-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2015-08-29 01:25
反安保法案(戦争法案)デモ、反安倍政権デモは、この夏の始めのあたりから、かなり盛り上がっています。毎日どこかしらではデモや集会が行われていましたし、週末には全国の沢山の場所でデモや集会が行われて来ました。参加者もウナギ登りに増えています。
そして8月30日には、かなり前から告知され、「総がかり行動実行委員会」が準備し、呼びかけて来た『戦争法案廃止!安倍政権退陣!国会10万人・全国100万人大行進』をはじめ、多くの大規模なデモが行われます。赤旗新聞によると、(続き)この日は全国250か所以上でデモ、パレードなどが行われるそうです。(赤旗新聞はよくぞ掲載しました!・・・ネットワーク、流石です!)今年のデモの中でも最大級のデモの日となるでしょう。
この夏の終わりから行われる大規模なデモや集会などの抗議活動は、色々な意味で、様々な分野で人々の試金石となるでしょう。

先ずは、安保法制の行方・・・反対派が激増して焦り始めた安倍政権は、他の法制の国会審議を遅れさせても、強引に安保法案を通そうと言う目論んでいます。しかし彼等の説明には全く「理」がありません。集団的自衛権の例えは、余りに出鱈目で、稚拙過ぎて説得力はありませんでした。安倍政権に同調的で、反対運動をあまり報道しなかった大手マスゴミも、最近は圧倒的多数の世論に配慮してか、安保法案に反対する人々の意見を流すようになりました。次々と多くの人が声を挙げています。安保法案を直接止める事は難しいかも知れませんが、デモが徒労や無駄に終わる事は無いでしょう。現政権が多数の国民の声に少しは耳を傾けるかどうかの試金石になるでしょう。そして、何より国民一人一人の試金石になるでしょう。

そもそも政府の言う「集団的自衛権」が本当に諸外国から日本を守る為にアメリカが防衛してくれているのならいざ知らず、その実体は、アメリカの超国家企業の利権の為の侵略戦争に日本の自衛隊を出せ・・・という事…だと露呈してきました。そして、日本の超国家企業もそれに乗っかって軍需産業を伸ばそうと企んでいるのです。軍需産業で儲けようと経営陣がが企んでいる企業の、従業員の試金石にもなるでしょう。

NHKを筆頭に、大きなTV局、大手の新聞社の大半は、これまで反原発や反戦争法案デモのニュースをあまり流していませんでした。TVや新聞で流される反原発や反戦争法案デモの報道は、実際に行われたデモの回数のほんの一部です。数十分の一・・・それ以下かも知れません。数万人規模のデモでも、何度となく無視して来ました。2011年の3.11原発震災以降、1万人を超す規模のデモも幾度となく行われて来た事を、参加当事者や関係者など、関心のある人以外、知らない人が多いのも事実のようです。3.11以降、これらの大手マスコミに対する国民の不信感は非常に大きくなりました。
この8月になってそんな安倍政府側に偏った報道に対して国民の不満や批判が積っているNHKを囲むデモも行われるようになりました。デモでの主張は、「政府の広報はやめろ。」「市民の行動を伝えよ。」「自主自立を取り戻せ。」・・・と言うものです。こんなNHKをはじめとするTV局、マスコミにとっても試金石になるでしょう。8月30日のデモを、テレビも新聞も規模相応の時間や紙面を割いて報道しなかったとしたら、本当にマスコミはマスゴミとなり、国民のマスコミ離れはますます大きくなり、新聞社やTV局の存続にも関わるようになるでしょう。(NHKも例外ではないでしょう。)今回のデモも無視なんて事になれば、マスコミに対する糾弾も、大きな局面を迎えそうな勢いです。

