-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-08-29 00:13
~単純構造~
  
ここのサイトでは、原子力に関する議論は、3.11よりかなり以前に一応終わっていました。
2006年に総論として5回に渡って原子力の怖さ、酷さ、愚かさ、理不尽さを述べました。
2007年の東京電力柏崎刈羽事故を受けて、7回シリーズで、項目別に原発をやることの愚かさを繰り返し書きました。(このうち、【原発に代替案は必要か?】にはいまだにときどきコメントを戴いています。)
・・大体ここまでで、原発は世界を汚染する封印すべき技術である事など、原発について書くべき内容は一通り書きました。
更にしつこく、2010年11月に、今までの主な主張をまとめた記事を2つ。さらに年が明けて2011年1月に【狂気の科学技術】として、原発の愚かさを項目別にまとめて一つの記事として書きました。(この記事も3.11以降色々とコメントを頂きました。)
これで、本当に原発の本質・・・負の面しかない事・・を書き尽くした感じでした。理性的結論は撤廃しかない旨も繰り返し強調して述べました。
以上カテゴリー【原子力】のはじめの15個の記事についてです。

そして、3.11の原発震災が起こりました。
それまで散々記事にも書いてきたので、日本の原発行政の酷さはかなり分かっている積りでしたが、東電や国の実際の原発事故の対応は、予想を遥かに超える酷さでした。対応の無能さ、出鱈目さだけでなく、情報隠蔽、言論統制、とんでもない事の連続でした。~その事は書かずとも皆さん十分にお分かりでしょう~。この期に及んでも原発を温存し推進しようとする愚かな原子力邑の人々によって、原発事故は防げなかったばかりでなく、事故も被害も大きく拡大するのを防げませんでした。彼らの罪はかなり重いと言うべきでしょう。

この、3.11を受けて、一旦終了した原発論議を脱原発の為に再開いたしました。・・と言っても、既に原発の本質については書き尽くしていました。そこで新たな参考文献として、3.11以降出版された、今まではあまり表に出て来なかった真実を書いた数少ない良心的な本や雑誌を見つけて参考文献とし、主に原発利権構造の事などを中心に記事を書きました。

 原発には複雑な問題があるように言われますが、根本は単純構造です。複雑な問題にして誤魔化しているのは推進派です。

原発が非常に危険なものである事は、事故が証明しています。これだけで、原発は十分に廃止に値しますが、百歩譲って、原発の是非論議が成立するかどうか考えてみます。その場合、この非常に大きな事故の危険性と比べて天秤にかける価値のあるくらい大きなメリットがなければなりません。即ち、これだけ危険だけれど、その代わり費用対効果が非常にいい(発電単価が安い)とか、環境負荷が極端に小さいとか、・・・しかし現実はこの大きな危険性に見合うだけのメリットは何一つ見い出せません。見出せないどころか、原発の費用対効果は破綻していますし、環境負荷も抜群に高い発電方式で、他の追随を許しません(笑)・・つまり、原発事故の大きなリスクと引き換えに享受出来るメリットが何もないのです。だから、議論の余地も無く、原発は発電手段の候補から真っ先に落ちて然るべき、最低の発電方式なのです。検討の余地が全くない酷い代物なのに、推進派によって推進され続けてきた詐欺的代物なのです。
原発は、他の発電方式と比べてまともなメリットが無く、人類には背負い切れない大きな負の遺産を残すのだから、完全撤廃しかない・・・と言う、極めて単純明快な構造です。

原発の導入を検討し始めた20世紀半ばには、原発に対する間違った認識からくる大きな期待があった事も事実でしょう。その頃は利権だけではなく、過大過ぎる期待から推進された・・という側面もあったでしょう。でもそれは、せいぜいはじめの10年くらいのお話です。その後、原発の手に負えない大きな負の面が、多くの人に認識されるようになりました。
チェルノブイリ原発事故の後、世界は明らかに脱原発の方向に進みました。困った推進派は、1990年代に二酸化炭素温暖化対策として原発が有効である・・・などと言うとんでもないまやかしを言って、原発の巻き返しを図りました。・・驚く事に、日本もそんなふざけた話に本気で乗っかってしまいました。最低の政治家、最低の官僚です。二酸化炭素温暖化説の真偽は置いておいても、原発がエコだとか、地球温暖化防止になるとかを本気にして引っかかる馬鹿者が沢山いた事には呆れるばかりです。この辺りも責任の所在をはっきりさせなければなりません。

理性で考えれば、どんなに遅くとも、20世紀末までには、原発の真の姿・・・役に立たないばかりか危険極まりない手に負えない代物・・・が見えた筈です。原発は駄目だ、論外だ・・と言う結論に到達出来た筈です。日本も理性的結論に従って脱原発に舵を切っていれば、今回の福島原発事故は無くて済んだ筈です。それを阻んだのが、利権です。だから3.11の原発事故は明らかに人災です。
3.11で日本以外の多くの国が脱原発を決めました。それは、理性で考えれば当然の成り行きです。原発の真の姿を知れば当然の選択です。
3.11でこれだけ大きな原発事故を起こした時点で推進派は負けです。失敗です。もはや、議論の余地はありません。背負い切れない大きな責任を負うべきです。官僚や企業の推進派のトップは全員切腹ものでしょう。
 
