-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-07-29 00:03
昨年は原発事故で、畑を作る気が起きませんでした。特に大根など土の中に食べる部分が埋まっている根菜類は栽培する気になれませんでした。
しかし今年は、ちょっと実験観察も兼ねて意欲的に作物を植えました。殆ど種から蒔いて育てました。放射性セシウムCs 放射性ストロンチウムSr 対策として、それぞれ同族のアルカリ金属のカリウムk、アルカリ土類のカルシウムCa を畑の土に沢山入れました。カリウムkとしては炭を、カルシウムCaとしては、貝殻とチョークの粉を撒きました。共に一昨年の残りを屋内に保存しておいたものです。畑がアルカリ性になって、セシウムやカリウムの吸着が悪くならないように木酢等も土に撒いて酸性になるようにも調整した積りです。
まだ雪の残る3月から、ミニトマトを家の中の南向きの窓で種から育て、5月の連休後に畝や鉢に植えました。その他、トウモロコシの種や昨年買って蒔かなかったつる無しいんげんの種、一昨年食べた西瓜や瓜から採取した種なども植えました。ついでに一昨年余った秋植え大根や蕪、時無し二十日大根などの種も蒔きました。売っている種には、有効期限が記されていますが、種は保存状態が悪くない限り、数年経ても発芽すると考えています。
勿論無農薬有機栽培です。今年は、カリウム、カルシウムに限らず、米糠や油粕等、有機肥料を多めに入れました。畑の土はふかふかです。ミニトマトの栽培に一番力を入れていますが、その事はまたある程度収穫してから後日報告致します。
秋まき大根は春に撒いても大きくなりました。畑の面から、10cm以上上に突き出て来ました。20cmくらい突き出た大根もあります。驚いた事に、一昨年は全然大きくならなかった蕪が直径10cm近くの大きさまでなりました。
そして、植えた記憶は無いのに、赤紫色の大根が、やはり土の面から外に顔を出していました。葉は大根のようです。抜いて見ると、大根と言うよりもサツマイモのような色と形です。一昨年植えた大根は、全て普通の白い色の大根になりました。その残りの種を蒔いた筈です。このサツマイモのような大根の種は蒔いた記憶はありません。蒔いた種で、赤っぽい色になるのは二十日大根だけです。・・・そう言えば、二十日大根の種も結構蒔いたのに、二十日大根は見当たりません。この紫色の大根は、色と形は確かに二十日大根です。(写真では青紫に写っていますが、実物はもっと赤紫色・・・サツマイモの色です。) 今までに3本収穫し、まだ畑にいくつかあります。これが二十日大根だとしたら、非常に巨大です。巨大過ぎます。長さで通常の5~10倍ですから、体積や質量は、通常の百倍以上あると言う事になりましょうか?・・・巨大過ぎます。・・・放射能で大きくなったのでしょうか???まあ、放射能で大きくなったとしても、中に放射性元素を含まなければ被曝はしないでしょうから、自分で食べてみました。切ってみると普通の二十日大根のように普通の白い大根の色です。味は、辛くて、麺つゆをかけて食べたら美味でした。酒のつまみにも良さげです。

大根3種の収穫

↑ 青い箱の大きさは、40cm[横] × 55cm[縦] × 33㎝[深さ]程度
 この中のサツマイモ大根(仮称)は、長さ25cmほど。 
              7月16日日曜日 収穫・撮影

サツマイモ大根1 生えているところ

↑ 別のサツマイモ大根が畑に生えているところ。
  この状態では、ただの赤紫首の大根にしか見えない。
  6月23日土曜日 撮影

サツマイモ大根2 蕪との比較

 ↑ 更にまた別のサツマイモ大根と蕪 添えてある定規は30cm 
                  6月23日土曜日収穫 ・撮影  

サツマイモ大根3

 ↑ 6月23日 土曜日 収穫・撮影 の 上と同じサツマイモ大根
添えてあるのは30cm定規 と 5円玉、10円玉 


サツマイモ大根4 切り口


 ↑ 6月23日 土曜日 収穫した サツマイモ大根 の切り口
                 6月25日月曜日 試食・撮影

 緑色の茎と葉の部分がなければ、見掛けはホント、サツマイモ。

蕪がこれだけ大きく育った事にも驚きですが、このサツマイモ大根が二十日大根だとしたら、大きくなり方は半端ではありません。カリウムは『根肥え』と言いますから、カリウム(木炭や燻炭・)を大量に入れたから、根が肥え過ぎたのでしょうか?
ネットで調べると、今年は放射能の影響の為か茨城県辺りでも巨大野菜が色々発生しているようです。家の庭では、ミニトマトも大きくなってはきましたが、まだ正常な範囲の大きさでしょう。やはり根菜の蕪や二十日大根が大きくなっています。・・蕪は異常なほどの大きさではないでしょう。やはりこの紫のサツマイモ二十日大根が尋常でない感じです。そういう種でしょうか??この根の写真を見て、何かお分かりか情報のある方は、是非お知らせください。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/29 00:03】 | 一寸日常生活 トラックバック(0) |

美味しそうですね
アルテミス^^
写真綺麗撮れてます!美味しそうですね。
葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ^^b

福島県でとれる貝化石がいいですよー。って何回か言っているかもですが…。放射能は結構泥とかに固着するみたいですね。
ですが・・・セシウムは水に溶けやすいのはデータで出ていますので注意が必要ですね。
成長ぶりをみると放射能は一部の土壌微生物を活性化するみたいですね。

仰る通り中に放射性元素を含まなければ被曝はしないでしょうから安全です!福島でも大丈夫な果物野菜お米はありますものね^^。

あ、品種詳しくないのでそちらの情報提供はできません。あしからず・・・。

Re:美味しそうですね
雑草Z
    アルテミス^^さん

>葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ

そんな事まで分かるのですね!?・・流石です!
肥料は、石灰(炭酸カルシウム)以外は有機肥料です。米糠や油粕は、過剰に入れ過ぎたかな・・とも思っていましたが、アルテミスさんのこのコメントを読んで安心いたしました。でも、土はかなりふかふかで、如何にも肥えた感じの土になりました。

>福島県でとれる貝化石がいいですよ

これは、放射能に効くと言う事でしょうか?それとも肥料としていいと言う事でしょうか??
福島県と言っても広いですが、いわきのほうの化石の事でしょうか???…でも何となく、化石を土に撒くのは勿体ないと言うか贅沢な感じが致します。

しかし、この紫色のサツマイモ大根の正体は一体何なのでしょうか??・・サツマイモ大根は辛くて美味いです。

 農業=作物作り の先輩からのコメント有難う御座います。

コメントを閉じる▲
2012-07-23 00:02
今年も、この春から夏にかけて、昨年のように、梅雨や台風によって日本中で豪雨が降りました。被害もあちらこちらで出ています。
3.11以降、雨によって放射能汚染はどのようになるか・・・どの位 除染〔=移染〕されるかと言う事に関心があります。半減期の長い放射性物質は重い元素が多いので、下へ下へと運ばれます。地下に滲みこんで地下を流れたり、川を下流に流れて、大きく移染が起こる筈です。
福島県の中通りを流れて宮城県で太平洋に注ぐ阿武隈川流域の汚染状況は非常に深刻で有名です。放射性物質が支流からどんどん集められて下流に流されています。文部科学省の報告によれば、阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している・・との事です。(単位が解釈しにくいですね。阿武隈川中流域全体で1700億Bqあるという事でしょうか?それとも毎日新たに1700億ベクレルが流入しているという事でしょうか?)
福島県の中では比較的放射能汚染が小さい会津地方でさえ(宮城県や栃木県レベルです。)この春に自治体などが河川敷の放射性物質を測定したら10000Bq/kg を超える場所が出ました。放射性物質が上流から集められて盆地に流されて来たのでしょう。会津地方の川の多くが阿賀野川に注ぎます。阿賀野川は新潟県が河口です。
自然の雨による場合でも、人の手で行う水による除染作業の場合でも、放射性物質は下に下に流されることは同じです。福島県に降った放射性物質は、川の下流の宮城県や新潟県まで達しています。

雨の多い日本は、チェルノブイリなどよりも遥かに速いペースで放射性物質はどんどん川の下流に運ばれ、海に運び込まれています。・・それでも福島第一原発の地下から直接海に流れ出ている放射性物質の量と比べれば、遥かに少ないでしょう。・・

