-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-09-29 14:00
現代の「自由経済社会」では、法に触れない範囲であれば道理的におかしいことやモラルに反するような行為でも「やった者勝ち」的なところが多々あります。成長の限界の見えてきた現代社会では、往道理に適わぬ事には手を出さないモラルも守った企業が々にして、「自由競争」に敗れて潰れてきました。普通に考えて「そんな理不尽な・・・」と思う事を実行したモラル意識の低い企業が「自由競争に勝ち抜く」と言うとんでもないことが頻繁に起こっています。
例えば原子力発電。国の補助や補償が無ければ、そしてバックエンド処理の責任もしっかり考えれば、企業が原発に手を出す事は無いでしょう。仮にそのへんを間違って原発を導入してしまったとしても、モラル意識があれば、酷い実体に気付いてとっくの昔に撤退していたことでしょう。こんな大事故が起こるまで原発を続け、事故の後も情報を隠蔽し続け、国に事故処理の負担をさせようとしている東電など電力会社の幹部にとって、モラルなんて概念は、謝罪する時だけのポーズになっているようです。福島原発事故の後も電力会社が原発に拘る理由は、脱原発になって廃炉が決定した瞬間から、原発は不良債権化し、電力会社の責任で最後まで廃炉作業ともなれば、それだけで電力会社は潰れてしまうからでしょう。つまり、現在の見掛けの会計上の処理の為に原発の存続を望んでいると言う自分勝手な状態です。更に、他国も騙して、原発を輸出する為にも、原発の存続を必要としているのでしょう。日本の電力会社は大企業で、それなりの社会責任を荷っている筈ですが・・・そのようなポーズは取っていますが、ただ単に自己都合で(・・アメリカや他国の提携している原発企業からのプレッシャーは当然あるとしても)、日本だけに留まらず他の国々にも負の遺産となるものを輸出しようとし、これから何世代にも渡って多大な迷惑を掛けるのです。モラルハザードも甚だしいと言えましょう。


 例えば遺伝子組み換え企業。実際に農場で作って市場に出す為には、その遺伝子組み換え作物の人体などへの影響を慎重に調べる事は当然の事として、人間以外の環境中の動植物への影響・・・生態系への影響を何世代にも渡って調べるべきです。放射能の影響と同様、取り返しのつかない危険性があるのですから、何十年にも渡って慎重に調べる必要があるでしょう。しかしながら、実際には見切り発車でどんどん市場に出しています。特許を取得し、先に市場に出した方が得をするような風潮です。アメリカがその代表例で、モンサントをはじめとして次々に議会にロビイストを送り込んで、遺伝子組み換え作物に認可を取っています。これだけでも由々しき事であるのに、組み換え遺伝子に特許を取り、その遺伝子を持った作物は全て自分の作物であるなどと理不尽な事を主張しています。・・・こんな馬鹿な事が道理として通る筈が無いと思いきや、これまたロビイストを通して合法化しています。自分の農地の遺伝子組み換えしていない作物が、意図せずとも風などに飛ばされてきて交配した場合、その作物全体の所有権が、特許を持った企業のものとなり、じぶんの農地の作物でも損害賠償しなければならない・・・と言った、理性では理解できない理不尽な法律を作って損害賠償を仕掛けているのです。・・モンサントはその損害賠償を一つのビジネス部門にまでしているのです。悪質な企業です。・・・今回の主題とは違う余談となりますが、TPPでこんな企業が日本に入り込んで来たら(既に入り込んでいますが・・)日本の農業はモンサント等の企業に支配されてしまいます。これだけでも、TPPはかくも酷い条約になるのです。


成長の限界に達した企業は、エコ商品の販売にも非常に積極的ですが、その多くが逆効果です。その典型例が、エコ替え、補助金です。・・・費用対効果もエネルギー産出比も、破綻している場合が大部分でしょう。企業も国も技術者などは殆ど承知の上で行っている一種の詐欺と言えましょう。当然の話ですが、エコ・・・・エコロジー的にもエコノミー的にも、物は使用しないのが一番効果的です。やむを得ず使う場合でも、大概大切に長く使うほうがエコでしょう。技術は年々良くなって、エコになっているからエコ替えは効果的だ・・・と言うのなら、今変えずに長く使った後に替えた方が、もっとエコな商品が買える筈です。エコキャップ運動なんかも、使い捨てペットボトルを存続させる為の企業の戦略にまんまと嵌った・・と言えましょう。・・こんな事で騙す政府や企業にモラルはありませんが、騙される庶民も馬鹿と言えるかも知れません。感覚が麻痺しています。企業のエコ運動の欺瞞の例は枚挙に暇がありません。

 
往往にして、モラルに反するから、社会にとって良くないからと自粛した者、企業が損をし、社会的な悪影響など無視してモラルハザードを強行した者が成りあがって、企業を大きくし、今度は味を占めたモラルハザードの手法で、お金の力でロビイストを議会に次々と送りこんで、どんどん企業を肥大化させてきました。大部分の普通に良識をもった人々が道理的にやるべきではないと実行しなかった事を、モラル意識が無い連中が欲望を満たす為に実行し、財を築いてきたのです。つまり現在の「自由経済社会」では、法に触れない限り「やった者勝ち」の傾向が強いのです。そのようなモラル意識の低い輩が企業のトップに座っているから、企業はとんでもない環境破壊を平気で行い、そのくせ「エコ」だとプロパガンダするのです。そんなステレオタイプの社会がアメリカでしょう。アメリカをはじめとして、「やった者勝ち」の社会全体がモラルハザードに陥っています。

