-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-09-29 00:21
 すべての化石燃料が突然なくなったら、発電はどうなるか考えてみることにしましょう。すべての工業、農業等まで考えると、問題が見えなくなるので、発電関係のみに絞って考えてみます。
 石油火力発電は当然に止まります。水力発電は止まらないでしょう。原発も動いているでしょうが、ここに大きな落とし穴があります。原発は出力を変更するのがとても難しいのです。そして人間は昼に活動して夜に休みます。昼間と夜とでは電力の必要量は倍ほど違います。水力発電等を使っても、ここまで出力を調整できません。我々の生活は、それまで人間中心で動いていたのが、原発の出力に合わせた生活をしなければならなくなります。具体的には、国民の生活を強制的に交代で行うことにして電力の消費を発電能力に合わせて行うのです。水力発電、揚水式水力等で調整できる範囲のみでの電力をつかう生活、生産を行わなければならなくなります。もし、この様な供給に合わせた生活、生産をしなければどうなるでしょうか。
 原子力発電は核反応よって発生した熱でお湯を沸かし、蒸気を発生させて蒸気タービンを回し、これを発電機につなげ、電気を起こしていますが、需要が電力の供給能力を超えると発電機が過負荷になります。そうした場合発電機を保護するため遮断機が働き発電機を負荷から切り離されるので、その結果停電が発生します。この様な場合の停電は必ず大規模なものになります。また、需要が供給能力より遥に少ない場合はタービンは過回転となり、いずれは遠心力でタービンが壊れます。 これをタービンミサイル事故とよびます。
 この、生活をどうするかの問題が片付いたとしても、一年程すると次の問題が発生します。燃料を交換しなければなりませんが、この燃料が無いのです。
 なぜならば、核燃料を作るにはウラン鉱石を採掘、選鉱、精錬、転換、濃縮、加工をして核燃料まで加工しなければなりませんが、これらの作業は、電気だけでは出来ないのです。
 まず採掘ですが、鉱業では採掘に大型の機械を必要とします。ブルドーザー、ドリル、トラックなどです。また、爆薬も必要です。これらの機械はほとんど石油で動いています。電動のものはごく一部の様です。→[ロックドリル]など参照。

核燃料を製造するには、各種機械、科学薬品等、様々な物質を必要とし、これらを運転する、または物質を用意するには石油が不可欠なのです。
 日本では現在、六ヶ所ウラン濃縮工場は停止中のようですので、濃縮した核燃料を輸入しているのでしょう。[世界のウラン濃縮施設

上記のホームページによると世界のウラン濃縮は、米国のユーセック(USEC)、ウレンコ、フランスのアレバ(AREVA:ユーロディフの親会社)、ロシアの国営企業ロスアトム(ROSATOM)の4社が世界全体の需要の約96%を賄っているそうで、どの国で濃縮されたかにより石油依存度が変わってくるでしょう。アメリカとすると80%ほどを石油と水力起源の電気エネルギーで濃縮している事になります。ともあれ濃縮以外にも石油がいることを考えると、核燃料は石油が無ければ製造できない事は確実です。また出来たとしても、必要量なだけ製造することは不可能でしょう。ちなみに 戸田清『週刊金曜日』掲載原稿 によると過去には100%石油火力発電の電気により濃縮していた時代もあると書かれています。

原発推進派はよく「原発を否定するなら電気を使うな」と言いますが、それに対して私は「石油を一滴も使わず核燃料を作って見せろ」と返しましょう。また「日本の原発比率は30%あり、この事実は無視できない」と言うなら「「輸入核燃料の濃縮の為の石油比率は80%以上との事実は無視できない」
と返します。
 また、輸入するために船が必要ですが、原子力船は軍艦しかありませんから、核燃料を運べる船が世界のどこにも無いということになります。無理やり軍艦に核燃料を載せるにしても日本の軍艦に原子力船はありません。すなわち日本では、新たな核燃料の入手は不可能ということになります。仮に国内に輸入できたとしても、発電所まで運ぶ手段がありません。電車は原発から港まで走っていないのですから。
 結論 
原子力発電は石油の力を借りなければ発電できない発電システムで、「石油がなくなったら原子力がある」と言う考えは、寝言です。

 + +++ +++++ +++++++ +++++ +++ +

原子力の費用対効果やエネルギー産出比が破綻して使いものにならない事は、原子力の事故の期待値(数学的意味での「期待値」)やバックエンドの事まで考えれば明らかです。しかし、それとは別に、実際に石油無しで原子力を稼働出来ない事を示すのは大変そうなので、手を付けていませんでした。その困難な説明を、ここのサイトの常連であるguyver1092 さんにやって頂いたのがこの記事です。原子力は、石油文明の一部であり、石油無しでは原子力も稼働できないのです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/09/29 00:21】 | 原子力 トラックバック(0) |


Anthony
莫大なエネルギーを使う宇宙開発も縮小してほしい。

本音は、軍備もやけど...




>原発の出力に合わせた生活
雑草Z
この記事を何度か読み直していたら、気になったフレーズが
>原発の出力に合わせた生活

です。人間の生活が機械に支配されて仕舞うと言うのは昔からよくあるステレオタイプのSFですが、現代社会はまさしく既にそのような状態です。
 そして、出力調整が困難な原発の為に、深夜電力でお湯を沸かしたり(使うのはかなり時間が経ってから・・)と、非効率な電気の浪費生活をしている訳です。不便なだけでなく危険極まりない原発に合わせた生活をしてまで原発をする意味がある筈がありません。近い将来、愚の極みであったと言われる事でしょう。

>昼間と夜とでは電力の必要量は倍ほど違います。

その、使用量の少ない夜間でさえ、電力は浪費の限りを尽くしていると言う事になりますね。石油の浪費にもなるわけですね。
酷い世の中です。



Anthony
僕は、江戸時代みたいなリサイクル&低消費世界と最新のIT社会がうまくかみ合ったような理想を夢見るダメ人間です。(笑)

