-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-12-15 22:55
私は21世紀にもなって経済成長を謳う事非常に恥ずかしい事だと思います。(いつの時代も経済成長は必要のない矛盾だらけの目標だったと思います。)ですが、今でも世の中は、政治家でも経済学者でも、経済成長に躍起になっている方ばかりです。本日も経済成長させる為の政府の方策が新聞の紙面を賑わせていました。なので、そう言う方々に質問させて下さい。
 あなた方は何を根拠に経済成長を唱えているのでしょうか?

 質問は2つだけに致します。だから、しっかり答えて下さい。

1つ目
 経済をどこまで成長させたいのですか?どこまで成長すれば終わりなのですか? 私はあなた方の答えは、「ずっと半永久的に」だという気がするのですが、そんなお馬鹿ではありませんよね。不可能です。経済成長は、GDPの伸び率で計ってるようですが、それは前年比のパーセントです。例えば、日本は高度経済成長期には1年間に10%ほどずつ経済が成長しました。指数関数になりますから8年間で2倍を越えます(1.1の8乗は2.14・・・)39年間で40倍を越えます。(1.1の39乗は41.14・・・)
〔余談ですが、15年ほど昔、今も活躍(?)している有名な経済評論家が日曜日の全国放送TV番組で、ペルーのインフレの話をしている時、ペルーの物価は年に20~30倍にもなっているから、(12で割って)、月に大体2倍になると言ってました。こんな恥ずかしい方が数学の得意な経済学者です。月に2倍なら、12乗して4096倍です。その番組で彼は最後まで訂正しませんでした。〕
 実際戦後、この高度経済成長期を経て、経済は40倍以上になりました。大体経済とエネルギー消費は比例してましたから、エネルギー消費量も、資源の消費もゴミの量も40倍以上になったと考えられるでしょう。あなた方も数値は多少違ってもこんな数値を使って、エネルギーの将来の需要の見通しを立てて原発を作ったり(本当はそれでもっとエネルギーを浪費している)、場当たり的にゴミ処理施設を作ってきました。
「ずっと」ではなく、「みんなが豊かになるまでに」経済成長続けたいならば、50年前の40倍を越えて、まだなのですか?第一豊かになりましたか?「豊かさ」の定義は出来ないと思いますが、豊かさは40倍にはなってませんよね。と、言うより絶滅の心配をしなければならなくなって来て、もっと不幸になりました。中国などが目標にしている日本と同様の経済成長を続ければ、世界の環境は滅茶苦茶です。
経済をどこまで成長させるのが目標で、それが可能だと思っているのですか?


2つ目
 経済成長はGDPの伸び率です。GDPは国内総生産です。経済が回れば回るほど高くなります。例えば同じ性能の製品でも高く売れた方がGDPは上がります。また、早く壊れたほうがGDPは上がります。中間搾取が多いほどGDPは上がります。・・・以上の事はみんな、暮らしゆきが悪ければ悪いほどGDPは上がると言う事です。
耐震偽装でビルを壊して作り直した方がGDPは増えます。災害で建築物が沢山壊れ、復旧工事すればGDPが上がります。その最たる例が戦争です。朝鮮戦争で日本のGDPは跳ね上がり、アメリカは戦争を他国に起こさせてGDPを上げていると言われています。なんでこれが豊かさの指標なのですか?豊かさの指標でないなら、そんなものの成長をどうして目標にするのですか?