現在、自由経済社会は自己矛盾を孕んで崩壊に向かっていると言えますが、若しも自由経済社会を存続させようとするならば、政府等の役割は、ニューディール政策やアベノミクスのような政府主導の景気対策(・・と言う名の煽りによる企業贔屓)では無く、ルールをしっかり守らせる事でしょう。つまり社会崩壊、環境破壊に繋がる行為をしっかり「規制」し、「監視」する事です。「監視社会」と言うと気分のいいものではありませんが、しっかり規制しなければ、強欲でモラル意識の低い者に有利な社会になって仕舞います。(それが現在の自由主義社会です。)


←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/29 14:00】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

イースター島
guyver1092
 現代の企業のモラルハザードは、イースター島の島民が窃盗、共食何でもありだった事を連想させますね。おっしゃるように、世界第三位の経済大国の企業が文明崩壊を起こして極限まで追いつめられたかつてのイースター島民と同じことをしているのは、資本主義の限界であることを示しているのでしょうね。
 かつてラビ・パトラか゛2012年までには資本主義が崩壊すると予言して、時期としては外れたようですが、そう遠くない未来には予言通り崩壊すると言う気がします。

今日の現場で・・
団塊親爺の遺言
今日の現場で見た光景です
多くの女性が検診車の前に並んでいました
乳癌検診の検査と思われます

早期発見が大切と言われ・・結果・・何等かの
異常が発見された場合 薬剤に依る治療が行われ
化学薬剤で人体実験が行われます・・
初期だろうが 手遅れであろうが・・

根本的な原因究明すらしない 今の社会の風潮です

今の化学薬剤漬けの食べ物にこそ 問題が・・
政治家や官僚は数字しか見ていません

薬が無ければ 食べ物が出来ない
これが 一番の問題と思います

Re:イースター島
雑草Z
    guyver1092さん

>現代の企業のモラルハザードは、イースター島の島民が窃盗、共食何でもありだった事を連想させますね。

なるほど、イースター島の衰退期と重ね会わせられると言う事ですね。一部の人間・・・モラルハザードやりまくりの企業のトップや政治家は、イースター島の人にとよりも質が悪いですね。それにイースター島では自然の循環に回りにくいものは石像の石くらいでしたが、現代は石油を使い放題で、化学物質や放射性物質、もどんどん作られていますから、モラルの無い人々が、グローバルに崩壊させる危険な物を手に入れたとも言えましょう。

>ラビ・パトラか゛2012年までには資本主義が崩壊すると予言して、時期としては外れたようですが、そう遠くない未来には予言通り崩壊すると言う気がします。

そうですね。未来予想ですから時期についてはかなりアバウトにならざるを得ませんね。
「成長の限界」の予想も「外れた」等とプロパガンダされていますが、元々成長の限界ではある数値モデルでやると2012年に成長の限界に達して制御不能な崩壊が始まる・・・と言っているだけで、2012年に文明崩壊が起こるなどとは行ってませんね。「外れた予言」と言う表現は非常に恣意的な意図的読み違いですね。

 

Re:今日の現場で・・
雑草Z
   団塊親爺の遺言さんは色々な現場に行かれているのですね。お仕事の関係でしょうか?・・直接目で確認し、現場の声を聞けば、現実しっかり捉えられますね。

>早期発見が大切と言われ・・結果・・何等かの異常が発見された場合薬剤に依る治療が行われ化学薬剤で人体実験が行われます・・

確かにこれは儲けの為と人体実験の為に見えますね。
検査自体、被曝や薬害を受けているとも言えますからね。

>薬が無ければ 食べ物が出来ない

そうですね。これは製薬会社やアグリバイオ企業の儲けの為の戦略ですね。抗生物質も家畜に多用し過ぎです。そんなものを使わなければならない環境に家畜を押し込めているのも良くないですね。




tackle
ガンが早期に発見され、治療で一命を取りとめた私は、治療を受けるべきではなかったということでしょうか。
薬なんて頼らずに、儲けさせないために。

Re:
雑草Z
    tackleさん

 コメントの個別のこの件に関して私が応えるべきか分かりませんが、一応返事致します。

 癌の早期発見で助かったと思っている人は個別には沢山いるでしょうし、その事を否定する積りはありません。
ただ、その中には、検診の為にレントゲンを何度も受けた被曝によって癌になった人もいるでしょう。過剰な医療措置で命を落とした人もいるでしょう。過剰な検診や予防措置もあでしょう。効果とリスクの検証がしっかり為されていないのに「早期発見、早期予防」ばかりが強調されて、推進されてきた面も否定出来ません。最近問題になっている子宮剄がんワクチンの副作用などその典型例です。


tackle
お返事ありがとうございます。

確かに、医療行為が原因で悪くなった人もいるでしょう。不活性ワクチンの件もありましたし。それは大問題です。
ただ、その医療行為や、早期発見推進によって何100倍何1000倍の人が救われているのも事実ではないでしょうか。
副作用や業界の儲けのために、その人達を救うことも止めるべきでしょうか。

効果とリスクの検証もされていると思いますが、一体どこまで検証すればよいのでしょうか。
一切の副作用のない医療行為というのも、思い当たりません。
人間は一切医療行為を受けるべきではないということでしょうか。


Re:
雑草Z
    tackleさん

 こちらこそマナーの良いお返事有難う御座います。

>その医療行為や、早期発見推進によって何100倍何1000倍の人が救われているのも事実ではないでしょうか。

 当方も断言は出来ませんが、このあたりはかなり怪しいと思います。何と比べて何百倍とおっしゃりたいのかはわかりませんが、例えば検査の為の被曝によって癌になった人の分は考慮されていないのではありませんか?勿論早期発見推進によって本当に、何100倍以上の方が救われているのならば、 tackle さんのおっしゃる通りその行為は正当化されるでしょう。その事は私の記事本文の趣旨とも矛盾はありません。記事の趣旨は現在色々な分野で行われているモラルハザードレベルの儲け主義に対する批判であって、
>副作用や業界の儲けのために、その人達を救うことも止めるべきでしょうか。

