-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-05-29 00:11
 ~弱みに付け込んで最悪のものを押しつけるやり方~

原発には非常に深刻な問題がいくつかありますが、その中でも最も深刻な問題は使用済み核燃料、放射性廃棄物の問題であると考えています。

毎日新聞 2011年5月9日配信の記事 に次のようなものがありました。
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20110509k0000m040142000c.html
<ここから引用>
経済産業省が昨年秋から米エネルギー省と共同で、使用済み核燃料などの世界初の国際な貯蔵・処分施設をモンゴルに建設する計画を極秘に進めていることがわかった。処分場を自国内に持たない日米にとって、原子炉と廃棄物処理とをセットに国際的な原子力発電所の売り込みを仕掛けるロシアやフランスに対抗するのが主な狙い。モンゴルは見返りとして日米からの原子力技術支援を受ける。・・・~中略~・・・核廃棄物の国内処分地選定の見通しが立たない日米と、技術支援で核燃料加工施設や原発を建設したいモンゴルの思惑が一致した。・・・~後略~・・・              <ここまで引用>
 (これは毎日新聞社のスクープ記事のようですが、なかなか見識の高い方が執筆しているようで、踏み込んで記事を書いていますので,全文読むことをお薦めいたします。・・) 

いわゆる「途上国」では、原発を新たなビジネスと見ているかも知れませんが、これは本質的には従来の大規模開発や箱物行政と同じ構造でしょう。旧態依然とした利権構造です。モンゴルの指導者達が新たな大規模開発、箱物行政として原発を選んだ・・・と言えましょう。一般のゴミ処分場の問題も深刻ですが、「核のゴミ」の問題はさらに桁違いに深刻です。
日米とモンゴルの相互の利害が一致したように書かれていますが、本質的には日米の核のゴミの第3国への押しつけです。モンゴルではその見返りに原発技術支援を受けることになっていますが、そんな事になればモンゴルの自然も文化も破壊に至らしめられ、踏んだり蹴ったりの暗い未来が待っている事になりましょう。原発が地球上から無くなった後、数万年間放射能漏れの危険と背中合わせで暮らして行かなければなりません。・・放射能漏れは早晩実際に起こるでしょう。・・計画が中止になることを願わずにはおれません。
現在、日本もアメリカも住民の反対運動にあって、使用済み核燃料の最終処分場は決まっていません。(アメリカは一度選定された後に地元の反対運動で計画中止に追い込まれました。)・・これからも決まる見込みは無いでしょう。最終処分場を作る事になれば、札束で頬を叩いたり、汚職や脅かしで原発立地の時以上に、無理やり強硬手段で建設する形になりましょう。【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく 】に書いたとおり、最終処分場になったら周辺の地域には半永久的に人が棲めなくなるのです。そして、いつか漏れてくるであろう放射能によって段々広い地域が住めなくなっていくのです。
アメリカは、核のゴミの押しつけと言う目的以外にも、核拡散防止が狙いにあると言われています。核兵器の原料となるプルトニウムは、原発で使用したウランの再処理で抽出されるから、使用済み核燃料をモンゴルの一カ所に集めて、核兵器を持っていない国に核兵器を作る原料を与えない・・・という思惑です。つまりモンゴルを使用済み核燃料の国際的な貯蔵、最終処分場とし、さらには、再処理施設まで作って、管理までしようとしているのです。実現したら、アメリカも日本も、自身の首を絞める形になって、いつか投げ出して撤退する形になるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・その後、3月11日に日本に原発震災が起こり、この話は一端中座したようです。そして別の不穏な話が持ち上がっています。それは、原発の避難区域に指定された飯舘村などに最終処分場を作ろうという話です。飯舘村では数年前に「核廃棄物処分場にしたい」と話が持ち込まれていたようですが、当然の如く反対にあって実現はしていません。今回の原発事故で避難区域に指定されて、人口の大半がいなくなる事をいい事に、最終処分場を作る計画がまた浮上してきたのでしょう。
政府は、避難した住民には、何ヶ月か後に原発事故が終息に向かってから改めて、いつ地元に帰れるか説明する・・・などと言っていますが、一方でこのような話も進められているようです。正式な話でなくとも、原発官僚や原発政治家の話題になっているようです。
日本では、原子力発電所敷地内での使用済み核燃料の貯蔵も、六ヶ所村や東海村での再処理施設と言う名の高レベル放射性廃棄物の貯蔵もほぼ満杯に近づいているのです。だから、早急に地層処分場を国民の問題として捉えよ・・・などと、NUMO(原子力発電環境整備機構)は勝手な事を主張しています。最終処分場の方法も場所も決める前に原発を動かした推進派の責任を、今になって国民に押しつけようと言う事です。
先ず「国民の問題として捉える」べきは、最終処分場の問題ではなく、原発そのものの問題でしょう。最終処分場を決める前に、半永久的に放射線を出し続ける高レベル放射性廃棄物を大量に出す原発自体の是非を問わなければなりません。その前に最終処分場を作る場所が決定すれば、先の見通しもつかずに見切り発車の連続でやってきた原発をこれからも推進する言い訳にされます。曰く「飯舘村に、広大な最終処分場が作られるから、もう使用済み核燃料の処分場の問題は解決した・・・」つまりそれは、更なる放射性廃棄物の増加を意味する事になるのです。その膨大な放射性廃棄物は決して安全ではないのです。福島原発よりも遥かに多くの放射性物質がそこに運び込まれる事になるのです。そこに埋められた膨大な使用済み核燃料が地表にばら撒かれれば、福島原発事故よりも遥かに多くの放射能が漏れて、福島県のみならず、日本中もう人の住める場所は無くなってしまう可能性も低くありません。これ以上放射性物質の量を増やす事は愚の極みです。だから、原発を全廃することが先です。撤廃する前に、使用済み核燃料、放射性廃棄物の受け皿を作ってはいけないのです。原発廃絶を決めた後で、放射性廃棄物の処分の話を考えるべきでしょう。最終処分場の話は、十分に憂鬱な話となるでしょうが、それはそれでもう避けられない話になってしまいました。それもこれも原発を作ってしまった事が諸悪の根源です。・・・一刻も早く原発を廃絶して、これ以上の放射性物質の増加を抑えるべきです。さもなければ、いつの日にか地球全体が放射能でおおわれ、人類は確実に滅びるでしょう。人類に限らず、地上の多くの生物が死滅してしまうでしょう。

      + +++ +++++ ++++++ +++++ +++ +

 放射性廃棄物の処理に関する 槌田敦氏 のレポートをご紹介いたします。
 <放射能は科学技術を超える劇毒 管理不可能な地下に捨てるな
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/05/29 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

本当の目的
guyver1092
 原発推進派の真の目的は人類絶滅であるとの皮肉が、現実になりかねない計画ですね。気をつけなければならないのは、震災復興のために、土地の再開発を簡単にできるようにするとの記事を読みましたが、これはこの最終処分場の建設のための布石かもしれませんね。

Re:本当の目的
雑草Z
>原発推進派の真の目的は人類絶滅であるとの皮肉が、現実になりかねない計画

 皮肉ではなくて、本当に人類滅亡を考えているとしか思えない愚挙です。

>土地の再開発を簡単にできるようにするとの記事を読みましたが、これはこの最終処分場の建設のための布石かもしれませんね。

勿論それだけではないでしょうが、そこまで見通して含んでいるでしょうね。人間の愚行によって出されてしまった、放射性廃棄物の処分方法は人類の英知を集めて考えなければなりませんが、原発を止める前に最終処分場を作ってしまったら、原発を止める時期が遅くなるでしょうね。今直ぐ止めてもかなり深刻な状況です。

 追伸
 ここにコメントをよこす原発推進派の反論って、低レベル過ぎると思っていましたが、藤波心さんのブログに来てた沢山のクレームも同様に馬鹿過ぎますね。結局自分で考える事が出来ないのでしょうか。・・・あれらのお馬鹿コメントに一々答えてたら時間の無駄です。
 ここでも【原発是非の議論】とかで、釘を刺しておきましたが、もっと丁寧に説明しないと駄目なのでしょうかね?

人類絶滅を考えているとしか思えない連中と同じ世界に住むのはリスクがあり過ぎます。


ぴのこ
モンゴルにそんな施設を押し付けるなんて、びっくりです><
本当にこのままでは、住める場所がどんどん無くなっていきます><

新聞で、原発推進を評価する人がしない人を上回ってるって記事がありました。
誰に調査したんだろ~。。それって、ホント~!?
って疑ってしまいました><
こういうのって、情報操作じゃないんでしょうか??