 当方の記事【原発に代替案は必要か?】などのコメント欄にも、何故か反論をよこす人が今でもときどきいますが、まともな反論を出来ている人は皆無です。大抵の輩は恥ずかしいステレオタイプの、既に破綻している事を根拠に、お門違いな反論になっていない反論を試みているだけです。
 脱原発に関して、推進派の方々と議論しても負ける事は無いでしょう。それは、私の議論の方法が上手いのでは無く、脱原発は、理性的正論だから反論の余地がないのです。原発推進派には、原発を推進するだけのまともな根拠が示せないのは当然です。
人々は、原発の現実、真の姿をしっかり把握すべきです。原発の真実の姿を知れば、原発がどれだけ愚かな発電方式であるかがわかり、推進する理が無い事がわかる筈です。つまり結論は、原発撤廃しかあり得ません。

 もうとっくの昔に結論は出ていますから、とっとと原発は撤廃すべきです。原発を稼働すれば、一日一日と、半永久的管理が必要な、極めて有害な使用済み核燃料が増えていくのです。
脱原発は理性的方向なのですから、くどくどと議論する必要は無いのですが、原発撤廃の日までは、当然過ぎる主張を繰り返す事になりましょうか?
一刻の猶予もありません。放射性廃棄物を出し過ぎて、日本は、地球は、放射能汚染地域だらけで、人も他の生物も棲めなくなってしまうかも知れません。
成長の限界による複合的カタストロフィーももう始まって仕舞うかも知れません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/29 00:13】 | 原子力 トラックバック(0) |

自滅を目指す思考の原因
guyver1092
 原発推進派は、自分自身を洗脳しているのかも知れませんね。自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するためです。当然自己洗脳している者は、原子力村のトップ連中だけではなく、裾野の原子力関連産業で生活を成り立たせている者もです。この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。これは突き詰めると、経済成長路線にも関連しているのでしょう。すなわち、「原子力発電は、経済成長に欠かせないものである。」のでしょう。
 脱経済成長は、脱原発でもあると考えます。

Re:自滅を目指す思考の原因
雑草Z
>自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するため

 直ぐに自己を洗脳出来るのは、幸せな方かも知れませんね。自己正当化が上手いというか、理性で考えることを放棄しているというか・・・

>この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。

そうですね。全くお門違いで反論にならないコメントばかりです。単純に(騙されて?、思い込んで?)自己正当化する連中は、理性で思考することを放棄しているからあんなコメントを恥ずかしくもなく出来るのでしょうね。
・・あんな反論になっていない脱力コメントでは、脱原発派は勿論の事、ニュートラル派も如何に原発推進の理がないかを確認するだけですね。ギャグ効果の自滅ですね。(笑)

私も原発は経済成長主義の典型的な自滅の例だと考えています。

>脱経済成長は、脱原発でもある

私も全くの同感です。

コメントを閉じる▲
2011-08-23 00:12
私の町にある農事試験場の試販売所で、「アサガオトマト」と言う苗を見つけました。聞くと、アサガオとミニトマトを掛け合わせて作ったトマトだとか・・・。掛け合わせではなくて、バイオテクノロジー、遺伝子組み換えではないかと尋ねましたが、そうではなく、掛け合わせだとか・・・。
花の観賞用か実の食用か尋ねると、何と両方で、朝顔のような花は観賞出来るし、その後になる実は食用で、皮が厚くて、すっぱいけれど、結構食べられるとの事。
昨年初めて、皮が厚くてすっぱいと言う、ミニトマト・アイコを沢山食べて、その虜となった私は、ちょっと高かったけど試しに4つ苗を購入してきて、早速庭に植えて見ました。

初夏、7月に入ると、青紫色のアサガオのような花が沢山咲いて、その後に細長い小さなトマトが房なりになりました。・・・小さいと言っても、大きなアイコくらいの長さ(4cm位)でした。食べてみると皮が固くてすっぱくて、結構美味しく、私の好みの味でした。・・・これはアイコだ!

2011年7月31日 日曜日 朝 撮影

アサガオトマト1

アサガオトマト2

アサガオトマト3

アサガオトマト4





以上、真っ赤なアサガオ・トマトの話は、真っ赤な嘘です。冗句です。
本当は、アイコ・トマトの苗を植え、支柱を建てたところに、庭に自生して毎年生えてくるアサガオが出て、支柱やアイコトマトにツタが巻きついたものです。
昨年、このアサガオを(わざと抜き残して)トウモロコシやカボチャやエダマメと混植しても大丈夫だったので、今年もアサガオは沢山抜き残しました。それがアイコの支柱やアイコ自身に巻きついたのです。
アサガオは、夏の旬の自然農薬(草木農薬)になると、「自然農薬で防ぐ病気と害虫」古賀綱行著 と言う本に書いてありましたので、防虫効果などもあるのかと思います。

アサガオを抜けばもっと沢山ミニトマトは採れる・・・と家庭菜園の師匠に言われましたが、適当に誤魔化して、アサガオはそのままにしています。4本買った苗は、2本ずつ別々の畝に植え、そのうち2つの苗は、一つの畝に植え、アサガオを巻かせました。他の2つの苗は昨年抜き残して越冬した大根の畝に南向きに混植しました。大根と混植したほうの苗は、大根が茎を伸ばし、大きくなって花を咲かせている部分に植えたので栄養が大根に取られたかなんらかの原因で、実ったアイコトマトも小さく、大根は種を採ってから抜いたのですが、アイコもそのうち葉から枯れてしまいました。枯れる前に2つの苗からそれぞれアイコを2~30個ずつくらいは収穫したでしょうか?。
・・・一方、アサガオと混植したアサガオトマトのほうは、アサガオが後から生えてアイコに巻き付く前にアイコが十分に育った事もあるでしょうが、大きく立派に育ち、二つの苗合わせて、毎日10~30個のアイコトマトを収穫しています。でもこのごろ(8月に入ってから)は、アサガオの生長力が強く、そこらじゅうでアイコに巻きつき、支柱もアサガオの蔓に乗っ取られそうな勢いです。アサガオが過剰かも知れません。
これだけの実験から、アイコトマトとアサガオとの混植は効果抜群・・・とは申しませんが、少なくともアイコ・トマトをアサガオと混植しても、枯れずにトマトは沢山収穫出来る事がわかりました。勿論アサガオもきれいな花を咲かせる事もわかりました。来年もっと実験出来ればいいと思います。

