-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-04-29 00:01
これから、原発問題は、次々と大きな局面に差し掛かるでしょう。・・脱原発が理性的な方向に間違いありませんが、原発を全て停止し、脱原発を決めてからでも放射能による破局が訪れる可能性は依然続きます。これは深刻な『時間の問題』です。


 現在日本で稼働中の、たった一機の原発、北海道電力の泊原発3号機は、今年になって定期点検入りを延期されましたが、それでもいよいよ5月5日には止まります。これで日本の原発は全て止まる事になります。子供の日の子供たちへのプレゼントとしては、何よりも素晴らしいものとなりましょうか。・・・こんな事が最高の贈り物になるくらい、現代日本人は病んだ国になってしまったのですが・・はじめからこんな負の遺産を作らなければ済む話ですし、ネガティヴな代物が一寸はましになるという事ですが・・・それでも、この5月5日は、原発ゼロの日として、お祝いのイベントが開かれます。・・この日が日本で最後の泊原発3号機が止まった日として、歴史に記され、毎年この日が脱原発の日になればいいですね。

現段階でも、日本では原発が要らない事は十分に実証されているのですが、原発推進派は、次の原発の再稼働を決めようと躍起になっています。その一番のターゲットが関西電力大飯原発3,4号機で、現在推進派と反対派の間で大きな攻防行われています。推進派のごり押しのやり方は露骨で酷いものばかりです。電力会社の発表する電力需要の検証もせずに電力不足を煽り、わずか1日でまとめた「暫定基準」を用いて、免震棟建設、フィルター付きのベント設置などの安全対策は、再稼働の後に中長期的に進めるとしているふざけた計画を出しています。早期再稼働の為には手段を選ばない無謀なやり方です。野田民主党政権は、完全に財界のいいなりです。

現在原発再稼働を目論んでいる原子力村の人々は、本来、福島第一原発の深刻な事故の責任を負って当然辞めるべき人達が沢山含まれています。辞めるだけでは不十分で、重い刑事処罰を受けるべき人達です。そんな無責任な犯罪者達が金儲けの為に無責任に再稼働を目論んでいるのですから、ふざけた話です。再稼働には全く「理」はありません。

先ずは日本の原発全ての再稼働を止めて、早急に廃炉を決定しなければなりません。
廃炉を決定してからの廃炉作業が非常に困難なのですから、再稼働阻止で何年もの間揉めている余裕はないのです。これから、54機の廃炉処理を進め、まだ決まらないという、ふざけたようなお話の放射性廃棄物の処分を考え、廃炉守をして行くという非常に憂鬱な作業が延々と続くのです。全機廃炉を決めた後、しばらくの間・・少なくとも数十年の間は、綱渡りのような危険性が付きまとうのです。子孫には、途方もない負の遺産となるのです。全機の廃炉を決めてから、長く憂鬱な作業が延々と続くのです。だからこそ、さっさと全機廃炉を決めなければなりません。再稼働している余裕はなどない筈です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/29 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

関ヶ原の戦い
guyver1092
 この再稼働に関する戦いは、まさしく天下分け目の戦いとなりそうですね。
 大阪市の橋下市長が「もし再稼働を認めなければ(府県民に)応分の負担がある」などと発言したそうです。私は、以前から反対派にしては言うことが少しおかしいと感じていました。(※多少は期待していた部分もありましたが)
 この発言は、「最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術(橋下氏の著書)」 のなかの「仮装の利益」というワザに似ているそうです。このタイミングでこの発言をするということは、橋下市長が本当は原発推進派である証拠ではないでしょうか。

Re:関ヶ原の戦い
雑草Z
 上手い表現ですね。まさしく

>この再稼働に関する戦いは、まさしく天下分け目の戦い

ですね。人類の生き残る道としては、方向的には脱原発の方向しかないのですが、泊原発3号機停止ですんなり済むわけにはいかないでしょうね。兎も角、大飯原発を再稼働させない事です。万が一、次々に再稼働される事態になれば、またシビアアクシデントが起こって、日本も沈没でしょうか。

