-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-12-29 23:49
福島県の浜通りの立ち入り禁止区域の人通りのない町には「原子力明るい未来」などと言うゲートが虚しく残っています。きっと福島県に限らず日本中の原発立地地域には,同じような看板が立っていることでしょう。   
「福島原発推進県議会議員」でネットで検索すると原発推進議員が続々と出てきます。
3.11の事故が起こるまで、福島県の議員の大多数は原発推進派でした。推進派でなかった議員を探すのが困難なくらいです。
そんな中で、1970年代半ばから、県会議員の座を降りる1980年代半ばまで、反原発を貫いてきた社会党の議員がいました。
今回は、ひょんなことから知りあう事となった彼の家を訪問して、御伺いした貴重なお話です。彼のお名前は一応伏せさせて戴きます。


県会議員になって反原発運動を始めた彼は、同僚の議員からは常々「原発の事だけは取り上げるのはやめろ、殺させるぞ。」と忠告されていたそうです。同じ社会党の数少ない反原発議員の仲間も、次々に推進派に懐柔されていったそうです。暴力団から脅迫されて、旅館を転々としたり、警察の宿舎で寝泊りしていた時期もあったそうです。(・・・その頃の県警は、反原発派の議員をしっかりと守ってくれたようです・・)。調査課を活用して情報を集めていましたが、暴力団に誰が頼んだかは判らず仕舞いだったそうです。


~彼が告発した原発の問題をいくつか挙げさせて頂きます。

先ず、川内村の青年から呼ばれて泊まりに行った双葉町の宿で、東京電力の福島原発(福島第一原発・・当時は福島第二原発はまだ稼動していませんでした。)の敷地に低レベル放射能のドラム缶が13万本放置されている事を聞き、ご自分の目でも確かめに行きました。(勿論13万本までは数えていませんが・・)そして、低レベルと言っても万が一の事があったら大変なので、この事を県議会で追求すると、後日、当時の福島県木村守江知事が 報告書を書いた紙を親指と人差し指でつまんでひらひらさせながら勝ち誇ったように登壇し、
「安全性に問題は無い。○○議員の告発は県民の不安と恐怖を煽るだけのものだ」と鬱陶しそうに答えたそうです。


また、当初、耐用年数は十数年程度(16年)と考えられていた東京電力福島第一原発に関して、残り十年ほどで廃炉に持ってくべき時期に、県議会で
「あと10年後に廃炉に持って行く準備が出来ているのか?双葉断層は危険だが地震の危険性に関して対処しているのか、震度7以上の地震に耐えうるのか?津波に対する防波堤の高さは十分ではないのではないか?補助電源が喪失したらどうするのか?・・・」などと質問をしましたが、これについても木村守江県知事は、
「只今の○○議員の質問は、根拠もなく県民の不安と恐怖を煽るだけのものである。」と一蹴したそうです。企画調整部(エネルギー課)の部長も、マグニチュード7は想定外だと証言したそうです。
・・・今聞きなおせば、正に今回の福島原発事故を想定したような質問です。・・福島県や国、東電がこの質問に真摯に対処していれば、今回の原発事故も起こらなかったでしょう。福島県議会で2007年に共産党の議員がこの手の質問状を出したという事は何度か目にした事がありましたが、この社会党の議員は、それよりも30年近く前にこのような質問をしていのです。正に先見の明があった事になりましょう。そして、東電も福島県も国さえも根拠のない安全神話にこの頃からしがみついていた事が見えてきます。


当時、福島原発に7年勤めて、配管の水の抜き取り作業に携わってきた作業員が、急性白血病で亡くなりました。残された妻と4人の子供は生活に困り窮乏生活を強いられました。この議員がこの事を県議会で言及し、因果関係について明らかにすべきであると追及すると、知事派は、調査の結果、病院も因果関係はないと報告したので労災には認めないと答えたそうです。仕方なく、この議員は残された家族に生活保護を認定して貰ったとの事です。
当時から双葉病院の医者達も、原発労働者達にまともな診断書は書かずに、早くそんな仕事は辞めるべきだ・・・とだけアドバイスしていたそうです。ある意味ここの医者達も原子力邑の住人とも言えそうです。ただ、良心の呵責はあったのでしょう。

 
この他にも彼は、様々な事を調べていましたが、議会で追及するまでには至らなかったそうです。(この辺りの事は、現在、福島原発周辺から避難して来た方々の中にも言及している方がいます。)

