-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-08-29 00:01
福島第一原発での原発震災3.11以降、原発の虚構性・・・負の局面だけで、何のメリットもない事・・・を日本の多くの国民が知るところとなりました。
それでも原子力推進派が原発再稼働に拘る理由は、利権や経済的な事、若しくは軍事目的である事は今や多くの国民が知る事となりました。軍事目的の場合54機は多過ぎて、逆に原発が攻撃の標的になるから全くの逆効果です。54機も作ってしまったのは、作れば作るほど電力会社が儲かる総括原価方式だからですし、自ら善悪を判断出来無くて、与えられた仕事を如何に上手く実行するか・・しか考えない愚かな国の官僚がやってしまった事です。再稼働を推し進める理由は、ほとんど経済の為だけと言う事になりましょう。実際原発が動かないと一時的には経済は大変な事にはなるでしょう。原発は麻薬のように日本の経済に入り込んでしまったからです。始めから作らなければ何の問題も無かったのに、作ってしまったから、麻薬中毒患者のように麻薬を打ち続けなければ(=原発を稼働させなければ)問題が起こるシステムを構築してしまったからです。

原発は(出来もしない)核燃サイクルが前提となっていますから、使用済み核燃料は電力会社の資産とみなされています。ここが最大最悪の経済的トリックです。そして、原発廃止と決まった瞬間に、使用済み核燃料は、大きな資産から、巨大な不良債権に変わり、原発を抱える電力会社は潰れてしまいます。(・・核燃サイクルが万が一成功しても、超高レベル放射能が増える一方で解決にもなりません。核燃サイクルは、成功しようがしまいが問題の先延ばし、深刻化です。・・・)本当のところは、使用済み核燃料は(原発や使用前の核燃料でさえ・・)不良債権であって資産ではない筈です。
兎も角、再稼働が行われず、原発の廃炉が決定した時点で、電力会社は潰れてしまいます。そしてそこで起こる経済破綻は・・・
先ずは当然の事として電力会社及び下請け会社、関連企業がどんどん潰れ、そこで働く人々が失業してしまうでしょう。そして、原発マネーにどっぷりと依存していた原発立地の多くが夕張市のように財政破綻するでしょう。(既に3.11の福島原発震災以前に、双葉町など、原発マネーで作り過ぎた箱ものの維持の為に財政破綻寸前の原発立地もありました。)そしてさらに、原発を持っている電力株式を大量購入していた東京都などの自治体、銀行、保険会社などの企業の財政が危機に陥り、財政破綻する自治体や企業も現れるでしょう。安定株として退職金をつぎ込んで老後の資金としていた人々の老後の暮らしも不安になりましょう。それから電力不足や電気料金値上げによって製造業などに影響が出る・・・と言うのも電力会社や政府や経団連の主張です。
おそらく、政治家も官僚も、これらの経済危機を最も心配しているところでしょう。(・・彼等は自分達の利権を失う事の方がもっと心配でしょうか??)
しかし、これらの「経済危機」の原因を、「脱原発」と見るのは、あまりにも短絡的でしょう。「原発導入時より時間だ経てば経つほど爆薬が増える時限爆弾が仕掛けられた・・」と考えるべきでしょう。放射性廃棄物の無放射能化が無理である事は、原発導入時より分かっていた筈です。分かっていなくとも、「予防原則」で言えば、処理方法が見つかるまでは導入してはいけないものでした。百歩譲って、原発導入時には期待に騙されたとしても、20世紀末までには、このまま放射性廃棄物が溜まり続ければ大変な事態になる事は分かり切っていた筈です。・・原発は当初からずっと問題の先送りをしてきたのです。その結果、放射性廃棄物は溜まり続けて、現在どうしようもない状態に陥っています。・・・六ヶ所村の使用済み核燃料の処理は全く進まず、使用済み核燃料の受け入れが出来なくなり、使用済み核燃料を各原発の建屋の使用済み燃料プールで保管するしかなくなってしまいました。
電力不足は、電力会社の自作自演ですし(・・本当に不足するのなら、3.11以降1年間で火力発電や水力発電を整備して稼働準備しておけば済む話です。)電気料金値上げは、不良債権となる使用済み核燃料や原発自体の赤字解消の為でしょう。原発を作らなければ、電気料金は遥かに安く抑えられた筈です。

以上のように、脱原発によって起こるであろう経済危機は、原発で回す経済システムを作ってしまったから起こるのです。原発は最も能率の悪い、費用対効果がマイナスの発電方式ですから、やればやるほど赤字で負債が増えていくのです。原発経済は、持続不可能でいつか破綻する不良経済システムだったのです。経済が破壊されるだけでなく、それに伴ってどんどん放射性物質が作られると言う悪魔のシステムだったのです。原発経済で動いていた潤沢なお金の出どころは、国民から集めた税金や高い電気料金だったのです。原発経済こそ、まるまる不必要な、環境破壊の経済システムだったのです。麻薬の生産、販売で潤っている国なり地域があっても、経済が破綻するから・・・という理由でそれを続ければ状況は悪くなる一方です。一刻も早く麻薬を断たなければ解決になりません。原発経済はそれに似ていますが遥かに質の悪いものです。麻薬よりも放射能のほうが遥かに悪質です。国民を被曝させながら、国民から沢山のお金を巻き上げる環境破壊型差別集金システムです。
だから原発は、経済的「痛み」があっても一刻も早く廃止すべきものです。その「痛み」は、社会の健全化には必要な事ですし、原発を続ける事のほうが、遥かに大きな社会の「痛み」となりましょう。

脱原発こそ脱経済成長の象徴】2012-01-17 で述べたように、原発経済は、丸々必要のない無駄なシステムです。無駄なだけではなく、資源とエネルギーの浪費、環境破壊による経済成長の典型例であり最悪の例です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/29 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

環境破壊型差別集金システム ?
団塊親爺の遺言
いつもありがとうございます
一つ疑問が・・? 環境破壊型差別集金システムですが
これは無差別と私は想うのですが どうでしようか・・?

本来は今回の様な事故が起きた時の為に保険や積立金は
在ったのでしようか・・? もう国には余分な資金も無く
赤字国債と増税で我々からむしり取る事しか考えていない
散々、自分たちだけで儲けイザと成ったら国民に泣き付く
様 本来の後片付けも全く出来ない 将来に禍根を残す
技術で経済発展・・まるで昔の地頭の集団ですよね~~~
甘い汁にドップリ浸かっていた輩たちに安い給料で後始末
をして人生を終えよと言いたい 経済成長とは東北を元に
戻し海や山の汚染を解決し豊かな自然を取り戻す事です
放射能汚染があちら・・こちらで聴こえて来た今
此の侭では・・食べるものが無くなる・・世界は大干ばつ

未曾有の大不況に陥る危険性と食料危機に放射能汚染の拡大
こうゆう時に全く機能してない政府・・ 
あ~あ~愚痴だらけの私てすが先行きが大変不安なのです
 


>環境破壊型差別集金システム ?
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 こちらこそ、いつもありがとうございます。
さて、

>これは無差別と私は想うのですが どうでしようか・・?