こんだけ、通信関係が発達してるのに、ジェット機を使って海外に行って会議とかするビジネスマンとかも、なくなってほしい。



RE:軍備
guyver1092
 宇宙開発について、子供のころは別の恒星系の大地に降り立ってみたいとの夢を持っていましたが、現実の宇宙開発はエネルギー産出比的に割に合う物は限られている様ですね。例えば無重力合金とか読んだことがありますが、宇宙にその設備と原料を持っていって製造し、持ち帰って利用するなどばかばかしくてやってられないほどのコストがかかりそうです。
 人間が真に理性ある動物なら、危機を予測し、それに対処すれば、軍事力で他人の資源を強奪して自分だけ生き延びると言う選択肢は存在しませんから軍備は必要ありませんが、現実は原子力村を見ている限り、人間に理性を期待できないかもしれませんね。

RE:原発の出力に合わせた生活
guyver1092
 日本では便利な生活のために電化を進めてきたのですが、どこかのボタンの掛け違いで、本末転倒な珍妙な事態になっていますね。原因は恐らく、目先の事しか考えていない経済思考でしょうね。

情報化社会
guyver1092
 通信自体は重要なもので、遠隔地の情報を入手することにより、消費削減も可能な事態もあるでしょうが・・・ 情報通信機器の製造分で、削減分を大幅に上回ったりして。

宇宙開発
雑草Z
    guyver1092 さん

>現実の宇宙開発はエネルギー産出比的に割に合う物は限られている

との事ですが、あるんでしょうかね?・・通信衛星とかを想定されているのでしょうか?・・・人工衛星も地上に落下してきて危険で嫌ですね。

一応という意味です
guyver1092
 詳しくは無いのですが、現在の石油づけ社会上の経済システムの中で商業化出来ているものは一応、割にあっているのではと考えています。ただし、石油が不足してくると考えられる現在では、これまで割にあっていた物が割に合わなくなるという事は充分ありえると考えています。
 衛星の落下のリスクを考えれば、もっと悪くなるかもしれませんね。


Anthony
昔のソ連の衛星とかは原子炉を積んだものが、あるんでしょうかねぇ?

もし、あって、落下してきたら怖い・・・





Anthony
戦争と、戦争のための訓練にどんだけ無駄なエネルギーと物資が消費されるんだろうなぁ。

バカだなぁ、人類は・・・



コメントを閉じる▲
2011-09-23 00:11
9.19明治公園1



9.19明治公園2



9.19明治公園3



9.19明治公園5



9.19明治公園4

 9月19日月曜日 東京・明治公園 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/09/23 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |


Anthony
キューピーちゃんも反原発!

なのに、原発推進のおっさんの多さ




Anthony
>なのに、原発推進のおっさんの多さ


この場所に原発推進の人が多くいるって意味じゃなくて、世の中には、多いって意味で。



デモ参加者の覚悟
guyver1092
 あるニュース記事によると、日本人の75%が原発反対と書かれていましたが、この選択を通すためには選挙で真に反原発の政党に投票する事が必要となりますが、そのような政党はすべて弱小政党です(本当は推進派だけれど反原発のふりをしている既存政党もあります)。
 当然経験も、政治的な駆け引きも下手でしょうし、国際政治のなかで、自分の主張を通す術も知らないでしょう。原発反対を主張する人自身の経済的基盤を否定することを主張している場合もあるでしょう。私が選択するなら、それらのマイナスポイントを差し引いても反原発の政党に投票します。理由は、次の事故が日本の風上で起こる前に止めないと日本が壊滅し、経済がどうの国際的地位がどうのとの意味がなくなってしまうからです。

>キューピーちゃんも反原発!
雑草Z
    Anthonyさん

 このキューピーちゃん気に入って下さいましたね!・・実は私も一目で気に入って、写真を3枚ほど撮りました。その中で丁キューピーちゃんが正面を向いている写真がこれです。
インパクトが強くて、後ろの魚もかすみますね。

>なのに、原発推進のおっさんの多さ

確かに推進派はおっさんやおじいちゃんが殆どかも知れません。彼等は、とんでもない負の遺産を残して死んでいくのでしょう。さっさと引退して頂かないと子孫が途絶えるでしょうね。

 

>この場所に原発推進の人が多くいるって意味じゃなくて、世の中には、多いって意味
雑草Z
勿論その意味に捉えてますよ!
ホント、推進派の中心は、中年以上の男性ですね。・・どうしようもない酷い連中です。

Re:デモ参加者の覚悟
雑草Z
日本の反原発デモは、警察の介入が酷いと言っても、中東の反政府デモのように命がけではありませんね。だからこそ、原発を泊まって欲しいと願うなら、デモに参加する事くらい大したことは無いし、仲間が出来ていいですね。

>そのような政党はすべて弱小政党

そこが日本の意識の低さですね。・・・でも脱原発を強く主張する政党は、今は弱小でも、大きく伸びる政党が現れるのも時間の問題かと考えます。

>それらのマイナスポイントを差し引いても反原発の政党に投票します。理由は、次の事故が日本の風上で起こる前に止めないと日本が壊滅し、経済がどうの国際的地位がどうのとの意味がなくなってしまうからです。

そうですね。ここの部分、本質ですね。しっかりみんなに認識して欲しいものです。原発が存在することで、暗い未来が待っている事もしっかり認識するべきでしょう。



Anthony
キューピーちゃんも、いいけど、太鼓叩いているお姉さんのほがもっといい!(あ、これは個人的なことで...笑)




Re:
雑草Z
そうですか!彼女は太鼓も上手いし、シュプレヒコールの声も大きく良く通り、とても意欲的な素敵な方ですよ。
 3.11以降、彼女のように若くて意欲的な方々が、どんどん脱原発デモに参加して、大いに盛り上げています。
 チャラチャラ遊びまわっている若者達と違って、みんな筋が通っていて素晴らしい方々です。


Anthony
やっぱり、

声が大きそうな顔をしてはります。(私見ですが)