因みに今問題の放射性セシウム137は、トマトへの蓄積は非常に小さく全ての作物の中でも蓄積量は最も低いほうに入るとの事ですので、ちょっと安心して食べています。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/23 00:12】 | 一寸日常生活 トラックバック(0) |

朝顔トマト
アルテミス^^
こんばんは^^

ブログの冒頭で、思いっきりこの改良品種ができているのか?と信じていました^^;あはは・・・w
朝顔いいですね~! 日本の夏には欠かせない植物です。私も小学生のころ、何時まで育てられるかトライしたことがあります。たしか11月頃まで花をつけてくれた記憶があります。
植物って素直ですよね。気にかけたらかけた分答えてくれる。ほっとくとへそ曲げるのも早いですし…。

トマトが放射線核種を吸収しにくいのは良かったですね^^現代農業に書いてありましたが、豆がセシウムを吸収しやすいようです。八丁味噌くらい熟成させれば少しは分解されるかなぁ…?と感じますが、子供たちにはなるべく放射性核種は食べさせたくないですね。

Re:朝顔トマト
雑草Z
朝顔の話題ですが、今晩は。

>ブログの冒頭で、思いっきりこの改良品種ができているのか?と信じていました^^;あはは・・・

それは良かったです。(笑)・・・他の人がやった事なら私もきっと信じると思います。・・・ちゃんと考えるとアサガオとトマトってかなり種類が遠いと思いますが、写真のように上手く混ざり合って一つの苗に見えます。

 毎年種がこぼれて生えてくるアサガオを抜き残し過ぎたようで、トマトよりもアサガオの勢いのほうが強くてちょっと困ってます。一番上の写真は、2つのアイコの苗に巻き付いた数本のアサガオの蔓ですが、右のアイコトマトは、8月半ばに枯れてしまいました。左のアイコトマトはいまだに沢山の実を付けて、一日おきくらいに収穫しています。

>私も小学生のころ、何時まで育てられるかトライしたことがあります。たしか11月頃まで花をつけてくれた記憶

それは凄い!・・雪国の会津地方では、せいぜい9月頃までではないでしょうか?
 アイコ・トマトを出来るだけ長く収穫したいです。
今回に味をしめて、これから毎年アイコは作りたいと思っています。


アルテミス^^
こんばんは^^

ミニトマト美味しいですよね!葉っぱが違うなぁと思ったのですが、見事に一体化していたので綺麗だと思いました。

ふと思ったら、あさがおの葉っぱが、昼顔っぽいのですが、このような葉っぱの朝顔があるのですね^^

Re:
雑草Z
    アルテミス^^さん

 ミニトマトは一般に美味しいですが、私は特にアイコがお気に入りです。皮が固くて酸っぱいのが特徴のようですが、真っ赤に熟したアイコは、かなり甘い事も判りました。

>あさがおの葉っぱが、昼顔っぽいのですが、

私はアサガオと昼顔の葉の違いは判りません。かなり以前から庭に自生していて、アサガオって呼んでいましたし、確かに朝咲いて、昼ごろには萎んでいますから、アサガオだと思っていましたが、アサガオだと言う確証はありません。・・言われてみれば、お昼近くまで咲いていて、予想外に遅くまで咲いているイメージもありました・・・。

アサガオ・トマト!!
でなしNo.146
まんまとひっかかりました(笑)

昔、ポマトがあったので、思わずネットで調べました^^
当然、雑草さまのブログがトップ表示でした。

ミニトマトについては,私もトライしております☆
ベランダにプランターで育ってくれるものですから、うれしい限りです。

ただ、土壌にしっかり根をおろすミニトマトには味ではかなわないと思います。
10㎡くらいでいいので畑がほしいです。

Re:アサガオ・トマト!!
雑草Z
    でなしNo.146さん

 お久し振りのコメント有難う御座います。
「ポマト」は知りませんでしたが、調べてみると成功作ではないようですね。ついでに  でなしNo.146  さんのやられたように『アサガオトマト』で検索したら、ここの記事が、トップで、次が でなしNo.146 さんのコメントでした。(笑)
・・・きっと アサガオトマト は、私の農業試験場で独自に開発されたもので、まだ私の庭くらいでしか育てられていないのでしょう。(笑)・・なんちゃって、でなしNo.146 さんのコメントのタイトルが、「アサガオ・トマト」で、間の『・』が、2種を混ぜただけである事をよく表していますね。

>ミニトマトについては,私もトライしております☆

おお、そうですか!?・・種は何ですか?
私は、アイコファンですので、写真以外にもアイコを鉢植えなどにもしています。もう一種、黒いミニトマトの ミユ も数本植えました。ミニトマトは簡単で、次々に実が成って、長く楽しめますね。1回で癖になりました。
来年は種からも蒔いて見ようと考えています。