確かに、放射能が環境に広くばら撒かれた場合は、 団塊親爺の遺言さんのおっしゃるように、「無差別」と言えるでしょうね。

私が「差別」と表現したのは、
先ず、被曝労働は、決して電力会社の正社員や経済産業省の官僚など原子力ムラの人々は行わないで、貧しい人を騙してさせる事だからです。
原発が事故を起こす前に恩恵を受ける人(・・電気の恩恵と言うよりも、寧ろ利権の恩恵。)と原発災害の被害に遭う人はかなり異なります。
 推進派と反原発派の待遇然りです。推進派は潤沢な資金を電力会社や税金から貰い、反原発派は自腹を切るばかりか、公安などから密告されて、圧力をかけられ、仕事を止めさせられたり干されたりして来ました・・これらの事を称して「差別」と表現しました。
 だから「無差別」「差別」どちらの解釈もありますね。

>今回の様な事故が起きた時の為に保険や積立金は
在ったのでしようか・・?

まともに計算すると、保険料だけで電気料金が何倍にも跳ね上がってしまって不経済性が暴露されるから、「事故は絶対に起きない」として、保険や積立はされていませんでした。・・・核燃サイクルなどの為の別の積み立てはかなりありました。・・・この事だけでも原子力ムラの人々は最悪ですね。

>愚痴だらけの私てすが先行きが大変不安なのです

あまり言いたくありませんが、今の日本は出口無し・・・に近い状態ですね。既に遅し…の感が・・・



屋号は銭屋
 よく分からないんですが。原子力発電所が無くなればどうなるんですか?
 無くすことによって得るものはなんでしょうか?逆に無くなって失うものはなんでしょうか?我々の実利として。
 原発が無くても企業の自家発電で事足りるとか地熱だ風力だバイオマスに太陽光と未だに普及の目途もたっていないようなシステムを唱えている人たちが多すぎるような。
 結局は原発反対・再稼働反対のデモには革マル派なんかの極左や何でも反対の市民団体など単に原発を利用して政府攻撃ができればいい、みたいな輩もいたようですしね。
 ただのイデオロギーだけの原発反対って結局は同じイデオロギーを持つ人にしか伝わらないでしょうし。
 

よくわからないのは原発の事でしょうか?
雑草Z
    屋号は銭屋さん

 >よく分からない

はどの部分でしょうか?記事をまともに読んでいないのではないでしょうか?もし本当に記事を読んで内容が殆どよくわからないのならば、あなたは原発を知らなさ過ぎる野田総理に輪をかけて原発がどんなものか実体を知らないのではないでしょうか?(・・野田総理の大飯原発再開の演説に感激したクチですか?)

>原発が無くても企業の自家発電で事足りるとか・・・

 実際、この夏原発無しでも足りる事は十分に実証されています。(まさか、大飯原発3,4号機の再稼働が無ければ電力不足になった・・・などと馬鹿な事を主張しないでしょう?)確かに風力発電などはEPRがまだまだですが、それでも事故の期待値や、廃炉後まで考えれば、更に原発のほうが遥かにEPRは悪くなると言う事に反論為されますか?
 因みに原発より火力発電のほうが遥かに優れた発電方式です。あなたは火力より原発のほうが優れている点を一つでも挙げられますか?

>原発反対・再稼働反対のデモには革マル派なんかの極左

デモも大きくなれば、色んな人が入ってくるでしょうが、革マルとか何でも反対の人は主催者でも主流でもありません。今のデモは脱原発の一点で集まっている一般市民が大部分ですよ。何だか実情を何もわかっていないようですね?あなたのその情報源はどこからでしょうか?今どきそんな情報を信じる人がいるのですね。

>ただのイデオロギーだけの原発反対

そんな人殆どいないんじゃないですか。大多数の人は、本当に原発は危険で経済的にも破綻していて、子孫に負の遺産を残すから反対しているのです。
日本国民の過半数があなたの言う

>同じイデオロギーを持つ人

ですか?(笑)これだけの人が反対するのは、どんなイデオロギーからであるとお考えか、是非とも教えて下さい。

もう少し、原発の事情を調べて知って下さいね。

バブル経済
guyver1092
 原発廃止に関する様々な経済的影響は、バブル崩壊時の日本経済に似ていますね。誰もが価値があると考えていた財産(債権)が、バブル崩壊の進行に従ってどんどん不債権化していったという状況に重なると感じるのは私だけでしょうか。
 当然世の中にはいろいろな考えがあり、政府が金融引き締めを行わなければ、バブル経済は永遠に続くと考えている人もいますが、私はそんなことは起きなかったであろうと考えます。土地を例に取って考えてみると、値上がりを期待して転売目的で土地を買いあさり、地価を吊り上げすぎると、自分の満足できる価格で、土地を買える財力のある人がいなくなってしまいます。ようは最終消費者の購買力という上限がある限り、永久に経済成長は不可能でしょうというのが私の考えです。
 バブル経済の限界は、供給側の欲望が最終消費者の購買力を上回ったことにより起こったのに対して、原子力発電は核燃料サイクルの虚構性と原発安全神話の崩壊による、隠蔽コストの顕在化でしょうね。核燃料が実は不良債権であったことが白日の下にさらされてしまった以上、まともな経済感覚があれば原発は不要であると考えるのが自然でしょう。バブル時には不良債権のいわゆる「飛ばし」がありましたが、結局はより巨額の損失となったと記憶しています。再稼働等の「飛ばし」を行わず、なるべく早く不良債権処理をすることがもっとも傷を小さくする方法と考えます。


 屋号は銭屋さん

 あなたは原子力発電に何らかのメリットを認めているのでしょうね?
たぶん原子力発電に対する認識が雑草Zさんとも、私とも根本的に異なっているように感じます。あなたの感じている原発のメリットを詳しく教えていただけないでしょうか。


Re:バブル経済
雑草Z
またまた、 guyver1092さん ならではの、オリジナルな発想ですね!