デモに関しては国民の為でなく、政府与党や大企業の為に働いてきた警察、特に公安警察の動きにも注目です。反原発デモでは、わざと国会前の道路で工事を行って通行禁止にしたり、地下鉄からのある方向への出口や通路、道路を封鎖したり、デモ隊を分断したり、道を違う方向へ誘導したりと姑息な妨害を繰り返しました。顔写真を撮るのも日常茶飯事で、何時間もスタート地点の公園(日比谷公園、明治公園・・・)に足止めする事もありました。妨害し放題の警察でした。今回も安倍政権や都知事の要請に従って、様々な理由を付けて、またそんな姑息な妨害をするのでしょうか?見せしめの為の不当逮捕もする積りでしょうか??警察官になるときには「・・・・良心のみに従い、不偏不党且つ公平中立に警察職務の遂行に当たる事を固く誓います。」って宣誓した筈なのですが・・。妨害では無く、デモがスムーズに流れるようにして欲しいものです。それでこそ、国民に愛される警察官でしょう。これまた、デモの整理の指揮に当たる警察官、個々の警察官の試金石となるでしょう。
因みにデモの取り締まりや嫌がらせが酷いのは、勿論、霞が関~国会議事堂周辺です。今回のデモでは、「8.30国会集会への過剰警備を監視する国会議員団」が結成され、警察の過剰警備を監視します。更に弁護士の方々の監視ボランティアもあるようです。こんな事をされなければならない警察も情けないものです。・・・議員や弁護士、警官の試金石ともなるのです。

そう、この夏の終わりの大規模デモは、色々な意味で、日本国民一人一人の試金石になるのです。勿論、私にとっても・・・。

←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/29 01:25】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

日曜日
guyver1092
 日曜日に、地元で反安保集会があったので参加してきました。ちなみに五十年ほどの昔まで、デモ行進はなかったそうで、地元の警察署が手続きに非常に苦しんだそうです。
 参加して良かったことは、安保ガイドラインの新旧についての勉強会に参加した報告を聞けたことです。旧の安保ガイドラインには、日本が攻められたらアメリカが日本のバックアップ及び反撃をすると明記されていたのが、新ガイドラインではその部分がすっぽり抜け落ち、アメリカの都合で反撃をすることもある、反撃しないかもしれないというようなことが書いてあるそうです。少し探してみたのですが、まだ新旧対照のページを見つけられていません。
 ともあれ、この報告が本当なら、推進派の「もし中国が攻めてきたらどうするのか?」主張は、ガイドラインを全く読んでいない者のたわごとであり、新ガイドラインが動き出すと、自衛隊が海外で戦争しているすきに、中国が攻めてくるという事態になりかねないということになるのでしょう。
 

Re:日曜日
雑草Z
guyver1092さん も行かれましたか!?

 それは嬉しい事です。法案反対でも、デモなんてやっても仕方ない・・・と冷めた目で見ている方がいますが、その方々はデモに行かずに何をしているか?・・・大抵の人は法案阻止の為に何かしているわけでもないでしょう。

一方デモに参加すれば、色々な情報、報告も聞けますし、連隊も出来ます。その場に行かないとあの「空気」は分かりませんね。

>ちなみに五十年ほどの昔まで、デモ行進はなかったそうで、地元の警察署が手続きに非常に苦しんだそうです。

この日は全国300か所以上でデモが行われたようですので、そんなところもあったのですね!?…なかなかいい話です。一方、福島県は、脱原発デモで警察もだいぶ慣れたようです。・・・福島県は、勿論脱原発デモのほうが遥かに盛り上がりました。

>旧の安保ガイドラインには、日本が攻められたらアメリカが日本のバックアップ及び反撃をすると明記されていたのが、新ガイドラインではその部分がすっぽり抜け落ち、アメリカの都合で反撃をすることもある、反撃しないかもしれないというようなことが書いてあるそうです。

とんでもないですね。本文にも書きましたが、結局「集団的自衛権」の本当の姿は、アメリカの行う戦争に日本も一緒になってやれ・・・という事でしょう。

NHKをはじめとして、大手マスコミは腐ってしまっているところが大部分ですね。



コメントを閉じる▲
2015-08-23 00:01
そんなに広くない国土で、50基以上の原子炉がある日本の原子炉密度は断トツの世界一でしょう。そんな日本を本気で破壊しようとすれば、核弾道ミサイルなんて大げさな物さえ必要ありません。ただの弾道ミサイルを原子炉に打ち込む、若しくは数人のテロリストが原発にもぐりこみ、電源喪失など破壊工作すればいいだけです。その意味で日本は非常に脆弱な国と言えましょう。国防なんて不可能です。

去る、7月29日の参院安保特別委員会での山本太郎氏の質疑は、安倍政権の詭弁と矛盾の核心を露呈させる、非常に素晴らしい質疑でした。ちょっと時間が経ってしまいましたが、改めてその事に関して書かせて戴きます。