1970年代から、このような気骨のある議員が福島県にもいたのです。彼のような議員がもっと沢山いたら、福島原発は今回のような悲惨な事故を起こさないで済んだであろうし、福島第一原発の1号機や2号機はとっくに廃炉になっていたかも知れません。3号機でプルサーマルも行われていなかったかも知れません。(この辺りは現福島県知事の佐藤雄平が福島県の直接の稼働責任者でしょう。)福島第二原発も稼働されなかったかも知れません。そうであれば結果として多くの福島県民が救われたであろうし、東電も途方もなく巨額な損害賠償を負わなくて済んだ事になりましょう。
一方殆どの県議会議員は、当時から原子力邑の一員や手先になっていたのです。この頃から原子力邑は強固なマフィア体制を敷いていた事も窺い知ることが出来ます。

1970年代から、原発の酷さ、虚構を知って追及して来た議員の存在に感服するとともに、原発推進と言う巨額の利権に群がった巨悪によって潰されたり、懐柔されていった原発反対派も沢山いたのです。福島県のみならず、このような事は日本全国の原発立地で行われてきた事でしょう。原子力邑は、麻薬組織よりも遥かに巨大なマフィア組織と言えましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/29 23:49】 | 原子力 トラックバック(0) |

洗脳
guyver1092
 私は小学生のころに初めて原子力のことを知りましたが、(漫画でした)当然子供向けの漫画は洗脳装置として作られていますから、原発は必要と信じ込んでいました。(ちょうどこのころですね)
そのような時分は、まだ大きな事故はなかったと(隠されていて)思いますから、反原発を貫くのは並大抵のことではないですね。
 日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、見た限りのブログ等では、思い切りと言うか、覚悟が不足している人が多いですね。本当に原発を止めようと考えるのなら現状では、与党の最大の敵の共産党に投票する必要があると考えますが、そこまで思い切ったことを書いている人はいないようですね。

 近藤邦明氏のホームページで紹介されていた、たけしのガチバトルを探してみたところ、以下のブログで

http://blog.livedoor.jp/kuroiamakitune/archives/51640811.html

>22時38分ごろ TBS・ビートたけしのガチバトルで、原発止まると電力料金高くなるとの澤田たちの発言に、武田邦彦(中部大学教授)が

”日本の電力価格が高いんで、日本から電気の缶詰と呼ばれる アルミ精錬工場は無くなっちゃった。”

と発言したら、原子力村沈黙。

とのシーンを紹介していたので、探してみたところ、以下のページを見つけました。

http://savechild.net/archives/14383.html

 問題のシーンはなぜか中途半端で、原子力邑が電力料金高くなるとの発言は録画されていませんでした。原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。
 ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。


Re:洗脳
雑草Z
1970年代ころはまだ、原子力は夢のエネルギーと呼ばれていた頃で、その危険性を叫ぶ声は少なかったでしょうから、反原発派として闘う事は大きな勇気のいる事だったでしょうね。勿論反原発運動も各地で起こっていましたが、裁判で勝つ事も難しかった時代です。だから彼も

>同僚の議員からは常々「原発の事だけは取り上げるのはやめろ、殺させるぞ。」と忠告されていた

のでしょうね。私も1980年代のチェルノブイリの事故が起こる頃までは、原子力に将来性をを感じていたと思います。

>日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、

3.11以降に原発を推進する輩は本当に無知だと思います。

>原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。

彼等は自分の利益しか考えないエゴイストの面もあると考えていましたが、これ以上原発を続けたら、冗談抜きで日本は将来的に人の棲めなくなる地域になるかも知れませんし、人類が滅んで仕舞うかもしれませんのに、この期に及んで原発を推進する原子力邑の住人達は、真性の馬鹿でしょうね。
彼らが自滅するのは勝手ですが、反原発の人々も巻きこんで原発で文明崩壊にしては欲しくはないですね。


アルテミス^^
こんばんは^^

この議員さん、本当に立派な方ですね!このような貴重な話題の提供をありがとうございました^^国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。ただし、そのための、「愚かな利権構造の破壊」は避けては通れない課題となりそうです。

゚Д゚)<私、実は結構「馬鹿」って言葉は好きなので「愚か者」という表現が巷で言う馬鹿と同レベルの扱いになります。

ですから今も国民の目線に立たずに、混乱の元となる判断の片棒を担いでいる、東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です!!