以上2つの質問にしっかり御答え下さい。
   
 あなたがたは、経済はもっと複雑だ、そんな単純ではないと言うかも知れません。しかし、科学の基本原理は単純で例外のないほど優れているのです。あなた方の理論が間違っているからそれを繕う為に例外や修正をどんどんしてゆくうちに経済学は複雑になっていったのです。(社会)科学者の方法論として完璧に間違っています。例外が出たり修正が必要になってきたときには、根本原理そのものを見直してより適した原理に変えることが科学者の態度です。私は経済を学ぶ気は毛頭ありませんが、経済の本質はもっと単純な筈ではないでしょうか?
 あなた方の間違いは、地球の資源は無限にあり、廃棄する場所も無限にあると言う事から出発している事です。無限と言えないまでも、地球は人間の経済活動と比べて無限と考えていいという仮定から出発しているのでしょう。まさか今はそんな事信じている人はいないと思いますが、今政治や経済の中心にいる人たちの頭の中は地球の有限性を考慮していないとしか思えません。有限性を考慮した経済学ってまだ主流になってないのでしょうか? 
 カタストロフィーは起こるべくして起こるので大恐慌で経済が下がって、また経済成長していき、それも大きく見れば景気の波だと言いたいのですか?実はそれは繰り返しではなく、確実に資源はなくなっているのです。環境には自然回復力以上のエントロピーが放出され続けているのです。恐慌をバネに経済はまた成長すると、思っているのですか?今までそうだから、今後もそうだと思うほどに貴方がたは、愚かなのですか?こんなに馬鹿呼ばわりされてられないでしょう。
 しっかりお答え下さいよ。反論楽しみです。挑発してるんじゃないですよ。あなた方に怒っているのです。あなた方の主導により住んでいる地球の自然を破壊されているのです。多くの人々が殺されました。経済成長してない国の人々は、武力的には強くありませんから・・そこが悲しいですね。・・お前も経済成長の恩恵を受けているだろう?とおっしゃりたいのなら、言いますが、一緒に「せーの!」で経済縮小致しましょうよ!差し当たって10分の1目安。
 
 こんな事かいても、経済成長肯定派はあんまり環境問題のブログ読まないのでしょうか。・でも、環境問題をビジネスチャンスと思っている経済界の方が、間違って読んで、質問に答えてくれれば嬉しいのですが・・・
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/12/15 22:55】 | 社会・経済 トラックバック(0) |

なるほど
楼主
興味深い御意見を読めるのは非常に楽しい。インターネットや無料のブログがあるからこそできたことで、あなたや我輩も経済成長の恩恵を受けているということだろう。我輩は中国でADSLを使っているが、10年前の中国では考えられなかった。

まず指摘したいのは、「あなた方」とわざわざ敵味方を隔てるような書き方は、読んだ人に対して、あなたの希望している結果をもたらしにくい。これはあなたにとっても残念なことだとおもう。

>経済をどこまで成長させたいのですか?どこまで成長すれば終わりなのですか?
人類にとっての経済は、人類が存続する限り続くもので、終わりはない。成長に関して言えば、ゆっくりと着実に、経済が存在する限り成長するのが好ましいだろう。あなたや我輩が死んだあとも、人類そしてその経済は続いていく。人類が滅亡するときまで。

>耐震偽装でビルを壊して作り直した方がGDPは増えます。
経済成長がないときに、どうやって作り直すのだろうか。
>経済縮小致しましょうよ!差し当たって10分の1目安。
のような状態だったら、ビルを壊したら壊れっぱなしのままだ。すさんだ街並みは犯罪の増加をももたらす。

あなたの夢は分からないこともないが、実現は不可能だ。

個人レベルで言えば、あなた一人があなたの経済活動を今の10分の1に縮小したら、あなた自身が生きていけなくなるだけだ。そのほかの人は今までどおりに生きていく。

仮に日本だけが経済を10分の1に縮小したら、ほとんどの日本人が死んでいき、他の国の人たちもその悪影響を一時的に受け、そのあとは日本をほとんど無視した経済が作られるだけのことだ。

世界全体が同時に経済を10分の1に縮小すれば、国と国、人と人の間の相対的な問題は解消できるが、例えばインターネットを維持することはできなくなるだろう。そもそも同時に縮小などできないのだから夢物語なのだが。