Re:
雑草Z
声量があるから大きい声を出せるのでしょうが、普段声が大きいわけではないでしょう(笑)
 このような良識的で元気な方がいると盛り上がりますね。

コメントを閉じる▲
2011-09-17 00:12
原発事故から半年も経ち、色々隠蔽されてきた事実が明らかになってきた現在でさえ、恥ずかしくもなく堂々と『想定外』を主張する面の皮の厚い輩が沢山存在し、彼らの主張を信じている連中もかなり多いことには呆れるばかりです。勿論『想定外』というのは責任逃れの言い訳に過ぎません。
震災後最初の記事【1000年に一度の天災などというまやかし】でも述べましたが、先ず「1000年に一度の天災」という報道のいい加減さについて述べます。
 日本で地震の観測が始まってまだ100年くらいです。19世紀以前にはまともな震度計もなかったでしょう。地質を調べたところでその後色々変わっているのですから正確な情報はわかりません。1000年に一度のレベルなんて断言出来る筈がありません。「ここ数百年で一番大きかった津波だったと推測出来る」・・と言える程度でしょう。
日本では、1980年頃から地震予知に力を入れて長い年月と大きな予算をつけて研究して来ましたが、いまだに大した成果をあげていません。「地震予知に関しては、専門家の推測と素人の推測は大差ないレベルである」と言ったら地震予知の専門家は怒るかも知れませんが、実際に多大な税金を投入して、殆ど成果が上がっていないのですから、怒るべきは国民のほうでしょう。予知出来ないなら出来ないで、そのように言えばいいものを、予測出来なかった大地震に関して「想定外」と言って責任逃れを図るのは、詐欺行為に近いと言えましょう。予知出来ないくせに、「そんな津波の危険性はない」と言ったのだから、詐欺的犯罪行為というべきでしょう。
1000年に一度の天災」という表現は、今回のような巨大津波が東北沿岸に押し寄せたと考えられている貞観地震が西暦869年に起こったからだと言われます。しかしこの事だけで「1000年に一度の天災」と言うのはあまりにお粗末です。たった2回だけの巨大地震の間隔が1000年程だったからと周期現象のように言うのは科学ではありません。更に貞観津波と今回の津波との間の1500年頃にも東北から関東を巨大津波が襲った痕跡があるとの研究もあります。それならばおよそ500年毎に3回の巨大津波があった事になります。もっと沢山の巨大津波が起こらなかったと言い切れる証拠もありません。
この表現は、「日本で(若しくは『世界で』)1000年に一度の割合の大きな天災」のイメージを植えつけるものですが、それは非常に恣意的な情報操作とも言えましょう。
「東北地方の太平洋岸では、1000年振りくらいに起こった巨大地震、巨大津波と推測される」と言い直すべきです。そのような適切な言い回しはわざとせずに、「1000年に一度の天災」と表現するところに2重のまやかしがあります。
 一つは「東北地方の太平洋岸では1000年に1度」を「日本では(世界では)1000年に一度」のようなイメージを与えている点です。そしてもう一つは、「1000年に一度の地震、津波災害」を「1000年に一度の天災」に置き換えてしまっている点です。そもそも原発事故の悲惨さから言って、1000年に一度の天災でも想定に入れないなんて許されることではないでしょう。1万年に1度、10万年に1度まで想定に入れるべきです。・・・と言うよりも今の科学の力で、地上で起こるカオス現象を千年に一度だとか一万年に一度だとかは、判断出来ないでしょう。

 原発事故のレベルに関しても原子力邑の人々は「想定外」と言っています。ブラックアウト(全電源喪失)も全く想定していなかったといいます。無責任にも程があります。だから、初動対応が最も大切な事態が現実になったとき、どうしていいか判断がつかずに、対策が遅れに遅れ、1号機も3号機も爆発に至っています。前代未聞の1号機、2号機、3号機同時炉心溶融に至っています。無能無力無責任な対応です。これだけ大量の放射性物質の外部放出やメルトダウンは「あり得ない」と言って、もしもの想定をしていなかったのです。
原子力安全委員会の斑目春樹委員長は浜岡原発に関する裁判で、非常用ディーゼル発電機が2基とも起動しない場合について、「そんな事態を想定していたら原発は造れない。だから割り切らなければ設計なんて出来ません。」と答えたとの事です。大事故が起こったら一国が滅ぶかも知れない原発を割り切って造っていい筈がありません。実際そのような事態になってしまったときにどうしようもなくなって、事故を終息させるどころか、どんどん拡大させていきました。そして、チェルノブイリに並ぶくらいまで大きな事故に発展させてしまいました。(もうチェルノブイリを越えたとも考えられます。)「危機管理能力がない」などと言う生易しい表現ではなく、「究極の無能・無責任な愚か者達」・・と言うべきでしょう。「想定外」だったから、対策も考えていなかった・・・と言ういい訳にもならない言い訳をしています。。
過去、国会では共産党の吉井英勝議員が2006年に、地震による全電源の喪失を予想して質問していました。これに対し、鈴木篤之原子力安全委員長は大した根拠もなく「安全性は確保されている」と答えています。福島県の議会でも、共産党県議団が、巨大地震による引き波で、冷却不能の事態が発生したらとの質問状を2007年に出していました。それらを受けて多くの原発では対策をしたのですが、東電は、コストをケチって無視したのです。「完全な『人災』に他なりません。東電の「想定値」は、東電が支払ってもいい「想定コスト」から逆算して算出した値と言えましょう。
それらを「想定外」で切り捨てようとするのは、科学でもなんでもなくて、ただのご都合主義です。自分達の責任逃れでしかありません。無責任極まりありません。色々なところから憂慮されていた大地震が実際に起こってこんな災害を起こしてしまったのですから、謙虚に全面的に非を認め謝罪すべきです。勿論どんなに謝罪したところで許されざる事ですが・・・。

イタリアでは、地震予知失敗の罪を問われた研究者7人が過失致死傷罪で起訴されています。理由は大地震の前に「安全宣言」をしたからです。
 原発事故での津波や電源喪失を「想定の必要なし」とした原子力安全・保安院や原子力安全委員会は、「業務上過失致死傷罪」よりも遥かに罪が重いでしょう。想定しなければならなかった事態を、故意に「想定外」にしたのですから。