橋本氏は、次の選挙で票を稼いで民主党を破るために脱原発を貫くとかと見ましたが、そうでもないのですね?
「もし再稼働を認めれば、日本国民全部に背負いきれない負担が残る」と言うべきです。

Re:橋下氏
guyver1092
 この発言の記事を読んで、少なくとも当てにしてはいけないと考えるようになりました。以前に少しおかしいと感じた発言は、市民団体の反対運動に対し、自分がするからなにもするなとの趣旨の発言をしたことです。本気で反原発なら、このような主張にはならないでしょう。立ち読みした週刊誌にも橋下氏は原発反対とは言わずに、手続き上のハードルの事のみの発言とていると分析されていました。

日本の脱原発の政治家
雑草Z
    guyver1092
 他の政策もしょうもない橋下は、脱原発は票集めとかでやるのかと思いましたが、guyver1092さんのおっしゃるように全部駄目ですね。
 現在、国会議員が複数いる政党で脱原発の政党は、社会党と共産党でしょうか?福島瑞穂は脱原発にかなり熱心です。それから、自民党の河野太郎もかなりの反原発派ですね。民主党にも反原発議員はいるし、

 福島県議も、3.11以前は反原発県議は、社会党などのごく一部の議員だけでした。

 ちょっといいニュースは
本年1月、パシフィコ横浜で開催しました「脱原発世界会議」がきっかけとなり、脱原発を目ざす首長のネットワークが結成されることになりました。全国35都道府県の69名の市区町村長(うち元職6名)が会員参加を表明しています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012042902000079.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000079-mai-soci

このような流れは今後加速されるでしょう。早く主流になって欲しいものです。

コメントを閉じる▲
2012-04-23 01:01
3.11のずっと以前、1970年より40年以上にわたって原発に反対して来た小出裕章氏は、今や講演会やインタビューなどで引っ張りだこで超多忙です。小出氏の言葉は大きな注目を払われています。
原子力関係の東大教授等、肩書きだけが立派な御用学者達の権威は、3.11以降地に落ちました。彼らの話を信じる人は殆どいなくなりました。

最近、小出裕章さんの講演会の後の小人数での懇親会に参加させて頂く機会があり、彼の隣に座ってお話する機会がありました。著作物や、ネット映像から推し量られるお人柄そのものでした。物理学者と言うよりも、工学部出身の一流の技術屋さんである側面を感じるご意見も沢山聴く事が出来ました。

 放射性物質は時間の関数のみで減少し、人間が技術で消す事が出来ないのは、『物理の原理として不可能』と考えるか、それとも「人間の技術で今は無理だが、いつか可能になる可能性はあると思うか・・」と言う問いに関しては、若干意外なお答えが返って来ました。
「昔不可能と言われていた錬金術は、現在は原子自体を変える事が出来るから、理論的には可能であるのと同様に、放射性物質も、自然崩壊を待たずに別な物質に変える事は理論的には可能です。しかしその分周りに放射性物質を生じるから、やる意味はない。このテーマは世界中の学者達が70年も取り組んで来ても出来なかったのだから、恐らく無理と考えられる・・。」

日本全国17か所の原発の放射性廃棄物などは、廃炉処理の後、結局その場に埋められる事になるのだと思うと持論に対するご意見を伺った言ったところ、小出さんもその通りだと思うと答えました。
他の方が、結局地下処分になった場合、それは安全だと考えるか…の質問に対しては、
「こんな不安定な日本の地下に埋めて、数万年に渡って安全な筈が無いでしょう。」と言うお答えが返って来ました。更にその質問者の「ではどうすればいいのですか?」の質問に対しては、
「私もどうしていいか分かりません。」と、映像通りのお答えになりました。・・やはりこれが理性的な方のお答えでしょう。だからこそ、原発派、開けてはならないパンドラの箱だったのでしょう。
そこに私が
「やはり内心、原発事故がこれ以上起こらなくても、放射性廃棄物の問題だけで、日本はもう終わりかも知れない・・と考えていますか」かと尋ねたところ、特に否定はされませんでした。
そう、放射性廃棄物の問題だけで解決策の無い非常に深刻な問題で、これだけでも、原発は絶対に稼働してはならないものだったのです・・。悪夢が現実となっているのです。