白菜の種蒔きの季節
地下水
 アイコ美味しいですね、紫の花と赤い実が御見事です。ブドウ棚の様に太陽の光を受ける様に、しの竹で手をしてやると、10月頃まで食べられますよ、11月のはさすがに青くて食べられませんけれども、ミニトマトは野生の力を持ってますね、上手くすると大分大きくなります。
 竹さんに今年も苗が欲しいとせかされて、タキイの白菜の金将二号を買いました。もう、そんな季節なんですね。種屋さんが今年はこれが良いと勧めて下さいました。それで育苗用にと思わず安い腐葉土を買ったのですが、宮城産でしたが、思わず大丈夫かなと売り子に聞いてしまいました。栃木産の腐葉土からは1万4千ベクレルもセシウムが出て回収命令が出たそうです。宮城産もちょっと心配ですが、使います。静岡の深蒸し茶もそうですが、ついつい後で心配な衝動買いをしてしまいます。(^^;;;

Re:白菜の種蒔きの季節
雑草Z
に    地下水さん

 お久し振りのコメント有難う御座います。この記事だったら地下水さんもコメント下さるかと思っていました。

>ブドウ棚の様に太陽の光を受ける様に、しの竹で手をしてやると、10月頃まで食べられますよ

それはいいですね。来年は是非それに挑戦してみようと思います。会津は雪国ですから、10月までは無理かもしれませんが、9月いっぱいくらい食べられたら嬉しいです。7月はじめから3ヵ月も収穫出来る事になりますね。
 今年も一本の苗から累計で数百個のトマトの実を収穫出来たと思います。本日も、2、3日振りで収穫して、アイコで50個以上、その他のミニトマトも含めて100個近く収穫しました。地下水さんのおっしゃるようにお裾分けしたいところですが、放射能の事があって、お裾分けしにくい状況です。・・と言いつつ、何人かには私が持って行って一緒に頂きました。・・お裾分けはいいですね!

>タキイの白菜の金将二号を買いました。もう、そんな季節なんですね。

そうですね。もう庭では秋の虫が鳴いています。
 白菜は難しそうですね。秋大根は、昨年越冬して今年花が咲いたので、種を取りましたが(・・・F1かと思いますが・・)放射能が心配ですので、どうしようかと思います。
・・・でも、実験で採取したF1品種の種を植えてみようと思います。
 今年は、原発事故であんまりやる気がなかったので、畑も昨年の畝をそのまま使いましたし、雑草だらけです。雑草との混生にするのが自分のやり方ですが、ちょっと雑草在り過ぎかも知れません。(汗・・笑)

セシウムが心配なら同じアルカリ金属のカリウムを多めに撒けば、植物体内にはセシウムの代わりにカリウムが吸収されるようです・・・と言うよりも、元々カリウムが必要なわけですから、カリウムがあればカリウムが吸収され、無ければ代わりにセシウムが吸収されるのですね。
 また、植えつけの前に消毒も兼ねて熱湯を畑に撒けば、セシウムは流れるようです。水でも流れますが、熱湯を撒けばセシウムを吸収した微生物が死んで、セシウムが流れやすくなる・・・と言う新説があります。・・結構理に適っているのではないでしょうか?


Anthony
僕はトマトが大好物なんですが、今年の夏は、なんだか高いです。

食卓にのぼる機会が減ってます。

貧乏がわるんやけど~~





トマト
雑草Z
    Anthonyさん

確かにトマト高いですね。放射能の影響も多かれ少なかれあるのでしょうね。

 トマトは美味しいですが、特にミニトマトはいいですね。その中でもアイコは特にお気に入りです。
アイコの存在を知ったのは昨年で、作っている方から沢山戴いて大好きになったのですが、今年は家に苗を植えたので7月からほぼ毎日食べる事が出来て最高です。ただ、アサガオトマトの4本の苗は、アサガオに負けたのか、徐々に枯れてきて、8月末には遂に最後の1本も枯れてしまいました。アイコは鉢に植えた1本が残るのみです。・・ただ、まだみゆが残っています。

コメントを閉じる▲
2011-08-17 00:11
~メリットが何もないから正反対の事を言うしかないプロパガンダ~ 

           ~推進派の常套手段~ 

危険過ぎるから                絶対安全
 費用対効果が計算出来ないから     安い発電費用
  押し付けだから               地元の要望
   軍事目的だから              平和利用
    放射能を出すから            クリーン
     発電所が余っているから        計画停電
      つまり、
       不必要だから           必要


         ~単純明快・明らかに詐欺~

「完全な居直りによる堂々とした詐欺」・・と言う評価が妥当と思われます。

ジョークではなく正にこのレベル。
これ以上議論の余地はないようなので、脱原発が理性的な帰着点。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/17 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

真の目的
guyver1092

危険過ぎるから          日本を破滅させるのが目的ですから危険なのが良いのです
 費用対効果が計算出来ないから   無駄遣いの快感を知ってもらいたいのです。
  押し付けだから          日本人は自分でものを考えられないから代わりに考えてあげましょう
   軍事目的だから          日本が必ず負けるよう日本専用の超巨大原爆を54機作りました
    放射能を出すから         放射能で日本人を強制進化させます
     発電所が余っているから      無駄に使って生態系を破壊し、文明崩壊を必ず実現します


アルテミス^^
あまりに大きな詐欺や居直りはこの国では取り締まられないとか…ブラックジョークにしてはあまりにも厳しいです。

だって核種を取り込めば遺伝子レベルで破壊されるのですから…

Re:真の目的
雑草Z
    guyver1092さん

 またまた、上手いブラックですね。これまたジョークと言い切れないところが原発行政の暗部と言うか愚かな本質です。
本文と同じ形式で、左側は全く同じ書き出しで、上手くパロディーにしていますね。お見事です。・・・「パロディ」と言う表現は、ちょっと不適切かも知れません。記事と完璧に呼応しています。
 3列に並べて、1行目がそのまま左側で、2行目は私の記事の右側、3行目が guyver1092 さんのコメントの右側・・とすれば、ぴったりですね。つまり