このような事を『想定外』と言っている時点で、日本の原発政策は、終わっていると言えましょう。無責任極まりありません。今回の福島第一原発事故がどんなに酷い状態にまで発展しても、原子力邑の住人達は『想定外』と言う言葉で片付けて、責任逃れを図るに違いありません。

原発震災以前から日本の原発の酷さについては結構知っていた積もりの私でさえも、3.11以降の原発事故に対する日本の原発関係者達の対応は、あまりにもお粗末でどうしようもないものでした。その無策さ、無能さ、無責任さこそが「想定外」でした。そしてここまで酷い状況に陥りながらもまだ原発を続けようとする輩が沢山いることも想定外でした。ここまで無能で無責任な人々が原発を推進する事は許されざる事です。過失と言うよりも重犯罪行為と言うべきでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/09/17 00:12】 | 原子力 トラックバック(0) |

unthinkable
noga
我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812




迷い人
「さよなら原発1000万人アクション」が、あさって9月19日、明治公園であります。坂本龍一さんなどが呼びかけ人に入っているので、集会・デモに参加しようと思っています。しかし、私は、デモと言うと樺美智子さんのことを思い出します。「『反原発』は、『反核』と同じ性格のものだ。」と権力側で言っている人もいます。つまり、アーティストなどが呼びかけ人に加わっているとしてもデモはデモです。権力に盾突くことに変わりはなく、社会を変革するためには犠牲になる覚悟が必要なのかも知れません。この前の反原発のデモでは逮捕者も出ました。私は、樺美智子さんと同年代ではありませんし、あの時代のデモとは違うでしょう。しかし、デモに軽い気持ちで参加していいものかどうか、いつも迷います。雑草さんは、デモをどう思いますか?効果があるのでしょうか?

Re:unthinkable
雑草Z
    nogaさん

はじめまして、
主張も概ね理解出来なくもないですが、反論でもないようで、コメントの目的が見えません。・・失礼ながら、ただの御自分のサイトの紹介に見えます。
いきなり御自分の主義主張を書きなぐられたようですので、特に返事の必要はないようですね。
ここのコメント欄に書く内容でもないと思います。
あなたのコメントもある意味 unthinkable で
communication breakdown
 していると思います。

Re:
雑草Z
    迷い人さん

 はじめまして(・・ですね?)御相談有難う御座います。

>デモはデモです。権力に盾突くことに変わりはなく、社会を変革するためには犠牲になる覚悟が必要なのかも知れません。

 デモ demonstration は、本来テロ行為などとは全く違うものです。反社会的な行為ではありません。違法行為でもなく、国民に認められた権利です。悪い権力に楯突く事に罪悪感を持つ必要は全くないでしょう。寧ろ誇りを持ってデモに参加すればいいでしょう。原発推進派が反社会的な行動だと思わせたいのでしょう。非常に姑息なやり方です。
 ただ単に、
「原発は社会にとって最高に害悪で、人類を滅ぼす危険性をも孕むから反対する」
・・それだけでいいと思います。
 面白い事に今回の反原発デモは、政治的な団体に属していない沢山の人々が、純粋に原発反対の立場だけでデモに参加しています。他のイデオロギーは持ち込まずに、脱原発のみで、結束したデモは効果があると思います。
 「犠牲になる覚悟」みたいな悲壮感は持たない方がいいかと思います。軽い気持ちでの参加もいいでしょう。デモを楽しむ積りで参加するのもいいと思います。
 概ね福島県の警察は、しっかり交通整理してくれて、反原発デモにも中々好意的です。しかし、東京の警察官の一部や公安の中には、デモを妨害したり挑発する「権力の犬」に徹している奴がいますから、若干注意です。・・と言っても、こちらから挑発したり、相手の挑発に乗なければ特に心配は要らないでしょう。

 デモが最良の方法だとは思いませんが、反原発の民意はしっかり政府に知らしめた方がいいでしょう。過去に於いては、デモはあまり成功はしていなかったかも知れませんが、現在はネットや携帯電話など強力な情報ツールが増えましたから、過去の失敗例はあまり参考にならないでしょう。その例として、今年、中東のデモは、ネットや携帯電話の活用で、長年続いた独裁政権を次々と倒して来ました。
 原発は、一刻も早く全廃しないと日本は放射能汚染大国路線をまっしぐらです。未来が無くなります。

 なお、ここのコメント欄に載せたくない内容で質問等ありましたら、ここの HN 雑草Z にメールアドレス入れて置きますからメール下さい。実は、こちらもメールしようと思ったのですが、設定ミスか何かで、最初はこちらからは返信の形でしかメール出来ません(笑)

想定外
guyver1092
 究極的には彼らが儲けることのみ想定し、それ以外は何も想定しなかったのでしょうね。彼らは原子力災害による損害賠償も想定していないでしょうし、生物集団としての日本人という種族の遺伝子が傷つくことも想定していないのでしょう。
 放射能で汚染されてしまった食料品は責任を持って原発推進を主張する者で消費してもらう必要があると考えます。彼らは内部被爆で癌になることは無く、子供の健康被害もないと主張しているのですから、安心して食べることが出きるはずですよね。自らの体で証明する義務があるでしょう。

想定外だったこと・・・思ったより節電が浸透していること。
power
雑草Zさん


原発推進派にとってですが(笑)


東京電力管内においては15%節電が要請されていますが、8月は前年同月比で約22%節電となり思っている以上に節電が浸透しています。東京都葛飾区の亀有商店街などは「今までどれだけ電気を使い過ぎていたかよく分かった。ずっと、節電を継続しLED電球に切り替えて行く」方針を打ち出したほどです。

今年の8月は戦後4番目の暑さでしたが、戦後最も暑かった去年の8月と比べて約22%も節電できたと言うことは、平年並みの暑さであればもっと節電できたということです。日本で1番人口の多い首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)であっても、これだけ節電できて計画停電どころか使用率90%以上になったことも皆無に近い(それどころか、水力発電トラブルで電力不足に陥った東北電力管内へ電気を供給する余裕すらあった)という「偉業」を達成できました。