>原発廃止に関する様々な経済的影響

>バブル崩壊時の日本経済
が似ているなんて考えた事はありませんでしたが、言われてみれば確かによく似ていますね。・・どちらも「必然の流れ」ですしね。

>原子力発電は核燃料サイクルの虚構性と原発安全神話の崩壊による、隠蔽コストの顕在化

なるほど、短い中に本質を盛り込んで、よくまとまっていますね。特に「隠蔽コストの顕在化」と言う表現は私は思いつかなかったと思います。機会があれば使わせて頂きます。宜しくお願い致します。

>核燃料が実は不良債権であったことが白日の下にさらされてしまった以上、まともな経済感覚があれば原発は不要であると考えるのが自然

全くですね。「不要」と言うよりも「不経済」とか、「手を出してはいけないもの」と言った方が適切ですね。
もう既に、不良債権である事は決まっているのに、暫くの間「資産」と見せかける為に、野田政権は原発の再稼働を進めているのですが、「問題を膨らませながら先送りさせているだけですね。一度爆発しても止めないと言う懲りない面々・・。本当に無責任極まりないですね。


コメントを閉じる▲
2012-08-23 00:01
 3.11の福島第一原発での原発震災を機に、日本の多くの国民が原発の虚構性・・・負の局面だけで、何のメリットもない事・・・を知るところとなりました。そして、利権に預かる一部の人々や彼らの言う事をいまだに信じている一部の人達を除いて、少なくとも過半数の国民は、脱原発に賛同しています。
世界に目を向けると、日本の原発震災後、ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー・・・と続々と脱原発を表明しています。現在原発保有数世界一のアメリカでも、1979年のスリーマイル島原発事故以降、新規原発建設は凍結されてきました。今年8月には、使用済み核燃料政策の問題への対応が出来るまで原発認可延長停止も決定しています。アメリカの原子力プラントメーカーの大手で、福島原発の1号機も作ったGE[ゼネラル・エレクトリック] 社のCEOもこの7月に、「原発は正当化するのが非常に難しい」と語っています。ドイツのシーメンス社やスイスのアセア・ブラウン・ボベリ社などの電機メーカーも原発事業からの撤退を表明しています。
原発のとんでもない不経済性は、世界の常識になってきています。そして、21世紀に入る以前から始まっている脱原発の流れは、推進派による地球温暖化説や石油ピーク説などの数々のプロパガンダにも関わらず止められません。原発の虚構性が明らかになった現在、日本に限らず、世界中で脱原発は時間の問題でしょう。

そんな流れに逆行するように、21世紀に入ってから日本の原発プラントメーカーは、アメリカやフランスの大手原子力企業と次々に業務提携関係を結んでいます。
東芝は2006年にアメリカのウェスチングハウス[ WH] 社を買収して傘下に入れています。日立製作所は2007年にアメリカのゼネラル・エレクトリック[GE]社との合弁会社を設立しています。同様にフランスのアレバ社と三菱は提携関係を結び、2008年頃から関係を強化しています。その結果、世界の原子力プラントメーカーグループは、WH-東芝 ,GE-日立 ,アレバ-三菱 となり、3グループ全てに日本企業が入っています。(・・2007年に設立されたロシアのアトムエネルゴプロムを入れて4グループ体制となりました。)

東芝がWH社を買収したとき、WH社がそれまで世界に売り込んだ原子炉に事故が起きた場合、東芝が肩代わりする事にもなったとの事です。途方もなくリスクの高い買収でした。GEは、原子力関係の売り上げは全社の1%ほどと言う事ですから、今後原子力部門を全て日立に売却して、WHのように昔売った原子炉の事故を日立に肩代わりさせようとしているとの見方も出来ます。前の2者に比べて、原発に非常に積極的なフランスのアレバと三菱の提携は、(両国とも、官僚国家で、官僚が原発推進して来ました。)世界最大の原子力産業複合体としてNO1の覇権を狙ったものと見るのが一般的でしょう。しかし、これまた、アレバは事故が起これば、賠償を三菱にも負わせることになるでしょう。

3つのグループとも、廃炉ビジネスはこれからのかなり美味しい利権として狙っている事でしょう。これから世界中で廃炉にしなければならない原子炉が次々に現れます。だから、原子力ビジネスは、少なくとも数十年の間は沢山の仕事があるでしょう。然しそれは同時に放射性廃棄物の処理と言う解決策のない深刻な問題も付きまとうのです。この部分を、日本の提携会社に押し付けられる可能性も高いでしょう。「既に汚染地域となってしまった福島第一原発の周辺区域に持って行って埋める」と言う選択肢も否定出来ません。穿った見方でしょうか?
現在、いわゆる「先進国」では、新規原子炉を作る事は非常に困難ですから、ここのところ、世界の原子力プラントメーカーグループは、いわゆる「発展途上国」と呼ばれる国への新規原子炉の売り込みに熱心です。勿論日本でも新規原子炉の設置も非常に難しくなりました。だから原子力プラントメーカーグループは、日本の提携会社の日立、東芝、三菱などを使って国家ぐるみで東南アジアなどに原発を売り込ませています。ロシアのアトムエネルゴプロムは、放射性廃棄物を引き取って、自国で最終処分すると宣伝して原発を売り込んでいるので、(・・いくら広い国土のロシアでも、それは無謀な事です。・・)これに対抗する為には、残りの3つの原子力プラントメーカーグループも、放射性廃棄物を引き取る契約にしないと、アトムエネルゴプロムに契約を持っていかれると躍起になっています。だから、日米共同でモンゴルに原子力プラントを作ってあげる代わりに、放射性廃棄物もモンゴルで引き取ってもらって最終処分させるという話も持ち上がっています。モンゴルにとって、「2重に美味しいビジネス」のようにして売り込んでいますが、これが実現したら、逆にモンゴルは踏んだりけったりでしょう。国家として存続出来ずに崩壊するかも知れません。先に述べたようにモンゴルだけでなく、日本の福島原発事故現場周辺も、最終処分場の候補地にされている事でしょう。相手は外交の上手い(狡賢い)西欧諸国です。
GEと提携しWHを吸収した日本の企業は、世界の原子力プラントメーカーグループのトップに躍り出た・・・と喜んでいたのが、3.11以降、持て余された欠陥商品を掴まされたと気が付いたかも知れませんが、後の祭り。原発利権で儲けようとした日本のグループ会社は、途方もないリスクも一緒に背負わされたのです。それも、その会社だけではなく、日本の国家そのものにまでリスクが及ぶのです。「日立も東芝も、ばばを掴ませられた」と言う解釈もされるようになって来ました。・・会社が負債を抱え込まない為にもグループの原発プラントの売り込みに必死の事でしょう。彼らが日本の原発の再稼動を強く推進する一大勢力になっています。日本の地で、原発全炉停止状態では、他の国も原発導入に尻込みするでしょうから再稼動のパフォーマンスに躍起です。しかし、今から直ぐにでも、多額の賠償を払ってでも、この契約を解消したほうが、会社の為だけではなく、日本の為でもありましょう。アメリカの不良債権押し付け計画は、今に始まった事ではなく、アメリカが「核の平和利用」を宣言した20世紀半ばに既に始まっていたのではないでしょうか?

