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。