放射能を出すから クリーン 放射能で日本人を強制進化させます

という感じです。最後に

つまり、

不必要だから 必要 偽りの理由で日本人を操りたいのです
 
・・とか付け加えたいところです。

××××    ××××

ところで、お薦めの「原発の深い闇」は購入して読みました。非常に凄い本でした。その事については、改めて、コメントを頂いた記事
【コスト】[2011-07-23 00:01]
のコメント欄に呼応して書かせて戴きます。
向こうにもお返事下さいませ。
 

>あまりに大きな詐欺や居直り
雑草Z
   アルテミス^^ さん

原発に関しては、3.11以前からかなり調べて考察し、一応完結していました。
3.11以降出た本で更に調べて確信した事は、
やっぱりどうしようもない人類史上最悪の愚行だと言う事です。

原子炉は5重の壁で守られていると言いますが、5重の嘘で塗り固められている・・・と言うべきでしょうね。
 そして、5重の理由で破綻しているとも言えましょう。
 まあ、4重か5重か6重かは解釈の問題ですが・・・

どっちにしてもこの期に及んで推進する奴は、エゴイスティックな欲張りか原発の実体を見ていない愚か者か悪魔でしょう。

理解不能
guyver1092
不必要だから     必要  人類終焉を目指すにはどうしても必要です。


 彼らの理論構造は私には理解不能です。民間人の原発推進派とは違っていろいろな原発の真の姿を知っているはずなのに、また本来は日本の将来を見据えて政策をらなければならない立場のはずなのに、なぜかしていることは、破滅を目指す政策ばかりですから。


アルテミス^^
こんばんは^^

>原子炉は5重の壁で守られていると言いますが、5重の嘘で塗り固められている・

理にかなっている表現だと思います。コメント欄に核心をついているような表現がありますね流石です!!「原発の深い闇」購入して読んでみようかな…

Re:理解不能
雑草Z
    guyver1092さん

>不必要だから     必要  人類終焉を目指すにはどうしても必要です。

のほうが、上の「真の目的」の流れから言って、整合性がありますね。こちらに致しましょう。

>なぜかしていることは、破滅を目指す政策ばかり

もうとっくの昔・・20世紀中・・に原発の失敗はわかっている筈なのに、原発推進を続けるのは、guyver1092さんのおっしゃる通り、
>日本を破滅させるのが目的
に見えますね。
外国のスパイやエージェントでもあるまいし、日本の官僚は、トップダウンの政策が理に適おうとなんであろうと忠実に実行しようとするようです。それが彼らの出世の道なのでしょう。「愚直」と言う表現は褒めすぎで、「愚狡」とでも言うべきでしょうか?・・最低の人種です。




Re:
雑草Z
    アルテミス^^さん

(コメントにタイトル付けて頂くと返事がし易いですね。)
原発は、本当にメリットを探しようがない最低最悪の発電方式です。利権構造が膨らみ過ぎて、止められなくなった、現代経済成長社会が破局へ向かって行進している最悪例の典型と言えましょう。

  ××××    ××××

  3.11以降、マスコミでは殆ど報道されない原発の本質や利権構造に関する本を何冊か購入して読みましたが(・・はじめに立ち読みして、「選別」して、いいと思った本しか購入していません。・・)その中でも最高の本が「原発の深い闇」だと思います。
。ジャーナリスト魂で覚悟を決めて書いているようです。殆ど実名で告発しています。
詳しくは、以前の記事
【コスト】[2011-07-23 00:01]
のコメント欄 をご覧ください。

この内容で 980円は格安過ぎます。是非ご購入をお薦め致します。永久保存版として、参考文献にも出来ます。

原発の深い闇
アルテミス^^
こんばんは^^

タイトルつける様に致しますね^^;忘れてしまっていたらすいませんですが。コメント欄再見しました!地球の本と一緒に手に入れたいと思います。(図書館にあると助かりますが…)

それにしても闇社会を実名で告発とは凄い勇気のある方ですね、侍魂を持った方々がまだまだいることを知るとなんか嬉しいです

Re:原発の深い闇
雑草Z
    アルテミス^^さん

 タイトルあってもなくても、アルテミスさんのコメントは嬉しいものですが、タイトル付けて頂くと、複数からのコメントのとき、返事が上のように呼応して分かり易いと言う事です。

>闇社会を実名で告発とは凄い勇気のある方ですね

本書は1名で無く複数名(10名以上)のライターが告発しています。本書の方針とそれに則して書いているライター達も勇気があるのでしょうね。協力する為にもぜひ買って下さいませ。

>地球の本

とは、「地球環境読本」の事かと思いますが、1989年発行の本です。その後、装丁も変えて増刷を繰り返されたようですが、今は絶版かも知れません。図書館には在る可能性が高いでしょうし、ネットの中古本でも送料くらいで安く買えるでしょう。

コメントを閉じる▲
2011-08-11 00:02
~柳津町 虚空蔵尊近く~
福島県会津の柳津町を流れる只見川の福満虚空蔵尊圓蔵寺の下の辺りを魚渕[うおぶち]と呼びます。禁猟区であり、ウグイが沢山ウヨウヨと生息していました。えさ売り場もあり、えさとして麩を売っていました。・・この場所はあまり見物客はいないは穴場なのですが、遠くから来た友達などを連れて行くと、非常に気に入って、会津で一番のお気に入りの場所にしていました。
もう二十年以上も前から、私は食パンを持って行って、ちぎらずにそのまま魚渕の岸の近くに投げ入れていました。そうするとウグイが、パンに集まって、ウグイの体の上にウグイが乗りあがって、ピラニアのように凄まじい感じにパンを奪い合いしていました。その光景が見事なので、パンを投げ入れると数少ない見物客も集まって見ていました。バーゲンセールに群がる主婦の集団心理のようなものは、魚にもある事が良く分かります。・・その様子を見て、いつの間にか、えさ売り場でも(ちょっと古くなった)食パンを置くようになりました・・・。