自国で売れなくなった物を外国に持って行って売る事は、現在のグローバルな経済優先社会では普通に行われている事です。自国では売れなくなった危険な欠陥商品を他国へ売り付けて自国の産業と利権を守る(・・結果的には信頼を失うのですが・・)日本に強制的に配備されようとしているオスプレイも、危険な欠陥兵器であることが話題になっています。・・・原発も同じ構造といえましょう。原発に至っては、それ以上の戦略もあるやも知れません。即ち、不経済で危険極まり無く、処理がお手上げ状態の放射性廃棄物を量産する欠陥商品である原発を背負い込ませて、その国を経済的に衰退させ、いざとなれば、原発への攻撃を示唆して外交の切り札とする・・・新たな形の「核の抑止力」とも言えましょうか?・・・ここまで言及するのは穿った見方でしょうか?・・
原発の導入に積極的な韓国や中国、インド・・などがこれからもどんどん原発を作ろうとしている事も、実はアメリカやイギリスの戦略の一つであると言う見方も出来るでしょう。勿論、深刻な原発事故は、世界中に放射能をまき散らしますから、アメリカやイギリスなどの国民の総意ではないでしょう。原発利権にどっぷり浸かった一部のアメリカやイギリスの原子力ムラのようなところの意思でしょう。彼らの利権や思惑の為の陰謀で、原発は国家ぐるみで導入され、売り込まれてきたのです。

日本の企業は、原発ビジネスと言うばばを掴ませられてしまったようです。だから、これから電力の需要が急激に増得ると見込まれている新興国などへの原発の売り込みに躍起です。この事によって、東芝や日立、三菱が負債を抱えて潰るのは自業自得ですが、国家による負債の肩代わりは理不尽です。(事が起これば、可能性が低くはないでしょう。)まして日本への放射性廃棄物の持ち込みをこれらの会社の為にやるのは以ての外です。
そして、売り込まれる側の新興国などは、原発プラントを購入した時点で、欠陥商品を購入した事になります。とんでもないばばを掴まされるのです。そこの国民の多くも、既に原発の不経済性や危険性は十分に認識している筈です。それでも導入に強引なのは、莫大な利権を提示されているからでしょう。・・つまりその国の一握りの原子力村の新参者達によって、莫大な税金で欠陥商品を買わせられるのです。
破綻しようとしている不良ビジネスの権利を買い取る企業と、そこの不良商品を購入させられる国家と、どちらがより強欲なお馬鹿と言えましょうか??
 これから、放射性廃棄物の押し付け合いが始まるでしょうが、放射性廃棄物は不拡散が原則。そのほうが比較すれば手間も費用もかからないのも明らか。移動すればリスクも高まるばかりです。原発立地国で最終処分するのが当然でしょう。原発立地その場所で廃炉処理と共に管理するしかないでしょう。両者ともそこをしっかり考えているとは思えません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

金の亡者
guyver1092
 資本主義の皮をかぶった原子力無駄遣い帝国主義の世の中で金もうけをしようとすれば、こうなるのでしょうか。
 アメリカは、日本よりは資本主義が機能しているから使用済み核燃料政策の問題への対応が出来るまで原発認可延長停止も決定するのでしょうか?
 金の亡者達は、人類の将来のことはどうでもよく、今と、ほんの少し先の儲けがあれば幸せのようですね。

Re:金の亡者
雑草Z
3.11以降、それまで原発問題に無関心だったも含めて、多くの人が原発の本当の姿を学び、少しは理がありそうだった経済性まで虚構である事を知った今、原発は利権のみで動いている事は白日の元に晒されました。・・いまだに原発の経済性を信じているどうしようもない人達もいますが・・・そうすれば、これからは原発の押し売り状態が続いて、その後は放射性廃棄物の押し付け合いが始まるでしょうから、早いとこ手を引いて置いた方が得策だと思っているのでしょうね(廃炉ビジネスはこれから伸びるでしょう・・)

>資本主義の皮をかぶった原子力無駄遣い帝国主義

言い得て妙です。原子力ムラの住人を上手く表現していますね。

>アメリカは、日本よりは資本主義が機能しているから

 資本主義と言うか、自由経済は機能している方が、脱原発はスムーズに行われるでしょうね。皮肉な事に、核の平和利用を唱えて原発を世界に広めたアメリカが、上手く放射性廃棄物から逃げようとしていますね。

>金の亡者達は、人類の将来のことはどうでもよく、今と、ほんの少し先の儲けがあれば幸せ

本当に身勝手な人々です。自分達の直ぐ下の世代、子や孫の世代も、廃炉には多大な迷惑を被るでしょうに・・・子や孫の世代には廃炉ビジネスで儲けさせる魂胆でしょうか??


アルテミス^^
雑草さん
こんばんは〜^^

穿った見方ではないと感じます。
至極真っ当その通りという感じで、同感致します。
廃炉でも被爆を被る業務は、事故を起こした企業からの従業員でなく、協力会社の従業員が行うのでしょうか?

穿った見方ではない・・
雑草Z
 これから原発を続ける事、途上国、新興国と呼ばれている国へ売り込む事は、国家の破綻に繋がるでしょう。そうでなくとも、今現在の日本の原発の数は異常です。もう既に手遅れ・・かも知れません。それに輪をかけてさらに原発、原発ビジネスを続けることは、狂気の沙汰です。
 ++++  ++++   ++++   +  +++ ++++
 今回の記事は、内容が盛り沢山過ぎましたので、焦点がぼやけたようです。原発の他国への売り込みについては、また改めて記事にする積りです。

強欲にもほどがある
guyver1092
 中日新聞ホームページで見かけたので、紹介します。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012082801002324.html

現在の基準では活断層の上に原子炉は立てられないのですが、活断層上にも原子炉が立てられるよう基準を変えようとしています。

Re:強欲にもほどがある
雑草Z
 記事の御紹介有難う御座います。

断層の存在が明らかになったら、今度は

>活断層と判断される可能性があった一部の断層について原発の直下にあっても、ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価されれば原発の運転継続も可能