先ず、山本太郎が、安倍政権に、本当に日本にミサイルを向けている国が存在するか確認すると、「中国、北朝鮮、ロシア・・・(中略)・・・北朝鮮は日本を射程に入れる数百発もの弾道ミサイルを配備し、発射訓練を繰り返している・・・」と、中谷防衛大臣が用意した原稿ですらすらと答えます。それに対し山本太郎氏が現実にミサイルを打ってきたらどうするのかと質問すると、安倍総理も用意した原稿を意気揚々と読み上げます。そして安倍総理から北朝鮮のミサイルを「重大かつ差し迫った脅威と考えている」と言う言葉を引き出します。その後、平素よりミサイル攻撃等に対して様々な事態を想定し各種のシミュレーション、訓練をしている事を安倍総理に確認したのち、山本太郎氏は再稼働する川内原発稼働中に原子炉が弾道ミサイルの直撃受けた場合のシミュレーションや対策、弾道ミサイルが撃ち込まれた場合の避難計画を質問します。すると、
原子力規制委員会の田中委員長は「弾道ミサイルの直撃のシミュレーションや対策は求めていないのでしていない。」と答えます。そして「放射性物質の福島原発事故の千分の一や百分の一の場合は計算している」と付け加えます。安倍総理は「仮定の想定の質問には一概にお答え出来ない。」と答えます。それに対して山本太郎氏は、「今回の安保法案の中身は、仮定や想定を基にしているのに・・。」と突っ込みます。「都合のいい時だけ想定や仮定を連発して、国防上ターゲットになり得る核施設に関する想定、仮定を出来かねます・・・ってどんだけご都合主義なんですか?」

大庭内閣審議官は避難対策について「事態の推移等を把握して対処法を決定したい」と答えます。
山本太郎氏は「要は一度被曝させてから考えると言う事ですね。・・・こんないい加減な話あるかよ。・・」

ミサイル攻撃に対して評価してないし今後もやる積りが無いと言う政府に対して、「これは試算しなくては駄目なんです。・・(中略)・・『原子力災害対策本部長』の総理がシミュレーションして貰って下さい」と要求すると安倍総理は、話しにならない現在のシミュレーションの状況だけを話し、長々とどうでもいいいい逃れをごにょごにょ繰り返し、「シミュレーションさせます。」とは決して答えません。それに対し山本太郎は怒りを持って言い放ちます。
「・・・危機管理の基本は『最悪の場合に備える』が当たり前です。でも、最悪の場合には備えてない、見たくないものは見ない、耳は塞ぐ、でもやりたい事だけやって行く・・・それがたとえ国民のリスクに繋がったとしてもやる・・・・本当に国民の生命財産を守る為だったら、ミサイルが飛んできたらどうするかという事に対して、核施設が直撃されたらどうするかという事に対して、対策はもう既にできている筈・・・」

最後の質問として、山本氏は
「・・・・政府が危機感を持っている弾道ミサイルが、もしも着弾した場合の対処の方法はほぼ無いんですよ。・・・・・それでも再稼働させるのですか?それでも・・。再稼働出来る筈無いですよ。お答え下さい、総理」
に対して安倍総理は
「原子力規制委員会の、世界でも厳しい安全基準を満たしたものについては、再稼働していく方針で御座います。」と答え、それに対し山本太郎は
「安倍総理の規制委員会への責任転嫁で、この質疑は終わりたいと思います。有難う御座いました。」
と締めます。将棋で言えば、完全に詰んだ状態でしょう。



この記事を書く為に、YouTube でこの質疑の模様を繰り返し見ました。何度も見ると、ここでこう突っ込んだ方がより効果的であった・・・という部分は何箇所かありましたが、一発勝負の質疑応答の舞台で、ここまで効果満点のパフォーマンスで追い詰める事の出来る政治家は殆どいないでしょう。山本太郎氏の努力と才能に脱帽です。しかし何よりも、ここまで説得力のある質疑が出来る理由は、山本太郎の言っている事のほうに理、正義があるからに他ならないからでしょう。いい逃れや責任逃れに終始した安倍総理や田中原子力規制委員長などの姿は、非常に醜く映りました。