と言う主張はしておりません。

さらに言えば、

>効果とリスクの検証もされていると思いますが、

との事ですが、それもかなり怪しい事です。
「そんな馬鹿な!」と思われるかも知れませんが、残念な事に現代社会では、そんな馬鹿な事がまかり通っている場合も多いのです。原発が典型例です。この手の例は枚挙に暇がありません。記事の本文に他の例も挙げています。

>一体どこまで検証すればよいのでしょうか。

当然、効果のほうがリスクよりも明らかに大きいところまででしょう。実際はそこまでしっかり検証されていない例も沢山あるでしょう。
先に挙げた子宮剄がんワクチンの例など、ワクチンは子宮剄がんのうちの一部の種類にしか効かないわけですし、 がんの発生そのものを予防する効果も確認されていません。このワクチンの効果が確認されている期間は最新データで9.4年でしかなく、子宮剄がんによる大部分の死者は中高年にも拘らず、子宮頸がんワクチンの接種推奨年齢は小6~高1でした。このあたり、効果とリスクの検証は出鱈目だったと言えましょう。
その他薬害エイズの例など、リスクがもみ消された例や効果とリスクの検証がいい加減だった例は結構ありましょう。

コメントを閉じる▲
2013-09-23 00:12
学生時代、大変世話になった友人の下宿に遊びに行った時の事です。その友人の部屋に置いてあったごみ箱はよくある円筒形で上側が開いているタイプでしたが、その上の口に、ダンボールで作った手製の蓋が被せてありました。
「この蓋自分で作ったんだ?・・いいね!」
「うんでも、臭いものに蓋をするという発想はよくないんだけどね。」
「えっ??なんで・・・?臭いものに蓋をするのは当然だよね?・・・蓋をしないで匂うほうが嫌だよね。」
「そうとも言えるけど、そうとも言えないんだよね・・・ゴミを直接目に見えないようにするだけで、なんの解決にもなっていない・・・。」
予期しなかった妙な事を彼は言うな・・・と感じたので記憶に鮮明に残ったようです。この日の会話は他に何も覚えていません。何故こんな事を言ったか、彼の真意は定かではありませんでしたが、彼は部屋のゴミ箱自体のことを言ったのではなく、諺としての比喩的な意味で、「根本的な解決をはからずに、一時しのぎの手段で、人に知られないように隠すのは良くない」と一般的な事を言おうとしたのかも知れません。このときの会話はその後どう続いたかは覚えていません。これで終わって直ぐに違う話題に移ったのかと思います。
兎も角、このさりげない会話はかなり潜在意識に響いたようで、ずっと記憶に残っていました。そして後日だいぶ経ってからも様々な場面でこの言葉が思い出されました。

「臭いものには蓋をする」というのは、典型的な対症療法でしょう。長い間日本のごみ行政の基本でした。ゴミの場合正確には「臭いもの、汚いものには蓋」と言うべきでしょうか。リサイクルを大々的に謳って、実際のリサイクルは勿体程度のプロパガンダ用。大部分のゴミは大きな穴を掘ってあまり分別せずに捨てて、穴がいっぱいになったら土で埋める。(蓋をする)・・・最近自治体はリサイクルに以前よりは真剣に取り組むようになってはきましたが、まだまだ費用対効果やEPR(エネルギー産出比)が破綻している場合が多々あります。
兎も角、第二次世界大戦の敗戦後のアメリカナイズされた高度経済成長期以降の日本のゴミ処理は典型的な「臭いものには蓋をする」でした。国民も、自分の身の回りからどこか遠くの知らない場所に持って行ってもらえば、後は忘れて関知せず・・・一部ゴミ処理場近くの住人だけが騒いで問題にしていました。大量のゴミに蓋をして作った広大な埋め立て地が、「夢の島」等と名付けられて実際に土地として使われていますので、役に立っていないとは言いませんが、産業廃棄物も沢山埋められている事でしょう。埋め立てによって又別の大きな問題も生み出してきました。


 放射性廃棄物の処理もステレオタイプの「臭いものには蓋」でしょう。放射性廃棄物は「臭いもの」などと悠長な話では済みません。高レベルなものは近くに数分いるだけで死んでしまいます。「危険なものには蓋」でしょうか?放射性物質の放射能は時間のみの関数で減衰するので、時間をかける以外に放射能を無能化することは出来ません。長い時間、人間の目に触れず、放射能も届かないように、地面深くに遮蔽して埋めればOK・・・と言う、安易な発想です。その「長い時間」とは、放射能が人体に悪影響を及ぼさないくらい低レベルになるまでですが、それだけの時間封じ込める技術は確立されていません。実際は、放射能が無害になる遥か以前に地上に漏れ出してくる可能性が大です。ほぼ100%と言えるでしょう。つまり、現段階での処理法は、放射性廃棄物をガラス固化して、粘土で囲って、更に金属の厚い容器に入れて地下1000mレベルの場所に埋める訳ですが、現在の技術では1000年以内に地上に漏れ出て来るであろうと言われています。放射性核種の中には、ウランやプルトニウムをはじめ、半減期でさえ1000年以上である核子は色々あります。
非常に危険な放射性廃棄物をこのような安易な方法で処理しようという発想が狂ってます。無責任にもほどがあります・・・。「安全に処理出来ないものは使うべからず・・・。」
大事故を起こした福島第一原発なんて、蓋も出来ずに海に漏れ出す始末…今年2013年の選挙後に発表されましたが、最近始まったことではなく、事故当初より、かなり漏れていたに違いないでしょう。