>住める場所がどんどん無くなっていきます
雑草Z
    ぴのこさん

 これまでもずっと行われてきた、いわゆる先進国の、途上国へのゴミの押し付けは酷いものでしたが、核のゴミまで押しつけようとするとは酷過ぎますね。この事だけでも、先進国は、途上国を助ける積りはなく、利用する事しか考えていないと言えましょう。

 兎も角、使用済み核燃料、放射性廃棄物の最終処分場を作ったら、原発の早期全廃は遠のくでしょう。原発廃止を決めるまでは、処分場は決めてはいけないと思います。

無責任もここまできました
BEM
こんばんは。
私もこの記事を新聞で読んで愕然としました。
自国で解決できない問題を外国、それもモンゴルだとまだ発展途上と言える国に押し付けるなんて呆れるほどです。
それを米エネルギー省と共同とはいえ経産省が計画しているとは、日本の恥です。
是非計画を進めている経産省官僚、職員の名前を晒して欲しいものです。
将来的にこの計画が胸を張って言えるのか?!
しっかりマスコミも取り上げて欲しい問題です。

Re:無責任もここまできました
雑草Z
はじめからちゃんと処理出来ない事がわかっていた原発を始めた事も無責任極まりないですが、使用済み核燃料を結局海外に持って行くというのも最悪ですね。
 処分不可能と判った時点で原発は廃止すべきだった筈です。

>是非計画を進めている経産省官僚、職員の名前を晒して欲しいものです。

そうですね。原発を推進して来た官僚達は全部名前を出すべきです。福島原発事故現場に行ってしっかり働いてもらわなくてはなりません。

>しっかりマスコミも取り上げて欲しい問題です。

反原発の人が国会に承認で出てた時は、テレビの国会中継は無かったようです。まだあからさまに原発反対はタブーのようです。・・でも、今年中にも情勢は大きく変わるでしょうね。




コメントを閉じる▲
2011-05-23 00:01
~事実と正反対の事を主張する詐欺的プロパガンダ~

   
福島原発の事故が深刻な状況になっています。いまだに終息のめども立ちません。それなのにいまだに原発を推進する人が沢山います。理性で考えれば脱原発は必然の帰結です。これから半永久的に未来の人々に多大なる迷惑をかけ、人類を滅亡まで追い込むかも知れない原発は、後の世の人々から「愚の極みであり、許されざる行為であった」と言われることは確実です。(・・・原発で人類が滅んでいない場合ですが・・)
そんな事にも考えが及ばずに、この期に及んでも原発が必要だと主張している人が沢山います。そしてその理由が余りにも軽薄でお粗末です。見事に政府や電力会社の嘘で塗り固めた、庶民を馬鹿にしたようなプロパガンダを信じ込んで受け売りしています。自分で考える事を放棄して鵜呑みにしてしまう人が随分いるものです。そんな詐欺的嘘に引っかかってしまう人が非常に多いから、原発が止まらないと言うシビアな現実があるのです。
原発にはデメリットしかない事を、このサイトでは福島原発事故の起こるずっと以前から散々言及しています。それらをまとめて今年はじめに【狂気の科学技術】にも書きました。
 他の発電方式に比べて、ここまでデメリットしか見出せない発電方式も珍しいでしょう。原発推進派は、出鱈目な嘘八百しか主張できないのは当然です。原発には本当に何のメリットも無いのですから。・・メリットを誇張して主張する事すら出来ません。メリットがあったとしても、その途方もなく膨大なデメリットと比べれば無いに等しいと言えましょう。まるっきり事実と異なる嘘偽りを主張するしかないのです。そしてそんな酷い詐欺的プロパガンダを執拗にするのは、動き出して加速がついてしまった「利権構造」があるからなのです。それだけおいしい利権があるという事でしょうが、単なる個人や特定団体の「利権」の為に人類を滅亡の危機に陥れているのですから彼らの罪は非常に沢山の人を巻き込んだ無差別テロと同等に重いと言えましょう。


原発推進派の破綻したロジックには、何の事に関してもふざけたような共通点があります。それは、原発が内包する大きなデメリットを、全て嘘で塗り固めてメリットとしてプロパガンダしている点です。

 その典型が「絶対安全」だという安全神話です。今回の福島原発の事故を目の当たりにして、こんな事を主張する輩は流石にいなくなった事でしょう。原発が一番危険な発電方式であることは今や誰もが認めるところでしょう。それをまるっきり嘘で塗り固めて、今まで「絶対安全」という大嘘を吹いてきたわけです。そんな出鱈目な論法が原発推進の全ての議論について言えるのです。
原発に関して、正直に述べたら原発は即停止に追い込まれる事は間違いありません。何のメリットも無く、人間の手に負えない大きなデメリットばかりが厳然として存在するだけなのですから。

単位電力量あたりの発電単価も一番安いとプロパガンダされていましたが、それは原発導入時にアメリカの軍事利用によるダンピングで、濃縮ウランが安く買えた頃のごく一時的なお話です。今は発電原価も非常に高いのです。例えば火力発電と比べれば3倍以上です。およそ3倍ではありません。3倍以上で後はどこまで高くなるか、5倍?10倍?50倍?・・・誰も言及できません。何故なら、原発の発電原価には使用済み核燃料の保管や再処理、更に高レベル放射性廃棄物処理など、本来ならば原子力発電のコストに含められるべき大きなコストが、電力会社の事業から政策的に切り離され、莫大な国家予算を投入する国家系の別組織(日本原子力研究開発機構など)に付け替えられているからなのです。これから数万年管理しなければならないのに、方法もはっきり決まっていないコストを計算することは不可能です。つまり原発の発電コストをしっかり計算すれば、どんどん膨らんで発散して破綻する事になりましょう。


原発が「エコ」と言うプロパガンダには笑うしかありません。不確実な地球温暖化対策の予防原則などと言っていますが、原発は火力発電よりも遥かに膨大な熱を放出します。温度の単位も桁違いです。膨大な水蒸気も放出します。(水蒸気も温室効果があります。)原料のウラン生成時に多くの石油を使い二酸化炭素も放出します。温暖化防止に役に立つ・・・というのは原発産業が斜陽になった時代に、原発産業を盛り返すために後から取ってつけた理由です。
 そんな事以前に、原発は放射性廃棄物を出します。種類やレベルにも因りますが、放射性元素よりも危険な物質などなかなか見つけられません。・・・ダイオキシン?サリン?・・・でもこれら化学物質は化学的に処理も可能ですし、放射線を出しませんから隔離する事も放射性物質よりは遥かに簡単です。原発は確実に放射性廃棄物を出しますので予防原則というのならすぐにでも止めるべきなのです。それなのに不確実な二酸化炭素温暖化説にばかり予防原則を無理に適応する時点で、原発推進のための主客転倒のとってつけた「言い訳」と言えましょう。

ちょっと長くなってしまいましたが、以上のように原発推進派は原発のデメリットを全てごまかして、メリットとしてプロパガンダしているのです。・・完全な詐欺と言えましょう。
 地域独占による世界一高い電気料金と巨額の国家予算(=税金)とを次々につぎ込んで、多くの著名人に詐欺的プロパガンダをさせ、多くの庶民を騙してきたのです。

そう、何のメリットもない原発は利権のみで動かされていると言っても過言ではありません。そんな事の為に、日本中、世界中、放射性物質だらけにして、人間や他の生物たちが安全に住める地域が狭められているのです。理不尽この上ないと言えましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/05/23 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

おひさしぶりです!
ぴのこ
お久しぶりですe-343
しばらくお伺いできませんでしたが、久々に寄せていただいて「うんうん」と大きくうなずいて読ませていただきましたe-420

すべて、ごまかし。すべて、うそ。
そうなんですe-445

だからこそ、だまされないように、事実を知って、事実を広めて、当たり前にみんなが「それ、おかしいやん!」って言える社会にしていきたいですe-320

いつも、発信ありがとうございますe-434

原発はウソばかり。
でなしNo.146
ほとぼりが冷めたと思って原発を擁護する発言をする人が目立ってきているのは腹が立ちます。

1号機に続き2号機、3号機でも燃料棒の融解が確認されたということで、収束のめどが立つ兆候がありません。
(最近の福島原発関連のニュースでいいニュースは皆無と言っていいでしょう)