放射性物質の分布は、かなり狭い地域でも一様ではありません。1件の家の敷地内でも場所によって数倍の開きがあります。一般に家の周りでは、雨樋が垂直になって軒下の地面に落ちる場所がごく局所的なホットスポットになります。昨年、何箇所かで実際に確かめました。屋根の面に溜まった放射性物質が雨で流れて線状の雨樋に集まり、更に流れて、地面に垂直に落ちる部分で点状に集まる事になります。屋根に降った放射性物質が、屋根の面積の数百分の一くらいの狭い領域に集められるわけですからホットスポットになるのも当然です。
私の家の回りでも、事故から4カ月ほど経った昨年の7月の段階で、色々な場所で測定してみました。(・・もっと早い梅雨前の時期に線量計を購入して測定すれば、もっと高い値が出た事でしょう。・・)庭の木の周りの草地などでは0.2~0.4μSv/h 程度でしたが、雨樋の下に置いてあるバケツの中は、水を捨てた状態で1μSv/h近くありました。完全に家のホットスポットでした。
その測定時よりも丁度一年経った今年の7月、また測定してみました。昨年から、台風の秋も冬の豪雪も経て、さらにまた梅雨の雨の最中の梅雨の中休みの7月15日です。庭の放射線量は大体どこも0.1~0.3μSv/h程度で、昨年7月よりも減りました。雨樋から水が軒下の地面に落ちるところに置いたバケツの中の放射線量は0.3μSv/h前後でした。他の場所よりは若干放射線量が多かったとも言えますが、顕著な違いではなくなりましいた。つまり、もはやホットスポットでは無くなったようです。対して、その場所から水が流れ落ちていく下水の線量を測定すると0.4μSv/h前後でした。新たなホットスポットなったと言えるのかも知れません。(この側溝は、昨年は測定しなかったので、残念です。)雨樋は水が沢山流れる為に、雨樋から雨水が下に落ちる軒下では、どんどん水で放射性物質が洗われ、軒下から側溝へ流されてしまったのでしょう。勿論、屋根からどんどん放射性物質が供給され続ければ、放射線量も下がらない筈ですから、屋根の放射線も雨や雪でかなり洗い流されてしまったと考えました。・・・確認の為、屋根に上って屋根の上のいくつかの場所の放射線量も測定しましたが、案の定、庭よりも低い測定値・・・雪止めの辺りが若干高く、0.08μSv程度で、その他の平らな部分は0.05μSv/h程度しかありませんでした。雨だけでなく、雪が積って圧雪となり、屋根の上の放射性物質をくっつけて屋根の下に落ちたのではないでしょうか?・・これまた冬の前後で測定しておけば良かったと思います。
屋根の端の雨樋は、ちょっとゴミなどが溜まっていた場所は、0.2μSv/hを越えましたが、何も溜まっていなかった雨樋は、屋根の上よりは心持ち高い感じでしたが、0.1μSv/h以下でした。
つまり、梅雨や台風や冬の雪のような自然の降水で、かなり除染〔=移染〕されたのではないかと考えます。
国やマスコミの報道では、屋根は、強い水流で洗わなければ除染の効果も低い・・・等と言っていましたが、それは同じ時間の放水作業の場合でしょう。除染作業では、一か所に水を当てる時間は、せいぜい長くてもほんの数分程度でしょうから、幾ら消防車のような強い水流で屋根に当てても一年間の雨と雪の除染効果には敵わないのではないでしょうか??・・この辺りは当方の今回の測定だけでははっきり言えませんが・・・
無謀な除染】にも書いたように、人の住んでいない避難区域の家の周りだけ除染〔=移染〕して、住民を戻らせるのは無謀な事と考えます。1件当たり数百万円を投入して、ゼネコンや東電の関連会社に除染〔=移染〕作業をさせるのは止めるべきでしょう。少なくとも、梅雨や台風などの豪雨や雪による除染効果もしっかり測定して、人為的な放水等による除染作業〔=移染作業〕が、それよりも効果的であるかどうか検討してから考えるべきです。そうやって費用対効果をはっきりさせれば、瓦礫の広域処理よりも桁違いに費用のかかると試算されている人為的除染作業〔=移染作業〕は、復興財源の無駄遣いである部分がかなり明るみに見えてくるでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/23 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |

移染にかかる費用
guyver1092
 移染にかかる費用は単純に一件いくらではなく、最近はやりの目標達の程度により支払われるという制度にすべきですね。達成程度により支払われるということは雨等の働きにより、汚染物質の移動も考慮に入れて行わなければ掛った費用が貰えないということです。このような制度にしない限り、原子力村の丸儲けにしかならない制度でしょう。
 除染コストの一部を国が負担すると言い出しているようですが、このようなことを許してはいけません。そして除染に掛った費用は原発のコストに組み入れます。この期に及んでもまだ原発のコストが安くなるような詐欺を許していては、日本は将来の何時かに、確実に死の灰に埋もれて滅びるでしょう。

Re:移染にかかる費用
雑草Z
    guyver1092さん

 原発事故のあった福島県の浜通りは、私の住んでいる会津地方と違って雪はあまり降りませんが、それでも雨による移染効果は大きいでしょう。今回の測定で、屋根はかなり雨で洗い流される事が分かりました。雨樋やその下の局所的ホットスポットも消滅したのは意外でした。さて、

>除染コストの一部を国が負担すると言い出しているようですが、このようなことを許してはいけません。

除染を田畑や山林も含めてやることは不可能ですし、新たな環境汚染を引き起こすでしょうが、その実行をするとなったら、そのコストはいま東電が行おうとしている賠償額の10倍のオーダーになるでしょうね。東電にやるだけやらして東電を潰すのも一策ですが、そんな費用があるのなら、もっと他に使うべきですね。

>そして除染に掛った費用は原発のコストに組み入れます。

これを行ったら原発の発電単価はかなり高くなりますね。・・・それが本来の原発のコストでしょうね。

>この期に及んでもまだ原発のコストが安くなるような詐欺を許していては、日本は将来の何時かに、確実に死の灰に埋もれて滅びるでしょう。

仰る通りです。・・既に手遅れかも知れません。でも、ベストを尽くして原発を廃炉に持ち込むべきですね。


  ××××    ××××    ××××    ××××

ところで、本文中に書いた

>阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している

解釈をどう捉えますか?

文字通りなら、川の断面を1日に通過する放射性物質の量が
1700億Bq/日 と言う意味でしょうか?

ついでですが、3.11の事故以前に日本の原子力推進派が、
原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ・・・などと言ってましたが、非常に不完全な表現ですね。意味不明です。何通りでも解釈可能です。
全機1年当たりか?1機1日あたりか、1機全稼働期間中か、一基ライフサイクルあたりか・・・非常に曖昧な、いい加減な表現ですし、どの場合でも計算は出来ないでしょうね。・・・若しくは、実際の事故を受けての統計データならば、世界の原発は450機ほどで、そのうち既に5機の原発でメルトダウンが起こっているのですから、随分高い確率になる筈ですし、それだけでも全く割に合わない代物である事が分かるでしょうね。





Re:Re:移染にかかる費用
guyver1092
>阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している

 この解釈ですが、私の頭に浮かんだのは、阿武隈川中流域の水に溶けているセシウムが1700億Bq含まれていて、常に上流から流入、下流から流出していると感じました。
 ちなみに検索してみましたが、具体的にどうと書かれたページは見つけられませんでした。
 具体的な意味はいまいち不明ですが、これほどの量が移動するということは、放射線管理区域も半年ごとに見直すべきなのかもしれませんね。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

 私も記憶にあります。確か、○○が起こる確率が何分の一、××が起こる確率が何分の一、と、どんどん掛けて行ってありえないほどの小さな確率を作り出したのでしたね。事実は、日本の原子炉過酷事故は500炉年に1回ではるかに高いものでした。

単位
雑草Z
    guyver1092さん

 私の疑問に関する素早いお答え有難う御座います。
原子力邑の方々の述べる事は無責任でまともな検証もない事ばかりですが、今回話題にした事は、議論以前に、単位としても意味不明なものばかりです。

>阿武隈川中流域の水に溶けているセシウムが1700億Bq含まれていて、常に上流から流入、下流から流出していると感じました。

これは、私が本文のはじめに書いた解釈
>阿武隈川中流域全体で1700億Bqあるという事
と同じ解釈ですが、この場合  Bq/日 という単位は意味を為しませんね。
 Bq/h でも、Bq/年 でも同じくなってしまうと思いませんか・・?
・・・と言うよりも、ただ、Bq だけでいいですよね??

Bq/日 と言う単位を使うのなら、私が前のコメントに述べたように
>川の断面を1日に通過する放射性物質の量
などと解釈しなければ単位としておかしいですよね?