原発推進派は大慌てしています。ショッピングセンターや商店街や遊技場などの照明が暗く(間引き)なった当初は戸惑いを感じましたが、今ではすっかり慣れてしまい「電気をどれだけ無駄に使っていたか。原発どころか、水力・火力も減らしても問題ない
んじゃないか」と多くの方が気付いてしまったからです。

まさに、想定外でしょう。

Re:想定外
雑草Z
    guyver1092さん

>究極的には彼らが儲けることのみ想定し、それ以外は何も想定しなかった

 言われてみればおっしゃる通りですね。これが、guyver1092さん一流のブラックジョークではなく、本当の事だから、どうしようもありません。

>彼らは原子力災害による損害賠償も想定していないでしょうし、生物集団としての日本人という種族の遺伝子が傷つくことも想定していない

こんな奴らが原発を推進していたのですから、背筋が寒くなりますね・・・実際にこんなに事故が拡大してしまいましたのも彼らの「想定外」の賜物ですね・・。 
 彼等は大きな刑事責任も負うべきですが、人数が多過ぎて、今のところ主流派だから、責任逃れしている・・・と言うとんでもない状況ですが、彼らが主流派でいられるのももう直ぐ終わるでしょう。そしたら・・。

>自らの体で証明する義務がある

全く以てその通り。記事に書かなかった「想定外」に本質に迫ったコメントありうがとう御座います。

Re:想定外だったこと・・・思ったより節電が浸透していること。
雑草Z
    powerさん

 guyver1092さんに引き続き、記事の内容として考えていなかった『想定外』の真を突いた素晴らしいコメント有難う御座います。
 おっしゃるように、電力会社は停電のリスクを煽って、原子力の必要性をアピールしようとしましたが、逆に日本人はしっかり節電して、暑い夏をしっかり楽に乗り切りましたね。まさに電力会社から見れば「想定外」のリアクションでしたね。電力会社の自滅策でした(笑)

>「今までどれだけ電気を使い過ぎていたかよく分かった。ずっと、節電を継続し
>今ではすっかり慣れてしまい「電気をどれだけ無駄に使っていたか。原発どころか、水力・火力も減らしても問題ない
んじゃないか」と多くの方が気付いてしまった

とっても好ましい方向ですね。これで原発無くても十分にやって行けますね。・・・と言うよりも、はじめから原発は全く必要のない無用の長物でしたが、国民の中にも原発が必要ない事が広く浸透してきましたね。まさに

>「偉業」を達成

ですね。原子力邑の人々が主張する「想定外」はただの見苦しい言い逃れですが、それを機に日本の国民は、色々な「想定外」を発見しましたね。原子力邑は今や崩壊の道を辿っていますね。

guyver1092さん や powerさん のコメントを受けて、もう一度「想定外」と言う記事を書きたいと感じました。 
 

コメントを閉じる▲
2011-09-11 00:11
 以下項目別に推進派のプロパガンダを挙げ、宣伝内容と異なる実情を描かせて頂き、そのプロパガンダ全てが破綻していること、つまり原発をやる正当性が破綻している事を示します。

この記事は、コメントなども参考に随時加筆訂正致します。
脱原発派は、推進派との論争にお使い下さい。
推進派は、まともに反論出来なければ推進していい道理はありません。
立場の定まっていない方は、原発の本当の姿をしっかり見定めれば自ずと答えが見えるでしょう。


1.絶対安全? 
 実際に危険過ぎる事は、3.11以降だれもが認識した事でしょう。これ以上言うに及びません。はじめから危険過ぎる事は判っていたから安全神話を創ってきたのです。この期に及んで「想定外」で逃げようとするのは姑息で卑怯過ぎます。

2.地元の要請?
 電源三法交付金の札束で頬をたたいて地元の人々を懐柔し、それでもなびかない者は脅して、「地元の要請」と言って押し付けてきたのが実情です。民衆の反対は賄賂と権力によって強制排除してきました。地元での説明会も、さくら、やらせのオンパレードであった事は、やらせメール事件など次々と明らかになっています。

3.発電料金が安い?
 燃料費が安かったのは、アメリカやイギリスが軍事利用の為に濃縮ウラン燃料をダンピングで売ったり、使用済み核燃料のプルトニウムを買い取っていた当初だけす。現在は全然安くありません。発電施設に至っては、火力発電などよりも遥かに大げさでお金がかかります。そして、なんと言っても詐欺的なのは、原発を設置する自治体にばら撒く交付金、そしてバックエンドのコスト(発電が終わってからの廃炉作業以降のコスト)は、コストに上乗せされていないと言うトリックがあります。さらに今回のような事故の期待値(確率統計用語としての『期待値』)も含まれていません。これらの費用も上乗せすれば、火力、水力発電の数倍のコストになるでしょう。・・10倍以上になると言っても誰も否定出来ないでしょう。・・つまり、費用対効果が破綻する事になりますから、原発はやればやるほどトータルで損失になるのです。

4.電気が不足する?
 原発が発電量の30%・・・と言うのは、原発を最優先に使って他の発電施設を休ませての話です。推進派は原発が必要なものになるように、深夜電力温水器だとか電磁調理器、電気ストーブ、挙句はオール電化住宅のように、電力を使うのには能率が悪くて適さないものを増やし続けて電力の浪費に努めてきましたが、それでも火力、水力などの発電能力の限界内で殆と足りています。原発が稼働を開始した1960年代半ばから現在に至るまで、ピーク時の電気使用量が、火力と水力の発電能力を超えた年は一度もありません。真夏のピーク時にちょっと足りなくなりそうな事があっただけです。節電の必要すらなかったのです。それ以上に、原発を利用してまで作らなければならない電気などありません。もしも足りなければその分使わないまでです。