「あれ、最初はメルトダウンはありませんって言ってなかったっけ?」
と思いつつ、もう驚かなくなっている自分に危機感を持ちました。

東電と政府は福島の子供達や大人達を使ってどれくらい放射線に耐えられるのか人体実験をする気なのでしょうか。

いずれにせよ、これらは、ウソが当たり前になっている恥知らずな連中だからできる芸当でしょう。

重大な犯罪レベルのことが平気で行われている今の日本は異常です。
中国と北朝鮮と同レベルの情報統制が敷かれていると思います。

詐欺師
guyver1092
 詐欺師は、マスコミの大スポンサーなので芸能人が反原発を唱えると、干されてしまうとネットサーフィン中に見かけました。
 反原発を唱えた某アイドルのブログを見たのですが、推進派が大暴れで現在炎上中です。その中で原発推進派の意見を見ると、どうも原子力は石油の代わりになると思い込んでいるようです。原子力村の人間は、反原発派の学者と論争するときは、原子力が石油の代わりになるとの主張はしなくなったと記憶していますが、一般人に対する宣伝では、いまだに、石油が無くなったら原子力と主張しているようです。
 彼らの二枚舌には呆れてしまいます。

【重要】東日本滅亡の恐れ
power
雑草Zさんと皆さんへ


久々の書き込みになります。
突然で申し訳ありませんが、のっけから残念なことをお話ししなければなりません。


原発是非を論じている場合では無くなって来ました。


ご存知の方も多いと思いますが、福島第一原発の4号機に倒壊の恐れが
出て来ました。以前より、3号機及び4号機の建屋の傾きに関してはネット
上でも色々と出ていましたが4号機に関してはここ数日で傾きが激しくなっ
ており、予断を許さない状況となっています。

画像による検証↓


【要検証】福島第一原発4号機、原子炉建屋に傾き
最悪倒壊の恐れ
http://www.qetic.jp/blog/pbr/?p=3433

4号機に関しては、建物自体が既に傾いているので今後の
地震次第では倒壊してしまう可能性が高いです。最悪、さほど
大きな地震でなくとも倒壊してしまう可能性も否定出来ません。

もし、4号機が倒壊してしまった場合、東日本は住めない状態
になります。「避難の目安としては同心円で500km」とされ
ていますので、北は北海道から西は三重県辺りまでは住めない
状態になります。ちなみに、愛知県名古屋市で448kmです。

4号機の建屋がもし倒壊してしまった場合、核燃料プールにある
使用済み核燃料の大量飛散が予想されるため更なる放射能汚染が
予想されます。いつ倒壊してもおかしくない状況ですので、東日本
在住の方は情報が入ったらすぐ逃げられる準備をした方がいいでしょう。

参考URL↓


福島第一原発からの風向き&汚染被害シュミレーションのサイト
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif


各自治体の放射線量については↓

放射線・原子力教育関係者有志による全国環境放射線
モニタリング
http://www.geocities.jp/environmental_radiation/


福島4号地震で傾斜崩壊危機! 1.2.3号燃料容器漏!ガンダーセン
(日本語字幕)

http://www.youtube.com/watch?v=YA3xDz0ZfZo&feature=player_embedded

Re:【重要】東日本滅亡の恐れ
雑草Z
    powerさん

 お久し振りのコメント有難う御座います。
 情報有難う御座います。
>福島第一原発の4号機に倒壊の恐れ
の情報は初めて知りました。ぞっとする内容です。

万一の場合に備えて心しておきます。有難う御座います。
杞憂で終わってくれればいいですね。

Re:おひさしぶりです!
雑草Z
    ぴのこさん

 最近コメントが途絶えておりましたので、寂しく思っておりました。
 企業と国が癒着した事業には嘘偽りがよくありますが、原発行政ほど酷いものはありません。よくぞここまで真逆の事が言えるものです。まさに最低最悪徳詐欺です。

>だまされないように、事実を知って、事実を広めて、当たり前にみんなが「それ、おかしいやん!」って言える社会にしていきたい

その通りですね。原発に関しては、みんなもっと真実の醜い姿を直視すべきです・・・手遅れになる前に・・。
るいネットとも協力してやって行きたいと考えております。

Re:原発はウソばかり。
雑草Z
    でなしNo.146さん

>ほとぼりが冷めたと思って原発を擁護する発言をする人が目立ってきている

全然状況が終息のめどがついてないのに、マスコミ報道が減ってきたから、状況も良くなって来たと勘違いしている輩も多いようです。

>東電と政府は福島の子供達や大人達を使ってどれくらい放射線に耐えられるのか人体実験をする気

 原発事故以前の放射能の基準値、年間1mSvで考えれば、福島県の大半と周りの県の多くの地域でも基準を上回っているのですがね。色々調べると、やはり年間1mSv以下が妥当でしょうね。特に子供はこれ以上放射能を浴びせたくはありません。

>ウソが当たり前になっている恥知らずな連中

それだけではなく、彼等は本気で福島県民の命よりも自分達の利権が大切だとしか思えない行動、発言です。

おっしゃるように日本の原発報道は、最悪の報道規制国家並みですね。
 マスコミが当てにならない今、嘘に騙されないようにネットでどんどん発信していかなければなりませんね。


Re:詐欺師
雑草Z
    guyver1092さん

>詐欺師は、マスコミの大スポンサーなので芸能人が反原発を唱えると、干されてしまう

そのお話はよく聞ききますね。逆に歯に衣着せずに毒舌を吐く事で有名な芸能人も、原発にはだんまりとか、太鼓持ちさえしている輩をよく見かけます。彼らの毒舌は弱い者に向けてのいじめでしかなかったわけです。情けないですね。

>反原発を唱えた某アイドルのブログ

誰ですか?・・教えて戴けませんか?・・応援したいですね。(アイドルはあんまり好きではないのですが・・)

経済産業省にも原発に警鐘を鳴らした骨のある官僚もいたようですが、みんな左遷されて排除されてきた歴史があります。原子力の学者も然りです。・・つまり原子力に関る官僚も学者も、利権欲しさで良心を捨てた悪ばかり蔓延ってきたと言えましょう。原子力行政や原子力分野の研究で国の補助の下に第一線で活躍しているようにふるまっている輩は殆ど利権に取り込まれた屑の類でしょう。原発を推進する芸能人や文化人も同様。

>一般人に対する宣伝では、いまだに、石油が無くなったら原子力と主張しているようです。

今石油が無くなったら、原発事故処理も廃炉処理も出来なくなってしまう現実がわからないのでしょうかね?石油を使って原発の尻拭いを、石油の枯渇まで延々と為さなければならないし、石油が無くなったあとは、放射性廃棄物、使用済み核燃料の管理は出来るのでしょうか?


東電を中心とする電力会社は、政治家、官僚、マスコミ、学会をほぼ支配してきましたが、今回の事故を受けて東電が弱まっている今こそこの体質を壊すチャンスでしょう。国民の命よりも利権を守る連中は本当に人間の屑と言えましょう。

反原発を唱えた某アイドルのブログ
guyver1092
 藤波心という、まだ中学生の売り出し中のアイドルです。

http://ameblo.jp/cocoro2008/

 ネットサーフィン中に見つけたのですが、なかなかしっかりとした意見を持っていますし、実際に反原発のデモにも参加しています。

Re:反原発を唱えた某アイドルのブログ
雑草Z
    guyver1092さん

 張り付けて頂いたページ見てみました。一見その辺にいそうなチャラチャラした中学生の感じでしたが、記事やコメントのレスを読んでみたら、確かにしっかりした意見を持った方ですね。原発についても良く調べて知っていますね。反論に対してもどこまでもしっかり答えて議論内容では十分に勝っていました。恐らく、高校生か大学生以上であろうクレームの相手のほうが知識も乏しく「言いがかり」に見えました。
 彼女と比べて、原発政策そのものにはだんまりを決め込んで、「頑張ろう日本」なんて耳触りのいい事しか言わないアイドルより遥かに素晴らしいですね。
 さらに、利権を貰って原発の太鼓持ちをしている「原発文化人」よりもよほど素晴らしい人だと思いました。
 機会があればコメントで応援するのもいいですね。このような中学生がいるのだから、早急な脱原発も夢ではないでしょう。