逆に、

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

こそ、 /機・ライフサイクル  とか、 /53機・稼働年 とか、原発の数とか稼働年とかあたりで考えなければ意味を為さないと思われませんか?
例えば、「さいころを投げて、1の目の出る確率は6分の1だ」と言う場合も厳密性は欠きますが、「さいころを1回投げたあたり」と言う事は自明ですから省略しても意味は通じます。しかし、

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

は、何あたりなのかさっぱりわかりません。第一そんな計算は机上のお遊びで、根拠も薄過ぎます。こんな事を言ってる連中はアホかと思いました。

さらに、

>○○が起こる確率が何分の一、××が起こる確率が何分の一、と、どんどん掛けて行ってありえないほどの小さな確率を作り出した

この計算に関して、
○○が起こる事象も、××が起こる事象も・・・どの事象もお互いに独立で且つ、全てが一度に起こらなければ事故に至らないと言う前提条件がなければ、どんどん掛けていく意味はありませんね。
 しかし、今回の事故でも明らかなように、○○が起こる事象も、××が起こる事象も決して独立の筈はなく、一緒に起こる確率が高いのは明白です。だからこそ「5重の防護壁」とやらも一挙に破られたわけです。・・あれで”5重の防護壁”なんて言ってる時点で、詐欺的行為です。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

と言う表現を使っていた輩達は意味が分かって使っていたのでしょうか? 是非とも説明して欲しいものです。この事に関して誰も突っ込みを入れないのもおかしな事です。
つい最近ラジオで、「3.11以前は原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だと言われていた」と『専門家』が言っていた事に、非常に欺瞞を感じ、違和感があったのでかかせて頂きました。


Re:単位
guyver1092
>阿武隈川中流域で1700億Bq/日

 これについて再度検索をかけ、元ネタを書き込んであるページを見つけました。

http://topsy.com/www.twitlonger.com%2Fshow%2Fhpla75

 ETV 特集で河口から66kmで1日1700億Bq/kgと放送したようですね。雑草Zさんのおっしゃるように、川の断面を1日に通過する放射性物質の量なのでしょう。/kgはおそらく誤りで入れてしまったのではないでしょうか。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

 これについては、ラスムッセン報告と言う報告が元のようですね。

http://blog.goo.ne.jp/chuchukun/e/6e410a460319df5e2267c9987af50c70

 一炉あたり何年に一回と言う単位ですね。このページにもあるように、当初から疑問を持たれていたのを強引に進めて、アメリカはひどい目にあったのですね。
 

Re:Re:単位
雑草Z
    guyver1092 さん

 わざわざお調べいただきありがとうございます。

>阿武隈川中流域で1700億Bq/日

ご紹介のページ見せていただきましたが、ETV 特集の担当者が、意味がわからなくて、
>河口から66kmで1日1700億Bq/kg
と、しょうもない事を放送したのでしょうね。 
1700億Bq/kg
だったらもう、その周辺は終わってますね(笑)

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

ラスムッセン報告によれば、原発で重大事故が起こるのは、一炉あたり100万年に一回以下と言う事ですか。(アメリカでは、50億年に1回ですか)・・・こんなこといえる筈ないですね。やはり、ラスムッセンは
○○が起こる事象も、××が起こる事象も・・・どの事象もお互いに独立で且つ、全てが一度に起こらなければ事故に至らないと言う前提条件
でしょうね。簡単な確率論も知らないようです。この人だけでなく、こんなことを通すアメリカ政府も、馬鹿というか、詐欺師というか・・・。このように明らかに数学的に間違っていることを平気で通す事が許されるアメリカ政府も日本政府の中では、似非科学に対しても「科学的」という言葉が平気で使われていますね。

そして、これを引用するに当たっても
>一炉あたり何年に一回
と言及しないで、意味を成さない
>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ
という言葉を平気で使っている学者もおかしいと思います。

3歩譲って「1炉あたり」が自明だとしても「1年当たり」が自明だとは思われません。「ライフサイクルあたり」と考えるのがまだ普通かと思います。

コメントを閉じる▲
2012-07-17 00:01
この頃よく見ている掲示板の一つのスレッドで、非常に興味深く面白い書き込みを見つけました。
阿修羅♪掲示板 のスレッド<雨を衝いて・・・> の整理番号40. 2012年7月07日 20:45:38 の書き込みです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いまや江戸の観光名所は官邸前となった。しかも参加型の観光地であり、日本人の矜持を表現できる場所となった。韓国の日本大使館前の慰安婦像のように、政府建物は屈辱の場所である。抗議すらできないぼんくら阿呆鳥。この場所が名所になるとはゆめゆめ思わなんだ。有名人とも会えて、友達になれる場所。そして連帯できる場所。本当にこの官邸前の名所は、すばらしい所だ。さぁ、来週も頑張るぞ!!!原発が止まる日まで・・耳をふさぐ野田は、もはや抜けるに抜けられぬ蟻地獄、底なし沼に浸かっている。埋もれて、喰われて死ぬがいい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この書き込みの前半は、なるほど言い得て妙です。後半の野田政権批判も辛辣でいいです。
3.11以降、当方も、東京へ行く機会がぐっと増えましたが、一般的な名所見学などは端からする気になれません。・・対して官邸前の抗議デモなら遠くから時間と交通費をかけても行く価値が十分にあります。
新宿も、六本木も、渋谷も、品川も、敢えて行く気になれません。・・しかし、新橋や銀座、霞が関などは、東電などの電力会社や経産省などがあるので、行く気になれます。そこは、3.11以降、悪名高い旬な場所になりました。・・スポーツ観戦も、映画鑑賞や観劇も、音楽コンサートも、・・昔からファンであった一部のバンドのコンサートは、ついでに観に行ってもいいですが・・・3.11以降は敢えて行く気は致しません。官邸前抗議デモよりも参加する意義のあるエンターテインメントなど思いつきません。金曜日に首都圏に行ったなら、夜は迷わず官邸前でしょう。行くべきだという義務意識も働かないわけではないでしょうが、殆どの人は、行きたくて行っているのでしょう。官邸前の同じ空間を同じ思いの様々な人々と共有する、歴史の瞬間に立ち会うという事は、大きな意義がありましょう。その辺に転がっている商業ベースの虚構の「参加型」イベントではなく、本当の意味での「参加型」の体験が出来ます。原発に反対する人は、今年中に一度は参加したほうがよいでしょう。多くの人がリピーターになっているようです。・・東京の官邸前ばかりではなく、各地方でも次々に、新たな週末抗議行動が始まっています。・・新たな観光名所が生まれているとも言えましょうか??
昨今マスコミなどで騒がれているスカイツリーなどとは比べ物になりません。子供ならいざ知らず、大の大人がマスコミに踊らされて、、この時期にスカイツリー見学に行くなんて、恥ずかしい限りです。親も子をスカイツリー見学に連れて行くよりも、官邸前に連れて行ったほうが、子供達の正義感を育むでしょうし、いい社会勉強にもなるでしょう。後々感慨深いものがあるでしょう。・・・当方も会津鉄道~東武線で首都圏に行く時は、電車の中からスカイツリーが見えますが、周辺からホームレスの人々などを追い払って作ったスカイツリーにはネガティヴな印象のほうが強く沸いて来ます。こんな酷い代物をわざわざ見に行くほど暇でもありません。そう言えば、昨年から今年にかけて、マスコミは、スカイツリーのニュースを優先して、脱原発デモなどを無視したり、ほんの小さくしか報道しない状況が続きました。本当に現在のマスコミの多くは原子力村に取り込まれています。・・そんなこんなで、スカイツリーは原発推進の象徴にさえ見えてしまいます。
 ~スカイツリー 見学に行くほどの 馬鹿でなし~
・・デモはどれほど効果があるのか疑問の余地が残りますが、スカイツリー見学やプロ野球観戦よりは遥かに効果があるに違いありません。今年これからロンドンオリンピックがある事なども、どうでもいいと言うか、そんな場合じゃないだろう…って感じです。

 敢えて官邸前行動に参加する事を目的にして東京に行ってもいいし、週末に首都圏に用があったついでに、足を運んでもいいですし、兎も角、大多数見知らぬ人々同士で一緒になって再稼働に反対し、一点、脱原発で空間と時間を共有する事は、大きな意義がある事でしょう。
脱原発を支持する人々の、新参加型観光地巡りとして、官邸前に加えて、東電前や関電前など電力会社の東京支店、経済産業省前とそこにあるOccupyテント・・・などいかがでしょうか?・・・どれも互いに近くにあり、歩いて回ることもさほど大変ではありません。便利なロケーションです。(・・元々東電などの電力会社は、経済産業省などと、密に連絡をとり、色々便宜を図って貰う為に、経済産業省などの近くに建てた・・と言う話です。・・)・・『原子力村街』とでも言えましょうか?(「村」と「街」の逆の意味が融合していい味を出しています(笑)
社会人は勿論、学生も暇つぶしに繁華街に遊びに行くよりも、原子力邑街に出向いて、責任を追及し、再稼動反対、脱原発を叫んだほうが、社会に対する自己主張が出来、社会参加する(国政を考える)事にもなるでしょう。勿論、ストレス発散にもなるでしょう。