以上、実際に「蓋をする」場合の例を書かせて頂きましたが、この21世紀になっても臭いもの(産業廃棄物や一般の廃棄物など)の処理法は「蓋」をすることばかりで、根本解決(害毒物質の安全な分解等)ではないのです。かなりいい加減な対応と言えましょう。現在、世界中不完全な「蓋」だらけです。安全になる前に蓋が開いてしまったり、蓋をしっかりしても、底や側面に穴が開いていたり・・・いい加減な処理ばかりで、至るところで「漏れ」事故を起こしています。福島第一原発なんて、蓋は開くは、側面か底に穴は開くは・・・何処に穴が開いているかさえ特定できていないという不甲斐無さです。こんな状態で、他の原発を動かすとか原発を輸出するとか、無責任にも程があります。
世界中で産業廃棄物、家庭の廃棄物に一時的に蓋を被せて見えなくして、根本処理もしないままに次の産業廃棄物を産み出す事の繰り返し・・・が現代社会の廃棄物処理の実態です。汚染水だけでは無く対処し切れなくなるのは時間の問題です。と言うよりも既に対処しきれなくなって蓋で隠している状態です。オリンピック開催なんて言っている場合ではないでしょう。

←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/23 00:12】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

そういえば
guyver1092
 槌田敦氏の本のどれかで読んだことを思い出しました。日本の支配者たちには、生ゴミと毒物の区別を付けるだけの知能がないそうですね。
 そういえば、福島原発の汚染水漏れという事実も臭かったのでしょうね。情報と言う臭気が漏れないように蓋をしていたのでしょうが、結局漏れてしまったようですね。
 このような体たらくになるのが分からず、東京電力存続を決めた民主党も知能の程度が疑われますし、この期に及んでもなお、原子力推進を図る自民党の正気が疑われます。もちろん自民党を選んだ日本人の正気もですが。

Re:そういえば
雑草Z
>日本の支配者たちには、生ゴミと毒物の区別を付けるだけの知能がない

その表現は、凄く皮肉な言い方にも感じますが、実際生ごみを一般ゴミと一緒に出して焼却処分して平気な連中は、そこまで馬鹿と言えるかも知れません。

>福島原発の汚染水漏れという事実も臭かったのでしょうね。情報と言う臭気が漏れないように蓋をしていたのでしょうが、結局漏れてしまったようですね。

これまた、guyver1092 さん一流のブラックですね。確かに政府はこの隠しきれない情報に蓋をしようと必死でしたね。まだまだとんでもない事を隠しているでしょう。ネットで予測されている多くの悪い想定を隠しているように思えます。

>東京電力存続を決めた民主党も知能の程度が疑われますし

確かに東電の存続を認めたら、モラルハザードの極みですね。

>原子力推進を図る自民党の正気が疑われます。

唯の強欲な愚か者だと思います。

guyver1092さん、いつも読み応えのあるコメント、感謝しています。


この侭では・・
団塊親爺の遺言
本質を隠す・・今の社会
現在の医療費等の高騰する社会
様々な病気が発生し 薬や病院が繁盛する

例えば癌の死因の原因 80~90%は治療に依る薬害が
死因だと云う・・癌細胞は誰にでも毎日発生し健全な免疫が
死滅させているそうです 健全な細胞と不健全な細胞は生きる
生命の活きる証しです 正常な細胞を造る健康な生き方とは 
自然の健全な食べ物から産れ私たちの体が造られます
今のスーパーの買い物棚には 無農薬の食品類は在りません

そして化学薬剤だらけの食べ物では健康な生き方は出来ない

世界で1%の富裕層の人間も薬剤漬けの同じ食品類を食べているのか・・?
 疑問ですよね・・





Re:この侭では・・
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 興味深い情報と考察有難う御座います。