Re:
雑草Z
>国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。

そうですね。半分もいれば社会は改善されますね。
実は、
>この他にも彼は、様々な事を調べていましたが、議会で追及するまでには至らなかったそうです。

で、もっと色々踏み込んだ事をお聞きしたのですが、今回は描きませんでした。

>東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です

愚か者と言うだけでなく、大罪人ですね。多くの犯罪者よりも悪質ですね。

コメントを閉じる▲
2011-12-23 00:01
福島県では、県議会の決議を受けて、原子力邑の一員であった筈の佐藤雄平知事も、遂に県の復興計画に県内の全ての原子炉を廃炉にする要求を明記する事を決めました。遅過ぎた事実は払拭できませんが、ようやく脱原発の決心が着いたようです。県に廃炉の権限は無くとも、事故を起こした福島第一原発だけでなく福島第二原発を含む計10炉の稼働が事実上不可能となる見込みです。

東電のもう一か所の原発立地、柏崎刈羽原発7基の運転状況は、2号炉、3号炉、4号炉が2007年7月の新潟中越沖地震で停止中、7号炉は2010年8月から、1号炉は2011年8月から定期検査で停止中です。運転中であるのは、5号炉と6号炉のみです。5号炉は来年3月、6号炉も来年4月には定期点検で停止予定です。
中越沖地震があった2007年7月16日から停止中の3炉はもう4年以上も稼働されていない事になります。原発稼動が大好きな東電が、4年以上も柏崎刈羽原発を動かさなかったと言う事は、報道された以上に事故は深刻で、それを隠蔽していたと勘ぐられても当然でしょう。アメリカやドイツでさえトップニュースになったのにも関わらず、日本では当時、報道もそれほど大々的には為されませんでした。日本のマスコミは政府や電力会社の発表以上にはあまり踏み込みませんでした。既に大手マスコミは電力会社に飼い慣らされてしまっていました。確かな事は、仮に最悪のシナリオが進行していたとしても、「本当のこと」は最後の最後、事故が隠し通せなくなるまで「公表」されなかったであろうことは、今回の東電の対応を見ていれば明らかでしょう。この時もっと真摯に取り組んでいれば、今回の福島第一原発事故も防げたかもしれませんし、起こったとしてもここまで深刻にならずに済んだ事でしょう。
東電は性懲りもなく、何十年にもわたって福島第一原発、第二原発、柏崎刈羽原発全ての原発で事故隠しを続けてきた過去があります。3.11の福島第一原発の同時多発事故も、はじめに事故を軽く見せようと画策したのは、4年前の柏崎刈羽原発事故でも上手く(?)事故を隠し通したから・・と私は見ています。

現場の作業員の数も不足しています。福島第二原発の作業員と柏崎刈羽原発の作業員を全て福島第一に動員したところで人員が足りる筈がありません。自転車操業的に全国から作業員をかき集めている状況です。弱みに付け込んで震災被災者からもどんどん被曝労働者を募っています。半ば騙し同然で、福島第一原発の事故現場に連れられて行かれた作業員も沢山います。そして、マスコミなどのインタビューを受けたりして作業現場の事を口外しない事、後から病気になっても損害賠償は請求しない・・・などの一筆を書かされて作業に入っています。事故の一応の収束がつくまでのこれからの何十年もの間、被曝しながら労働する作業員の数は絶対的に不足するでしょう。それだけでも深刻な問題なのに、さらに柏崎刈羽原発で被曝労働者になる作業員を確保するなんて許されざる暴挙です。
実際にこれだけの大きな「人災」を起こしてしまったのです。さらにこれまでの数々の事故隠蔽の実績、被曝労働や労働者不足の深刻さを考慮すれば、東電には原発を稼動させる権限など全くない筈です。東電はこれから不用な柏崎刈谷原発を安全に運転する対策などをする余裕がある筈が御座いません。柏崎刈羽原発は直ちに止めて、福島第一原発の廃炉を安全に推し進める方に全力を尽くすべきです。柏崎刈羽は、即時停止して廃炉が当然です。どんなに遅くとも、2012年の春に原子炉が全部定期点検に入った時点で、二度と再稼動させてはなりません。東電は、今回の事故を償い切れる筈もないのですから、何も言う資格はない筈です。「次」は無い東電には原発を再稼動させる権限は絶対にないのです。今まで電力会社のリーダー的存在であった東電が、率先して原発を撤廃して、それに習って他の電力会社も定期点検に入った原子炉から順次廃炉を決めて全炉廃炉にする・・・それが、今回の原発事故を起こした電力会社の最低限の義務でしょう。・・勿論本来は定期点検前に即座に停止して廃炉にすべきです。

東電は当然、率先して今直ぐ全炉廃炉を決定するべきです。東電にはそれ以外の選択肢はあり得ません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

原子力邑
guyver1092
 佐藤雄平知事が、福島県の復興計画に県内の全ての原子炉を廃炉にする要求を明記する事を決めたということは、いかに原子力村の一員であっても、自分が被害を受けた場合はさすがに原子力推進と言い続けることはさすがに不可能と言うことのようですね。