官邸前抗議デモの複数の主催者達も、多くの参加者達も、原発撤廃が正式に決まるまで毎週続ける決意のようです。早くとも、野田政権が倒れるまでは、終わる事はないでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

原発廃止の方向
上々
原発反対のデモも10万人に参加者が達したようです。
以前から、数十万人規模のデモが連日続くようなら影響力も出るだろうと予想していたので、その点では第一歩が始まったかと思います。

しかし、その参加者は原発が危険でありこの島の住人にとって致命傷になる可能性があるという点でのみ一致して集合しているようで、だからこそこれだけの人数にもなるのでしょうが、その先への展望を見ることはできません。

この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

集まった十万人の中で、今後の発電をどのようにするか他人事でなく自分たちのこととして考えた人間が何人いるでしょうか。
考えたところでせいぜい火力発電所増強というのが大半、自然エネルギーなんていうおとぎ話を信じているおめでたいのが数割でしょう。

本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換こそが国家百年とまでは言わずとも10年先を見越した政策であるということが理解できる人は少しでも居るのでしょうか。

デモは示威行動ではあっても実の伴う社会運動としては弱いものです。やはり明確な社会像を示しそこにたどり着くための道筋を提示できるような政治運動化が必要です。

国会の場で国会議員の立場で疑問を晴らしていき、不正があれば暴いていく、そのためには十分な審議時間を与えられるほどの議員を抱えた政党として政治活動化していくことが必要です。

今の状態で衆議院解散となっても民主・自公・その他乱立保守系など、どれをとっても原発推進です。
時間はあまり残されていないように思います。

野田首相
guyver1092
 野田首相は、官邸前デモのシュプレヒルコールを聞いて「大きな音だね」言い、後で批判され「多くの声をしっかりと受け止めていきます」と言いなおしたようです。
 しかし、野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。理由は原発再稼働に責任をもつと言い切りましたがこの「責任の範囲と内容」について、福島みずほ参議院議員が質問にたいして「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」としか回答していないそうです。つまり「何の責任も取りません」と国会で回答しているのです。たぶん受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。

 日本は間接民主主義の国で、本来、国民の声をくみ取った政党が公約にし、それを受けて得票し政権をとればその主張が国の政策になるはずですが、公約をほごにされ、公約にないことを強行されれば、国民の側としてはデモをするしか方法がないと雑誌にのつていましたが、現在まさしくその状況ですね。
 話は関係していつつ少しずれますが、ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。ツイッタ―等でも言われているようですが、私は今日まで知りませんでした。野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。
http://ameblo.jp/egoemo/entry-11160296349.html

Re:原発廃止の方向
雑草Z
    上々さん

 今年野田愚首相が再稼働を容認してから、10万人を超すデモが行われるようになりましたね。デモが行われる場所も増えてきて、毎週同時多発的に行われています。

参加者の様子からすれば、日本中全ての原発を止めて廃炉にする事を希望する人が圧倒的に多いように感じます。

>この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

と言う事はそれほどないかと思います。完全なる脱原発を目標にしているデモ参加者が多いと感じます。・・ただ、それは私の顔見知りの人達だけの事かも知れません。

>本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換

仰るようにこれが何よりも大切ですね。やはり脱成長の理をしっかり理解してもらわなければなりませんね。

>時間はあまり残されていないように思います。

それは本当に深刻な問題です。今直ぐに全原発の廃炉を決めてそれに向かって動き出しても、かなり深刻な現実が待っていると考えています。人類の歴史上最悪の愚行をしてしまったと思っています。人類史上最大の危機でしょう。


  + ++  +++    ++++   +++  

 改めまして、上々さん、お久し振りのコメント有難う御座います。1年振り位ですね。ずっとレギュラー的に、非常に参考になるコメントを戴いておりました上々さんからのコメントが途絶えて非常に残念に思っておりました。また色々コメント頂ければ嬉しく思います。




 

Re:野田首相
雑草Z
    guyver1092さん

野田首相の演説などは胸糞悪くて聴くに堪えません。彼ほど、嫌悪を感じる総理はいなかったように思います。

>野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。
>受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。
>公約をほごにされ、公約にないことを強行

本当にここまで品位の無い下衆な総理大臣は日本の恥ですね。

>ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。

これは私も初耳です。非常に由々しき事ですね。それならなおの事、日本がTPPに参加したら、絶体絶命ですね。

>野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。

あの財界の操り人形の愚首相だったらやりそうです。
日本にとどめを刺す総理大臣になりそうです。早く降ろすべきですね。





ISD条項
guyver1092
 TPPにはISD条項と言う条項があり、ひらたくいうと、「自由貿易協定を結んだから、あたしたち外国企業だけいじめないでね!いじめたら賠償請求しちゃうから!!」ということらしいです。

http://dic.nicovideo.jp/a/isd%E6%9D%A1%E9%A0%85

 検索語「tpp isd条項 脱原発」で検索をかけると次のような結果になります。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&gs_nf=1&gs_is=1&pq=tpp%20isd%E6%9D%A1%E9%A0%85&cp=10&gs_id=w1&xhr=t&q=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&pf=p&sclient=psy-ab&oq=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&fp=eb207382119eaa0d&biw=1280&bih=689&bs=1

 いろいろ読んでみたところ、外国企業が訴えない限りは、国内法は有効ですが、訴えられたらほとんど外国企業が勝っているようで、訴えられた国の国内法は無効になり、外国企業に巨額の損害賠償を支払わなければならないようです。
 TPPと脱原発は両立しません。効果は分かりませんが、やらないよりはやるほうがはるかにましで、デモで積極的に訴えていくべきでしょうね。

Re:ISD条項
雑草Z
    guyver1092さん

ISD条項に関する色々な情報有難う御座います。
昨年、TPPに関して騒がれていた頃色々読んだときは、
遺伝子組み換え作物や農薬漬け作物の輸入規制が困難になる事、健康保険制度と年金制度の廃止の強要をされる事などっを情報として得ていましたが、アメリカでも処分に困っているプルトニウムなどの日本での廃棄までは言及されていませんでした。言われてみれば、十分にあり得る事ですね。

日本政府がモンゴルなどに核廃棄物を押し付ける・・などととんでもない策を練ってたら、自国にプルトニウムを押し付けられる・・・と言う因果応報の事をされそうなわけですね。ゴミを他国に押し付ける、以前よりいわゆる先進国のやり方は酷いと思っていましたが、放射性廃棄物の押し付け合いにまでなってしまいました。・・正に世も末ですね。
ISD条項とは、Investor State Dispute Settlement(投資家対国家間の紛争解決条項)の略語であることも、ご紹介のサイトで知りましたが、最も資本家を優遇する資本主義国家、アメリカならではのとんでもない「資本家」の権利ですね。国家を資本家が占領すると言う構造の典型例ですね。考えてみれば、アメリカと言う国は既に資本家が国家を操っています。資本主義自体、英語は、capitalist society 「資本家の国家」とも解釈出来ますからね。世界中資本家が支配する体制を整えようと企てていますね。とんでもない事です。