>80~90%は治療に依る薬害が死因だと云う・

なるほど、あながち大げさな表現とも言えませんね。

>癌細胞は誰にでも毎日発生し健全な免疫が死滅させている

にも関わらず、へんな薬物投与によって、病気が更に重くなる事も多々あるでしょうね。

>正常な細胞を造る健康な生き方とは自然の健全な食べ物から産れ

に賛成です。虫食いでも、農薬の無かった頃の作物のほうが、現在よりも遥かに健康の為に良かったでしょうね。

出来ることなら農薬のない時代に戻りたいものです。

コメントを閉じる▲
2013-09-17 00:11
 IOC総会で、安倍首相が「The situation is under control」(状況はコントロール下にある)などと発言をして問題になっています。「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」「汚染水による影響が福島第1原発の港湾内0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」「抜本解決のプログラムを私が責任を持って決定し、着手している」「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」。など、確認もされていない事を次々と平然と・・・と言うよりも得意げに・・言ってのけたようです。 何を根拠にこんな事を言ってのけたのでしょうか?これは間違いと言うよりも希望的推測でしょうか?嘘と言うのが一番当たっているでしょう。福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔ててブロックする構造物などはありません。繋がっています。港湾内の海水は外洋の海水と入れ替わっているのは明らかです。放射性物質は太平洋に・・世界中の海に拡散していくのが当然です。今のところ抜本的解決法は無く、コントロールどころか、汚染水の流出量は増える一方です。放射能による地下水汚染、海洋汚染は安倍首相の在任期はおろか、2020年のオリンピック開催予定年までにも収拾がつかないかも知れません。彼が死ぬまで解決しない可能性も低くはないでしょう。健康問題も今まで出ていないわけではありませんし、これからない等と断言できる筈がありません。安倍首相に安全を保証できる筈もありませんし、責任も取れる筈がありません。(勿論、切腹ぐらいの覚悟は出来ているのでしょう?)海洋への汚染水の流出は、3.11の事故直後から続いていたと考えられます。小出裕章氏も、「安倍首相の発言は、あまりにも恥知らずだ、間違いでは無く嘘だ、こんな軽々しい発言をする人を 一国の首相に持っていることを私自身は大変恥ずかしく思います。」のようなコメントを述べたそうですが、全くその通りだと思います。
タンクからの汚染水漏れの原因は、東電の杜撰な管理(930基のタンクを2人だけに見回りさせていた)などにあり、国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定評価を「レベル1」(逸脱)から「レベル3」(重大な異常事象)に引き上げることが決まりました。おそらくこの問題はかなり長引くであろうし、解決どころか深刻さも増していくでしょう。海外からも賠償請求が為されるかもしれません。それなのに、オリンピック獲得の為に、安倍首相は、誰にでもわかる嘘を平然と言ってのけたのです。責任は重大です。

この3.11福島第一原発事故の汚染水処理問題だけでこれだけ大変な事になっているのです。更なる大地震が起きて、福島第一原発の汚染水タンクが壊れるかも知れません。台風でも竜巻でも汚染水タンクは壊れそうです。・・・福島第一原発でなくとも、他の国内の原発や六ヶ所村の再処理施設でも地震や津波などで同じような事故が起きる可能性は低くは無いでしょう。
汚染水の問題は、放射性廃棄物の問題の一つであり、放射性廃棄物の問題は人間の歴史と比べて半永久的に続く問題です。放射性廃棄物を(まだしっかり確立していない技術で)地下処理しても、放射能が人体に危険でないレベルまで下がる前に漏れ出して、地下水を汚染するでしょう。既に日本に溜まっている放射性廃棄物は、今回問題になっている汚染水の量などと比べ物にならないくらい大量の地下水を汚染する量があるでしょう。放射能による汚染問題、地下水と海洋の汚染はこれから何世紀も続くのです。高々数十年の発電の為に、子孫、、何十代も後の世代まで大きな重荷を背負わされてしまったのです。汚染水の問題一つをとっても、原発は割に合わない非合理な悪魔の発電所なのです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/17 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

騙されてしまう程度の頭しかない
guyver1092
 阿部首相のIOC総会演説を見ましたが、本当に得意げに自信たっぷりで、すぐさま東京電力さえ否定することを言いきっていましたね。彼の価値基準では、騙す方と騙されるほうとでは騙されるほうが悪いということなのでしょうね。
 このような人物に騙されて喜んでいるようでは、文明崩壊回避は絶望的ですね。

生きる術を壊す人たち
団塊親爺の遺言
私の故郷の井戸水も農薬剤に汚染され飲めなく成りました

東京へ来て26年 水道水は一度飲んでこれは飲み物では
無いと直感し以来飲んでいません 
秩父の名水を汲みに行き現在に至ります 
安全とか安心は他人任せでは成り立ちません 
責任者は何処にも居ません 全て自己責任

これからの若者たちはどう生きるのか・・?
汚染だらけの食べ物 飲み物 変な病気が蔓延し
薬剤メーカーや医者たちが手ぐすねをひいて 待ち構える社会

本物の食べ物 飲み物を知らない世代が増えると・・
化学薬剤で可笑しくされ 本当に滅亡かも・・

Re:騙されてしまう程度の頭しかない
雑草Z
>本当に得意げに自信たっぷり

その質問をされる事を想定して、しっかり「応答」を用意して来たのでしょうね。殆どその事だけに集中していたのでしょう。こんな事を第一義に考える能天気な人物を日本は首相に選んで仕舞ったのです。彼には将来を見通す力が全くなく、おそらく、2020年までには何とかなる・・と彼自身騙されているのだと思います。原子力推進派の大部分はまさか原発で日本が、世界が滅びる事までの大惨事には至らないとタカをくくっているのでしょう。事故の起こる可能性も低いから、起こらない事を前提に・・・でも、事故が起こるが起こるまいが、現時点で既に放射性廃棄物は処分の限界を超えています。騙される連中以前に原子力ムラの推進派の頭の程度がその位なのだと思います。

Re:団塊親爺の遺言
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 海や地下水を犠牲にして汚染してまで、原発を動かしたり農薬を撒いたりする意味はありませんね。狂っているとしか言いようがありません。完全に自由経済の失敗ですね。強欲で良心の無い人々が悪徳企業のトップにいるからいつまで経っても改善されません。
現時点で化学物質と放射性物質による汚染はかなり深刻な状況なのに、その汚染はこれからもっと深刻になっていく勢いです。その深刻さに気が付かない馬鹿者達が社会をもっと汚染させる方向へ動かしています。この危機を人類は切り抜けられるのでしょうか?

