-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-10-29 00:04
原子力は化石燃料に変わって文明を支えられるか-3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原子力が石油や石炭の代替となり得るか?原子力が新たな文明のエネルギーになり得るかと言う事を、HN guyver1092さんに論じて頂く記事の第3回、最終回のまとめです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで考えてきたことをまとめると、原子力は石油のすべての能力の代替は不可能で、代替可能な物についても、石油を使うより効率が悪くなる、即ち無駄に資源を消費しなければならないことが導き出されます。同じ結果を得るために、余分にエネルギーを使わなければいけない原子力文明は、実現するのでしょうか。
 実は、文明を支えるエネルギーには共通の重要な性質が無ければなりません。それは自己再生産出来る事です。例えば石油は、動力源、熱源、材料として使っても、一部残しておけば、その石油で石油を掘り出す事が出来るのです。1の石油を使って地面に穴を堀り、100の石油がとれたとします。そうすれば1を残して99までを使うことが出来るということになります。例えば掘り出した100の石油をすべて使いきってしまえば、次に石油を掘ることは出来ず、石油資源がどれだけあっても石油はもう使えないということになります。1の石油を使って、1の石油しかとれなければどうなるでしょうか。この場合もやはり、どれだけの石油があっても石油は使えないことになります。これをエネルギー産出比といいます。
 原子力文明でこのことを考えてみましょう。原子力燃料を作るために必要なエネルギーと、その燃料を使って出てくる電力を比較すれば自分でも計算できると考えますが、検索を掛けてもウラン濃縮に必要な電力がトンあたりどれだけ必要かは出てきません。しかたがないので、インターネットでエネルギー産出比またはEPRで検索してみるとまったく相反する結果のページがみつかりました。
エネルギー収支比から見た石油の代替エネルギー
石油代替エネルギー供給技術
 結論の桁が違いすぎて笑ってしまいますが、どちらが正しいのが、次のページを参考にして考えてみます。
エネルギー供給の『電力化』は石油利用効率を悪化させる

 原発とその他の発電原価から考えると、EPRが28もある原発が6~8ほどの石油石炭火力発電(原油から計算)とほぼ同じ発電原価であるはずが無いのは、会計法に置き換えて考えてみれば明らかでしょう。投入エネルギーを必要経費、産出エネルギーが粗利益、純益がEPRと考えるとこれほど利益率に差のある商品がこの価格差はありえません。このEPRが真実なら原発の発電単価は高すぎます。この様な計算結果は原子力村の常套手段でコストの付け替え、除外で下駄を履かせた物と考えます。真実のEPRは発電原価から推測するに、石油火力発電(発電用の重油から計算)のEPR0.35とほぼ変わらない数値と考えます。石油がなくなったら原子力が文明を支えるという主張は誤りで原子力文明は成立しないと考えます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/29 00:04】 | 原子力 トラックバック(0) |

>この様な計算結果は原子力村の常套手段でコストの付け替え、除外で下駄を履かせた物と考えます。
雑草Z
原発に関しては、あまりに隠蔽している数値が多過ぎますね。だから私はEPRが破綻していると考えています。それは、

>原子力は石油のすべての能力の代替は不可能で、代替可能な物についても、石油を使うより効率が悪くなる、即ち無駄に資源を消費しなければならないことが導き出されます。

からも間接的に判りますね。まして、バックエンドの処理を考えれば原発をやるぞと考える事の愚かさは自明と言えましょう。駄目なものは駄目としっかり判断する事も科学な筈ですが、原発利権はその科学の常識(良識)も失わせてしまうもののようですね。

RE:常識(良識)
guyver1092
 推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。
 現状の政党から選択するなら、日本国民は放射能の塵の下に埋もれるか、若しくはこの政党の政府だけは許せない(共産党)政党を選ぶかの二者択一を迫られているみたいですね。国民のかなりの部分が、共産党を選ぶなら、放射能の塵を選ぶような気がしますが。どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。

地球のタバコ?
CRM
体に悪いとは分かっていてもなかなか止められないものらしい。じわじわと肩身が狭くなるかもだけど。一度吸ったらやめられない。吸わない人も吸ってみたくなる?
そんな感じですかねぇ。

Re:地球のタバコ
guyver1092
「解っちゃいるけど止められない」というのは実はとてつもない問題です。タバコ程度の害なら知れていますが、これが寿命に直接に関わる毒物なら(麻薬の類)大問題です。地球のタバコというからには地球を一つの命と仮定されていると考えますが、地球という命が麻薬に蝕まれているということで、このまま手をこまねいていると、地球全体が、かつてのイースーター島のようになり、すべての文明が消失するという事態になりかねないと私は危惧しています。

Re:RE:常識(良識)
雑草Z
>推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。

全くそうですね。推進派に原発を推進するまともな理が無いのですから、それでも推進するということは、文明崩壊が目的と見なされても然るべきですね。

>どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。

一見そんな感じもしますが、第三の方法もあります。即ち以前も言及致しましたように緑の党系の政党も既にだいぶ以前から日本にも存在します。今は風前の灯火ですが、これから台頭していくでしょう。今は大転換の過渡期と言えましょう。問題は間に合うかどうかです。