コメントを閉じる▲
2012-07-11 00:01
「原発は、差別構造の上に成り立っている」とか「原発は差別で動く」などと言う表現を、3.11以降目にしたり耳にしたりする機会も増えて来ました。原発に内在する差別構造に関して、はっきり記事にした事が無かったので改めて書かせて頂きます。
原発は、立地場所、被曝労働、放射性廃棄物の処理、すべてに差別構造が内在すると言われています。「差別」と言う表現は、若干ニュアンス的に違うと感じる場合もありますが、大筋でその通りだと思います。
その最たるものが被曝労働の問題でしょう。
基本的に原子炉内での作業を、電力会社の正社員は一切していません。彼等はあくまでも「管理員」と言う立場で、作業内容をチェックしているだけです。実際に原子炉内で働くのは下請け労働者達です。それも1次下請けよりも、2次、3次、4次・・・の下請けが中心です。最高で8次下請けまであったという話を読んだ事があります。彼らがどうやって集められて、どう言う素姓の人々であるかを電力会社では敢えて意図的に関知せず、名前のリストだけで作業させているという話も暴露されています。つまり、仕事の内容はチェックするが(これもかなりいい加減のようです。)労働者の被曝管理等は敢えてルーズにしています。・・・これだけでも十分に差別に値する行為でしょう。
アメリカでは先住民(NA・・インディアン)や黒人、貧困層などを中心に被曝労働に従事させられてきました。・・他の国でも仕事があまりない貧しい弱者や経済的にわけありの人々が原子炉内での被曝労働に従事させられてきました。日本でも、産業があまりない僻地に原発を作って、地元民は出稼ぎに行く代わりに被曝労働に従事させられてきました。よその地域の他に職の無い人々や家の無い野宿者などに手配師が「清掃の仕事をしないか」等と声を掛けて、騙すように原発まで連れて行って被曝労働に従事させて来ました。3.11で職を失った人々の多くも家族を養うために福島第一原発の事故処理の作業員になっています。それでも足りずに外国人労働者もどんどん原発に連れて行かれています。
騙すように連れて来られた労働者達は、先ず1日2日、研修と称して作業内容と共に「作業は安全だし、休憩や休日も多く、労働時間も少ない。反対運動している人達に騙されるな」等と「洗脳」教育されて原子炉内の労働に従事させられます。放射線管理手帳は作っても、無くすから等という理由で渡されず、その後発症してもなかなか裁判にも持ち込めない状況です。・・・これだけでも十分に差別です。電力会社の正社員達が、自分の家族にも同じような研修をさせて、安全だと信じさせて原子炉内の作業に従事させるでしょうか??
電力会社社員も、経産省の役人も、原発推進派の人々は、自分自身は被曝労働に従事する積りはないであろうし、自分の家族も決して被曝労働させたくはないでしょう。つまり、被曝労働に従事させる他人がいてこその原発稼働であって、原発推進派は、被曝労働従事者達に表面的には「感謝」しても、その実、被曝労働者は捨て駒と見ているのではないでしょうか?・・自分達が被曝労働をする覚悟がない人々が、原発を推進していい道理はないでしょう。
原発推進派の人々が、自分達は決してやりたくない被曝労働を、他の社会的弱者に押し付けて、その人達の大きな犠牲の上に成り立っているのが原発の実体です。
被曝に従事する労働者には、十分な収入を保証している・・・などと考えている電力会社の正社員の考え方そのものが、差別意識の現れでしょう。電力会社の正社員になった自分達は選民だとでも考えているのでしょうか?・・・確実に歴代の東電役員達には選民思想があるように見えます。・・被曝労働の現実には目を逸らして原発を稼働している電力会社の社員達も、みんな被曝労働の加害者と言えましょう。

歴史的に搾取階級が労働者階級を劣悪な環境で働かせてきた過去は沢山ありました。現代でも世界にはそんな現場は色々あります。しかし、日本やアメリカや西欧諸国のような、自ら「先進国」と名乗る、建前上は、労働条件等労働者の権利がしっかり認められた国で、被曝労働が存在する事自体、矛盾に満ちた事です。憲法、法律違反でしょう。白血病などで死んでも因果関係を認めず、労災を認定しないような事が日常的に行われて来たのが原発の現状です。

現実問題として、福島原発事故をしっかり収束させる為には、これからも沢山の被曝労働が必要でしょう。それでなくとも被曝労働者は不足しているのに、停止中の原発の再稼働をすれば、更なる被曝作業労働者を集めなければなりません。そんな再稼働を目論む電力会社や政府、財界・・原発推進派は、非常に自己本位の身勝手な人々と言えましょう。被曝労働のような非人道的な労働を他人に押し付け、自分は安全な高台から再稼働を主張するという差別主義者達とも言えましょう。

 自分のやりたくない事を他人に押し付ける・・・と言う事は、程度の差こそあれ人間社会には普通によくある事ですが、止めれば犠牲を最小限に抑えられる原発を、利便性(・・と言う名の利権)の為に、命に関るほどの被曝を他人に押し付けてまでやろうとする事は、許されざる事です。差別的に他の沢山の人々に被曝させて殺してまで、利権を得たい一部の冷徹な選民思想を持っているとしか考えられない人間達が原発を動かしているという事をみんなしっかり認識すべきです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

核廃棄物
地下水
 古くなった燃料棒の核廃棄物を固めた、キャニスターから1メートルの距離に居ると、20秒で死亡する放射線を受けると言うのを聞いて、驚きました。
 そして、恐ろしい空想が浮かびました。ひょっとして、誰かが街中の地面に、このキャニスターを一つ埋めたら、その道を通る度に皆が被曝し、癌の多い街になってしまいます。
 しかし、核廃棄物の貯蔵の労働に当たって居る人は、この様な状況に実際おかれて居るのではないか、と思いました。



アルテミス^^
こんばんは
この記事は、まさにこの言葉一点に込められている
ような気がしました↓

<原発推進派は、被曝労働従事者達に表面的には「感謝」しても、その実、被曝労働者は捨て駒と見ているのではないでしょうか?・・自分達が被曝労働をする覚悟がない人々が、原発を推進


東電は金払いがとても良いので、どの企業からみても大得意様です。しかも送電線も沢山抱えているので自然と山林の管理も行います。実は巷で言う大手、マスコミ、三菱、日立、東芝だけではないのですよね。山の保全をする方々にも1次請負企業にはかなりの日当を払っています。1次受けで日当8〜10万 2次〜3次で4。5〜6万といった所でしょうか。これらの数字はまたぎきなので正確性には欠けていますが当たらずとも遠からずだと感じています。(まぁスーパーバイザーとかになればどの企業でも日当12万位は払っているでしょうけれど)

それと、東電くらいの企業ですと、かなり厳しい管理体制をしいています。それに則って業務を遂行しているので(事故以前は)例えば2次3次下請けそれ以下の下請けで事故や怪我などがあると即出入り禁止となります。しかもエリアが関東全域とか直接事故と関係の無いエリアまで仕事がなくなるので、これを恐れる事業主が隠蔽をすることは、充分すぎるくらいに考えられます。

当の東電は多分末端までは、なんにも知らないでしょう。自分たちが発注した業者(1次請け)に全て任せていますから。このカラクリが諸悪の根源かもしれませんね。

東電は危険手当も含めた日当をしっかり払っていますから。罪悪感は起きていないと感じます。

これは東電を擁護するために書いているのではないので悪しからず。あまりにも知らない人々が損をする構造になっているのが問題です。例えば、文科省が被爆作業従事者の年間被爆限度量、3ヶ月ごとの被爆限度量を定めていますが、これに並行して最低支払い賃金を決めてしまえば、このような悲劇はなくなると思うのです。

例えば東電が従事者は日当最低3万以上とか決めれば必然と
3次請けくらいまでしか残れなくなりますよね。これくらいなら株主提訴でかちとれる案件だと思うのです。

まぁ事故後も事故以前と同じような管理を行なっていたらとてもじゃないけれど仕事にならないとは思いますが。

放射能の管理も建物から出さないようにかなり厳重にされていましたからね。これも聞いた話です

差別する者は搾取する者
guyver1092
 立場の弱い者に被爆労働を押しつけないことには維持できない原子力発電は、日本人という遺伝子集団に対する傷害行為であるとともに、国家としての日本の緩慢な自殺行為でしょう。
 原子力発電を推進する者は、事実としては日本にとっての癌細胞ですね。(ひょっとしたら本人たちは、素晴らしい未来に日本を導いているつもりかもしれませんが)
 過去の滅びた文明の搾取する者たちは、あらゆる環境を自分たちの富に変換して破壊しつくし、文明の辛口ワインを作りましたが、現代の原子力邑と言う搾取者は、毒素を出して文明の甘口ワインを作ろうとしていますね。

Re:核廃棄物
雑草Z
    地下水さん

 原発は、事故が起こらなくても、放射性廃棄物の問題だけで、絶対にやってはいけない発電方式ですね。放射性廃棄物の処理は人間には手に負えません。
特に高レベル放射性廃棄物なんて、お手上げです。

>核廃棄物の貯蔵の労働に当たって居る人は、この様な状況に実際おかれて居るのではないか、と思いました。

実際にキャニスターのすぐそばまで行くことは無いとしても、かなりの被曝労働をさせられているでしょうね。本文にも書いた通り、自ら被曝労働をする覚悟のない方が原発を推進することは、許されざる事で、ダブルスタンダードだと思います。

Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

東電が業者に金払いがいいのは、地域の独占企業で、自由競争をやっていないことから、相当あぶく銭を手に入れているからでしょう。気前がよいわけでもなんでもなくて、「総括原価方式」によって、かかった費用の何割り増しで電気料金を設定できるから、必要経費が多ければ多いほど、電力会社も儲かる仕組みになっているだけです。とんでもないシステムです。
 その一方、原発事故の被災者には全く金払いがよくありません。