ある日ひょんなことから、その魚渕から遠くない場所のガード下の側溝に、沢蟹を見つけました。もともと地下水が湧き出していた場所を、舗装して固めてしまってガードにしたところの隙間から、また清水が湧き出して、側溝に流れ出している場所でしょう。気が付かずに通り過ぎてしまいそうな小さな側溝ですが、良くみるときれいな清水が流れて、砂や泥も適度に溜まって、一部自然の沢のようになっていました。さらにカワニナも生息していました。
時々ここに着て、沢蟹を見つけては安心していました。
今年は3.11の原発事故が起こって以来ここには来ていませんでした。
落ち着いた7月下旬に、今年初めてこの場所に来て沢蟹を探してみました。簡単には見つかりませんでしたが、よく探すと小さな沢蟹が見つかって、非常に嬉しく思いました。沢蟹はこの一匹を写真に収めてあとは探しませんでしたが、カワニナは何匹も見つかりました。

魚渕沢蟹1

↑このように、結構きれいな沢(側溝)にいます。
↓発見!!・・小さな沢蟹です。側溝の側面をゆっくり歩いているところ

魚渕沢蟹2



魚渕沢蟹3

↑実は、幅10cmほどしかない小さな側溝
↓ワカニナも発見

魚渕沢蟹4



魚渕沢蟹5

 カワニナは昔はどこの川にもいたな・・。
 ↓実はこのようなガード下の固めたところにこの小さな側溝の沢があるのです。

魚渕沢蟹6


   2011年7月23日 土曜日 昼ごろ撮影



 ××××××××××××××××××××××××××××××××××××



まさかこの一週間後にこの場所が濁流に飲み込まれるとは思いもしませんでした。
7月29日金曜日の夕方から7月30日土曜日の午前中にかけて
只見川上流部の地域が大雨で観測史上初の降水量を記録し、上流部の只見町などが洪水になりました。下流の魚渕もこの蟹のいる側溝の沢も濁流に飲み込まれてしまいました。
一番下の写真の一番上に写っているガード下の部分よりも水位が上がって、堤防のラインぎりぎりまで水かさが増しました。
更に上流の只見町が洪水対策としてダムから放水し、下流の柳津町は更に水かさが増えて、洪水になって旅館の一階などが浸水しました。町民はダムの放流の知らせを受けて事前に非難したので人的被害は無かったようです。
ここの堤防の上の橋の下部が水に浸かり、堤防の上を超えて水は道路に溢れ出しました。

魚渕のウグイは、過去にも大きな洪水の度に暫くいなくなっていたようですが、いつの間にやら戻ってきていたようです。今回も今年中に戻ってくれれば嬉しく思います。
沢蟹の棲んでいた側溝の沢は、全部濁流に埋まってしまいましたから、流されずに残る事が出来た沢蟹がいたとはあまり考えにくい事ですが、わずかな可能性に期待しています。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/11 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


アルテミス^^
雑草さん

こんばんわ^^
沢蟹写真アップありがとうございます!!色がついていないところをみると赤ちゃんですね。私が家の前の用水路で見つけたサイズとおんなじくらいです。かわになもうちの周りの用水路でみかけますよ~(タニシだと思っていましたが^^;)

側溝といっても都会の側溝と違って綺麗な水も流れていて苔とかも生しているので、小川のような感じがします。これなら沢蟹が住んでいてもおかしくなさそうな雰囲気です。

それにしても良く発見できたですね。やはり好きな方は自然と勘が働いて発見できるのかな?
大雨で流れてしまったのは残念ですが、きっと戻ってくると思います!!

こんな素敵な側溝はやたらにありません・・でした。
雑草Z
    アルテミス^^さん

おばんです。

>色がついていないところをみると赤ちゃんですね。

流石!その通り。甲羅の幅1cm ってとこです。

>綺麗な水も流れていて苔とかも生しているので、小川のような感じがします。

草に覆われたガード下から元々の沢のきれいな水が直接上から注いでいるので、いい按排に小石や砂が溜まり、苔も生して、素敵でした。

これからも沢蟹の棲家の写真はアップしたいと思いますが、場所は特定出来ないように配慮したいと思います。理由は、「かにの思い出」に書いた通り、捕られて絶滅しないようにです。撮るだけならいいのですが・・。


アルテミス^^
おはようございます

>こんな素敵な側溝はやたらにありません
ですよねー。でも福島ならありそうだな…ってかんじがしちゃいます。護岸工事もフォレストベンチを活用して、ダムとかを作るのでなく、棚田とか山の保水力を向上させるような活動にすれば、人々の活動で自然と針葉樹も減ってきて、ブナやナラやクヌギやクリ等々きのこや山菜が採れる木々が増えそうですね^^

何よりも景観が風情があって綺麗だと感じます。

>これからも沢蟹の棲家の写真はアップしたいと思いますが、場所は特定出来ないように配慮したいと思います。

同感です!悪意を持った方やひねくれ者がたまにいるようなので、悲しいかな配慮は必要ですね^^;特にこのような貴重な生態系が息づく場所では。

確「かに」ほ「かに」もあります。
雑草Z
    アルテミス^^さん

 こんなに狭くて浅い側溝が沢になっているのはここしか知りませんが、そう言えば、もっと普通の大きさのU字溝が、沢になっている場所も知っています。
かにも沢山いる場所知ってます。いつかアップ致します。
 ・・・結局U字溝業者に儲けさせる為の工事であり、元々の沢のままで良かった筈です。

>大雨で流れてしまったのは残念ですが、きっと戻ってくると思います!!