Re:Re:RE:常識(良識)
guyver1092
分かりにくい書き方をして住みません。
1 嫌いな政党の政府を受け入れる
2 放射能の塵の下に埋もれる
3 全国区の認められる政党を作る
の三つのつもりで書きました。
 ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。かりに共産主義の政党が政権をとっても、現在の閉塞状態を解決できないと考えています。共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
 今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが、選択肢にゲゼル主義があるならゲゼル主義を選びます。以前にも書きましたが、緑の党の根本にはゲゼル主義があるそうですので、緑の党には期待しています。


Re:Re:Re:RE:常識(良識)
雑草Z
はい、よくわかりました。guyver1092さんの選択肢という感じが強いですね。
>ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。
このあたりの事、もう少し具体的に説明頂けますか?
即ち、シルビオ・ゲゼルの考えと共産主義の顕著な違いについて、改めてご説明頂ければ幸いです。私はシルビオ・ゲゼルの考えというものの知識がありません。特に
>共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
の部分です。私は中国共産党や北朝鮮、ソ連などの共産主義は、労働者の社会というよりも官僚主義的という意味で保守的なので嫌いですが、キューバの社会主義はある意味理想型かと思います。カストロやゲバラの生き方は極端過ぎますが、好きです。

>今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが

そういえる部分はありますね。特に反原発という意味では、日本の共産党や社会党は他の多くの政党よりは遥かに良識的だと思います。・・・というか、他の大きな政党が原発に関しては愚か過ぎます。

>緑の党には期待しています。

日本では、みどり未来 が緑の政党と言えます。頑張って欲しいです。脱成長や生態系の主張は大賛成ですが、他に色々主張が加わって、脱成長や生態系の色が薄まる事を危惧しています。


Re:Re:地球のタバコ
雑草Z
 地球を一つの生命体ガイアと考えた場合、私もguyver1092さん同様、原子力は、地球のタバコ程度には考えられないと思います。決して地球がやめられないものではなく、地球に棲みついた最悪の病原菌であるある種のヒト種が作る強い毒素のようなものと考えるほうが妥当かと考えます。完治するまで数万年、数億年・・・やっぱり、病原菌の人間の排除が必要なのでしょうか・?・・悲しいものがありますね。

マルクスとゲゼル
guyver1092
マルクス
 労働には価値があり、労働によって生み出される(余剰)価値を立場を利用して搾取すると考えた。余剰価値は常にプラスであると考えている。
ゲゼル
 状況によっては余剰価値はプラスとは限らず、マイナスの場合もある。余剰価値をマイナスにする方法を探すべき。(例として賃貸住宅を作りすぎると、競争が激化し家賃が下がる)
 貨幣と物の間には貨幣はインフレが起きない限り、価値はどれだけ持っていても下がらないが、物は(例として生鮮食品等)は時間とともに、物理法則に従って価値が下がっていく。この結果、人は貨幣を常に欲しがり、この結果高い金利が発生し、貨幣を多く持っている者が金利という料金を徴収することが出きるようになる。(巧妙な支配方法)

 共産主義者は、貨幣の性質を使って世界を支配している事を問題にしていません。
 真実は、資本家は貨幣の性質、すなわち、価値の劣化の差と、貨幣に対する需要からくる金利で世界を支配していると考えます。

 前回書き忘れましたが、自民党、民主党よりも共産党の方が好きです。理由は雑草Zさんと同じく、より理論的で、良識があると感じるからです。ただ考えつく最上は、ゲゼル氏の方が上と感じるのです。
 みどり未来について、ホームページ見ました。資本家に騙されたような主張もありますね。ヨーロッパの緑の党のようにゲゼル理論をもっと研究し、主張の方向を吟味しないと、資本家にいいように操られる恐れもあると感じます。


Re:Re:Re:地球のタバコ
guyver1092
 ガイアの癌細胞の出す毒は、100万年以上で、既にたまってしまっているので、癌細胞を切除してもあまり意味が無いのが困った物ですね。切除すれば、これ以上毒物を出すのを止めると言うことは可能でしょうが、癌の勢いが強すぎて、切除はなかなか難しそうですね。

コメントを閉じる▲
2011-10-23 00:03
原子力は化石燃料に変わって文明を支えられるか-2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原子力が石油や石炭の代替となり得るか?原子力が新たな文明のエネルギーになり得るかと言う事を、続けてHN guyver1092さんに論じて頂く記事の第2回です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 次に、現在石油で行っている事を電気で置き換えることを考えてみます。前項と同じく次のページから考察を進めてみましょう。
小型ハイブリット
 