ですか!!・・本当にどうしようもないですね。何としても原発を動かして、原発を不良債権化したくない事が優先ですね。(本日8月29日付の記事の内容でもあります。)
guyver1092 さんが常々おっしゃっているように、日本を破滅させようとしているとしか思えません。この期に及んでも原子力安全・保安院などの体質が全く変わっていない事には怒りを感じます。

コメントを閉じる▲
2012-08-17 00:01
東京新聞に「原発事故で死んでない論」は許されないと言う記事が、8月12日に載ったそうです。
7月に行われた将来のエネルギー政策を決める政府の意見聴取会の名古屋会場で、中部電力の社員が「(福島原発事故で)放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない」と発言した事を受けて、この場に限らず、最近ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論に対する批判記事です。原発が原因で亡くなった例として、原発事故の放射能によって警戒区域や避難区域になったところで救出に行けずに亡くなられた例が書かれていました。これは明らかに原発事故の放射能が原因で亡くなった例と言えましょう。それに対して、掲示板等で、
『中部電力の社員の人は「放射能の影響で」死んだひとはいない、と言った』
『原発事故の影響で死んだ人はいないなんて一言も言ってない』
『東京新聞による意図的な曲解、ミスリード』
と言うクレームコメントをする輩が何人もいます。
東京新聞は、『中部電力の社員』の発言をきっかけに、ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論に対して批判しているのですから何の問題もないと思いますが、「今回の福島原発事故で放射能の影響で死んだ人、死ぬ人は一人もいないから、今回の事故は大した事が無い」と主張したい推進派(原子力村人)が沢山いるようですので、釘を刺しておきます。
中部電力課長の発言を詳しく書けば、
「福島第一原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない。今後5年、10年経ってもこの状況は変わらないと考える。これは疫学データから見たら、紛れもない事実。それは5年、10年経てば分かります。私は35%シナリオがあれば35%を、45%があれば45%を選択します。それはその方が安全だからです。」という内容です。
これは、この中部電力の課長の完全な誤解か嘘でしょう。・・と言うよりも完全に洗脳されているのでしょうか?
疫学とは、統計的手法で疾病の原因や傾向を明らかにする学問です。チェルノブイリ原発事故などでも、「放射能による死者は瓦礫の片付けに従事した30名だけ」等ととんでもない事を言う輩が時々いますが、そのとんでも「データ」を元に言っているのでしょうか?是非とも本人に聞いてみたいものです。
他の方の反論によると、汚染水に足を突っ込んだ方など作業員の方が既に何人か亡くなられているとの事です。日本政府や東電の隠蔽体質からすれば、ガゼネタとは断言できないどころか、あり得る話です。被曝量の多い急性障害で無ければ、放射能の障害は、その性質から言っても数年かけて発症する事が普通でしょう。現時点で、放射能で死んだ方が公式に発表されていないからと言って、放射能で死ぬ人はいない・・・などと言い切れる筈がありません。
放射線被曝に関しては、原発推進派御用機関のICRPでさえ、癌のリスク係数を(かなり低く見積もられた)広島、長崎の原爆の影響調査から 0.05 /Sv としています。これは、20人Sv で一人が癌になると言う事です。
(20人Sv×0.05 /Sv=1人)
例えば、100万人が、それぞれ累積で10mSv ずつ被曝したとすると、
 1000000人×0.01Sv×0.05 /Sv=500人 が癌になると言う事になります。この数値は、現在までの時点でも十分にあり得る数値です。福島原発事故の日本人全体の集団積算線量は、100万人×0.01Sv=10000人Sv では済まないでしょう。今後5年、10年経てば、集団積算線量はこの数値の数倍~数十倍になりそうです。

 原子力邑の人々の、嘘で塗り固めた滅茶苦茶な原子力推進の手段は、今でも改めていないようです。事故からまだ1年数カ月しか経っていない段階で、しっかり追跡調査もしていないで、「原発事故で死んだ人はいない」等と言うのは軽率過ぎる酷い話です。3.11の数日後から、このような事を言うどうしようもない酷い人々が何人もいました。大手メディアにも登場しています。本気で言っているならば勉強不足の洗脳された馬鹿ですし、意図的に言っているならば本当に卑劣です。いずれにしても原子力ムラのステレオタイプでしょう。 原発事故によって、津波の被災者を助けに行けなくて「間接的に」原発事故で亡くなった方は沢山いますし、残念ながら「放射線障害」が顕著に出てくるのはこれからでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

中部電力課長
guyver1092
 この人物に、原発震災の発生の季節が、風向きが逆のときに起こった場合どうなるかを聞いてみたいですね。運が良かったにすぎない被害をもって原発事故を語る者には、原発の運転をする資格がありません。
 そういえば今日の中日新聞に、原発運転のための保険料が低すぎて、いざ事故が起きた場合には焼け石に水程度の保険金しか出ないとありました。現在の原発は、無保険の自動車と同じですね。

Re: 中部電力課長
雑草Z
>運が良かったにすぎない被害をもって原発事故を語る者には、原発の運転をする資格がありません。

仰る通りです。しかし現実に原子力ムラの人々は、最悪の事を想定せずに、いい場合しか考えないで
原発の運転を考える輩ばっかりですね。彼らに原発を動かす資格はありませんね。

>  そういえば今日の中日新聞に、原発運転のための保険料が低すぎて、いざ事故が起きた場合には焼け石に水程度の保険金しか出ないとありました。現在の原発は、無保険の自動車と同じですね。

その通りですね。以前も記事にしましたが、現在まで起きた事故の回数から計算した事故の確率と復旧の為の全経費や病気を発症した場合の賠償額などを全て含めた)損害の本当の額から計算した期待値を考慮して保険料を試算すれば、保険料だけで原発の電気代は何倍にもなるでしょうね。
その辺りを敢えて計算せず、更に廃炉後の放射性廃棄物の処理費用も計算せずに、電気料金が一番安いと言っているのですから、話になりませんね。

コメントを閉じる▲
2012-08-11 00:12
日本のマスコミが、政府や財界の御用報道機関であり、殆ど信頼出来ない事を、3.11以降多くの人が認識したところです。その中でも、最も信頼を無くした大手マスコミは何と言ってもNHKでしょう。民間放送は、スポンサーの紐付きですから、スポンサーに気兼ねしたりスポンサーの意向によって、偏向報道が為されている事実は、以前から多くの人が指摘していた部分です。NHKも、特定の企業や団体に有利になるような偏向放送をしているなどと言う事もだいぶ前から言われていましたが、まさかここまであからさまに脱原発運動を無視し、原子力推進、原子力邑に加勢した放送をするとは、多くの人の想定外だった事でしょう。NHKは公共放送としての役割を十分に果たしていると思っていた多くの人々が、3.11以降、NHKに失望した事でしょう。国家権力からも独立した中立公正なメディアであると考える人は、激減した事でしょう。