3.11以降、小出さんの動画は、ネット上で沢山視聴可能になっています。
3.11以前の推進派との議論の場面の映像もいくつも残っているようですが、そこでも小出さんの主張は非常にまともで、「理」があります。それに対して推進派はとんでもない「安全神話」等の空論で小出さんに反論したりしています。彼ら推進派の人々は、3.11以降どの面を下げているのでしょうか?
3.11以降の現在、推進派とまた議論の場をもうければ、推進派のサクラで会場を埋め尽くしでもしない限り(・・こう言う卑怯な事を推進派は、実際に続けて来た過去があります。)、圧倒的に小出さんが支持されるでしょう。今こそそういう機会を作るべきです。

最後に、最近メーリングリストで送られてきた、小出さん出演のパロディー映像です。
反原発運動で、○○レンジャーとか出て、おふざけする映像は好きではなかったのですが、この動画は、辛辣なブラック・ジョークを含みながらも、しっかり、原発の問題点と原発推進派のプロパガンダの嘘が網羅されていて、反原発プロパガンダ映像として結構良く出来ていると思います。小出裕章さんも演技と言うより結構自然体で、いつも通りの主張もしっかり聴く事が出来す。
何より、映像に出てくる、東電レッド、経産省ブルー、マスコミホワイトの三位一体のスイシンジャー絶対原子力戦隊の面々と、小出さんのやり取りの内容は、完全に小出さんが勝っているのですが、実際に東電や経産省などの推進派が小出さんと議論しても、内容的にはこの映像レベルの事しか言えないと思います。この期に及んでも原発を推進する連中は、どうしようもない連中ばかりです。



←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/23 01:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

戦隊もののパロディー
guyver1092
 昔読んだ小説で、産官学コングロマリット云々というくだりがありましたが、最近読んだ雑誌ではこれにプラスマスコミとありました。このスイシンジャーには、学がいないようですね。まあ構成上、学は本人の映像を使うためには仕方がないのでしょうね。
 それにしてもなぜ、日本では(外国でもあるようですが)まともな意見が通らないのでしょうか。せめて原子力についてだけは、まともな意見、即ち脱原発が通ってほしいものです。

楽しめました
アルテミス^^
雑草さんこんばんは^^
面白い映像をどこから掘り出してきたのですか!?
というより小出助教がこのようなパロディーに演出されていてビックリしました。本当に脱原発の為なら一生懸命の方なのですね。

構図や手段がとても解りやすくて笑えました!
雑草さんも電車に乗るときは注意しないとですね
植草教授も原発ではないですが、同じ手を食らったのですね


団塊親爺の遺言
何十年後には人類史上 最大の汚点の歴史に・・
人が踏み入れない場所等地球には無かったのです
まして狭い島国の日本に・・未来永劫 踏み入れない
小出氏は真実を語り大変苦労された方と理解出来ます 
原発を推進すると大金が降ってくる・・この仕組みが可怪しい 
地元の潤った人たちは これらが無くなるのが怖い
絶対に事故は起きない・・ 起きたのです !!!
人間は欲望と過ちの塊みたいなものです・・富を求め他人から奪う
血の歴史が宿命みたいなものです もう21世紀・・
止めましょう自分さえ良ければの考え 先人の教えは・・

私たちは この大地に生かされている そして海も空も・・
森でおもいッきり深呼吸出来る幸せ・・美味しい自然の恵み
私たちはほんの一刻・・この地球に生きる生命でしか無いし
これから生まれる生命に 自然の素晴らしさを残す義務が
在ります 今の価値観で判断は出来ない 経済が何だ!!
停電が何だ!! 子供たちの未来が在っての我々だ

小出氏を支持します 御用学者に負けるな!!!