 このページによると、乗用車では燃費が大幅に向上するハイブリッド車でも、小型トラックでは実用燃費が改善していないとのことです。理由として、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの部分負荷時の熱効率の差が上げられていますが、トラックのエンジンのほとんどの運転域の熱効率は高いと言うことが事実から導き出されるのです。
 ガソリンエンジンの最高熱効率は30%ほどですが、実用運転域のほとんどの熱効率は10~15%で、この熱効率の差をバッテリーに貯め、倍近くの燃費にするのがハイブリッド乗用車であることを考えると、ディーゼルエンジンの実用運転域の熱効率は最低でも20%~30%近くの高効率あると推測できます。鉛電池の充電/放電効率はそれぞれ70%、リチウムイオン電池では80~90%で、原子力発電の熱効率から考えて、最終熱効率は鉛電池で約15%、リチウムイオン電池では22%ということになります。バッテリーを作るためにも資源採取から製造までの必要エネルギーを考えると、ここからさらに悪化するのは確実です(リチウムイオン電池は製造コストが鉛電池より遥に高い)。また、トラックは一日に数百キロ走ることもあり、数十トンのトラックをこれだけ走らせるための電気を蓄えるバッテリーが技術的にどんなものか私には見当がつきません。
 このことは現在使われている機械は最も都合の良いエネルギーを使って運転している、つまり最も効率がよくなるエネルギーを使っていることが導き出されます。石油を電気に置き換えれば、必要なエネルギーは現在よりも増えるということです。
 熱効率以外にも電気になると不便、不都合がある場合もあるでしょう。例えば鉱山での資源採掘にはブルドーザー、ドリル、トラック等大型の機械が必要ですが、これらを電動にすることを考えてみましょう。電気ドリルはおそらく鉱山で使える物は可能でしょうが、ブルドーザーは動く範囲こそ狭いのですが、かなり複雑な動きをします。コードを引きずって運転しようものなら、自分でコードを踏みつけ絶縁の被服を自分で剥ぎ取ってしまったら悲劇ですし、コードは邪魔で仕事にならないのは明白です。ではバッテリーブルドーザーはどうでしょうか。先ほどのトラックと同じことが言え、効率悪化は目に見えています。

 船舶についてはどうでしょうか。ウィキペディアによると原子力船の利点と欠点は次のとおりです。
利点
大気に依存せず運転できる
供給不安の石油に依存しなくてすむ
大型艦/船の場合、航海燃料の容積と重量が浮くメリットがある
潜水艦・航空母艦用に向いている
欠点
機関取得コストが高額
原子炉点検人員コストが掛かり、燃料交換・点検時、長期不稼働を強いられる
廃船・廃炉コストが嵩む
原子炉は1000~3500tの重量があり小型船に向かない
 これを見て分かるのは、要は原子炉(利点欠点が原発と重なる)そのものいうことですね。利点の一部は原発と同じで実は詐欺ですし。原子力船が実現可能かどうかと言えば、一応は可能でしょう。しかし船の目的は物を運ぶことですが、コストが掛かると言うことは、余分なエネルギーを使わなければ同じ目的を達成できないということです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/23 00:03】 | 原子力 トラックバック(0) |

ハイブリッド
雑草Z
 ハイブリッド車のプリウスが出来た頃、非常に疑問に思い、トヨタの人に尋ねた事があります。(確か環境フェアーの会場でした。・・・ハイブリッド車を環境にいいと展示させる時点でその環境フェアはコマーシャルなものになり下がっていますね。)一回電気に迂回して何故燃費が良くなるかと言う事を尋ねたのですが、そのトヨタの説明担当者は、ガソリンの半分をエンジンに使い、残り半分充電に使い、充電した分でも走らせるから燃費がいい・・・と言う要領を得ない回答でした。迂回させるとロスがある事すら理解していないようでした。その後かなり時間が経って、友人に回転数によるトルクと効率の問題であると言う事を教えて貰いました。・・でも、電気に迂回しないほうがもっと燃費をあげられると思うのですが、guyver1092さん、如何でしょう?



アルテミス^^
なるほど…
確かにバッテリーは便利な一面もある事は事実であるのですがエネルギー効率の面ではまだまだ発展の余地ありますね。

椎茸の榾木に菌を打ち付けるときに、バッテリータイプのドリルよりも、コードでタイムリーにエネルギーを貰えるドリルのほうが使い勝手が良かったです。

ただ、この使い勝手という価値観を考えたときに、時間のロスが少ないという意味が大部分を占めていて、エネルギー効率を主で考えたときは如何なものか・・・?と感じました。

少しわかりにくい話かもしれませんが、現代の価値観の尺度はこのような感じで相対的にみれるのでしょうか?

ハイブリッド車以上の燃費
guyver1092
 ハイブリッド車以上の燃費を出すためには、トランスミッションの性能によります。現在の実用化しているトランスミッションの変速比は最大で8程度ですが、これが20以上あれば、ガソリンエンジンの熱効率のおいしいところのみを使って走ることが出来るとのことです。プリウスの燃費は実用燃費で20前後だそうですが、排気量1200ccぐらいの普通の車の燃費は14~16ぐらいなのではないでしょうか。(山勘ですが)たぶん燃費は五割増し程度なのではないでしようか。単純計算になりますが、プリウスの平均の熱効率は15~22%程ではないかと考えています。充放電のロスから、ハイブリッド車ではこれ以上の熱効率は無理と考えています。20以上の変速比を持つトランスミッション搭載の車なら、充放電のロスがありませんからプリウスの1.5~2倍の燃費になると考えています。

バッテリー
guyver1092
 バッテリーの効率について参考になるページを見つけました。
http://www.morningstar.co.jp/event/1102/ms4/index.html
 過去に読んだ雑誌によると、化石燃料プラス内燃機関の自動車と同じ能力の電気自動車を作るために必要なバッテリーの性能は、鉛蓄電池の100倍のエネルギー密度が必要と書かれていました。まだ必要な能力の30分の1しかないようですね。バッテリードリルについて、持ち運びしない場合なら、コードの物のほうが出力と値段の点ではるかに上と考えますが、たとえば、スキー競技のポールを立てるために雪面に穴をあけるためにコード付きのドリルが便利かと言うと使えないですよね。電気は限られた範囲でなら(コードの範囲で)高い熱効率でエネルギーを使えますが、その範囲を超えて使う場合はバッテリーと言うことになるのでしょう。ある一定以上の出力が必要ならば、内燃機関になるのでしょうが、それ以下の出力しかいらない場合はバッテリーしかないというところなのではないでしょうか。