 柏崎刈羽原発について、かなり忘れていたので、ウィキペディアを読んでみたところ、記憶が戻ってきました。IAEAによる調査で以外に損傷が少ないと報告されたのも思い出しました。IAEAも実は原子力推進組織だそうですので、政府との密約があり、嘘の報告をしているのかもしれませんね。
 もし隠しているのであれば、内部告発でしか表に出ないと考えます。おっしゃるように四年も再稼働しないのは、何か隠していると勘繰られるのも当然ですね。

今回もうまくいくと思ったのでしょう
アルテミス^^
雑草さん

こんばんは^^
東電の原発設置時の試算が甘かったことが明らかなのに、公的支援をジャブジャブと湯水のように行なっている状況が、いまいちというか、さっぱり理解できない今日このごろです・・・。

さて、
<東電は性懲りもなく、何十年にもわたって福島第一原発、第二原発、柏崎刈羽原発全ての原発で事故隠しを続けてきた過去があります。3.11の福島第一原発の同時多発事故も、はじめに事故を軽く見せようと画策したのは、4年前の柏崎刈羽原発事故でも上手く(?)事故を隠し通したから・・

ですが、私も同感です。未だにマスコミが震災後暫くは不安がらせるような報道一辺倒だったのが暫くして、安全、安心報道に、ガラリと変わった、あの時の感覚を覚えています。「ああ、情報統制ってやっぱりされているんだなぁ…と感じることができた震災でした」

<東電は当然、率先して今直ぐ全炉廃炉を決定するべきです。東電にはそれ以外の選択肢はあり得ません。

来年には否が応でもそのような決定をしなければならない状況に追い込まれると、勝手に思っています!!

guyver1092さんもコメント欄でおっしゃっていますが、内部告発でしか表に出てこないでしょうね。こういう企業体質は本当に残念です。

あ、事後報告ですいませんが、ブログに取り上げたかたぬまゆさんとても前向きに生きている方で、思ったよりお元気そうで安心しました^^除染に行こうかな?と思っていた旨をお話したら、とんでもない!って注意してくれました。以上事後報告です。

Re:原子力邑
雑草Z
>いかに原子力村の一員であっても、自分が被害を受けた場合はさすがに原子力推進と言い続けることはさすがに不可能と言うことのようですね。

こうもり佐藤雄平知事だけではなく、3.11以前は、福島県議会議員の殆どや、福島原発立地の町村の議員や町村長の大部分は、原子力邑の一員だったと言っていいでしょう。政治家だけではなく、地元の住民も原発推進派が主流派でした。
福島県の中でも、原発立地の浜通りでは、原発の悪口を言うのはタブーだったようです。

>IAEAも実は原子力推進組織

そうですね。日本政府が頼っている国際組織はことごとく原子力推進組織ですね。
日本がモデルを採用しているICRP(国際放射線防護委員会)も原子力推進組織ですね。日本の原発は止めて欲しくない団体で、勿論アメリカも裏で糸を引いているでしょうね。

>四年も再稼働しないのは、何か隠していると勘繰られるのも当然

かなりなシビアアクシデントを隠していたと思います。特に2号炉は酷いようです。絶対に再稼働させてはいけないでしょう。もうガタガタで、廃炉しか選択の余地はないと考えます。

Re:今回もうまくいくと思ったのでしょう
雑草Z
>公的支援をジャブジャブと湯水のように行なっている状況

これは先ず、東電を潰して、解体、若しくは国営化して全ての資産を吐きださせた後に行うべき事ですね。

>来年には否が応でもそのような決定をしなければならない状況に追い込まれると、勝手に思っています

そうですね。私もそう感じております。原子力邑が如何に巨大であっても、原発を推進するまともなメリットは何もない、原子力邑の利権のみで動いているのですから、こんなに理不尽な事はありません。国民がそこをしっかり理解し始めている現在、原子力邑は、突然崩壊を始める事でしょう。
先ずは、定期点検に入った原発を再稼働させない事です。もう、54基中6基しか稼働していないのですから、原発は発電に必要ない事は多くの国民が理解し始めた事でしょう。

>内部告発でしか表に出てこないでしょうね。

これまでは、良心的に内部告白して来た人々の多くが潰され足り干されたり無視されたりしてきましたが、来年は内部告発ももっともっと表に出てくる事に歯止めがかけられなくなるでしょう。みんなで来年全ての原発を停止させて廃炉に追い込みましょう。・・・それでも遅過ぎて、後遺症はずっと続き、深刻です。

コメントを閉じる▲
2011-12-17 00:02
Fukushima のようなシビアアクシデントを起こしたと言うのに、いまだに原発が必要だと言っている連中の頭の構造に疑問を持っています。推進派が何と言おうとも、日本の原発導入の失敗はもう決定しているのです。