5.原発は安定した発電方式?
 安定していると言うよりも、安定させて運転しなければ事故を起こす危険性が高くなるのです。つまり、原発は一端稼働させたら出力を変えずにずっと運転を続けなければならない始末の悪い代物です。原発を同じ出力で常に動かす為に火力と水力で調整しているのです。火力や水力のように、使わないときは出力を弱めたり止めたりする事が簡単に出来ないのです。その為に、使用量の少ない深夜でも同じ出力を保たなければならないので、電気温水器のように、深夜電力の利用などと言う非効率な手段が考え出されたのです。

6.石油が枯渇した時に備える[石油の代替]?
 原発は、発電所や燃料を作る段階から、使用後のバックエンド処理まで石油に依存しています。つまり原子力は石油無しに再生産出来ません。さらに原子力の燃料であるウランは、利用できるエネルギー量の換算で石油の数分の一しか地球上に存在しません。石油と比べて貧弱な資源ですが、そのわずかな分だけ掘り出して製錬、濃縮して使っても、使用済み核燃料の処分には途方もない時間とエネルギーを要します。バックエンドの処理だけで、原子力の産み出した電気エネルギー分以上に使わなければならないでしょう。石油が枯渇した後、使用済み核燃料の処理は出来なくなり、放射性物の漏れ放題になり、人類は滅んでしまうかも知れません。

7.地球温暖化防止、クリーンエネルギー?
 燃料のウランは、採掘の時石油を大量に使います。勿論廃炉処理でも、その後のバックエンド処理でも石油を大量に使います。つまり二酸化炭素を大量に放出します。原発は、非常に高温になるので、3分の2の熱は海に捨てています。この熱で海水温は上昇するし、水蒸気も沢山出ます。水蒸気はいわゆる温室効果があります。地球が温暖化しているとしたら、原発はその原因の一つにはなるでしょうが、火力発電と比べても温暖化抑止効果があるとは言えません。最悪の環境破壊物質である放射性物質をどんどん作り出しているのに(一基で一日当たり広島原爆の数発分)発電時のみ二酸化炭素を出さないと言うふざけた理由でクリーンだと主張するのは、だまし行為そのものです。最悪の環境汚染物質製造マシーンです。最も環境負荷の大きい発電方式です。

8.核の平和利用?
 はじめからアメリカの核兵器産業を支えるための、「核の平和利用」です。いつでも軍事転用が眼中にある筈です。軍事目的が無ければこのような発電方法として最悪の施設を作らないでしょう。プルトニウムを生産して、いつでも核兵器の材料として転用出来るようにしているのです。(・・実際は国防上逆効果なのですが・・)

9.国防上、核兵器をいつでも作れるようにして置く。(核兵器に転用するプルトニウムを製造する為に原発が必要)?
 こんな狭い日本の国土に原発があるだけで日本は国防上まな板の鯉です。原発へのミサイル攻撃を示唆されるだけで恐るべき脅威になるのです。原子力産業界のプロパガンダによって、原爆を持つ事が、軍事的な圧倒的優位性を持つように言われて来ましたが、原発がある時点で、その優位性も吹き飛ぶ国防上の不利となる事を忘れてはなりません。原発は国防上最もあってはならない施設です。

10.火力や水力などとのベスト・ミックスが大切?
 発電方式によって一長一短がある場合、ベストミックスを考える事も意味があるでしょうが、上の1~9で述べたように、原発は他の発電方式に勝ると言えるまともなメリットがないので、ベストミックスに考慮される発電方式の対象外です。それでも考慮しろ・・と言うのなら、答えは簡単です。原発のミックス割合は常に0%です。

   *************
以上が本当の「原発の常識」と言えるでしょう。
推進派はこれでもかとばかりに、嘘八百の虚偽で塗り固めたメリットを宣伝して来たのがお分かりでしょう。何故嘘ばかりつかなければならないか・・・それは本当にメリットが何もないからです。
笑えるくらい呆れてしまいます。こんな虚偽のプロパガンダが許されていい筈がありません。

もし、以上の記述に若干のミス等があったとしても、原発を推進したほうがいいと言う結論までにはなり得ないでしょう。それは、私の論法が優れているからではなく、科学的事実として、原発は全く割りに合わない、今すぐに止めるべき技術、既に20世紀に破綻している技術だからです。つまり、脱原発が理性的な結論です。21世紀に入る前に全廃出来なかった事は、痛恨の極みです。人類が如何に愚かかを物語っています。
 ××××××     ×××    ×××    ××××××

質問、意見、感想等大歓迎です。勿論反論も大歓迎です。・・・但し、まともな根拠に基づいて論理的に反論して下さい。まともな反論が出来ないからと、抽象的な誹謗中傷しか出来ないのは最低の行為です。・・・そのようなコメントがくれば、推進派はまともな議論が出来ず、脱原発派の主張が正しい事が間接的に明らかになるだけです。反原発派だけでなく、ニュートラルな人々にも伝わっていいかも知れません・・・。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/09/11 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

9・11:経産省を人間の鎖で囲もう!1万人アクション
isdpjsure
各脱原発・反原発団体などを支援しよう。

9・11:経産省を人間の鎖で囲もう!1万人アクション | 福島原発事故緊急会議 情報共同デスク
http://2011shinsai.info/node/764

集まれ5万人! 9・19は「さようなら原発集会」へ | さようなら原発1000万人アクション
http://sayonara-nukes.org/2011/09/110919_s-2/

脱原発:「さようなら原発」決断を 大江さんら新政権に要請、声明を発表 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110907ddm012040006000c.html
◇19日に都内で集会

アンチ原発ウイーク(9・11から9・19)・・・は、まさに百花繚乱、蜂の巣をつついたような大騒ぎ!! 田中洌
http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/327.html


DIETMEM.ZIP 2009/10/26版のダウンロード用リンク
★Axfc UpLoader 小物板 -File_56144_zip-
http://www1.axfc.net/uploader/File/so/56144.zip&key=isdpjsure