コメントを閉じる▲
2013-09-11 00:02
 国や地方自治体の役所、マスコミは「経済効果」と言う言葉を好んで使うようです。オリンピック開催経済効果、ワールドカップの経済効果、スカイツリーの経済効果、九州新幹線の経済効果、エコポイントの経済効果、 果ては、アイドルやタレントの経済効果 から ゆるキャラの経済効果まで、何でもかんでも経済効果を「算出」して発表したがります。
・・・政府はイベントの開催誘致やインフラの導入、整備をしようとするとき、「経済効果」を発表して、そのイベント、公共工事への税金の投入を正当化しようとします。
しかし、その「経済効果」の算出方法を明記している場合は少ないし、それが妥当であるかの検証がしっかりなされる事も殆ど無いようです。

 総務省統計局HPの【経済波及効果を計算してみよう】の計算フォームの【①新規需要】の欄のどの部門にでも適当な額を入力すると【②経済波及効果】の合計欄は必ず新規需要額よりも多く出ます。そのようにプログラムされているからでしょう。・・中間生産額も含んでいるから、使うお金よりも経済効果が大きくなるのは当然とも言えます。
更に「直接効果」だけでは無く、「1次波及効果」「2次波及効果」・・・と合計して「経済効果」を積み上げていくのです。「風が吹くと桶屋が儲かる」ではありませんが、それを髣髴とします。
政府やお役所は、直接使ったお金以上の経済効果があるから費用対効果があるかのようなロジックでイベントの開催、公共工事の妥当性を主張しますが、この計算法では何をやっても経済効果は投入金額以上になるのです。そもそも、経済波及効果が投入金額より大きいから費用対効果が十分であったと結論することがおかしなロジックです。例えば、道路工事に投入した税金以上に経済波及効果があったから、費用対効果は十分にあった・・と言う考えは間違っています。その道路工事でゼネコン等が儲けて、経済波及効果が投入金額を上回ったと言う事は、あくまで経済波及効果であって費用対効果ではありません。費用対効果が有効であったと言うのならば、道路が完成した後で、その道路を利用した結果の経済効果が、投入額よりもあったと言わなければならない筈です。でも広域林道などは、費用対効果は大抵破綻しています。ゼネコンが儲けたから「費用対効果」があった・・・「費用対効果」と「経済効果」を(意図的に)混同したいい加減なロジックがまかり通っているのです。極端な話、そのお金を土建会社に渡して使って貰えば、それで経済効果は投入額を越えるのです。道路工事をしなくてもいいのです。(実際、工事が行われて自然環境が破壊されるよりもその方がましでしょう。)
特に国や地方自治体が公共投資しなくても、個人がお金を使っても経済波及効果は十分に出るのです。
 勘違いしていけないのは、「経済効果」とは、どれだけお金が動くかの指標であって、それだけの富が生まれるわけではないのです。そして、それにお金を使えば他にお金が使えなくなるのです。東京にオリンピックが招致されれば、3兆円の経済効果があるとか発表されていますが、投入される税金をはじめ、収支の計算;損失の計算はしていないだけか、計算しても「お金が動く」と言う意味で経済効果に上乗せされているのかも知れません。


同じことについての経済効果を試算しても算出する人間、組織によってかなり違った結果を出す事は明らかです。例えば【日経全図解ニュース解説】によりますと、TPP参加に慎重姿勢の農林水産省では、TPPによる自由貿易化で実質国内総生産が7.9兆円に減ると試算。一方、TPPに積極的な経済産業省はTPPに参加せず自由化しないと10.5兆円減ると試算しています。

原発が再稼働する事による経済効果は推進派によって盛んにプロパガンダされていますが、これは単なる目先の経済効果で、その後何万年も残る「負の遺産」を語らないのは国民に対する背信行為です。
2005年頃、国は、高速増殖炉「もんじゅ」の研究開発投資効果を発表していますが、1兆円の投資で、4兆円~9兆円の経済効果が期待できると謳っているのですから、最低の詐欺行為です。詐欺と言うには罪が大き過ぎます。

経済効果は、政府や地方自治体の役所、主催者が直接出したり、広告代理店等を通して「シンクタンク」(笑)に依頼して出すようです。広告代理店に客観性など無いでしょう。広告代理店は当然、調査依頼者の意向を汲んで、プラスの経済効果ばかり強調して計算し、依頼主の期待に添う数字を出すでしょう。これが日本のシンクタンクの実情と言えましょう。
そして、イベントが行われた後、公共工事が終了した後、実際の「結果」の数字は「経済効果予測」とは大きく外れる結果となりましょう。大きく外れるのがわかっているから、しっかりまともに経済効果を検証することは殆どないのです。結果の数字も統計の取り方などでかなり恣意的にいじれるでしょうが、それでもまともに検証すれば経済状況が変わったとか想定外の何かが起こったとかの「言い訳」が沢山必要となる事でしょう。
経済効果とは、かなりいい加減で恣意的な代物で、信用出来るレベルでは無いのです。こんな説得力の無いものに騙されてはいけません。

以上私の不得意で嫌いな「経済」の側面から論じましたが、忘れてならない事は「経済効果」の名のもとに無理やりお金を回して、不要な仕事を増やす事は、地球に大きな環境負荷をかけると言う事です。「経済効果」」の名のもとに不要なイベントや公共工事を量産し、経済を破綻させるだけでは無く、かけがえのない自然環境も破壊するのです。



参考HP

 日経全図解ニュース解説 『経済効果○兆円ってどうやって計算するの?

 人生は論争だ/Life Is Controversial  『経済波及効果の嘘
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/11 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

たぶん
guyver1092
 歴史を見ればある程度予測できるのでしょうね。たとえば長野オリンピックもいろいろ経済効果と言われていましたが、ある程度長い目で見れば効果の真実は明らかですよね(長野はすでに結果が見えていますよね)。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/2865/souko/banpakufs/sub7.html

 上記のページによると借金が増えたとか。経済効果が本当なら平成不況の中、長野だけが好景気になっていないとおかしいと書かれていますね。
 雑草Zさんの指摘通り、経済効果の試算は寝言と考えるのが正しいのでしょう。

Re:たぶん
雑草Z
>歴史を見ればある程度予測できるのでしょうね。

化けの皮が剥がれるから、検証はなるだけしないのでしょう。


>長野オリンピックもいろいろ経済効果と言われていましたが、ある程度長い目で見れば効果の真実は明らか

確か長野オリンピックでは、会計簿も紛失しましたね!?おそらく公開出来ない滅茶苦茶な使い方をして、「紛失」させたのでしょうね。そんな事で幕引きをしてはいけない筈です。

御紹介のページは色々興味深いので他の部分もよませていただきました。

>経済効果の試算は寝言と考えるのが正しいのでしょう。

はい、それだけでは無く、経済効果の数字が大きいからと言って歓迎される事では無い事を明白にすべきですね。「需要の創出」と同じで、資源の無駄使い、浪費ですね。「経済効果」ってかなり胡散臭い代物ですね。 guyver1092 さんは、この数値自体どんな意味があるとお考えでしょうか?