Re:戦隊もののパロディー
雑草Z
なるほど、こう言うのを「戦隊もの」と言うのですね。子供の頃からアニメ等は良く見ましたが、戦隊ものは好きになれませんでした(笑)でもこの映像はなかなかいいですね。
映像に出てくる、東電レッド、経産省ブルー、マスコミホワイトの三位一体のスイシンジャー達は、実際の原子力村の住人よりも良心が残っていて、まだ話が通じるようです。

>産官学コングロマリット云々というくだりがありましたが、最近読んだ雑誌ではこれにプラスマスコミとありました。このスイシンジャーには、学がいないようですね。

仰る通りです。さらに『官』に通じる部分ですが、『政』もいませんね。民主党野田内閣は、完全に電力会社や原発プラント会社と癒着してますね。当方も一度記事にしています。
【原発推進は最悪の利権構造】2011-05-17
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-571.html

>せめて原子力についてだけは、まともな意見、即ち脱原発が通ってほしいものです。

全くおっしゃる通りです。現時点で小出さんをはじめとする脱原発派と推進派がまともに議論すれば、脱原発派にしか「理」はないでしょう。



Re:
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

>小出氏は真実を語り大変苦労された方と理解出来ます

全くおっしゃる通りです。大学で原子力を研究しながら、いわゆる「高度経済成長時代」と呼ばれた1970年代から一貫して脱原発を主張して来た小出さんは、3.11以降に脱原発に変わったにわか反原発派とは、比べようもない苦労をしてきている事でしょう。(・・勿論、3.11以降に脱原発派になった人々もいまだに推進しようとしているどうしようもない人々とは違って、良識的だと思います。)大学で教授等いい地位を与えられ、お金も沢山貰って原発に魂を売った屑の御用学者達とは、気高さも違いますね。

>小出氏を支持します 御用学者に負けるな!!!

私も同感です。



Re:楽しめました
雑草Z
    アルテミス^^さん

 私の元には、このような反原発の映像の情報は、良く送られてきます。(・・・時間の関係で、送られてきた映像情報の一部しか見ていません。)
 小出さんにこの映像のお話をしたら、苦笑いされていました。小出さんは、色んな反原発運動にかつぎあげられるのはあまり好きではないようですが、それが脱原発に繋がるのであれば、協力もして下さるとの事です。然し、3.11以降ご多忙過ぎるようです。
 余談ですが、小出さんは日本酒が大好きで、結構飲んでいらっしゃいました。

コメントを閉じる▲
2012-04-17 00:01
ダムや道路建設反対運動に際して、ダムや道路の推進派は「よそ者は、口を挟むな」などとよくいいます。(実は推進派も、地元の人々でなかったり、地元民に利権をばら撒いて推進したりしているのですが・・・)しかし、環境問題に関して、地元かそうでないかはそれほど関係ないでしょう。地元の人間だから、経済の為に、そこにある自然環境を好きなように利用して、破壊してしまってもいい・・なんて権利があると考えるのは間違いでしょう。地元だから天然林を伐採する権利があるとか河畔林を埋め立てる権利があると考えるのはおかしな話です。生態系は世界中で繋がっており、生態系の破壊は地元にだけ留まるものではなく、時間が経てば他の地域にまで影響を及ぼします。経済はグローバル化する必要などありませんが、環境問題はグローバルなものです。現代の環境問題は、「地元の人間でないなら黙っていろ」・・・と言う論調は、通用しなくなりました。


福井県の大飯原発の再稼働をめぐって枝野経済産業大臣が、「滋賀県と京都府の理解は必要だが、同意ではない」と述べました。
原発事故に備え、自治体が避難などの準備を求められる緊急防護措置計画範囲(UPZ:Urgent Protective action planning Zone)について、政府は原発から30キロ圏内に広げる方針で、大飯原発のUPZには滋賀県の一部が含まれるのにも関わらず、藤村修官房長官は「再稼働と防災の30キロとは内容的には全然違う。再稼働と何か絡めてということではない」と表明しました。
これらの政府の態度に対して、嘉田由紀子滋賀県知事などが、「滋賀県の同意を得る事は必要だ」と、反発を強めています。