安倍政権が強調する「重大かつ差し迫った脅威」であるところの隣国が、本気で弾道ミサイルで攻撃してくるかどうかは、兎も角、安倍政権がそう言っているのですから、政権はその場合のシミュレーションや避難計画を立てなければならない事は当然です。しかし彼等はそれはやる訳には行きません。何故なら、ミサイルが直撃した場合の放射性物質の外部環境への放出は、規制委員会の言う、福島原発事故の百分の一や千分の一程度で済む筈の無い事は誰の目にも明らかです。(こんな値で計算する事に何の意味も無いでしょう。・・・原子力規制委員会は「役立たずの無能」と言う他ないでしょう。・・政府にとっては都合のいい存在でしょう。)それどころか、福島原発事故よりも遥かに多くの放射性物質を撒き散らす可能性も大きいでしょう。そんな最悪の場合のシミュレーションをまともにやって公開したら、人々は原発の恐ろしさを再確認し、今よりも遥かに多くの人々が再稼働に強く反対し、反原発の運動も拡大するでしょう。この事は、3.11以前・・原発を始めた当初よりも判っていた筈です。原発は費用対効果の破局した全く割に合わない発電方式であり、その上危険性も1基のシビアアクシデントで、国家を破綻させるほどの危険な代物です。(事実、チェルノブイリ原発事故の数年後にソビエト連邦は崩壊しました。)
チェルノブイリも福島第一原発も「事故」でした。意図的な攻撃にはもっと弱いでしょう。防ぐ事は不可能です。だから、原発を持っている限り、日本は戦争出来ないのです。だから日本が、本土攻撃されるリスクを減らす最も有効な方法は、戦争に参加しない事であり、それは、憲法第九条を守り、集団的自衛権等を行使しない事でしょう。国家成立後、その9割以上の年数をどこかと戦争して来た無類の好戦国家アメリカに付き合って集団的自衛権を行使したら、日本は戦争に巻き込まれる事は目に見えています。(アメリカは他の国を『ならず者国家』呼ばわりしてきましたが、アメリカこそ現代最大の『ならず者国家』です。)集団的自衛権の行使によって、日本の原発が、弾道ミサイルやテロによって、爆破される可能性が高くなる事は火を見るより明らかです。




山本太郎のこの質疑を大々的に拡散していきましょう。
(山本太郎氏の国会での素晴らしい質疑はもっと他にも沢山あるのです。・・・そしてこれからも増えていくでしょう。)
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |


ぽんのんの
連絡遅くなりました
記事お借りしました。ありがとうございました。

実は国は予測してました
そりゃないよ獣医さん
NNNドキュメントは55年前に、核施設が攻撃を受けた場合、更には電源喪失した場合の予測を、東海村で稼働する前にしていたのです。
核施設(原発)が攻撃した場合には3兆4千億円の被害が生じると試算されていました。当時の国家予算倍以上です。死者が1000名ほどで被ばく者が数万人だったかと思います。今となってはかなり正確なシュミレーションと言えます。
ただ恐ろしくて公表されなかっただけなのです。SPEEDが公表されなかった理由と同じように、国民に混乱をきたすからというのだそうです。
電源喪失も、かなり正確な予測がされていました。今回の福島は全くそれを知らなかったために起きたこととも言えます。
この国は原子力行政に限ってみても、怖ろしい国家です。

Re:この記事へのコメント
雑草Z
    ぽんのんのさん

 記事のリンク、及び、山本太郎氏の国会質疑の映像の拡散有難う御座います。山本太郎氏の国会質疑の記事、映像をどんどん拡散して、安倍政権の酷い政策を止めさせましょう。

Re:実は国は予測してました
雑草Z
    そりゃないよ獣医さん

 
 いつのことかは忘れましたが、(3.11以前)槌田敦さんの反原発の書物にも、葬り去られたシミュレーションの事は書かれていて、読んだ記憶があります。ただ、そこには攻撃を受けた場合のシミュレーションは記してなかったと記憶しています。攻撃を受けた場合のシミュレーションも55年前に行われていたのですね!?・・・その結果を公表していれば、原発もここまでは増えなかったかも知れませんね。 核施設が攻撃を受けた場合のシミュレーションはするまでも無く、福島第一原発事故より酷い被害を被る事は誰でも予測出来ますね。

>この国は原子力行政に限ってみても、怖ろしい国家です。

狂気の沙汰です。

むかしから思っていたこと
guyver1092
 国会の政府の答弁は、まともに答えなくともよいようですね。ずれた返答をした場合には、返答したものに何らかの罰則がなければ、日本の破滅の画策し放題ですね。今回のミサイルを撃ち込まれた場合の被害想定もそうですが、原発を津波が襲った場合の対策についての質問に対して、問題ないと答弁し、結局原発災害が起こりました。今回も、まともな答弁をせずに済まして、いざミサイル攻撃を受けた場合には、右往左往して結局戦争に負けることが望みなのでしょう。