>当の東電は多分末端までは、なんにも知らないでしょう。自分たちが発注した業者(1次請け)に全て任せていますから。このカラクリが諸悪の根源かもしれませんね。

本文にも書きましたが、東電は意図的に子会社、孫会社・・・の事を知ろうとしないのでしょうね。事故などで賠償問題になるのが嫌なのでしょう。

3.11以降の東電の対応などを見ていると、想定以上に酷い会社であることが露呈されましたね。つくづく悪徳会社であると痛感いたしました。同情の余地はありません。

Re:差別する者は搾取する者
雑草Z
guyver1092さん

 搾取する為に差別するって、最低ですね。大事故を起こしても責任も取らないし、原子力村の人々は最悪ですね。

>原子力発電を推進する者は、事実としては日本にとっての癌細胞ですね。

全く以てその通りです。脱原発に議論の余地はなく、必要だと言っている彼らの理屈は、先日の野田首相の再稼働推進の演説のように論外の破綻した論理です。

>(ひょっとしたら本人たちは、素晴らしい未来に日本を導いているつもりかもしれませんが)

あり得ますね。放射能量産装置を稼働するなんてまともな神経では出来ません。狂気の沙汰です。

震撼するのは私だけ?
さまよい人
原発事故後に南相馬市から南会津町に避難し、避難者の会(会津小高会)を結成して活動されている方にお話を伺う機会がありました。避難者の方々が、まだ仕事もなく、経済的にも精神的にも苦しい状況に置かれたままの人が多いことに心が痛むとともに、4号機の危険についてあまり報道されていないことに強い不安を感じているという言葉に、自分でもネットで検索してみました。4号機についてユーチューブに、「4号機燃料プールの危険性について」http://matome.naver.jp/odai/2133119197724536301/2134158753281530503
という動画があり、小出さんも出演しておられますが、もしご覧になったことがありましたら、このことをどう考えたらいいのかお教えいただければ大変ありがたいです。いつも質問で申し訳ありません。


NHK討論から
みしぇぽん
話題が少しそれますが。
昨日14日夜のNHK「緊急生討論 どうする日本のエネルギー」で、金子勝のインチキぶりにあきれました。
グリーンイノベーションという切り口が金子の経済策なのですが、それは資源の有効な利用どころか、放埓で無駄な使用を前提としています。
金子はいつもそうですが、昨日も原発ゼロを言うことをためらいました。彼は3.11前は原発はクリーンエネルギーと称して消極的に容認していました。3.11後も変わっていませんでしたね。討論で容認派から「なんで金子さんはゼロではないのか」と言われてましたね(笑い)
スマートやグリーンで世論をミスリードしようなんて首をかしげます。

Re:震撼するのは私だけ?
雑草Z
さまよい人さん

 4号機の危険については、ここによく書き込みを下さるpowerさんに、昨年5月にコメントで知らせて頂きました。【原発推進の詐欺的構造】2011-05-23  コメント欄
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-572.html#comment4661

 それ以来、福島第一原発事故で一番危険なのは4号機だと認識しております。その後、ネットでも話題になっています。小出裕章さんをはじめ、多くの方が最悪の事態にまで発展する可能性を危惧しています。決してさまよい人さんだけが震撼してわけではありません。

 東電は、「解析評価で、東日本大震災と同じ規模の地震が来ても崩壊しない」・・・と言っています。そして、さらに余裕度向上の補強工事を行い、昨年完了したと発表しています。その工事の内容は、プールを支えている床の柱の無いところに新たに32本の柱を建て、400㎥のコンクリートを流したとの事です。

その工事内容は本当だとしても、嘘つきで無能な東電の言う事を、今さらどこまで信頼出来ましょうか?
4号建屋上部の使用済み核燃料の過熱・崩壊は、震災直前の工事の不手際と意図しない仕切り壁のズレという、二つの偶然によって救われたことがわかりました。
4号機の使用済み燃料プールに存在する使用済み核燃料集合体の数の発表も次々に変更され疑惑だらけです。事故直後の3月16日には783本。4月12日に1331本に変更。5月10日に1535本に変更です。

 現在、どの位切迫した危機的状況かは、東電が隠蔽せずに本当の状況を発表しない事にはなかなか把握出来ないでしょう。そして、東電自身もどこまで実態を把握しているかも疑問です。あくまで推測の域を出ないでしょうが、この状況の元での判断では、4号機が倒壊して、これまで以上の大惨事・・・東京までも避難しなければならない事態になる可能性も低くはないでしょう。杞憂に終わってくれることを願うのみです。


この期に及んでも(福島第二や柏崎刈羽の)再稼働を目論んでいる東電は、お金の為にはまだまだ隠蔽を続ける積りのようです。身勝手過ぎる狂った企業です。


ご質問等は、いつでも歓迎致します。話題の提供にもなります。・・当方がお答えできる範囲でですが・・当方の見解がどこまで有効かはわかりません。特に今回の事故の拡大の可能性に関しては、色々な方の見解を読んでの判断で、当方のオリジナルな判断と言う訳ではありません。

更に憂鬱な事を追加させて頂きますと、4号機がこのまま倒壊せず、プールから燃料棒の取り出しがうまく出来たとしても、その使用済み燃料棒をどこに持て行くのでしょうか?・・もっとはっきり言うならば、どこに押し付ける積りなのでしょうか?そして、福島第一原発事故を(何年もかけて)上手く収束出来たとしても、日本中17か所にある54機(57機)の原子炉全ての廃炉作業を放射能漏れ事故が無く無事に行う事はほとんど不可能だと考えています。使用済み核燃料の持って行き場もありません。被曝労働も延々と続けなければなりません。原発の為に、これから深刻な事態が次々にやってくるでしょう。


Re:NHK討論から
雑草Z
    みしぇぽんさん

その番組は見ていませんし、金子勝についても殆ど知りませんが、ちょっとネットで彼の事を調べてみたら、
『原発は不良債権である』とか、当然の事はしっかり主張しているようです。一方、『「脱原発」成長論』と言う著書のタイトルにも現れているように、旧態依然とした経済成長論者なのでしょうね。

>グリーンイノベーションという切り口が金子の経済策なのですが、それは資源の有効な利用どころか、放埓で無駄な使用を前提としています。

と言うみしぇぽんさんのご意見に同意出来そうです。

>昨日も原発ゼロを言うことをためらいました。彼は3.11前は原発はクリーンエネルギーと称して消極的に容認していました。

原発をクリーンエネルギーだなんていう時点で終わってますね。確かにこの人は駄目なようですね。

>スマートやグリーンで世論をミスリード

この手の流行論を論じているのも軽率ですが、先ずは脱原発で一致する事が優先ですね。


コメントを閉じる▲
2012-07-05 00:01
野田現首相は、現在多くの国民からマニフェスト違反であると非難されています。消費税を上げないと言っておきながら自ら消費税を上げる法案を出しました。税金の無駄使いや天下りの根絶も全く成し遂げていませんし、企業献金も議員の世襲も禁止していません。・・・どれも公約違反です。しかし彼が行った事で何が最悪か・・・と言えば、詐欺的に原発を再稼働させた事でしょう。この一点だけにおいても、彼は最悪の総理として歴史に名を残さなければなりません。彼はネットの掲示板でけちょんけちょんにけなされてます。正にブタ呼ばわりされています。

 同じように国民の多くから猛烈に非難され続けて、降ろされた首相が管直人前首相です。二人とも原発問題に関しても、猛烈なバッシングを受けていますが、彼ら二人は総理大臣としての資質も、バッシングのされ方も大きく違うのではないでしょうか。

 管直人前首相が首相になった当初は、結構期待感もありましたが、彼が掲げた「強い経済」の為の政府民主党の「新経済成長戦略」は最悪でした。その成長戦略の為の大きな役割を原発に担わせる・・・等と、とんでもない事を主張していました。全発電に占める原発のシェアを2018年までに40%にまで高めるとか、「パッケージ型インフラ海外展開」と銘打ち、官民一体で東南アジアなどに原発輸出を推し進めて、ベトナムでの原子力導入に成功した・・・などと得意になっていました。この事で管直人首相を、かなり嫌いになりました。3.11以前は、管直人氏は、原発についてはまともな知識が殆ど無かったのでしょう。
その後、3.11で原発事故が起きて、政府の酷い隠蔽体質が暴露し、管直人首相の原発事故対応の酷さも連日バッシングされました。
そして、管首相が浜岡原発の全機停止を要請した頃あたりから、マスコミを中心とする一斉の管下ろしキャンペーンがどんどん大きくなりました。世論の多くは、あたかも管首相を擁護する人は馬鹿な非国民で、その人も馬鹿にされるような論調でした。それでも管首相は居座って頑張り、原発の再稼働の阻止を貫きました。(ちょっとお門違いな変な法案も通して行きました。)