コメントを閉じる▲
2011-05-17 00:01
~原発推進の本当の理由~

福島原発事故を受けて原発廃止運動が盛り上がってきています。テレビやマスコミではあまり報道しませんが、原発廃止を求めるデモは各地で毎週のように行われて、規模も次第に大きくなっています。新聞社などのアンケート結果と違い、ネットなどのアンケートの結果は原発廃止派が90%以上と圧倒的に多くなっているサイトも見受けられます。ネットのアンケートにも偏りはあるでしょうが、それでも日本では、原発廃止派が主流になりつつあります。逆にマスコミのアンケートの取り方には作為を感じます。彼らは原発推進派と癒着してジャーナリスト魂を骨抜きにされています。
いまだに原発が必要だと主張している人は沢山います。原発推進派は必死になってお金をばら撒いて(・・直接、間接税金が使われるのです。・・・)メディアを使って躍起になって原発を推し進めようとしています。本来、そのお金は賠償金に充てるべきでしょう。

原発がクリーンなエネルギーだとかコストが安いだとか安全だとか石油の代替になっているとか、そんなどうしようもない理由が蔓延っていますが、それらの理由は全て破綻しています。原発の実像は正反対で、最高に危険なばかりか最もダーティで高コスト、石油の代替にはなり得ません。(石油がいいと言っているのではありませんが、原子力と比べれば遥かにましです。)それらについては福島原発事故の以前からこれまで散々述べています。(・・カテゴリー【原子力】・・)

推進派の中には、それらのまやかしの推進理由を鵜呑みにする人々が沢山います。彼らにも困ったものですが、絶えずテレビで虚構のCMが流され、小中学校でさえ原発是認教育が為されてきたのですから、彼らも騙された被害者と言える部分もありましょう。カルトに洗脳された人々のようなものかも知れません。これからでもしっかり原発の本当の姿を直視して理性で判断するべきです。
そんな彼らに対して事実とかけ離れた原発の虚像を意図的にプロパガンダしている悪質な連中が存在するのです。その連中が虚構の原発推進世論を作り上げてきました。
彼らが原発を推進するのは、彼らが挙げている数々の虚構の理由からではありません。本当の理由は「利権」でしょう。


日本で原発が推進されるようになったのは、第二次世界大戦後、アメリカやイギリスの軍事産業=原発製造・・を支えるためでした。【「原子力の平和利用」の実体 】で述べました。それを受けて日本で初期に原発を推進したのは、初代原子力委員会委員長の正力松太郎や後に総理大臣になる中曽根康弘でした。正力松太郎は第二次世界大戦の戦犯になって処分されるところでしたが、日本での原発導入の推進に協力する代わりに戦犯を免れ、原発推進のプロパガンダのために新聞というメディアを手に入れて私服を肥やし、権力を手に入れていく事になります。こうやって原発利権構造が出来上がっていくのです。メディアを使って「核の平和利用」「唯一被曝体験のある日本こそ、核の平和利用を!」という大キャンペーンを張って騙していくことになります。当時の「原発は燃料費も安い」というプロパガンダは、軍事利用のためのダンピングがあったからです。日本でも核武装する為に原発をやっているのではないかという疑いはいつも存在します。しかし一方、国内に原子力発電所が建っていることは、防衛上最悪の施設が存在する事になります。核弾頭を搭載していなくても、原発を攻撃すれば核弾頭より遥かに大きな損害を与えることが出来るのです。ミサイル攻撃で、数カ所の原発が爆破されれば、それで日本はお仕舞いです。ミサイル攻撃しなくても、原子力発電所に工作員が入り込んで細工をすれば、大きな事故を起こすことは簡単でしょう。つまり、国内に原発が存在する限り、国防的には最悪の施設が存在する事になるのです・・・・。
・・・・話がそれてしまいました。
では、何の為にそんな危険な原発が推進されるのか、・・と考えれば残る答えは「利権」です。EPRも費用対効果も無効なのにそのエネルギー政策が強引に推進され続ける理由は、大きな「利権構造」が出来上がっているからです。そう、原発はずっと利権構造で動いてきたのです。基本的にはゼネコンの公共工事と同じ癒着構造です。日本で長く続いてきたゼネコンの問題は、一般には政治家と官僚、民間企業の癒着構造と言われますが、原発はそこに大学の学者達やマスコミまでもが深く入り込み、遥かに強固な癒着構造が出来上がっているのです。日本で最も大きくて危険な 『政』、『官』、『産』、『学』、『マスコミ』の癒着利権構造です。『政』とは勿論政治家達の事。『産』は東電をはじめとする電力会社や東芝や日立、三菱重工などの原発関連メーカーなど。『官』は、それらの産業を監視する筈の経済産業省の原子力安全・保安院や内閣府の原子力安全委員会などの行政機関。そして『学』が、原発の導入に「科学的根拠」という名の虚構のお墨付きを与え、虚構の原子力擁護の発言を繰り返す東大を中心とした学者達・・別名御用学者。そして勿論、『マスコミ』は新聞社やテレビ局です。
『政』、『官』、『産』がお金や出世を餌に『学』と『マスコミ』をも取り込んで大きな構造を作っているのです。そのお金の出どころは、地域の独占企業であることをいいことに、世界一高く設定された電気料金から支払われるばかりではなく、政府の補助金などの名目で支払われる膨大な国家予算です。つまり、原発行政によって、税金が湯水の如くジャボジャボと『政』、『官』、『産』、『学』、『マスコミ』に流されていくのです。
「原子力発電は絶対に必要であるから、絶対に安全だと言う事にしなければならない」と言う「はじめに結論ありき」の論理で原発を推し進めて来たのです。
現実に、原発の危険性や不経済性を指摘した人々は、危険人物と見なされて、閑職に追いやられたり、出世の道が閉ざされてきたのです。逆に言えば、良心を捨てて虚構の原発の安全性を訴えてきた原発推進御用学者達が出世し、色々な肩書を手に入れて来たのです。だから、そのような「肩書き」を持った人の言う事だから信頼出来る・・・などという論理は、特に原子力関連に限っては全くないのです。
マスコミだけでなく、多くの著名人達も、原発マネーを注入されて太鼓持ちをやっています。情けない限りです。養老孟司、吉村作治、茂木健一郎、勝間和代・・・・枚挙に暇が御座いません。

これだけ危険で、費用対効果もEPRも無効で、非人道的な原発は、事故が起こらずに廃炉になった後でさえ、文明を崩壊させ人類を滅ぼしてしまう大きな破壊性を孕んでいるのです。原発を推進する動機は、まともな人間ならばあり得ない筈です。その理由が「利権」とはあまりにも身勝手過ぎます。「悪魔に魂を売った」という表現が十分に当てはまりましょう。そんな推進派に騙されている人々も愚かです。・・原発は安全だとか(流石にもういないと思うのですが・・)エネルギーの安定供給に必要だとか(・・安定供給ではなく、簡単に出力を変えられないお荷物なだけなのです。)環境に優しいだとか(・・放射能が環境に優しいとは・・笑うしかありません。)・・・このような全く事実と正反対のプロパガンダの虚構に一刻も早気付いて、洗脳から覚めて欲しいものです。

一応民主主義国家、法治国家であると言われているこの日本で、ここまで酷い利権構造が出来上がっているのです。この酷さは、現在独裁国国家と言われているどの国の利権構造よりも悪質かも知れません。丁度現在、日本の原発に次いで世界で注目されているリビア問題と比較できるかも知れません。第二次世界大戦前の軍国主義の日本よりも酷い状況かも知れません。普通、世の中は単純に善と悪になど分ける事など出来ませんが、こと原発に関しては、善悪のはっきりしたステレオタイプのテレビドラマのように原発推進派は『悪』若しくは『非』と言い切れると感じているのは私だけではないでしょう。

利権による公共事業は巷に溢れています。道路工事でもダム工事でも河川工事でも、費用対効果も怪しい税金の無駄遣いは沢山あります。環境破壊にも繋がり、シビアな問題も沢山出ています。それと基本的に似た構造が原発利権です。しかし取り返しのつかない深刻な事故が起こる可能性があり、事故が起こらなくても文明を崩壊に導き、人類を破滅に導く可能性の高い原発【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく】を、利権で動かしてしまった事は、人類史上最悪の愚行と言えましょう。それほど、人類は愚かな生物なのでしょか?
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/05/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |


y.suzuki
>そう、原発はずっと利権構造で動いてきたのです。
ですね。これを崩さない限り、新エネルギーの開発をしても事態は変わらないと思います。

 日本の原発利権も元をたどると、アイゼンハワーのアトムズフォアピース(国連演説)で枠がはめられていて、戦後の米ソ冷戦構造の西側陣営の戦略の一環だったようです。

 やはり、エネルギーも自立していくには、利権構造を崩し、水道なども自治体で運営できるのですから我々庶民の手で運営することが必要だと改めて思いました。

 生存権という位相で考える課題であることがひしひしと感じられました。




 

