-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2007-01-11 22:15
CO2温暖化脅威説は本当か?-余談編  
「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」
          近藤邦明[著] 不知火書房
 - 考 -
スミマセン!!!!!今回は本書の番外編として、本書に一番思い入れのある部分を書こうと思いましたが、近藤邦明氏のHPの公開討論を見て、気象&気候シミュレーションの関係を、人間に置き換えて考えてみると分かりやすいと、ふと思いましたので、予定を変更して余談編として、気候予測の有効性について書かせて戴きます。 

 気象とは日々の大気現象です。はれたり曇ったり雨が降ったり台風が来たりの日々の空模様です。
それに対し、気候とは気象の長期的な平均的な振る舞いの事です。大気・海洋・陸面などの長期的な統計的性質です。

 ここで、気象予報はせいぜい1週間先ぐらいまでしか当てにならず、一月先なんて全く予報不可能なことは全ての気象学者の認めるところです。
それでも、遠い将来の(10年~100年以上の)気候予想は可能かと言う事です。CO2地球温暖仮説を掲げる気象学者は、それを可能だとして、CO2地球温暖化脅威説の証拠の1つとさえしている訳です。

 カオス現象の気象の長期予報は無理でも100年後の気候変動を予測可能だと地球環境フロンティア研究システムの江守正多氏は述べています。
もう少し詳しく言えば気象数値予測(予報)」とは、ある日の大気の状態を初期条件として大気数値モデルを時間積分する(今の状態をもとに少し後の状態を計算する、ことを次々に繰り返す)ことにより、その後の気象を予測すること(ある日のどの場所に低気圧があるとか、雨が降るとかを当てることです。
・・一方で、「気候数値シミュレーション」は、大気中のCO2濃度などの外部条件を地球(大気-海洋-陸面系)の数値モデルに与えた場合に、気候がどのようになるかの再現を試みるものであり、日々の気象は問題としないので、気候シミュレーションは可能である。・・・と江守氏は述べています。
・・・これは、江守氏に限らず、(100年先の)気候シミュレーションが可能だと言う多くの方々の論理でしょう。

 それに対し、近藤邦明氏は、あくまでも、「仮にあるシナリオの下で気候が規定されていると仮定すると、こんな風になるでしょうという程度の話」と言って切り捨てています。
 
 詳しくはこちら ↓
公開討論「数値実験による気候の長期予測は可能か?」  HP管理者/近藤 邦明氏
http://env01.cool.ne.jp/open/open02/simulation01.htm
これだけでは、どっちの言い分にもそれぞれ理があるようにも思えるかも知れません。
そこで、これを人間に置き換えてみたら、感覚的にすっきりわかります

例えば、「地球がCO2の増加で温暖化する」事を、
「少年Eが親の期待を受けて将来医者になる」事に対応させるとします。
(なんのこっちゃ!!??・・と言わずまあ・・・)
もうちょっと対応関係を細かく書くと
  地球     → 少年E  (偉そうに!!)
  将来     → 将来  (同じです、タイムスケールもほぼ同じでしょう
              ・・地球物理学ではオーダー[桁数]が合えばOK!)
  CO2  → 少年の両親
  温暖化する → 医者になる
  気象  → 日々の生活
  将来の気候 → 将来の姿 
(  H2O →少年の恩師という対応も考えましたが、
          今回は原因究明ではないので、考慮しません。)
 だいたい見えてきましたか?じゃあ、ストーリーを簡単に!!

 少年Eの両親は少年Eに医者になって欲しいと育てています。そのため医者と言う仕事の素晴らしさも教えています。そのための教育もしています。その為のその他諸々をいたしております・・・
はい、だから少年Eは将来医者になります。・・・これが、日々の生活〔気象など〕の追跡なしでの将来予測〔気候予測〕です。(余談ですけど、この程度の予測にスーパーコンピュータは必要ないですね。)
 どんなに詳細に現状を知っていても将来は分かりません。その後の彼のたどる道がわからなければ・・・たまには当たりますけどね。それを「まぐれ」というのです。

 そこで、少年の日々の生活を予測〔気象予報〕いたしてみます。今日の生活を見て、明日もあさっても小学校へ行って生活してくると予報できる訳です〔ある程度大きい規模の気象現象〕。でも、石につまずいたりまでは予報出来ません。〔小規模の大気の擾乱〕そして、石につまずいてけがをして学校を休んでしまいました。〔小規模のバタフライ効果〕 そのときアフリカの飢餓のテレビ番組を見て、食料不足に関心を持ちました。その時バックで流れたガンズ&ローゼスに感銘を受けてロックに目覚めました。怪我が治って学校へ行ったらカエルの解剖があり、それが嫌で、医者にだけはなりたくないと思いました。・・・1か月先の生活ががらりと変わってしまうとき、そのきっかけが訪れるまでは予測不能です。・・・そして、彼は農学部に進みました。バンド活動も始めました。〔大規模のバタフライ効果〕この後、彼は医者になるでしょうか?
 そんなデタラメな予測はないだろう?・・・そう、そんな日々の予測はつきません。
無限のパターンがあります。そしてそのそれぞれに応じて未来もそれぞれ変わるのです。ごく当然のことです。
そう、人間(生きている地球)の未来予想なんて、数ある「見通し」の1つに過ぎません。 初期条件から途中の過程〔日々の気象〕を全く考慮せずに(考慮したら、1月先の天気予報も外れるくせに!って非難されますから・・・)将来を予測するのが気候予測です。
 ・・・日々の生活なくして将来はない訳ですね。そして、日々の生活には、無限のバタフライ効果があるのです。そこまで考慮して有効な予測ができるコンピュータが存在する筈御座いません。
 と、言うことで気候予測の手法は見えましたね? パチパチ・・・
 一体、気候シミュレーションを信じている気候の研究者はいるのでしょうか?
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2007/01/11 22:15】 | CO2 トラックバック(0) |