Re:むかしから思っていたこと
雑草Z
>国会の政府の答弁は、まともに答えなくともよいようで

悪しき慣習ですね。小学校の学級会での質疑応答よりも酷いですね。こんなの許しておいたのでは、社会は良くなりませんね。

>ずれた返答をした場合には、返答したものに何らかの罰則がなければ、日本の破滅の画策し放題

仰る通りです。ずれた答えをするという事は、答えようがないと言う事で、実質「論破された」と言う事ですからね。

>原発を津波が襲った場合の対策についての質問に対して、問題ないと答弁し、結局原発災害が起こりました。

これは犯罪ですね。起訴されて有罪になって然るべきです。国会の発言には(法的)責任がある筈です。

コメントを閉じる▲
2015-08-19 00:01
俳優だった山本太郎氏【ニコニコ大辞典;山本太郎】に特に関心はありませんでしたが、2011年3月11日の原発震災が起こって間もなく、所属事務所を退職して反原発活動家になった彼には注目していました。その後、マスコミなどからの様々な誹謗中傷も続きましたが、彼の発言を聴くと、原発に関してよく勉強して豊富な知識も身に付けた事がわかります。主張の多くに賛同出来ました。2013年に参議院選で当選して政治家になってからの彼の発言はますます的を射ています。

政党「生活の党と山本太郎と仲間たち」については作られた経緯も実体もよくわからないので評価は控えますが(メンバーの中には個人的に評価していない方もいます。)この党の代表者、山本太郎氏の国会等での発言はかなり見応えがあります。いつしか私の中では、山本太郎氏が若手の中で最も期待出来る政治家と言う位置にいます。(そう言えば、かつて若手の中で応援しようかと思った川田龍平氏は、維新の党に鞍替えし、期待外れでした。国会での発言もつまらなく、聞くに値しません。)

マスコミやネットによる山本太郎氏に対する数々のネガティヴキャンペーンはずっと続いています。彼を「とんでも」扱いして評価を下げたいようです。そんな彼に対するネガティブな発言を行うものの大半は、国会等の場で不都合な真実を暴露されるのを恐れている体制派・・・現政権や財界の回し者や太鼓持ちであると見ています。ネガティブ・キャンペーンの一環として、ネットでは、『○○が山本太郎を完全論破』みたいなものも出回っています。「本当に○○が山本太郎を論破出来たのか」・・・って試しに見てみると、全然論破などされてないどころか、どちらかと言えば逆に山本太郎氏が相手を論破している・・と感じるものばかりです。

2015年になってからの山本太郎氏のメディア等での歯に衣着せぬ発言に対しては特に高く評価しています。日本社会で「タブーになっている不都合な真実」をはっきり言い放ちます。

「2011年にあれだけ大きな事故を起こして起きながら再稼働するのは普通の判断とは言えない。九州電力の経営を守るためにしょうがないんでしょう。企業に対する思いやり。この国に生きている人のためではない。あり得ない。止めるためには(国会議員を)入れ替えるしかない」   国会内会見 7月7日

「安保法案で、国民の安全は保障されますとか言ってますけど、この法案の真の目的は、経団連の(武器輸出による)金儲けの為なんです。・・・」  NHK日曜討論 7月19日

「アメリカの支出を日本に肩代わりさせる話。その原資は誰ですかって、皆さんの税金です。いつまでアメリカやグローバル企業のATMを続けるんですかって話です。騙されちゃいけない」  NHK日曜討論 8月2日


国会議員で唯一東京オリンピック開催[成功決議案]にも反対しました。(全国会議員722人もいる中で、彼一人しか反対した議員がいなかった事を情けなく思います。)

「テロ非難決議」も一人途中退席しました。IS〔イスラム国〕による邦人人質事件やISを生み出すきっかけとなったイラク戦争への総括検証なしに、アメリカを中心とした有志連合と同調するのはよくない、距離を置かなければならないと考えての行動との事です。

スタンドプレーもあるやも知れませんが、スタンドプレーだろうが何だろうが、政治家はその行動で評価すべきだと考えています。他の多くの政治家は、権力、スポンサー・・・におもね、気兼ねして、スタンドプレーさえ出来ません。