>庶民の手で運営することが必要
雑草Z
    y.suzukiさんのおっしゃる通り、利権構造を壊さない限り、新エネルギーの開発をしても根本的には悪い方向へ行きますね。しかし、EPRが有効でない風力発電や太陽光発電の弊害も酷いと言っても、原子力発電の比ではありませんから、どんな形でも先ずは原発を廃止しなければ、人類が住める場所も追いつめられてきますし、食料も放射能汚染されてしまいます。差し当たって脱原発が不可欠かと思います。

>戦後の米ソ冷戦構造の西側陣営の戦略の一環だったようです。

なるほど、米ソ冷戦構造の一環でもあるわけですね。確かに結果として日本の原発によってアメリカやイギリスが核兵器を大量に作る補助をして来た事になりますね。ただ、実際原発が国内にあると言う事は、本文にも書いたように国防上最低の施設を抱えてしまったと言う事で、日本にとっては逆効果である事は明らかでしょうね。

>庶民の手で運営することが必要

これはそちらのサイトの主張ですね。社会的に非常に理に適った方法ですね。賛同致します。
 ちょっと急いでアップして参考文献やサイトのご紹介忘れましたが、るいネットの金貸しブログの記事なども参考にさせて頂きました。有難う御座います。

 このあたりのるいネットのサイトもリンクさせて戴きたいと思っております。宜しくお願い致します。


 

 


y.suzuki
 こちらこそ、恐縮です。

 国策や利権がらみのテーマとなると、当時の状況などかなり隠蔽されているので、結構大変だったのではないでしょうか?参考となるものはどんどん使っても差し支えないと思います。

 ご指摘のように、この震災では日本人の民度は世界から賞賛されましたが、利権にまみれた日本政府・官僚・マスコミともかなり厳しい目でみられているのは確かです。
 

参考文献
雑草Z
 この記事を書くにあたっての参考文献は
るいネットの金貸しブログや他のサイト、槌田敦さんの「原発安楽死のすすめ」やたんぽぽ舎のメールマガジン、週刊現代などです。
 昔のアメリカの機密文書なども公開になって、正力松太郎の悪行の数々も噂の領域では無く、証拠も出てきましたね。

>利権にまみれた日本政府・官僚・マスコミ

本当に彼等は最低です。自分達の利権の為に原発まで推進するとは・・・自分達の乗った船に次々に金塊を積み込んで沈みつつあるのに、金塊にしか目がいかなくて船の現状を考えない輩以上に愚かです。
 この辺りの構造は、るいネットが得意とするところですね。勉強させて頂いております。

 ところで、るいネットに所属するサイトってどのくらいあるのでしょうか?
 直営のサイトだけでも、<自然の摂理から環境を考える > 、<金貸しは、国家を相手に金を貸す> 、 <日本を守るのに右も左もない >以外にもありますよね?
 これから、ウィキリークスよりも影響力のあるサイトになっていく事でしょう。
 これからも宜しくお願い致します。

復興利権
上々
震災や原発事故対応の拙さで民主党政権批判が盛んですが、そもそも初めから自民党歴代政権が推進してきた原発政策ですから民主党が後始末をさせられるくらいなら自民党に政権を渡してやらせれば良いんじゃないのと思っていました。
しかし、先日のテレビ番組で大変なことを気付かせられましたが、自民党政治家は「復興利権」を狙って政権復帰を目指しているそうです。
確かに今後数兆円に上る復興財源は大きなものです。
それを狙うと言うのもありそうな話です。

自民党が言っている、「我々にやらせればもっとうまくやる」というのはそういう意味だったのかと気付きました。

なお、事故直後に米軍に救援を依頼するのが遅かったと自民党議員が政権批判をしていましたが、自民党の考えていた原発事故対策は実はアメリカ丸投げだったと言うことが良く分かりました。


y.suzuki
営利活動ではないので直営というよりも、運営会員によるブログは9つです。
 
 自然の摂理から環境を考える
 日本を守るのに右も左もない
 金貸しは、国家を相手に金を貸す
 家庭を聖域にしてはいけない
 共同体・類グループの挑戦
 新しい「農」のかたち
 知られざる人類婚姻史と共同体社会
 縄文と古代文明を探求しよう!
 生物史から、自然の摂理を読み解く

 その他会員有志によるブログやMLなど把握しきれていませんが、雑草Zさんと同じように社会構造を変えていかないといけないと思う主旨のブログやツイッターなども含めて膨大に広がっているようです。私はといえば、今年は自然の摂理ブログをいったん離れて、ひろくYAHOO知恵袋やツイッターを中心に情報を整理しています。

 

 

 

 
 

Re:復興利権
雑草Z
上々さん、お久し振りのコメント有難う御座います。暫くコメントを頂けなかったので気になっておりました。

 おっしゃるように、歴代自民党政権が原発を非常に強力に推し進めて来た結果が、原発大国日本です。(・・その規模の割に原発依存度は大して高くはありませんが・・・)。最初は核武装の意図などもあったのでしょうが、表向きの目的とは裏腹に、現在は完全に利権目的以外の何ものでもないでしょう。

 「復興利権」というのはまさしく経済成長主義の副産物ですね。こんな甚大で悲惨な被害にさえ利権構造が出来上がるなんて、酷いお話ですが、程度の差こそあれ、この手の利権構造はずっと存在していました。
「復興」「復旧」という言葉が散々使われていますが、以前と同じシステムに戻ったらまた経済成長中心の社会から抜け出せずに、社会が破局に向かって加速するだけです。全く別な方向へ進むべきでしょう。その為には、自民党や民主党ではなく、脱成長を掲げた団体で無ければ駄目でしょう。今こそ脱成長派が伸びる時だと思うのですが・・。

いつもながら、凄い非営利組織です。
雑草Z
    y.suzukiさん、情報有難う御座います。

>営利活動ではないので直営というよりも

失礼致しました。「直営」を「直接営業」ではなく「直接運営」と捉えて下さいませ。るいネットは
<自然の摂理から環境を考える> でその存在を知りましたが、
最近は、
<金貸しは、国家を相手に金を貸す>
<日本を守るのに右も左もない>
をよく訪問致しておりました。今度コメントしようと考えております。それ以外にも色々なサイトがあるのですね。そのうちいくつかは、訪問した記憶があります。これからもるいネットと連携を取っていきたいと考えると共に、るいネットの参加も考えております。宜しくお願い致します。

>社会構造を変えていかないといけないと思う主旨のブログやツイッターなども含めて膨大に広がっているようです。

素晴らしい事です。脱成長も受け入れる地盤が出来てきたと考えています。早く脱成長派がメインストリームに上がってきて欲しいものです。・・・決して絵空事ではなく、近い将来そうなるでしょう。・・・さもなければは人類は破局を迎えるでしょうね。





 

利権構造の裏
guyver1092
 利権構造の裏には、総括原価方式があるのではないでしようか。即ち、無駄に高い設備を導入すればするほど利益が大きくなるという電力会社特有の会計方式です。
 これがあるために、無駄に高い設備を発注し、利権あさりの寄生虫にとっておいしいシステムになったのではないでしょうか。いったんこのシステムが出来上がると、このシステムが最適になるようすべてをこのシステムに合わせる力が働きます。何せ独占企業ですから、高い電気代であることを実感できる人はほとんどいません。
 そして、強欲な彼らはいったん握った利権は如何しても手放せませんから、ぶれることなく原発推進を唱えます。
 彼らの強欲は、確かに文明崩壊の推進力であると言えるでしょう。

Re:利権構造の裏
雑草Z
>利権構造の裏には、総括原価方式がある

おっしゃる通りでしょう。私はその事は最近、<『環境問題』を考える> のサイトで知りましたが、酷いものですね。地域独占の単一電力会社ならではの利権構造です。

>無駄に高い設備を導入すればするほど利益が大きくなるという電力会社特有の会計方式

そうですね。こんなシステムがあるからこそ、電力会社は費用対効果無視の原発をやろうとするのでしょうね。
「総括原価方式」を考えたのは官僚でしょうか?・・・相当の悪が電力会社と癒着して作った方式でしょうね。