説明致します。
先ず、経済的な事から説明いたします。(経済的な事よりも環境負荷の面から考えるべきですが・・・)ネットで調べても日本の原発全てが儲けた金額が不明なので、東電が原発でこれまで儲けたと言われている4兆円を元に考えてみます。
東電が今年まで、福島第一原発6基と第二原発4基、新潟の柏崎刈羽原発7基から得た利益は4兆円と言われています。(・・実際はこの金額には原発立地にばら撒いた交付金や原発推進の広告費、およびバックエンドの費用は引かれていませんから、純益はもっと低くなるでしょう・・・マイナスと言っても否定できないでしょう・・)この合わせて17基は、数から言えば日本の原発54基の3分の1弱です。東電の3か所17基の原発の総発電能力は1730万kw  日本の原発の総発電量はおよそ4890万kw ですから、発電能力から言えば日本の原発の総発電量の3分の1強を東電の原発が占めます。東電の原発は他の原発よりも比較的昔から動いていたものが多いでしょうから、日本の全ての電力会社がこれまでに原発で儲けたお金は、東電の儲けたお金の3倍弱と考えるのが妥当でしょう。
つまり、日本の原発全てが今まで儲けた金額は、高々 4兆円×3=12兆円程度です。多くとも15兆円までは達していないと見ていいでしょう。
この期に及んで生き残りを目論んでいる東電は、今回の福島原発事故の損害賠償金額を約4兆円と試算しています。・・ふざけたお話です。東電や政府が支払うかどうかは別として、実際の損害額は、100兆円レベルでしょう。【原発事故リスクコストの試算】で試算例を示しました。
これから日本で原発運転を続けて儲けたとしても、今まで儲けた額と同じくらいが関の山でしょう。原発プラントを海外輸出してもその程度でしょう。
つまり、これまで儲けた金額を多めに見積もって15兆円とし、これから儲かるであろう金額をかなり多めに見積もって15兆円として、合わせて30兆円としても、今回の原発事故の損害額、100兆円超には到底及びません。つまり、経済的な観点からすれば原発導入の失敗はもう決定事項です。

では今回の福島原発事故が起こらなかったら経済的に儲けたか・・・・と考えた場合、やはりそれは殆ど無理でしょう。何故なら、原発のバックエンド処理はどの位費用がかかるか現在のところ見当がつきませんが、数万年のオーダーで管理しなければなりませんので、それだけでも儲けは吹き飛んでしまうでしょう。つまり、経済的に言って原発導入の失敗は決まったようなものです。

経済的な事を離れて考えればなおさらです。・・(実際は使用電力が火力発電と水力発電の発電能力内で収まらなかった年は皆無ですので・・)浪費レベルの電力の使用の為に、原発を導入して、2世代かせいぜい3世代くらいが原発で作られた電力を浪費して、その付けを1000世代以上の子孫に残すと言うのですから、放射性廃棄物と言う負の遺産を残される子孫たちにとって、これほど理不尽な事は無いでしょう。これを大失敗・・・狂気の沙汰と言わずして、何と言えましょう??

以上のように試算しなくても、原発がとっくの昔に破綻して失敗しているという事は、火を見るより明らかでしょう。この期に及んで原発の是非を論議すること自体、本来愚か過ぎることです。
このような現実に目を反らせ、いまだに原発を推進する原子力邑の連中は、欲に目がくらんだ狂った連中と言えますが、それだけでは済まされません。一生かかっても背負いきれない罪を背負った大罪人の集団と言えましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/17 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |

算数もできない原発推進派
guyver1092
 原発推進派の言うとおり今回の福島の事故の損害が4兆円だとしても、経済的には破綻していますね。儲けるために費やした時間は40年かかったものを、一瞬で損害を発生させていますからね。普通の経済感覚では到底リスクが高すぎるという結論のはずです。
 算数が出来ないからでしょうね。

Re:算数もできない原発推進派
雑草Z
 推進派は、はじめから費用対効果などまともに計算する積りは無いのでしょうね。計算すれば破綻している事は明らかですから・・。

>原発推進派の言うとおり今回の福島の事故の損害が4兆円だとしても、経済的には破綻していますね。

確かに東電だけの事を考えればその通りです。ここでは、日本の原子力発電産業界自体が、経済的にも負の遺産を残して終わると言う事を説明する為に、実際の損失額を30兆円以上として見積もりました。