 管首相に関しては、3.11以降バッシングが大きくなりましたが、私の場合は逆で、総理就任時から、どんどん評価が下がって行って、どうしようもないと感じておりましたが、3.11以降は、東電や財界からの数々の妨害があったのにも拘らず、首相としては頑張って良くやった方だと思っています。
遡って、管直人氏が厚生大臣のとき、薬害エイズ事件で厚生大臣として謝罪して、大きく評価を上げた実績があります。それに対してスタンドプレーだとか売名行為だとかの批判もありますが、政治家は動機のいかんに関らず、やった事で評価されるべきでしょう。・・英雄的行動をする本人が、自分のヒロイズムに酔ってやったとしても悪くないだろうし非難される事でもないでしょう。寧ろ然るべき事ではないでしょうか?・・そんな事を全く意識しない事は無理でしょう。そう、これは私の以前からの見解ですが、管元総理は、「歴史に名を残す名政治家、名首相」になる願望が非常に強かったのではないでしょうか。だからある意味、偉大な首相になるが為に、あからさまに感じるスタンドプレーを何度もやって、それが多くの人々にとっては鼻についたのかも知れません。・・鼻についたと言うよりも、正義を実行する事よりも、自分達の村社会や地位を守りたい官僚や政治家達にとって、邪魔な存在だったのでしょう。
 そして、浜岡原発を全機止めたり、玄海原発の再稼働を認めなかったり、脱原発の側に翻ってきたので、原子力邑御用達のマスコミが管下ろしの大合唱を始めた・・・と言う構造でしょう。管首相がそのまま踏ん張っていれば、大飯原発も他の原発も再稼働させられる事は無かったでしょう。(政治に「もし」は禁物ですが・・・・)この当時、管直人氏以外に、浜岡原発を停止したり、日本中の原発の再稼働を許さない首相になった可能性のある議員は、民主党には他には殆どみあたりません。管直人首相は、3.11の事故直後の混乱期をある程度過ぎてから、自らの経験も踏まえて、反対派の主張も自らしっかり調べて勉強し、脱原発派に回ったのでしょう。言うなれば、最終的には悪魔に魂を売らずに踏ん張った・・・と言えましょう。私は、3.11以降の管首相は、それなりに評価していたので、管降ろしには反対でした。

原子力邑の要請を受けて管降ろしの大キャンペーンを張ったマスコミに踊らされて、一緒になって管降ろしの大合唱をした人々は、管氏の後の民主党の首相が、彼よりもしっかり脱原発を達成出来るとでも思っていたのでしょうか?
2012年5月28日の国会事故調査委員会での彼の発言は、原発推進だった頃の自分を潔く自己批判し、原子力村の本質を批判しています。テレビや新聞などの大手マスコミの報道は、
「管直人が自己弁護に終始していた」
みたいな感じで、 肝心の部分、
「最も安全なのは原発に依存しない事、脱原発だと確信」
「再稼働急ぐ原子力ムラが深刻な反省もないまま、原子力行政の実権を握り続けている」
などの発言は、殆ど報道されませんでした。
USTREAM  国会事故調 第16回委員会 2012/5/28
この映像は長いのですが、最後の部分[2時間42分20秒~2時間47分15秒くらい]をご覧ください。
→ Youtube などでは、映像が削除されています。

野田佳彦現首相は、首相末期の管元総理以上に、多くの国民から信頼されず、軽蔑され、最低最悪扱いされていますが、それでもマスコミは「野田降ろし」のキャンペーンは張っていません。それは、原発を再稼働させようとしているからに他ならないでしょう。つまり、マスコミは原子力邑の御用報道機関になり下がってしまい、野田首相は原子力邑の操り人形と言う事になりましょう。原子力邑のいいなりの野田佳彦は、官僚に洗脳され切っているのか、元々自ら調べて考える事を放棄した愚か者なのかは分かりませんが、いずれにしても悪魔に魂を売ってしまった政治家と言えましょう。


3.11以前は、共に原子力邑に取り込まれ、明らかに原子力邑の一員でした・・・原発に関する知識も両者とも殆ど無かったでしょう。(管氏は理系で、原発の知識は持っているような事を自負していましたが、非常に薄っぺらな知識であった事は、恐らく現在の本人が一番痛感しているところでしょう・・・野田は、更に原発の知識は殆ど無く、こんな歴史的な大事故の後でも学ぶ事もしないし理解しようともしない輩なのでしょう・・)

 以上、管直人と野田佳彦の違いを一言でいえば・・・
3.11を機に、管直人は脱原発派の主張もよく勉強したようで、自らの判断で脱原発派になりました。一方野田佳彦は、こんな重大な事故の後も、官僚からのレクチャーを鵜呑みにしたまま、若しくは原発の真実から目を逸らしたまま、自ら調べることもせず、官僚に操られるがまま大飯原発を再稼働しました。歴代でも最悪の部類の許されざる首相でありましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

物事の見方
団塊親爺の遺言
今の民間の技術なら直ちにリコールです
私の5年前の車・・只今リコールです
欠陥が見つかり何かが可怪しい・・?
危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が
世の中には必要なのです・・ 

日常生活に健康に生きる事の権利と信頼は
再稼働を容認するこの様な人間に任せると
政治生命とか命を懸けるとかの虚しい虚言に・・
何か一つでも抑え込める技術も無いのに・・
責任は私が摂ると・・さも原子力の専門機関の
様な組織はいざと成ったら全く機能しません

それらを目の当たりにした官総理は何かに気付いた
此の儘では国が滅ぶと・・コントロール技術は無い事に

栄養過多の後釜は官僚や経済界のタヌキ連中の意見を
取り入れ・・再稼働・・多くの民意は無いのです

手遅れに成らぬ様に次の選挙で闘うしか無いと想う

究極の目的
guyver1092
 おっしゃるように、究極の目的を原発廃止と考えれば、考えるまでもなく、管氏が正しいでしょう。パニックを恐れてSPEEDIを公表しない等、判断ミスもいろいろ犯しているようですが、原発再稼働という過ちは犯していません。
 化石燃料枯渇後の人類のためと考えれば、原発再稼働こそ最大の犯罪でしょう。

悪魔に魂をいくらで売ったの?
さまよい人
なぜマスコミが、管降ろしはしても野田降ろしはしないのか、不思議に思っていましたが、雑草さんの記事でその意味がよくわかりました。雑草さんの言葉にはいつも疑問を解決していただいて助かっています。甘えるようで申し訳ありませんが、まだほかに疑問に思っていることについて、答えがこのブログのどこかにありましたら教えていただきたいのです。友人や知人が官邸前の抗議デモに参加しています。デモの写真には赤ん坊を抱いた女性もいました。外国のデモでは、機動隊がデモ参加者を挑発するようなことをしたり、スパイのようなことをして普通の一般市民を装ってわざと暴力行為をけしかけたりしてデモを混乱させることがあるようです。前にも反原発のデモで逮捕者が出たことについて触れたコメントを書いたかもしれませんが、赤ん坊を抱いてデモに参加することは、赤ん坊を機動隊の盾にすることにならないでしょうか?こんな言い方は大げさですか?私はなりふり構わず原発を動かしたい人たちというのは、野田首相と同じように悪魔に魂を売った人たちだと思うのです。たぶん赤ん坊を抱いてデモに参加した人は、赤ん坊を盾にしようと抱いていたわけでなく、同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行ったのかもしれませんが、何も起こらないという保証は無かったのではないでしょうか?例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために、過激派を装って普通の人に怪我をさせるなど、今後も抗議がずうっと続けばやりかねないと思うのですが、疑り深過ぎますか?