さて、原子力発電所に関して、「地元の同意が必要」の「地元」とはどこまでの範囲とするのが適当でしょうか?
環境問題一般に対する私のスタンスから言えば、日本のどの原発が稼働するとしても、日本全国の同意が必要であると考える事は最初に書いた通りです。

私のスタンスで考えなくとも、大飯原発から30km圏内に県内の土地の一部が入っている滋賀県が、大飯原発に関して「同意の必要な地元」に入らないとは到底考えられません。
チェルノブイリ原発事故は、遠く数百キロ離れた土地の農作物までも汚染しました。
福島第一原発事故による放射能汚染の被害も、100km圏内よりも遥か遠くまで広がっています。
福島第一原発4号機建屋が倒壊して使用済み燃料棒貯蔵プールから放射能が大量に漏れ出せば、東日本はお仕舞いだと言われています。かつて日本中の放射性廃棄物が集められた(現在は満杯で集められない状態ですが・・)六ヶ所村の放射性物質が大量に漏れ出せば、日本中だけでは済まず、世界中が高濃度に放射能汚染されて破局を迎えると言われています。
原発一炉が一日稼働すれば、広島型の原爆の放射性物質数個分が産み出されるわけで、一年稼働した原発一炉の中には、広島型原爆数百~数千個分の放射能が詰まっている訳ですから、その数%が漏れ出しただけでも大変です。

以上のように、原発のシビアアクシデントが起これば、かなり遠くまで・・数百km圏,数千km圏まで被害が及ぶ可能性があるのですから、日本中のどの原発に関しても「原発事故の被害が及ぶ可能性のある、稼働に関して同意の必要な地元」は、日本全国と言う事になりましょう。
福島県でこれだけシビアアクシデントが起こり、まだまだ事故は収束に向かっていないのが現状です。その深刻な3.11を踏まえた上で、原発再稼働に関しては、当然地元の同意が必要な筈ですが、その『地元』は日本全国と言う事になります。(本来は日本全国だけでも不十分で、世界中の同意が必要なところですが・・・)どのような理由があろうとも再稼働は絶対に許されざる事ですが、もしも再稼働したいのなら、最低でも国民投票をすべきでしょう。日本国民は全て、日本国中の原発の「同意の必要な地元の人々」だからです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

責任を明確にすべき
guyver1092
 静岡市の市長選挙では、隠れ推進派が当選したようですね。世界中のどこであろうと、推進に加担した者はそれ相応の責任を負わなければならないと思います。いったん巨大事故が起こった暁には、原発推進の首長を選んだ地域住民は、自分たちの被害の有無にかかわらず、同意の対象外の地域の住民に損害賠償の義務もあるのではないかと考えます。当然、他の地域からの援助も当てにしてはいけません。
 原発安全神話の崩壊した現在、崩壊前の福島県のように全世界から援助があると考えるのは虫がよすぎると感じるのは私だけでしょうか。

Re:責任を明確にすべき
雑草Z
>世界中のどこであろうと、推進に加担した者はそれ相応の責任を負わなければならないと思います。

私もその通りだと思います。

>原発安全神話の崩壊した現在、崩壊前の福島県のように全世界から援助があると考えるのは虫がよすぎると感じるのは私だけでしょうか。

guyver1092 さんだけでなく、私も含め、同じように感じている人間は沢山いると思います。・・この期に及んでも原発を推進するなんて、まともじゃないと思います。

現在注目されている大飯原発も、原発立地町のおおい町には、再稼働賛成者が多く、周辺自治体には反対者が多いという状況になっています。これこそつまり、立地自治体には交付金等お金がばら撒かれて、利権が作られているからで、いざ事故になったら、周りの援助を期待するのは虫が良過ぎますし、周りの自治体の迷惑を無視した酷い行為ですね。
兎も角原発ははじめからずっと、まやかしで運転されて来ましたね。酷過ぎます。

生態系は世界中で繋がっている
アルテミス^^
地元以外は口を挟むなという論調は私もうなずけません。
一企業で転勤が当たり前の現代では、生まれ育った土地以外に住んでいる地域が多々ある人も沢山いることを考慮すると、どこからどこまでが地元なのか?と普通に疑問を感じます。