魚は戻ってくるのが可能ですが、沢蟹は、濁流に流されてしまったら、なかなか戻っては来ないでしょう。・・・ガード下の沢の石の下かなんかにへばりついて流されずに残るしかないと思いますが、その可能性も低いでしょう。・・・今年中に確かめに行こうと思います。


コメントを閉じる▲
2011-08-05 00:01
7月23日に中国高速鉄道の脱線事故が起きてから、中国鉄道省や中国国家そのものの証拠隠滅や情報隠蔽体質が批判されてきました。
確かに酷いものがあります。被害者家族だけではなく多くの中国国民が怒るのも無理ありません。
しかし日本人がそれを、あたかも対岸の火事、自分の国では有り得ない非民主的国家での異様な事件として批判する(・・馬鹿にする・・)事が出来るのでしょうか?少なくとも3.11以降、かなり悪質な証拠隠滅や情報隠蔽体質は、わが国でも日常にあることが分かった筈です。
3.11以降、日本の原発事故対応の酷さは勿論の事、事故以前からの原発行政の悪質さもどんどん暴露されるようになって・・以前から反原発の人々には常識だったのですが・・多くの国民に知られるところとなりました。日本の原発政策は、中国や北朝鮮、エジプトやリビアなどの、独裁国家や民主主義が発達しないと言われている国々とあまり変わらない悪質なものである事が、多くの国民に認識された事でしょう。・・で無ければ、最高に愚かな原発が、これほど日本中に建設される筈がありません。

今回の中国高速鉄道事故で最も非難が集中していた件・・宙吊りになった車体で慎重にレスキュー活動をすることもなく、線路の下に乱暴に落とし、大破した事故車両をそのまますぐに埋めてしまった件・・などを福島原発事故の日本の対応と比較してみます。

日本政府と東電は3.11の原発事故を無きものとしようと画策したようです。私は今回の地震の最中からどこかの原発がやられたに違いないと危惧していたので、当日はテレビやラジオの報道に注意していましたが、地震直後はなかなか原発の映像も情報も報道されませんでした。夕方になって、枝野官房長官が出てきて、緊急炉心冷却装置ECCSはしっかり作動し、原発は安全に停止した・・・などと発表されました。しかし実際は、地震の1時間ばかり後の15時42分に、全電源が喪失し1,2号機の非常用炉心冷却装置注入不能に陥った事は、東電の現地から、東電本社や首相官邸に報告されています。(<環境問題を考える>【HP管理者から】No537[ 2011/03/12] ) これは、報道管制が敷かれ、東電と政府で結託して内々に事故処理しようと考えたからでしょう。おそらく、4年前の柏崎刈羽原発事故でも、事故の隠蔽がある程度上手く行ったので、また内々に事故を処理出来ないか画策したのではないでしょうか?夜になってまた枝野長官から、はじめて原子炉の冷却系統への電力供給が出来ないことが報道されました。しかしそのとき、事故は深刻な状況ではないと言及していました。その後もなかなか事故現場の映像の公開がなされず、事故以前の福島原発の資料映像が流され続けました。その資料映像が現状だと勘違いした人も多い事でしょう。(私の周りにも何人もいました。)それから暫くの間は、相次ぐ爆発事故があった後でさえ、東電も政府も、専門家(御用学者)もメルトダウンは無いと言い続けました。当初事故のレベルは4で、スリーマイル島のレベル5より小さく発表されました。チェルノブイリと同じレベル7まで引き上げられるまでに1月もかかっています。メルトダウンを認めるまでには2ヶ月もかかっています。(メルトダウンはレベル5からですから、メルトダウン前にレベル7宣言は矛盾しているようにも感じます。・・)

放射能汚染状況の情報公開もかなり遅れました。その為に多くの人がしなくても済んだ筈の被曝をしました。東電と国家の大きな犯罪といえましょう。そればかりではありません。多くの証拠を隠滅してきました。例えば、放射能測定をなかなかせずに、大量に放出された可能性の高い 半減期が数時間から数日の放射性元素、クリプトン88やテルルの様々な同位体、ヨウ素123は消えてしまいました。それらの放射性元素で被曝した人の被曝の証拠は、既に消えてしまっているのです。この中で半減期が8日と比較的長いヨウ素131でさえも、3ヶ月もすれば濃度は1000分の一以下、半年で100万分の一以下になり測定不可能になってしまいます。スリーマイル島やチェルノブイリ事故の教訓が全く生かされていません。流石に半減期が長くて、数十年以上は証拠の残る セシウム137 や、ストロンチウム90は誤魔化せずに、後からデータが出されています。(まだまだ隠蔽されていますが・・)それらのデータだってもっと早く出せた筈ですし、もっと早く出せば、人間の被曝のみならず、農作物や稲わら、家畜の放射能汚染もかなり防げた事でしょう。