Re:ハイブリッド車以上の燃費
雑草Z
    guyver1092さん お詳しいですね。流石この記事を書かれていらっしゃる方です。
guyver1092さんも、迂回無しのガソリンだけのほうがハイブリッドよりも燃費を良く出来るとお考えですね!お答え有難う御座います。
私は車のメカに全然詳しくないので確認ですが、
「トランスミッションの変速比が20以上あれば」
と言うのは、車の動き出すときの低回転、高トルクの状態の時の事と考えていいのでしょうか?ここを電動にするよりも変速比を高くすれば解決すると言う事ですね?・・その場合何故現在これを20以上にしていないのでしょうか?(・・受動側のギアが大きくなり過ぎて困るのでしょうか?)

2つの効率
雑草Z
    アルテミス^^さん

guyver1092さんとはまた別の部分へのお答えです。

>使い勝手という価値観を考えたときに、時間のロスが少ないという意味が大部分を占めていて、エネルギー効率を主で考えたときは如何なものか・

ここが現代社会の効率主義の問題点でしょうね。つまり、時間の効率ばかり追求して、エネルギー効率を二の次にしてきた事です。この考え方が多くの環境問題、社会問題を産んだと言えましょう。・・その時間の効率を追求した仕事の中身も、要らない仕事だったり、環境破壊の仕事だったりするわけです。・・・エネルギーを湯水の如く使い大量生産、大量消費、遠くへの大量輸送・・・「Time is money」と言う格言は現代の時間効率主義、経済成長主義を表すような言葉で素直に受け入れられません。

アルテミスさんもこのような事を感じて、上のようなコメントを為されたのではないでしょうか?
 過去に記事にもしています。
【2つの「効率」】2008-10-25
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-346.html 


アルテミス^^
雑草様

こんばんわ^^
まさしくその通りでございます!

guyver1092さんも、色々とお詳しいですね^^b

Re:Re:ハイブリッド車以上の燃費
guyver1092
変速比20以上あると、低回転、低トルクの状態を使わずに済みます。この状態のエンジンはおそらく熱効率は10%程しかないでしょう。エンジンの回転数が一定でも、アクセルの踏み方によってトルクは変わりますが、同じ回転数ならトルクが大きいほうが熱効率は良いのです。
 ちなみに私としては、トルクと言うよりも負荷と言うほうがしっくりきます。
 現在変速比が8程度なのはトランスミッションが大きくなりすぎるのだと思います。ギア比をそこまで大きくとるとたとえば6段変速だったのを18段変速にしなければならないでしょうし、単純に考えてトランスミッションの長さが3倍必要になります。それに変速段が増えれば、マニュアルトランスミッションなら変速操作も煩雑になりドライバーの負担も大きくなるでしょう。

Re:2つの効率
guyver1092
 補足説明ありがとうございます。効率について、江戸時代の社会システムは部分部分を現代人から見ればとても非効率ですが、システム全体としてみれば破綻なく適正に収まっています。江戸時代は太陽エネルギーのみをエネルギー源としていますので、この範囲で人口のすべてがエネルギーを分けあって生きるためには、あえて非効率な方法を採用しなければならなかったのでしょう。大江戸エネルギー事情に詳しいですが、江戸時代のエネルギー効率は人力を除くと非常に高いものばかりです。

アルテミス^^様
guyver1092
 昔の趣味が今生きてきています。知識はやはり伝えてよりよい未来の選択に役立てなければいけませんね。

コメントを閉じる▲
2011-10-17 00:02
原子力は化石燃料に変わって文明を支えられるか-1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月最後の記事【石油がなくなっても原子力は稼働出来るか?】に関して、
「では現在石油や石炭で行っている事を電気で全部行えばいいではないか!」と言う反論が考えられます。この点を考慮して、原子力が石油や石炭の代替となり得るか?原子力が新たな文明のエネルギーになり得るかと言う事を、続けてHN guyver1092さんに論じて頂きました。内容が豊富で、具体的に多岐にわたり、リンクも多い大作になりましたので、今回から3回にわたって、アップ致します。先ずは第1回です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【石油がなくなっても原子力は稼働出来るか?】では、化石燃料が突然なくなった場合に、発電はどうなるかを考えてみましたが、事前にあらゆる物、システムを電動または、原子力に変えて準備をしておけば化石燃料がなくなっても大丈夫か、原子力は文明を支えられるかを考えてみます。

 まず、石炭はどのような使われ方をしているのでしょうか。
石炭火力発電〕  
 石炭火力発電の代わりはできるでしょうが、原子力のみで製鉄が可能でしょうか。次のページを参考に考えてみます。
高温ガス炉を用いた核熱利用
 還元ガスの原料としてアスファルトが必要とありますので、化石燃料が無くなったとの前提に立てば不可能ということになります。
 次に水の電気分解による、水素を還元剤及び熱源にしての製鉄が可能か考えてみます。
電気分解法
水の電気分解で電力を蓄える〕 
水の電気分解による水素の発生とその燃焼による暖房