この方式を壊すとともに、地域独占企業である事も変えるべきでしょう。

>彼らの強欲は、確かに文明崩壊の推進力であると言えるでしょう。

こんなとんでもない方式を作って、危険で最悪の原発利権にたかってきた連中は、単に税金泥棒と言うだけでなく、利権の為に国民の多くを危険な目に合わせる悪党と言えましょう。こんな悪党どもに社会が崩壊させられるのは納得がいきませんね。

このguyver1092さんのコメントは、反原発運動に非常に有効と思われます。使わせて戴きます。
 

コメントを閉じる▲
2011-05-11 00:02
前回の【連鎖-1】では、日本列島における地震の連鎖から、また原発事故が起こるかも知れないという危惧から話題を始めて、原発事故に限らず、地球規模の環境汚染事故の連鎖の可能性が高くなったことに言及しました。そしてその根本原因は、成長の限界に達してしまった地球上で、相変わらず無理な経済成長策を続けているからであると結論付けさせて戴きました。
今回はその続きとして、大規模な環境汚染事故が起こらなくても、起こるであろう『連鎖』について書かせて頂きます。元々前回はその話を書くつもりでしたが、その前段階で長くなりましたので改めて【連鎖2】として描かせて頂きます。


今回の巨大地震による巨大津波の災害は、本当に悲惨なものでしたが、津波の被害だけならば何年か後には復興は可能でしょう。非常に困難で先の長い事とは言え、今から復興に向かう事が出来るのです。宮城県と岩手県の沿岸地方では復興は徐々に始まっています。しかし、原発事故のあった福島県の沿岸地方の復興作業は殆ど停止したままです。これからもっと悲惨になる恐れもあります。放射能汚染は原発の周辺近くは勿論、福島県内ばかりか、茨城、栃木、千葉、埼玉・・・と広がりを見せました。海の汚染もどんどん拡散しています。魚から大量の放射能が検出され、これから生体濃縮も始まりそうです。
食料不足が近々やってくる事はかなり以前より予測していた事ですが、今回の事故によって早まりそうです。国の政策により、食料自給率が極端に低く抑えられていた日本は、輸入頼りというとんでもないない状況に置かれています。一刻も早く食料自給率100%を達成すべきである・・・と言い続けてきましたが、今回の原発事故の放射能漏れによって、食料自給率を増やすことさえ困難になってきたように見えます。それでも、食料の自給率の確保を何よりも優先させれば、自給率は数年でかなり高いところまで持って行く事は可能でしょう。しかしそれを邪魔するのが経済優先策です。相変わらず国会などでは、復興の為に増税するとか国債を発行して経済を回復させる、経済が成長すれば、復興もどんどん進む・・・というステレオタイプの議論が飛び交っています。そう、経済成長神話が蔓延しているのです。確かに、現在の日本では食料と経済(それにエネルギー)はかなり密接な従属関係がありますから、同時に破綻する可能性が極めて高いでしょう。でも、それはあくまで食料を輸入に依存しているからで、日本国内で自給自足出来れば、経済が破綻しても食料危機は防げるのです。(・・途上国のように経済支配されて食料を持って行かれる可能性は否定出来ませんが、だからこそ現在の狂った経済システムは壊さなければならないのです。)

このまま復興策として今までと同じ経済システムを回復して、食料自給率確保よりも、経済成長路線を中心に進もうとすれば、確実に食料不足になるでしょう。それと同時にエネルギーの破局もやってきて、勿論経済も破綻し、日本は沈没していくでしょう。
経済とエネルギーは破綻するのは当然の帰着で、現システムは破綻すべきです。何故ならフローが持続可能な循環の域を超えてしまっているからです。しかし食料不足が起これば悲惨な事になる事は言うまでもありません。

だから経済やエネルギーよりも食料自給を中心に考えなければなりません。
しかしここにそれを阻止する大きな問題が横たわっています。それは原発です。事故を起こした原発からの放射能は明らかに食物生産に大きな影響を及ぼします。そして事故を起こした原発も起こしていない原発も、廃炉を半永久的に管理しなければならないのです。
経済力がなければ原発の廃炉の管理は杜撰になり、放射能漏れを起こすでしょう。だからと言って経済力をつける為に経済成長路線を進めば破局に繋がる・・・原発という世紀の愚策をやり続けた為に人類は難しい局面に立たされてしまいました。これからずっと、廃炉は永続可能な社会を作る為の大きな障害になり続けましょう。【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく
それでも、勿論可能性から考えて、これから向かうべきは脱原発と脱成長の方向です。非常に上手くバランスを取りながら、しかし早く進まなければなりません。大変な事です。いつ地雷を踏んでしまうかもわかりません・・・・。

今回の原発震災で、崩壊の連鎖の引き金が引かれて、その開始の秒読みが始まってしまったかも知れません。幸いにもまだ始まっていないとしてももう時間はあまり残されてはいないでしょう。一刻も早く、脱成長に向かわなければ手遅れになってしまうかも知れません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/05/11 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

経済成長
guyver1092
 復興のための経済成長と言う者は、世界の先進国の現状を全く無視しているようですね。どの国も火種を抱えて、○○ショックの懸念が 燻っています。しかも、さまざまな経済成長策のための対策をとった結果でです。もうすでに、少なくとも先進国では、経済成長するための空間はないのでしょう。
 このような無駄な方向への努力をやめて、真に必要な方向への努力をするべきです。即ち低エントロピー社会です。
 過去の日本では、経済成長すればするほど(高エントロピー社会になるほど)食料自給率は下がってきました。日本は、まだ余裕のあるうちに(低下傾向ですが)方向転換しなければ、外国の食料をふんだくるための侵略戦争をする国家になりかねません。

Re:経済成長
雑草Z
いつも的を得た大変参考になるコメント有難う御座います。

>復興のための経済成長と言う者は、世界の先進国の現状を全く無視している

全くその通りですね。相も変わらずオウムのように経済成長を連呼する様には人類の愚かさを思い知ります。
 原発自体が経済成長路線の愚の象徴であり、その事故は、経済成長路線の終焉の象徴となりましょう。

>○○ショックの懸念が 燻っています。しかも、さまざまな経済成長策のための対策をとった結果でです。

この辺りはしっかり分析すれば明らかに見えてくるでしょう。しかし反省する気がないようで懲りずに経済成長に頼るのは、経済成長のつけを経済成長で払おうとするねずみ講的発想です。

これからますます食料不足は大きな問題となっていきますね。

>低エントロピー社会

はこれからの目指すね気方向ですね。現在は『低エントロピー社会』ではなく『低炭素社会』という胡散臭いとんでもない方向に向かおうとしています。勿論『低炭素社会』は経済成長戦略の範疇ですね。

>低エントロピー社会

で記事を書けば壮大なものになりそうです。 guyver1092さんに描いて欲しいとも感じます・・・・ 

放射能汚染
地下水
 えらい事になっている様です。250キロも離れた神奈川県の茶畑で基準以上のセシウムが検出され、出荷が自粛されます。こんなに広がっているとは大変ショックです。
 圧力容器の中では、ほぼ燃料棒が融けて崩れている様で、1万トンも注水したのに冠水せず、底にひび割れが入って、そこから放射能のクズとともに漏れ出し、高濃度汚染水が別の所から漏れ出して、まだ止められていない箇所が複数ある様です。融けた燃料はまだ冷温停止できていない様です。
 圧力容器が保たれていると言うのは嘘でした。高濃度汚染水の止水もまだ一部です。放射能汚染も当初の発表は嘘で、かなり広範囲に大量に出ている可能性が考えられます。原子炉で食べている、東電、政治家、学者、そして御用記者の発言は、どうも損を最小限にしたい様に見えます。

 日雇い労働者が日当1万2千円で、急に行き先が変更になり、防護服を着せられてガレキの撤去に当たり、さらに注水作業もさせられたそうです。
 退避命令で仕事場を失った地元の若者が、日当3万円で事故処理に雇われ、防護服を着て作業をしているそうです。

 あちこちでカナシイ現実の連鎖がある様です。(^^;


Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん

コメントお待ちしていました。昨年作った小さな畑も今年はやる気が湧きません。

 本当に悪夢であって早く覚めて欲しいようなカナシイ現実があちこちに横たわっていますね。飯館村の畜産農家などの悲劇は見るに忍びありません。
最近ではチェルノブイリの事故を越えるかも知れないとさえ感じています。