夢を語るのは素晴らしいことだが、実現不可能な夢を前提に、それに賛成してくれない人たちを敵に回しても、実りある結果は生まれない。

ステレオタイプのお答えです。
雑草Z
 あなたのご指摘が現在の世間一般の多数派のご意見だと思います。しかし2つの質問の答えの根拠が1つも示されていません。
 先ず、有限の地球でどうやって成長し続けるのですか?多くの人がそれを可能だと思っています。シャーレの中のバクテリアがいつまでも増え続けると思っている口ですね。不可能です。中国人一人当たり日本人の経済レベルになったら、地球は支え切れません。資源はどうするのですか?
>耐震偽装でビルを壊して作り直した方がGDPは増えます。
「2つ目」の質問は指標としての矛盾です。耐震偽造がないほうがいい世の中なのに、耐震偽造があったほうが経済は成長するから、豊かさの指標としておかしいと言っているのです。はっきり書いています。全くお答えになっていません。お門違いのお答えです。それに経済成長の歪で耐震偽造が起こったのです。
 まあ、お付き合いすると、「経済成長するから作り直せる」と言うのがまさに経済成長の詭弁で、バブルです。ねずみ講の論理です。経済は安定しなければなりません。そのレベルを10分の1と言っているのはアバウトですが、エネルギーレベルを考慮しての事です。つまり、所謂発展途上国が日本や欧米並みの経済レベルになれば地球を支え切れないので、日本や欧米が経済レベルを下げよということです。
 日本は食糧自給してないので、今すぐに極端な経済は縮小できません。しかし世界全体を一斉に10分の1レベルに縮小することはほとんど不可能ですが、そうしないと滅びると言っているのです。
 ほとんど夢物語を語っているのは、このまま経済成長を目指すと絶滅するからです。持続可能な社会への価値観の転換が必要です。自然の摂理や感覚の欠如した人間が増え過ぎて、経済成長などという指標を妄信する人が増えたので、価値観を転換しなければ滅びると言っているのです。
 

人類は経済成長と関係なく滅びるのだ
楼主
一つ記事を上げ、トラックバックを送らせていただいた。

結論:雑草さんが人類の滅亡という観点から批判した経済成長はそれにはあまり関係がなく、またその代替案として提出した経済縮小案は実現不可能なのであった。

地球は太陽に飲み込まれてなくなりますが
雑草Z
 それは、何十億年も後のこと。そんな話はする気はありません。
 地球は物質に関しては、大体閉鎖系(宇宙空間とのわずかな量のやり取りはあるけれど)ですが、エネルギーに関しては、太陽から光のエネルギーを貰い、利用してから、熱の形で宇宙に逃がしています。その範囲内でエネルギーを有効に使えば、持続可能というわけです。勿論地球の寿命の範囲内でです。
 経済成長による環境破壊はスパンがずっと短く、今世紀中に支えられなくなるかえら大変だと言っているのです。日本もアメリカもその他多くの先進国が経済発展を自国でまかない切れないので発展途上国を犠牲にして発展続けようとしている現状です。
 GDPを豊かさの指標にすることもおかしいから、その増加率の経済成長は目標にすべきではありません。
 でも、返事はあといりません。私を説得出来なくてもそれはお互い様ですから、ご自分で納得されていればいいと思います。お互いあまりに不毛でしょう。   

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なるほど
興味深い御意見を読めるのは非常に楽しい。インターネットや無料のブログがあるからこそできたことで、あなたや我輩も経済成長の恩恵を受けているということだろう。我輩は中国でADSLを使っているが、10年前の中国では考えられなかった。

まず指摘したいのは、「あなた方」とわざわざ敵味方を隔てるような書き方は、読んだ人に対して、あなたの希望している結果をもたらしにくい。これはあなたにとっても残念なことだとおもう。

>経済をどこまで成長させたいのですか?どこまで成長すれば終わりなのですか?
人類にとっての経済は、人類が存続する限り続くもので、終わりはない。成長に関して言えば、ゆっくりと着実に、経済が存在する限り成長するのが好ましいだろう。あなたや我輩が死んだあとも、人類そしてその経済は続いていく。人類が滅亡するときまで。

>耐震偽装でビルを壊して作り直した方がGDPは増えます。
経済成長がないときに、どうやって作り直すのだろうか。
>経済縮小致しましょうよ!差し当たって10分の1目安。
のような状態だったら、ビルを壊したら壊れっぱなしのままだ。すさんだ街並みは犯罪の増加をももたらす。