上記のホームページから考えて、水素は還元剤に使い、電気で加熱するのが最適と考えますが、次のホームページによると電気を熱源に使う製鉄はエネルギー効率が悪いことが見て取れます。
製鉄所〕 
技術的には不可能とは言えないようですが、効率が悪くなることを覚悟しなければならないようです。


 次に石油はどのような用途に使われているか考えてみましょう。参考のページとして次を見つけました。
石油の用途〕 
 これら参考に考察してみましょう。
 まず、動力用の燃料についてですが、電気自動車は技術的に可能なのは誰もが認めることでしょう。船舶用燃料は、原子力船が考えられます。航空機用はどうでしょうか。あなたは電気飛行機が実現可能と思いますか。電気起源のエネルギーから航空機用燃料を作ろうとすると、何らかの炭素源を見つけて、それを電気分解した水素と化合させ、炭化水素燃料を合成するしか無いと考えます。この場合、農業で何らかの作物を作って燃料にしたほうがまだ効率が良いような気がするのは私だけでしょうか。
 次に、熱としての利用についてですが、暖房用に原子力の熱を利用するには、小型の原子炉を各市町村に作り、そこからの熱を利用することをしない限り、一度電力に変換しなければ原子力起源の暖房は不可能でしょう。
さらに、鉱工業原料用及び化学製品の原料用は不可能と断言できるでしょう。鉱工業用の燃料とはどのような使い方かは私の知識上はありませんが、これが製鉄等の還元剤ということであれば、電力では不可能ということになります。
 化学製品の原料、鉱工業の原料、燃料等、日本での石油の使われ方から考えて、これらを原子力で代替することは実現不可能と考えられます。実現するにしても、原料、還元剤等の利用上から現在の石油文明とは相当異なる形になりそうです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/17 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |


アルテミス^^
こんばんわ^^
リンク先が読み応えありすぎます。凄いわかりやすいですね

個人的には電気自動車は効率の悪い物だと思っています。原発以外の施設で作られた電気なら、すこしはマシだと思いますがあまり好きではないです。

理由としては、電磁波は人体にあまり良い影響を与えないからです。ガウスネットさんのほうで色々と勉強させて貰い、自分で導いた今のところの答えです。そういえばボイラーの中に石油価格が上昇した頃、こぞって作られたバイオマスボイラーというものがあるのですが、何でも燃やせるので便利な分、原発事故の放射能を帯びた廃材もいつの間にか燃やされていないかな?と気になっております。

大気に放出するNOXやSOXは一応法律で規制がありますが、放射性物質もこれからは測るようにしないと…今のままではばら撒きまくりです。



コメントありがとうございます
guyver1092
 電気自動車については、次回に考察します。楽しみにしていてください。
 原発事故の瓦礫の焼却はしてはいけない事だと私も考えています。焼却は放射性物質の再拡散を助長することは明白だからです。政府はいつも近視眼的で、国民に害を与えてから慌てふためいてごまかそうと画策し、裁判で負けても自分が悪いとの反省はしないパターンを繰り返し中ですね。
 


アルテミス^^
guyver1092様

言葉を交わすのは初めましてですね^^こんばんはです!
コメント欄ではかなりお見かけしており、かなりまともな考えを持たれた方なのだと勝手に思ってました!以後お見知りおきを♪電気自動車の記事楽しみにしています!原発事故がれきの焼却についてですが、遠方は輸送コストの部分でボイラー転用はなさそうですが、近隣は可能性的にあるかもしれないと、今の規制をみて感じております。

実際は汚染が結構酷い都道府県のゴミ焼却場のほうが問題があるかもしれませんが…

そういえばそうですね
guyver1092
 コメントを交わすのはこれが初めてですね。こちらこそよろしくです。
 電気自動車についての考えは、
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-442.html
のコメント欄でも雑草Z氏と語った際に明らかにしています。よろしければ読んで見てください。


アルテミス^^
guyver1092さん雑草さん

こんばんわ^^
リンク先目を通させていただきました!コメント欄も読みごたえありますね♪一度では理解できない、効率や仕組みがもりだくさんでした。
(やはりエコという名の割にはエネルギー効率の悪い代物のようですね)違う分野で詳しい人が沢山集まるとなんだか面白いなぁと感じる討論でした^^

少しずれますが
guyver1092
 エコと主張するモノに限らず、いまあるモノは効率を良くしようとすると、思いもよらない別のところで効率が悪化することが多いようです。
 これらを上手に取捨選択する基準としてエネルギー産出比が使えると考えますが、これで嘘をつく人もいます。

Re:少しずれますが
雑草Z
>いまあるモノは効率を良くしようとすると、思いもよらない別のところで効率が悪化することが多い

全くその通りですね。そして思いもよらぬ別のところからの効率の悪化ならまだしも、敢えてその部分から目を逸らせて効率を良く見せようとするものもありますね。それは犯罪レベルです。その代表が原発でしょう。エネルギー産出比も破綻しているのに、積み上げ方式で、バックエンド処理をコストに含んでいません。国はいまだにバックエンド処理をコストに含ませるのはおかしいと言っているようです。どういう根拠で言っているのでしょう?どうしようもない連中ですね。犯罪者と言うべきです。