もし明日すべての化石燃料がなくなったら
guyver1092
 もし明日すべての化石燃料がなくなったら、発電はどうなるか考えて見ました。すべての工業、農業等まで考えると、問題が見えなくなるので、発電関係のみに絞って考えてみます。石油火力発電は当然に止まります。水力発電は動いているでしょう。原発も動いているでしょうが、ここに大きな落とし穴があります。人間は昼に活動して夜に休みます。昼間とよるとでは電力の必要量は倍ほど違います。水力等を使っても、ここまで出力を調整できません。我々の生活は、それまで人間中心で動いていたのが、原発の出力に合わせた生活をしなければならなくなります。これをしなければどうなるか?
 タービンミサイル事故が起きて、発電所が壊れてしまうでしょう。
 この生活をどうするかの問題が片付いたとしても、一年程すると次の問題が発生します。燃料を交換しなければなりませんが、この燃料が無いのです。
なぜか。核燃料を作るにはウラン鉱石を採掘、精錬、転換、加工をしなければなりませんが、これらの作業は、電気だけでは出来ません。どうしても石油の力を借りなければならないのです。また、日本では、ウランがとれませんから、海外から輸入しなければなりませんが、原子力船は軍艦しかありませんから、ウラン燃料を運んでくることは不可能ということになります。さらには日本の軍艦に原子力船はありません。すなわち日本では、新たな核燃料の入手は不可能ということになります。仮に国内に輸入できたとしても、発電所まで運ぶ手段がありませんね。電車は原発から港まで走っていないのですから。
 結論 
原子力発電は石油の力を借りなければ発電できない発電システムで、「石油がなくなったら原子力がある」と言う考えは、寝言です。

Re:もし明日すべての化石燃料がなくなったら
雑草Z
    guyver1092さん

 御指摘有難う御座います。非常に大切な論点が抜けていました。

>「石油がなくなったら原子力がある」と言う考え

も推進派の常套句(寝言)ですね。

8.石油が枯渇した時に備える[石油の代替]

とでもして、本文に追加させて頂きます。有難う御座います。
当方の記事でも【原発に代替案は必要か?】として一度論じています。随分前の記事ですが、いまだにときどきコメントも頂きます。反論を書こうとしている原発村の推進派と思われっる人達もいるようですが、全く反論出来ずにお門違いな事とか誹謗中傷しか書けません。それはそれで、真実が広まっていい事だと考えていますが、文の内容は間違っていなくとも、書き方説明がわかりにくいのかな?・・とも思います。(・・判り易く書いた積りですが・・)
guyver1092さんのその記事へのコメントも、今回のコメントも、私の切り口とは一味違っていて興味深く、判りやすいと思われますので、是非この件に関して記事を書いて戴きたいと思います。コメントに書かれた内容をまとめた感じで十分です。タイトルは
「石油がなくなっても原子力は稼働出来るか?」
・・とか・・如何でしょうか?

Re:9・11:経産省を人間の鎖で囲もう!1万人アクション
雑草Z
    isdpjsureさん

 情報の貼りつけ有難う御座います。
今回のように記事に関係している内容なら歓迎です。
頑張りましょう。


y.suzuki
ご無沙汰してます。
ツイッターで記事のリンク紹介させてもらいました。
未来人も原発の歴史を学んだらこういう結論となると思います。




アルテミス
こんばんは^^
私は反原発、脱原発の派になりますので、雑草さんの記事はすんなり入ります。良く推進派が使う点ごとにすっきりとまとめられていて良いと思います。そのままブログに転載させてもらうかもしれません^^;

Re:
雑草Z
    y.suzukiさん

 お久し振りのコメント有難う御座います。
>ツイッターで記事のリンク紹介
有難う御座います。

>未来人も原発の歴史を学んだらこういう結論となると思います。

そうですね。近い未来、21世紀中にはこのような正当な価値観が一般に認められるでしょうね。・・・ただ、人類が滅んでなければのお話です。・・・今まで既に、日本をはじめとして世界中で作られてきた原発によって世界中放射能汚染されて仕舞うかも知れませんね。

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

>そのままブログに転載させてもらうかもしれません

はい、是非どうぞ。広めて下さい。この記事は元々脱原発の方法論として、正しい原発の真の姿を広く知って頂く為に9.11に合わせて急遽書かせて戴きました。ビラにして配ってもいます。改良点があれば、加筆訂正していく所存です。

脱原発で戦うブログの連携を
nagaimo
推進派の痛いポイントを突いて、解りやすい記事ですね。
小生も脱原発でブログ発信をしておりますが、同じ脱原発闘争仲間で連携しましょう。
経産省前テント村にも時々行ってますよ。

Re:脱原発で戦うブログの連携を
雑草Z
はじめまして、nagaimo さん、「長芋」と言うHNいい感じです。どう言う由来で付けたHNでしょうか?

 本文にも描きました通り、原発ってメリットを探しようもないくらい愚かな発電方式ですね。推進派と真っ当に議論すれば間違いなく勝てると思います。
 連携は了解です。頑張りましょう。

経産省前テント村にも時々行ってる方なら東京近郊の方でしょうか?
当方は、今週末2月3日金曜の夜に、久々にオキュパイ・テントに行く予定です。今年初ですね。宿泊が満杯なら翌朝また行きます。宜しければお逢いしましょう。私の事は、テントにずっと泊まり込んでいらっしゃる主のようなYさんとか、やはり長く泊まり込んでいらっしゃるたんぽぽ舎のSさんとかに、会津から時々訪問して、日本酒差し入れするKと尋ねて頂ければ分かると思います。宜しくお願いします。

 兎も角今年は全炉停止で再稼働させない事です。

コメントを閉じる▲
2011-09-05 00:01
内閣官房のHPの東日本大震災復興構想会議の趣旨 http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/
には、
「未曾有の複合的大災害である東日本大震災からの復興は、単なる復旧ではなく未来志向の創造的な取組が必要です。我が国の叡智を結集し、幅広い見地から復興に向けた指針策定のための復興構想について議論を進め、未来に向けた骨太の青写真を描いていきます。」
とあります。この手の抽象的な趣旨の言い回しでは、内容は如何様にもなり得るでしょう。危険なのは、災害復興が利権構造になってしまう事です。この文章を作った官僚達も利権構造を想定しているのではないでしょうか?もう既に様々な伏魔殿の連中が利権獲得を画策している事でしょう。原子力邑の人々も、次なる利権を求めて、震災復興計画に群がっているかも知れません。