>原子炉で食べている、東電、政治家、学者、そして御用記者の発言は、どうも損を最小限にしたい様に見えます。

これらのトップの人達の罪はある意味ビンラディンよりも重いと感じています。自分達の利権や権力拡大、名誉の為に日本の広い土地を不毛の地と変え、多くの人間を危険にさらしたのですから(・・残念ながら、後に多くの犠牲者が出るでしょう。・・)
 この期に及んでもまだ原発は必要だと主張する輩が沢山いる事にも呆れるばかりです。つい最近も、
「原発に頼らなくていいならそもそも使っていません。」
などという癒着構造などを何も知らずに政府や電力会社のプロパガンダを真に受けている軽率な輩からのコメントが来ました。

 福島県の浜通りの広い地域が今後永い間(数十年以上)人が棲めない地域になってしまうでしょう。中通ですら危険です。 

Re:Re:放射能汚染
地下水
 お花で庭をいっぱいにしてみてはいかがですか?私は土手にワイルドフラワーの種を蒔いてみました。菜種やヒマワリも放射能除染に良いそうですね。気分転換してみて下さい。
 今年の春もパンジーをたくさん分けてみました。今はタキイの枝豆のビアフレンドの苗を二百ほど作って分けています。あちこちから筍をいただきました。6月になったら丹波篠山の黒豆を又育苗しようと思います。今庭はワケギが一杯になったので、きつねうどんや御味噌汁に良さそうです。何故か右足の裏だけ痒く無い水虫のようなので、庭のジュウヤクを袋に入れて、治るかどうかくくってみようと思います。
 今年の冬は乾燥して水遣りも少しサボったので白菜が巻くのが遅れましたが、とれたてはとても柔らかでおいしかったです。この苗もあちこちに上げていたので、お返しにご近所からまた白菜を頂き白菜だらけになりました。(^^;

Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん

 この手のお返事を期待しておりました。大変参考になります。有難う御座います。
 実は、昨年植えて大きく育つ前に雪に埋もれてしまったホウレン草や大根などが、春になって雪が融けたら、押しつぶされてべたっとなっていました。枯れるのかな・・?と思っていたらその後、シャキッとしっかり育った苗が沢山ありました。・・・冬の間野菜が深い雪の下に埋もれて押しつぶされても春に復活する事を私は初めて体験しました。・・こんな事も私は知らなかったわけです・・・。
 今年は地下水さんのおっしゃるようにお裾わけを目標にしていたのですが、放射能の事を考えると安易に出来ません。
ホウレン草は少し食べてみましたが会津地方でもホウレン草から放射能が検出されたので、このまま暫く成長させて抜いて放射能除去出来るかも知れないと考えています。気の重い作業です。
 今年はドングリなども、植えたいと思います。アドバイスお願い致します。昨年はドングリ拾いに行ったのが遅くて、落ち葉に埋もれて全然見つけられませんでした。・・・そんなわけない・・と落ち葉の下を探しまくったのですけどね(笑)木は放射能をどこに溜めこむのでしょうかね?・・・この手の研究はあまりないでしょうから実験ですね。ガイガーカウンターも手に入れなければなりませんね。

Re:Re:Re:Re:放射能汚染
地下水
 スダジイやツブラジイを拾いに行くのは11月初め頃でした。シイもメタセコイヤも実生は湿気た日陰の腐葉土にありました。イチョウは面白い様に沢山出てましたので、きっとおすすめですが、やはり同様の環境です。
 紅葉も湿気た日陰で芽を出しました。甘柿、ビワも面白い様に伸びますのでおすすめです。シイ等は虫が眠っている事がありますので窒息させる為に必ず一晩は水に浸けておきます。
 ほんの僅かの腐葉土で育苗をすると、虫等から小さな新芽を守るのにオルトラン等の農薬をやっても、植えかえる土壌の汚染がほとんど無くて助かります。初めが肝心ですね。
 知り合いのおばさんが、大根二本程もタクワンを下さいましたが、自家製のヌカが深い味わいなのでしょう、とても美味しく浸かっていて、タクワンだけで御飯が二杯も食べられました。それで、そうそうに無くなりました。(^^; 

 死んで行く牛や何万羽もの鶏や、田畑を耕せずに泣いて、避難して他所で他の仕事を探す農家の顔を見ると、ほんとに、見ていられないです。怒りを覚えます。雑草Z管理人さんも、どうか気を落とさずに、持ちなおして下さい。今日の報道によると、3回の原発の爆発や炎上時にかなり風向きが変わっていて、かなり遠くまで放射能が広がっている様です。
 チェルノブイリ周辺は今は汚染で耕せず、林になっていて、野生動物が沢山居る様です。福島原発周辺も、いっその事、いっぱい育苗した苗木を沢山植えて、森にして、野生動物パークにしてしまえ、と思ったりします。ブラックユーモアの様ですが、ほんと、そうなるんじゃないかと、気が遠くなったりします。
 

Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
またまた色々アドバイス有難う御座います。 
私が昨年ドングリを拾いに行ったのは12月初め頃かと思います。地下水さんのお住まい(どの辺りでしたか?)よりも秋や冬が早く来る私の地域でこの頃だととっくに葉は落ちてしまっています。今年はもっと早くに行ってみます。ビワやイチョウもいいですね。
>初めが肝心
わかりました。気を付けます。

海の汚染はチェルノブイリを越えたでしょうね。かなり広域の海で影響が出るでしょうね。

>死んで行く牛や何万羽もの鶏や、田畑を耕せずに泣いて、

本当に酷すぎます。この期に及んでまだ原発をやろうとしている輩が多過ぎます。事の重大さがわからないのか、狂っているのか。

>いっその事、いっぱい育苗した苗木を沢山植えて、森にして、野生動物パークにしてしまえ、と思ったりします。

そんな事は考えた事はありませんでしたが、いいお考えかも知れません。ただ、植物や動物への放射能の影響も非常に心配です。

記事にも書きましたように、食料不足も早く来そうです。放射能汚染された食料も食べる事になりましょう。
原発止めても電力の使用ににそれほど影響はありませんが、電力供給の問題などで騒いでいる事態ではないでしょう。もっと深刻な問題が色々同時に進行中です。

Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
地下水
 私の所は京都の近くなので、雑草Z管理人さんの御心配とは桁が下です。ここでシイ拾いが11月初なので、そちらは10月中頃が良いかもしれません。
 
 1号機がメルトダウンして圧力容器の底にヒビが入り、ほぼ全て粉々になった核燃料が注水とともに洩れ出て、なんと格納容器の底もメルトダウンしてヒビが入り、核燃料の粉とともに何千トンもの高濃度汚染水が洩れ出て、4月21日までに5千兆ベクレル洩れ出て、今もまだ海へのもれが止まっていない事が発表されました。1号機の炉内だけで広島型原爆百発分程の粉々になった核燃料があるそうです。2号機も3号機も同様にメルトダウンしている可能性が高いのだそうです。
 なんだ、圧力容器も格納容器も保たれているのは嘘じゃん、注水した水が核燃料粉混じりの高濃度汚染水に化けてだだもれって、えーっ。(^^;

Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
 以前のコメントで、関西方面の方かと思っておりましたが、京都のお近くですか!?・・地下水さんのお住まいの地域は神社が沢山あって、鎮守の森があり、自然が豊かなところのイメージです。
 ドングリは、地面に埋めると雑草と紛らわしいので、鉢にも植えて、ある程度育ったら、地面に移植してみようかとも思います。

>圧力容器も格納容器も保たれているのは嘘じゃん、注水した水が核燃料粉混じりの高濃度汚染水に化けてだだもれ

酷過ぎる状態ですね。津波の前に地震の揺れで壊れていたと言う話も真実味があります。そのような事も起こり得たのだから、はじめから原発をやるべきではなかった筈です。
 複数の原子炉でメルトダウンしていたら、史上最悪の原発事故ですね。レベル8でしょうか?・・・今回の地震は揺れている最中から原発事故は起きるのではないかと危惧していましたが、ここまでになるとは・・・推進派も「想定出来なかった事故」が現実に起こったのだから、直ちに撤廃すべきでしょう。福島県も東半分くらいが住めなくなるかも知れません・・・もっと広くでしょうか。日本の周りの豊かな海もどうなってしまうのでしょう?・・・気が重い事です。 