 原発が発電効率が良いなどとプロパガンダしている連中は、自分で考える事の出来ない馬鹿者か、知ってて敢えて無視する悪党かどちらかでしょう。

エネルギー産出比を無視するエネルギー産業がある事自体が狂ってます。税金を湯水の如く使うからでしょう。

Re:Re:少しずれますが
guyver1092
 同意いただきありがとうございます。雑草Zさんとは多くの事柄で意見が一致し、心強く思っています。
 まったく悪党どもの強欲さには呆れ返るしかありません。しかし、別の言い方をすれば、国民もいつまで強欲な悪党を選びつづけるのでしょうか。

コメントを閉じる▲
2011-10-11 00:01
 今年この会津の地では、暑い夏が過ぎて秋になったと思ったら、いきなり晩秋の雰囲気になりました。

10月6日(木)の夕方に久し振りに今年2度目の清水を汲みに行ったら、
山道の道端のところどころに栗の木が生えていてあちこちに栗が沢山落ちていました。

栗のほとんどは、他の人が採ったか、動物に食べられた後のようで、
ほとんどのいがの中には中味が入っていませんでしたが、
それでも中には栗の実が入っているのもありましたし、
いがから飛び出たであろう栗も拾えました。
ほんの一時間足らずで大きな袋一杯の栗が拾えました。

子供の頃の栗拾いを思い出し、郷愁的な懐かしさを感じました。


栗1

↑子供の頃は、
このような栗の口を両方の靴で踏んで開けて中の栗を取り出しました。
そうしないといががかなり痛いのです。
手で取ろうとしたら、いがが刺さって、その痛みも思い出しました。

でも・・・子供の頃と今年とでは、目に見えない大きな違いがありました。それは勿論放射能・・・・

栗2

まだいがが緑色の栗は、中が茶色になっていなくて白っぽく、
小学生の頃、皮をむいたら、茹でずにみんなでそのままで食べました。
渋いけど、甘味があって美味かった記憶がよみがえりました。


栗3

↑このように、いがの中味がない栗が大部分。
中味が先に飛び散ったか、落ちた時に飛び散ったか・・・
若しくは先入者(・・人、熊・・)が採ったのでしょう。


栗の木

↑ 栗の木


行き止まりの広域林道

↑悪名高き広域林道のどん詰まり
・・実は、ここは【一人で頑張った気骨のある地主のお話
                  の広域林道のどん詰まり


秋の田園

↑今は稲刈りの真っ最中・・・空には白い月が登っている。
・・ここ会津美里町の米からの放射性物質の検出量は、会津の中でも低い方で、ほとんど検出されていないけれど、それでも放射能被害は様々な形で多くの人を心配させている話題です。


実は、会津地方の栗からはセシウムが検出されています。微量で、20Bq/kg くらいですが、気分のいいものではありません。子供には食べさせない方がいいかも知れません。原発は子供達が秋の木の実を採る楽しみも奪ってしまったばかりか、それらを食べるのにも気を使わなければならないのです。とんでもない事です。
 東京都で、子供たちを野外に連れ出して教育している保育園の先生が「道端で採ったのびるでのびる味噌も作ってあげられない」と東電前で抗議していた映像を思い出しました。現代の子供は昔の子供よりも恵まれていないと思います。そして更に未来の子供のほうがもっと悲惨になりそうです。

ここの栗は、おそらく私が子供の頃は、林道も通っていない山奥で、主に動物が食べていた栗でしょう。・・・そんな栗を人間が簡単に採れるようになった事は決していい事ではないでしょう。人間が簡単に手の届かない場所に自然の恵みが沢山あってこそ、生態系は維持されるでしょう。
 必要のない公共工事で山奥まで荒らされる事も耐えられない事ですが、更にどうしようもないほど酷い原発事故が起こってしまいました。政治家や官僚がゼネコンやプラント会社、電力会社と癒着して税金をかすめ取る為に、日本の豊かな自然を破壊し放題です。酷いものです。・・・利権構造がここまで酷いのならいっそのこと、税金が無い方がまだましかも知れません。私が栗拾いを楽しんでいた子供の頃、利権目的のこんな酷い公共工事や、何のメリットもなく人類を破滅に導くだけの原発を推進するような原子力邑の悪党どもがのさばる国になっているとは、夢にも思っていませんでした。


撮影日 2011年 10月10日
(上の説明の水汲みの日に写真を取らなかったのですが、
久々にした栗拾いの郷愁感が頗る良かったので、
3日後の秋晴れの休日に改めて栗の写真を撮影に出掛けて撮ってきました。)

←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/11 00:01】 | 森林木のある風景 トラックバック(0) |


Anthony
都会に住んでいると、全然、の変化がないです。

ただ、カレンダーと気温の上下だけの季節の移ろいです。(悲しいけれど)

 
 かろうじて、ベランダのプランターの紫蘇に花が咲いたんで、秋かなと....







アルテミス^^
雑草さん撮影日が未来になっていますよ~♪(誤字が多いので人のことはいえませんが)それとも2012年もこのような自然が保たれるようにを意図して載せられたのでしょうか?!

栗いいですね、我が家も家内が栗きんとんをこさえてくれて美味しく頂きました。ちなみに生で食べたことはないです^^;

一番下の夕刻5時頃に撮影したと思われる写真が、月とともに少し寂しげな雰囲気を醸し出して、いいですね。

<人間が簡単に手の届かない場所に自然の恵みが沢山あってこそ、生態系は維持されるでしょう

同感です、悲しいかな人間は生態系を壊してばかりですね。

Re:
雑草Z
    Anthonyさん

  おはようございます。
田舎の山の森林は、季節の変化が如実に現れますね。
紅葉が秋らしさを知らせてくれます。
やはり田舎が人間が棲むべき場所かと思います。

  ××××

・・・紫蘇っていいですね。

Re:
雑草Z
おはようございます。    アルテミスさん

 日付の御指摘有難う御座います。早速
 2012年 → 2011年 に戻させて頂きました。どう言う感覚だったのでしょうね、自分??