推進派は算数が出来ないどころか、国民の多くの命よりも原発が大切だと考えている最低の屑どもでしょうね。



コメントを閉じる▲
2011-12-11 00:02
初夏に植えて7月頃から沢山実を付けて楽しませてくれたアイコは、大体9月頃枯れてしまいましたが、(・・アサガオにやられたのかも知れません。【アサガオトマト】・・)鉢に植えてテラスの上に置いた一つのアイコだけ、12月に入っても枯れずに実を付け続けています。いまだに花が咲いているのには驚きですが流石に実の育ちは悪くなり、なかなか赤くならないようになりました。最盛期にはこの一つの鉢で1日10個くらい収穫出来ましたが、今では色が赤くなり切っていない実をせいぜい週に5個くらいの収穫です。それでも、雪が降り始める12月にアイコを収穫出来るとは思いもよらない嬉しい誤算です。

冬のアイコ3


冬のアイコ2


冬のアイコ3


冬のアイコ4

干し柿を吊るした奥がアイコの鉢↓(左奥が柿の木)

冬のアイコと干し柿


本日、昨夜のお風呂の温かい残り水をアイコの鉢にやろうとバケツに汲んでテラスに行くと、蝶のようなものがひらひら落ちてきました。今頃蝶ではなかろう、落ち葉だろう・・・と落ちた先を見ると、蝶が止まっていました。急いでカメラ付き携帯電話を持って来て撮影致しました。昨年は、11月半ばに大根の葉にしがみついてる季節外れの蝶を見ましたが、【晩秋の蝶と大根】今年はそれよりも3週間も後の12月初旬に飛んでいる蝶を見ました。
本日は風が非常に強く、蝶も花や地面の雑草に必死でしがみついていましたが、いつの間にやら強風で飛ばされてどこかに行っていまいました。

枯葉のように舞う冬の蝶1


枯葉のように舞う冬の蝶2


枯葉のように舞う冬の蝶3


 会津の地で、放射能汚染が心配なく、
 木の実が普通に食べられる事を祈って、3.11以後に植えた木苺の苗↓
こんな冬に実がなっているのも驚きです。
冬のラズベリー

 人から頂いたブナの木もかなり高くなりました。(2m超)↓
冬のブナ


 
12月4日 日曜日 10時前に撮影



因みに冬の朱色の薄いアイコは、見掛けと違って非常に甘いです。夏場の真っ赤なアイコに引けを取りません。さらに暫く置いておくと赤くなって甘味もさらに増します。ほうれん草なども冬は寒さに耐える為に糖分を沢山作ると友達から聞きましたが、アイコも同じ原理なのでしょうか。
 こんなにトマトが美味いとは吃驚です。今年食べたどの果物よりも美味しいと感じました。冬のアイコは感動ものの美味しさです。今年も色々な果物を食べましたが、このアイコがずば抜けて美味しかったと感じます。上手く育てれば半年間以上楽しめるでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/11 00:02】 | 森林木のある風景 トラックバック(0) |


ねこばばってわたしかな?
((((ノ・。・ノ
もしかして、東北地方のねこばばって、、、わたしのことかな??あさぎまだらでしたw^ー^w
と、カフェから飛んでやって来ましたが|・。・=

持病がありまして、というか発覚してからは自分の命というものを考えるようになって2年くらい経ちますか・・・。
でもこれがかなり学びになりまして、限りある命の中で、オペもせずに温存を測っております。
でもねこれって結構樂しいんですよ。

写真のチョウは、アカタテハか、ヒメアタカテハ(越冬をします)のタテハチョウの仲間ですにゃ。長年、自然観察をしてきたのでね。たぶんそうだと思いますにょ。



ねこばばさんて、あなたさまでしたか?
雑草Z
 写真の蝶の情報有難う御座います。この蝶の名前を知りたいと思っていたところです。ネットで見てみましたが、確かにアカタテハのようですね。そういえば子供の頃、昆虫の図鑑でタテハチョウの仲間は散々見た記憶があります。
 越冬するのですね?・・・驚きです。会津地方のような雪国でどうやって越冬するのでしょうか?

・・・アサギマダラもタテハ蝶に分類されるのですね。昔、この蝶を日本の国蝶のオオムラサキと勘違いしていました。
アサギマダラのほうがきれいですね。会津地方も吾妻山の麓などに沢山群れて棲んでいましたが、最近は見に行ってません。あさぎまだらさんのお住まいの辺りでは見掛けますか?

初めてのコメント有難う御座いました。お身体のほう大切になされて下さい。


アルテミス^^
こんにちは

この写真の蝶々は、私の地方でも見かけます。
トマトが美味しいのは寒さもあるのでしょうが、雑草さんの愛情が伝わっているのでしょうか?というより、会津の地方で今月まで屋外で栽培できているのは素晴らしいですね^^b

日中日当たりが良く、雨があまり当たらないような環境だからでしょうか…?