この主旨の中で、
『単なる復旧ではなく未来志向の創造的な取組』と謳われていますが、それについて、本質的で的確な洞察が重要でしょう。つまり未来は、従来通りの経済成長路線では、破局を迎えるばかりです。ステレオタイプの未来都市・・・現代以上に機械的、幾何学的でエネルギーを大量に使った、自然があまりない人工的な都市・・・を想像しては駄目でしょう。そんなものを目指したところで、成長の限界を超えた未来は、ある時点からそのような方向には進めなくなるからです。そんな方向に進み続けようとしたら、破局が待っているだけです。
政府(菅内閣)は、「エコタウン構想」を掲げて「東北を世界のモデルにする」などとも発表しました。いわゆる「エコ・ビレッジ」的な、省資源、省エネルギー型、循環型社会の小コミュニティ毎の自給的小タウンを単位とした町なら大いに可能性はあるでしょう。しかし、メガ・ソーラー、メガ・風力発電所、大型工業団地などを構想に入れた「エコタウン」構想ならば、作る段階では、一時的に活気も出るかも知れませんが、長続きはしないでしょう。ここ数十年の間に日本のあちこちにありふれるようになった、人の入らない住宅団地、企業の入らない工業団地、役立たずのでくの坊な巨大風力発電風車、さびれたテーマパークのような施設・・・が、借金と一緒に残るだけになりましょう。ゴースト・タウンのようになるのです。
避難した人数以上に多くのキャパシティを持った箱物を沢山作る事は不必要ですし、利権と借金を増やすばかりです。箱物を作ることは最低限に抑えるべきでしょう。
エコタウン構想もバイオマスタウン構想も否定はしませんが、それらを巨大な都市計画の一部として組み込む方法は、今まで破綻して来た巨大事業と同じ道を歩む事になりましょう。
理性的な観点から洞察すれば、震災復興に役立つ本物の「エコタウン」は、必要最小限にしか自然をいじらない小コミュニティの集合体でしょう。

巨額の震災国債を発行して、増税して投資しても、その投資額が回収出来るとは考えないほうがよさそうです。はじめから、復興財源は、回収はあまり出来ないものとして慎重に復興計画を立てたほうがいいかも知れません。高度経済成長もバブル経済も既に過去のものです。国や財界や投資家達が経済成長を見込んでいるとしても、利権に群がる政界財界の海千山千が、使い切って終わって仕舞う事になりかねません。経済成長を見込んだ復興計画は、確実に頓挫する事になりましょう。・巨大な復興計画が途中で頓挫したら目も当てられません。今回は、回避出来たと言うよりも、先延ばししただけのアメリカのデフォルトのように、日本も債務不履行に陥ってしまうでしょう。・・懲りずにまたしてもそんな事を計画する輩・・現段階での主流派・・には、早く引退していただく事です。


災害復興の真の目的は、被災した人たちが、しっかりと暮らしていける自治体を作ることです。投機が目的ではありません。大きな震災に遭った被災者の方々の大半は、安定した(=経済成長がなくてもいい)安全な暮らしを望んでいる筈です。安定した生活を捨てて、リスクを背負ってまで、収入を増やそうとは考えないでしょう。だから災害前よりも経済規模を拡大しようなんて無理な事は計画しない事です。成長の限界を超えた経済成長を望めば破綻は必至です。
成長経済は、20世紀、特に第二次世界大戦後のほんの数十年間の打ち上げ花火だったのです。そんなねずみ講のような経済を維持する事は破局への道である事にそろそろ気が付いてもいいでしょう。

これから長くなるであろう震災復興の最中に、おそらく日本の経済は破綻するだろうし、食糧不足も起こるでしょう。エネルギーも破綻するでしょう。(メガ・ソーラーなども役立たずになるでしょう。)・・経済成長神話を支えてきた様々なまやかしが次々に破綻するのです。
そんな時、エコ・ビレッジが出来るだけ小規模の小コミュニティ単位の自給自足体制ならば、過酷なサバイバルを生き残っていける可能性もあると言うものです。

今回の震災復興こそ、脱成長のきっかけにすべきです。原発震災まで起こってしまった今回の災害こそ脱成長の最大最後のチャンスかも知れません。
震災復興で目指すべきは、脱成長型の真のエコ・ビレッジでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/09/05 00:01】 | 脱成長 トラックバック(0) |

強欲
guyver1092
 まちがいなく、経済成長路線を念頭にした災害復興でしょうね。経済成長路線の破綻は、ちょっと考えれば分かるものですが(欲惚けしていない人に限る)過去の栄光に囚われ、現実の厳しさに向き合う精神力の無い強突く張りには出来ない相談なのでしょうね。この行動により日本人が支払うものは、生態系の悪化と将来の資源の欠乏でしょう。
 「これはおかしい」と考える人間がどれだけいるかによって、正しい方向に軌道修正できるかどうかが決まるでしょう。

Re:強欲
雑草Z
残念ながら、guyver1092のおっしゃるように、
>経済成長路線を念頭にした災害復興
でしょうね。やはりそれなら、間違いなくどこかで破綻するでしょう。

>経済成長路線の破綻は、ちょっと考えれば分かるものですが
・・・最近の世界の様子を見ていますと、もう破綻しかかっている事は判りそうなものですが、

>過去の栄光に囚われ、現実の厳しさに向き合う精神力の無い強突く張りには出来ない相談

全くその通りだと思います。「過去の栄光」も、本当は「将来の代償」がある事は明らかですね。
現在の政治家、財界人の大半は、経済成長万能説を信じている愚か者達ですね。その典型例が原子力邑の人々と言えましょう。

>「これはおかしい」と考える人間がどれだけいるか

これからどんどん指数関数的に(ジグモイド関数的に)増えていくでしょう。そしてある時点で軌道修正できるでしょうが、問題は、「それが間に合うか?」でしょうね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。