大きな事故が起きたとき、本来のルールであるならば、携わった人々が責任を取るべきなのに、日本ではそれがなされていません。とてもおかしなことですね。

それと大量なお金とそれに精通する組織があれば、情報の統制や隠蔽、歪曲、反対勢力の嵌め込みが可能であることを、3.11以降起きたことが教えてくれました。

海外の情報が簡単に共有できる時代だからこそだと感じます。
しかしながら、一国民がそれらを解決の方向へ向けようと活動しても、残念ながら非力過ぎます。

だからこそ、一人一人が信頼をつなげていくしかないのかな?と私は感じております!どんな些細なことであれ努力は無駄ではない!ですよね?雑草さん

Re:生態系は世界中で繋がっている
雑草Z
地元以外は口を挟むなという論調は、ダムや道路の建設、森林伐採問題などで、主張する人が沢山いました。それもおかしな話なのに、原発の再稼働に関してまで、原発立地の市町村や県だけでいい・・・と言う政府の主張は、理不尽そのものですね。ただ単に再稼働したいだけでしょう。しっかりした検証や議論なく、「はじめから再稼働ありき」のスタンスは、狂っているとしか思えません。

こんな大事故を起こして、その事故の収束も検証もまともに終わっていないのに、再稼働するようであれば、日本の政府もお仕舞いですね(現時点で終わっているとも言えましょか。)

コメントを閉じる▲
2012-04-09 00:01
東電の福島第一原発の事故をめぐり、東電幹部や原子力安全・保安院、原子力安全委員会など国の責任者の刑事責任を追及する『福島原発告訴団』が発足しました。福島県内の二つの市民団体、「脱原発福島ネットワーク」と「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」が呼びかけ、3月16日夜にいわき市で結成集会が開かれました。
 ネットワークの世話人を務める佐藤和良いわき市議は「あれだけの大事故を起こしながら、誰一人として刑事的な処分を受けていないのはおかしい。東電も国も、誰一人責任も認めていない。被曝した私たちが立ち上がるべきだと判断した。」旨を話しています。佐藤和良氏の言い分は至極もっともだと言えましょう。
3.11以前の日本では、原発稼働差し止め訴訟などは、ことごとく敗訴して来た歴史があります。裁判所は、しっかり三権分立の役割を果たしておらず、国家権力、行政に追従する傾向が大きかったからです。
一方、裁判所は世論に敏感な側面も持っています。3.11以降世論は脱原発方向に大きく傾いた事は確かですから、3.11以降、原発稼働差し止め訴訟で原発稼働を止められる可能性も大きくなった事は間違いありません。福島原発災害後各地で原発差し止め訴訟が続々と提訴されています。浜岡、大間に続き福井、玄海、泊、更には大飯原発3・4号機再稼働差し止め裁判も起こされました。
これら原発差し止め裁判は非常に重要な裁判ですが、一方で、原子力推進派の人々をしっかり刑事訴追する事もまた非常に重要な事でしょう。今回の事故の責任者をしっかり刑事訴追しなければ、モラルハザードであるばかりか、原発を根絶する事は難しいでしょう。原子力村の人々に(罪の相応以下でも)刑事罰を受けさせる事が出来れば、もともと無責任な推進派の連中は原子力村を逃げ出して、原子力村は一挙に崩壊に向かう事でしょう。
福島原発訴訟団は、6月11日の福島地方検察庁への集団訴訟に向けて、福島県内各地で説明会を開催しています。是非多くの福島県民が参加して1000人以上の規模での集団訴訟を実現したいものです。
 個人的には、福島県民で無くとも日本国民の全員が訴訟団に参加する権利があると考えます。(確認したところ、6月11日の第一次の提出は、福島県民(全国に避難中の方を含む)を対象としますが、 第二次以降の提出は、福島県民以外の方も対象とする予定だそうです。)
 最初のハードルは、告訴団の告訴を受けて、検察が刑事事件として裁判に踏み切るかどうかです。3.11以降、原子力村に対する批判は非常に高まっていると言えますが、さらに多くの人々が脱原発を主張して、世論をしっかり形成していく事が、裁判に持って行く為の後押しとなるでしょう。 勿論、告訴団の参加人数も多い方が効果的でしょう。
 