3.11以降、当然の如く、脱原発デモが頻繁に行われるようになりました。昨年3月当初は数十人規模だったのが、4月には1万人を超える規模、6月には10万人規模にまで拡大しました。大きな社会現象と言えましょう。然し、NHKをはじめとする大手メディアはことごとく脱原発デモを無視し続け、一方で大本営「内閣府」の発表を垂れ流し続けました。2011年に行われた(大きめの)脱原発デモ、集会のうち、NHKが報道したのは1割にも届かなかったでしょう。(日本全国全ての脱原発デモ、集会の1%にも満たなかったかも知れません。)そして、ごく稀に報道した場合も、時間も短く、規模も過小評価の報道でした。一万人を超えたデモを今回もまた報道しなかった・・・と言う事の繰り返しでした。その代わりにスポーツの話題からスカイツリーの話題、事件とも言えないような日常ネタまで遥かに多くの時間をかけて報道していました。

2011年の大晦日から年が変わって2012明けの深夜にNHKは、「原発事故への道程」と言う番組を放送しました。日本での原発導入時から、3.11の事故までの流れを、原子力邑が形作られていった背景や原子力邑の横暴も盛り込み、反対運動なども交えながらのしっかりした内容でした。2011年のNHKからは考えられないほど踏み込んだ内容でした。原発に反対する科学者たちが、会議から排除されるシーンなども印象的でした。(排除された人物の中心に槌田敦さんが映っていました。)
NHKもいよいよ公正に原発報道をする覚悟が出来たか・・と思いきや、2012年の新年初日の出以降はまたも、脱原発運動の報道には、消極的になりました。・・・NHKの内部にも、脱原発派もいて、大晦日の夜中等の空白を利用して、番組を報道したのでしょうが、またNHKの内部の「主流」の原発推進派に押されてしまったのでしょう・・NHKの反原発派は排除されてしまう危惧も大いにあります。福島原発事故直後の2011年3月中に、反原発デモに参加したNHKの契約社員2人は、4月の切り替え時期に継続を切られました。同じ部署では、基本的に全員継続の中で、契約社員で継続を切られたのはこの2人だけでした。(本人から直接聞いた情報です。)

2012年になっても、毎週複数の場所で、脱原発集会やデモが行われ、一万人を超える集会やデモも何度かありましたが、相変わらずNHKは、無視を決め込んでいました。大飯原発3号機の再稼働を機に、毎週金曜夜の官邸前デモや現地大飯町でのデモなど、参加人数も増えてかなり盛り上がってきたのに、それでもNHKは、まともに報道しませんでした。
ところが、去る7月19日から、NHKは突然官邸前デモを報じるようになったのです。私は見ていませんが、そこそこまともに扱っていた・・・との事です。ついにNHKも無視出来無くなってきたのか、NHKの良識派、脱原発派が巻き返したのか・・・と、思いきや、7月中旬にフランスのルモンド紙がNHKの報道姿勢について「官邸前の脱原発デモは、だんだん大きくなっているのに国内では、NHKは完全に無視している」と批判。それを外務省がHPにて公表したからのようです。・・簡単に言えば「外圧に負けた」もしくは「恥をかいた」と言う事でしょう。
この事件で発覚した事は、NHKは海外向けに発信する報道と国内向けの報道は違うと言う事です。つまり、NHKは、国外向けには早くからデモの事を報道していたのです。官邸前デモでは、参加者から外国人ジャーナリストに対して、「NHKなど日本の大手マスコミはこのデモの事を無視しているから、海外でしっかり報道してくれ。」等と言うシーンを何度か見かけましたが、実際は、NHKは海外向けにはデモの事をその当時から報道していたのです。・・とんでもないダブルスタンダードの欺瞞行為です。

私はこの一件で、NHKが、「権力の犬」と言う意味の蔑称で『犬HK』と呼ばれている事を知りました。ここのところまた、NHK受信料支払い拒否運動が盛り上がっています。それはそうでしょう。NHKは公正な報道をするどころか、内閣府や経団連べったりの報道をする御用報道機関に成り下がってしまったのですから。。。更に、徴収した受信料で、電力会社や原子力関連会社などの株や社債を買い漁り、財テクに励んでいたのです。これでは原発に関して公正な報道など出来る筈もありません。・・こんな日本放送協会に受信料など払いたくもないでしょう。NHKの良識派が内部からしっかり浄化するか、外圧で大きく変革しない限り、『犬HK』と言う汚名はこれからもどんどん普及し、一般的に使われるようになるでしょう。NHK内部の脱原発派も潰されずに頑張って、是非ともしっかり報道して欲しいものです。そのようなまともな放送姿勢になる事が出来なければ、これからの時代、NHKでもマスコミとしての生き残りは難しいのではないでしょうか。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/11 00:12】 | 原子力 トラックバック(0) |

犬HK
guyver1092
 そういえば、10年くらい前でしょうか、中東あたりで、アメリカとアメリカの犬である日本政府にとって不都合な政変があった時、民放と犬HKとでは、映像の比率に顕著な差があったとの報道があったことを思い出しました。犬HKの報道内容は政府べったりの放送で、一目瞭然だったそうです。
 マスコミの自殺とときどき聞きますが、無くなってほしいですね。

Re:犬HK
雑草Z
>犬HKの報道内容は政府べったりの放送で、一目瞭然だったそうです。

そう言えば、中東情勢の報道は、常にアメリカ寄りの報道ですね。中東に限らず、国際情勢、他国の報道は、アメリカの利益に沿った報道が多いですね。こんな犬HKに受信料など払いたくないですね。

>マスコミの自殺とときどき聞きますが、無くなってほしいですね。

はい、無くなって欲しいのは「偏向放送」でしょうか?「犬HK」でしょうか?・・・両方でしょうね!?