ブナの木もいいですね♪


Anthony
あさぎさんも登場ですね。

 あの~その~、干し柿、美味しそうです。



http://anthony3b.blog108.fc2.com/


=・ん・=
ん・=こんばんや♪ご挨拶が遅れました。山形のあさぎまだらです。

やっぱりねこばばになるのでしょうか?・。・?
これはアンソ兄ちゃんのほうが知ってらっしゃると思うので、もしかしたら私のほうが偽物なのかもしれません。

山形です。トマトは夏に庭で育ててましたが、雪が降ってきているので摘みとって、室内の出窓に放置しております。赤くなったら冷凍にして、潰してピューレにしてしまおうかとw

アサギマダラはね、身体に毒がありますので綺麗なようで、それが結構渡り鳥たちにとっては美味しくないのだそうです(爆)磐梯山より山形の蔵王の方に飛来してきますので、夏の暑いお盆前あたりに東北へ来るんじゃないのかな?最近では北海道にまで飛んでいくようですから。
アカタテハ(タテハチョウ仲間)は越冬するので、例えば冷凍庫に入れても気温が15度以上になれば再生するのですよ=^ー^=v全国的に生息しております。
樹木の風の当たらなそうな隙間や、木造の家の隙間や、岩壁の下などにシールのようにペッタンコになって越冬しますよ。
オオムラサキは、鮫川村に多いのではなかったかな?もっと大きなサイズで真っ黒に紫ですから。

アンソ兄ちゃんは、虫が苦手だったと思うのでやっぱり干し柿がいいのですね つ・m・ノ我が家でも干し柿をカーテンのように釣り下げておりますよ。食べるよりも、作ることのほうが樂しいのです♪



アイコが甘いのは・・
雑草Z
    アルテミスさん

 このタテハ蝶の仲間は、大きく分けるとアゲハ蝶の仲間のようですね。羽を広げているのは、風に飛ばされないように必死にしがみついているからでしょう。

>トマトが美味しいのは寒さもあるのでしょうが、雑草さんの愛情が伝わっている

う~ん、愛情を注いで作っているとは言えませんね。11月頃からは水をやるときに、前日の風呂の残り湯など少し暖かい水をやっているくらいでしょうか・・・愛情と言うよりも、冷たい水だと吸収力も下がるようですから、少々暖かめの水をやって、温めてあげようと言うだけです。風呂に人間の垢など栄養分があるのかも知れません・・・実際は風呂の残り湯などに時々少々液肥等を入れたりしているだけです。
でもやはり寒いと糖分を沢山作って甘くなると言うのは本当じゃないかと思います。

>会津の地方で今月まで屋外で栽培できているのは素晴らしいですね

ホント、これは驚きです。テラスの上は多少暖かめなのでしょう。

>日中日当たりが良く、雨があまり当たらないような環境

確かにそんな環境です。



干し柿は作ったから・・・
雑草Z
    Anthonyさん

>あの~その~

あさぎまだらさんの事以外書く事無ければ無理に書かないで下さいな。ついでにHPのアドレスをべたで貼り付けないで下さい。

実際家の干し柿は固めで美味いですが、今年は放射能の影響で、心配していたのですが、作った人がいたもので・・。


雑草Z
    あさぎまだらさんは山形県にお住まいですか。
 アサギマダラは、渡り鳥のように移動するのですね!
アサギマダラは珍しい事もあってか、アゲハ蝶よりもきれいだと感じます。

>樹木の風の当たらなそうな隙間や、木造の家の隙間や、岩壁の下などにシールのようにペッタンコになって越冬

それは初耳です。昆虫が幼い頃から大好きだった私は、昆虫は春に卵から孵って、成虫になり、夏から秋にかけて卵を産んで、冬には死んでしまうと言う先入観を持っていました。だから、小学校の5,6年の頃、同級生からカブトムシやクワガタが越冬すると言う話を聞いたときも、眉唾かと思っていました。
 蝶は一冬だけでなく、二冬も三冬も越冬する事ってあるのでしょうかね?