福島原発告訴団(仮称) のブログ
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/09 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

裁判所の真価
guyver1092
 日本の裁判所の真価が問われる運動ですね。これで住民が負けるのなら、法律を守る限り、日本の未来は死の灰に埋もれるただ一つの未来しかありえません。裁判で負けた場合、それ以外の道を選ぶためには、暴力による革命しかないでしょう。

一つも 解決 出来ないで・・
団塊親爺の遺言
これだけの事故が起きても・・
福島の原発事故は地域だけの問題では無く
これから海や大地や風に乗り世界に被害が
確実に蔓延する 私たちの食べ物が放射能
まみれに成るのはこれからでしよう・・
不安だらけ 経験の無い事態と・・言いながら
原発の安全論議は 何か一つでも安全な道筋も
出来ていない 高さ100mの堤防とかでは無く
自然の災害とは人間に予測は出来ない歴史が
壊れた時に人間には解決出来ないものと知った
今の現実を見ても再稼働派の人間が多く居る

裁判の判決は遠く 責任者たちは既にあの世と
いう事態にならないように・・
本来は福島から避難させられた子供たちの素直な
意見こそ大切なのに 大人の汚い打算がまかり通る





忘れていました
guyver1092
 選挙で、真に原発反対の政党を勝たせるというのもありましたね。

Re:裁判所の真価
雑草Z
    guyver1092さん

 大変歯切れのいいコメント有難う御座います。

>日本の裁判所の真価が問われる運動ですね。

全くその通りで、裁判所が、この期に及んでまでも、権力におもねるか、日本国民の事を本気で考えて結論を出せるかですね。・・・ただ、私の(数は多くありませんが・・)裁判傍聴記の経験では「裁判所」と一口に言っても、3人の裁判官それぞれの価値観に負うところも多いようです。しっかり国民の事を考えた良識を持った裁判官に当たるかどうかもポイントでしょうね。・・・行政はそうじゃない裁判官を当てようとするでしょうが・・。

>日本の未来は死の灰に埋もれるただ一つの未来

にならないように、大きな世論の後押しも必要ですね。 

 

Re:忘れていました
雑草Z
>選挙で、真に原発反対の政党を勝たせるというのも

そうですね。この際原発再稼働差し止めが最優先ですから、イデオロギーは抜きにしても、原発撤廃を主張する政党に投票するのが、ベストなセレクションでしょうが、現在の大きな政党の中では、与党に選ばれそうにもないですね。

だから、新しい政党の台頭で・・・と言う事になると、再稼働問題はそこまで待っていないでしょうね。
ある程度長期的な目で見れば、選挙で脱原発を主張する政党に投票するのは有効ですね。

Re:一つも 解決 出来ないで・・
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

最近、応援のコメントを続けて頂き、有難う御座います。

一つ一つ団塊親爺の遺言さんのコメント通りですね。

原発は非常に危険で厄介な代物ですから、しっかり解決出来ずに再稼働はあり得ませんね。

>自然の災害とは人間に予測は出来ない歴史

全くその通りで、今回の原発シビアアクシデントの原因が地震だろうが津波だろうが、次に起こり得るシビアアクシデントの原因はまた別の事柄になる可能性も大きい筈です。
 例えば、北朝鮮のミサイルの破片が原子炉を直撃しないという保証はありません。