コメントを閉じる▲
2011-05-05 00:01
 今回の東日本巨大地震以来日本では、この巨大地震の余震だけではなく、誘発されたと考えられる地震が相次いでいます。日本の地震活動が活発化している事は誰もが認めるところでしょう。そんな状態なのに、いまだに危険な原発が沢山稼働しています。浜岡、美浜、柏崎、泊・・・日本中どこの原発も安全な原発なんてありません。原発を全部確実に停止しなければ安心なんて出来そうにありません。・・停止してもまだ安心は出来ませんが、運転している状態よりはずっと安心でしょう。このままでは、またいつか他の原発が事故を起こすかも知れませんし、福島原発自体も更なる地震(余震)で、もっと破壊される可能性もありましょう。・・・福島第一原発では、1号機から4号機まで事故の連鎖がありました。これ以上の原発事故の『連鎖』は日本の破滅に繋がりましょう。だから早急に全ての原発は停止すべきです。
 +  +++    +++++     +++++++      +++++    +++ +

今回の記事を『連鎖』と言うタイトルにしたのは、 地震の連鎖による原発事故の連鎖の可能性だけを指したのではありません。

 地球規模に広がる恐れのある大規模な環境汚染事故は、つい一年ほど前に、メキシコ湾での深海油田の原油流出事故があったばかりです。このように巨大な規模の環境汚染の事故が毎年起きていたら、21世紀の間に地上は人類だけではなく、多くの生物が棲めない環境になってしまう事でしょう。
この2年連続して起こった巨大な環境汚染事故・・深海油田の流出事故と原発事故は・・事故の種類も事故が起こった場所も原因も全く違うようですが、大きな共通点があります。それは、人災である事です。そして人災になった原因も共通しています。それは「経済性」です。共に経費を惜しんで安全対策を犠牲にした事による人災と言えましょう。そしてもっと根本原因を探れば、どちらも開けるべきではなかった『パンドラの箱』を開けてしまった為に起こった事故と言えましょう。
 深海の海底油田掘削も原発も、絶対に事故が起こらないように安全対策を万全にしなければなりませんが、そうすれば採算が合わない、費用対効果がマイナスになってしまう・・から対策を甘くした故に起こった事故とも言えましょう。事故対策費をケチッたつけが大き過ぎたと言えましょうか・・・しかしそんな事では済まされません。事故が起こったら、賠償金も半端ではなく、大企業も簡単に潰れるレベルですから、リスクマネージメントとして、その事故の期待値も当然計算してなければならなかった筈です。その結果、費用対効果が1を十分に上回らなかったら(有効でなければ)そのプロジェクトはやる意味がなかった筈です。そこを無視した愚かな事故が昨年のメキシコ湾での深海油田の原油漏れ事故であり、今回の福島原発の事故でもあるのです。・・・勿論、原発も深海油田の開発も費用対効果の問題以前に、絶対にやってはならないものだったのです。人類の存亡を賭けてまでやるべき事業はありません。
 このような事故はもう起こらないでしょうか?・・否、残念ながら経済成長主義に基づく「開発」と言う名の環境破壊が続く限り、このような事故はこれからもかなりの確率で起こり得るでしょう。今回2年続けて起こりましたが、こんなに頻繁に起こっては地球環境の負荷も直ぐに限界に達してしまうでしょう。そして、経済優先路線が続く限り、このように頻度も増していく可能性が大きいでしょう。何故なら人類の経済活動は成長の限界に達し、もう採算が合わない事だらけだからです。そこを無理して採算を気にしながら開発を続ければ、今回のように「経済性」と言う名のもとに安全性が御座なりにされましょう。そんな可能性が少しでもあれば、地球規模の環境汚染の起こる可能性のあるプロジェクトはやってはならない筈です。

 これからも深海油田事故や原発事故が起こる可能性も小さくないだろうし、毎日どんどん作りだされる化学物質や遺伝子組み換え作物による大災害だって否定出来ません。その他、ナノテクノロジー、サイバネティクスといったテクノロジーもいつも危険と隣り合わせで、大事故が起こらないとは否定出来ないでしょう。
 これらの巨大環境破壊事故が2年連続起こって改めて確信した事は、人類の活動が成長の限界に達しつつある現在、経済成長主義は、巨大事故をも誘発すると言う事です。【起きてはならない海底油田事故】で昨年危惧した事が現実となってしまいました。(この記事でも原発にも言及しています。)・・この一連の巨大事故は、成長の限界による制御不可能な崩壊の前兆ではないかと考えています。21世紀中に来るであろう、いつ来てもおかしくはない・・と予測はしていましたが、心の準備が出来る前にもう早くも始まってしまったのかも知れません。一刻も早く、脱成長に向かわなければ手遅れになってしまうかも知れません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/05/05 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

まさに連鎖。
でなしNo.146
私も,成長の限界による崩壊の兆候が現れており,今が各国のエネルギー戦略を見直すタイミングであり,このタイミングで判断を誤ると人類全体の存亡にかかわってくるのではないかと思っています。

万が一,原発推進派が勝って原発に依存した構造が作られた場合,遅かれ早かれ人類(地球の生命の多く)は終わるでしょう。
戦争が起きて終わるか,放射性廃棄物等の処理or管理をミスって終わりでしょう。
それ以外でも,肥大路線に行った場合は大変なことになると思います。

結局,自然のサイクルの中に人類も組み込まれていることを理解して,社会構造と生活スタイルを変えていくことだけしか生き残る道はないと思います。
つまり,脱成長ですね^^

Re:まさに連鎖。
雑草Z
>今が各国のエネルギー戦略を見直すタイミングであり,このタイミングで判断を誤ると人類全体の存亡にかかわってくる

その通りですね。もう遅過ぎるくらいです。元々原発は始める道理もなかったし、継続する理由も無かった筈です。一端始まると利権構造が出来上がってここまで止められないどころか増え続けたのですからとんでもない事です。人類の歴史上もっとも愚かな事業でしょう。

>原発に依存した構造が作られた場合,遅かれ早かれ人類(地球の生命の多く)は終わるでしょう。

全くその通りなのに、この期に及んでも推進派が沢山いる事は人類も終わっているのか?・・と感じてしまいます。

>それ以外でも,肥大路線に行った場合は大変なことになる

いまだにこの肥大路線からの方向転換が為されていませんから、崩壊に向かって突き進んでいる状態ですね。

>自然のサイクルの中に人類も組み込まれていることを理解して,社会構造と生活スタイルを変えていくことだけしか生き残る道はない

なんでみんなそこに気がつかないか不思議です。原発と同じく一部の狂った財閥の洗脳が広がったのでしょうか?

脱成長は理性的な結論の筈ですが・・。


経済性と資源の質
guyver1092
 このような経済性を優先するあまりの人災は、少し前なら、見向きもしなかったような低い質の資源をも開発せざるを得なくなってきている証拠のようですね。
 企業の強欲を満たしてくれるだけの質の良い開発可能な資源はすでに枯渇しているのでしょう。
 歴史上、文明の維持限界に達して、なおも存続できた社会は例外なく、己の資源の消費方法を変えて存続しています。
 そして現在、明らかに生き延びるための時間的限界点に達しつつあるのでしょう。いまだ経済成長を唱える者は、本人の心算はともかくとして、事実としては、人類を破滅に導く努力をしているのでしょう。

Re:経済性と資源の質
雑草Z
>経済性を優先するあまりの人災は、少し前なら、見向きもしなかったような低い質の資源をも開発せざるを得なくなってきている証拠

なるほど、まさしくその通りでしょうね。本来は災害の損失の期待値を計算に入れれば、これらの資源開発は諦めるべきなのに、そのリスクは無いものとして推し進めるから、いざという時に為す術もないのでしょう。

>企業の強欲を満たしてくれるだけの質の良い開発可能な資源はすでに枯渇

そうですね。そこをしっかり理解することも真の科学でしょうね。

>歴史上、文明の維持限界に達して、なおも存続できた社会は例外なく、己の資源の消費方法を変えて存続しています。

そうですね。今こそ抜本的なパラダイムシフトが必要ですね。そのような理性を持った人々が革命を起こさなければならないのかも知れません。

>いまだ経済成長を唱える者は、本人の心算はともかくとして、事実としては、人類を破滅に導く努力をしている

全く以てその通りですね。現在の財界人や投資家、大企業、そして政府は大部分人類を破滅に導いていますね。人類の愚かさも極まれり・・。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。