Re:Re:犬HK
guyver1092
 もちろん両方です。
 最近の工夫として、赤旗を取ることにしました。対極の意見も読んで、自分の判断が出来るようにです。

Re:Re:Re:犬HK
雑草Z
 なるほど、赤旗ですか!?・・・当方は殆ど読んでいませんでしたが、最近は、脱原発の集会などで、赤旗を売ったり配ったりしているときがありますね。本を含めて日本共産党の原発関係の出版物は、しっかり隠蔽しないで(隠ぺいの必要がないでしょうが・・)書かれていて、気持ちいいですね。カルト的な内容にならず、かなりまともな内容だと感じています。結構基本的な事から書かれていると感じています。

>対極の意見も読んで、自分の判断が出来るようにです。

この姿勢は見習わなければならないと思いますが、色々な余裕があまりありません。


マスコミと財界の癒着。
でなしNo.146
私は日本のマスコミからの情報より、海外のメディアから情報を仕入れるようになってだいぶ経ちました。

しかし、
>NHKは、国外向けには早くからデモの事を報道していたのです。
ここまで腐っていたとは…

海外向けのNHKのサイトも参考までに今後はチェックしようと思いました。

あくまで、国内の偏向報道の程度を知る指標としての参考ですが。
おそらくその偏向報道の中に、ぼんやりとNHKを操る者(国内世論を操りたい者)の思惑やパワーバランスなどが見えてくると思います。

日本のいわゆる権力層の
・マスコミ(特に真実を報道するプライドがないクズ)
・政治家(官僚)(特に自分達が良ければ、それでOKなクズ)
・財界(特に既得権益を守りたいクズ)

これらの連合(癒着)をひっくり返す、もしくは弱体化させないことには日本の将来は暗いままでしょう。

Re:マスコミと財界の癒着
雑草Z
おそらく、外国のマスコミの多くも、国家や財閥の御用メディアになり下がっているでしょうね。・・・と、言うよりも読売新聞のようにはじめから特定のプロパガンダ目的で設立されたマスコミも多々あるでしょう。特定の政治団体なり宗教団体の広報メディア的なマスコミも沢山存在します。。・・ただ、その場合NHKのように、国民から受信料を徴収する事は許されませんね。
 海外のメディアも、結構偏向しているでしょうが、日本の事件に関しては、日本の大手マスコミよりも、しがらみがない分公正かも知れません。

・マスコミ ・政治家(官僚)・財界
は、利権で繋がっていますが、 選民意識がかなり強いようです。いない方が国民の為なのですが・・。



コメントを閉じる▲
2012-08-05 00:11
 7月下旬からの日本各地での脱原発デモは、いつものような「再稼働反対」コールよりも、原子力規制委員会の人事への抗議が日に日に目立つようになりました。原子力規制委員会人事に人々は怒り、白紙撤回を求めています。
 政府は新たに発足させる原子力規制委員会の人事案を国会に提示しましたが、酷い人事案でした。日本には原子力を推進する機関ばかりあり、規制する機関がなかった事が福島原発の過酷な事故に繋がったと言う反省を踏まえて、原発推進を目指す原子力ムラ勢力から脱却した真の規制機関をつくることが、原子力規制委員会の設置のそもそもの目的だった筈です。それにもかかわらず、全く反省の無い性懲りもない人事案です。従来の原子力安全委員会や原子力安全・保安院と同様、原子力推進者で固めています。5人の候補のうち、少なくとも3人は、原子力ムラの輩です。

バッシングの中心人物、委員長候補の田中俊一氏は、日本における原子力発電研究の拠点であった日本原子力研究所の副理事長まで務め、その後、核燃料サイクルの推進研究をする日本原子力研究開発機構の特別顧問、高度情報科学技術研究機構(旧原子力データーセンター)の会長・顧問を歴任し、2007年から2009年までは原子力委員会委員長代理を務めた人物です。原発推進に一貫して関わっってきた「ミスター原子力ムラ、原子力村の村長」です・
委員候補の更田豊志氏は、現在、独立行政法人日本原子力研究開発機構の副部門長です。同機構は、高速増殖炉もんじゅを設置し使用済み核燃料の再処理を行う原子力事業者です。
また、委員候補の中村佳代子氏は、公益社団法人日本アイソトープ協会のプロジェクトチーム主査であり、同協会は、研究系・医療系の放射性廃棄物の集荷・貯蔵・処理を行っています。
 
「原子力規制委員会」とは名ばかりで、これでは実質「原子力推進委員会」になってしまいます。田中俊一氏と中村・更田氏の3人で各5年・3年・3年の任期です。委員は任期中、破産した場合などを除いて罷免されないなど、委員会は国家行政組織法第三条に基づく高い独立性を付与されているので、それを逆手に取って、3人で規制を骨抜きにして、次々に再稼働しようとするかも知れません。早ければ、8月上旬にもこの5人のメンバーで決定されようとしています。オリンピックなど見ている場合ではありません。

脱原発弁護団全国連絡会は、8月1日、原子力規制委員会委員長及び委員候補3名の人事撤回を求める緊急要請を提出しました。その内容は、3人の委員候補は原子力規制委員会設置法規定に違反し、委員になる資格を欠くと言う内容です。当然でしょう。

「規制委員会」の名なのに、脱原発派が1人も入っていないのも問題です。「規制委員会」にふさわしい脱原発派の方はいくらでもいます。京都大学原子炉研究所関係の方も一人入れるべきではないでしょうか?小出裕章氏、今中哲二氏、小林圭二氏、海老澤徹氏・・。
「原子力規制委員会」は、「原子力検討委員会」ではないのだから、推進派と脱原発派とがバランスよく入っている必要は全くありません。推進派は1人でも入っては駄目でしょう。逆に脱原発派が全員でもいい筈です。
この局面では、事故が起こらない為の規制をする委員会ではなく、大きな問題・・・放射性廃棄物の問題、被曝労働の問題・・・が解決しない限り、原発は決して稼働してはならず、全炉廃炉を大前提で進めるべきです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/05 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

3Sで洗脳と攪乱する陽動作戦??
ST
委員会、再稼働、除染、etcそれと消費税や「ACTA」諸々…
オリンピックや食いつきそうなネタの数々で隠れ蓑にするマスコミ。今や銀メダリストを芸能プロが狙い、目を引く作戦まで
画策する? 「3Sで洗脳と攪乱する陽動作戦」ではないかと…


いまだに何でもありの原子力村
雑草Z
ACTA , 3S って何のことかと検索してみました。一理あるかも知れませんね。
 今回の主題のように、規制委員会に推進者を入れたり、原子力行政は、いまだに掟破りの事ばかりしています。
 3.11以前からこのような無茶苦茶な事をしないと原発は稼働出来ないどころか、立地を決めて作る事も出来なかったのでしょう。とんでもない事です。

法的根拠
guyver1092
 原子力邑内には、確実に法律担当がいますね。まず、原子力村の人間が規制委員に潜りこめるような規則等、法的根拠を整えます。そして、手続き上の瑕疵のない様に準備万端整えれば、裁判にかけられても絶対勝てます。賭けごとの胴元が原子力邑ですからインチキのやりたい放題ですね。
 やはりデモのみでは、足りないのは明白ですね。これだけの人数がこれだけの期間デモをしているのに、政府の対応は、ゼロ回答どころかマイナス回答です。
 法的にギャフンと言わせる選択を日本人が取るかどうかは、最近の知事選挙を見る限り、あまり期待できそうにはありませんが。