需要の創出
guyver1092
 財界の希望に沿って、政府、地方公共団体の行うこういったイベントのための投資は、まさしく需要の創出そのものと考えています。
 過去の日本に成長の余地のあった時代では経済成長の予備ミスになったでしょうが、成長の余地のなくなった現在では、税金で取った庶民の財産を財界に付け替えるための合法的詐欺と考えています。
 ちなみに成長の余地のあった時代であっても成長のためのこういったイベントは生態系を破壊するという代償を払っており、百年、二百年のタイムスパンで考えればその期間がたった後の子孫の財産を強制徴収していることと考えます。(書いた後で思い出しましたが、槌田氏等もそのような主張でしたね)

Re:需要の創出
雑草Z
>政府、地方公共団体の行うこういったイベントのための投資は、

>まさしく需要の創出そのもの

と言う事ですね。そして、

>税金で取った庶民の財産を財界に付け替えるための合法的詐欺

は非常に妥当な言い得て妙な表現ですね。

>こういったイベントは生態系を破壊するという代償を払っており、百年、二百年のタイムスパンで考えればその期間がたった後の子孫の財産を強制徴収していることと

この部分が私も最も強調したい部分です。不必要な需要を創出して、その為に生態系が壊されていく・・と言う悲しい暴挙が日々おこなわれているのです。このチェインを断ち切らなければなりませんね。

 ところで、「経済効果」の数値の意味自体に関してはどのように解釈されますか?

経済効果の数値
guyver1092
 ずれたコメントをしてしまい申し訳ありません。コメントを書いているうちに肝心の質問の回答を書き忘れてしまいました。
 経済効果の額として計算される数値は、彼らの期待している(儲けたいと考えている)いわば欲望の数値と考えています。いつぞやの大蔵大臣だったと思いますが「自分の欲望と予想は別の物であり、分けて考えなければならない。」という趣旨の発言をしたのを覚えていますが、相変わらずほとんどの日本人にはそれが出来ないようですね。

Re: 経済効果の数値
雑草Z
>コメントを書いているうちに肝心の質問の回答を書き忘れてしまいました。

そのコメントは、一つ前の記事「経済効果」の内容でしたがとても興味深く読めました。有難う御座います。

>経済効果の額として計算される数値は、彼らの期待している(儲けたいと考えている)いわば欲望の数値

 guyver1092らしいユニークな発想ですね。なるほどと頷けます。その数値を今は、総務省統計局HPでも計算してくれるし、広告代理店に頼むと要求に応じた欲望の数値を「算出」してくれるわけですね。もともといい加減な定義の数値ですからかなり恣意的な都合のいい数値を出してくれるわけですね。さじ加減で何倍にも増やせますからね。

コメントを閉じる▲
2013-09-05 00:01
8月23日に東京に五輪を誘致する出陣式を行ったと言うニュースをたまたま目にしました。東京都知事はいざ知らず(彼は立場上と言うよりも、非常に積極的です)、総理大臣まで出席していて不快でした。2020年のオリンピック誘致にまた東京が立候補すると言う話は知っていましたが、気分のいい話でもないし、特に関心もありませんでしたがこの時期に東京が立候補するとは、何とも情けないお馬鹿な話です。また最近マスコミなどが盛り上げている様子なので、調べてみると、この9月7日にブエノスアイレスで開かれるIOC総会で開催都市が決定されるとの事です。このIOC総会へ100人規模の大応援団を送り込むと言うから呆れるばかりです。私費で休暇を取って行くなら別ですが、公費で公用としていくわけです。安倍総理まで出席して、自ら「復興の為の五輪の招致」を訴えると言うからどうしようもありません。震災復興と言うのならば、五輪開催のための積立金4000億円を、被災者の為に直接使った方が効果的に決まっています。


福島第一原発の汚染水漏れ対策で、オリンピック誘致どころではない筈です。福島の現場や東電に視察、対策に奔走するならいざ知らず、東京都にオリンピックを誘致する為にいそいそとアルゼンチンまで出かける安倍総理は何を考えているのでしょう?。きっともう福島原発事故は過去のものにしたいのでしょう。

さて、踊らされている国民やスポーツオタクは別として、どんな人が誘致したいのか・・と言えば、オリンピック及びその誘致で利権のある、儲けたい人々でしょう。土建屋、放映権を購入して売る電通をはじめとする広告代理店、経団連、スポーツ産業、彼らと癒着のある政治家・・・みんな利権の「甘い汁」を狙っています。そして、それに呼応するように大手マスコミも殆ど東京誘致キャンペーンをしているようです。マスコミも情けない限りです。東京都にもオリンピック誘致反対者は沢山いるし、反対運動も行われているのに、マスコミは報道しません。
現政権は勿論、アベノミクスの一環として、オリンピック誘致に積極的です。「高度経済成長を再び」と言うアベノミクスは、時代錯誤も甚だしく、成長の限界が見えているこの時代に、高度経済成長を再び願う事が何を意味するか、日本、世界の現状を全く洞察できないようです。失敗は目に見えています。中央のゼネコンなど一部を潤わせて、1970年代以降増え続けている日本の借金が膨らむばかりです。そして更なる環境破壊が進むでしょう。