冷静で、話しも上手いと感じます。特に国会での安倍政権の政策に対する発言(質問の形を取った政府批判)は非常に有効だと思います。国会での、緊張感の少ないつまらない質疑応答が多い中、山本太郎が質疑の壇上に立つと期待が膨らみます。安倍総理をはじめ政府与党の幹部も、誤魔化しの発言が逆手に取られ、上手く山本氏のペースに引きずり込まれ論破されます。山本太郎にはいい参謀がついているのでしょう。想定問答も綿密にしているのかの如く素晴らしい展開を見せてくれます。山本太郎は役者でしたから、演技も上手いとは言えるものの、ここまで完璧な展開を出来るのは、天賦の才能もあるからでしょう。・・・更には、安倍政権の政策には元々理は無く、政権の中心人物も愚か者ばかりと言う事もあるのでしょう。矛盾した安倍内閣の政策は、太郎氏によってことごとく論破されます。マスコミはそのやり取りを(敢えて)あまり報道しないようですが、これらの映像や記事をしっかり流して拡散していけば、より多くの人が安倍政権の欺瞞に気付き、安倍政権を追い込む事も可能でしょう。「理」は山本太郎にあり、安倍には全くありません。
その最高の例が、7月29日の参院安保特別委員会での原発のミサイル攻撃に関する質疑です。この件に関しては、半月以上過ぎてしまい、ちょっと書く機会を逸してしまいましたが、日を改めて、書こうと思っています。

山本太郎氏は、ネガティヴ・キャンペーンによる誹謗中傷には負けないでしょう。気をつけなければならないのは、不当逮捕やSLAPP訴訟、更には暗殺の類でしょうか?そのような事が無いよう、本人も回りも気を付けて、ますます活躍して欲しいと願います。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/19 00:01】 | 人物 トラックバック(0) |

お見事な解説
そりゃないよ獣医さん
お見事な解説です。どんな革新政党であっても、政党のひもの元の発言しかできません。山本氏の言葉は誰にでも解り易く、論理も明快です。
原発がミサイル攻撃を受けるといった、一見奇妙な発想が安保法案(戦争法)の身勝手な設定を見事に引き出した例え話だっのには、少々驚かされました。不都合な仮説は立てない安倍政権の姿があぶりだされました。
山本氏の発言は、マスコミが封印していることも少なくなく、彼は今貴重な位置を占めた存在になっていると言えます。

安保法案
guyver1092
 すべての審議をみていたわけではありませんが、原発に対する攻撃の想定についての質問は、共産党が自衛隊の内部文書を出してくるまでは、一番破壊力のある質問と思いました。もっと質問時間が長ければ、政府を回答不能にまで追い詰めることが出来たかも知れませんね。
 おっしゃる通り、若手の中ではもっとも期待できる議員ですね。それにひきかえ、武藤貴也議員のひどいことといったら・・・・
 

Re:お見事な解説
雑草Z
 今回は、昔とは逆に、お褒めの言葉、有難う御座います。

>政党のひもの元の発言しかできません。山本氏の言葉は誰にでも解り易く、論理も明快です。

山本氏は、政財界とのしがらみがなくて、多くの人がタブー視している事でも必要とあらば言及して、素晴らしいです。彼のような政治家が増えれば、日本も浄化され大きく変わるでしょう。

>原発がミサイル攻撃を受けるといった、一見奇妙な発想が安保法案(戦争法)の身勝手な設定を見事に引き出した例え話

これも山本氏が安倍政権の連中を上手く誘導したようですが、もともと安倍が矛盾した発言ばかり繰り返すから「理」のある山本氏にやり込められるのですね。

>彼は今貴重な位置を占めた存在になっていると言えます。

そうですね。日本の政治のタブー、不都合な真実にどんどん切りこんで行ってますね。

Re:安保法案
雑草Z
>共産党が自衛隊の内部文書を出してくるまでは、一番破壊力のある質問と思いました。

確かに、小池晃氏の、自衛隊機密文書の暴露は、非常に効果的でしたね。マスコミももっとセンセーショナルに報道すべき内容です。共産党の情報取得能力の高さも感じました。


しかし、一方山本太郎氏の快進撃も続き、この記事をアップした8月19日には「永田町のみんなは知っているけれど、言わないタブー」を質問しました。これまた凄い!安倍政権いつもの誤魔化しでたじたじ・・・。小池氏や山本氏がこうやって現政権を効果的に追い詰めていれば続々と後に続く者も現れるでしょう。安倍政権も崩壊の秒読みに入るか・・・?期待出来そうな展開になって来ました。