Re:法的根拠
雑草Z
>原子力邑内には、確実に法律担当がいますね。まず、原子力村の人間が規制委員に潜りこめるような規則等、法的根拠を整えます。そして、手続き上の瑕疵のない様に準備万端整えれば、裁判にかけられても絶対勝てます。賭けごとの胴元が原子力邑ですからインチキのやりたい放題

なるほど、言われてみればそうでしょうね。経済産業省に限らず、原子力邑の色々な組織に法学部出身者は沢山いる事でしょうね。そのうち何人かは司法試験も通っている事でしょう。
 ただ、今回の人事案は、本文にも書きましたように
原子力規制委員会設置法規定
に違反する事は確かなようです。本文のリンク先をご覧ください。原子力規制委員会設置法第7条7項の規制委員会の委員長及び委員の欠格事由に当てはまるようです。
 だから、今回は、裁判に掛けられた場合、法律上は負ける筈ですが、屁理屈と不合理のごり押しで通そうとするのではないでしょうか?

難しい質問で恐縮ですが、guyver1092さんは、どんな方法が有効かと思われますか? 

Re:Re:法的根拠
guyver1092
 リンク先まで読まずに見当はずれな投稿をし、申し訳ありません。原子力規制委員会設置法を読んでみました。また検索をかけて、いろいろなページも読んでみました。原子力規制委員会設置法、政府策定のガイドライン、法の趣旨、どれを考えても抵触する最低の人事案ですね。
 政府は、政府のガイドラインは電力会社に限定しているから抵触しないとの見解のようですね。私にはさすがに裁判所もこの屁理屈を認めないのではないかと考えます。これを裁判所が認める場合はもう法的な打つ手はないのではないでしょうか。あとは日本が死の灰に埋もれて滅びるか、脱原発の政党が政権を取り脱原発に舵を切るかどちらが先かというところですね。
 対処としては、裁判闘争しか思いつきませんね。あと、この闘争には選んだ事務方の公務員個人も被告に加えるのはどうでしょうか。公務員は法を守った仕事をしなければならないところを、守っていないとの理由でです。組織に守られている公務員ですが、法律違反を行ったと裁判で認められれば、公務員として居座ることは不可能なはずで、一度、このような先例が出来れば、公務員も自分の首をかけてまで原子力邑に忠誠を誓わないと考えます。というか、公務員でなくなったら原子力邑のために働けなくなります。

 法律の考え上の関連ですが、近藤邦明氏のページにもあった福島県二本松のゴルフ場除染仮処分の件で、裁判所がゴルフ場の主張を蹴った件ですがこれも一応の法的根拠があるようです。法律の名称は2011年8月に出た「放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」で、廃棄物の定義から土壌が除かれ、原子力事業者の責務には除染に協力するとなっているそうです。規制委員の人事についてですが、何か別の法律を使って、規制法の条文を骨抜きにするつもりかも知れませんね。
 根本の対処法は、原発反対の政党で財界、高級官僚等の国家の黒子の言いなりにならない政党を政権与党にすることのみでしょうね。


Re:Re:Re:法的根拠
雑草Z
    guyver1092さんの先のコメントは、的外れではないと思います。電源三法に限らず、3.11以前は、法律担当者が存在して、原発立地を麻薬のように原発漬けにして、いざという時は、電力会社ではなく、国が賠償すると言う法律を作って、原発をどんどん建設していったのでしょう。
 そして、3.11以降も原発を再稼働させて、廃止に持ち込まれないように法律を操作しようと来た事でしょう。しかし、流石に3.11の反省の元に設置される原子力規制委員会設置法に、原子力利権に深く関わってきた者、報酬を受けてきた者は、欠格要件になると言う極めて「正論」を覆す事は出来なかったのでしょう。その代わり、その法律の「穴」を見つけて屁理屈の解釈で原子力ムラの住人を押し込もうとしたのでしょう。

>私にはさすがに裁判所もこの屁理屈を認めないのではないかと考えます。

これまで、正論が通じなかった原子力行政ですが、3.11以降、どこまで変わったでしょうか?・・裁判所も世論に敏感ですので、デモなども影響するでしょう。(裁判官にも拠りますが・・)

>この闘争には選んだ事務方の公務員個人も被告に加えるのはどうでしょうか。

これは非常にいいアイディアですね。官僚は自分の名前を出さずに悪行を繰り返して来ました。省庁だけではなく、官僚の個人責任を追及すべきですね。これからの原発訴訟に活用して行きたいものです。

>法律の名称は2011年8月に出た「放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」

後出しじゃんけんですね。酷いものです。後出しジャンケンの卑怯な法律で原発事故の裁判を実施されたらたまりませんね。

>根本の対処法は、原発反対の政党で財界、高級官僚等の国家の黒子の言いなりにならない政党を政権与党にすることのみ

シビアな現実です。その為には世論がどこまで高まるかも鍵ですね。

放射性物質特別措置法
guyver1092
 この法律の採決のページ見つけてあります。次の投票の参考にしてください。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/177/177-0826-v006.htm

Re:放射性物質特別措置法
雑草Z
 この法案に反対したのは共産党だけですね。社民党や他の党の一部の反原発議員も反対しなかったのは意外です。(党議拘束でしょうか?)・・・この法案の表の顔は、「放射性物質に対する迅速な対応」とか何とかでしょうか?。この法案の本質は、東電をはじめとする原子力ムラの保護に思えますが、適用の仕方によって、両刃の剣になるのでしょうか?

 guyver1092 さんはいつも参考になる面白いページを見つけられますね。資料のご紹介、有難う御座います。

Re:Re:放射性物質特別措置法
guyver1092
 これは、赤旗日曜版の実録漫画にあったネタで、赤旗には共産党のみ反対とあったので、裏を取るため検索して見つけた物です。
 漫画の作者は、山本おさむと言う人で、福島の方のようです。

Re:Re:Re:放射性物質特別措置法
雑草Z
なるほど、赤旗も読む価値がありそうですね。少なくとも原発推進のプロパガンダ読売新聞社などよりは、まともな情報が入るでしょうね。日本共産党は、党の性質として反原発・・・と言うよりも、原発に関してまともな知識を持った良識的なスタッフがいるのでしょうね。現在国会議員がいる政党の中では、最も脱原発派でしょうね。・・・この法案の採決は、昨年だったのに、何故社会党は賛成したのでしょうかね?・・・「放射性物質に対する迅速な対応が必要」などと言う言葉に騙されてしまったのでしょうか??

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。