>例えば冷凍庫に入れても気温が15度以上になれば再生する

と言うのも凄い話です。変温動物だからこそでしょう。




Anthony
すんません。URLハズスのを忘れてました。

その昔は渋柿をなんとか食べられるように干して食べていましたが、今では濃縮された味が気にいっています。

関西では、干し柿は正月の縁起物というイメージも強いです。

僕は硫黄で蒸し欲しした福島の「あんぽ柿」が好きです。



干し柿
雑草Z
    Anthonyさん

>関西では、干し柿は正月の縁起物というイメージも強い

それは面白いですね。東北地方でもそんな事があるのでしょうか?・・・聞いてみます。

>硫黄で蒸し欲しした福島の「あんぽ柿」が好き

地元でしたが、あんぽ柿を硫黄で蒸す事は知りませんでした。
 子供の頃毎年福島市飯坂(温泉で有名な場所)の親戚からあんぽ柿を送って来ましたが、オレンジ色で柔らかくて甘過ぎて、家族みんな食べるのを余していました。小学生の私にも甘過ぎました。家で更にストーブや天日で干して食べましたがそれでも駄目でした。私は干し柿とか干し葡萄のように干した果物は生の果物のように好きではありません。
干し柿なら黒くて硬くなったもの(写真のような干し柿)が好きです。

・・でも今年は放射能がちょっと心配です。
日常生活のこんな楽しみまでも奪ってしまう原発って酷いものです。




コメントを閉じる▲
2011-12-05 00:01
怒りのドラムデモ1




怒りのドラムデモ2




怒りのドラムデモ3




怒りのドラムデモ4

怒りのドラムデモ・・・気合いの入ったコアな名称ですが、そんなイメージとはちょっと違って、活気があって楽しくて和気あいあいとした感じです。初心者でも独りでも参加し易い感じです。

★動画のほうがより、楽しさ、面白さ、活気が伝わるでしょう! ↓ 



↑↑映像にもあるように、ちゃんとしたドラムじゃなくて、鍋やフライパンでもO.K.だし、鳴り物を何も持たなくてもO.K.です。

 2011年11月26日土曜日 スタート&ゴール:代々木公園 

←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/05 00:01】 | act 写真&映像 トラックバック(0) |


アルテミス^^
こんばんは

雑草さん行かれたのですね?
どうせなら楽しいほうがいい!ごもっともだと思います!
最後のメッセージで長くなる戦いと仰っていましたが、戦わせているのは国であり東京電力及び関係者です。ほんと少しでも楽しめるのであれば、それにこしたことはないですよね。そうでなければ長く続かないですから・・・

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

 事故を起こした福島第一原発に限らず、日本の原発の現状はかなり悲惨なものであり、出来るだけ早く撤廃しても、日本の存続は怪しい状況でしょう。・・・かなりの悲壮感があります。そのシビアな現実を踏まえてデモに参加する事も大切ですが、デモ自体は楽しくやって充実感があった方が続くでしょう。マスコミではあまり報道されませんが、脱原発デモは多くの種類がありますが、この「怒りのドラムデモ」は先入観よりもかなり楽しめるものでした。 

デモ行進の意味が無いほど集まれば良いのに
guyver1092
 人が集まりすぎて、デモ行進が出来なくなれば警察もビックリするでしょうね。(集まった人が会場に入れきれずにデモ行進のルート全てを埋め尽くすほど集まるということです)

Re:デモ行進の意味が無いほど集まれば良いのに
雑草Z
    guyver1092さん

>人が集まりすぎて、デモ行進が出来なくなれば警察もビックリするでしょうね。

それはいいですね!・・・6万人集まったと言われている9.19の明治公園出発のデモは、公園に人が入り切れないほどいでしたが、無能で陰湿な東京の警察が、ロープを張ったりしてデモの出発を2時間くらい遅れさせました。
でも、おっしゃるようにそれ以上の
>集まった人が会場に入れきれずにデモ行進のルート全てを埋め尽くすほど集まる

と言うのは凄く良いアイディアですね。沿道や歩道で見ていた人々が、デモ隊が通り過ぎる時に、どんどんデモ隊に合流して行ってデモ隊がどんどん膨張していくのも面白い手ですね。




=6・ん・=
正直にいいますと、実はわたしも参加したかったです。
が、健康上の都合で行くことが出来なかったのを残念に思います。
そうですね、何事も楽しくなかったなら続かないので。
もっと多くの場所に拡散して、何時になっても人が途絶えないほどの大きな大きなデモになっていければいいなあと思いました。
これが民意だと、大きく報道されることが大事だと思います。


参加チャンス
雑草Z
    あさぎまだらさん

 3つ連続のコメント、有難う御座います。
健康上の理由ならご無理なさらずに。
脱原発デモは、マスコミが無視しているだけで(この怒りのドラムデモもマスコミは取り上げていないと思います。)しょっちゅうありますよ。毎週いくつかの場所で行われていると言えましょう。昨日12月11日なんて、11日と日曜日が重なったので、全国15か所で脱原発デモがあったようです。
この傾向は来年も続くでしょうから、お身体が治ったら参加されればいいでしょう。
 脱原発はもう止められないくらいの社会の流れになってきた事を感じます。あとは時間の問題でしょう。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。