 栗きんとんはとても美味しいですね。アルテミスさんも拾って来られたのですね?
 一つ二つなら生で食べてもいけますよ。
一番下の写真の撮影時刻確認したら、16時55分でした。アルテミスさんの勘はぴったりですね。
毎年の秋の郷愁を誘う風景ですが、今年は放射能がばら撒かれた事で暗さが強く感じます。
 田舎の田園風景は将来に引き継ぐべき大きな遺産ですね。




Anthony
紫蘇の花をはじめて見ました。白くてとても小さな花です。

実を収穫するのが楽しみです。





アルテミス^^
雑草さん

こんばんわ^^
丁度同じような時間に月を眺めていたので予想できたのでした。こちらから眺める月の雰囲気ととても似ていたので。

栗生で1つ食べてみます^^Anthonyさんの紫蘇も良いですね。私も畑に放置していたら、いつの間にか花が咲いていました。花見をしごきとってその香りを楽しむのがマイブームです。

田舎の田園風景や山野の風景はもちろん後の世代に残して行きたい遺産ですね。昔ながらの趣きのある町並みは個人的に好きです。

Re:
雑草Z
    Anthonyさん

 紫蘇の花は可憐ですね。だけれども紫蘇は雑草のように強く逞しいですね。・・家の庭では紫蘇が自生しています。毎年種が自然にはじけ、沢山の紫蘇が花を咲かせ実ります。
 実の収穫は、アルテミスさんのおっしゃるように
花実を親指と人差し指の間でしごき採るのですよ。・・その方法は、昨年母から教えてもらいました。

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

>丁度同じような時間に月を眺めていたので予想できたのでした。

なるほど!・・・会津と静岡では、経度も緯度もそんなに違わないので、月の高度もあまり変わらなかったかも知れませんね。より低緯度の静岡のほうが、南中高度は高いだろうけれど、より東の会津のほうが早く登るでしょう。それが上手く相殺して、同じくらいの高度に見えたかも知れませんね。

栗を生で食べるときには、まだ青いがに入って、皮が焦げ茶色になる前の白っぽい栗がより美味しいですよ。

>花実をしごきとってその香りを楽しむのがマイブーム

その感覚良く分かります。手の指に紫蘇の匂いが付いていい感じですね。・・・手に色も付きますね(笑)





Anthony
>花実を親指と人差し指の間でしごき採る

 この方法でやっってみます。

 実を集めて佃煮か油漬けにしたいです。





Re:
雑草Z
    Anthonyさん

 しごき採るとき、力を入れ過ぎると茎が切れてしまいます。力加減ですね。手の感触はいいですよ。
 

コメントを閉じる▲
2011-10-05 00:22
~推進理由のタイプ分類~
 炉心溶融が3基で起こり、これまで史上最悪であったチェルノブイリをも超えるくらいの史上最悪の原発事故にまで発展してしまった感もある福島原発事故です。それなのにいまだに原発を推進しようとしている輩が沢山います。
原発は、火力や水力など他の発電方式を代替するに値する何のメリットもありません。それどころか、非常に大きなデメリットだらけです。人類を滅亡させるような大きな危険性をも孕んでいます。推進する「理」はありません。その事はここのサイトで繰り返し論じています。推進派は、事実に基づく理性的な議論は出来ずに、嘘で塗り固めたメリットをプロパガンダするしかありません。
議論は終わってる、結論はとっくに出ている】でまとめた通りです。
そんな推進派の連中が原発を推進する本当の理由を想像してみます。

先ずは、利権の為に推進する連中です。原発が他の発電方式に勝るメリットは何もない事は十分にわかっていて、嘘で塗り固めたプロパガンダを吹聴して推進する連中です。原子力邑の上層部;主に御用学者達、経済産業省の官僚、技術者、電力会社やプラント関係の技術者、役員などに多いでしょう。推進する真の理由は利権だけ。今までにも色々あった利権中心で動く公共工事の超大型版と言えましょう。大型公共工事は環境負荷が大きく、長い目で見ると人類にとってマイナスになるものが圧倒的に多いでしょうが、その中でも原発は最悪です。日本の国土の広い地域が、場合によっては世界中が放射能に汚染されて住めなくなってしまうのです。勿論大きな利権に預かった連中も、被害者になるのです。


もう一つのタイプは、推進派のプロパガンダを信じて、本当に必要だと思っている連中です。ただの愚か者と言う事になりましょう。原子力邑の裾野の原子力関連産業関係者を中心に、プロパガンダの嘘に気が付かない騙されやすい善良な市民も含まれるでしょう。原子力邑の上層部の連中も結構当て嵌まるかも知れません。・・・美味い汁を吸える原発関連の自分達の職業を正当化する為に、自分自身を洗脳して原発が必要だと思い込んでいる・・と言う側面もあるでしょう。彼等はもっとしっかり原発の真の姿と向き合うべきです。