コメントを閉じる▲
2015-08-13 09:48
8月11日に、九州電力川内原発が再稼働されました。それまで1年11カ月間国内の原発は全て停止していました。当サイトでは3.11福島原発事故以前から論じて来ましたが、原発のメリットが殆ど無い事は、3.11以降広まりつつあります。原発が無くても電気は十分に足りている事も原発稼働ゼロによって実証されたのにも拘らず、川内原発が再稼働させられました。
今回の再稼働の理由として政権の菅官房長官が、安い、電力の安定供給、そして地球温暖化防止等、とっくの昔に否定されている事項(当方は既に決着がついたと認識しています。)を挙げていました。その余りのレベルの低さには呆れれるばかりですが、(現総理の側近衆の発言は定常的にこんなレベルです。)元来原発にはまともなメリットが何一つないので、そんなチープな偽りの理由しか挙げられないのはある意味当然です。そう、たとえ事故が起こらなくても、放射性廃棄物の問題一つだけでも、解決策の無い非常に深刻な問題であり、これだけで原発はあってはならない代物なのです。更に国家の存亡にかかわるほど甚大で恐ろしい危険な事故を起こす可能性を孕み、費用対効果も破綻している・・・まともなメリットが一つもない原発【原発のメリット】を推進する勢力が、この期に及んでも一定レベル以上いて、反対か賛成か議論している事自体、愚かです。原発廃止に議論の余地はない筈です。
しかし現実に現政府は、原発を再稼働させてしまうと言う愚挙に出ました。
推進派は、経済の為だとか、工場の電力コストを下げる為だとか色々言っています。本当に再稼働したいのは、電力会社や原発プラント会社の役員、経団連の一部、及びその傀儡である与党自民党の現政権の幹部・・利権があるごく一部の連中です。・・・あとは彼等に騙され、踊らされている人々(情報弱者)、若しくは長いものに巻かれて、迎合して太鼓持ちしている(何らかの利権にありつきたい)連中でしょう。
電力会社が他の発電方式に比べて勝る点の殆ど無い原発に拘る大きな理由の一つは、原発に有利に作られた会計上の仕組み、経済的トリックにあります。総括原価方式で、利権が大きいと言う事もあります。それよりも遥かに大きな理由が、原子炉も使用済み核燃料(リサイクル可能という事で)も、再稼働の意図がある限り、資産として計上されているものが(・・ここがそもそものインチキ)、廃炉が決まった瞬間から、巨大な不良債権に変わり、原発を抱える電力会社は破綻の危機に直面するからです。【原発経済を壊すと言う事】で述べている通りです。
いまだに、リスクがあっても経済の為には再稼働は必要だ(必要悪である)というような言い方をする人がかなりいます。しかし、元々原発によって作られた経済、好景気は、バブル経済です。それも税金の投入によって作られた非常に悪質なバブル経済です。1980年代のバブルよりも悪質なのは、殆どが税金の投入によって作られたものであり、マクロに見れば浪費と環境破壊しか言いようのない代物です。国土を破壊しながら国の借金が増える一方でした。・・・現在の経済成長主義の愚行を端的に表わしています。
原発を再稼働する事によって得られる景気は、非常に質の悪い麻薬やドーピングの類と一緒です。違いは・・・麻薬は個人や私的組織のお金によって購入されますが、原発経済は国家のお金…税金の投入で為される事です。原発による経済効果は、税金のばら撒きによって作り出されるのです。(費用対効果の破綻・・・)投入された税金は原発の利権団体に吸収され回収されません。一部トリクルダウンで住民に行きわたるのです。それ以上に処理のしようが無い放射能が作られ環境が破壊されていくのです。原発によってもたらされる経済は言わば、環境破壊型差別集金バブルなのです。
『差別型』・・・と表現したのは、税金が原発利権団体にばら撒かれると言う事以外に、被曝労働によって被曝する人々がいなければ稼働出来ない・・・という事もあるからです。