菅さんは良い方へぶれましたね
アルテミス^^
こんばんは

雑草さんと同じく私も地震以前は菅政権に淡い期待を寄せていました。ただ、地震事故以降はその期待を裏切られた気持ちでいっぱいでした。

そもそも官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り、小出さんと同じ京大出だと聞いたので、もう少し期待したのですが・・・。

ちなみに、事故以前は放射性物質に関する色々な決め事は文科省が主体となってまつりごとをしていたのに、なぜか事故後は環境省が出てくる意味が私には理解できません。縦割り行政で連携なんてないはずなのに。

菅さんの脱原発意見には賛同しますが、ソーラー構想には大反対です。理由は太陽光発電はまだまだ効率が悪いからです。

先んずは日本の急流を利用した水力、地熱、波力などを利用できればよいですね。井出治さんの発明したインバーターを実用化できればそれこそ現在のエネルギー利権及び事情がひっくりかえると感じます。水で走る自動車の技術も日本にはありますが、残念ながら海外で活用されているようです。

儲からない、税金が取れないという理由が主たるものかはわかりませんが、なかなか市民に浸透しません。

井出さんの発明を見ると第3次産業革命は、すぐそばにやってきていると個人的に感じます。この革命は今までの自然を無視した効率や利益重視でなく、土や空気や水を汚さない技術若しくは、人に変わる動力などなど地球環境を還元へと導く技術で一杯になる予感です。

新たな技術は今までの科学での限界を破り、新たな素材や加工が可能になるでしょう。それに伴い意識の転換も次々に生まれると感じます。時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれませんね。

と、とりとめもないことを書いてしまいましたが、何を言いたいかと申しますと、現在の上に立っている方々は希望ある未来の方向をむいておりません。そのような印象を受けます。

原発がこれだけあちらこちらに作れるほどの資金力、科学力、技術力、が少なくともこの日本にはあったのですから、方向性さえ間違えなければ、まだまだ日本は生まれ変われるでしょう。

水を浄化し大地を浄化し空気を浄化することが、今まで人間が破壊した自然達への償いであり恩返しとなり、ひいては未来の子供達の希望に繋がると感じます。

日本独自の伝統や文化を大事に復興させながら、街並みや自然が調和されれば、どんなに風光明媚な世界が顔をだすことやら。私はまだまだそんな世界を日本の未来を願ってやみません


Re:物事の見方
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 確かに、原発も野田総理も、直ちにリコールされるべきものですね。
 欠陥が見つかったけれど、どこが欠陥かははっきりしていない原発を再稼働するなんて、狂気の沙汰もいいところです。

>危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が 世の中には必要なのです・・

仰る通りです。そんなごく当然の事もしない現政権は、狂っていますし腐り切っていますね。

Re:究極の目的
雑草Z
    guyver1092さん

 確かに、管さんは、色々なミスも犯しましたが、国会事故調が結論したように、原発事故対策にに口を出し過ぎたと言うのは違うでしょう。東電も経済産業省も原子力安全・保安院も原子力安全委員会も、無力で無責任で責任も取れない腰抜けだったから、敢えて自分が前面に出たのでしょう。

 管直人氏ならば、彼が自分に抱いている(課している)であろうヒロイズムで、厚生大臣時代に薬害エイズ事件で国の非を認めたように、総理大臣として国の原発政策を国民に謝罪する可能性さえあったと思います。
 浜岡原発を止めると発言した時のように、前もって誰にも言わずにいきなり国民の前でやってしまえばいいのです。・・彼なら出来たんじゃないかと思います。

Re:悪魔に魂をいくらで売ったの?
雑草Z
    さまよい人さん

  コメント有難う御座います。・・初のコメントですね?・・デモ、『さまよい人』と言うHNは何度も見掛けた記憶があります。・・どこのサイトでしたっけね?

野田は、お金も貰ったかも知れませんが、総理の座の為に悪魔に魂を売ったのでしょう。首相としては、大きな汚名だけを残す事になりましょう。そんな野田降ろしキャンペーンを全くしないマスコミって最低ですね。マスコミの信頼も地に落ちました。

さて、さまよい人さんが疑問に思っている事についての答えは記事の性質上ここの記事には書いていませんので、私の見解を改めて述べさせて頂きます。

 官邸前の抗議デモは、今までのところかなりマナー良く為されています。警察も丁寧です。(駅などから官邸前に行く事を妨害する活動をしている警察官もいるようですが・・)そして、おっしゃるるように赤ん坊を抱いた女性や子連れの家族も沢山やってきています。赤ん坊は、勿論機動隊の盾としてではなく、家族の一員として連れて来ているのでしょう。・・・家族みんなで参加する事の意義を感じたり、赤ん坊を一人で家に残してくる方が心配だったり・・もう少し大きい子供は、一緒に再稼働反対のコールを叫んだり、手作りと思われる旗等を振ったりしています。子供自ら参加したいと申し出たり、子供たちにも脱原発運動に参加させたいと親が考えたのではないでしょうか?さまよい人さんのおっしゃるように

>同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行った 

と言った理由も多いと思います。

確かに何も起こらないという保証はありませんが、一般の警察は、子供にまで手を出したりしたりはしないでしょう。それこそ警察の信頼は地に落ちます。
 質が悪いのは、一部の在特会とか公安警察ですが、やはり普通には子供にまでは手を出さないでしょう。

>例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために

逮捕された例は、昨年何度かありましたが、デモの中心人物や、在特会や警察の挑発に乗った人々です。 昨年、原発事故の直後、初期の頃から抗議デモを始めた人物で、デモを盛り上げるアジが上手いデモの中心的な若者は、警察の自作自演の演技で、・・警官が足をひっかけられた振りをして自ら倒れた・・成田闘争のときに機動隊などがよく使った手だそうです。・・・逮捕されそうになった時に、周りの仲間がビデオで撮っていたので逮捕されませんでした。また別の日に警官二人がかりの連係プレー(一人の警官が彼を押してもう一人の警官にぶつからせた・・)で彼を公務執行妨害で逮捕したときも、仲間がビデオに撮っていて、映像を見せたら警察は起訴を断念して、釈放しました。デモの勢いを削ぐために彼を逮捕する作戦が練られたようですが、2度とも失敗したようです。

・・・つまり、今は、多くの人が携帯電話やipadなどで画像や映像を撮っているので、警察もなかなか不当逮捕はしにくいようです。特に官邸前のデモの様子は数え切れない人達が撮影しています。見せしめの為に一般の人に怪我をさせる映像が公開されたら大変でしょう・・・

・・・かと言って、何事も起こらないなどとは言わない方がいいですね。何か起こったら、当局の陰謀である事を追及するぞ・・と言う姿勢を当局に見せる事も大切です。権力側が、何か仕掛けてくるかも知れないと、警戒する事も忘れない事ですね。その意味で、自動車が突っ込んで来るとか、ヘリコプターの事故等も可能性としては否定しません。しかし、だからと言って過剰に萎縮する必要は全くないでしょう。委縮させてデモに参加するのをためらう事こそ当局の思うつぼでしょう。官邸前よりも、大飯原発現地での抗議活動のほうが、気合いが入って真剣ですし、官邸前のように大人数ではないので、より危険なのはそちらの方かも知れません。今後は東京の官邸前だけではなく、日本各地で定期的な金曜抗議デモが同時多発的に行われますから、権力側も収拾が付けられないでしょうね。

道路をいきなり工事中にして閉鎖したり、警察が駅から官邸前に出してくれずに追い払ったり、色々な妨害があっても、今後もずっと原発が止まるまで官邸前抗議デモは続くでしょう。・・・少なくとも、官邸前抗議デモが無くなるよりも先に野田内閣が潰れるでしょうね。


Re:菅さんは良い方へぶれましたね
雑草Z
    アルテミス^^さん

 恐らく官僚は総理大臣を舐めてかかって、「悪魔のささやき」で取り込むのが上手いのでしょうね。民主党の議員達もシロアリ官僚を撃退するどころか、みんな取り込まれましたが、管さんは、自分のヒロイズムのほうが勝って、官僚の洗脳から離れる事が出来たのでしょうね。一方野田は、官僚の好き放題に操られています。

>官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り

なるほどそうですね。そこに経産省の海江田万里も含めましょう。私はこの人物が最悪だと考えています。元々財テク屋です。相場師とかサラ金業者の類です。自分の周りにこれらの人物を配置しなければならなかったのは、色々な思惑以外に、単純に人材が不足していた事もあるでしょうね。

>井出さんの発明

については知りませんが、ネットでちょっと見たところ、
>入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せる
などと書かれてありましたので、眉唾かと思います。

>時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれません

の意図するところがよくわかりません。出来ればご説明を・・。 


アルテミス^^
こんばんは

そうだ海江田さんを忘れていました!当時の経産省大臣。色々と責任が誰がどこまでとるのか?国会事故調の報告を見る限り、色々な人の責任が問われそうですね?

さて、時間の枠ですが・・・
私の頭がすっとぼけているのでまぁあまり気になさらないでください。

あえていうならば好きなことをしている時って時間をあまりかんじませんでしょう?「あれ?もうこんな時間か?」と・・・

あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていたのでなんですが、

色々な技術が革新されて必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、限りなく時間という枠にとらわれなくなりそうな予感がしませんか?ま、これは私の感覚ですが^^;

Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

 わかったような、わからないような・・(笑)

>あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていた

そのような前提が出来るような希望が持てればいいですね。

>必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、

世の中がこのような方向へ進めばいいですね。その前提としてこれからも

>色々な技術が革新

される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか?

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。