>裁判の判決は遠く 責任者たちは既にあの世という事態にならないように・・

こうなる可能性も高いですね。原子力村の責任者たちの刑事訴訟は速やかに行うべきですね。


コメントを閉じる▲
2012-04-05 00:01
今回の福島原発事故処理は、廃炉処理まで考えれば、数十年かかる事になりましょう。政府で発表した30年と言う年月は最短の場合と考えて良さそうです。その間、何万、何十万の人が廃炉処理で被曝労働しなければなりません。癌などの病気に罹る人も沢山出る事でしょう。
一方、事故を起こさなかった、そしてこれからも起こさずに廃炉となる原子炉の廃炉処理もやはり数十年かかります。そしてその間、やはり沢山の被曝労働が必要になります。
使用済み核燃料は崩壊熱が出ますから、30年間から50年間程度、冷却のための貯蔵を行わなければなりません。この冷却の為にも電力が必要だと言いますから馬鹿げています。(この為にも電力を作り続ける必要があるから、原発が必要だという無茶苦茶な輩まで現れています。)そしてその後、深地層処分となります。地層処分と言いますが、処分場にどこも名乗りを挙げない現在、結局廃炉はその場で埋め立てする事になりましょう。もしも遠くの処分場に運ぶのならば、その作業にまた放射能拡散が伴いますし、処分もより一層困難になるでしょう。費用も現地処理よりもずっと膨れ上がるでしょう。だから最も『まし』と思われる処分場は、原子力発電所の立地その場所と言う事になりましょう。廃炉処理が終わった後、冷却貯蔵も終わり原子炉の崩壊熱も殆ど無くなり地層処分となった使用済み核燃料などの高レベル放射性廃棄物は、それからも何万年もの間、放射能漏えいの危機にさらされる事になります。日本の地層に数万年間安定した場所などありません。
確実に電力会社が無くなった後もずっと放射能漏れのリスクは続くのです。【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく】に書きました。

5月で全て停止する原発を、二度と再稼働させずに廃炉処理する事を決定したとしても、54炉全ての廃炉処理の為の被曝労働者は、毎年数万人から十万人が必要になるでしょう。
原発推進派は、この被曝労働さえも全て他人に押し付けて、自分達は利権に群がっています。非常に理不尽な事です。そして、常套句として、「原発反対するなら電気を使うな・・」
「経済を駄目にする気か」等と低レベルな事を言い出します。
そんな推進派の人々には、リスクだけ他の人に押し付けるような真似は止めてもらいましょう。原発の恩恵を受けた(・・恩恵と言っても、発電による電気使用の恩恵ではなく、原発利権の恩恵が主です。)推進派には、放射能のリスクも背負って貰うのは当然でしょう。
そこで提案ですが、原発推進派は、通産省の官僚だろうが電力会社の役員だろうが、プラント会社の人だろうが、放射能守りを代々受け継いでやる事にするのです。
廃炉処理は勿論のこと、廃炉後の原子炉の管理も使用済み核燃料の管理も、放射能漏れの危険が無くなる数万年後まで、数百代に渡って、放射能を管理する、放射線守りになって頂きましょう。それぐらいの覚悟が無くて、原発推進するのは身勝手極まりないと言えましょう。誰もそんな覚悟は無いでしょう。・・・自分がやりたくない事を人に押し付けてはいけません。末代まで放射能守りをする積りが無い方は、決して原発を推進してはいけない筈です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

覚悟
guyver1092
 近藤邦明氏のホームページで「フクシマの嘘」を見ましたが、東京電力に「原発を日本で稼働させる覚悟が東電にできているとお考えですか?」と訊ねているシーンがありましたが、何とも情けない回答をしていました。
 間違いなく、彼らに覚悟はできていませんね。興味があるのは利権のみと言って間違いないでしょう。

Re:覚悟
雑草Z
 原発を稼働させるという事は、非常に重大な事で、それ相応の覚悟無しでは、やってはいけない事でしょう。その覚悟の内容は、事故が起きれば責任を取る事は勿論、放射性廃棄物の処理にも責任を持つ事も含まれましょうが、それは個人だろうが法人だろうが、責任を負い切れるものではありません。つまり、覚悟があっても稼働してはいけない代物を覚悟無しで、利権や立場で推進するなんて事は許されざる事ですね。
近藤邦明氏のHPにアップされていた ドイツZDF『フクシマの嘘』は見るべき価値の高い内容ですね。多くの方に見て欲しいと思います。 

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。