こんばんはっ!
kumacom
雑草さま

教えていただいた下記の記事も読みましたっ!http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-102.html
多くの動物達は寒い時には巣の中に集まったり、自分達の体温で温め合うんですよね。
現代人(私も含め)は少しは見習うべきですね!

参照サイト
seitaro
ペンシルバニア州立大学で教鞭を執っておられる教授(気象学者)のサイトです。http://www.realclimate.org/

お時間が有れば、参照して見て下さい。

雑草さん元気ですか~
よしなよ
少年Eはおおいに元気でした!
そんな少年Eに再会したクラス会では食中毒になるのが怖くて、結局割り箸を使ってしまいました。。。
苦渋の決断でした。
幹事Uは申し訳ないといってました。(きっと地球に・・・)
そんな幹事Uを責めないでください!!


雑草Z
kumacom さま
 記事を読んで戴いて有り難うございます。そこかしこ、全館暖房だらけですが、局所暖房で頑張りましょうね。設定温度は20℃と言わず、15℃でも大丈夫ですね。だって、秋口15℃で暖房なんてしませんもの。お時間があればご紹介の前のページも読んでくださいね。冬の暖房シリーズです。

seitaroさま
ご紹介有り難う御座います。サイトの 2006/12/29の 「気候モデリングの物理」だけ、ちらりと読みましたが、正統派のモデリングの話でしょうか?気候モデリングの概要の本質は近藤邦明氏や猫田白重氏のサイトで掴めたつもりなので、この部分に関してはあまり得るものがありません。もし、特に画期的なこの部分と言うのがあれば、ご助言ください。

よしなよ さま
Uには、そんなこともあるから、自分の家の箸を予備に沢山持って行けと、メールしたのに彼は大丈夫だと言ったです。それを・・許しません。土下座して誤るべきです。土下座すれば本当に地球に手を着いて謝るわけです。割り箸使うのはよしなよ!
 少年Eとは、虫キングですか?彼は虫博士であることを誇りにすべきです。隠すのはよしなよ!!
 よしなよも何とか博士だったよね?リョータが暴露してた筈。それはさておき、別な種のコメント待ってます。こういう内輪ネタはよしなよ!!!・・しょうもねぇ


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんはっ!
雑草さま

教えていただいた下記の記事も読みましたっ!http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-102.html
多くの動物達は寒い時には巣の中に集まったり、自分達の体温で温め合うんですよね。
現代人(私も含め)は少しは見習うべきですね!
2007/01/12(Fri) 01:26 | URL  | kumacom #-[ 編集]
参照サイト
ペンシルバニア州立大学で教鞭を執っておられる教授(気象学者)のサイトです。http://www.realclimate.org/

お時間が有れば、参照して見て下さい。
2007/01/12(Fri) 01:42 | URL  | seitaro #-[ 編集]
雑草さん元気ですか~
少年Eはおおいに元気でした!
そんな少年Eに再会したクラス会では食中毒になるのが怖くて、結局割り箸を使ってしまいました。。。
苦渋の決断でした。
幹事Uは申し訳ないといってました。(きっと地球に・・・)
そんな幹事Uを責めないでください!!
2007/01/12(Fri) 21:57 | URL  | よしなよ #KcQvmRow[ 編集]
kumacom さま
 記事を読んで戴いて有り難うございます。そこかしこ、全館暖房だらけですが、局所暖房で頑張りましょうね。設定温度は20℃と言わず、15℃でも大丈夫ですね。だって、秋口15℃で暖房なんてしませんもの。お時間があればご紹介の前のページも読んでくださいね。冬の暖房シリーズです。

seitaroさま
ご紹介有り難う御座います。サイトの 2006/12/29の 「気候モデリングの物理」だけ、ちらりと読みましたが、正統派のモデリングの話でしょうか?気候モデリングの概要の本質は近藤邦明氏や猫田白重氏のサイトで掴めたつもりなので、この部分に関してはあまり得るものがありません。もし、特に画期的なこの部分と言うのがあれば、ご助言ください。

よしなよ さま
Uには、そんなこともあるから、自分の家の箸を予備に沢山持って行けと、メールしたのに彼は大丈夫だと言ったです。それを・・許しません。土下座して誤るべきです。土下座すれば本当に地球に手を着いて謝るわけです。割り箸使うのはよしなよ!
 少年Eとは、虫キングですか?彼は虫博士であることを誇りにすべきです。隠すのはよしなよ!!
 よしなよも何とか博士だったよね?リョータが暴露してた筈。それはさておき、別な種のコメント待ってます。こういう内輪ネタはよしなよ!!!・・しょうもねぇ
2007/01/13(Sat) 10:33 | URL  | 雑草Z #v5wtFj2.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。