誘致推進派は「子どもたちに夢と感動を」とか謳っていますが、莫大なお金をかけてオリンピックを東京でやらなければ子供が夢とか感動が持てないと言うのなら、それこそ大変です。スポーツ選手の活躍=メダルを取ったり上位に入る事、そうでなくとも、オリンピック選手が競技を真剣に行う様子を見せる事・・・でしか感動できない人間になったらそれは異常です。世も末です。スポーツ以外でも、お金をかけなくても感動する事などいくらでもありますし、さりげない日常生活で感動を見つける生活をする事のほうがよっぽど子供達の感性は磨かれるでしょう。猪瀬東京都知事は、「東京五輪がいやならどうぞ、引きこもっていてください。復興への使命感がある人、世界のアスリートから生きる意味を学びたい人、日本の選手の活躍を眼の前で見つめたい人、やりたい人でやりますから。」
とツイッターで書きこんだそうですが非常に身勝手な物言いです。ここまでどうしようもない人物だとは呆れるばかりです。都の税金を一切使わず、自然も破壊しないなら、彼の言い分にも若干の「理」はありますが、税金を湯水の如く注ぎこんで「興味のない人は引き籠れ」は通用しません。オリンピックに反対している人の多くは、オリンピックの予算を別の福祉等に使えと主張しているのです。更に、「復興への使命感がある人」がなんで東京オリンピック誘致に賛成しなければならないか、ロジックが破綻しています。オリンピックを誘致して観るよりも震災地へ出向いてボランティアをするほうが遥かに復興に貢献しているでしょう。そして、「世界のアスリートから生きる意味を学びたい人」って何なのでしょう。世界のトップクラスのアスリートからのほうが、他の人からよりも生きる意味を学べるという考えこそ、偏見の塊でしょう。

オリンピックの開催地は、IOC総会で委員約100人の投票で決まるとの事です。IOCの委員が良識ある人々だとは思えません(どちらかと言うと利権まみれの強欲な人々と同じ穴の狢に感じます。)オリンピック開催地も国家間や大企業等の思惑が盛りこまれて決まるでしょうから、東京になる可能性が低くはないでしょう。言える事は、どこに決まろうと、そこの都市の市民、国民の大多数が歓迎する事にはならないと言う事です。オリンピックの盛り上がりも、20世紀末から21世紀初頭がピークで、これから盛り下がっていく事でしょう。2020年のオリンピックも、ここ数回のオリンピックよりも盛り下がるでしょうし、そうなるべきだと考えます。とんでもない「大失敗」のオリンピックになる可能性も孕んでいると考えています。・・・勿論利権に預かる大企業、多国籍企業や広告代理店、マスコミは盛り上げようとするでしょうが、挙国一致でオリンピックを招へいするようなお馬鹿な事はやるべきではないし、そういう時代ではありません。オリンピックは単なるエンターテインメントの一つに落ち着くべきです。日本なら、オリンピック誘致よりも、その優れたアニメ文化で盛りあがった方が遥かにいいと考えます。
私が「打ち上げ花火」と呼んでいるオリンピックに象徴される経済効果を狙ったイベントは、これからもどんどん行われようとするでしょうが、段々その実態・・・効果が無くなって来て、環境破壊する悪影響のほうが多い・・・「花火の燃えカス堆積状態」に世界中の人が気付き始めています。
現在のような、国家の威信を賭けた大々的にやるオリンピックは時代錯誤です。21世紀の間に縮小化して、そのうち消えるでしょう。あと10回もつでしょうか??
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/05 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

オリンピック誘致
guyver1092
 誘致派の本音は、以下のページの成功する社長を実践したいのでしょうね。

http://www.directbook.jp/brm/index_adw.html?ts=adw_d-brm.sales.img_D00905

Re:オリンピック誘致
雑草Z
なるほど、社員には恐れられ嫌われているけど、儲かっている会社の社長ですか・・。それでも利益が社員に還元されなお且つ社会貢献しているならば、いい会社だと思います。しかし、現実の社会では、もっと酷い連中・・単に自分の会社、自分自身の利益しか考えない強欲な連中が社長の会社が蔓延っている場合が多いですね。経団連の会長なんて典型的ですね。

 ところで、guyver1092さんは、オリンピックは21世紀にどうなるとお考えでしょうか?

興味がなかった
guyver1092
 興味がなかったので考えたこともありませんでしたが、現代文明を支えている石油のエネルギー産出比の低下から考えると、雑草Zさんのおっしゃるように縮小は避けられないでしょうね。あと何回できるかまでは解りませんが。

Re:興味がなかった
雑草Z
    guyver1092さんや私のようにオリンピックに興味の無い人が増え始めていると思うのですが、それでも無理やり盛り上げようとする輩が多いですね。利権につなげたい連中も沢山いるのでしょう。
 原発の汚染水問題よりもオリンピックを優先にする政治家やマスコミの神経はおかしいですね。原発震災からの復興の為にオリンピック・・・という発想が狂ってますが、その理由で逆に日本は候補地としてアドバンテージがあったのかもしれません。日本に限らず、そのような事でまた別の利権を狙っている連中がいるのでしょうね。
 オリンピック関連のニュースは芸能ニュースの類で十分だと思います。トップニュースになる事自体異様です。

今世紀中にオリンピックは廃れるでしょうね・・・それどころでは無くなるでしょう。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。