また、推進派に直接間接脅されて、仕方なく推進派になった人も珍しくないようです。「反原発」と言えば職を失うかも知れない・・と言う事も公然の秘密のようです。職を失うならまだしも、命の危険を感じて反原発運動を止めた人もかなりいたと聞きます。身の危険を感じて、反原発運動から身を引いただけではなく、原発推進派に転身した輩も多々いるとの事です。彼等も、大きく見ればやはり自分の利権の為に原発推進している事になりましょう。


以上のタイプとは別に、核兵器を作る事が真の目的で推進する人々も存在します。日本の軍事的優位性として、核兵器を作る為の材料のプルトニウムを作って置くことが必要だと考えている人々です。日本は唯一の原爆の被曝国ですし、核拡散防止条約等の縛りなどもあり、直接表だって表明する人は少ないでしょうが、このように考える人々は結構潜在しているようです。 彼らの浅はかな点は、原発が国にある事が国防上の最大の不利になる事を無視している点です。核兵器が武器として圧倒的優位性があるとしても、国土に原発がこれだけの数点在しているだけで、日本は国防上まな板の鯉になって仕舞っているのです。(原発の密度は日本がダントツの世界一位です。)原発へのミサイル攻撃を示唆されただけで、日本は震撼する事になりましょう。勿論国内に逃げ場無しです。ミサイルが無くても、原発に潜入して電源喪失させれば、原発を爆発させて核を広範囲に撒き散らす事も十分に可能です。つまり、核兵器を持たない国からも十分に脅しをかけられる事になるのです。原発を設置した時点で、核の優位性など吹き飛んでしまうのです。


まとめますと、推進派の本音は、原爆を作るのが真の目的と言う特殊な場合も沢山いる事でしょうが、それ以外では、利権の為に嘘とわかりながら推進する連中 と、本当にそのプロパガンダを信じている愚か者達、推進派に脅されている連中と言う事になりましょう。(勿論それらの中間的タイプの人が多数いるでしょう。)

何れにしても、原発を推進する道理にはなり得ませんし、そんな理由で原発を推進する事は、許されざる事でしょう。出来る事なら、我々脱原発派は、推進派とは全く影響の無い別々の世界に住みたいものです。こんな理由で原発を存続させようとする推進派の為に放射能汚染されていく事は、堪え難き事です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/05 00:22】 | 原子力 トラックバック(0) |


Anthony
いつでも核兵器を作れるんやぞ~。って、ことで原発推進って、アホみたいや。(泣)



軍事に絞って考えてみましょう
guyver1092
 軍事には疎いのですが、攻撃と防御を考えると、攻撃の方が遥にやりやすいとどこかで読みました。目標は逃げないので、陽動を掛けつつ波状攻撃をすれば、簡単に原発を破壊するのは出来そうに思います。軍事の専門家はこれらをどう考えているか聞いてみたい気がします。

Re:
雑草Z
    Anthonyさん

大臣から総理経験者まで、いつでも核兵器を作れるように原発が必要だと言ってきた自民党の代議士は多いですね。今でも軍事オタクの石破とかが言ってますね。本当に愚か者です。

Re:軍事に絞って考えてみましょう
雑草Z
私も軍事にはかなり疎いのですが、

>攻撃と防御を考えると、攻撃の方が遥にやりやすい

は確かにその通りだと思います。

本気で日本を滅ぼそうとする国があるなら、これだけあちこちにある原発を守り切る事はほぼ不可能でしょう。
 この状態なら世界中のどんな国でもその気になれば日本を滅ぼせそうです。・・・こんな日本に誰がした・・・勿論推進派!


アルテミス^^
雑草さん

ご無沙汰してます。原発にミサイルが当たっただけでこの国は終わりという考えは、一時期私も考えたことがありました。どこか一つにあたっても国の3分の1以上が影響を受けそうなくらい国土に密集していますね。残念なことです。

ここまで原発ができると、廃止したあとの核廃棄物をどう処理するかが、非常に大きな問題になると思います。原発を廃止しても、これらの管理や新しいエネルギーの開発に舵を切りなおせば、沢山の雇用が生まれることでしょうネ。

今の日本の一番の問題は既存の権益にしがみついて善悪の判断(今後生まれ育つ子供たちへの環境を考えた)すらできなくなっている大人が多いことだと思います。
まぁ、どうしてもそれを維持したり、邪魔者は排除する考えの方々が上に立ち、多くのお金や人的労力を使っているのが今回の事故ではっきりしたのいたしかたない部分もありますが…。こんな日本に誰がした!雑草さんと同じ思いです。

戦争で若くして命を亡くした方々はこのような形は望んでいないと思います。


雑草Z
    アルテミス^^さん

 日本のどこに住もうが原発の被害を受けそうな場所だらけですね。原発に関しては日本の中では、沖縄が比較的安心でしょうが、中国や韓国の原発事故の影響をもろに受けそうです。日本の、中央部、東北部、南西部3か所の原発が攻撃されて原子炉を破壊されたら日本もお仕舞いですね。

>原発を廃止しても、これらの管理や新しいエネルギーの開発に舵を切りなおせば、沢山の雇用が生まれる

このような雇用も経済効果としてメリットも考える現代経済学は正に狂ってますね。フランスのアレバ社なんて、事故処理や廃炉処理でずっと儲ける積りのようですね。ハゲタカ・・と言うよりも狂気です。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。