もう一つ、今回の再稼働の特徴は、無責任と言う事でしょう。・・・まあ、原発行政はこれまでも非常に無責任でしたが・・・福島第一原発事故以来、原発事故は起こり得るものと言う当然の認識が出来上がっています。推進派もそう認識している筈です。「絶対安全」と確信があるのならば責任も持てるでしょう。しかし、彼等はそのような確信は無いわけです。原発事故のように桁違いの災害をもたらすものは、「絶対安全」くらいのものでなければ動かしてはならない筈です。それでも再稼働を推進する人々は、責任を持つとは口にしません。安倍総理は世界一厳しい規制委員会が判断したから再稼働すると言い、規制委員会の委員長は、基準を満たすだけで、全ての事故を想定して事故が起こらないとは言っていないと言います。つまりお互い事故が起こっても責任は他方にあり、責任は持たないとのスタンスです。福島第一原発の事故のときと同様の無責任体質です。何かあれば責任を取る積りが無いのならば、こんな危険な代物を再稼働する権利はない筈です。(責任を取ると言っても、責任は取れないから再稼働する理由にはなりませんが、3.11以降2年近く原発が動いていない状態から、再稼働するのだから、責任は極めて重大です。事故が起こっても起こらなくても絶対に許されない事です。)
 万が一の事故の起こる可能性は否定せず、いざ大惨事になったら責任を取る覚悟は全くなくて、しかし電力会社やプラント会社、経団連の利権を守って、自分達もその利権の恩恵は受けたい・・・そのような卑劣な官僚や政治家によって川内原発は再稼働されたのです。
 「経済発展の為にはある程度のリスクは仕方が無い」のような考え方がまかり通り、実際に原発を再稼働してしまう現代社会は非常に狂った(遅れた)社会であると考えます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/13 09:48】 | 原子力 トラックバック(0) |

所詮金目
guyver1092
 昨年、大臣が「所詮金目でしょ」と発言し、問題となりましたが、原子力邑に金を集める仕掛けが原発なのでしょうね。今回の再稼働では、マスコミは「1年11カ月ぶり」は報道しましたが、原発のでメリットの真の姿は全く報道されていなかったように感じます。なんのかんの言いながら、マスコミは金目で破滅を選んだようですね。
 真にマスコミというなら、エネルギー産出比から原発を論じ、立場を明らかにすべきと考えます。


katu
 川内原発に桜島噴火はどう影響するのか。何があっても安全しか言わない関係者たち。ただ鹿児島は噴火の可能性を否定できないまま、福島の悲惨さを知ってなお、再稼働した。
 そして今日新たな再稼働OKの原発の報道あり。狂ってる。

Re:所詮金目
雑草Z
>原子力邑に金を集める仕掛けが原発

あとは、原発を不良債権としたくないという事でしょう。guyver1092さんがいつもおっしゃるところの
会計システムに自滅するような仕組みが仕掛けられていると言う事ですね。どちらにしても「金目」ですね。

それ以外なら「核兵器を作る」以外大した理由はないでしょうね。

実際はこんな事の為に原発が再稼働させられるのですから、とんでもない国家です。

Re:
雑草Z
>何があっても安全しか言わない関係者たち。

なのに彼等はその安全を保障する積りも、責任を取る積りも無いのですよね。そのくせ、利権には預かりたい・・・非常に強欲で無責任で身勝手な人々です。

>狂ってる。

の通りですね。

    katuさん
 初のコメント、有難う御座います。2~3年ほど前から、当方の(特に原発関係の)記事が検索に掛らないように逆SEOされたらしくて、新規の方のコメントはなかなか来ない状態でした。辿りついて頂いて有難う御座います。


katu
逆SEO・・よくわかりませんが、公平ではないのでしょうね。検索数もコントロールとかされているような・・
幌延が要注意!みたいです。「れんげ通信」2014.3.20に動画が乗っています

Re:幌延が要注意
雑草Z
katuさん

早速の御返事有難う御座います。逆SEOというのは、検索に引っかかりにくくすると言う事です。3.11以前から原発の危険性を書いてきた当ブログに、3.11以降多くのコメントが来ましたし、記事を拡散させている方もいました。反論みたいな嫌がらせみたいなコメントも来ましたが、殆ど撃退したら、ばったりとコメントが来なくなって、当方の記事、特に原発関係の記事が検索に出て来にくくなりました。

 情報有難う御座います。幌延町の事は知りませんでしたが、「深地層研究計画」ってやつですね。怪し過ぎます。ご紹介のページも見てみました。とんでもないですね。
国と幌延町と北海道で核のゴミを持ちこまないと言う上例があるから大丈夫・・・等言う方もいますが、油断は禁物ですね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。