以上のように、政府や東電は、最初は事故を内密に処理しようとして、それは無理だと分かったら、今度は出来るだけ事故を軽く見せかけようとして現在に至ります。そんな画策をしないで、しっかり対応していれば、事故はもっと小さく抑えられたでしょうし、被曝も放射能汚染も少なく抑えられたでことでしょう。事故の隠蔽を画策した為に、事故を大きくし、住民の避難を遅くし、被害を拡大させたのです。この意味でも今回の事故は人災であり、国や東電は償いきれない罪を犯したと言えましょう。これと比べれば、中国の高速鉄道事故は小さいと考えるのが普通の神経だと思います。

この他、中国政府の情報隠蔽体質、報道規制は厳しく、ネットの検閲・記事の削除が日常的に行われ、酷いと言われていますが、日本ではそれがないとは言えません。3.11以降、You-Tube にアップされた原発事故に関する政府や東電にとって都合の悪い映像は、次々に削除されています。(・・アップするほうも次々にアップして、いたちごっこが続いている事は中国と一緒です・・)中国政府による露骨な報道規制よりも、裏でこそこそとやる日本の報道規制のほうが質が悪いとも言えましょう。
福島原発事故と比べれば、中国高速鉄道事故などは小さな事故です。世界的、歴史的に遥かに重大な福島原発事故で、これだけ情報を隠蔽したり操作している日本の原発行政のほうが悪質だと考えているのは、私だけではないでしょう。
今回の原発事故で、日本は完全に経済大国の座を降りました。・・それは、悪い事ではありませんが、原発事故の日本の対応は、日本が国民主権の民主国家でない事をも世界に知らしめました。非常に恥ずかしい事であると同時に、非常に恐ろしい現実です。このような悪質な原子力邑体制を日本に存続させてはなりません。中国の高速鉄道事故を批判したりお馬鹿にする事が悪いとは言いませんが、その前に、もっと愚かな日本の原発行政をしっかり追及するべきでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

日本国の有能さ
guyver1092
 情報隠しの能力の高さを日本と中国を比べれば、その差は歴然としていますね。比べるのもばかばかしくなるほど日本の能力は優れています。双方の国民の政府に対する態度を見れば分かりますよね。さすがに今回の事故は規模が大きすぎたためか、「上手の手から水が漏れ」状態ですが。
 稲藁問題などで、実は放射性物質は政府発表よりはるかに広い範囲が汚染されていた事がバレました。今問題になっているのはセシウムですが、ヨウ素でも汚染があったのは確実でしょう。
 当然、放射性物質によるがんなどの障害の発生する範囲ももっと広くなるでしょう。
 今、避難地域の解除などと言い出していますが、正気を疑わざるを得ません。まわりすべてが汚染されているところを、ごく一部が汚染されている前提の法律に基づき生活せよなどとは、頭の固さはまさしく殺人級です。
 マスコミがいまいち信用ならないのは、この様な馬鹿げたことを政府が言い出しても、批判記事がでてこないところです。
 政府は当然のことながら、原発推進が未だに国策であることが丸わかりの政策ばかりで信用なりません。
 管首相も原発に致命的な事を公表する気は無いようで、未だ支持は出来ませんね。

Re:日本国の有能さ
雑草Z
またまた、guyver1092さん一流のスパイスの効いたブラック・ジョーク的コメントですね。恐れ入ります。

>さすがに今回の事故は規模が大きすぎたためか、「上手の手から水が漏れ」状態

日本政府は、情報隠しの能力はあっても(個人的には欧米のほうが上手じゃないかと思いますが。)原発技術は2流以下だったですね。だから、事故を隠蔽したり、小さく見せかけられるとも判断したのでしょう・・・それが彼らの「想定外」ではないでしょうか?あまりに低レベルで情けないですね。

>原発推進が未だに国策であることが丸わかり

この期に及んでとんでもないことです。原発シンジケード、原発マフィアの蔓延る日本の原発邑ですが、今年中に勢力を削がなければなりませんね。


アルテミス^^
こんばんはguyver1092さんのコメント欄にに良いこと書いてあったので反応しちゃいました!

「マスコミがいまいち信用ならないのは、この様な馬鹿げたことを政府が言い出しても、批判記事がでてこないところです」

これ同感です。

雑草さんの↓
「政府や東電は、最初は事故を内密に処理しようとして、それは無理だと分かったら、今度は出来るだけ事故を軽く見せかけようとして現在に至ります。そんな画策をしないで、しっかり対応していれば、事故はもっと小さく抑えられたでしょうし、被曝も放射能汚染も少なく抑えられたでことでしょう。事故の隠蔽を画策した為に、事故を大きくし、住民の避難を遅くし、被害を拡大させたのです。この意味でも今回の事故は人災であり、国や東電は償いきれない罪を犯したと言えましょう。これと比べれば、中国の高速鉄道事故は小さいと考えるのが普通の神経だと思います」

この記事のご意見も、まったくもってその通りだと感じています。マスコミのはぐらかし報道。隠蔽体質。その他国民を愚ろうするにもほどがある。と感じているのは私だけではないようですね^^

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

この期に及んでも、政府の隠蔽体質は収まっていません。・・原子力邑の人々の不利になる情報をなかなか出しません。その結果、被曝の必要のなかった多くの人、作物、家畜を被曝させて現在に至っています。その、隠蔽した情報を持っている原子力邑の人々は、自分達の為だけにその情報を使って、放射能を回避したり、更なる儲けの手口にもしているのではないでしょうか?・・原子力邑の人々は国賊と言うべきでしょう。
 骨のあるネットや雑誌では、既にかなり核心まであばいています。テレビや新聞などの大きなマスコミも腹をくくって原子力邑の実体をしっかり白日の下に晒すべきでしょう。さもなければ、国民のマスコミ離れは加速し、中国のマスコミよりも相手にされなくなるでしょう。 

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。