あなたの夢は分からないこともないが、実現は不可能だ。

個人レベルで言えば、あなた一人があなたの経済活動を今の10分の1に縮小したら、あなた自身が生きていけなくなるだけだ。そのほかの人は今までどおりに生きていく。

仮に日本だけが経済を10分の1に縮小したら、ほとんどの日本人が死んでいき、他の国の人たちもその悪影響を一時的に受け、そのあとは日本をほとんど無視した経済が作られるだけのことだ。

世界全体が同時に経済を10分の1に縮小すれば、国と国、人と人の間の相対的な問題は解消できるが、例えばインターネットを維持することはできなくなるだろう。そもそも同時に縮小などできないのだから夢物語なのだが。

夢を語るのは素晴らしいことだが、実現不可能な夢を前提に、それに賛成してくれない人たちを敵に回しても、実りある結果は生まれない。
2006/12/16(Sat) 14:35 | URL  | 楼主 #-[ 編集]
ステレオタイプのお答えです。
 あなたのご指摘が現在の世間一般の多数派のご意見だと思います。しかし2つの質問の答えの根拠が1つも示されていません。
 先ず、有限の地球でどうやって成長し続けるのですか?多くの人がそれを可能だと思っています。シャーレの中のバクテリアがいつまでも増え続けると思っている口ですね。不可能です。中国人一人当たり日本人の経済レベルになったら、地球は支え切れません。資源はどうするのですか?
>耐震偽装でビルを壊して作り直した方がGDPは増えます。
「2つ目」の質問は指標としての矛盾です。耐震偽造がないほうがいい世の中なのに、耐震偽造があったほうが経済は成長するから、豊かさの指標としておかしいと言っているのです。はっきり書いています。全くお答えになっていません。お門違いのお答えです。それに経済成長の歪で耐震偽造が起こったのです。
 まあ、お付き合いすると、「経済成長するから作り直せる」と言うのがまさに経済成長の詭弁で、バブルです。ねずみ講の論理です。経済は安定しなければなりません。そのレベルを10分の1と言っているのはアバウトですが、エネルギーレベルを考慮しての事です。つまり、所謂発展途上国が日本や欧米並みの経済レベルになれば地球を支え切れないので、日本や欧米が経済レベルを下げよということです。
 日本は食糧自給してないので、今すぐに極端な経済は縮小できません。しかし世界全体を一斉に10分の1レベルに縮小することはほとんど不可能ですが、そうしないと滅びると言っているのです。
 ほとんど夢物語を語っているのは、このまま経済成長を目指すと絶滅するからです。持続可能な社会への価値観の転換が必要です。自然の摂理や感覚の欠如した人間が増え過ぎて、経済成長などという指標を妄信する人が増えたので、価値観を転換しなければ滅びると言っているのです。
 
2006/12/16(Sat) 21:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
人類は経済成長と関係なく滅びるのだ
一つ記事を上げ、トラックバックを送らせていただいた。

結論:雑草さんが人類の滅亡という観点から批判した経済成長はそれにはあまり関係がなく、またその代替案として提出した経済縮小案は実現不可能なのであった。
2006/12/17(Sun) 21:38 | URL  | 楼主 #-[ 編集]
地球は太陽に飲み込まれてなくなりますが
 それは、何十億年も後のこと。そんな話はする気はありません。
 地球は物質に関しては、大体閉鎖系(宇宙空間とのわずかな量のやり取りはあるけれど)ですが、エネルギーに関しては、太陽から光のエネルギーを貰い、利用してから、熱の形で宇宙に逃がしています。その範囲内でエネルギーを有効に使えば、持続可能というわけです。勿論地球の寿命の範囲内でです。
 経済成長による環境破壊はスパンがずっと短く、今世紀中に支えられなくなるかえら大変だと言っているのです。日本もアメリカもその他多くの先進国が経済発展を自国でまかない切れないので発展途上国を犠牲にして発展続けようとしている現状です。
 GDPを豊かさの指標にすることもおかしいから、その増加率の経済成長は目標にすべきではありません。
 でも、返事はあといりません。私を説得出来なくてもそれはお互い様ですから、ご自分で納得されていればいいと思います。お互いあまりに不毛でしょう。   
2006/12/18(Mon) 01:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。